日記・コラム・つぶやき

栗本薫氏逝去。

グインが終わってないのに。

以前からいろいろとお伺いしてましたが。

他にも未完の作品はありますが。

残念です。

ご冥福をお祈りします。

| | コメント (2) | トラックバック (6)

パソコンの大トラブル。

エクスプローラー8を入れて。

NOD32のアップデート通知が来た。
これの作業をしていたら、パソコンがフリーズ。

再起動かけたら、
アイコンが出てこない。

サポートに問い合わせる。

セーフモードで立ち上げ、修復。

今度は、「お気に入り」が隠れてしまう:。
書き込みやっていたら、ペーストか出来ない;

再度修復。
今度はエクスプローラーがお陀仏。

連れ合いに見てもらう。

「どうやったらこんなに壊れるの?」
システムを見る。

「何でもかんでもダウンロードてパンクしたんだねw」

今はグーグルのブラウザ使ってますが。
マイクロソフト関係を一切削除したので、
どうやらここしか書き込みができないです。

(ちなみに、今はGメールさえも見れない;)

こっちのブログは、どうやらパスワード見つからなかったので
書き込めそうもないし。
(昨日までのログのバックアップはある。)

ということで、リカバリが必要に;。

…はあ;。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

円卓の騎士物語 燃えろアーサー「閑話休題」。

「燃えろアーサー」も15話まで視聴完了。「円卓の騎士」編が
全30話ということなので、どうやら折り返しです。

そろそろ「黒い狐」ペリノアさんの暗躍が見られるところ
なのですが。ここでネタ話など。

「同じ孤児に生まれながら、
アーサーは今やキャメロットの王子。
俺は一介の貧しい修道僧…こんな馬鹿な話ってあるか?
運命がアーサーの味方をするのなら、
俺は才能で運命に勝ってみせるぞ。
見ておれ、アーサー!」

(#14.「怒りの故里」前編より。)

ペリノア、という人となりを一番表してる独白です。
言ってることは電波ですが、彼が言うと妙に説得力がw。
まあ、「才能で勝ってみせる」などとは、よほど自信がないと
言えませんから。

で、本題。

これとよく似た台詞を言ったキャラが、つい最近いたような。
確か、「アーサー」と同じ、日曜枠。
同じく、東アニ制作。
同じく、「名作路線狙い」
……。

駄目だ;どうしても彼女がヒットする;
そうです。「どれみ」と「プリキュア」の間に
「1年間だけ」放送された
「明日のナージャ」の真の闇のヒロイン
「ローズマリー・アップルフィールド嬢」です

自分もリアで見てましたが、彼女ほど完璧なヒールは
過去も今も未来もいないかと。

「ナージャと同じ孤児院育ちで大の親友だったが、
自分はプリンセスである、という妄想癖があり、
メイドであるという現実から逃げていた。しかし、
ナージャが実は貴族の出であるという事実を知り、
自分が成り代わろうと暗躍する。」

詳しくはこちらで。

ほぼ同じ事言ってますw。そして自分の才覚を頼りに
のし上がっていくところとか。ただ、彼女のほうが
もっとやり方は凄いのですが。
(玩具的に、「お母さんのドレス」というものが有ったのですが、
新作出すのに、「ローズマリーに破られる」という展開が;
これにOK出したバンダイ様も冒険者ではありましたが)

そして、どちらが本物の「貴族の娘か?」という対決の場に
おいても、ローズマリー圧勝。最後は自ら身分を捨てて、
「あたしは自分の力で自分のお城を作るの」と退場する。

当時、大きなお友達は他に累を見ない悪党ぶりに驚愕したもの
でしたが、リア女児にはかなり人気が有ったらしい。(おい)

「アーサー」は、打ち切られなければ、ペリノアさんの
ピカレスク路線だったそうなので、今となっては残念です。
もしかしたら、ローズマリーとタメ張るくらいのヒールに
なれたはずだったのに。

あ、そうか。

ペリノアさんで出来なかったことを、ローズマリーに
托したw。これなら納得です。そして、番組そのものは
1年しかありませんでしたが、
「稀代の悪女」ローズマリー嬢は、その名を後世に
とどろかせたので有ります。

もしかしたら、ローズマリー嬢は、ペリノアさんの無念を
晴らしてくれたのかもw。

 

なかのひと にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ

続きを読む "円卓の騎士物語 燃えろアーサー「閑話休題」。"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

NHK大河ドラマ「天地人」 #17..

