« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

「仮面ライダー電王・第4作制作決定」

いつもお世話になっている
超特撮艦隊バるカんX〓GOLD LUSH〓さまの記事より。

http://animeanime.jp/news/archives/2009/01/post_649.html

噂はどうやら本当のようでした。

と言うことは。
「さらば」の次は
「新たなる旅立ち」で
「永遠に」そして「完結編」・・・マジで「ヤマト」再び
かも。

またモモたちイマジンズに会えるのは嬉しいですが、
するのなら
「幸太郎&テディ」をメインにして欲しいなあ、
と思うわけです。でないと、続編する意味ないし。

映画業界、マジでやばいのはわかりますが。
この時間帯の映画化、確かに人員動員は稼げるん
ですね。いろんな意味で、まだ見込みのあるコンテンツ
があるのなら、それにかけるのもまた「大人」ですから。

上映されたら、また観にいきますけどもw。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (2) | トラックバック (2)

トミカヒーロー・レスキューフォース#43.

「有難うレイ キツネの話は忘れない」

「僕、そんな顔してるでしょ?」などというネタを
期待してなかったのは嘘じゃない(おい)。

それはおいといて。
「銀ぎつね」の絵本が欲しい、と思ったのは自分だけでは
ないはず。

世界消防庁で、最新鋭の人工知能「カイ」が開発され、
レイが教育係に。

「仲間を助ける」キツネの話の絵本を読んで貰うのが
大好きなカイ。
「レスキューの心」を理解してもらうためなら大歓迎、の
隊長以下レスキューフォースの面々。

そんな時、ネオテーラさんたちの
「コンピュータウイルス攻撃」が。
世界中のコンピュータが感染。その時、
「僕のところに全部集めて。」カイが一手に引き受けてワクチンを作成。

一件落着したかに思えたが。

カイの中に入り込んだウイルス。カイは「防御システム」発動。
どうやら「自我」が目覚めてしまったらしい。

しかも、開発の早瀬主任によると。
カイのプログラムを消去する予定だった、という。

コンピュータに「自我」はいらない。すなわち、「欠陥」。
防御システムの暴走により、たくさんの人が被害にあう。
新たな「超災害」発生。今度の原因はカイ。

レイ、カイの説得を試みる。
「雪崩にあって、雪の下に埋もれた仲間を助けるために
銀きつねは猟氏の前に姿を見せました。猟氏に仲間が
ここにいることを教えて、助けてもらうために。」

「猟氏に撃たれた銀きつねの体の上に、雪が降り積もって
いました。」

「僕に、銀きつねのように、仲間のために犠牲になれ、
というの?」

「違う。きつねは、仲間のために
『出来る限りのことをしただけ』。レスキューって、
そういうものなの。」

犠牲になるかどうかは、結果次第。これは事実。
最初から命を捨てるわけではない。
ただ、「ベストを尽くす」だけ。

レイが説得している間、R1がレスキュー活動しているところが
被る。

カイ、沈黙。
犠牲ではなく、出来る事をえらんだ結果。

そういえば、今回は「爆沈完了」がなかったような。
その代りに。

粉雪が舞い降りてきた。

「銀きつね」とカイをかけた演出。こういう話も出来るんだな、と
感心した回でした。
(折りしも、某ノエルさん話もこんな感じだった気が;。
こっちは全く私事だと言うのに、何故シンクロするかと;
恐るべし、レスキューフォース。)

参考までに。ノエルさん話とは。↓です。
http://chai-chau0347.moe-nifty.com/blogbox/2009/01/42-cf38.html

なのに、次回は、「女装祭り」と言う;;;。
侮れないです、相変わらず。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (7)

鉄のラインバレル#17.

「機械じかけの呪い」

矢島復活→早瀬軍団加入?と思いきや。
実は加藤機関の手によってファクターになっており、
任務として絵美を攫い、代わりにディスクを置いていった。

急展開です。でも、はっきりと死亡が確認されてるの
ですから、今の彼が明らかに何某かの「改造」が入ってるのは
間違いない事実であり。

ただ、問題は。

肉体は確かに改造された。けれども。

精神は洗脳された訳ではなく。むしろ彼自らの考えで
加藤久嵩に賛同した、と解釈して良いかも。

矢島からすれば、城崎絵美は
「この町に災厄をもたらした張本人」で、
ラインバレルは
「浩一を殺し、同じく災厄をもたらし続けるそのもの」で、
JUDAは
「悪の秘密結社」で、
浩一は
「騙されて踊らされて正義の味方だと思い込まされている
道化」
ということになるらしい。

恐らく加藤的には、本拠地は教えるでしょう。
そこのたどり着くまでに膨大なトラップしかけてくるとは
思われますがw。

しかし。
「自らの正義で」加藤機関に加担している矢島がこの先
浩一たちの行く先を阻むとすれば。

まあ、ジャック・スミスが森次との決着をつけるために
加藤機関を「辞めた」のも驚きでしたが。
(理沙子目当てもあるような気がしますが。)

では、これからの展開は、
「攫われたお姫様(絵美)を取り返す王子様(浩一;)と
その仲間達(JUDAメンバー)の冒険物語」になるのでしょうか?。

(立ちはだかるのは元親友である矢島。出来杉;)
この略奪劇のイントロであるカラオケ大会で、何ゆえ
コスプレ必須だったのかとか。ビジュアル的にこういう
「盛り上がり」を演出するのが狙いだったのであれば、
上手くやったかと思います。

次回。
「メメント・モリ」。・・・最近流行ってる?これ。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (21)

キャシャーン CASSHERN Sins #17 .

「ガラスのゆりかご」
・・・人工子宮のことを例えることが多いですが。

お花畑で。お腹の大きなお母さんと、二人の子ども。
「触って良い?」「優しくね。」
「動いた。」
「かけがえのない命が、ここで花開くのを待っているの。」
よくある、幸せな光景。
それは、儚い夢。かつて、レダが夢見たもの。

レダの過去。ルナの過去。リンゴの未来。ここで交わる。

林檎は、バラ科の植物。つまり、「薔薇の眷属」。
…いや、中の人繫がりで言ってみただけ;。

レダとディオ。二人はルナの生まれた場所を訪れる。
この話では、ルナも「造られた」存在ですが。

そこはレダが「夢を見た」場所でもあった。
赤い水に満たされたプール。その中にあるピアノの
前にたたずむレダ。

過去の自分を「愚か者」と蔑む理由は。

リンゴは、日々成長している、と言う。
キャシャーンたちは、ルナの生みの親である科学者が作った、という
ホート、ホーティ、ホールターと出会う。

彼らはルナを母であり、姉である、とも語る。彼らは
「失敗作」だから、「ここ」から離れられない、と言い。
リンゴが、「そんなことない」と否定する。
「正しき瞳」でホールターが見つめる。

3人が「家」に帰ると、ルナとディオが居た。
「ルナがどこにいるか教えてくれる?」

ホールとホーティは優しげなレダになつくが、ホールターは怯える。
「レダ」の正体が分かるから。
しかし、口が利けないので、伝えられない。

かつてルナに「入ること」を禁じられた部屋。そこに子供達は
レダを案内する。

「ガラスのゆりかご」がそこに。自分のお腹をさするレダ。
「愚かな夢」

かつて、「赤い牙・ブルーソネット」と言う作品のエピソードに、
人工子宮にまつわるものが。
優性遺伝するエスパーを大量生産するため、「そのための」受精卵を
育てるために、3人の女性が選ばれた。
「4分割したら、それぞれのお腹に入れるの。残りの一つは人工子宮。」
ところが。
人工子宮は1機ではなく、9機。つまり。

女性の方がスペアであった、と言う事実。

もしかして、レダもこんな感じだったとか。
(人工子宮がメインで、レダ=女性型ロボットがスペア。)
レダの実験は失敗して・・・。

「子どもに未来を託すなんて、許せない。」
レダの表情が変わる。

ディオにはその訳が分からない。(こちらも分からない;)

「一瞬でも愚かな夢を観た自分が許せないの。私こそ世界で
一番美しく誇り高い女なのだから!」

電波撒き散らすレダにビビッて(おい)
「…外の空気を吸ってくる。」とその場を逃げるディオ。
へたれ上等すぐる。つか、子供達でさえ、この電波な恐怖と
戦っていると言うのに。

「ルナと科学者が、隠した秘密を教えなさい!」
「私だけに教えるの!」

・・・恐いよ。ホールターが、キャシャーンたちの下へ逃れますが。

「誰のことも愛さないものには、永遠はこないって。パパが言ってた。
だから、誰かを愛しなさいって。そうすれば永遠の命が得られるって。」

「愛?ええ、愛してるわ。私自身をね!」

キャシャーンたち、登場。レダの部下を一瞬で倒すけれども。
「キャシャーン。相変わらず、美しいわね・・・。でも、
永遠の美を手に入れるのは、女である私よ!」

ひたすら防戦のキャシャーン。赤い水のプールの中で四つんばいに
なり、背中をひたすら打たれる。

(女王様プレイなんですけど!ドMですか、彼は;;)
「私だけが美しい、私だけが生き残る!」
・・・もはや醜い執着としか。顔を傷つけられたレダ。

「私は、あのこたちを消す!私を造った科学者のようにね!」
「かわいそうだな。」

ますます怒るレダでしたが、突然現れたディオにお姫様抱っこされて。

「キャシャーンを倒すのは、俺だ。」
・・・決めるじゃないの、へたれなのに。(おい)

二人が去った後、ホールターが「正しき瞳」でリンゴを選ぶ。
ホートとホーティ、「プレゼントをあげる」と石になり。

「大丈夫。眠っただけだから。」

「お父さんが残してくれた宝物をあげる。ずっと、待っていた。
子どもで居るのが嫌になるくらいに。」

それは、体内から取り出された、光り輝く物体。
「お休み、リンゴ。」

オージ、リンゴに別れを告げる。
ルナのナノ細胞そのもの。それが「宝物」の正体。
これを解明すれば、「滅び」が止められるかも。

キャシャーンたちと一緒に行きなさい。ルナの元へ。

別れを嫌がったリンゴでしたが、納得し、
「今度会うときはもっと大きくなっているから。」と。

「本当にルナは居るんだろうか?」疑問に思うキャシャーン。

恐らく、レダの実験は上手くいかなかった。それで、
「永遠=命をつなぐ=子どもに託す」のではなく、
「今の自分が永遠に美しい状態で保存できればいい。」
と言う結論になったかと。
・・レダさん、貴女。某「エターナル」の館長と話が合いますよ、
きっとw。

で、リンゴが「永遠の命」のシンボルになって。

リンゴ=花が咲いた後の「実りの姿」であり、薔薇の眷属。
いや、だから。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (3)

黒執事 #16 .

「その執事、弧城」

「イエス、ユア・マジェスティ。」久しぶりに聞いて
にまにましてましたw。

「契約」で結ばれた関係であるシエルとセバスの
「コンビ」(おい)が解消するはずないのでどうして
のかな?と思ってたら。

「チェス」で負けたからだったと。まあ、お相手が
『エドワード5世』の『幽霊』ではね。向こうは
いろんな意味で「普通の人」には無敵でしょうから。

ホテルに改装するつもりで購入した古城。「幽霊」が
出る、と言うので工事は中止するはめに。

いきなりシエルの入浴シーンで驚きましたw。サービス
多いってば;。

で、現地に真相を確認に行ったところ。

幼くして謀殺されたエドワード5世と、その弟リチャードの
幽霊が「住み着いて」いた、という。

チェスでシエルが勝てば、城を渡す。リチャードが勝てば。

「その執事を頂こう。」

リチャードはセバスを気に入ったようですが、とても
可愛い子なのに、誰かの髑髏を片時も離さない。(こわ)
かなり訳あり。
「渡したら、悲しくなっちゃうし。」

「セバスチャン、二人に仕えろ。」命令するシエル。

自分が殺された日のことを覚えてないエドワード。

誰が二人を殺したのか?真相を探るシエル。
セバス、納骨堂に案内。

元地下牢だったという、その場所には。
大きなチェス台と、駒に見立てた親族の頭蓋骨が並べられていた。

「キングがお父様。クイーンがお母様。ありきたりだけど。」
「ここが空いてるけど?」
「そこはナイト。リチャードの骨の場所。」

全部並んだとき、二人の魂は天に召されることが出来る、という。
弟の魂を神の国に送ってやりたい。
しかし、弟は何があっても骨を離さない。

「何を犠牲にしても、願いを叶えたいか?」たずねるシエル。
是、と答えるエドワード。

セバスに命じ、リチャードをチェス盤の前に連れて来させる。
そして。
リチャードから無理やり骨を取り上げようとするが。

泣き叫ぶリチャード。「やめろ」命令するエドワード。

「何でもする、といったのは嘘だったのか?」

シエルが骨をおいたが、何も起こらず。

「…その骨、僕のものでも兄様のものでもないの。
どこの誰とも分からない子のものなの。」

リチャードは嘘をついていた。兄に、「あのこと」を
思い出させないために。

あの日、門番が手引きして、暗殺者を導いた。そして。
二人の遺体は、細かくバラバラにされて、テムズ河に
投げ込まれた、と。

「私がついていますから、安心してください。」と門番は
嘘を言った。だから、エドワードは嘘が嫌いになった。

悲しみも、憎しみも、全て心の中にあるのに、忘れていた
エドワード。

時が来れば、痛みは癒されるが、忘れれば、そこにあるのは
停滞だけ。前には進めない。

自分を引き合いにするシエル。自分に嘘をついていたことを
認めたエドワード。

その時、体が光り出す。魂が救われる時が来た。
大切なのは、儀式でも遺骨でもなく、「心」。

シエルとセバスに感謝し、「かの岸」に船で渡る兄弟。

兄弟の墓を城の近くに作る。

「これで工事ができる」とつぶやいたシエルに、
「嘘つき」と囁くエドワード。シエルの方が上手だった
みたいです。

悲しみも憎しみも、全て力に変えて歩いていけば良い。
セバス、シエルに心の中で語りかける。

シエルの手には、キングの駒。

辛い記憶を肯定し、前に進むと言うのはなかなか出来ないこと
ではありますが、それを乗り越えられるのもまた人だから。

やっと、『らしい』話が来た、と言う感じです。
エドワードとリチャードの兄弟がまた健気で。
(斎賀さんがはまりすぎ!)

さて、次回。
この作品を茶の間で団欒で見ている家族には、
「咳払い」など要らないと思いますwww。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (18)

惑星ロボ・ダンガードA#44.(東映プレミアBB配信)

「希望の星!プロメテを見た」
http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item016122_0000.htm

「キミガキミデイルタメ、命ヲ沿ワセヨウ」

ジャスダムの望遠鏡が、「プロメテ」を捕らえたと言う。
モニターに映し出されたのは、今まで「プロメテの太陽」の
影に隠れて見えなかった、「碧い宝石」の姿。

地球によく似た、いや、今や地球よりも美しい、希望の惑星。

第一次計画から10年。やっと目視で「捕らえる」所までやってきた。
ここまでくるのに、どれだけの犠牲を伴ったのか。

その一人が、一文字断鉄。タクマの父。

司令室のモニターの前から、サテライザー格納庫へと走るタクマ。

第一次計画から、つい今までのことが、脳裏に甦る。
(今で言うところの脳内劇場、と言うやつです。しかし、
当時は家庭用録画機などない時代。加えて荒木作監回ばかり
セレクトされているwので、見ているほうにはサプライズ
だったという。今なら速攻「スキップ」されてしまいますが;)

彼は時々久保の遺品であるトランペットを吹くことがたまに
あるのですが、なぜか
「死者を思う」時のアイテムに使っていることが;まあ、楽器
自体がそういう出自であるから、自然とそうなるのですが。
「レクイエム」とか「メメントモリ」とか名前付けたくなってしまい
ます;。
(ってガンダム世界の大量殺戮兵器の名前でもあるのが何とも;)

で、ここでもペット吹いてます。そこにおもむろに訪れるリサ姉。
「私も。・・・プロメテ計画に全てをかけるから。」

どうやらタクマとの付き合い(同じ志を持つものとしての)が
かなり長いらしい姉。42話での回想シーンでも、
「一緒にクリスマスを祝うところ」があったりします。

もともとタクマは「かなり判り易い」人でもあるので、彼女は
「空気読んで」きたのですが。
(それにしても、彼の周りは空気読む達人が多いな;)

そろそろ、タクマも
「誰が、自分のことをどう思ってくれているか?」を考える時が来たかと。
今までは
「父親のことで頭が一杯」@秀人でしたから。

キャプテンが居る以上、それこそ
「私はいつも蚊帳の外なんだから!」(@理沙子・ラインバレルw)
状態に甘んじてましたが、そろそろ「ヒロイン」のお仕事が。

プラネスターでも、それは同じ。
壁に貼ってある、プロメテ含む太陽系図に抱きつく
ドップラー;はっきり言ってかなり肝。アレなのは
最初から判りますが、こうもあからさまだと(汗)。

へチ副総統の提案。小惑星をリモコンでコントロールして、
ジャスダムにぶつける、という

小惑星をコントロールするのは、マスクマン。当然、
「死なばもろとも」だが、脳波コントロールされているので、
言い成り状態。

ハーケン部隊が、マスクマンを現地に連行。
「お前も元は名の有る宇宙パイロットだったのだから」
…しかし、外道だ。
小惑星群、ジャスダムを襲う。ダンガードAも援護するが、
苦闘。

コントロールされた小惑星は、「大本」を潰さない限り、
避けることは出来ない。

「タクマ達だけ危ない目にあわせるわけにはいかない。」
コントロール元を潰すため、スペースアローで出る、という
リサ。

爆風に巻き込まれたらどうする?の懸念に、
「自分はコンピュータが専門だから」安全圏は計算出来る、
とリサ。

「ダンガードA」を補佐するため、飛び立つスペースアロー。

小惑星には、自らの「棺桶」を操縦させられているマスクマンの
姿が。

同じ頃、同じものを見ていたタクマたち。

マスクマンに、断鉄の姿が被る。

「よくもこんな酷いことを。あいつらにも同じ人の血が
通っていると言うのか?」

スペースアロー、標的を爆破するも、爆風で吹き飛ばされる。

タクマたちの下に、大江戸博士からの緊急連絡。
「リサのスペースアローが、吹き飛ばされて、姿が見えない。
ドップラーたちに捕まった可能性が。」

「リサが!?」驚愕するタクマ。

ヒロインのお仕事として、「敵の手におちる」と言うのが
有りますが。(おい)

いろんな意味で、そろそろタクマは
「自分は、周りをどう思っているか」を自覚すべき時が来たかと。

リア時でも大概あれだった「ヒロイン攫われ」イベント。
今はもっとgkbrではあります;。
(あんなこととか、こんなこととか;)いくら日7枠とはいえ、
十分恐い話なのですが。

今は、リサを助けなければいけない。

そういえば、リサの方は「タクマ」としょっちゅう呼びかけている
描写が多いのに、逆はほとんどなかったような;。

にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惑星ロボ・ダンガードA#43.(東映プレミアBB配信)

「対決!タクマ対ハーケン」
http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item016122_0000.htm

