« しゅごキャラ、どきっ!#70. | トップページ | メイちゃんの執事 #6. »

屍姫 玄 #7.

「ありふれた望み」

「お胸様」(しかし、あれなニックネームだな;)が
本当に望んだものは。そして、七星・頭屋の正体。

望さんは、最初はマキナに憧れて。
「死んでいるから、永遠だから」美しい。

マキナには、いつもオーリがいて。
「マキナさんが死んでいるから、美しいから」
オーリがマキナに惹かれて居ると思い。

オーリの傍にいたい。そのためには。
「死にたい。美しくありたい。永遠でありたい。」

「だから、私を殺して。」
望には、「幸せを吸って大きくなる」風船が。
「幸せになりたいの。私。」

犬彦乱入。
「望、あんたのせいで学校がおかしくなってるんだけど?」
望はオーリが好きな事を、本人に伝えますが。
…マジで気付いてなかったようです。

赤沙を聞き手に、
「星村家を襲った理由」を語る七星。
『屍姫』を作る経典を手に入れるため。それは、
マキナを屍姫にして、北斗の敵とするためだったという。
つまり、北斗に光言衆を襲わせるため。

次は、歪質が動く。

マキナ、学校に来るも、あっさり風船に捕まる。

学校が遊園地に変わる。
風船が割れたら、そこからでてきた怪物に食われる。
「幸せという名の怪物」それが頭屋の能力。

過去の幸せな時代の記憶に「飲み込まれる」マキナ。

「屍姫になりたくて」死にたかったはずなのに、オーリと居る
のが「幸せ」になってしまった。だから、
「死ぬのが恐くなった」望。

「今の自分の幸せは、七星が滅ぶこと」過去の自分を
仕留めるマキナ。

「死は幸せじゃないの?」

頭屋の正体。幼い女の子。
「酷い貧しい家の子でね。ある日、初めて親子3人で
遊園地に遊びに行ったんだ。こんなに楽しいことは
初めてだったらしいけど、その後。
親子心中に巻き込まれたんだ。だから、自分が死んだことも
判ってないし、死は幸せ、と思っている。」

歪質、更に。
「お前こそ、屍姫になって幸せじゃないのか?こうやって、七星と
闘えるんだから。」
マキナ気絶。

「さあ、後始末。」

割れた望の風船から現れた怪物に、
「座壇術法!」…絶対、使い方を間違っていると思う;。
当然、発動せず。

怪物を仕留めたのは、歪質。
「お前に使えるはずがない。何故なら、
お前は屍から生まれた子だから!。」

彼がオーリを仕留める、という。

歪質は、望の怪物を仕留めたので、望は死亡。
しかも、頭屋はまだ生きているし。
学校遊園地状態は今だ放置状態。

オーリが「死」に惹かれる理由がでて来ましたが。
それでは、何故先ごろ「座壇術法」が使えたのか?
これの説明が;。

オーリとマキナ。共闘というにはあまりにも微弱では
有りましたが。

次週は休みらしいです。いいところなのに。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

|

« しゅごキャラ、どきっ!#70. | トップページ | メイちゃんの執事 #6. »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/44091660

この記事へのトラックバック一覧です: 屍姫 玄 #7.:

» 『屍姫 玄』#7「ありふれた望み」 [ジャスタウェイの日記☆ミラーブログ]
「屍姫っていうのになれば、オーリ君と一緒にいられるって思ったから」 オーリが…。。。 突然やってきた春日に押し倒されるオーリ! 何が起こったのかわからずなすがままオーリでしたが 黒猫のおかげで彼女の首の紐と風船が見えるようになったが それが意味すること....... [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 14時59分

» 屍姫 玄 第7話 「ありふれた望み」 感想 [ソウロニールの別荘]
幸福と死と [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 15時19分

» 『 屍姫 赫/玄 』#20:「ありふれた望み」(玄7話) [シリウスを目指して翔べ!]
― 「偽言霊」「死は幸せ」に踊る望、その果て オーリみたび慟哭 ― [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 18時32分

» 屍姫 玄 第7話(第20話)「ありふれた望み」(感想) [からまつそう]
こちらは感想です(内容)オーリを襲う春日私を殺して…幸せになりたい…幸せを感じさせて!死を間近に感じてはいても決して幸せとは結びつかないオーリにとっては春日の言う事は滅茶苦茶ですその上自分からではなくオーリに頼んでいるのですから…殺して…感じさせて…他...... [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 18時38分

» 屍姫 玄 第7(19)話「ありふれた望み」 [無限回廊幻想記譚]
七星・頭屋の手中に落ちてすっかり変わってしまったお胸様こと春日望。「私を殺して」花神旺里に幸せになりたいから殺して欲しいという望には、巨大な風船が。望が幸せになれば、どんどん膨らんでで幸せな死をもたらすと言う。そこにやってきたのはなんと犬彦瑞樹。望のせいで学校... [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 20時04分

» 屍姫 玄 第7話「ありふれた望み」 [電撃JAP]
博士「儂のありふれた望みは・・・」 助手「言わなくても分かっているwww」 [続きを読む]

受信: 2009年2月17日 (火) 22時10分

» 屍姫 玄 第07話「ありふれた望み」の感想。 [いーじすの前途洋洋。]
屍姫 玄 第07話 「ありふれた望み」 評価: ── 私分かったの・・・ 脚本 會川昇 絵コンテ 高柳滋仁 ... [続きを読む]

受信: 2009年2月18日 (水) 04時01分

« しゅごキャラ、どきっ!#70. | トップページ | メイちゃんの執事 #6. »