音楽

B'z The Best ULTRA Pleasure~LOVE PHANTOMにおもうこと。

デビュー20周年記念ベスト盤です。しかし、その時生まれたお子さんが
成人式迎えるくらいの時間を突っ走ってきたんだな、と思うと
長いのか短いのか。

デビューのときにファンクラブ入って、個人的事情で退会してから
まだ5年しか経ってないことに気がつきました。随分長い間続いたものだと
われながら感心。

さすがに、今ベスト盤としては何回目かになるので、どうしても被るナンバーは
ありますが、そのあたりはいわゆる「LIVE-GYM」でも定番なので、まあお約束。

ただ、多少入れ替わりがあるのが楽しみです。

初リリース時に聴くのと、年月を経てから聴くのとで解釈が変わる曲もあったり。

LOVE PHANTOM」が自分的にはその最たるもの。
(歌詞はこちらです。↓)
http://www2.mahoroba.ne.jp/~joy/bz/lyric/lovephantom.htm

最初に聴いたのは、ライブのとき。確か横浜球場だったはず。いや、吸血鬼メイクの
稲葉氏が最後のフレーズでセット頂上からダイブ(まあ、実際はスタントの方なんですが)
観たときは、そりゃびっくりいたしました。度肝を抜かれた、とはまさにこのこと。

当時、劇団四季の「オペラ座の怪人」が初演時だったこともあり、すっかりこの曲は
タイアップに使われた「X-ファイル」ともシンクロし、

B'zの曲の中でも特に「哀しくも、妖しい」楽曲として君臨することに。

それにしても。
歌中の男」(と断言しますが)。当初から雰囲気で「PHANTOM」=怪人、ぽく解釈していたのですが。
何故そっちに行ったかというと。

普通の人が「発狂したほうが楽になれるのでは?」と思われる位「相手を愛おしく想う」
感情を持つ、
というのが、当時どうもピンと来ず。まあ、そのままでいたのですが。

時は経ち。

このブログを始めたころ、最初は「長浜監督・勇者ライディーン」のレビューをしてました。
(要するに後半27話~ラストまで)
第34話だったかと思うのですが、「偽母が現れて、洸を惑乱させる」話。明らかに「偽者」と分かっているはずなのに、
「母さんが死んじゃう!」と最低3回は叫んだ、例の奴です。

個人的には、この回は苦手です。凄く『恐い』から。自分の中では
「よく出来たサイコホラー」のカテゴリにしてる位。自分の目の前に居る人が
いきなり訳分からんことを叫び出したら、誰だって恐いです。そういう意味で。

で、この回観てて、いきなり思い出したのが、
「LOVE PHANTOM」by.B'z だった訳です。

『ああ、そういうことだったのか』。
当時は「PHANTOM」=怪人、と解釈していたので、「オペラ座」からインスパイアかな位
にしか考えてませんでしたが、「」が第一定義でした、この言葉。

それ以来、洸の、かの「母親への想い」=「LOVE PHANTOM」となぞらえることに。

B'zの曲では、男女の恋愛におけるものだったので、ずれがあるかも知れませんが、
後に「無事再会してからの二人の意識のずれ」を照らし合わせてみれば、あながち
大げさな比喩ではないかな、と思ってみたり。

B'zに話を戻して。
そういえば、稲葉氏の描くところの「男子」は妙に生々しい。弱いところを隠せなかったり。
これは今に到るところでも変わりないですが、それに対して自分がどう思うか?
こっちはどうやらそれなりに解釈が変わるようでした。そう思って聴くと、昔なじみの曲でも
思いがけない発見をしたりします。

さて、今度ドライブのBGMにしようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Yes!プリキュア5 夢の音楽会.

そうか、プリキュアシリーズは今作品で5周年か。(しみじみ)
つか、うちの年中娘は、無印&MHを知らないらしい。(おい)

『タイトル』@シンフォニーホールに行って来ました。
「プリキュア、という、子供たちに大人気のコンテンツとコラボする
ことにより、クラシック音楽のよさを知ってもらおう」
という趣旨の
企画だそうです。いいところに目をつけておられますw。

メインは「5」の皆さん。開演前から、ホワイエで握手サービス。
子供たちは大喜び。着ぐるみ造形、実は檸檬さんが一番可愛いような。

さて、プログラム。
「第一部」
・プリ5主題歌
・組曲『カルメン』前奏曲
・楽器紹介コーナー
・「白鳥の湖」より「情景」
・「そりすべり」
・音あてクイズコーナー
・ワルツ「春の声」
・「虹のかなたへ」
~オズの魔法使いより~