「イキツモドリツ獣道、イツ果テルヤ、葛藤」
今回から「ハーケン死闘編」突入。

初めて顔を合わせたタクマとハーケン。
(とは言っても宇宙服のヘルメット越し)

そういえば、ドップラー側には、タクマは随分前から
「面が割れて」いたのですが。(6歳のときにドップラー
本人に会っている。)なんとなく不公平かも。

きっかけは、偶然。

プラネスターの燃料である超ウランを補充するため、
ロボット兵部隊を某小惑星に送り込んだところ、
音信不通に。事情を探るため、ハーケン部隊を
出動させたが。

一方。ジャスダム。
修理も無事終わり、一路プロメテへ。ハイパーコズモ
エネルギーを燃料としているため、いずれはプラネスターに
追いつく。

そんな時、ホームシックになったミヨコちゃんのために、
タマガーは
「甲板に出て、無重力下での凧揚げ」を提案。
(ここで、凧の足が何故下に垂れるのか?追及しては
いけないwww。)

いざ出てみたら。タマガーは凧につられて宇宙空間を飛んで
行ってしまった;

タマガー探索のため、サテライザー出動させるタクマと秀人

有る小惑星にて。「凧」を発見。
「ここにタマガーがいるかも。」ということでサテライザーを
降りて、タマガーを探す二人。

そここそが。
ハーケン部隊が捜索している場所そのものだった。

ハーケン。ロボット兵が破壊された残骸を見つける。誰が?
何か黒い影が。
ハーケンも怪我を負わされる。

部下には退却を命ずるが、自分はあえて
「捜索を続ける」と方便を使う。(怪我は黙って)
この辺りに妙な潔さを感じたり。

タマガーを探すも、見つからない。代わりに超ウラン反応を探知。
燃料採掘のために、ドップラーたちが来たことを悟る二人。
また、黒い影が二人を襲う。

超ウランを食料とする「宇宙生物」(人型ですが;

異星人ではないらしい)。それが黒い影の正体。
そして、ハーケン部隊の一群。サテライザーが狙われる。
「秀人、お前はダンガードAで闘ってくれ。」
ここからはまた、個々の戦いが。

宇宙生物におわれているうち、ハーケンと遭遇。

「ジャスダムの一文字タクマだ。」・・・そうなるのか;。
「ドップラー軍団特別部隊隊長、トニー・ハーケンだ。」
「いざ、勝負!」と銃撃戦。…名乗り上げるか?こういうときこそ
物陰からだまし討ちするのがハーケンクオリティなのにw。
何故か、タクマにつられているような。釣師が釣られてどーするよ;。

「こんな怪我さえしていなければ。」
どうやら、頭の怪我が「釣られている」原因らしい;。

撃たれて死んでいる、宇宙生物達の亡骸を見て、タクマ。
「すまない。俺達の巻き添えにして。」
これ以上、彼らを犠牲にするわけにはいかない。

「勝負」は水入り。先にすることが。

「タマガーはどこだ?」
結局、宇宙空間に漂っておりました。(おい)最後は
ダンガードAの手の内でなぜかOPを歌うタマガー、

というなんともシュールなオチ。

電王ネタで申し訳ないですが、
「稀代の釣師」ウラタロスも良太郎は釣れなかったように、
ハーケンもタクマは「釣れなかった」らしい;。

「最後の闘い」の始まり。

なかのひと にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

惑星ロボ・ダンガードA#42.(東映プレミアBB配信)

「異星人ノエルの微笑み」
http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item016122_0000.htm

「ダッテ私ハ、モウ一人ノ、アナタダカラ。」

ノエルさんだ!ノエルさんやっとキタ!ノエルさんに遭える!
・・・個人的にものすごく喜んでますw。

リア時にこの回、観てます。しかも、ラジカセでテレビから
外部マイクで録音するという、いかにも当時なことをしておりました;。
なので、時計の音が同時に入る、という、大笑いなことも。

で、しばらくはカセットテープが伸びるかというくらい、聞き込みました。

後にRAが出たとき。この話がフルカラーページで紹介されましたし。

公式見れば判りますが、この回だけのゲストなのに、ノエルさんは
キャストがクレジットされてます。
(ちなみに、杉山佳寿子さん。最近ではデスパライア様@プリ5)

今でも、このコンテンツの中でも高い人気を誇るこの第42話。
しかも、男女の差を問わず。

大体の話の流れは覚えてましたが、
「メカサタンとノエルさんの繫がり」を忘れてました。
結果。
「ノエルさんが自分の命と引き換えにダンガードAを
助けた」ことになるのですが。

そこまでした、彼女の動機。これがぼやけてました。
今回のレビューは、その辺りをメインにしたいと思います。
(何せ、あまりにも有名なエピソードですから。)

EDのクレジットによると、姫野さんの実質作監デビュー作に
なるのですが。今見ても、ものすごく美麗な画面です。
とにかく、ノエルさんがこれでもか、というくらい美々しい。

「魔王星」から「飛ばされて」来たという、いわゆる
「超能力」を操る異星人。紫色の水晶玉を持ってますが、
これは本星(兄・アルファート)との連絡用。しかし、
「生命維持装置」みたいな感じもあり。

腰まで届く長い金髪・瞳は青。(白目もやや青みがかってます)
ワンショルダーの薄水色のロングドレスを纏った彼女。しかし
「相手を凍りつかせる」能力があるらしい。馬屋古女王@山岸凉子
のごとく、超人的な跳躍力も有る。(おい;)テレパシー能力も
あるので、異星人と会話可能。

そんな彼女が、何故「惑星X」などに「たった一人で」いたのか。

母親が異星人の男と結婚し、二人も子どもを成したから。

両親は処刑され、兄は「異星人の心臓を大魔王に捧げること」により
許される。しかし、彼女は「猶予」を与えられた、というより。

実質、永久追放。(あとは運次第。かなり厳しい。)

もしさっさと「本星」に返そうと思うのなら、それこそ「地球」に飛ばせば
良いものを。ノエルさんが後腐れなく『さっくり』できそうな(おい)
「餌」など、いくらでもおりますからw。(おいおいお)

そうでないところに、むしろ「魔王星の掟」の厳しさがあるわけで。

で、彼女自身も、母親の「正しさ」を信じていたのですから。
(彼女の兄は自分が生き延びる方をとっただけで。考え方の違いです。)
「私は、異星人である貴方たちのお父さんを愛したことが罪だとは
思ってはいません。むしろ誇りだと。」

「お父さん」はよっぽど良い人だったんだな、と思います。「掟」と
秤にかける必要が無いくらいに。

で、彼女の「そういう人」がどうやらタクマだったらしい。

「夕べ。私が殺そうかと考えている間、この人は寝られずに私のことを
心配してくれた。しかも、自分達のところに来ないか、とまで
言ってくれる。私達にとっては、異星人は全て敵なのに。」

そんな「優しい」人を殺して良いのだろうか?
母は、恐らく「そういう人だから」父を愛したのでは?

この人の「心」が「綺麗」なのは、「アノオト」で判るから。
「アノオト」を聞いた今、自分にこの人を殺めることは出来ない。

父も母も、「優しい」だけでなく、「自分の正義」を貫く「強い」人たち
だった。二人とも、命を懸けて、それを自分達兄妹に教えてくれたのに?

母は「裏切り者」と言われた。自分達も。

けれど。「このひと」は。
「そうではなくて、立派な人」と言ってくれた。

母の名誉を、尊厳を守ってくれた。そして、自分のそれも。

この人を殺めてはいけない。例えその代りに自分の命がどうなろうとも。

貴方は、生きて。
それが、母さんの、私の、生きた証になるから。

ドップラーが「後方の憂いを断つために」よこしたメカサタンは、蜘蛛型の
もの。「蜘蛛の巣」状の糸で相手を絡め、高熱で相手を焼く、と言うもの。

「タクマさん。大丈夫。私が、糸を凍らせてしまいますから。
この水晶玉の力で。」

「ノエル、やめろ!そんなことをすれば、お前は氷のかけらになる。
お前はたった一人の妹。僕を一人にしないでくれ!」←本音。

「私は母さんの娘。私も、自分の心に従います。」

メカサタンごと、糸もろとも凍結。水晶玉、亀裂が入り、砕ける。
そして、ノエルの姿も。

「ノエル、やめろ!」泣き叫んでいたタクマでしたが。
彼女の犠牲で、決定的チャンスが訪れたのは確か。

これを無にしては、いけない。

恐らく、父が亡くなったとき以来の気迫であったかと。
(以前の彼なら、ただその場で泣くばかりだったかと思われるので)

久保の遺品のトランペットを吹くタクマ。
粉雪が羽のように舞い降りてくる。

氷のかけらになって散った、と言うノエル。
もしかすると、またこれも。

地球はそろそろ、クリスマス・イブの頃。

リア放送時はまさにクリスマス・イブでした。内容としては
「クリスマスの奇跡」に「人魚姫」モチーフをアレンジしたもの
かと。個人的には、ゲストヒロインが主人公に惹かれて、
(大抵敵方)最後は主人公かばって自分が身代わりに散る、という
ストーリーは嫌いなのですが。

彼女は「己の正義」に殉じた人、ということで。タクマにしてみれば
綺麗な異星人の女の子が、自分のために犠牲になったという。

ノエルさんの事情を有る程度分かってはいても、目の前でお互いに
好意を持った相手が散華する様を目の当りにする、と言うのは
どれだけ耐えがたかったかと。

しかも、ノエルさんはタクマにしか見えてなかったし。
(恐らく秀人には、メカサタンが急速凍結はじめたくらいにしか
見えてないはずですし。)

以前から、タクマが「優しすぎる」のが致命的欠陥とは、それこそ
キャプテン・ダンから指摘されていたのでは有りますが、今回は
それが必ずしも欠点ではない、という話でもありました。

このエピソードは外伝のように言われてますが、これからの
「タクマとハーケンの闘い」に先駆けて、結構含みがあったかと
思われます。

目的のためには、身内でさえも謀殺するハーケンと。
自分を殺す目的で近づいた異星人でさえも、手を差し伸べる
タクマと。

普通なら、タクマのほうが先に始末されるようなものなのに
決してそうでない、という。

さて、次回からが最後のターンに入るかと。

なかのひと にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケータイ捜査官7 #38.

「誰かが見ていた」

「機械は、使う人によるんだよ!」

「二人のヒミツ」を一人カラオケでシャウトする
ケイタ;しかも、それを見ながら寝転び鼻ほじる
セブン;;(オヤジ)しかし、その頃。

久々に登場のキカイ君に、窃盗犯の疑いが。

防犯カメラに、明らかに「キカイ君」が写ってる。
この時間のアリバイすら、彼にはない。

しかし、ケイタ、キカイ君に聞いてみる。
キカイ君は、開発部の榊睦月と
「シルバーマン」のオフ回で盛り上がっていたのだ、
という。
作中の登場人物「シルバーレディ」のコスをプレゼントした
とか。そして、一晩中睦月と公園で語り明かしていた、という。

「ちょっとHなこと、考えた?」←おい。
「・・・ちょっとだけw」
「瞳子さんにばれたら、殺されます。」
だから黙っていた、という;。

しかし、アンダーアンカーの監視衛星からの情報で、真犯人は
昨年度のコンテストで優勝をキカイ君の
「グラインダー」(のルーツ)にもっていかれた人。

「こんなの、兵器じゃないですか!」

このときの逆恨みから、自分が盗みに入り、画像データを自ら
「書き換えた」ものにした、という。

グラインダー装着してみせるセブン。

「やっぱり兵器じゃないか!」
「どこ見てんだよ、機械は使う人によるんだよ!」

事件解決。しかも次週は瞳子さんにまつわる話。

キカイ君。最初はご隠居くらいしか人と話せなかったのが、
ケイタで、睦月さん。人付き合いの幅が広がっていたことが
よかったです。

しかしな。いずれ逐一衛星から監視されると思うと;。

なかのひと にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

メイちゃんの執事 #3.

続きました。はあ。

泉さんのお家騒動から、お嬢様同士のデュエル。
どうやら裏には、ルチアさんと白い人が暗躍してます。

竜恩寺家のお家騒動が原因みたいですが。
後添えさんの息子を当主にすることになったから、
泉は次期当主でなくなり、66歳の親父と政略結婚することに
なったという。

で、学園を辞めなければならない。

「ルチア様にお願いすれば」・・・そういうことですかいw。

ルチアさんは、メイ両親が本郷家を飛び出したのと入れ違い
くらいに、本家に養女として、「遠縁から」迎えられたらしい。

そして、「次期当主」として厳しい教育を受けてきた。

ラスボスにふさわしいな、ルチアさん。
彼女は、理人にそういう感情を持っているみたいだし。

でも。決着が次回に持ち越しましたから、あまり
今回は書く事がない;。

こういう回こそ、他キャラの小ネタ挟めば良いんですが。
せっかく人材には事欠かないのだから。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (8)

惑星ロボ・ダンガードA#41.(東映プレミアBB配信)

「プラネスター急襲」
http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item016122_0000.htm

「一つの言葉に千の偽り、万の嘘。そろそろ、
僕に釣られてみない?」

詐欺師、ペテン師、千両役者。言葉の裏には針千本。
・・・これ、ウラタロス関係から引っ張ってきましたが、まんま今回の
トニー・ハーケンそのものだったりします;。(おい)

リアル放送時には、クリスマス販促シーズン追い込み時期。そのせいか、
派手なロボ戦・巨大戦が繰り広げられています。が。

主役側が派手にぶちのめされる、というのは珍しいかも。A021A020

今回、カットがかなり入ってます。いずれも、放送当時
発売された「英語ドラマ版LP」のジャケットカットです。
(今回の画像の著作権は全て権利者にあります。)
当時消房だった管理人が購入したものですが。
(どんだけ好きだったんだ、この作品;)

「何故、この回がピックアップされたのか?」リアルで放送
観てなかった自分には判りませんでした。A019

しかし、今回視聴して、納得。

「ドップラー・ハーケン連合姦計隊」VS「大江戸長年の現場の勘」
勝負だった訳です。

しかも、過去回で登場した設定を上手いこと使っている;。
(大江戸博士がゼロ戦乗りだったとか、最後に信用できるのは
現場の勘だとか)A017

サテライザーの二人も仕事をしているのですが。今回の敵は
ギガンテス・ハデス型。(@電王)レスキューフォース劇場版の
蛇型列車ロボにも似ていますが。なので、

「つい最近見た巨大戦」そのものに見えたり。

それよりも。
コンピュータの件とか、敵が小隕石群に隠れていたのに気付かなかったり
(大江戸博士が人工太陽弾照射で、初めて見えた。)
「若輩ゆえの経験値不足」による敗退、の方がきつかったです。

宇宙空間で、火が燃えるのか?とか、水が放物線を描いて飛ぶのか?
とか、気になるところはあるのですが、それよりも。

マザーサタンの体当たりにより、甲板部大損傷。死傷者出る。の方が
妙にリアルで恐かったです。

で、問題のドップラー側ですが。

トニーはついに「人として」禁忌を冒しました。そうですね、
「パンを踏んだ娘」のごとく。

「自分は総統の信頼を失った。」とメカサタン隊隊長のルガーに
もらし、
「作戦総指揮は貴方に。自分は配下に下る。」と継げたハーケン。

ルガー以下、マザーサタンで待機。メカサタン敗退後。
マザーサタンの操縦が効かない
?!

その時、モニターにハーケンが大写しに。
先ほどとは違い、自信に満ちた顔で。
「マザーサタンはオート(操縦)になっている。お前たちは
そのままジャスダムに体当たりしろ。」

「騙したな!」その通りです;。つか、釣られるほうがあれかも
知れませんが。

しかし。どう考えても、ルガーさんたちメカサタン部隊の皆さんの
方が男気や義侠心あるので、ハーケンはそこにつけ込んだとしか。
そういえば、以前サシの勝負で、ルガーさんに結構追い込まれたのを
根に持っていたのもあったかも。

「あいつがそんなタマじゃない」ことは判っていたのに、
「釣られてしまった」ことを悔いたルガーさん。

こうなれば、「自らの意志で」最後を飾る。

オート操縦を破壊し、マニュアルモードでジャスダムに突っ込む
マザーサタン。

「最初から、メカサタン部隊は捨石にするつもりだった。」
平然と言ってのけるドップラー。また、それに身じろぎ一つなく
賛同するハーケン。

彼の立てた作戦では、大抵彼が勝者。そういえば、ジャスダム側は
大抵敗北しております。今回はそれの最たるものでしたが。

「身内」の「尊厳」を見事に踏みにじった上での「凱旋」。
その先に「何やら暗いもの」を感じたのは、決して気のせいでは
ない、はず。

で、あえてこのフレーズをおいてみる。

「ソシテ、僕ヲ護ル、『勝利』。」

で、こういうときになぜか「地球型惑星」が不時着できるくらい
近くになる、というw。
次回、皆大好きな、あの「お姉さま」が登場です。

なかのひと にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RIDE BACK -ライドバック- #3.

「そして旗はふられる」

琳との決着をつけるため、彼女「も」ライドバック
選手権レースにエントリーする珠代。

フェーゴは「中身をかなりカスタムメイド」したので
出られない。代わりに「バロン」で勝負。

結局、琳の初陣は黒星で終わってしまい、珠代姉さん
期待の「勝負の決着」も来年に持ち越されてしまいましたが。

その代り。
オートバランス制御より「精確な」バランス制御力を
有している琳、とか。

エンジントラブルの原因は、機体が運転手の身体能力に
追いつかなかったとかって。

どんだけ凄いんですか、琳のトータル潜在能力は。

そして、「じゃじゃ馬」フェーゴとの運命的な出会い。

琳の前に広がろうとする、明るい未来。

それと迎合するように、姿を見せる「世界」。

彼女がフェーゴと共に「踊る舞台」は、すぐそこに。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (7)

元祖「1万2千年」w。

コネタマ参加中: あなたを熱くさせたロボットアニメは?

参加します。

やはりこれでしょ。

「勇者ライディーン」です。

美しい造形のロボット。

美しい変形のゴッドバード。

どー考えても無免許なんですがw、それでもかっこいい

「フェード・イン」。さすが「ライダー・アクション」は違う。←おい;

洸は今でも管理人にとっては「かっこいい男子」です。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屍姫 玄 #4.

「異月の貌」

マキナは再び浄房へ。権僧正自らの手による呪符を貼られた
ので、流石に拘束される。

『弦拍』送儀嵩征によってオーリに語られる、異月との過去。
「屍姫はいかに見えようとも、異形である。」

「一番強いと思ったから」嵩征と契約した異月。しかし、
そのときの彼は「武術だけは体得していたが」そのほかは
まだ何も知らされていない、普通の高校生だった。

「契約」した以上、むやみに「縁を解く」わけにもいかず。
嵩征と同じ高校に転入、「同級生」として過ごす。

「普通の女子高生を生きたかった」から、「屍姫」となった
異月。もちろん、「恋愛」も。嵩征も同じように。

嵩征の親友・季四辺鞆春が家族と共に交通事故で死亡。
峠を攻める珍走団に巻き込まれた不幸な出来事だったが。

鞆春、屍と化し、犯人を追いかけるうち、不特定多数の
犠牲を出すことに。

嵩征、「屍」を今だ「親友」と思い。
また、「屍」を 「恋人」と思い。

「異月、屍を殺せ」しかるべき言葉が言えずに、結果として、

異月を「暴走」させるはめに。自らも酷い怪我を負う。

「屍姫は異形。それが正体。」忘れてはいけない。お互いのために。
それを受け入れること。

4年前にしとめ損ねた「屍」鞆春が再び現れた、という。

「あの時は何も知らなかったけど、今度はいろいろと
教えてくれる人がいたんでな。」…
赤沙ですね、きっと。
再び対峙する嵩征・異月と鞆春。

浄房へ護送されるマキナの前に現れた、「景世」の姿をした屍。
どう考えても「七星」の差し金ですが。今、マキナの周りには
神佳と早季、梅原とフレッシュさんがいます。

オーリとマキナ、二人が共闘できるのは、やはり最終回真近に
なるでしょうか。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (8)

しゅごキャラ、どきっ!#66 .

