« 黒執事 #22. | トップページ | 鉄のラインバレル#23. »

キャシャーン CASSHERN Sins #23 .

「還る者達」

ディオとレダ、安らかに。
小林脚本回が続きます。さすが、〆にふさわしい、
というかなんというか。

ひたすら拳を交え続けるキャシャーンとディオ。

キャシャーンを倒すためだけに、今まで生きてきたディオ。
不死身ゆえ、「生きている」実感を感じられなかった
キャシャーン。

だが、この瞬間、
「確かに僕は、生きている。」

ディオの一撃を、腹に決められるキャシャーン。
「勝った。俺は、キャシャーンに勝った!」
だが、彼には既に滅びが訪れていた。

レダは。
気がつけば、スクラップ置き場のような場所にいた。
子どもをあやすような仕草をしたりしてましたが。

気がつけば、異形の姿。

憎悪と復讐のため、ルナを探すレダ。

ルナを見つけたレダ。
「よくもこんな姿にしてくれたわね!」
その応酬は。
レダの腹を鋭機で串刺しにするルナ。
「あんなに癒してあげたのに?滅びは嫌いよ。」

「癒して何が悪いの?姿が変わるくらい、永遠の
命と引き換えなら、どうってことは無いでしょ?」

ルナはこんな感じ。とても恐いです。

キャシャーン。ディオの言葉を受けて、登場。
「レダを助けてやってくれ。」
彼が生きていたことを喜ぶリューズとリンゴ。

「私とともに、この国の王になって欲しい。」という
ルナの申し入れを断るキャシャーン。
「君は湧き水のように命を溢れさせるが、ここのものは
只それを飲むだけで、生きているものはいない。」

過去に出会ったロボット、人間。何れも限られた命を
懸命に生きていた。滅びを受け入れることで、初めて
「生きる」事が出来る。

ディオのそばに寄り添うように「滅ぶ」レダ。
最初は違う目的で、利害だけで共闘していた二人。

しかし。本当に大切なのは、ともにいた月日。

ルナの国を離れて、「共に生きる」ことにしたキャシャーンたち。

だが、ブライキングボス、ここに登場。

かつて、「太陽は二つ要らない」とルナを殺めたラスボスだが。

「癒しが欲しい。」とルナに申し出る。
「新たな王」として、ブライを受け入れるルナ。

「死んだ」部下の墓を作り続けたブライ。その彼が
今、ルナの元にやってきた。

勝手な予想。
「ルナによる不死の力を得たロボット軍団を引っさげて、
ブライ復活。キャシャーン。これらとの終わりなき戦いが」

だったとしてもおかしくないな。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

|

« 黒執事 #22. | トップページ | 鉄のラインバレル#23. »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/44331809

この記事へのトラックバック一覧です: キャシャーン CASSHERN Sins #23 .:

» キャシャーン Sins 第23話 「還る者達」 感想 [サボテンロボット]
★★★★★★★★★★(10:素晴らしい!) 「僕は死ねない代わりに生きる事もできない・・!」 キャシャーンVSディオ、死闘の決着。 限... [続きを読む]

受信: 2009年3月13日 (金) 22時11分

» キャシャーン Sins第23話 「還る者達」 [獄ツナBlog5927]
アニメキャシャーン Sins 発言者:→宵里、→春女です。 「最後 [続きを読む]

受信: 2009年3月14日 (土) 11時36分

» CASSHERN Sins -キャシャーン Sins- 第23話「還る者達」 [無限回廊幻想記譚]
ブライキング・ボスはもう誰の墓も作らないという強い決意を持つようになり、滅びの進むロボットたちを引き連れて移動を開始。破壊から再生したキャシャーンと、癒しを拒否し滅び行くディオとの最後の戦い。オージの「何故戦うのか」という疑問が脳裏を横切るキャシャーン。まだ戦... [続きを読む]

受信: 2009年3月15日 (日) 04時01分

» CASSHERN Sins -キャシャーン Sins- 第23話「還る者達」 [無限回廊幻想記譚 別宅]
ブライキング・ボスはもう誰の墓も作らないという強い決意を持つようになり、滅びの進 [続きを読む]

受信: 2009年3月15日 (日) 04時03分

« 黒執事 #22. | トップページ | 鉄のラインバレル#23. »