« シャングリ・ラ #5. | トップページ | 円卓の騎士物語 燃えろアーサー#7. »

円卓の騎士物語 燃えろアーサー #6.

「神剣エクスカリバー」

実は、「エクスカリバー」はここでアーサーの手に
渡る、ということを知りませんでした。(おい)
それよりも。

「湖の妖精・ヴィヴィアン」さんの容姿が、何やら某御大ヒロインさま
のようなのに。(こらまて)なぜかコスの色が
「東映ピンク@ヒロイン仕様」というのは置いといて。

一晩中、4人の男子(うち3人が屈強の青年;)を乗せて道を急いだ
お馬さんに乾杯。その上、わりに広い川まで渡らされて;。本当に
お馬さんはご苦労様でした。

トリスタンから御者を引き継いだアーサー。川を渡るとき、
早くランスと交代汁!」と視聴者さんたちはおもったはず;。
で、空気読んだかは分かりませんが、
俺、参上俺と替われ!」と登場なさったランス
「こーでなくっちゃw」と思われた方々は多いはず。

向こう岸からはギャラハッドの国の騎士達が追っ手として登場。
一斉に矢を射掛けようと。

剣で総べてなぎ払おうとしたトリスタン(これも大概ですが)を御して、
僕を目がけて撃て!」と身を張ったギャラハッド。

「王子である自分には、決して弓を引かないはず」という確信が
有ったからだと。

その賭けは、ギャラハッドの勝ち。隊長は、射掛けるのをやめざるを
得ず。実は彼が一番「王子である事」を上手く使いこなせている気が。

無事目的地周辺に着いた一行。ギャラハッドに「留守番」してもらい、
マーリンを探して森の奥へ向かうと。

緑の騎士」登場。アーサーに「騎士として勝負しろ」と。
「勝てばマーリンの居所を。さもなくば首をいただく。」

必須アイテムは総べて準備済み。(なんか凄い)しかし、
全身フル装備の「緑の騎士」に対して、甲冑だけはないアーサー。

なんだかなあ。腕前からしてあれなのだから、せめて甲冑も準備
するべきでは?(なぜここ;)と思った次第。

ここで始めて「ペガサス」と「盾」を入手したんだ。うーむ。

勝負の結果。予想通り、といっては何ですが、アーサーの完敗。
塚、騎士様的には想定の範囲内。で、真の目的はというと。

アーサーはじめ、他の若い衆がこれからの試練に耐えうるものか
どうかを見極めるためにあったかと。

思ったとおりかどうかは分かりませんが、ランスとトリスタンは
アーサーこそは大事な人物」とばかりに自らを身代わりにと。

騎士様。彼らの決意を確認したうえで、
「マーリンの居所」を教える。

マーリン宅にて。今の彼らの力では、
ラビック王(とそのラスボスである魔女メデッサ)を
倒せない。それには神剣と盾が要る、と。それらは
湖の妖精・ヴィヴィアンが預かっている。

湖にある小船に、アーサー一人で乗り、湖の妖精ヴィヴィアンの
試練に耐えてこそ、エクスカリバーを持つにふさわしい人物と
認められる。

今度こそ、アーサー一人で立ち向かわないといけない。
湖に起こる渦を越えるアーサー。
目の前に神剣が。しかし、まだ試練がある、という。
(どんだけトラップ仕かけてあるんだよ;)

「この剣を引き抜いたときの光に耐えてみろ。」というもの。

今、これくらいの試練を越えられなくて、父の仇を、ログレスの
平和を取り戻せるのか?

見事試練を越え、「エクスカリバー」を得たアーサー。
これから待ち受ける試練がどれだけ厳しくとも、仲間と
越えて見せることを心に誓う。

健気に留守番してるギャラハッドが気になりますw。
(まあ、彼なら普通の人攫いくらいやりこめそうですが)
しかしだ。相手が猛獣だったら、かなりやばい。

早く戻ってやってくれ;お兄ちゃんたちwww。

なかのひと にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ

|

« シャングリ・ラ #5. | トップページ | 円卓の騎士物語 燃えろアーサー#7. »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

この回の殊勲賞は何といっても「お馬さん」でしょう!!
最後まで走りきった粘り強い頑張りに拍手です。
>「早くランスと交代汁!」
いやもう、河川(湖です)といったらランスロットの右に出る者はいないと(笑)
ヴィヴィアンのコスチュームには「何といってよいのかわからないけど凄い」の一言に尽きます(@_@)

投稿: 北岡 | 2009年5月 7日 (木) 23時36分

どうもありがとうございます。

いろんな意味で、ランスロットは人が出来てるなあ、と思うのです。

「希望の王子」とはいえ、今のところはまだいろいろと知らないことが多いアーサーを常にフォローしているというか;。なかなか出来ないことだと思います。

>「何といってよいのかわからないけど凄い」の一言に尽きます(@_@)

せめて「シルキー・マウ」@ダンバインみたいな感じにしてほしかったですが。
「神剣」の守護者なら、あれくらい「凄く」て丁度いいとか。(おい)

投稿: 由維 | 2009年5月 7日 (木) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/44929962

この記事へのトラックバック一覧です: 円卓の騎士物語 燃えろアーサー #6.:

» 第6話「神剣エクスカリバー」 [ログレスにて〜ひみつきち〜]
国境の川を目指し、馬車を駆るアーサーたち。 追っ手はすぐそこまで迫っていた。 とうとう渡河の最中に発見されてしまい身構えるトリスタン。弓を引き絞り狙いを定めるワールズ兵にガラハッドが叫ぶ。 「撃てるなら撃ってみろ!僕を狙って撃てー!」 自国の王子に矢を向けることはできず引き返すワールズ兵。 無事渡河を終えたアーサーたちの前にノースウッドの森が広がる。 馬車を進めていくも、木々に阻まれ身動きが取れなくなっていく。 「まるで自然の砦が我々に挑戦しているようだ」某探検番組のナレーションのようなトリスタンの... [続きを読む]

受信: 2009年5月 7日 (木) 23時26分

« シャングリ・ラ #5. | トップページ | 円卓の騎士物語 燃えろアーサー#7. »