アニメ・コミック

鋼の錬金術師 #9.

「創られた想い」

「66号」の言葉により、自身の「存在」を疑うように
なったアル。

ねじが一本残っていたことによる整備不良を気に病んでいた
ウィンリイ。エドが入院した連絡を受けてくる。

「自分の記憶は、ウィンリイも含めて周りが申し合わせてる
のでは?」気になっていたアル。

周囲の「よき大人たち」の助言を経て、
誤解を解くことが出来たエルリック兄弟。

相変わらずシンプルにまとめた回でしたが、
「大人をもっと頼ってくれ」とか、
「口で言わないと伝わらない。」とか
何気にいい台詞が多かったです。

しかし、あっさりと進めてましたが。
実はスカーは生きている、と言うネタフリがありました。

ヒューズさんは、もうアレなんですか;

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (4)

フレッシュプリキュア!#18.

「プリキュアに会いたい!小さな女の子の願い!!」

「プリキュア」にあこがれる、オペ前の女の子とプリキュアさん、
そしてシフォンのお話。

「憧れの変身ヒロイン」に会えるかも、と言うことで、当時のリア層を
期待させたので有名な作品に、
「花の子ルンルン」がありますが。
(プリキュアさん達の大先輩ですね)

某番組で、以前山瀬まみが、
「いつかルンルンが来てくれると本気で思ってた。」とコメントしてたのが
いまだに印象深いですが、今回の千香ちゃんも、いわばそんな感じかと。

(しかも、彼女はさりげなくビーズメーカー使いでもあるw。実は、今回の
販促はどう出るかと密かに期待してましたが、こう来ましたかw)

「プリキュアの友達」と振っといて、変身して登場するのではなく。
プリクラを取ってくる、と言うw。確かに、あのカーテンのなかでは
変身しても分かりませんが。

今回、「プリキュア」はかなり世間に認定された存在です。
なので、こういう展開もかなり自然。
「ヒーローは、人知れず」を超越した彼女達。どこまで突き抜けるか、
なのですが。

「自分の扱いがあまりに小さすぎる」ことに不満を感じ、プリキュア退治?
に今回もやってきた西さん。電波塔をナケワメーケに仕立て、
バトルシーンを実況させ、プリキュアさんたちの敗北が子供達の前で
繰り広げられることでFUKOゲージを高めようとしましたが。

かえって「火に油を注いだ」西さん。

一方、オペ前で、なおかつ約束した
「プリキュアのサイン」が貰えずに不安になって居る千香ちゃんに、
テレビの画面を『ワンセグ』で見せてあげたナースさん。
実は、いつテレビ画面にネタがふられるか待ってたんですけどね。
時代が。

「プリキュアは、いつも皆の為に戦ってるんだよ。」と励まされた
千香ちゃん。オペは無事成功。

その前に、『自分なりに』千香ちゃんを励ましたシフォン。彼女なりに
感情が成長しているのが目新しいところかな、です。

何気に、「昭和の特撮っぽい」回ではありました。というか、この作品
自体、「魔法少女」というよりは「昭和の特撮ヒーロー」をコスプレ美少女が
演じている、と言った方が近いので、こういうのもあるのかな、と思いました。
「プリキュア5」でもその方向は見えてましたが、「フレッシュ」では、もっと
掘り下げているような、そんな感じがします。

さて、次回。
いろんなところで4人目情報が出回ってますw。つか、次回予告に
シルエット登場。それにしても、ネットでの盛り上がりが凄いんですが。
>熟れたてフレッシュ!なパッションさん。
(熟れる=熟する、と言うのは正直「加齢現象」なので、この言い合わせは
何気に微妙だったりするのですが;)

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (8)

「Phantom~RequiemforthePhantom」第9話

「名前」

戻るにしろ、新たにつけられるにしろ、「名前」というものは
これだけ人の心に大きく深く影響するものかと。

「玲二」に戻ったツヴァイ。
「サイス」という、存在意義の全てを彼に預けていた結果、
彼が居なくなることにより、「個」の存在も保てなくなった
「アイン」。

対照的な二人ですが。
「玲二」が取った行動は。
「アイン」に「エレン」と言う名前を付ける。

「自分で考えること」をやめなかった玲二.これはクロウディアの
「調教」の結果でもありましたが。

エレンの傷がいえるまで逃げ延び、その間に「エレン」が「エレン」
である証しを構築していくはずだったのに。

サイスは生きていて、エレンは「アイン」として、サイスの元に
戻ってしまった。

玲二に残された選択。
サイスを討つ。しかしそれは「サイスの走狗」であるアインを敵に
回すことでもあり。

クロウ的には、美味しいですね。玲二の手により、「エレン」を抹殺、
そして。

それにしても、上手い筋運びの話です。どこまで行き着くのやら。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (4)

バスカッシュ!#9.