「直江兼続誕生」

前半はお船さんのご亭主である直江信綱の死から、
兼続を「直江家の婿に入れ」という「殿からの勅命」。

これによって、兼続は直江家を継ぐことに

そもそも、ぽっと出の「若造」ばかり重用する、といった
他の臣下の不平・不満から起きた事件だったのですが。

かといって、兼続が上杉家筆頭家老の家柄である「直江」の
名前を称したからといっても、表向き、「不穏分子」は
頭を下げるかもしれない。
だが、腹の中では。

景勝曰く。
「妻と思うな、同士と思え。」
お船さんは女性とはいえ、国や民を思う気持ちそして
働きは立派なもの、だからだそうですが。

今まで何かと、伏線のつもりだったかもしれませんが、
不自然な位にしょっちゅう顔合わせてましたからwww。
既に「妻」ではなく、そういう意味では言われなくとも
「同士」になっておられた、というwww。

「一晩で」心を決めるのは早すぎる?いえ、即答したかったの
ですが、それではあまりにも何なので、「あえて一晩寝かされた」
のだと。

そのころ、お船さんは喪に服すため、実家に戻られてたそうですが。
今更顔合わさなくてもね、などと考えてしまいます。
(おい)

後半は、上杉の織田攻略。
上杉の援軍が間に合わず、武田、滅亡。
「私は要らないもの」と追放を覚悟していた菊姫を
「私の妻だ」としっかり宣言してくれた影勝。

男が上がりました。
「おべんちゃら」がいえない分、今回の言葉の重みは
如何ばかりだったかと

信長。武田を落とした上で、越後攻略に。
接見した石田光成を気に入りますが、彼は秀吉に
付く、という。その後、兼続にも会いますが。

今回の信長さんは、ヒッキーかいな、と。
主にインドア。若しくはモノローグ。たまに
初音がコスプレしてそばにいたりしますが、
そのポジションはなつかしの
「母を訪ねて三千里」のアメデオみたいなものかと。
(おい;)

もしかしたら、このまま「戦国武将」らしい活躍を見ること
無しに(すべては語りで終わられて)退場されるかと思うと。

次回は「義の戦士」というサブタイですが、はてさて。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (3) | トラックバック (6)

ペット王国にモモタロス来る。

みんな大好き!ペット王国2009 in京セラドーム

http://www.pet-oukoku.jp/event/

「イベントコーナー」参照。
「あの人気ヒーローがやって来る!」ということで、
5/3にモモタロスがくるそうですwww。

モモはペットかい!と珈琲噴きそうになりましたが、
ある意味間違ってない(おい)。

しかし。なんか時代は変わった気がします。

大抵は「仮面ライダー」本体?がこういうイベントに
くるのが定石だったのですが、モモタロスはみんな忘れがち
ですが。

元は敵怪人。

なわけです。それがいまや全世代に愛されるアイドルに。
(絶対に間違ってないww)

まあ、ペットイベントに「ライダー」は何か場違いですから。

ひそかに行きたかったり。(そこかよ)

なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (1)

惑星ロボ・ダンガードA 「キャラ感想・その6.」

「ドップラー総統」

ネルヴァル@ソラかけのA.I.には、どう考えても
このお方のデータが入っている。そう考えるほうが
すっきりする。(おい

「ネルヴァル様は、貴方を必要としているの。」
勧誘の仕方が、どー考えてもドップラー軍団への
それなんですがwww。そして、「ハコ」に閉じ込めて、
「人格」も「記憶」も封印して、ネルヴァルのパーツに
使う、という。

