« 2008年・自分的アワーズ。 | トップページ | 惑星ロボ・ダンガードA「インターミッション・1」 »

「未来少年コナン・劇場版」感想。

あけましておめでとうございます。
今年もこのブログをよろしくお願いいたします。

「タイトル」を早朝やってましたので、観て見ました。

そういえば、TVシリーズは秀作だったな、と思い出しながら。

なんか、随分カットされてるな、というのが第一印象。
当時は家庭に録画環境が整っていない時代ですから、
再放送を待つか、再編集された劇場版を待つかのいずれかしか
なかった時代。

ですから、もう一度作品に出会えること自体に意義がある、
といった状態。ですが。

ラナが囚われすぎ;。
モンスリー女史、キャラがぺらい;。
何よりも。

レプカがただの「悪者」でしかなくなってるし、
ギガントが登場しない;。

これ、劇場公開時にはそれなりに話題になったような気が
したのですが。

実際は違ったのか?

いずれにせよ、「大団円」で終わらなかった『コナン』など。
(ry)。

でも、昔都合で見られなかった作品を見ることできたのは
良かったかも。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

|

« 2008年・自分的アワーズ。 | トップページ | 惑星ロボ・ダンガードA「インターミッション・1」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/43606281

この記事へのトラックバック一覧です: 「未来少年コナン・劇場版」感想。:

« 2008年・自分的アワーズ。 | トップページ | 惑星ロボ・ダンガードA「インターミッション・1」 »