「UFO少女あらわる!」
もしかして、少女アニメにUFOネタが出たのって、初めてでは
ないでしょうか?

そういえば、管理人が消房のとき、「UFOロボ・グレンダイザー」

というロボアニメがありました。ヒーロー二人がやたら

仲が良すぎるのが当時から目に付いてましたけど(おい);。

今回のゲストキャラの「那由他」ちゃんも、これもまた昔、同名の
ヒロインが活躍するSF漫画がありました。
(タイトル同じ;佐々木淳子さんです)
ググッてみたら、これもまた「宇宙人」=UFOが関係する話でした。
(単行本持ってたのですが、手放したので;)スタッフに

この辺りがお好きな方がいたとしか。
(大いにありますねw)

さて本編。
あむちゃんはすっかりイクトの「飼育プレイ」に目覚めたのか、
(ものすごい大問題;)彼が去った後、すっかり気落ち。

ガーディアンのみんなにも真実を言えず。
「野良猫が」とイクトのことをフェイクしますが。
しかしな。これ、普通は
『男子が女子を囲うとき」の常套句チックなんですが;。

で、レギュラーさん関係はここまで。なにせ、むやみに
話を進められない。と言うことで、

ルル山さんとナナちゃんが頑張ることに。

河川敷に今時「ミステリーサークル」出現。
流石に今のお子さん達はクールですが、なぜか
UFO召喚みたいなことをするお嬢さんが。

彼女が「那由他」。お父さんが
「インドの言葉で一千億、と言う意味がある」ことに
ちなんでつけてくれたらしい。

今更「UFO大好き」と言われても、
「あ、そうですか」としか言えない;。でも、この那由他ちゃん。
ものすごくUFOとかミステリーサークルとか信じてる。
まるで昭和50年代の人みたいです。(おいこr)

彼女こそ、先週のチョコたんのごとく
「両親が『那由他』って言う漫画のファンで、そこから
名づけられたの。」と言うネタがあっても、むしろ
納得いたします。

夢に向かって、真直ぐ向かっている人には隙がない。
ルル山さんには、夢はあるのかと。
「お母さんには、歴史に残るような作品に出てほしい。」
いうのがもっぱらの夢。でも、それは

「なりたい自分」の夢ではない。

自分の夢は何だろう?疑問に思っていると。

ミステリーサークルが偽もの、と判明。

落ち込む那由他ちゃん。

すかさず、ギアスジュエリー発動させるルル山さんw。
謎キャラ発動。

「UFOロボ」ならぬ「UFO少女」に。もう少しどうにかならなかった
のかと思いましたが。
でも、「UFO少女ナユタ」がしていることは、まんま円盤獣
@グレンダイザーだったりw。

あむちゃん、アミュハーに「キャラなり」。しかし、途中でミキに
交代。「音楽」で辺りを鎮めます。

「夢は他人に押し付けるものじゃない。人がなんと言おうと、
自分が信じればそれで良い!。」

しかし、夢にも色んなバリエーションがあるものです。

すっかりしょげてしまったナユタちゃん。×たまになれば
いつものお約束が待っている。

今回は青の子が「オープンハート。」

ルル山さん、個人的にナユタちゃんが気になってます。お友達に
なれたら良いのに。

属性は近いとみたw。

イクトは彷徨ってますが、また弱ってきてます。
「あむちゃん家に戻ろうよ。」ヨル。どうするかな、
イクトは。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (3)

NHK大河ドラマ「天地人」 #4.

「年上の女」

この時代の戦国女性は、そもそもああいった男性諸氏の
祝いの場で、大酒を食らったりはしないような;。

まあ、これも「大河」ということで。

越中の内乱を二ヶ月で治めた上杉軍は早速春日山に
戻り、宴を開く。

直江の娘・お船も加わり、↑の状態。介抱するは
兼続。殿はうらやましそうですw。

年若き故、一人出陣できなかった兼続ですが、
かの「雪の日の出来事」が
「小姓衆の心を一つにした。お前は我らには
ならぬ存在」と言われて、つい泣いてしまう。
・・・あれ、公然の秘密なんですか;。

今回はラブコメ、というかホームドラマ展開
でしょうか。
お船さんは兼続に気があるのですが、向こうは
「殿」と何とかしたい。なので、「殿は?」と
聞いて来る、この3歳下の従弟につい意地悪を。

影虎の方といえば。こちらも養子とはいえ、北条
からの人質。周りに味方などいなかった、ともらすと。
「そんなこと、ございません。」と優しく華姫
(景勝妹)が慰める。

謙信、華姫を影虎の妻に、と姉の仙桃院に話す。
「お悠の気持ちをわかってらっしゃるでしょう?」
「私は、毘沙門天に不犯の誓いを立ててますから。」

影虎と華姫の婚礼の話を聞いて、
「祝いの品を是非!」と男子高校生的ノリで盛り上がる
チーム・雲洞庵w
。何か良いものを、と盛り上がっていたら。

「私が見立てましょう。慣れぬ者は、とんでもないものを
つかまされますから。」
とお船さま。

お付きには、兼続を指名するお船。とにかく、リードされっぱなし
です。(いいのかw)

市場にて。櫛が気になる兼続に気が付くお船。

帰り道。雨宿りした小屋で、火をおこし、身体を暖める
二人ですが。
ここでもお船さんにリードされる兼続;。

「あの櫛はどなたへのものじゃ?」
「・・・母上に、だ。」
「そなたに女子はまだ早い。」

お姉さん、ばっさり;。どうやら「足の傷」が幼い頃の
思い出に繋がるそうなのですが、兼続が思い出さないらしい;。

影虎と華姫の婚礼。これで、落ち着く場所が出来た、と喜ぶ。

その後、兼続の元へお船。
いきなり門前払い食らわそうとしましたが、逆に、
「姫様がかの品をお喜びなされた知らせ。」を持ってきただけだ、
とやり込められ。
「これだから、女子を知らぬものは。」
…どこまでいじられるんだ、兼続は。

その頃、信長は武田のいない今、頭角を表してきた。
謙信の下へ、初音、と言う女性が接見に。
彼女はポルトガルの礼装を纏っていた。
(コスプレ、とはまた違うような)

手土産は、かの「洛中洛外図」と呼ばれる、金色の屏風。
「男が裸だ!」←何故ココをチェックだ;。
などと細かく絵の子細を見ていると。

謙信の上洛する図が描かれている。

つまり、これは信長から謙信への挑戦状。
これを読み切った兼続も、

「是非、私を行かせてください!」
信長、と言う男に会ってみたくなったのだ。

と言うことで。初音と共に、信長に会う為、船上の人となった
兼続。

兼続のことでやっと、お船と話が出来る殿w。ではありました。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (9)

機動戦士ガンダム00 2nd season#16.

「悲劇への序章」

メメントモリがもう一台ですか;。どんだけ軍備に
金と力注いでるんだ。

アロウズ撤退の理由が、カタロンと連邦軍反乱軍による
連邦内部でのクーデター勃発をつげる情報によるもの。

刹那はカタロン支部で、仕入れた情報により、アフリカの
軌道エレベータへと向かうが。

ハーキュリーは、確かに正論です。
しかし、それだけで世界を動かすには厳しいかと。

連邦軍。
占拠された軌道エレベータを軍で囲み、セルゲイを説得に
向かわせているあいだに。オートマトンを軌道エレベータ内部に
送り込む。

オートマトンに市民を殺戮させる。ハーキュリーの勝ち誇った言葉。
「これが、奴らのやり方だ。」
「連邦政府とアロウズの悪行を明らかにし、市民を目覚めさせる。
たとえ、痛みが伴おうとも。」
「アロウズを台頭させたのは、市民にも責任がある。」

聴いたような言葉をハーキュリーさんに言わせてますが、
よくこんな台詞、「上」からOKが出たなあ。
(一体、どの口がいうか?と思った人は多いはず。
>ヒント:放送局とか新聞社とか)

「政治も軍隊も、良識ある市民が存在してこそ機能するのだ。」
まあ、これもそのとおりですね。
良識ある市民を導くのも、マスコミの使命なのですけどもw。

で、カタロン側でも「その時」を待っていたのですが。
報道では。
「反連邦軍が、市民を攻撃している」絵が。

「偽りの情報で市民を煽る、連邦お得意の世論操作よ。」
「こんなことで、恒久平和をもたらすはずがない。」ないですね。

でもハーキュリーさんは。
「真実はすぐに露呈する。ゆえに、市民達を地上におろした。」
「連邦が、お前の考えを予測してないとは思えない。」
「そのために、カタロンもいる。」…だから、甘いです。
テレビで流れた映像の力を侮ってます。>ハーキュリーさん。

「この偽情報は、世論を味方につけ、攻撃を始めるための
布石。」
荒熊さんの予測が正しいかと。

「アロウズは何か手を持っている。」・・・これがメメントモリその2
だった訳ですね。

今回、イノベータさんたちは静観。それにしても、
「お互い、頭の中は判るんだからw」…やっぱりいやだ;。
留美も、「破滅の始まり」とかいってるし。

ハーキュリーさんのしたことは。どうやらアロウズが連邦政府を
飲み込むのに加担することになるらしい。
「どちらがマスコミを掌握しているか」これを軽く見ていた。
→読みが甘い、とここでもいえるかも。

さて、ココからがスーパーブシドータイム!

「奥義!」とトランザムお披露目して。
「私は純粋に闘いを望む!」
「ガンダムとの闘いを!」
「そして、ガンダムを越える!」
「これが私の、生きる証だ!」

「・・・そうじゃない自分がいる!」

刹那、言いたいことあるのに全て勢いで押し切られてるような。
つか、ガンダム愛なのはわかりますが。ブシドー様。

空気読まないところが、彼クオリティなのかも。
「水入りか!」他のメンバーが刹那を援護。
「あえて言うぞ少年!覚えておくが良い!!」
・・・あえて言わなくてもw。せっちゃんあなたのこと
忘れませんから。と言うより。

皆貴方を忘れられるわけがないでしょw。こんな愉快な
キャラをwww。待ってるのよ、貴方の登場を!。

とりあえず、刹那と他のマイスターズの再会。
ロックオン(兄)の言葉を思い出す刹那。
「大丈夫。俺は変わる。」

で、メメントモリその2稼動。と言う流れに来る訳です。それにしても、
これ使う人は必ず
神の雷を受けてみよ」と言うんだな。

部隊の布陣の移動から、全てを読んだ戦略予報士たち。

画面的には地味だったのですが、今後の組織たちの「立ち位置」が
どうなるか。そういう意味では重要な回であったと思います。

次回。
「散り行く光の中で」先が読めないタイトルです;。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (27)

炎神戦隊ゴーオンジャー#48 .

「正義カイサン」

このところラストのカタルシスに向けて、かなり
厳しい展開が続いてます。いや、大友には面白いの
ですが、リアにはきついらしい。

決定バンキですが、何気に「蛮機獣大集合」的で、
クライマックスにふさわしいです。

そして、今だ黒と緑が帰ってこない。

その上に、金銀兄妹までが、スイスにいる両親から
こちらへ来い、と帰還?命令が出ているとか。
マジで執事さんがいるんだ、ここ。

しかし。
二人は「自らの意志で闘うことを選んだから、
やるべきことをする。」と宣言。

ヨゴシマクリタインの『正義カイサン』の
データ解析をボンパーにたくし、さっきの蛮機獣を
倒したのと引き換えに消える金銀兄妹。

そして、セイクウオーとキョウレツオー。

ロボたちはどうやら売り切ったみたいでw、店頭には
どうやらほとんど在庫はないみたいですから、ロボたちが
作中から消えても支障はないみたいですが。

こうして仲間達が消えていく、と言うのはかなり
緊迫感があります。そして、

本当に初期メンバーしか残ってない、というのも。

初期トリオがいよいよピンチになったとき、消えた皆が
駆けつけて~、と言う展開があれば燃えますが。

そうあってほしいな、と思ったり。

なかのひと にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

| | コメント (0) | トラックバック (11)

Yes!プリキュア5GOGO! #48.(最終回).

「未来へ!永遠不滅のプリキュア5」

今日、「フレッシュプリキュア」販促イベントに行ってきました。
まだ「解禁前」なので、
「ここでのお話をインターネットに上げたりしないでくださいね。
でないと、こういうイベントが2度と出来なくなってしまいますから。」
とステージ進行のお姉さんに釘刺されました;。

と言うことで。最終回です。

よみがえったプリキュアさんたちですが、館長、強い。
またもや圧倒的な力の差に絶望。

しかし。女児向け販促アニメのバトルシーンで
「板野的納豆ミサイル」描写が見られようとは。時代も
変わったものです。

文字通り、「どん底」に叩き落された皆さん。しかし、
「隠し玉」メルポさんが切り札を出しました。

手紙。

プリキュアさんたちに着た、手紙の山。

「みんなの応援が待ってる。」←これ、OPの冒頭句ですが、
まさしくその具現化。

負けちゃいられない。再び、プリキュアさんたち、立ち上がる。

館長に。
「この種を育てる気持ちがあれば、フローラさんは貴方を
受け入れたのに」

前提からして、間違ってる。そもそも、「育てる」ことに
費やす時間と労力に意義を見出せないので、略奪行為に
及んでいる人に、こんなこと言っても始まらない。

と言うことは。
フローラは館長を受け入れることはなかった、という
ことに。

フローラがプリキュアを呼んだのは、どうやら
「不毛な関係にけりをつけるための立会人」役
だったのかも。

ドーナツ国王をはじめとする国王さんたちも、
力を合わせる。ココとナツも。

ミルキィさんにもフルーレが。一度きりの大技
「「プリキュア!」
 「ミルキィローズ!」
 「フローラルエクスプロージョン!」

それはホシイナー爆弾を次々と飲み込んで。
巨大化し。

真っ黒な虚空に現れた、「愛の化身」とも言うべき、
大きく美しい、フローラさんによく似た女性の姿。

そういえば、『ヤマト』シリーズには、こんな感じで
「女神様」ポジションの女性がよくクライマックスで
ヤマトに味方していたな。

「愛を知らない孤独な魂を救うべく現れた、愛の権化」
のはずなのですが。
館長さんの表情があまりにも恐怖と驚愕に彩られているので、
もはやそのような情緒は感じられず。

抗い難い強大な力技で館長さんを圧殺しているとしか(おい)。

本当は、「母性にも似た、全てを受け入れる愛の心」と化した
はずの蛇姐さんのお迎えでさえ、
館長は
「見捨てた恨みの力で止めを刺しに来た」ようにしか
受け取れなかったのかも。

つくづく、人生のほとんどを大損しました、館長は。
素顔はかなりイケてたのに。もったいない。
「あのとき私が種を受け取っていたら」
「キュアローズガーデンに受け入れられていたというのか…!」

ロボットでなくても、「滅び」はやってくる。
フローラさんには、まさに「滅び」が来てました。とは言っても、
「種」をまけば、新しい命は生まれ、育ち、そして実を結ぶ。
今、その「滅び」の中にある彼女には、館長の断末魔の叫びは
どう聞えていたのか。

「私は間違っては居らん!」うわああああ・・・・。

きっと館長には、フローラ+アナコンディさんのWコンボによる
「愛の浄化」が待っているんだ、きっと。

たとえ「滅び」が来ようとも。「種」と言う「未来への希望」
があれば、それをはぐぐみ育てることで「永遠」はつむがれる。

なんかどっかで聞いたような話です;。そういえば、フローラさんも
「種」があるからまたどこかで、と言うようなことをおっしゃって
らしたし。

フローラさん自身は滅んだ、としても。どこかの世界で。

「生きなさい。」という声が聞えたロボットが、声に導かれて
ポッドを開けてみると。

そこには女の赤ん坊が。

彼女は、ロボットにとって「希望」「未来」そのものとなった。
彼女の名は「リンゴ」。まさしく「実」そのもの。
~えーと。中の人繫がりでつい脱線を;でも、あまりに綺麗に
繋がったモノでしたから;。>きゃしゃーんSins.

フローラさんは、「滅ぶ」前に、ドリームさんに
キュアローズガーデンを託します。
とは言っても、ここの住人になる、と言うのには困ることが。
なんせ、日常生活も有りますから;。

と言うことかどうかは判りませんが、彼女の提案。
「ここをみんなに見せて、一緒に薔薇を育てて、世界中を
キュアローズガーデンにしたい。」

「『柱』が一人きりで世界を支えるのではなく、皆が
『柱』となって世界を支えれば良い。」
@獅堂光・レイアース
と同じ論理です。つまり、
のぞみ=光。夢や希望は誰かが叶えてくれるものではなく、
それぞれがかなえるために努力することが、結果として
「世界」を支えることになる。

で、プリキュアさんたちは王国の皆さんと交流が続くことに。

終わりは、始まり。
ココと出会ったことから始まった物語は、出会ったところで終わり、
また新たな物語が始まる。

ブンビーさんも、新たな会社を作って、一から出直し。
なぜか部下はカワリーノさんそっくりw。
(これはサプライズでしょwww)
ここも、新しいお話が。
敵幹部の一人だったはずが、いつの間にやらサイドストーリーの
主役になっていたブンビーさんw。これは貴方の物語でも
ありました。乾杯。

これでのぞみたちとお別れかと思うと寂しいですが。とりあえず
二年間、有難う。そして、お疲れ様でした。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (2) | トラックバック (12)

仮面ライダーディケイド #1.

「ライダー大戦」
ヒロインはやっぱり「夏みかん」で確定でしょうかw?

