« 円卓の騎士物語 燃えろアーサー#11. | トップページ | 円卓の騎士物語 燃えろアーサー#12. »

リストランテ・パラディーゾ #4.

「カゼッタ・デッロルソ」

今のこのリストランテがどのようにして出来たか。
ニコレッタに語られる形で展開されるお話。

過労で倒れた妻を癒すため、ひたすら
「彼女好み」のリストランテを作ろうと
尽力する夫・ロレンツォ。

その結果。
あらゆる方面から(特にスタッフの男性陣!)
「オルガ好み」なリストランテに。
すっかり「萌え」な妻を見て、至福な夫。

一見、とても夫婦愛に満ちたいいお話ですが、
そこで終わらないところは、

「オルガが娘を置いてけぼりにしてきた」上での
「愛情話」
であり、その大本は、
「子連れ女は御免被る」ロレンツォの存在ということ。

これだけ妻に広く深い愛情が注げるのに何故?と
思われますが。

「子どもがいたら、妻は愛情を全て受け止めてくれないから」
ではないかと。

相手の喜ぶ顔が見たいから、働く。そして、喜んでくれる。

もし、これが「子持ち」ならばどうかというと。

「私は良いから、子どもに何かしてあげてほしいの。」
といわれたら?
「私にこれだけしてくれるのなら、子どもをもっと構ってあげて。」
と請われたら?

それに、子どもというものは。
いつでも自分が一番両親から愛されてる、と思っている
ものなので。

そんな場合。妻が大好きな夫は。

子どもが疎ましくなることも有り得る

わけですね。そういうことも無きにしもあらずで。

ロレンツォはそうなることが分かっていたから、あらかじめ
予防線を張ったのだと思います。これも愛情の一つ。

オルガ的にも悩んだと思いますが、
「いつかこの子も分かってくれる時が来る。自分の娘だから。」
と、あえてニコレッタを自分の親に預けたかと。

結果。やはりオルガの選択は正しかったと思いました。

「絶対、20年居残ってやる!」

オルガは「母親」としてはあれですが、「一人の女性」としては
魅力的な人ですからね。

にほんブログ村 テレビブログへ

なかのひと

|

« 円卓の騎士物語 燃えろアーサー#11. | トップページ | 円卓の騎士物語 燃えろアーサー#12. »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/45001380

この記事へのトラックバック一覧です: リストランテ・パラディーゾ #4.:

» リストランテ・パラディーゾ #4 カゼッタ・デッロルソ [つれづれ]
 カゼッタ・デッロルソの誕生秘話という感じのお話でした。クラウディオはやはり格好いいですね。 [続きを読む]

受信: 2009年5月13日 (水) 21時01分

» リストランテ・パラディーゾ 4話 [ワタクシノウラガワR]
#4 「カゼッタ・デッロルソ」 今回は、リストランテ「カゼッタ・デッロルソ」の成り立ちが語られました。 切っ掛けはオルガが過労で倒... [続きを読む]

受信: 2009年5月13日 (水) 21時13分

» リストランテ・パラディーゾ#04カゼッタ・デッロルソ [帰ってきた二次元に愛をこめて☆]
#4「カゼッタ・デッロルソ」ルチアーノのバリスタ姿・・・こういう新作部分は良いですねぇ(ノ`)見たかった!!という部分をちゃんと作ってくれて・・・でも・・エスプレッソを「いつもより濃く」したら、苦そう(おい話は続編の「GENTE」からの部分ですが、マルツ...... [続きを読む]

受信: 2009年5月14日 (木) 04時36分

» リストランテ・パラディーゾ 第4話 [ぷち丸くんの日常日記]
リストランテ誕生に立ち会った懐かしい客がやってくる。 開店当時、厨房手伝いであったマルツィオである。 ニコレッタは、彼から「カゼッタ・デッロルソ」にまつわるエピソードを 聞かせてもらう。 それは、老眼鏡紳士たちのリストランテができあがるまでの、 ささやかな優し... [続きを読む]

受信: 2009年5月14日 (木) 15時45分

» リストランテ・パラディーゾ Quarto「ガゼッタ・デッロルソ」 [無限回廊幻想記譚 別宅]
特別なお客がくるらしいと知るニコレッタ。 孫と共にやってきたのはガゼッタ・デッロ [続きを読む]

受信: 2009年5月15日 (金) 00時13分

» リストランテ・パラディーゾ #4 [日々の記録]
カゼッタ・デッロルソの歴史が語られる、ちょっといい話でした。今でこそ人気のカゼッタ・デッロルソですが、そんなお店にもその始まりがありました。開店当時、厨房を手伝っていたマ...... [続きを読む]

受信: 2009年5月16日 (土) 21時33分

« 円卓の騎士物語 燃えろアーサー#11. | トップページ | 円卓の騎士物語 燃えろアーサー#12. »