« アスラクライン第8話 | トップページ | 栗本薫氏逝去。 »

シャングリ・ラ第8回

「口紅無残」

しかし思わせぶりなタイトルだなw。
間違っちゃないけど、もしかしたら、と
思ったではないですか。

國子の脱出劇。文字通り。しかしこれ、
涼子はまるっとお見通し、だったみたいで。
「これで駄目ならそれまで」みたいなことを
いってましたし。

きゅうりの漬物は、あいにくと仕掛けはなくてw。
感心したのは、オレンジジュースからアルコール醸造。
理屈じゃ、そのとおりですから。

恐らく、モモコさんは着地点が検討付いたと思います。
でも、レナたちをあっさり始末、ね。

想定の範囲とは言え、厳しいな、あれは。

という事で。思わぬところで面白いな、とは
思ったのですが。

にほんブログ村 テレビブログへ

なかのひと

|

« アスラクライン第8話 | トップページ | 栗本薫氏逝去。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/45135889

この記事へのトラックバック一覧です: シャングリ・ラ第8回:

» シャングリ・ラ 第8話 [モノクロのアニメ]
第8話 口紅無残 二人の看守が、國子の両肩をつかんで、無理やり起こさせた。國子は、力の入らない両脚で地面に立つと、きっと涼子を睨み付けた。 しかし涼子は、むしろ微笑を浮かべた。 「いいわね、その目」 涼子の声に、不気味な恍惚が浮かぶ。 「私以外の人間に手を出したら、絶対許さないから」 國子は、擦れた声で、涼子を怒鳴った。だが、いつもの元気は出てこない。 「異議のある者は、一歩前に出ろ!」 総一郎が、周囲を取り囲む少女たちに呼びかけた。だが、少女達はただ見詰めるだけで、囁きすらしな... [続きを読む]

受信: 2009年5月27日 (水) 14時41分

« アスラクライン第8話 | トップページ | 栗本薫氏逝去。 »