というよりも。

斜め上のお祭りだっ!!!!!!!!
とりあえず、「クウガ」以来の平成ライダー視聴していて
本当に良かった、と思える日が来るとわ。

(フレッシュプリキュアイベントに出かけていて、レビューが
遅れてしまいましたさ;。日付が変わらぬうちに書かねば。)

なんとなく。
「ツバサ・クロニクル」のライダー版と否めない趣はありましたが、
そんなものふっ飛ばす勢いがあるのはやはり、「ライダー」
ならでは。
(そういえば、アンデッドのカード集めやってた「剣」のメインライターは
会川先生でした。今回もそういえばw。あれも「カードキャプターライダー」
とかいわれていた気が。)

のっけから、歴代ライダー&敵さんたちのてんこ盛り!
これだけでもファンには堪えられないです。
(しかし、東映さん。全部スーツがとってあると言うのが;;。
そりゃ、特注一点もの作品ばかりですから。)
他の方も書かれてますが、

ゼロライナー&マグナギガって、はまりすぎwww。

で、
「世界に、写されるのを嫌がられている」主人公・士。

彼を「(ライダー)次元の旅」への案内をするのが、
どう見ても「性格別人」の渡。

個人的にツボッたのが、
「…俺は戦い方を知っている。」。
変身ベルト巻いたら、ベルトが教えてくれるの!
そーいうもんなんです、ライダーは。

で、最初はクウガの世界、から。

オダジョーは最早あれですから、今度は元・小次郎な彼なのですが。
一条警部も今では上杉のお小姓さんの一人だったりしますから、
それでリューケンドーの花屋のお姉さんが替わり、らしい。

それはさておき。
グロンギ怪人に遭えたのが結構嬉しかったり。

カードゲームと連動しているせいもありますが、こういうのって、
凄く視聴者も参加している、と言う感じが凄くあります。
物語を傍観者ではなく、体感してるというか。

個人的には、「カブト世界」と間違って「メイちゃんの執事」世界に
迷い込んでも十分おkだったり。(おい;)

とりあえず、この作品をより楽しむために。
過去作の総復習をお勧めします。
そういえば、ネット配信もあったはず。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ なかのひと

続きを読む "仮面ライダーディケイド #1."

| | コメント (0) | トラックバック (20)

トミカヒーロー・レスキューフォース#42.

「とうとうヒカルに後輩が これがオレの生き方だ」

典型的理論派エリートな後輩・結城悟登場。

典型的熱血派な現場主義の先輩・輝との対比というか
対立モノ、というか。

ネオテーラさんたちによる超災害の、被害者救出中の
アクシデントに颯爽と現れた悟。彼は北部支部所属で、
この度フランス支部(隊長が行かなかったところw)への
異動が決まり、その間の研修、と言うことで石黒隊長の
元によこされたのだ、という。

「彼は優秀な人材だ。色んな経験をさせたい。」

お約束ですが、「世話役」を仰せつかった輝よりも、
何事につけても「ハイスペック」な彼。
どっちが先輩かわからない、と言うこれまたお約束展開の
中、超災害発生。

輝と悟が現場に急行。住民を全員無事避難させたかと思いきや。

「隆介を助けて!」男の子が泣き叫ぶ。
「弟さんがまだ中に?」
「何言ってるの!なんか放っておきなさい!」
…ペットの亀がまだ要るようです。

先輩!聞きましたか?人じゃないです!亀です!」
「亀でも助ける!」

R1マックスで「亀」救出に向かうR1。あきれながらも
「緊急事態」と言うことでR2とレスキューマックスで
ズッケインに立ち向かうも。

どうもうまく行かない。

「隆介」を無事男の子に渡したR1。
「俺のやり方を観ていろ!」
と悟と交代。

悟的には、かつて見たこともない、R1のレスキュー。
これを観て、彼はどう思ったか。

フランスに行くことになった悟。
レスキューフォースチームによる「送別会」でさえも、
テレビ通信のみで挨拶を済ませ、空港に向かった悟。
最後まで無愛想な奴、と言う声も聞える中、テーブルに
「輝先輩へ」と書かれた包みが。

開けてみると。

「隆介へ」亀のえさw。追いかける輝。

エスカレータの向こうに消える悟。Vサイン見せて。

たぶんフランス行きと思われる飛行機に向かって、
エールを送る輝。

「頑張れよ!」

ベタ展開と言えばそれまでですが。実際のところは、
非常時にはペットは見捨てるしかないのが。

救助できる、と言うのはそれだけR1マックスのスペックが
高い、と言うことでもあります。

しかし。
輝が伝えたかったのは、
「レスキューの心」だと思います。

なかのひと にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

| | コメント (0) | トラックバック (6)

鉄のラインバレル#16.

「黄昏の断罪」

JUDAチームの逆転奪回編、と言うべきお話。今回で
桐山「閣下w」は予想通り?退場。なんとなく、歴代速水
キャラとしては小物な桐山さん。もう少し居て欲しくもなきに
しもあらずでしたが。

「加藤機関」をおねだりしたのが不味かったみたいですね
身の程知らず、と言うことで。でも、ユリアンヌ姐さんの

「貴方と桐山の仲だものね。」というとても意味深なw
台詞から察するに、増長させる要因があったとしか。
(最後は本人次第ですが。)

JUDAメンバー、まずは全員集合。石神が万が一のために
作っておいてくれた非常ルートへ。マキナは、レイチェルが
用意してくれたDSAでなんとかなるそう。
(しかし。あの説明では浩一でなくても眠くなりそうだ;
目空けて寝るって;;)

それにしても。
石神は最後まで石神でした、としか;。あの
「どこまで行ってもゴールが見えない」っぷりは、
某プリキュアさんたちの「ファイブでチャンス」ネタを
彷彿とさせましたわ;。しかも最後は野球拳ですか。

どんだけ趣味に走ってるんだ;さすが石神。
(と言うことは、彼の意志を継いだ浩一とは?
…そういうことでしたか。はははh)
でも、おじさんの裸は要りませんから!←おい;

一方で。囮となってプリテンダーの相手をしている
ラインバレル。
「厨二パワーを見せてやるぜ!」と言うことで。

この戦いはテレビで中継。
「正義の味方プリテンダー;桐山閣下」VS
「悪のエージェントラインバレル;JUDA」として。
絵的には桐山の勝利により、お株を上げたかったんでしょうが。

道明寺は「早瀬軍団筆頭」として浩一の味方だったし。

プリテンダーを傷つけられた桐山。
仕返し、とばかりに絵美を狙い撃ちしようと。

ラインバレル、と言うか浩一がしっかり守って無事。
逆上した桐山。今度は町そのものを破壊しようと
起爆スイッチ押し捲り。

「なんだよ~、なんだよ~。」
思いっきり自己中振りが露呈。

で、こんなところまで中継されてるし。
「都合の悪いところはカットするはずじゃないか?」

恐らく森次の指示でしょうw。

これで桐山の陰謀は白日の下にさらされてw
「これじゃ俺が悪者になっちゃうじゃないか!」
悪者ですからwww。

「当たり前だ!お前の正義は間違ってる!」
久しぶりに浩一がヒーローですw。

一部始終を見ていた加藤。で、森次が仕えているのも、
加藤。

外の様子を伺っていた理沙子の前に現れた人影。

矢島。

やはり、いつぞやの培養ポッドの中の人は彼でしたが。

敵、なのかなあ。

次回予告。
「私はいつも蚊帳の外!」@理沙子。絵美は女子にも

「最低です!」をお見舞いするのか;。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (19)

キャシャーン CASSHERN Sins #15 .

「信じる力のために」

リンゴの過去と、ディオのこれから。二つの話が平行。

果たして、リンゴは何者なのか?ロボットなのか人間なのか。
どちらともいえるエピソードが重ねられましたが。

オージによると。
以前「全てに絶望し、自暴自棄になっていた」とき、
「人間のような、ロボットのようなもの」の中にいた
赤ん坊。それがリンゴ。

彼女の泣き声は、オージに「生きろ」と聞えた、という。

オージにとっての「守るべきもの」であるリンゴ。
それは、キャシャーンにとっても同じなようで。

ルナの居所を知っている、と言うロボット二人組の噂。
ディオ、対峙するが負けてしまう。

ディオはBBに、何故同じスペックで作られたはずの
二人なのに、自分はキャシャーンやその他にに勝てないのか?
聞きただす。

「守るものが居るかどうか。」なのだそう。
キャシャーンはルナを殺して以降、
「滅ぶ世界」と「滅ぶ人々」を守ろうとして、闘っている。
自分の引き起こした「滅び」の責任として。
今のディオに、それがあるのかと。

元BBの側近だったバルカンとマーズ。二人はレダを人質に
していたが。
ディオを倒して、その軍団も手に入れようとしていたが、
「覚醒」したディオの前では敵にならず。

マーズ、瞬殺。バルカン。ルナへの手がかりを聞いた後。
「こいつはマーズが居ないと何も出来ないから」
放置。滅びが来る。

結局、BBが止めを刺しますが。

キャシャーンたちはその頃、手がかりをつかんでいた。

レダはどうやらディオの能力目当てみたいです。だから、
「覚醒」を避けていたのかと。>ディオ。

これで、へたれないディオに遭えるかな、と。

にほんブログ村 テレビブログへ

なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (5)

黒執事 #15.

「その執事、競争」

女王陛下の御前でのカレー対決。なんとなく
「料○の鉄人」とか「ミスター○っ子」とか
「焼きたて!じゃ○ん」とかを髣髴とさせるがごとき
展開に。

女王陛下も本物かどうか疑わしかったですが。何よりも。

お付きのアッシュと、おなじみアンジェラ。

イノベイター@ガンダム00みたいな関係かと;。

セバスチャンの切り札がチョコレート。(やっぱり)
アグニはブルーオマール。…実際居るのは聞いたこと
有りますが、

「青い海産物」と聞いて、劉の中の人繫がりのエロ亀
思い出したのは、たぶん自分だけ。(おい)

審判員のドルイット伯爵のコメントで、
「心奪われた」だの「抱きしめたい」だの、
どっかのブシドーな仮面のグラハムさんみたいなこと
言ってたのはおいといて。
(駒鳥再来w。つか、彼はまだシエル女装態に執着
してるかと思うと;。)

セバスはカリーパンで勝負。
「ナイフとフォークを使わずに食べられる。大人も
子どもも同じように食べられる。これは自分の目指す
世界と同じ。」

女王陛下の仰せの言葉。セバスチャン、一歩リード。

「自分は高いところから見ているだけの癖に!」
アンジェラから貰ったスパイスの入った
カリーを食べたミーナが暴走。彼女だけでなく、
一部のほかの人まで。

何でも、人の心の闇に反応して、「人を鬼神に変える」
闇のスパイスだそうで。ソーマが何故すぐわかったのか
が不思議ですが。

アグニが守っていたものは、こうしてもろくも崩れてしまい;。
それでも、これからも自分のそばに居て欲しい、と懇願する
ソーマ。

喜びの涙を流し、ソーマと手を取り合うアグニ。右手の
封印解除&セバスチャンと共闘!
「セバスチャン、伝説を覆せ!」
かつて、女鬼神に成敗された悪魔。今度はそれを。

女王陛下とシエルを襲おうと迫ってきたミーナ。
かばうソーマ!

ミーナ、ロブスターで滑ってこける。「え?」
「伝説のごとく」成敗するソーマ。

誰でも、大なり小なり心の闇はあるのに、何故暴走した人たちは
少ないのか?

セバス作の「悪魔が心を篭めて作った、優しいカリーパン」を
食べた人は無事。
「悪魔」が「優しい心」という、死ぬ程たちの悪いブラックジョーク。
ならば、それは本物だろう、と言うことで。

暴走した人の口に、次々とカリーパンを投げ込むと、
たちまち「浄化」されていく。(判りやすw)

ミーナも元にもどったはずですが。ソーマに
「最低」と言うあたり、どこまで戻ったのやらw。

「痛みを伴わない経験は身に付かない、と申しますしね。」

ロイヤルワラントはファントムハイヴ家に。アグニは
ソーマの元に。
「私も王子も、最高の友人に出会えました。」
恐らくは、初めて言われた言葉。
(グレルはどう考えても違いますからw)

次回ですが、「鏡音リン&レン」育てるセバス、という
ブロガーさんのカキコミが不思議だったのですが、凄く納得
でした;。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (23)

惑星ロボ・ダンガードA#40.(東映プレミアBB配信)

「果てしなき銀河の海へ」
http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item016121_0000.htm

「地球・越エル・ライン・ト・ナルヨウニ」

プラネスターとジャスダム。どちらも太陽系重力圏突破。

この話に限りませんが、この時代の作品は今見ると結構
トラウマネタが多い。
(少なくとも、今は地上波ゴールデン枠では極力排除されている
ので。深夜や有料枠はあれですが。)

今まででも、ドップラーという人物のめざす世界がいかに
「歪んだ物」というか「人道上あってはならないものであるか」
は折りあるごとに語られてきましたが、今回はかなりえぐかったかも。

冥王星も越え、太陽系も抜けようか、といその頃。

伴太妹のミヨコちゃん。ホームシックです。
つか、どう見ても就学年齢な彼女。一体何でジャスダムに
居るのか?というのはかなり疑問なのですが。

制作者的には、
・小友対策。
・物語のアイドル兼マスコット兼トラブルメーカー要員
(おい)
などが考えられますが。

艦的には黙認状態です。何せ彼女用の宇宙服があるくらいですからw。

伴太は兄ちゃんらしく、
「言って聞かせるから」と言ってますが、そんな時。
「一見地球によく似た感じの小惑星」がある、と言うので
リサ姉が調査に向かうことに。

「ミヨコちゃんも一緒に。」@大江戸博士。
(またもや秀人がブリッジで私服状態;これは羞恥プレイなのかと;)

スペースレディーが船尾がホバリング仕様。飛行中は機体に対して
平行になり、エンジン推進しています。遠くから見ると、
「クリノリンスカートのドレスで空を飛ぶドール」に見えなくも無し。
(『薔薇乙女たち』の双子で緑の姉を想像してくださると良いかも)

で、地表に降り立った女子二人。
見渡す限り、地球そっくり。空気組成が同等。お花畑に、小川のせせらぎ。

某ネズミ会社の「チップ&デー○」によく似た可愛い動物も。
「可愛い」と思ったのもつかの間。
「背中に何か付いてる?」

レミングのごとく、二人に向かって集まってくる。
いくら可愛くても、集団で来れば恐いです。
岩のくぼみに避難した二人。彼女達を目がけて飛び込み、
自爆する小動物!!!(恐えええええ;)
しかも、次々と。飛び込んで爆発する「○ップ&○ール」;;
目の前で繰り広げられる、地獄絵巻。
ミヨコちゃんをかばって、姉さん軽く怪我。しかし。

ジャスダムに至急帰還した姉。うなされてる。

傷ついたのは、恐らく心。
ミヨコちゃんには見せなくてすんだみたいですが。
大人でもダメージかなり来ます、こんなの。

こういうえげつないことするのは、ドップラー以外
ありえなく。どうやら先に着いた彼らが後に来る
「邪魔者」を始末しようと仕掛けたトラップだったらしい。

「あいつらの目指す世界なんか、絶対に許しちゃいけない!」
改めて力説してるタクマ。最近は随分しっかりしてます。

一方。ドップラーさんたちはアステロイド・ベルトの真っ只中。
先達を行くハーケン部隊のいくらかが、が、この小隕石たちの
犠牲に。

その結果、太陽系の重力圏脱出への血路が開けたのですが。

それを当然のことと流すドップラーたち。ハーケンも然り。

「アステロイド・ベルトの隕石群に地雷を仕掛けて、地雷原とする。」
作戦を敢行。これでジャスダムを葬ると言う。

「ダンガードAは、メカサタンで引きつけておけばよい。」
いわゆる「分身」を作れるタイプ。ジャスダムを始末した後は。

メカサタン、現る。出撃するダンガードA。
「分身」を操るメタサタンに翻弄されるタクマ。
残念ながら、彼は消耗戦に気がつかない;。
(判断そのものは間違っていないのですが。)

せっかく、大江戸博士が
「段々父親に似てきた。」と心のうちで賞賛してくれているのですが。
恐らく、こんな場合、キャプテンならば。
森次@ラインバレルやブシドーさん@0ガンダム00よろしく、

心眼は、鍛えてある。」とばかりに、無駄な消耗は避けるはず。

結局、持久戦でタクマがぶっちぎりましたけども;。

ジャスダム自体は、「地雷原と化した」アステロイドベルトに
突入しようとするが。

気がついたリサ姉。
「あのドップラーのことだから、どんな卑劣な罠を仕掛けているか
判らないので」
自ら調査に赴くと。

隕石群に、見慣れないレーダーと、接触次第爆発するそれらを見る
リサ姉。母艦に報告するも、爆風で制御不能に。

スペースレディーが危ない。

吹き飛ばされる「お人形」にも見えるそれを、受け止めるのは

ダンガードA!
(やっとこさ、ヒーローの面目躍如ですw。)

危険回避。ジャスダムはダンガードAの先導に従って、太陽系重力圏を
抜けていく。

感慨にふける、大江戸。
「断鉄。お前の息子の先導で、ジャスダムはプロメテへ向かっている。」

久しぶりに、姉さんメイン回でした。
それにしても、彼女は仕事ができる人です。でも、
「ヒロイン」としてのお仕事がいまいちかも。

ですが。
幼い頃に小鳥の握殺を見せ付けられたり、今また
リス似の小動物のジェノサイドを目の当りにしたり。

しかも、その時に「しがみつかれ要員」の男子が居ない。
(おい;)

こんな状況でどーやって「ヒロイン」しろというのか?
…そりゃ、逞しくなるでしょ。ある意味主人公以上にwww。

そういえば、サテライザーのチーフ君は、それなりに成長してきた
ようですので、こっちの方でも期待でしょうか。

にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惑星ロボ・ダンガードA#39.(東映プレミアBB配信)

「脱出!暗黒星雲」
http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item016121_0000.htm

「お望みなら、複葉機でさえも乗りこなして見せましょう。
あくまで(普通の)親父ですから。」
「ヒーローは、人知れず。」

プロメテへ向かう航路、というか宙路は決まっているため、
ジャスダムにしても、プラネスターにしても、同じルートを
とることに。

たまたま見つけた「暗黒星雲」。これを使って、ジャスダムの進路を
阻もうと。

こういうのを考えるのは、最近はハーケンが主。
「いかに労せずして功多くするか。」ある意味へチさんの
正統な後継者に見えなくもないですが。

今回は、不測の事態に対して、サテライザーの二人だけで局面打破
せねばならなくなった話。

たった二人だけで。

いまだに、つい父・断鉄のことを考えるタクマ。
「キャプテン、いやお前の親父さんは幸せだよ。盛大な
宇宙葬までだしてもらったんだからな。」

「そういう秀人の親父さんは?飛行機の製造工場に
勤めていた、と聞いたけど?」

×清掃→○製造 でした;。申し訳ない;。
以前、ランドルグ博士から「不世出のテクニックを持った
飛行機乗りだった。
」と聞いていたはずでしたが。
「息子からみた親父はどうだったか?」を聞きたかったのかも。

「普通の親父だった。」答える秀人。
「それだけか?秘密主義だな。」もっと深いところを知りたかったらしい。
「勤続30年だけがとりえだった。」←何気に凄いことなのですが;。
「これが、表彰されたときに貰ったメダル。親父の形見。」
『メダル』を見せる秀人。常時持ち歩いてるらしい。

昼食時。大江戸博士から、夕食時に「慰労会」を催すことが
発表される。何気に浮き立つジャスダム艦内。

そんな中。例の「暗黒星雲」が目前にあるのが。今から回避は
出来ない。

タクマと秀人の二人で、サテライザーで調査にでる。

ものすごい重力に引っ張られる。フロントには細かい隕石の
嵐。
コックピットの二人。意識さえ失いかけるが。
「落ち着いて、考えろ!」断鉄の言葉を思い出し、操縦桿をとる
タクマ。
いつまでも続くかと思われた、その時。
「出口」から放り出された格好だった。
「暗黒星雲」は重力が強すぎて光さえもその進む道を曲げられて
しまうから「暗く」見える。「引っ張られた」後は「吐き出される。」

つまり、星雲内は通り抜け可能なことが判った。しかし。これを
回避してジャスダム帰還は不能。磁気嵐で連絡も取れない。
来た道を戻る。
その間に、ジャスダムも星雲内に突入。こちらも同じく。
ただ、巨大な艦が振られているため、機材などが激しく損傷。

「ガスボンベ」が空いたのに、誰も気付かず。

ダンガードAに合体し、再び暗黒星雲へジャスダムを「迎えに」
行ったのは良いが。遭遇した時点でメカサタンに襲われる。

それが、ハーケン達の狙い。

ジャスダム司令室を見てみると。全員気絶している。とりあえず
中に入って仔細を確認しないといけない。

「俺が行く。」秀人がジャスダム内へ入る。
「メカサタンは、任せたぜ!」
外は磁気嵐。吹き飛ばされないよう、秀人を守るダンガードAの手。

これからは、それぞれの闘い。お互いに委ねて信じて。

タクマはメカサタンと交戦。その間、秀人はジャスダム内を調べると。

司令室。麻酔ガスが充満したため、クルーが気絶した。では、どこから?
医務室。ボンベの蓋が開いていた。これが通風孔を通って、全艦に流れた。

あとで、修理しないとな。」ボンベに何か入れて、蓋にした秀人。

仔細をタクマに報告。後はメカサタンだけ。こちらも片付けて。

「麻酔ガスで寝ていただけ?ということは、誰も今までのこと
知らないわけ?」

秀人の報告に、思わず大声を上げるタクマ。

あれだけ大変な目に遭ってたの、皆知らないってか?今までの
俺達の苦労は?活躍は?

