« メイちゃんの執事 #8. | トップページ | 惑星ロボ・ダンガードA キャラ感想・その1. »

「一文字タクマ」の神谷明氏の声。

コネタマ参加中: アニメキャラクターで一番好きな声は?

というか、演技ですね。
ちなみに、70年代作品である「ダンガードA」の主人公です。
この時代はそれこそロボットアニメの熱血主人公キャラは
ほぼこの方だったのでは?といっても過言ではないです。

で、タクマもその範疇にもれないはずなのですが。
実はものすごく振り幅が広い。

特に、父親と最後の別れのシーンのあたり。
この話の前半は、それこそいろんな意味で
「父親との葛藤」がテーマなのですが。

「絵」以上に「声の人の演技」がそれを上回った、
という。最近ネット配信で見たところなのですが、
「鬼気迫る演技」とはこういうものかと思った次第。
背中に寒気走りましたから。

当時は再放送待たないと観られなかったのですが、
今はDVDとかネット配信などで過去作を視聴できる
というのは凄くありがたく思います。

こうやって、当時では気がつかなかったところなども
発見できたり出来ますから。

にほんブログ村 テレビブログへ

なかのひと

|

« メイちゃんの執事 #8. | トップページ | 惑星ロボ・ダンガードA キャラ感想・その1. »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/44240492

この記事へのトラックバック一覧です: 「一文字タクマ」の神谷明氏の声。:

« メイちゃんの執事 #8. | トップページ | 惑星ロボ・ダンガードA キャラ感想・その1. »