このあたり、思いっきり「マスクマン・システム
ですね、有難う(ry)。

中の人繫がりで、ついネルヴァルネタを出してしまいましたが、
個人的に受けているのは、敵対するレオパルドの中の人が
ルルーシュである、ということwww。
(管理人的に、今の人でハーケンアテるとしたら、ルルの中の
人=福山潤氏がいいのでは?と思っていますので。)

ちなみに、福山氏は78年生まれ。つか、「ダンガードA」で
銀河万丈=田中崇氏がドップラー総統を演じられたのは、
福山氏が生まれる前だったというのが;。

改めて。ドップラーという人のことですが。
天才的科学者。ですが、性格的にかなりアレ、というのは、
実は第1話で既に看破されていた、という。

今ならば、何とか言われるのですが、当時はそこまで言われる
までもなく。

確かに、頭脳は天才だったかも知れないのですが、メンタルは
かなり○○だった、というのが、この方自身を含めて周囲の
最大の悲劇だったかと。

某作品の某総統と比べてみると、かたや惑星民族国家の運命を
一身に背負った方と、自分の個人的欲求でのみ動いた方とでは
器の違いがありありと。

もし側近にへチさんが「副総統」としていなければ、ここまで
「軍団」は大きくならなかったのでは?と思います。

この作品では「ラスボス」ということになってましたが、
「プロメテ移住計画」という視点では、実はジャスダムの皆さん
とは同じ目的の「仲間」であったという;。このレトリックが、
この話を単なる「勧善懲悪もの」とは一線を画した存在にした
のも確かです。

個人的には、この方のモデルは俳優の
「ユル・ブリンナー」氏であることを疑ってませんw。
(「王様と私」などの主演作があります)

この方のアイデンティティを象徴するアイテムとして有名なのが
パイプオルガン」。4段も有る鍵盤の最上段を弾くときは
やはり立たれるんだろーか?などとしょうもないことが
気になりましたが。そういえば「プラネスター」内にも
あったのがw。

「さらヤマ」で、「白色彗星帝国」のテーマがパイプオルガン
(演奏は当時高校生の宮川彬氏)になったのも、この作品が
関係してるとか何とか。

本当に偶然ですが、レビューやってる頃に、かのTK逮捕ネタが
世間を騒がせてました。彼の仕事部屋。当然多数のシンセが
積まれていたのですが、そういえば、
「鍵盤に埋もれたTK」と
「パイプオルガン演奏しているドップラー総統」。

何やらイメージがダブるのは、決して偶然ではないはず。
(おい)

ちなみに、TKのキーボードソロの動画。なんとなく(おい)

なかのひと

にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ

続きを読む "惑星ロボ・ダンガードA 「キャラ感想・その6.」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピンクレディーは、ドライブに合う。

コネタマ参加中: ドライブのときに聴きたい曲、教えて!

アラフォー世代(藁)には説明不用な、
伝説のアイドルユニットですが。

以前ヒット曲集を何気にかけていたら。

結構合います。

まあ、アレだけ「踊れる」曲なのだから、
当然といえば当然ですが。

個人的には「ペッパー警部」と「逃げろ!お嬢さん」
が好きだったり。

今は、もっぱら娘のために
「プリキュアヒット曲集」だったかな?5枚組CD-BOX
だったの。それをヘビロテしています。
(これが結構名曲揃い。ドライブにはなかなかいいです。)

にほんブログ村 テレビブログへ

なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月のTV新番組リスト。

http://www.style.fm/as/02_topics/program/top_090324a.shtml

春のせいもありますが、本当に多いです。
地方U局深夜、というのが多いせいか。

で、どれを観るかは、追加としては
以下の予定。

(レビューあげる曜日で書いてます)

火曜日;アスラクライン・07−GHOST・シャングリ・ラ
水曜日;涼宮ハルヒの憂鬱
木曜日;グイン・サーガ(感想遅れます)
金曜日;バスカッシュ!
土曜日;ファントム
    トミカヒーロー・レスキューファイアー
    戦国BASARA・真マジンガー
日曜日;鋼の錬金術師