当然ですが、シンフォニックオーケストラです。司会のお姉さんと、
ドリームさん(着ぐるみ)が進行役です。分かってはいるけど、
司会の人、録音と合わせるって。

何よりも。ドリームの中の人。「白鳥の湖」のとき、トウシューズで
バレエを踊ってくださいました。スーアクさん、凄すぎ。
あとは、音楽に合わせて、「5」メンバーがコスプレして;踊って
下さったり。
20分の休憩の後、いよいよメインへw。

「第二部」プリキュア大集合!
・「5」ショートストーリー
・無印~「5」までプリキュア勢ぞろい~
「無印・主題歌」
「MH・ED」
「SS・主題歌」
「5・後半ED」「5GOGO!・主題歌」
・アンコール~全員でフラッグ・ダンス~

ショートストーリー。しっかり「本編」な尺でした。
ブンビーさん、ここでも営業!まだ「ドリコレ」言ってますw。
しかし、相変わらず愛されてるな、この人は。ブンビー着ぐるみの
色あせや傷に、今年の仕事が刻まれてます;。

そして、歴代プリキュアさんたちがステージに登場!
久しぶりの黒&白&ルミナス。そういえば、中の人で言えば、
「スメラギ&C.C.&ラクス・クライン」なんだ、このチーム。(こええな。)
花&鳥のSSコンビも登場。美翔さん、お仕事が来た!
「5」の皆で、『ガンバランス』踊り。しかし、ここにSSチーム、入っても
良かったのに。
〆は、新作の主題歌のお披露目。相変わらず、覚えにくい曲ですが;
いや、『プリキュア』さんたちが一同に会する図は壮観でした。

会場に来られてたお子さんたちは、とても満足されているようでした。
つか、それなりのホールでやるだけに、それだけの内容がある、と言うのは
かなり大変な仕事。みなさん、本当にありがとうございました。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【Climax Jump DEN-LINER form 】

密林で予約するのをすっかり忘れてましたので、地元のCDショップで購入。
色んなところで初回版確保しにくそうでしたが、リュウタロスVer.以外は
揃ってました。

キンタロス版が欲しかったのですが、その時の連れがどーしても!ウラタロスで
無いと嫌だ、と駄々こねるので(藁)、ウラVer.を入手。

ラインアップ。
M1.Climax Jump DEN-LINER form
M2.Climax Jump DEN-LINER form モモ ウラ キン リュウ セリフver.
M3. Climax Jump DEN-LINER form モモタロスセリフver.
M4.Climax Jump DEN-LINER form ウラタロスセリフver.
M5.Climax Jump DEN-LINER form キンタロスセリフver.
M6.Climax Jump DEN-LINER form リュウタロスセリフver.
M7.Climax Jump DEN-LINER form instrumental
bonustrack.Climax Jump【僕に釣られてみる?】rodRe-Mix

です。封入カードは、当然ですがウラタロスー電王ロッドフォームのリバ。

以下、感想。
 歌詞カードを見ると、各タロスのイメージカラー4色で歌詞を色分け。
《要するに、その箇所をこのタロスの中の人が担当している、ということで)
歌だけで聞いているよりも、誰が歌っているか良く分かります。いや、楽しい。

あと、リュウタロスが間奏部分でラップ頑張ってます。中の人、ご苦労様
でした。

秀逸なのは、各タロス台詞バージョンです。
「このタロスが言ってた、あの台詞」がまとめて聞けます。そうすると、
「このタロス、こーいう面もあるんだな」と新たな発見があったり。
ウラタロスに限って言えば、
「マジになると恐い」だったりします。

しかし。放送回数が後4回?というタイミングでこういう「総集編」をかねたような
アイテムが発売されると、しみじみと「そろそろラスト近い」と寂しくなるとともに
「あれもこれも、全部迷?台詞!」とうれしくなったり。

それにしても。こういう企画がそこそこ売れてしまうようになった「電王」は本当に
凄いです。キャラが立つ、というのはこういうことかと思いました。何回聞いても
飽きない。次から次へと新たな発見が。

当初から、作品を見続けてきた「電王好き」な人たち全員への、「ボーナス」と
思いました。>このCD。
想いました。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (2)

ダブル・アクションのランキング。

今日、旅行先で、『浦島太郎』関係の神社に行って来たばかりですが、某音楽番組で、シングル?アルバム?どっちかのランキングに『ダブルアクション・4タロス版』が入ったとのこと。

とりあえず、びっくり。

いろんなところで、『入手不可』というコメントをみたのですが、まさかここまで凄いとは。というか、特撮関係のCDで、ここまで話題になってるのは、あまり記憶にないです。(もともと、一定数は必ずはけてるジャンルではありますが)

