« 惑星ロボ・ダンガードA#47.(東映プレミアBB配信) | トップページ | 黒執事 #17 . »

惑星ロボ・ダンガードA#48.(東映プレミアBB配信)

「宇宙母艦ジャスダムの反乱!」
http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item016123_0000.htm

「コノ身ハ汚レテモ、心ノ錦ヲ、信ジテイテ下サイ」

前回に続いて、またもや内部反乱かよ;と思っていたら。
どうやらサテライザーの二人が操られてしまうらしい予告。
で、このAパートは一体何なんだ?(もっとやれ)
ラブコメ状態。つか、販促期間もそろそろ終了だから、
大友向けに展開して良いよ、ということで、この辺りの
人間関係を整理することになったかと。

というより、
「トライアングラー」確定ですねw。かなり強固な。
こんなところに殴りこみかけようとするハーケンさんは
兵、というか勇者、というか命知らずというか。

折りしも、今回は姫野さん作監回。メインのBパートを
生かすためのイントロとして、どうやらAパートは必然
だったらしい。

ドップラー側が、いきなりパルサーコズモエネルギーを
使うようになった。このままでは追いつけないのでは?
そうなると、決戦の地はプロメテに持ち越されることになる。

出来れば、プロメテの地を少しでも傷つけたくは無いのだが。

「私のせいなんです!」リサ姉が爆弾発言。
「囚われている間、意識の無い間に自白させられたんです。
そうとしか。」

姉を一生懸命弁護する男子二人。振り切って、司令室を飛び出す
姉。

「例えそうであったとしても、過ぎたことだ。」
あくまで姉を責めない大江戸博士ですが。

「俺、食堂行くから」と秀人をまいて。
(四六時中一緒だから、この人たちw)タマガーに
リサの居場所を聞き出すタクマ。
「展望室に行ったよ」と聞いて、駆けつけると。

秀人が既に居たwww。流石だ。
(思わず紅茶噴きそうになりましたわ;)
で、一生懸命励ましてる。というか、
もう少しで、
「何故、自分がここまで頑張ってこれたか」を語ろうと
したときに、

タクマがいるのに気付く。
「みんなのお姉さんなんだから。いつもみたいに
笑ってくれ。」←
スマイル、スマイルw。早輝ちゃんですねw。
すかさず、割り込むタクマ。

たぶん、秀人のことだから、この機会に
「告ろうとしていたに違いない。」
伊達にバディ遣ってる訳じゃないですから。
(つか、タクマも同じ事考えていたに一票。)
普段、彼女には本当に「隙」が無いから。

サンドバックたたき出す秀人。
改めて、秀人を問いただすタクマ。
「お前、リサのことが好きなんだろ?」

秀人、逆にタクマを問い直す。
「ああ、好きだ。お前はどうなんだ?」

前々回の、一世一代の大告白?を聞いておきながら
今更ではありますが。

(「誰のために闘ってると思ってる?プロメテより
お前が大事!」という趣旨のあれです)

一度大見得切ってるから、というより、
「嘘ついても仕方ないし」ということで。

「ああ、大好きさ。」言い切りました。ついに。
で、お約束の「青春の殴り合い」。やれやれ、おおいにやれ。
まあ、もともと仲が良い、というか何というかな人たちですから、
最後は見詰め合って手繋いで仲直りするんですが。
(えーと。腐にサービスせんでも;)

一方で。ドップラー側では、何やら計画進行中。
メカサタンに擬態させて。
ハーケン隊を陽動させて。
「甲板を主に狙え。司令室は…注意しろ」
出来るだけ避けろ、ということですね、判りますw。

「私の愛した唯一の人、ママによく似た人。
出来ればもう少し、貴女を観ていたかった。」

・・・えーと。へチさんは確か
「霧野リサ」とフルネーム言ってましたよね?
聞いてなかったのかと小一(ry)。
そもそも、名前一つ覚えてない時点で、既に
ハーケン様に「負け犬オーラ」がwww。

(はははははh)彼の背後に、紫ナスビの影が。
というのはあれですが、いまだに
「ママに似た人」といってる時点で
「青春の殴り合い」してるような連中に勝てるはず
ないでしょ、
と。

それはこの作戦にも言える事で。
甲板の修理にでた二人を「狙い撃つぜ!」
した技術長。催眠電波を受信する針を
打ち込んだらしい。

で、操られる二人。はっきり言って
ジャスダムきっての戦闘能力ありの人たちだから
敵に回すと、確かに並の人間では;。

で、早速司令室に立てこもってリサと東君
(いつも大江戸博士の隣にいる、眼鏡君です。)
が人質に。

伴太が速攻駆けつけますが、最初は手が出せず。

つかな。
二人ともリサ狙うところが姑息だわ、全く。
で、姉さん。落ち着いて説得を試みる。
まずは秀人から。
「さっき、あたしを励ましてくれたじゃない!」
洗脳解け掛けるも、どうやら無駄。で、今度は
タクマを説得に。こっちは付き合い長いし、
何よりも、彼にはあのことが。
「お父さんとの約束を忘れたの?」
こっちの方が脈ありのようでしたが、やはり無駄。
伴太がもう一度、動く。ダミー攻撃を仕掛けてきた。

「東君、今よ!」
二人で二人を羽交い絞めに。しかし、こちらは圧倒的
劣勢。
「伴太君、早く!」
ようやく、「狂犬」×2を押さえ込むことに成功。流石のチームプレイ。

作戦が続いてると思ってる技術長。次の段階すなわち
奇襲作戦へと出ますが。

タクマたちの発狂の原因は、「針」。これで操られていた
という。

メカサタン襲来の報を聞き、意趣返しとばかりに出動する
タクマと秀人。
「父さんを長い間苦しめた電波で俺たちを
操ったのか…許せない!」

他にもあるはず。二人してリサを手にかけようとしていたこと!

本気を出せば、彼らに勝てるはずも無く。
技術長、ついに自分の先を案じるはめに。

作画の話。
姫野女史描くところのタクマは、丸っこくてとても
可愛らしいのが特徴なのですが、今回の「黒バージョン」に、
なぜか後の代表作になる「聖矢」の面影をみてしまい;
しかし、当時のスタッフは、
(作画側もキャスト側も)随分「のって」たのでは、と憶測。
…話は元に戻して。
少なくともサテライザーの二人は姉さんに
「それなりのお返し」を食らったに違いない、と思うの
でしたw。

にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ なかのひと

|

« 惑星ロボ・ダンガードA#47.(東映プレミアBB配信) | トップページ | 黒執事 #17 . »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/43965580

この記事へのトラックバック一覧です: 惑星ロボ・ダンガードA#48.(東映プレミアBB配信):

« 惑星ロボ・ダンガードA#47.(東映プレミアBB配信) | トップページ | 黒執事 #17 . »