今のところ、これだけですが、又増えるかもしれないし、
減るかも知れないし。

一時期、ゲーム人気が台頭してきたとき、ものすごく
アニメが減った時期があったような。

そのことを思えば、深夜枠でものすごく増えた気がします。

大人になってもみられる作品がある、というのは、きっと
幸せなんだろう、と思います。

個人的には、「毎日かあさん」と『ジュエルペット』が
大穴だったりしますがw。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (2)

惑星ロボ・ダンガードA 「キャラ感想・その5.」

「霧野リサ」
やっとこさ、ヒロイン様登場です。登場時からしばらくは
星明子姉ちゃんよろしく、タクマをオペ席から(おい)
励まして見守るのに徹しておられましたが。

後半は、タクマと秀人、二人のエース達との
「トライアングラー」したり、果ては
「亡くなったママに似てる人」ということで
ハーケンの「ギアス発動」に関してキーウーマンに
なってたり。もちろん、「調査」と称してお外に出ては
ピンチに遭う、という「伝統的な」ヒロインのお仕事も
こなしたり。かなり活躍されていたみたいです。

ですが。

この方は、恐らく外面と内面にかなりギャップあるのでは。

外から見たら、(特にサテライザー組二人)
きっとこんな感じに思われてるんだろう。
「My SunShine」ROCK'A'TRENCH (メイちゃんの執事OP)

で、彼女本人的には、こんな感じかと。
「 Yumemiru...」相川七瀬
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND75497/index.html

そもそも、この時代のこのポジションなら、当然タクマと当然
フラグデフォルト、と誰もがそう思っていたのですが。

20話で思いっきりフラグへし折った時は驚きました。
そもそも、この回での彼女は、完全に幼馴染の光一にしか
視線が行ってない(おい)。

こう言っては何ですが、どう見ても世間に疎いタクマを
晒し者にしてるし。
「お兄ちゃんを殺さないで!」←これもどーかと。

彼女は御大ヒロインのお約束にたがわず、容姿端麗
才色兼備なお嬢さんなのですが。

性格はかなり「男勝り」←フェミが聞いたら怒るな;。
というか、「漢前」ではないかと。この作品に限らず、御大
ヒロインは全て外観にそぐわず「男前」だったりしますが。

この人は、「大江戸博士に繋がる筋のお嬢さん」という設定だった
ような覚えがあります。(詳しいことは失念;)そうであれば、
色々とすんなり納得できることが多いので。
恐らくタクマとも、幼馴染かと。

こういう「荒くれ仕事」に志願し、なおかつ実績を上げているの
ですから、スペックは相等高いでしょう、それこそ
「男性と同じか、それ以上に」。本人もそう思っているからこそ、
タクマに対しては、「お姉さん的ポジション」を自負し続けて
来たのではないかと。このくらいの年齢ならば、女子の方が精神的に
大人ですから、特に。
第一話での二人の関係性は、それこそ彼女の方が「上」でしたから。

しかして。話が動いて、次第に彼があらゆる意味で「成長」している
のを目の当りにしたとき、決して彼女は嬉しく思うばかりではなかった
はず。

もちろん、そんなことは本人でも気付いてないですが、恐らくは
潜在意識の底かと推測。

あくまでもこれはこちらの勝手な憶測ですが、秀人がサテライザーの
パイロットに正式に決まったとき、彼に対して

「嫉妬」

しなかったとはいえないはず。

それまでは、彼女と伴太がいつもタクマをフォローしてたから。

伴太はあのとおりのキャラ&男同士ですから、
「青春の殴り合い」でもやれば解決ですが。
(実際、そんな感じでしたしね)