まあ、そうなるな。」冷静に返す秀人。
(よくある話だよ。無事で何よりじゃない?)
「…あははは」
(そう言われたらそうだな。それが一番大事だな。)
二人でおもむろに大声で笑いあう。

慰労会は予定通り。
(恐らくは一人一芸のノルマから逃れてきた)タクマと秀人。
「修理班から、これを秀人にって。」

渡されたのは、「父親の勤続30周年記念メダル」。これをボンベの
蓋代わりにしたらしい。

これからも、誰にも知る良しのない、二人だけが観なければならない
修羅がいくらでもあるわけだが。

『それでも、こいつと乗り越えていく。』

お互いにそう思う、二人だった。

「何故大星氏はランドルグ博士の元を去ったか?」という謎でしたが、
どうやらココでその答が出たようです。

生涯一現役でいたかった」のではないかと。>秀人父。

で、タクマ父=断鉄さんですが、とにかくこの方はカリスマが服来て
歩いてるような人でしたから、息子も
「常に人に知られてしかるべき」と思い込んでる節があったかも。

しかして。実際は「人に知れない」仕事の方が多いわけです。
そんな父親を「誇り」にしてる秀人も、良い奴だな、と改めて。

なかのひと にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケータイ捜査官7 #37.

「ケイタとタツロー」

「何かを始めようと思ったら、捨てなきゃならないこともある」
優璃が読んだケータイ小説より。てか、

「今の網嶋のこと、小説にして良い?」と聞いた優璃ですが、
「男子高校生二人の友情と成長の物語」になるんです?。
・・・彼女に腐なお仲間テイストを感じた瞬間でしたw。(おい)

久しぶりに再開したタツローとケイタ。
あのころは、いつも自分の後ろにケイタがいたのに。

今は、はるか手の届かないところにいた。そんな感じ。

そして、ケイタも。アンダーアンカーのエージェントとして
働いているから、それもあるけど。
今は、なんか違うような。

お互い、立ち位置が変わったことへの、戸惑い。

前回からの続きで、位置関係が変わった「幼馴染」同士が
いかに現状を受け入れ、再び友情をつないでいくか、という話。

セブンを持ち歩きたくない気分のケイタにおいていかれるセブン。
しかし、バディの様子が気になるセブンは、ケイタの後を追跡。

途中で犬になめられたり、ベビーカーの赤ちゃんに見つかったりw。
公衆電話ボックスから覗いたりww。

授業をサボり、辺りをうろつくケイタについてくる遊璃。
ケイタ、タツローとのことを、ぽつぽつ語り出す。

語りながら頭の中を整理するように。

以前は、仲間のうちで「一歩大人」がタツローだった。
転校してきたときは、何もしゃべらない、空気みたいな奴だった。
(ケイタのこと)
転校してきて、二人で富士山行くことにして、その途中。
しなきゃいけないことが出来た。

(滝本と始めて出会ったあの現場のような、クレーン車の横を通る。
そこで、滝本からセブンを預けられた。その時から自分は変わらざるを
得なかった。)

そして、セブンのバディ、となり、今に至る。

タツローのところに、ゼロワン、現る。そして。

ケイタのところに、タツローから
「会わないか。」と連絡が。

「人は変わるものだから。」

以前は、自分こそがケイタの「バディ」だった。
しかし、ケイタは、「その人」の意志を継がなければいけなかった。
「セブン」と共に。
そして今は、「セブン」が今のバディ。

「あの時は、俺の方が女の子に人気あったんだぜ?」@タツロー。
全てを納得し、「人は変われる」という言葉を信じて、再会を
約束して別れたタツロー。

やっとこさセブンを呼び出したケイタ。(実はすぐ近くにいましたが)
「雨が降っているのに、大丈夫?」
「これくらい、何ともない」
「そんなわけ、ないだろ?」

ケイタとセブンが去った後に、ゼロワン。
「バディ…友達…」

真明のところに、新しいPBが。ひそかに何かが動いてます。

そういえば、この年頃に、こんな事もあったなあ、と思い当たったり。
背景が「雨降り」で、和解した頃に「雨がやむ」というのも
良い演出でした。

セブンさん、可愛すぎw。

なかのひと にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

| | コメント (0) | トラックバック (3)

惑星ロボ・ダンガードA#38.(東映プレミアBB配信)

「謎の第13衛星に誓う!」
http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item016121_0000.htm

「1万年と5千年前から、愛してる。」←おい;

木星について。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E6%98%9F
何でも、2008年現在では49個の衛星に名前が付いているらしい。
今回は、当時謎とされていたはずの第13番衛星の話。

木星の第13番衛星にて。
イースター島のモアイ像そっくりの岩が採取される。
調査に向かうサテライザーとスペースレディー。

この調査機の内装がとてもピンクですw。恐らくは
主に使う人の趣味かと。…リサ姉のひそかな自己主張www。

そこで見つけたもの。
どう見ても地球の古代文明遺跡と、少年一人。

少年の名前は、ピーター・ウォルフ。古代文明を専門に
研究していたをウォルフ博士の一人息子。博士は
「あまりにも突飛な学説」を学会で発表したために追放された
のだ、という。

「父さんをいびり倒した奴らを見返してやるんだ。」彼自身は
ハーケン部隊に入隊。
「父さんの学説」を裏付けるために「ここ」の調査に着た、という。

その学説とは。
かつて地球上に存在した、といわれる古代ムー大陸。一万年五千年前に
火山の大噴火で海中に沈んだと言われているが、その時。

大噴火で首都の神殿一帯が大気圏外に吹き飛ばされ、そのまま木星の
重力圏に捕らえられ、「第13惑星」になった、という。

木星にはセーラージュピターの神殿「ジュピター・パレス」が有るはず
なのですが。(おい)

古代ムー大陸;もしかしたらライディーンの対宇宙用パーツとかが
あったのでは?とか考えてしまいました;;。
(リア時などはそう思った人たちは多いはず。)とりあえず、
「ラ・ムーの星」がここに飛ばされてなくて良かったかもw。

君みたいな若い人が」@タクマ。自分も言うほど大人じゃないと(ry)。

木星の裏に停まっているプラネスターに帰還。ジャスダムのことを
話すピーター。

「大丈夫。決して地球の奴らには、この遺跡を渡しはしない。
ジャスダムと一緒にプロメテまで連れて行く。」

ピーターに話すハーケン。

実は。
「ジャスダムもろとも」第13衛星を木星の重力圏に引き込み、そのまま
(ry)する」のが目的だった。

今度は、衛星落し。ハーケンは、落すのが好きらしい;。

第13衛星の動きがおかしい。ハーケンに問い詰めるピーター。

「言ったはずだ。地球には渡さない、と。判ってくれるだろう?
今はジャスダムを落すほうが大事だ。」

裏切られた。失意のピーター、ジャスダムへ逃亡。
「父さんの星を守って!」
当然、重力圏下から離脱しようとしたジャスダムですが、敢えて
第13衛星をサルベージすることに。

その頃、ダンガードAはメカサタンと交戦中。当然、
「早く逃げて」と連絡しますが、事情を聞かされて。

「彼にとって、この衛星はかけがえのない父の星だったのだ。」
「父の星」タクマにとってのキーワードw。

「判りました!」…自分もかなり判りやすいですw。
エンジン全開で重力圏から「衛星ごと」逃れるジャスダム。

ダンガードAとメカサタンの闘いを『遺跡で』見守るピーター。
苦しそうだが。

衛星は、地球に向かって移動している。タクマ、ピーターに
「10分後には救援できる」と連絡するが。

「宇宙服の空気は1分も持たないよ。・・・もう間に合わない。」
…遺跡と共に自決を決めていた?ピーター。
「最後のお願いだ。この遺跡のことを、世界中の人たちに
伝えてくれ…。」

「約束する。だけど。」
「ありがとう。僕は本当に嬉しいんだ。父さんの遣り残した
ことを…」
交信途絶える。

神殿へと向かう階段で事切れたピーター。
彼を乗せて、第13衛星は地球へ向かう。

タクマの独白。
「地球は君に感謝するだろう。俺は闘う。
俺の父さんの星はプロメテなんだ!」

どう考えても、ピンポイントで人面岩に向かっています。(あのな)
有難う(ry)。・・・ほんとかな;。それこそハザードレベル
無限大の「プレシャス」が。ボウケンジャーがやって(おい)。

冗談抜きで、この規模の衛星が落下するとなると、感謝というより
大パニック引き起こしそうなものですが。

この辺りで、ハーケン部隊、というかドップラーの本質が語られています。
まあ、ピーターは上手いこと利用されたのだと。
まだ13歳の子どもが、と思うと。

なかのひと にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惑星ロボ・ダンガードA#37.(東映プレミアBB配信)

「さらばイカルスの星」
http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item016121_0000.htm

小惑星群の中の一つ「イカロス」で、「タコ」似の『べム』と
バトる話。

前回の戦いで、ビックリウムによるサンギョーカクメイ宇宙放射線
かなにかで巨大化したべム。ヤケドしたとかで、かなり弱ってますが。

ハーケンがこのべムを囮にして、ジャスダムを一気に叩く作戦を
提案する。相変わらずメカサタンチームとは水が合わないみたいですが。

戦隊などにおける「ロボ戦」若しくは販促回かも。恐らくは
この作品始まって以来の
「ひたすらロボが闘う」どころかジャスダムやスペースレディーまで
戦線投入。(よくスポンサーが我慢していたかと。)

べムの頭にコントローラを打ち込み、脳波コントロール。そのため、
べムはダンガードAのみを襲ってくる。

「べムは襲うな。」大江戸博士の指示。それゆえ、先に偵察に出た
スペースレディーも危なくなり。

「小惑星の影に隠れて待機」という指示。とにかく、ベムには手を出すな、と。

ベム。火星の生物らしい。どう見てもタコ型宇宙生物ですが。
ハーケン「醜いな」
リサ「変な生き物」…。あくまで、地球基準ですから。(おい)

ベムに襲われるダンガードA。そのうち、メカサタンまで登場。
ジャスダム基地も、プラネスターと最初のバトルに突入。

ベムの頭にあるコントローラを破壊。ベム、おとなしくなる。
これで、敵はメカサタンのみ。電撃がおもな攻撃。
「これを封じれば」ということで、両腕を封じる。

「いわゆる感電状態」で自爆。その後、ジャスダムの応援に
向かう。

護衛戦闘ロボが生きているぶん、向こうは分が悪い。
「名誉の撤退」をするプラネスター。

ジャスダムのみなさん。ベムを見舞う。

大江戸博士、接触を試みる。
・・・ベムはとてもおとなしい。
只でさえ弱っていたのに、無理やり働かされたため、もう助からない。
せめて、痛み止めだけでも、と注射をする。

これでもう、痛くない。

手当てをしてくれた異星の人たち?を見やるベム。

「ベムは、本当はおとなしい奴だったんだな。」
「そうだ。我々が心しなければいけないのは、異星人や
宇宙人を頭から嫌わず、理解しあうように努力することだ。
それを、忘れてはいかん。」

大江戸博士の言葉で締める。
(相手もそうしてくれれば良いんですけども、と言って見る。)

本当に、全編巨大戦。秀人が何故、司令部で私服なのかが
ものすごく謎でした。(おい)
しかしな。いくら「攻撃するな」といっても、こちらが酷い被害を
受けてたらどうしたのか、という疑問が。

それでも、「攻撃はしてはいけなかったのかな」と。

とりあえず、「普通のロボットアニメ」な回でした。

なかのひと にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メイちゃんの執事 #2.

今回は、「お嬢様同士がトラぶったら、執事同士が
決闘して決着つける。」という学園の掟話。

まあ、お嬢様学園、というにはあまりにも人として
どーよ、なのはさておいて
。(あくまでネタですから)

入学したときには最下層からスタート。ポイント稼いで
(ステラのことですね)のし上がる、というシステムは
物語的には燃えるところ。
(しかし、不祥事があれば、それまでの地位を剥奪されるのも
容赦ない、といえば。)

とりあえず、天道もとい柴田のスーパー執事ぶりを楽しませて
貰ってます。個人的に剣人が「直立立ち」という試練を一発クリア
だったときは、

「元ライダーなめんなw。」と。(おい)
でも、リカが「人間椅子」言いつけたときは、
「…モモタロスがいたら大騒動だろうに;」
思ってしまった次第;。

「執事を思うお嬢様の心が、(執事を)強くする。」
という設定。どこのファンタジーかと。でも、これの
おかげで柴田のクロックアップ(違う!)が観られたのは
まあ、良かったです。

それにしても、食べるもの粗末にする番組だな、とは思います。
本当の「お金持ちの御嬢様」は、食べ物を粗末にしない、という
ことを真っ先にしつけられるはずなのに?

で、結構早くルチアさんの素性がばれたな、と。
「本郷家の人」で、相続権がある、と。
恐らく、従姉妹くらいかな、と思いますが。

メイちゃんは、ただ両親を同じお墓にしてあげたいだけで、
それ以上のことは望んでないのですが。

そうするためには、「跡取り」としてふさわしくなれ、などと
煽っているのは金太郎祖父さん本人だし。
(お付きの心平・万平兄弟がマジ怪しいです;。)

ルチアさん。
鋏,シャキーン!柴田、走る!
…なんてお約束w。でも、そこが良いかも。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (8)

惑星ロボ・ダンガードA#36.(東映プレミアBB配信)

「火星に進路をとれ!」

「どうやら判ったようだな。タクマ。父親こそ失ったが、
お前には良い友達や仲間がいる。それを忘れるな。」
@大江戸博士。

http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item016121_0000.htm

ドップラーとジャスダムチーム。どちらも
「プロメテ」への宇宙航海に飛び立つ。
パルサーコズモエネルギーを動力源にしているジャスダムは
原則「補給無しで一気に」プロメテへ行けることに。

一方、超ウランエネルギーを動力源にしているプラネスターは、
必要箇所で補給が必要。で、最初の補給基地が火星。

「火星の裏側」に停泊したプラネスター。ジャスダムが火星軌道に
乗らないのを不審に思う。

「恐らくは、動力に何かあるかと。」へチの推測。

そんな時、「宇宙開発局」の調査宇宙船が漂流しているのを
発見するハーケン部隊。

「ジャスダムをおびき寄せる餌に。」へチが動力源を探るために
一計を。

ジャスダムは、今のところ通常航行。司令部からの眺めは
「空と海」が「宇宙空間」に。

キャプテン・ダン=父・断鉄を失って以来、タクマはヒキ状態に。
周りの人たち、特に「若い衆」は心配してますが。

一度は諦めていた、父の生存、再会。そして、永遠の別離。
タクマをよく知る人たちは、それこそ「腫れ物に触るように」
扱っているのですが、そうでない人が一人。

大星秀人。今では自他共に求める「タクマの相棒」。
いつの間にやらあの伴太とも打ち解けているのが、いかにも
彼らしいですがw。
「一文字タクマは、もう駄目だ。」←いきなり本音;。

「タクマですか?今あいつは駄目ですよ。親父さんのことで
頭が一杯だから。」

そのころ、司令部。「火星方面から救助信号」をキャッチ。大江戸博士、
秀人とリサ姉に、調査に出ることを命令。
今回から、ピンクのワンピースなコスです。>姉。

敢えて「すれすれの」憎まれ口を叩く秀人。微妙な加減が
彼ならでは、といったところ。
博士、秀人に目配せ。最初は
「リサと二人っきりw」を邪魔されてむっと来てたみたいでしたが。
『空気を呼んで』「判りました。」

「スペースレディー」という調査機が搭載されているそうです。要は、
霧野姉さん専用機。これで彼女も「傍観者」から「当事者」に
(しかし、外へ出る、ということはそれだけ狙われることもあるわけで。
一人乗りなのは、人質になる人数を少なくするため?)
操縦する姿が、ミチルさん@ゲッターロボ、とか美和さん@ジーグとか、
中の人繫がりで彷彿と。

「タクマも連れて行け。ガードランチャーでな。」大江戸博士。
さすが育ての親です。ツボを心得ていらっしゃるw。

話を振ったら、速攻乗ってきたタクマ。(現金な奴;)しかし、秀人的には
心配らしい。
「相当参ってるな。何かにぶつかってもやもやを払いたいんだろうけど。」
そういうときがやばいらしい。どんだけ気使ってやってるんだ、タクマにw。

「遭難船の調査」で「ガードランチャー許可」されたのに、メカサタンを探す
タクマ。
「頭を冷やせ。博士が、ガードランチャーを許可してくれた。
その信頼を裏切るのか?」

一緒に仕事が出来る姉さんも嬉しそうです。

で、船には生存者一人。これがドップラーの間者で、「遭難者」として
ジャスダム内に「搬送」。機密を盗もうとしますが、間一髪。

なぜか「べム」なる古典的宇宙生物が;。マジで「昭和的火星人;」
一緒に船に囚われていましたが。太郎のおかげで自由の身に。
間者がへチに通信するところを妨害w。

「ジャスダムの燃料は何だ?」へチの声。
そこに訪れたタクマ。

「…愛だ。」
といった訳ではないです。(むしろ言って欲しかったw。)
「お前らのより、優れてるんだよ!」
「その声は、タクマ!」…すっかり有名人です、彼www。

「捕らえるんだ!」博士の命令。しかしタクマは、間者を
「仕留める。」

妙に大はしゃぎするタクマに、一発ヤキを入れる秀人。
「やられたらどうする!誰がダンガードAにのるんだ?
そんなことで親父の敵を討ったつもりでいるのか?
相打ちになってもいいのか?」
負けです。@黄泉。
(おいおい)
「貴様のような奴とチーム組んでいたかと思うと」
言いたいこと、思い切り吐いてます。

べムを見逃して。

マザーサタン(敵母艦)が発進した、という。後はメカサタン隊に
任せて。

「ガードランチャーは任せた!」秀人の「気働き」に感謝するタクマ。
「親父さんの敵を討とうぜ!」

べム型メカサタン。電撃触手攻撃に苦戦するダンガードA。しかし、さっきの
べムが、墨を吐く。(マジです。確かに蛸型なのですがw)

操縦席から何も見えない状態に;。形勢逆転。一気に叩き伏せる。
「父さんの敵だ、思い知れ!」…テンション、思い切り高いです、
タクマ。

ジャスダムに帰還。改めて、秀人に礼を言うタクマ。
「有難う」
思いがけない謝礼の言葉に、てれる秀人。

「僕は、父さんの後を立派についで見せます。」
心に改めて誓うタクマ。

「仲間や友達が待っている。」
これを一番判ってもらいたかったかと。タクマは今まで
父親のこと」しか眼中になかったわけですから。

一番「待って」いたのは秀人w。しかし、マジ良い男だ、
彼は。ご苦労様。

「お帰りなさい。」

なかのひと にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RIDE BACK -ライドバック- #2.

