書籍・雑誌

講談社KIDS宝箱 おはなしエネルギー(1) プリンセスコレクション 白の姫 黒の姫 ほか

(講談社KIDS宝箱 おはなしエネルギー 1) (単行本)
 久美 沙織 (著), 高田 明美 (イラスト)

講談社KIDS宝箱 まんがエネルギー(1) プリンセスコレクション

(講談社KIDS宝箱 まんがエネルギー 1)
高田 明美

http://www.amazon.co.jp/%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BEKIDS%E5%AE%9D%E7%AE%B1-%E3%81%8A%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%97%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC-%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E7%99%BD%E3%81%AE%E5%A7%AB-%E9%BB%92%E3%81%AE%E5%A7%AB/dp/4063796027

娘の「たのしい幼稚園」7月号に広告が出ていたので、早速買いました。
二冊とも、イラストが高田明美さん。文が久美沙織さん。

このお二人の作品は、早川SF文庫「真珠たち」以来なのですが。(一体何年ぶりだ;)
このときの高田さんは、いつもの可愛らしいタッチではなく、かなりリアルでした。

代わって、この2点。
高田さんといえば、自分達世代には「うる星やつら」や「クリィミーマミ」のキャラデザインの方、
だったりします。綺麗で可愛らしいタッチで、男性のみならず、女性にも人気ある方です。
今はイラストレーターされてますが、久しぶりにきらびやかな絵が見られて、嬉しい限り。

久美沙織さん。コバルトで有名だった人、です。自分は当時、この方面はなじみ無かったのですが、
それでも、先ごろなくなられた氷室冴子さんとか、藤本ひとみさんとか、名前はよく伺ってました。
「丘の上のミッキー」めるめんめーかーさんのイラストのシリーズが、自分的に知ってるタイトル。

内容。
いろんな「プリンセス」たちが、「不思議なたまご」の力で、「本来の姿」に変身できる、
というアンソロジーです。「白の姫 黒の姫」のくだりがノベライズ。

「たまご」で「本当の自分」に「変身」。どっかの恋多きジョーカーさんみたいですが
まあそれは出版社繫がり、ということでw。

とにかく、絵が綺麗。女の子(元、も可)は「お姫様」にあこがれるものですが、このシリーズの
お姫様たちは、「どこか、自分にも思い当たるところのある」方ばかり。皆ハッピーエンドです。

娘のために購入しましたが、どちらかというと、自分がはまっています。
(というか、この人選。思いっきり、「昔そうだった」母親狙ってるでしょw。)

にほんブログ村 イラストブログ アニメファンアートへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みんなあつまれ!リカちゃんクラブ@たのしい幼稚園12月号

定期購読している幼年誌ですが、いつも掲載されている『リカちゃんクラブ』。通常は

『スイート&ラブリー』な世界を展開してるのですが、今回のお話が。

季節ネタで、クリスマスです。以下、バレ。

リカちゃん、お友達のいづみちゃんとクリスマスパーティーへ。その時、BFのかけるくんと遭遇。

かける「え~っ。ぼくもいれてよ~。」

リカ「だめ。おんなのこだけだもん♪」

かける「なんでもてつだうからさ~」

リカ「なんでも?」(ピカッ。お約束です)

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

リカ「おおきいツリーがほしかったんだ♪。かけるくん、ありがとう(ハアト)」

かける「……」

…かけるくん、雪の屋外で、人間ツリーになってます。背中に舞台の大道具のような木のレプリカを背負っています。おまけに、頭には星つけて、体ごと金銀のモールを巻きつけられてます。さらに、両手にはツリーの飾りまで持たされてます。リカの双子の妹達のミキ、マキもやってきて、かけるくんの足元にプレゼントをディスプレイ。〆に、

いづみ「かけるくん、がんばって。」

黒い、黒いです、いづみちゃん(おい)。

これなんて、「ジェニーちゃん」?(もちろん、浦澤脚本で)

リカ=ジェニー、いづみ=なでしこ、かける=あきら(すまない;;)に置き換えれば、時分時のネタに使われていても違和感ないところが凄すぎます。

何よりも、これが幼年誌に「当たり前」に掲載されてるという事実。「ジェニーちゃん」にかけるスポンサーの心意気は、伊達ではない、というものを大いに感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)