通販予約しそこなったのですが、これから入手できるかなあ。(汗)

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

infix[ACTIVE BOY]発売。

http://www.animate.tv/news/detail.php?id=atv070615a 

 ここから無料視聴できます。↑

ついに、新譜発売されました。最近ではいろいろな事情から、すっかり通販の常連になってしまいましたが、やはり「頼んだら、確実に来る」というのが一番の強みかもしれないです。書籍とCD、どちらも店を選ばないと、「ここの会社とは取引無いから入荷するはずが無い」にもかかわらず、予約だけは取って、「すいません、入荷できませんでした。」と泣き寝入りになったり。

話は脱線しましたが、infixも然り、でした。店頭予約しても埒が明かなかったので、結構前から通販です。

曲、凄くいいです。曲の編成も王道だし、詩は前向きだし。80~90年代アニメの主題歌っぽいかな、といえなくも無いのですが。何よりも、カップリングである「Strato Stars~成層圏の瞳~」の作詞が河原よしえさんであることがとても嬉しいです。(自分にとっては神な方なので。)

やはり、もっと沢山の人に聴いて欲しいです。アマゾンでも通販扱ってるみたいなので、是非。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (3)

infix新譜発売。

ソースはオフィシャルサイトより。6月27日リリースです。サイトで視聴も出来ます。とても良い出来です。

しかし。それよりも。仍世氏のブログのほうが気になります。体の具合とか、その他色々。

4人から今の2人になってから、結構たちました。その間、お二人はもちろんそうだし、オーディエンスの皆さんも頑張って応援しているのですが、今の業界事情と相まって、なかなか(ry)だったりします。この間のNHKBS2の「アニメソング祭典」(タイトル忘れましたが、このような企画)の「ガンダムコーナー」でも、Vガンのテーマとして別の曲の人が出てましたし。(ウィナーズ・フォーエヴァーが聴きたかったんですが;;)

出来ること全部してるんだから、休んでいいですよ、とねぎらいの言葉をかけたくも、そうもいえないのが何とも。せめて新譜だけは購入しよう、と思います。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ガンバロン」サントラ盤復活。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000O78WB8/ref=pe_snp_WB8

以前購入した作品リストより、お知らせということです。しかし、これまたコアなものを。(爆)

ゴダイゴというグループは、それこそ「西遊記」主題歌&サントラでブレイクしたように思われてますが、実はそれ以前からCMソングとか、TVや映画の音楽などもかなり手がけてまして、今で言う「タイアップ」のはしりだったような気がします。彼らのデビュー当時の業界では、まだまだそういう動きは「正統派」とみなされてなかったような覚えがあるのですが、現在では。深夜アニメの主題歌でもタイアップ取れたら御の字? 時代は移るものです。

で、この「ガンバロン」ですが。自分、小学生でしたけど、見てました。といっても、これのシリーズにあたる「レッドバロン」「マッハバロン」のほうがはるかに好みでしたけれども。(こちらは主人公が巨大ロボを操縦する)「ガンバロン」は、鉄腕アトムのような少年サイボーグ?ロボットが悪い奴と戦う話。「小さな巨人~」というアバン付が正式名称らしいですが。(ちなみに放送は日テレ系。さすがというか。)音楽がミッキー吉野・・・ここでこの人たちの名前をはじめて知りました。(つまり、西遊記以前;;) ゴダイゴというグループが世間を席巻したとき「あの特撮やってた人たち」という認識だったのが、どうにもこうにも。(汗)

で、サントラ盤ですが、満を期して「紙ジャケ」仕様で復活ですが、内容見てさらに驚き。レベル高い。というか、「子供向き特撮」とはとても思えないクオリティ。音楽担当としての表記は「ミッキー吉野」ですが、他のメンバーも参加してます。当時、ジャンルとしては格下扱いされることの多かった「TVまんが」よりさらに軽く見られていた「特撮」ですが、関わっていたスタッフは、決して妥協せず、「いいもの」を目指していたという証明です。

「ゴダイゴ」と「特撮」、両方のファンにとって非常に価値のあるアルバムであります。う~ん、確かに自分、両方のオタですわ;;。お値段的に、某ディレクターズ・カット版が出る金色の魔戒騎士と比べても、はるかに手頃だし。この機会逃すと、入手困難になるだろうしなあ・・・。悩んでます。(藁)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薔薇架刑~ALI PROJECT~