「珠代上等!?S.L.F~スプレッド・レッグス・フォーム」

柴田秀勝氏が久々にレギュラーな作品。珠代の父役らしいです。
(祖父かと思ってました。)
今回はベッドの上で息子=珠代の兄と会話していたくらいでしたが、
やはりベテラン健在は嬉しいです。

前回の琳の走りを見ていた、ライドバックレースチャンピオンの
珠代。彼女が琳に「一方的な」試合を申し込む。

素性はすでにリサーチ済み。珠代の目的は、まだ未熟な
乗り回ししかできない琳に勝つことではなくて。

自分の見立てが正しいかどうか。

そして、その挑戦を受ける琳。
あの日の、あの「気持ち」をもう一度味わいたい。
「あの子」にもう一度、乗りたい。

試合当日。ハンデを貰うが、あまり関係ない状態で
試合開始。まだ慣れないのか、カーブを曲がる際に
川に落ちる琳。

「おいで、フェーゴ」。手を差し出す琳。ある程度の
言葉がわかるみたいです。可愛いw。
メカと琳の間に、信頼関係が出来る。いいなあ。

レース再開。
チャンピオンと同じくらいのスピードで、カーブに突っ込み、
人型変形、そしてターン。

遠心力に耐えられず、振り落とされる珠代。

軽い脳震盪で済んだようでしたが。
「羊を装った仮面の下に全てを切り裂く牙を隠している」
思ったとおりの才能。
まだエントリーが間に合うことを確認して、
来る大会に琳をエントリーさせる珠代。勝負はそこでつける。
これから、特訓するからね!

相変わらず見せ方が上手いです。ライドバックが走っているだけで
十分。これだけでも観て損はない、という。

「フェーゴ」という新たな「身体」を手に入れたことにより、得た
新しい世界。これから先、彼女がどう「情勢」と絡むのか。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (6)

しゅごキャラ、どきっ!#66 .

「お騒がせ!猫耳少女!?」

日アサやっている某バシンくんは、
「前しか見えない」のがキャラだそうで。で。この場合、
決して「欠点」にはカウントされていません。まあ、メインは
カードみたいなものですからw。

翻って、女児モノの場合。
「周りに気配りできる」ヒロインでないと、全方向から
総すかんを食らうという;誠にシビアな世界。

今回は、「少年モノのヒーローならば良かったのに」
「周りが見えてない」変身ヒロイン志望のチョコちゃんです。

(そういえば、この系列で以前『チョコミミ』という「りぼん」
掲載漫画が原作なドラマがありました;。今範人@ゴーオン緑
やってる人が王子様キャラやってた、あれですw。)

相変わらず、イクトはあむちゃんの部屋に「飼われて」います。
(これもどうだか;)
いつまでも隠したままだと、いろいろ大変なのですが。
(食べるものとかいろんなこと)

そんな折、「猫耳キャラ」が出没、という噂。
イースターと関係あるかも?と行ってみると。

人気アニメのヒロイン「キャット・イヤー」を模した
コスプレ「猫耳少女」がその正体。何でも、両親が
「マジカルチョコタン」の大ファンで、それがきっかけで知り合った
というwww。名前もヒロインからだそうで。
(人事ではないですねw)

で、彼女に憧れてコスプレして、人に喜ばれようなことを
しようと頑張るのですが。

KYなので、どうも空回りしてるらしい。

あむちゃん、イクトにたい焼きを買って帰りますが。
…だから。スイーツしか差し入れできないのが問題なんだと。
けど、「餌をやる」でしたっけ?既に「飼っている」感覚を
彼女が持っているのが(ry)。

「いつでも出て行って良いんだからね!」というあむちゃんの
言葉に、イクトが。
(でも、おにぎり用意したあむちゃん。すみませんでした;)

壁に「落書き」してる男性発見。チョコたん、早速
「キャットイヤー」に変身お着替え。
早速「いいこと」しようと落書きを消しますが。

「有名なアーティストの先生のパフォーマンスのドキュメント」
撮影中。つまり、

「大きなお世話。」

以外の何者でもなかった、という。

すっかり気落ちするチョコたん。そんな彼女にすかさず
ギアスジュエリーを仕込むルル山さんwww。

で、「なりたい自分」になったチョコたん。今回はあまり妙なもの
ではなかった感じが。

で、「怪獣の人形」を巨大化させて攻撃しますが。(悪役やないですか;)

あむちゃんとガーディアンズ、『キャラなり』開始!

「今のままじゃ、チョコたん悪役!」

あむちゃん:チョコタンの悪い癖!周りが見えていない!
りまちゃん:ハッキリ言って、今のあなた迷惑キャラ!
ややちゃん:ややはそんあ変身ヒロインぜ~ったい
      認めない!変身ヒロイン失格!

…女子は本当に恐いですw。一気にココまでフルボッコ。

で、謎たまに×がついて、あむちゃんの出番。

でも、キャラなりガールズの言葉は説得力ありますね。
「なりたい自分」に「キャラなりする」ということでは、
ある意味同じな訳ですから。

エンブリオを捕まえようと、「虫取り網」で追いかけるナナちゃん。
(まじですか;)当然取り逃がし。

「周りが見えてない」のは自分も同じだった、と帰り道に
反省するあむちゃん。

「他にあてがなかったから、うちに来たのに。」

帰宅。
部屋を見ると。

イクトは消えていた。

次回はUFO少女だそうです。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (2) | トラックバック (7)

屍姫 玄 #3.

「美しき異形」

何でか知らんが、今回「肌色比率」高い気がしますw。
着替えとか、露天風呂で語り合う、とか。

で、新たなEDがこれまたタイツ破れまくりでエロ度アップ
来てますし。一体どういう方向に行きたいんだろうか。
>「玄」。

そもそも、「七星」はマキナをどうしたいのかと言うのが。
何か目的があって、「星村の娘」を「屍姫」に仕立て上げて。

「敵」として討たれたいのか。(まさか)
「敵」として討ちたいのか。
「身内」として迎えたいのか。

「丁度良い屍が居ります。」

「星村の家」は光言宗でも重要な「家」の筆頭みたいに言われて
いますから、「血」というか「潜在的な」力を取り込みたい、とか
光言宗の力をそぐ、とか、そういうものは考えられますが。

マキナとオーリは新たに「契約」結び直すため、再び修行。
…少なくともオーリは景世と同じ、とは行かなくても、それなりに
マキナの力になりたいと思っているはず。

しかし、マキナの方は。

「新しい契約者との縁を結ぶためには、古い縁を捨てる」のが
必須。

「少しは、思い出しにくくなったりする、かな。」
「私は、神佳が死んでも、そんなこと出来ない。」@早季

景世を、忘れることは 出来ない。
景世を 守れなかったのは 自分。責められるべきは、自分。
例えそれが「呪い」の力であっても、強い力があれば 闘える。
だから、新しい契約僧のルンなど 要らない。

「縁切り」のときに現れた、もう一人の「マキナ」。本当の
自分に従った彼女は、オーリを始末するため、暴走。
早季と神佳、立ちはだかるが。マキナを押さえられず。

何でかお風呂シーン。
フレッシュさんと異月さん。どちらも素晴らしいバディです。
「人外」なのがもったいないくらい;

異月が「屍姫」になった理由。
普通の女子高生。トラックにはねられて、事故死。
でも、「なにもしてない」ことに未練があったため、
「屍姫」になったと。

それが理由になるのも凄いですが;。

「屍姫のからだの傷の治り具合を確かめるのも」嘘。
わざわざのぞきに向かうキンタロス梅村w。
異月が嵩政と契約したとき、まだ彼は普通の高校生だったという;。
(今は武闘派筆頭ですが。)

「恋とか、そんなことをしたくて」屍姫になった異月と。
「まだ恋も知らない」ふつうの高校生の嵩政と。

いわゆる「恋愛関係」に陥っても不思議はないのですが。

「これがその時負った傷。」オーリに見せる、全身に残る無残な
傷跡。
「屍姫は異形のもの。それを覚えておかないと。」
オーリはマキナに抱く想いの正体を知って、それとなく釘を
刺しているのかと。

マキナ、オーリの目を潰そうと。
「私は呪いの力で戦う!あんたは要らない。」
致命傷を負った契約僧は、「使えない」から。

追いついた神佳と早季、マキナを捕らえる。

再び、幽閉されるマキナ。

「屍」現れる。嵩政・異月と共に現場に向かうオーリ。
「4年前の?」どうやら二人に関係ある「屍」らしい。
何を見せようと?

最初から分かっていても、一緒にいれば情は移るものですから。

もしかしたら、オーリとマキナが和解するのが最終回、とかw?
それまではひたすら特訓と葛藤とか。
それもありかな。

あ、忘れてました。黒猫。
「お前は死に近い存在。まだ思い出さないかい?お前の正体を。」

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (11)

NHK大河ドラマ「天地人」 #3.

「殿の初恋」

アバンタイトルが「有名ではない」といっている位だから、
幼少時と元服後の名前の照合くらいはして欲しかったり。
(只でさえこの時代の武将は名前がややこしいですから。)

で、今回の話。
いきなり景虎が登場。(しかも玉鉄!)こちらも影虎の養子ですから
またややこしい。

(いや、北村一輝と玉鉄ならば、見分けはつくだろうって?;)

武田領に無断で入った兼続と久秀は、武田の動きが怪しいことを
景勝に伝えていた。
兼続は、景勝の意見として、
「武田の動きが不穏だから、京へ進むべき」と主張。
一方、景虎は。
「領地であり、今まさに混乱している越後を鎮めるべき。」と。

謙信は、景虎の意見を採る。

その帰り。暴れ馬の暴走騒動に巻き込まれた兼続。暴れ馬を
凌ぐじゃじゃ馬振りを発揮して?見事馬をいさめた娘に出会う。

はっきり言って、いろんな意味でばつが悪すぎるw。

その娘。実は上杉家家老の景綱の娘、お船。「お姫様」と
はっきり判るくらいの容姿。直のこと;。

で、翌日の、出陣を祝う宴の席にて。
影虎の能の舞に、席は騒ぐ。(特に女子。気持ちは凄く
判る;)次は景勝。だが、

「自分にそのような才はない。」と場を冷ましかけるが。
兼続の機転で「田舎ぶりな泥鰌すくい」を披露。座を
持ち直す以上に盛り上げる。

謙信に呼び出された兼続。京へ向かう、と言った理由を聞かれると。
「武田が死んだのでは、」と推測したからだという。

数日後。兼続は景勝の妹・華姫から、
「兄上は恋煩いじゃ。」と告げられる。

相手は、かのお船。

そこで「要らぬ策」を講じる兼続。
「文」を偽り、景勝からとお船に渡そうとするが。
失敗。景勝から叱られる;。

出陣の日。他の小姓は皆お供。
兼続は「留守番」を言いつかる;。これはまだ彼が「若い」
からだと思いますが。

武田の死を知る信長。彼も動く。

「殿を守れない。」と涙を流す兼続に、
「これでは通夜じゃ。わしはまだ死んでおらん。」と返す景勝。
それに釣られて笑う家来達。空気が変わったのは、結果オーライ、
と言うべきかも。

お船の誤解を解くために、直江の家を訪ねる兼読。
彼女とは、いとこにあたる。
「幼い頃に一緒に遊んだのをお忘れか?」
…すいません、キシリアさん@ガンダムを思い出しました;。

ここで、実母の具合がかなり悪いのを聞いて、思わず涙していた
所を、かのお船に見られてしまう;

変わらないわね。泣き虫が。」とは良いつつも、良い方向へ
空気は変わります。

とりあえず、北村一輝が『今更』初心な役をやっていのがツボ、
でした。これは珍しいw。それと、玉鉄さんがやはりここでも
あれだということ。「ガオレンジャー」で「狼鬼」基がガオ銀
やってたときも、
「この人、絶対イケメンでブレイクするな~。」と思ってましたし。
(おい)
そういえば、兼読の同僚に、一条刑事…もとい葛山さん
@クウガいますしw。

どっちかと言えば、「大人編の役者と、女性陣の顔見世」回な
所はありましたが、まあ、これも必要、と言うことで。

で、次回。
「年上の女」…狙ったようなタイトルが;。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (7)

機動戦士ガンダム00 2nd season#15.

「反抗の凱歌」

ブシドーさん、満を持して登場。マスラオはやっぱ
カッコいい。けど、

「必ず会えると信じてた。」とか、
「ならば、君の視線を釘付けに!」
「我が盟友が作りしマスラオの奥儀を!」とかって。

で、トランザム発動。

どんだけガンダム好きなんだ、この人はw。
思わず釘付けになったわw。

さておき。アバン。
あの状態で、あのような聞こえ方する歌。

ホラーです、本当に。ありがと(ry)。

トレミーは相変わらず動けない状況。今度はカタロンに
救援を要請。
「00ライザーがあれば、事態は解決するんだが。」イアンさん。
「刹那は必ず帰ってきますよ!」力説するティエリア。確かに、
以前ならこんなことは言わなかった人。

「自分だけで抱え込まないで、他人に預ける。」ように
なったんだな、と改めて。これは人間としての成長の現われかと。

刹那もカタロン支部に救援求めますが。ここにはマリナ姫様が
居られるようですが。

傷を負った刹那に駆け寄り、
「衛生兵を!」呼びかけた所に成長を見ましたが。お洗濯
やってる姫様が。

一方。ハーキュリーさん。旧来からの友人として、荒熊さんに
クーデターには関わるな。」と。

で、これが「軌道エレベータ破壊」らしい。

「軍人として、正しき国家の元で、そうありたい。」

クーデターの情報の一部は、シーリンたちに流れている。
協力するかどうかは、動き次第だそうですが。

慎重にしないと、取り返しのつかないことになりそうです。

アンドレイは、ルイスに対してまたも地雷を踏んだ模様。

「女らしく振舞おうと言う気は。」
こういうところにきている女性に対して、それは侮辱かと。
(その筋の人たちが食いつきそうだ;)

「有りません。」相変わらず、ばっさりw。良いぞ。
沙慈のことを持ち出すけれども、さらに墓穴掘ったことも気付かれないし;。
「忘れました。」…取り付く島無し。

炭酸、
「恋の指南なら。」と出てきましたがw。
少なくとも、女性のプライドを傷つけることは
ないしな、彼ならば。
(自虐ネタ+母性本能狙い撃ちだから)

カタギリさん、マネキンさんと合流。
「CBの殲滅を見届けに。」マネキン女史も思うところありです。
「決着をつける。九条。」

ハーキュリーさんは、クーデターにCBを利用する目論見。

事態が大きく動こうとしている。

刹那。夢にうなされている。
昔の自分。「神の闘い」と言う言葉を信じ、両親を殺した、
あの場面。
少年(幼い自分)から銃を取り上げるが。
ロックオン兄登場。(ま、夢ですから)

「刹那、過去によって変えられるものは、今の自分の気持ち
だけだ。ほかは何も変わらねぇ。
他人の気持ちや・・・ましてや命は・・・」

聞えてくる銃声。過去は変わらず。(当たり前)

「刹那、お前は変われ。俺の代わりに。」

夢から覚める刹那。傍らにはマリナ姫。

姫の生い立ち。
もともとは、普通の家で育った。音楽が好きで、その方面に
進みたかった、とも。
だが、「血筋のせいで」王女に「選ばれた」という。

「自分は無理をしていたと思う。あなたも、無理をしている
ように見える。」

姫様たち、らぶらぶw。(@こともたち)
「アンタの艦が、ヨーロッパで補給を受けたらしいぞ!」
刹那に知らせが。
傷がまだ癒えない刹那。それでも、出撃しようと。

トレミー、00を欠いた状態で総力戦。
ライル、ティエリア、アレルヤ。トランザム仕掛けますが、
時間制限が有る以上、厳しい展開。

アロウズのMA「エンプレス」、GN粒子をものともしない装備。
残るは、GNアーチャーだけ。

私を出撃させてください」マリー出るか?
(実は待っている人)
「私のモビルスーツ?」

ルイスが、元ソーマ機に乗っている!
その時。
アロウズ、全機撤退指令が。

軌道エレベータ、占拠される。クーデター開始!