彼女の場合。
同じチームなので、彼らは常に一緒に行動。

「両方とも好きよ。」などと最初は余裕かましていたものの、
次第に「男女の差」とか「立場の差」などから秀人に対する
感情に、暗いものがなかったとは。

そういえば、10代という年代は第二次性徴発現期でもあり、
それに伴う「疾風怒濤」の時代でもあり。

「今まで一緒に居た男の子」が「男性」になる過程を
まるっと容易に受け入れられたわけでもなく。

自分が本当に相手のことをどう思っているのか?
自覚して受け入れたのが、たまたま話の終盤あたりだった
感じがします。

今までの作品のヒロインさんたちは、あくまでも
「アイドル」であることが第一条件だったそうです。
そう言われたら納得しますが。当然、
「主人公君大好き!」が鉄板。

霧野さんは、それこそ「ヒロイン像」の過渡期にあった
キャラだったのではないか、と思います。どうも彼女は
「男に都合がいい」キャラではなかった気がしますので。

で、トライアングラーの結末ですが。

あくまでも、これは書いてる人の個人的意見。
霧野さんは、タクマ選ぶような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惑星ロボ・ダンガードA 「キャラ感想・その4.」

「大星秀人」

OPとかEDに、なぜか彼は登場してない(おい)。
これはハーケンもそうなのですが、作中のポジションから
すると、随分だなあ、と思ったり。

紛れも無く、この人のキャラ属性は「バディ=相棒」です。
いろんな意味で。

「WAKE YOU UP」島崎ひとみ
http://music.yahoo.co.jp/shop/p/53/240400/Y067309

ケータイバディは投げるもんじゃなーい!」←ガチかもw。
「ケータイ捜査官セブン」のOPです。ケイタとセブンの
バディ振りを謡ったものですが、彼とタクマとの関係にも
当てはまるかな、と思った次第。

もし今の作品だったら、彼も当世風のイケメン設定されそう
なのですが。(ガンダム00の沙慈とか、マクロスFのミシェル
とか)そうなると「彼でなくなる」からもったいないかと。

大人になってみてはじめて判る、秀人の良さ、というか。

サテライザーのパイロット要員として、曲乗りパイロットから
ジェット・ジョーの『ついで』として登場した彼。実は正式に
スカウトされてなく(おい)、
「よかったら、一度基地を観に来い」というキャプテンの
言葉を受けてやってきた人。

本命はジョーだったようですが、(中の人は元デュークフリード!)
彼の「正義」は、どうやらジャスダムにはなかったようで。
その代わり、思いっきりこちら側に「正義」のあった秀人が
結果としてタクマと「バディ」になったことに。

初はタクマとつくづく対照的な言動だったのですが。
色々と二人して局面乗り越えていくうちに。

色んなところが「御神酒徳利」状態にw。

(二人ともお父さん大好きかつ、両親が早世してるという)

正面切って殴り合いを避けてきた彼らでしたが、
かの「大告白祭り」のときは思い切り遣り合ってたのがwww。

まあ。「同じポジション」なら「同じ感情」を「同じ相手」に
対して持つのはとても自然ですから。

かといって、まるっと馴れ合いしてるのではなく、
時にはガチで「陥れ」するのがこの人の恐いところかと。

「人工呼吸しといたら?俺、ドクター呼んでくるから。」
@フリーゼの回。
この台詞に、彼の「下積み長かった」過去が全て語られているような。
(そういえば、これから始まったんだな;。アレは。)
秀人の「海千山千ぶり」を彷彿と感じさせるエピでは有りました。

「アレはお前が悪いんじゃないんだから。」
@ジュディミラ回。
そうですね、貴方がラス(ry)。

作中では、この「トライアングラー」に決着は付きませんでしたが。
(まだ任務中ですから。恐らく地球に帰還して艦を降りたときに
何某か有る可能性大)

どうやら、こんな△だったようです。

     リサ
   ↑↓   ↓↑
   ↑↓   ↓↑
   タクマ==秀人

後半は、どうしてもハーケンメインなところが好き嫌い分かれて
しまうのですが、「タクマには秀人がいる」という違いを見せる
ことで、ハーケンとの差異を明らかにする役目は大きかったと
思います。

中の人的にも「ライバル伝説」の始まりでもあったそうです。
(例:あたると面堂など。)

なかのひと にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)