「アイドル・アタック!」

アイドルと歌の使い方はさすが河森さんw。
プロモとOPのコラボがすばらしい。

ダンたちのチームのお風呂シーンはサービスとして。
(ミユキが意外とシンプルなものを愛用していたのは
意外でしたが)

「エクリップス」が何らかの目的で結成された
グループなのはこれで分かりましたが、
ミイラ取りがミイラになった感じがしますw。
(特にルージュw)

それでも、脚フェチの(おい)はるかが惚れるんだから、
実力はたいしたものかと。

今回はエクリップスの歌が一曲終わるまでが制限時間。
どれだけ、ポイントを取るか。

歌いながら、ビッグフットの操縦。かなりのものです。
しかし、歌が終わる頃には、彼女達の方がポイントが。

その時、彼女らの歌を歌いだすアラン=フローラ姫。
会員ナンバー7と言うのも凄いですが、

釘宮さんの歌とか、女子声/男子声の切り替えの素晴らしい事。
ファンでなくとも、「凄い」と思いました。
(今週の目玉かも)

結局、試合は引き分け。
でも、彼女らのマネージャー的には良くなかったらしく。

彼女らは勝たないといけないらしい。
お約束ではありますが。

さて、これから面白くなってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

シャングリ・ラ第8回

「口紅無残」

しかし思わせぶりなタイトルだなw。
間違っちゃないけど、もしかしたら、と
思ったではないですか。

國子の脱出劇。文字通り。しかしこれ、
涼子はまるっとお見通し、だったみたいで。
「これで駄目ならそれまで」みたいなことを
いってましたし。

きゅうりの漬物は、あいにくと仕掛けはなくてw。
感心したのは、オレンジジュースからアルコール醸造。
理屈じゃ、そのとおりですから。

恐らく、モモコさんは着地点が検討付いたと思います。
でも、レナたちをあっさり始末、ね。

想定の範囲とは言え、厳しいな、あれは。

という事で。思わぬところで面白いな、とは
思ったのですが。

にほんブログ村 テレビブログへ

なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (1)

アスラクライン第8話

「災厄の王の末娘」


問題が解決してるのかどうかも分からないまま、
新展開とか新キャラとか。

「アクマ狩り」が横行してる中、嵩月組の面々が
奏の護衛を智春に依頼してくる。

組の皆さんだと、学校にも行けないらしいw。
まあ分かるけど。
その最中に、空から女の子がやってくる。
…兄ちゃんからの差し金というか。
それにしても、この兄は登場するんだろうか?

彼女は「ニア」。「ラックイーター」と呼ばれる
能力を代々有する某国某王家のお姫様。

「運食い」とは。
「分不相応の幸運を吸い取って、世界の幸運の調整を
行う」役割を担っているらしい。

「アスラクライン」の専門家(つまり天才少女」)で、
今度智春らの高校に転入するとか。それにしても、
マジハーレム状態www。

「子どもの相手苦手だから」という事で朱浬さん退場w。
お姫様のせいもありますが、結構わがまま。

そんな折。「アクマ狩り」が現れる。
ニアの姉が疑われているらしい。

そんな時、また新しいアスラマキーナ登場。
なんだかレトロな王子さまスタイルの人がでて来ましたが。

最後の言葉が「アスラクライン」

もしかしたら、このカオスな元は智春兄なのかと。
キャラは可愛いくて、メカもそこそこカッコいいのに
何だかなあ。


にほんブログ村 テレビブログへ

なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (1)

鋼の錬金術師 #8.

「第五研究所」

そういえば、前作では、ここのあたりはかなり
緊迫したシーンだったような。

実は結構「面白いな。」と思ったんですけどね。
分かりやすくまとめられていたし。

都市伝説的に自分達の恐ろしい過去を話したものの、
「僕田舎出だから、知らない。」と素で返した来たアル、とか。

「例えばここで驚くべきだろ?」と言った方が
「えええええええ!」と驚かされたり、とか。

コネタ多かったです。でも。

№66。
「お前は本当に自分が居た、と言えるのか?」

「周りはぐるじゃないのか?」

この精神攻撃はきつかったです。いえ、№48のエドへの
攻撃もかなりなものでしたけど。

何よりも。
17歳さまの黒さは今更言いませんw。でも、

コ○ンが黒すぎる;恐すぎる;

声だけ聴いてたら、マジそうとしか思えないので;。

後、マスタング少佐もそろそろなのですが。
そういえば、今回まだこの方は活躍されてない;

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (19)

フレッシュプリキュア! #17.

「シフォンはまかせて!ベリーの新しい力!!」

やっとこさベリーさんの新アイテム登場回です。

そういえば、
「自分から欲しいと願って、手に入れるために働く」
「正義のヒロイン」
というのは彼女が始めてかも。

でも、こういう局面を打開していく前向きな姿勢、
というのは大事だと思います。恐らくは、彼女の
今までの経験で培われたものだし。

で、「ピックル」はどのようにしてやってきたか?