EDが変わりました。背景は、「その後の世界」っぽい。

花畑に埋もれる、MSの残骸。

「悲劇への序章」次回タイトル。
軌道エレベータが損壊したら、それだけでも悲劇。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (31)

惑星ロボ・ダンガードA インターミッション #3.(東映プレミアBB配信)

デアゴスティーニ・パーツ付きマガジン 『週刊 天体模型 太陽系をつくる』
http://www.de-club.net/tmt/guide.htm

こういうものが出るそうな。毎週2千円弱がほぼ一年間。
トータル結構なお値段になりそうですが、なかなかインテリアと
しても美しい。で、これを観た自分。

「プロメテ はどう動くかなあ。」・・・ははは;。

というか、何故最近になってこういうものが出るか?恐らくは
「宇宙物」で育った世代ターゲットかと。

キリの良いところで「小休止」です。
本編は、キャプテン・ダン死去までやっと来ました。

実はリアルでは観ていなくて、後から「大人の事情」でこうなった、
と言うことを聞いた次第。とりあえず、感想。

一文字「断鉄」と言う名前の由来ですが、「エドモン・ダンテス」から来ている、
と言うのはRAから。だから「鉄仮面」被っていることになったそうです。
(その後、鉄仮面キャラといえば南野スケ刑事がデフォになりましたがw。)

それをおいても、この人は「宇宙パイロット」だったとはいえ、その生き様は
まさに「武人」のそれでした。もしかしたら、作品世界ではガチで
「ミスターブシドー」(えーと;)と呼ばれていたかも;と妄想;;。

で、その飛行スタイルの「益荒男(マスラオ)」ぶりを評価されていた…
いや、あくまで推定ですが。

(そういえば、本家ブシドーさんは今「仮面」被ってますしねw)

物語当初からは、もしかしたらこちらが主人公で、タクマは狂言回しかと
思ったくらいでした。それくらい、インパクトが強かったと。
もし、当初の予定通り、ラスト近くまで生きておられたら、本当に
「一文字親子の話」だけで終わったかもしれないかな、と推測。
(それもいまではありかと思いますが)

ただ。
そうなると、いつまでもタクマが報われない話が続く可能性があったわけで。
枠的に厳しくなるのは明らかでした。
よって、敵方に
「トニー・ハーケン」、パートナー、と言うか「相棒」に、「大星秀人」が
登場することに。
で、ハーケンですが、とにかくこの人は人気がありました;。(特に女子)
その理由は。
颯爽とした仕事ぶりもさることながら。
「詰襟の制服+翻す長いマント」という、「王子様風コス」も無視しては
いけないみたいです。

で、この物語の世界観なのですが。
『プロメテ計画』。どんだけ犠牲が出てるんだ?と思いました。
冥王星の向こうにあるような惑星に移住考えるくらいの技術科学力があれば
地球環境の浄化も可能なのでは?と思いましたし。

そもそも、「ドップラー軍団」のやっていることは、どうみても
「国際テロ」でありますし。構造的には、
国際協力プロジェクトVS国際テロ組織 です。つまり、

連邦政府(実際はアロウズ)VS ソレスタ とほぼ同じ関係。
たまたま「メカサタン」などとオカルトなネーミングですが、
これを「人型決戦兵器」と言い換えると。

まんま国際間テロ紛争になります。(おいおいお)
今までのロボットアニメは、相手が人外であることが多かったのですが、
こちらは人間同士;。ガンダム世界のさきがけです。

そして、「惑星間移民」。これも「マクロス」でおなじみ。そう振り返ると
感慨深いです。(しかし、こちらは異星人との交流…あったな;この先に;)

で、本来の主人公であるタクマですが。

今だから言えるかも知れないですが、彼の感情は今まで全て
「父親に関すること」に向けられていた、といっても過言ではないと。
なので、
「父親」から解放された彼がどう成長するか、と言うのが
今後の展開だったかと思い返してみたり、です。

なかのひと にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yes!プリキュア5GOGO! #47.

フローラさんが館長に送った「3つの種」。
これが彼女の言うところの「至高の宝物」だという。

せめて簡単な説明書だけでも添付してたら、少しは
館長も理解した・・・とは、思えないところが(涙)。

「エターナル=永遠」と言う言葉の解釈の違いが、
この人たちの思うところの違いであり、また、相容れない
ところ。

恐らくは、
館長;自分が価値を認めたものだけを「そのままの姿で」
保存しておくこと。

フローラ;命の営みそのものが「いつまでも=永遠に」続くこと。
ではないかと推測。

「キュアローズガーデン」=命の連鎖をつかさどる場所。で、
館長はここを破壊して、「命の連鎖を止め」、「永遠の時間の中に
お気に入りを保管する。」ことに。

で、フローラさんを「手元にそのままの姿で保管しておきたい」と
言うのが、館長の野望だったと言う。

(なんか捻じ曲がってるなあ;。それこそフィギュアオタクの
変な方向への進化系、みたいな感じで。)

このシリーズでは、大概一回は地球が滅亡していますがw、
今回は随分と派手に破壊したなあ、と。某ヤマトの冒頭を
思い出してしまいました;。女子ものの範疇を越えてます;。

プリキュアさんの復活も、結構大変だった気が。でも、

ブンビーさんが、「思うところあって」抜け道教えてくれたとか、
ドリームさんが
「有難う、ブンビーさん。」と名前を認識していたのが明らかに
なったところとか。
こういう細かいところを拾ってくれていたのが嬉しかったです。

石像にされて展示されていたプリキュアさんたち。ミルキィさんは
なす術がない、と諦めかけますが、シロップ。
かの「種」と共に、メルポから来た手紙(プリキュアさんからきたもの)
をみて、「思い」をぶちまけたとき。

奇跡が起きる。

「種の力」が発動。「スーパープリキュア」形態で復活。

ココとナツがバリアー作って防いでいたフローラ。しかし、これも
あとわずか。そんな時。

暗黒の虚空に、5つの希望の光。

ハイパー化したパワーで館長を圧倒する皆さん。しかし。本気出した
館長の前には、歯が立たず。

暗黒の闇に包まれる世界。

久々に「黒い」ラスボスだな、と思いました。>館長。こちらからの
意見には一切耳を貸さずに妥協しないところとか。子友さんには
判りやすいかも。

次週。最終回です。さて、どのように落ち着くやら。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (10)

仮面ライダーキバ #48.(最終回)

「フィナーレ・キバを継ぐ者」

最後のマサオが全部持って来て、もって行きましたw。
主役は音也とマサオでえーやないか、とおもったくらいw。

それはさておいて。
全体に内面の鬱全開展開だった本編から、このように
落ちがつくとは。良い方向に裏切られました。(おい)
まあ、真夜ママンはご存命であることを確信してましたが。

キングの座に着いた渡。それは「大牙を狙うものから
護る為
」だったそうですが、この世界では
「勝利こそが身を護る」はずだったので、これもまあ
言い訳のための言い訳?みたいな感が。
ともかく、実は仲良し兄弟でした、だったのでまあ
いいかな、と思いました。

なにせ、大牙登場以来、この物語のもう一つのテーマは
「愛されなかった子ども」であった大牙の「救済」だった
と思っていますから。

大好きな弟に「大事に思われていた。」
自分を見捨てたと思い込んでいた母親が、実は
「大事に思ってくれていた。」

「自分は、いても良いんだ。」と自信を持つ。

これだけでも十分です。

で、ラスボスと思われていたビショップ。名護イクサ&恵の
攻撃の前に敗れましたが、
我が魂は真のキングと共に」つまり、先代キング復活の
引き金に。

らしいと言えばらしいかも。もともとはもっと早く退場予定
だったビショップが、ここまで「ぶれずに」来たのは、中の人の
おかげかと思いますので。

しかし。
先代キングは本当に大迷惑だったと思います;。
お仕事をきちんとこなしていたのに、女房を寝取られ、間男と
その息子にボコられ、実の息子に止めを刺され。
やっとこさ安らかに眠っていたところを
先代~お助けを~」と番頭にたたき起こされ(おい)
またもや自分の息子と間男の息子にボコボコにされて;。

もしかして、22年後もネオファンガイアのビショップさんに
先々代~お助けを~」と来られるとか(藁)?
「また来たのか~?こないだも起こしただろ~?」とか
言われたりwww。とりあえず、先代キングさん、今はゆっくりと
お休みくださいませ。

先代キングを倒した後の、兄弟同士の「青春の殴り合い」は
これは通過儀礼だったとw。これで本当に仲直りしたんですから。

で、名護さん。あっさりと目が治るところが、昔のアニメっぽくて
超展開www。で、ここから一気に恵との結婚まで行くのも。

この話が教会の結婚式から始まったことを思えば、締めにこれが
来るのは自然な流れですね。

何故に嶋さんが父代わり;リアル麻生父はいるんでしょうが;。
もしかして、御大は「実家が呉服屋設定」をなかったことにしたかった
とか?
でも、「亡きゆり」と会話する恵はよかったと思います。
「母」の意志をついで「戦士」になり、そして、「結婚」をえらんだ。
自分で選んだ道。「戦士」でいることを選んだ名護と、共に歩む人生。
それが、自分の「戦士の道」。

健吾やナイトメアたちも交えての結婚式。
恵からの「らしいキス」、渡のバイオリンで締めるかと思いきや。

何このヒッピーでドレッドな音也は?

「パパ、未来が大変なんだ!」…物語は終わらずに、また始まり。
結婚式なんかほっといて。男性諸君が変身するのはまだしも、

恵。花嫁の貴女までいつもの飛び道具出してスタンバイはどーよwww。
あなたはやっぱり「ママでも戦士」ですわw。

キバット一族やタツロットも交えての、空に浮かぶネオファンガイアに
むかっての「全員ライダーキック!」

「俺達の戦いは、これからだ!」
やりましたね。これはこれで大団円でした。

最後に。
関係者皆さま、お疲れ様&有難うございました。

さて、来週からは「ディケイド」。
渡は早速再登場ですが。天道と野上はどうやら
執事が忙しいらしいw。

なかのひと にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

| | コメント (2) | トラックバック (16)

炎神戦隊ゴーオンジャー#47 .

「内閣カイゾウ」

のんびりゆるゆるとお話が進んでいたゴーオンジャーですが、
ついにラストを締める展開に。

ヨゴシュタイン様復活ではなくて、お父上の総裏大臣ヨゴシマクリタイン
と危官房長官チラカソーネがやってきた。ここに来るまでに
3つの世界を潰してきたという実力。特にチラカソーネにはビーム攻撃が
効かない。(飲み込んで反撃するため。)

ゴーオン&ウィングス最大の危機!
ですが。

メインは黒と緑。「後から押しかけ組」の今更ながらの
コンビパワー炸裂回だったのですが。

最初から軍平、範人に女装強要するなっての。
お見合い断るための要員なら、早輝か美羽がいるでしょがw。
いつぞやも、範人にセーラー服再び!でしたから。
(どー観ても趣味だな。)

それと、攻撃された後の戦闘シーン。
「チャラい範人も、実は真剣に闘っている」と言うことを
言いたかったのだとは思いますが。

朝から男子二人が仲良くお風呂で流し合いって;

その方面の方々が喜ぶでしょうがっ!←おいおいお;;;;

ガイアークさんたちも、今までそれなりに頑張ってきた
キタさんとおじゃる姫が格下げに;これはこれからの伏線
きたかな、です。

チラカソーネに隙ができるのは、攻撃をかけた直後。
誰かが「囮」にならないと、チャンスはつかめない。

おまけに、キャリゲーターが大暴走。何でも、彼らが
「一族の仇」なのだそう。

黒と緑、そしてキャリゲーター。ガンバードとバルカも
「相棒」のために、「囮」になる。

チラカソーネを倒したのもつかの間、ヨゴシマクリタインが
登場。
「内閣カイサン!」と彼らを一気に「消した」のだった。

次回は珍しく、どこまでも残りのメンバーがどん底まで行きそう
ですが、まあ、復活するはずですし。

それよりも。
昔から子供向けと思しきコンテンツに「大人の思惑」を
入れ込む、と言うのはよくある話ですが。

「ナイカクカイサン!」はガチで本音だと思いました。(おおい)

なかのひと にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

| | コメント (0) | トラックバック (13)

鉄のラインバレル#15.

「ベクトル」

あの場面で「ふるさと」は帰ってうそ臭いでしょ。

と言うことで。
「JUDA」はすっかり「悪の秘密結社」で石神は
「ラスボス」、社員数名は「犯罪者」扱い。

これも桐山らによる情報操作によるものですが。
(しかしな。ゲーム機一個であれだけのことが出来る
早瀬母娘は;。まあ、あんなものでしょ。誰でも。)

前回、プリテンダーの前から姿を消したラインバレルと
浩一・絵美は。

ラインバレルは「転送空間」に。二人は横須賀在米軍の
ジュディたちの下に。

米国自体は日本に対して「内政不干渉」を取る姿勢ですが、
ジュディは個人的に彼らを気に入っているらしい。

「JUDA」のファクターたちについては、マキナがなければ
只の子ども、と言うことで拘束さえされない。

一般市民には、普通の生活を保障されているようですが、
既に浩一たちが通っていた学校では、悪い噂が広まって。

「全会一致」で日本国総裁となった(大嘘だ)桐山。
しかし、楯突く者は粛清。今度は森次に
「加藤機関が欲しいな」とおねだりしてますが。
(あまり強欲だと、自爆するんですよね。…フラグが;)

絵美は、「別の世界」から、「こうならないように」
送られたものはず。

浩一は夢では「ノコギリ引き」・現実では「ふるさと」の
精神攻撃に悩まされてます;
「思い出すのが恐い」絵美。こちらも悩まされてます。

一方。サトルと美海。変装して、浩一たちと合流に成功。

加藤機関。「浩一とラインバレル奪取が目的で」横須賀基地を
襲う。
ラインバレルで出ようとする浩一。しかし。ジュディが身を挺して
デミトリーを燃料タンクに押し込み、殉職。
「正義の味方って、こういうもんだよ!」
(…涙)
「絵美をまもってやんな!」

米軍基地は壊滅。それも自分が「この世界を守るために」
やってきたせい。誰も守れない。心が折れそうになる絵美。

そんな彼女を、浩一が励ます。
「俺は強くなる!俺が絵美を守る!」

真の目的を達するためには、感情だけで動いてはいけない。

加藤久嵩。
「そうか、動かなかったか。…さすが、石神が後継者とした
だけのことはあるな。」

「正義の味方」になるには、どう振舞えば良いか。
「薄っぺらい正義感」だけでは出来る訳もなく。

次回。
「二人まとめては、相手できないよ!」←何言ってる:::。
『貴方、最低です!』

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (26)

トミカヒーロー・レスキューフォース#41 .

「隊長の兄登場 ハイパーレスキュー大特集」

息抜き回、というよりも、ハイパーレスキュー紹介回」
です。阪神・淡路大震災の周辺地域在住の人間としては、
無関係ではないという。

そういえば、スポンサー様にはこっちのシリーズも
あったなあ、とか、今更ながら思い出したり。

しかして。それ以上に。

そういう思惑ぶっちぎりでネタに昇華したスタッフ。
相変わらず良い仕事されてますw。

まず、「隊長のお兄さん」鋭一氏のキャラがまた弟とは
別の意味で濃いwww。二人の子ども時代ですが、
洟垂れ坊主(弟)って、一体いつの時代だよ、全くw。
そういえば、昔は兄ちゃん、かっこよかったなあ。(おい)

(「一肌脱ぐ」といって、マジに「脱いだ」隊長;お約束
とはいえ、どんだけかとwww。)

で、実際のハイパーレスキューで使われているビークルを
モチーフにして、レスキューフォースの色んなものが
作られた、という。これは大いに参考になります。

で、この辺りのジャンルでお約束な
「合体」「変形」を説明する際に
「バロムクロス」をしてくれたところとかw。

(ええ、無駄に燃えましたよ)
女子チームのひそひそがまたツボでw。

コラボ企画としては、良い切り口だったかと
思います。
兄の説明過多に対して、
「おしゃべり災害」とは;納得してしまったでは
ないですか。

次週。輝に後輩、だそうですが。
今の時期だから、ゲストになるのでしょうか?

なかのひと にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

| | コメント (0) | トラックバック (7)

惑星ロボ・ダンガードA#35.(東映プレミアBB配信)

「永遠に輝け!父の星」
http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item016120_0000.htm

断鉄の生命の終焉。
ジャスダム発進23時間前。
どちらも、秒読みに入る。

基地内の全ての人員がそれぞれの持ち場に配備。
しかし、タクマは瀕死の床に伏す父・断鉄の傍らにいた。
「父さんにしごかれて、やっとここまで来たんだ。
一緒にプロメテに行こう。」

佐渡先生登場。ここは観ているから、サテライザーでスタンバるよう
説得される。

「で、キャプテンの容態はどうなんだ?」秀人が問う。
「今はドクターが観ていてくれてる。」
「キャプテンのそばについていたらどうだ?整備は俺が
しておくから。」

着々と進む発進準備。
「サテライザーの点検終わりました。後は、ジャスダム内の警備に
当たります。」

タクマに、断鉄のそばにいてやれ、と促す大江戸。しかし。
「タクマは、キャプテンに怒鳴られるのはごめんだそうです。」
秀人が答える。怪訝な顔で振り向くと。
「いくら親父さんだってことがわかったからって、キャプテンはキャプテンですから。」
…誰がうまいこと言えとw。
「キャプテンも、ジャスダム発進を優先しろ、と言うはずですから。」
と持ち場へ向かう二人。

恐らく、秀人が卓越したコミュニケーションスキルがあるのだろうと
推測。「下積みが長かった」故だと思われますが。お互い良いバディ
です。

「キャプテンはプロメテに着けますか?」リサの問いに、大江戸博士。
「ジャスダムを予定通り発進させて、ドップラーよりも早くプロメテに
着くことだ。」
と答える。・・・;;。

ドップラー。地上のメカサタン部隊に、各国のプロメテ計画の宇宙船の
発進阻止を命令。メカサタンに、ジャスダムに接近・動向を探るよう
指令。

警備巡回中、二人は伴太と遭遇。
「ドクターが言ってたぜ。キャプテンは脳波コントロールの後遺症に
よく耐えたって。よかったな、親父さんと一緒にプロメテへ行けて。」

甲板から見る、しばらくはご無沙汰するはずの、夕日。
「プロメテから観る夕日は、もっと綺麗なんだろうな。」
大気汚染がかなり進んでいるので、そんなに綺麗に見えないらしい
>夕日。
断鉄の容態は、芳しくない。
「一緒にプロメテへ行こうね。」心の中で問いかけるタクマ。

日が落ちて。メカサタン、レーダーやソナーをすり抜けて、ジャスダムに
接近。

「一文字断鉄、鉄のような意志の男。普通なら、今頃もう命はない。」
大江戸博士に容態を聞かれた、ドクターの答え。
「ジャスダムが発進するときくらいまでかと。」

「ジャスダム発進準備完了。総攻撃あるのみ」偵察舞台から送られてきた
打電。メカサタン部隊、動く!

「キャプテンの命が、ジャスダム発進まで持たないかも。」傍聴してしまった
タマガー、ひそかにミヨコちゃんに話していたつもりが、タクマに聞かれて
しまう。そんな時、メカサタン襲来の警報が。

サテライザーに向かう途中、断鉄の病室にやってきたタクマ。
「タクマ、何をしている。ジャスダムを予定通り発進させるのが
仕事だろう?すぐにメカサタンを撃破するんだ!」
「タクマ、キャプテンの言うことが聞けないのか?」

言い返したいことはたくさんあったはずだが、おもむろに。

はい、判りました。出動します。」部屋を立ち去るタクマ。

「アンタって人は!」ドクターが。
サテライザー、発進!」
発進、5時間前
「観ててくれ、父さん!」タクマの渾身の闘い。

『発進、3時間前』
戦闘継続中。向こうも必死である。砲撃に備えて、基地、
バリアを張るが。衝撃までは吸収できないので、モロに
艦内に影響が。
「リサ、秒読みを続けなさい。」

ミサイル連射するので、近づけなかったが、急所発見。「目」を潰して
やっと撃退。

だが、本部から堰を切ったように、大量のメカサタンが襲来。
(まるで平成ライダーのクライマックス・怪人大集合みたいな;)

「発進するのに、艦長がコックピットにいなくてどうする?」
ドクターに言われる大江戸。タクマもそばにいる。
持ち場へ戻る大江戸。タクマも席を立とうとすると。
ここにいろ、と肩を叩かれるタクマ。

「ジャスダム発進一分前。」目前に敵部隊。
「全艦、戦闘配備につけ!」大江戸の決断。
伴太、秀人。砲撃に入る。
「10、9、8…3、2、1、0!」
砲弾の嵐の中、ジャスダム発進!