深夜アニメのCMでよく流れていたので、気にはなっていましたが、無事入手することができましたので、感想を。

この人たちは、「ローゼンメイデン」アニメシリーズの主題歌で知った口なのですが、なんというか、独特の世界観がとてもこの作品に合う、というのが凄いです。一応ベスト盤ぽい編集なんですが、「ローゼン」関係が少なくとも3曲入ってるので、思い切り「薔薇乙女」色がつよいかな、と。「舞ーhime」PS版主題歌の「阿修羅姫」というのもあるのですが。

CDジャケの写真、Vo.のアリカさんがモデルです。(違ってたらどうしよう。)金色を基調にして、ドレス姿の彼女が金色の髑髏を持っている、というポーズ。歌詞カードの中綴じ込みの写真では、アンティーク・ドール風有り、日本人形風あり。ところで、スタッフ一覧の中に、

doll; 恋月姫 とあるのですが、一体どの「ドール」がそうなのか?まさか金の髑髏?他にそれらしきものは見当たらないし。(というか、そこまでドールに詳しくないので、自分のスキル的に判別不可なのかもしれませんが。)

ともかく、内容。今回は「ギア巣」の初期EDは収録されてないのですが、全体に「この人たちの世界」です。一人で空想世界に篭りたいときのBGMには最適。歌詞が、かなり文語体な印象を受けます。日本語って、こんなに繊細で微妙な表現があるのだな、と改めて思いました。曲の感じは、強いて言えば「情念系」になるのでしょうか。好き嫌いがかなりはっきり分かれるかも。(自分は好きです)

| | コメント (0) | トラックバック (3)

仮面ライダー電王主題歌CD。

買いました。地元の店、二件目で。店頭出し2枚のうちの一枚。

ヴォーカル入り、パワー・ロックアレンジ、スイート・バラードアレンジ、ソウル・ブルースアレンジ、インスト(カラオケともいう)の5トラック。挿入歌とか、沢山入ってるほうがいい人には同じ曲の展開ばっかり、は不満かもしれませんが、アレンジとか展開とか興味ある人には凄く面白い。あと、耳コピーしてる人にも嬉しいかなあ。

当然ですが、歌詞カードが入ってる。これで「クライマックス・ジャンプ」が歌える(汗)。歌詞、凄くいいです。この曲。全体通して聞くと、「過去があるから現在の自分がいる。そして未来に繋がる。過去も、現在も大事。それが自分の思う未来になる」と言う趣旨です。前向きだ。

で、ロック版。ギターソロです。エアギターのパフォーマンスには是非、という感じ。思わずギター弾くまね、したくなりました。バラード。ピアノソロです。鍵盤やってる人おすすめ。ブルース。字のごとく、ブルースハープソロです。インスト。とりあえずカラオケとして使える。(爆)のほかに、打ち込みやってる人には、色々聞き込めて美味しいかも。

自分的には、1,280円と言うお値段は、高くなかったです。むしろ、お買い得。今のところ、何回リピートしても飽きないというのが、今のマイブームらしいです。

それにしても、オリコンチャートでは1、2週とも10位以内だったのに、店頭ではヒットチャート売り場ではなく、「アニメ・特撮」なキッズ・カテゴリーにあったのがなんとも。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

トレジャー・ハンティング

・・・というCDを、昨日中古CDで捕獲。今放送中の『ボウケンジャー」主題歌のNOB氏がR.Voを勤めていた『グランプリ」というバンドのアルバムです。発売日が、1989年・・・18年前になりますか、もはや。(汗)

実は、彼らのアルバム、当時3枚くらい発表されてたと思うのですが、いずれもレンタルで済ましていて。カセットに落としていたので、プレーヤー変えたとたんにおさらば。(涙)すでに廃盤になっていたタイトルだったので、見つけたときはまさに『プレシャス発見」(爆)。ハザードレベルは、などと突っ込まないように。(はははh)

個人的には、アルバムタイトル、「Drive On Road],[Show Me The Way][Poker Face]がお気に入りでしたので、それらすべて網羅されているこのアルバムを入手できたことは奇跡に近い嬉しさです。なんというか、思わぬところで旧友に出会えた、というか、それに近いものがあります。しかし、NOB氏、キャリア半端じゃないなあ。これ以前は[MAKE-UP]なのですから。

楽曲は、王道HRです。『暑苦しい」と言われる向きもありますが、こういうのが聴きたい!と思うときにはとても励まされるなあ。一番音楽聴いていた時代のナンバーのせいでもありますが。

あと、密林で予約していた『牙狼」特別編(前編)がきたのですが。先にレンタル一気借りした『ラー是フォン」見てしまったので、続けてみる気力が(汗)こっちは自前だし、ゆっくり見たいし。とはいえ、後編の予約案内来てるから、早く目を通さねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)