シフォンのお世話をしていたら、やってきた。これは
かなりいけるかも。

ということで、頑張り出す美希。とりあえずは
「子育てのハウツー」から頑張り出す美希。
しかし、なかなかなついてもらえず。
(彼女は「フレッシュ」チームでは男前担当キャラでも
有りますから;。もしかしてそれも関係あるかも)

育児本を立ち読みしてるところをラブママに見られたり、
シフォンの泣き声を聞かれてママに問い詰められてしまう
美希。(そりゃそーだ)。

美希ママでなくても、この年頃の娘持ちのママなら、
顔色変えて聞いてくるでしょ。つか、普通は
「そっち」を疑うもんだ。

で、「赤ちゃん人形」とかなり無理っぽい言い訳で
切り抜けた美希。「思い切り心配した繋がり」で、
美希が小さい頃、行き先が分からなくなって隣町まで
探しにいった話がでる。

「あの時、大丈夫。寂しくなかったよ。」と
気張って言ってはみたものの。

気が付いてみれば、シフォンが居ない。
そうだ、あの謎生物は飛行能力が有るw。しかも
空間転移能力まであると来たもんだから;。

急いで探す美希。公園中を走って探しますが。

芝生に一人寝転がる西さん。お弁当のカップルを見て、
「こんなときに不幸な目に会うと。」確かに、ゲージは
凄く上がるかも。気が付いたのは偉いですが、西さんが
一人なのが不思議なんですが?

取り乱して西さんにまでシフォンの行方を聞く美希。

そういえば、本当はあの時寂しかった。
ママはどれだけ自分を心配してくれていたのか。

あのときのママの気持ちを分かった美希。
シフォンに再会。ラブやブッキーとも。

シフォンへの愛情。それが通じたときに、ピックルンは
現れる…間違ってなかったようですw。やっと
「ブルン」登場。

ついでに、サンドイッチナケワメーケさんも登場!
サンドイッチなだけに、ふわふわだわ分割するわで
なかなか強敵。

パインさんがWソース攻撃で狙われますが。
ピーチさん道連れにするところに彼女のアレさがwww。
「フルーツサンドイッチ」よく言った。

ここで、待望のパワーアップ!
「響け!希望のリズム!!
キュアスティック、ベリーソード!!」

彼女らしい、シャープな動きがいいですね。
待たされただけのことはあるような。

ママに教えてもらったの。ただ、純粋に愛してあげれば
良いんだって。

何気に難しいんですが、気付いた彼女も偉いです。
で、それだけでなく。
「これからは、私が厳しくするからね」
・・・どうやら役割決まったようです。くれぐれもお手柔らかに。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

続きを読む "フレッシュプリキュア! #17."

| | コメント (2) | トラックバック (8)

Phantom ~Requiem for the Phantom~ #8.

「急変」

まさにタイトルどおりの展開。

というか、本名出しただけで記憶が甦る、というのは
何らかの催眠術みたいなものだったんだろうか、と。

インフェルノの変革、とは。
どうやらサイス=マスターの「裏切り」。
アインとツヴァイはマスターの「管理下」。
クロウは、ツヴァイに「すべてを取り戻した上で」自分の
「同士」になってほしいと。

クロウはツヴァイに対して、何気に一番残酷な手段
とっていると思います。

本名や住所が分かったとして。今更どんな顔して
帰れるのかと。よしんば「吾妻玲二」に戻ったとして。
「すべてを知るもの」としてインフェルノから刺客が
差し向けられるのはほぼ間違いないし。
(しかも、家族すべてが標的)

アインは、リズィに腰を撃たれる。罠にかけられた。
「サイス=マスターの配下が、クロウの側近に銃を
向けた」…立派な「反逆」ですね。」

なんとか隠れ家に逃れたアイン。
ツヴァイは選択を迫られる。

アインを救うか、見殺しにするか。

答えは、「出来る限りのことをする。」
腰に残った銃弾を、麻酔無しで摘出する。
…考えるだけでもアレなのですが、
何気に「オペ」に見えず、あんなことしてるような
画面割りなのは、きっと狙っているんでしょうw。

過去が戻った話をアインにするツヴァイ。
…確かに、かなり嬉しくないな。今更。
そして、2人で逃走することを決める。

クロウを、というか、組織を裏切る。
サイス=マスターも「裏切った」そうなのですが。

こちらはゲームと比べ、どれだけ着地点をかえて
来るのか、です。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (9)

涼宮ハルヒの憂鬱 #8.

「笹の葉ラプソディ」

第一話のレビューをあげて以来、視聴は続けてましたが、
レビューはおざなりになってたこの作品。

何気に見てたのですが、存在自体がサプライズだったとは。

そういえば、OPもEDもあの有名なのとは違いましたっけ。

ありていに言えば、
「今のハルヒのきっかけは、キョン自身だった」
というものですが。

実は「未来少女」なみくるちゃんと一緒に
「3年前」にタイムトリップ。そこで当時中1だった
ハルヒと知り合う。

実は3年間寝たままでタイムトリップ、というのも
凄かったですが。

いろんな意味で作りこんでる作品だと思います。
というか。
この作品に興味ある人ならば、一度は学生時代に
経験している「こんな感じ」を見事に再現してる
素晴らしい感覚w。

この後も何かあるらしいので、とりあえず視聴は
続けます。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (22)

より以前の記事一覧