« シャングリ・ラ #4. | トップページ | 円卓の騎士物語 燃えろアーサー #4. »

戦国BASARA #4・

「揺れる緋の華 悲を呼ぶ信義!」

もしかしたら、某大河よりこっちの方が
よほど「戦国」しているかもしれない、と
思う様になりました。いや、かなりデフォルメ
されていますが、「本筋」では間違っていない
ような気がして。

第六魔王、と呼ばれるにふさわしいラスボスな
織田信長。でもそれ以上に曲者にしか見えない
明智光秀w。(しかも速水さんですか;極めてる)

今回はその信長の義弟である浅井長政が義を曲げざるを
得ない方へ仕向けられる話。

つか、実妹でもある長政の妻・市を人質にする時点で
正義もへったくれもあったもんじゃないですが。

いずれにせよ、彼の義は、彼もろとも無残に踏み潰される
のが目に見えているだけに。

しかし、こうやって見ていると、明智がものすごく人外
なんですが(おい)。

とりあえず、毎回恒例の信玄と幸村の、ある意味
「どつき愛」が見られらだけでも良しとしなければw。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

|

« シャングリ・ラ #4. | トップページ | 円卓の騎士物語 燃えろアーサー #4. »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/44838046

この記事へのトラックバック一覧です: 戦国BASARA #4・:

» 戦国BASARA#4「揺れる緋の華 悲を呼ぶ信義」感想 [おぼろ二次元日記]
織田と朝倉の間で板ばさみになる浅井。真の義はどちらに!?「〜揺れる緋の華 悲を呼ぶ信義〜」あらすじは公式からです。熾烈なる殺戮を繰り返す織田軍。無抵抗の女子供までを手に掛け、草木の一本まで焼き払う織田の所業には一片の義もなく、それは文字通りの魔王による...... [続きを読む]

受信: 2009年4月30日 (木) 00時18分

» 戦国BASARA第4話 「揺れる緋の華 非を呼ぶ信義」 [獄ツナBlog5927]
アニメ戦国BASARA感想。「浅井長政、 [続きを読む]

受信: 2009年4月30日 (木) 17時32分

» 戦国BASARA 第04話「揺れる緋の華 悲を呼ぶ信義!」 [たらればブログ]
 浅井長政の元に信玄から信長包囲網の誘いが。しかし妻が信長の妹の市ということもあって断り続けた長政でしたが、美濃攻めや浅倉攻めのことで信長に憤りを感じていました。  光秀の唆されて信長に浅倉攻めの中止を求める直訴をしたところ、逆に市を人質に取られ長政自身に浅倉攻めを命じられてしまった長政。長政は浅倉と話し合いで決着しようとしますが、またしても光秀に唆されて信長包囲網の先鋒となる伊達軍との戦を決意することとなりました。  なんか、市がゲームのよりブスなんですけど……。政宗も時々劇画っぽいし... [続きを読む]

受信: 2009年5月 1日 (金) 00時23分

» 戦国BASARA第4話「揺れる緋の華悲を呼ぶ信義」 [にき☆ろぐ]
さて、今回も比較的真面目なお話戦闘シーンもなかったですし次回へのタメな感じでしたねしかしついに織田打倒に向かい色々な勢力が動き出してなんだか戦国っぽくなってきましたねこういうのはワクワクして良いですそして今回出てきたのは浅井長政と妻のお市市は信長の血を...... [続きを読む]

受信: 2009年5月 1日 (金) 00時49分

» 『若本さん、速水さん、おぬしらワルよのう〜』と言いたくなるく... [シュージローのマイルーム2号店ミラー版]
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!! このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!! できれば、ブログ下にあ...... [続きを読む]

受信: 2009年5月24日 (日) 05時06分

» 『若本さん、速水さん、おぬしらワルよのう〜』と言いたくなるくらいの悪巧みっすね(ToT) 戦国BASARA第4話『揺れる緋の華 非を呼ぶ信義』 [シュージローのマイルーム2号店]
 屍の山に立つ男――― 第六天魔王・織田信長。  ひれ伏せい、愚民ども〜!!!  いきなり、死体の山に佇む信長とその軍勢からスタートした戦... [続きを読む]

受信: 2009年5月24日 (日) 05時07分

« シャングリ・ラ #4. | トップページ | 円卓の騎士物語 燃えろアーサー #4. »