病室にて。発進の震動が伝わる中、ドクターとタクマ、空を見上げる。

時、同じくして。断鉄、事切れるが。

一瞬のうち。誰も気付かず。

タクマ、父を見やったとき、酸素吸入が外れているのに気付き、
急ぎ吸わせるが。

既に遅く。脈を取るも。反応なく。

ジャスダム、砲撃の嵐に囲まれての発進。これからの航海を暗示するが
ごとく。

「ジャスダムは、今、発進しました。」

メカサタン部隊に襲われるジャスダム。しかし、次第に振り切る。

大気圏突破。

一文字断鉄の「宇宙葬」。遺体をポッドに安置し、宇宙へ送り出すことに。
遺体は、白菊に囲まれて。全クルーが見守る中。ドクターの言葉。
「一文字断鉄、鉄のような意志の男。その意志を必ず継ぐ。」

スイッチを入れるのは、タクマ。
ポッドが排出される。
一同、号泣。しかし、タクマは涙を見せず。
永遠の別れ。

果てない闇へ消えていく、父のいるポッド。
窓から窓へ、見える限り、ポッドを追いかけるタクマ。
最後の窓。ここまで。点になって消えていく、ポッド。

「父さん。輝く宇宙の星になって、このタクマを
見守ってください…。」

さよなら、キャプテン。

にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャシャーン CASSHERN Sins #15 .

「死神ドゥーン」

「守るものが出来ると、弱くなるのかな。」キャシャーンの疑問。
「守るものができると、優しくなれるのよ。」リューズの答え。

タイトルどおり、ドゥーン再登場です。

ロボットの墓場と言われている場所。
そこに「彼」はいた。
かつて、ルナの護衛を勤めており、「死神」と恐れられた
ロボット。(その頃はかなり男前な人間のような容姿でしたが。)
かなり動けなくなってます。そして。

何のために動いているのかも。
「死ねない…何かを掴むまで。」

ドゥーンを見つけたのは、キャシャーンとリューズ。
リューズは、最早敵ではなく、「同士」というか、それ以上。
なんかすっかり「以心伝心」状態。まあ、それ以前からの
付き合いがありますから。

「死んだ?」何度も確かめるところがあれですがw。
前へ進もうとするドゥーン。
「道もわからないのに、如何して前へ進めるの?」
戸惑うリューズ。

そんな時、雑魚ロボ登場。お約束の
「キャシャーンだ!キャシャーンを食らえ!」と叫びつつ、
始末されにww登場。

ドゥーン。「キャシャーン」の名前で思い出し、闘いを
挑みますが。
全身から刃物を飛ばして立ち向かうドゥーン。キャシャーンも
斬られて血を飛ばしますが、最後はキャシャーンの勝利。

倒れたドゥーンに、
「ルナが生きていること」を告げるリューズ。
「自分が掴みたかったものは、戦う相手であるキャシャーン。」
ではなく。
「守るべきものであるルナ。」であったことがわかった彼。

「貴女は死神などではないわ。私を護る者…。」
かつて、「ルナ」からかけられた言葉。
「ルナ様」事切れるドゥーン。

思い出した=見つかったとたんに、刃物振り回して闘っていた
ドゥーンですが、「文字通り」「月と言う名の太陽」を見出せたので、
それは丸く収まったのかも。

リンゴ。高地にいるせいなのか滅びが進んでるのかわかりませんが、
酸素吸入ヘルメットをつけています。
「わしは、リンゴが望むことをかなえてやりたい。」
リンゴ。
「息苦しいけど、風が気持ち良い。」
「わたしは、オージが望むことを叶えたいの。」

落しどころは、どこなのだろうか?

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (4)

黒執事 #14.

「その執事、異能」

もう少し、王子様が大人ならば、ミーナも少しは
考えたかも。つか、ミーナが悪いとは、到底思えなかった
自分が。

アグニは、ハロルドと繋がっていた。彼は、ミーナのことで
ハロルドと取引し、「英国御用達」を得る為に、かの事件で
ライバルを蹴落としてきた。

セバスチャン、シエルと共にアグリの後を追いかけてきた
ソーマ。

「鹿男」。セバスチャン、余計怪しいんですがw。
「神のためのみに振るう」ために封印した右手を
もって、ソーマに殴りかかるアグリ。
間一髪、逃げるが。

自分は何もかも失ってしまった。」と嘆くソーマ。
「最初からないんですよ。全て親から貰ったものばかり
だったんですから。」
「躾のなっていない」ソーマに、「調教」を始めるセバスチャン。
「スラムなら、3歳児でも気付きますよ。」スラムでなくても、
庶民ならいずれ気がつかざるを得ない話ですが、仮にも
「王子」である以上、「分かる」必要もなかったとしか。

恐らく、分かり合うものがいないくらいの仕打ちを受けた
シエル。それでも彼は、そんな奴らに「復讐」するために
生きているのだ、という。

ソーマは、自らミーナに、離れていった理由を聞く、という。

ハロルドの目的は、カレーの「英国御用達」を狙っている、と
いう。ファントムハイヴ家も、それに乗ることに。
だが。
アグリは「神のカーリーの右手」により、「至高の」カリーを
作り出すことができるのだと言う。

ソーマの協力(試食)の元、様々な嗜好を凝らすが、
「何か足りない」らしい。

同じ悩みを持つ、他所のシェフさんに、
とても怪しい「何者か」を勧める人は。

アンジェラさん。

貴女、30分後の番組にそろそろ出番があるんだから、
こんなところで油、基怪しげな香辛料売らないww。

アグニは、ミーナに、せめてソーマの前では
「昔のまま」でいて欲しい、と言う条件を出していたが。

「あんたの顔見たら…せめて現実くらいは知っていても良い年頃よ。」
自白しちゃったし。どうなることやら。

審査員にはヴィクトリア女王陛下のほか、ドルイット子爵まで
登場。さて、「ガトーショコラ」がどこまで伏線なのかw。

取り合えず、「劉」の胡散臭さが最高ですw。
劉にまで「抱っこ?」されてしまうシエル。これがまたお似合いw
どこまでアレなんだかwww。
そういえば予告の「びろーん」はどうしたのやら。
今回は「リンゴと蜂蜜」を恋に落す、とか言ってますが、
はるか昔から仲良しでしたよw、といってみる;。

ED,絵と曲が変わりました。白薔薇に埋もれたシエルを横たえた
船の舵をさばくセバスチャン…綺麗ですが、なんとなく不吉な感じ
です。
曲は、梶浦由紀さん。凄く雰囲気でてます。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (15)

惑星ロボ・ダンガードA#34.(東映プレミアBB配信)

「絶唱!タクマの涙」
http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item016120_0000.htm

「それじゃ僕は何なんですか?」
「宇宙パイロットだ。」

最初に言っておく。タイトルバックは笑いを取るためのものではない。
(おい)…昭和のスタイルなだけ(おいお)。

緊急事態で運び込まれる断鉄。全身ヤケド(恐らくは4度以上)の
処置が取られる。酸素吸入と緑膿症防止の為の抗生物質点滴と、
全身を冷やすための氷。体の下にはゴムシート。

「このままでは死ぬ。手術をしても、助かる率は一割あるかどうか。」
佐渡先生の見立て。
「決断は、肉親であるタクマ、お前が決めろ。」

ここまでタクマ、ひたすら無言。
おもむろに。

「博士は、このことを知っていたんですか?」

基地の甲板にて。大江戸博士がタクマに一部始終を話す。
全ては、断鉄が、息子のタクマを一人前の宇宙パイロットに
するための決断だったと。そして、それは正しかった、と思っている、
とも。

「さっきはただ一人の肉親として、と言ってたじゃないですか!」
「お前には判らないのか?それとも、判っていても許せないのか?
どっちだ?」
大江戸博士が詰め寄るが。

警報。鮫島から「異常地震」の連絡が。早速分析に。

タクマは浜辺にいた。太郎さえも邪険にして。

結果。「人工的なもの」と判明。
「私が調査にでます。タクマはキャプテンのそばにいさせて
あげてください。」…
なんて「出来る女性」なんだ、姉さんは;。

サテライザーの二人は出撃準備。なのだが、タクマがいない。
「太郎が海岸の方に行ったよ?」たぶんそこにいるはず。
伴太と秀人が向かう。

「出撃準備だ」秀人が誘う。
「…放っておいてくれ。」「何だと?どういうことだ?」
タクマに食ってかかる秀人。
「親父さんが死ぬか生きるかの瀬戸際に、心配で出て行けるかよ!」
「何だと?」「それで、キャプテンは納得するかな?」
「キャプテンは言っていた。『お前たちは宇宙パイロットだ。それ以外の
ことに、あまり気を取られるな』とな。」

「人間のここにはな、もっと熱いものが」
「そんなこと言って粋がってる間は、一人前の宇宙パイロットになれん、
とも言ってたな、キャプテンは。」

秀人、良いボディブローですw。しかし、つくづく空気読みきってるな、
彼は。
「こいつ!」胸倉をつかんできた伴太に対して、秀人。
「相手になるなら、帰ってきてからいつでも相手になってやるぜ!」
男前過ぎるでしょ、この場合のこの物言いは;。

「とにかく、今はスタンバイの命令が出てるんだ。で、どうする?
タクマ?」

やはり無言のタクマ。
「…よし、行こう。」
「行く前に、一目親父さんの」
「俺には、親父なんていない。もしいたら、実の息子を前にして、
マスクなんて被っちゃいられないだろ?」

伴太、タクマを殴り倒すが。

立ち上がって一言。「秀人、行こう。」
まだ親父に、と騒ぐ伴太に、秀人、肘鉄を。
腹ん中じゃ、判ってるって。」
(どこまで空気読みきるんだ、この人は;)

道中、オペ室へ搬送される断鉄とすれ違うが、タクマ。
一瞥もしない。
「父さんと言ってやれ」佐渡先生の言葉にも、振り向かず。

鮫島の現場。超ウラン反応。そして、メカサタンの出現。
大江戸博士、サテライザー発進命令!
(断鉄氏のオペは5分後である)
「親父さんに何か言いたいことは?」なおも粘る伴太。それを
振り切るように、サテライザーを発進させるタクマ。

「サテライザー、発進準備だ。」タクマの選択。

宇宙を飛ぶプラネスター艦内にて。
『ジャスダムは燃えているか?』へチに問う総統。
「いや?。でも、マスクマンに酷い怪我を負わせたと。」
「よくやった。メカサタン隊に伝えておけ。吉報を待つ、と。」

メカサタンには、「マスクマン」が搭乗。
ドリルと巨大な鍵爪装備。強力な磁力線でダンガードAを
ひきつけ、その鍵爪でコックピットを直撃する!
逃げようとしたその時、幼い頃の「父」の言葉が脳裏に
甦る。
「かなわないと思っても逃げるな。そういう時こそ、全力で
ぶつかって来い!」

(「息子よ」がBGMに。反則だ;)
タクマの、ダンガードAの反撃が始まる。
「油断するな、攻撃の手を緩めるな!」
向こうはマスクマンが操縦している。こちらから見える。
襲いかかってくるマスクマン。「断鉄」と被るが。

「例え父でも、敵ならば斬れ。斬って自らを生かせ!」
ぎりぎりまでひきつけ、一刀両断に!
中の「マスクマン」も「真っ二つ」。その姿に、断末魔の
父の姿が重なる。

斬ったのは、敵、だけでななくて、恐らくは。

「今の捨て身の業は、誰に教わったんだ?」秀人の問いに。

幼い頃の「父との思い出」が走馬灯のように。
全部、覚えていた。

「タクマ、早く基地に帰って!キャプテンが!」
リサからの通信で、我に帰るタクマ。
「宇宙母艦ジャスダム」発進24時間前、秒読み開始!

急ぎ病室へ駆けつけるタクマ。
オペが終わり、酸素マスクをつけて横たわる断鉄。

「父さん…!」父の元へ駆け寄る。
「死ぬな、死ぬな父さん!」流れる涙を拭うこともなく。
「タクマ、何をする?」いきなり断鉄の顔の包帯を
解き出す。
「見せてくれ、父さんの顔を。これじゃ、キャプテンの顔と
同じじゃないか。…俺は父さんの顔が見たいんだ。ほら、
父さんの顔が出てきたじゃないか、これが父さんの顔、だよな。
父さんの。」

目をあけた断鉄。息子がいるのに気がつき、手を握るが、すべり
落ちる。その手を握り返すタクマ。

父の頭を抱き寄せて、タクマ。
「父さん…これで、いいんだよな…。」

荒木作監回です。なんというか、「ここ一番」の時は担当されていた
ような。
タクマの中の人である、神谷氏の演技です。もう何もいえません(涙)。
あと、「タクマの周りの人たち」が出来る限りのことをしている、という
事実。
それにしても。「火だるまで全身火傷」というのは、かなり酷い怪我かと。

にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惑星ロボ・ダンガードA#33.(東映プレミアBB配信)

「ドップラー軍団発進!」
http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item016120_0000.htm

ドップラー軍団の宇宙船「プラネスター」。ついに
「あかねさす/空のむこうの/まほろば」プロメテへ発つ。
ヒマラヤ山脈を激しく壊して飛び立った、その事実。
「地球は最早死の星。このようなところに用はない。」
果たして、彼らに「プロメテ」の地に立ついわれはあるのかと。

はるかなかなたの星からやってくる「パルサー線」。それをスーパー
ウランと核融合させると、「パルサーコズモエネルギー」が発生する。

宇宙母艦ジャスダムは、このエネルギーで、宇宙へ発進する。
キャプテン・ダン。
「ドップラーは、もう既に宇宙船を完成させているかもしれない。」

太陽系第十惑星「プロメテ」。(当時は冥王星は第9惑星でした)
どうしてこんなに太陽から遠いのに、「緑豊か」なのか謎ですが、
とにかく、この世界ではマジで「まほろば」に観られている、としか。
「プロメテは、我々選ばれたもののみが許された星。」だそうですが;。

総統。メカサタン部隊に、地上のプロメテ宇宙船の発進を阻止するよう、
指示。特に日本支部のジャスダムを!
トニーには、船団の先頭を任せる。

プラネスター、発進。あらゆるものをなぎ倒し、破壊し、飛び立つ姿には
禍々しいものが。

ドップラー基地はヒマラヤ山中に有った。大量の爆音と震動。
それは、「地震」として各地に記録されることに。

ジャスダム基地に送られてきた映像。ヒマラヤ山脈の一角が
破壊されている。地震というより、なにか宇宙から飛来したのでは?
世界宇宙局から調査以来を受ける、大江戸博士。

「ロットの近い関係」(おいこら)なタクマと秀人が調査に向かうことに。
しかし、キャプテンもコスモアローで同行する。
「あるいは、そうなのかもしれない。」思い当たる節があるキャプテン。
「何をいらいらしてるんだ?調査だけなのに。」いぶかしむタクマ。

現場には大きなクレーター状の穴が。
「宇宙から落ちてきたのか?」ガイガーカウンターで辺りを調べる
タクマと秀人。中心部に近づくほど、大きく針が振れる!

一方、キャプテン。
辺りに「マスクマン」の制服を着た遺体が散乱。爆風ではずれ、損傷した
マスクが落ちている。
「このマスクの持ち主は科学者だったか、宇宙パイロットだったか。
いずれにしても、仮面を被せられ、記憶を取り上げられ、どれいのように
こき使われた挙句、プラネスター発進の時には捨てられた…。」
自分もまた、その一人であったことを思い出すキャプテン。

メカサタン、襲う!
キャプテン、攻撃を避けきれず、被弾。
二人が駆けつける。秀人はサテライザーへ、タクマはキャプテンの
介助へ。
「これはドップラーたちがプラネスターを飛び立たせた後だ。
これを、大江戸博士へ。」
つぶれたマスクを渡し、気を失う
キャプテン。
なおも襲うメカサタン。間一髪、秀人がメカサタンを駆逐。
「有難う、秀人!」←なんか新鮮ですw。

スカイアローの操縦席。キャプテンはまだ目を覚まさない。
「俺はこのままスカイアローを操縦する。秀人は、サテライザーで
護衛してくれ。」

「…判った。」しかし秀人は「空気読める」奴ですww。

搬送されている最中。キャプテンは過去を思い出していた。

「タクマ…!」幼い頃の息子を思い出し、名をつぶやくが。
「キャプテン、あと少しですから。」
自分=息子とは思っていないタクマ。「あくまで、部下」として
声をかける。

佐渡先生の診察。気を失っているだけだというが。
再び過去にうなされる。

タクマと秀人。二人とも尋常ならざる心配の様子。
リサが「心配しなくても」と励ますが。
せっかく伴太が
「ジャスダム基地が完成したぞ!」と吉報を持ってきてくれたのにも
関わらず、である。

「せっかく突貫工事で頑張ったんだ、ねぎらいの言葉の一つも
かけてくれたっていいだろ!」

「…済まない。キャプテンの意識がまだ、戻らないんだ;。」
「…そりゃ、すまなかったな。気に食わないところもあったが、
キャプテンはキャプテンだしな。」
こういうところが伴太の良いところ
ですw。

真夜中。マスクマン部隊がジャスダム基地に接近。目的は、
当然基地の爆破。
キャプテン、ついに目を覚ますが。

タクマと秀人。緊急事態のせいかと思われますが、
同じ部屋で、隣り合わせのベッドでおそろいのパジャマ;
(今こんな描写したらネットで祭りがwww)
二人ともまんじりともしないらしい。

キャプテン、外へでてみる。不審な人影が近づく。
マスクマン工作員達である。

キャプテン、応戦する。精神を操作されているため、こちらの言うことが
聞えない。
エマージェンシーに、タクマと秀人も現場へ。

多勢に無勢。サテライザーは、付近に潜伏しているはずの
メカサタンを探す。
「小さいのが4体?」実は先ほど秀人が爆破したはずのメカサタン。
(某ジーグのように、磁力合体タイプらしい。)
その間、キャプテンは最後の「マスクマン」のアンテナを破壊する。
襲い来る頭痛に絶えられず、一度は倒れるが、。
辛くもメカサタンを破壊。二人してキャプテンの下へ。
「今、楽にしてやるから…。」倒れているマスクマンの仮面を
外そうと、倒れている一人に駆け寄った、その時。

爆発。どうやらそのように「セット」されていたらしい。
爆風で、マスクが外れる。炎の中、火だるまになって倒れる
「その人」。
「キャプテン!」何度も必死になって叫ぶタクマ。
「その人」は黒焦げになって炎から逃れ出ていたが。(うわああ;)
「しっかりしてください!」煤で全身真っ黒になった「その人」を
抱き起こすタクマ。

一度は目を開けたが、また閉じてしまった。顔の煤だけでも拭う。

頬の辺りに見覚えのある傷。
「父さん」と同じだけど?
もっと周りを拭ってみる。
…なんで「父さん」とこんなに似ているんだ?
改めて、ペンダントの写真と比べてみる。

「父さん」だ。
「父さん」以外の、誰というんだ?

この回から、キャプテン・ダン=父・断鉄であることがわかり、また
「永遠の別れ」を迎えます。
実は、リアルではこの辺り、見ていませんでした。このような亡くなり方だったとは。

実際、全身ヤケドでほぼ絶望状態かと思われますが、今はここまで描写
しないはず;。

ジャスダムの発進、そして、断鉄の命は?

なかのひとにほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惑星ロボ・ダンガードA#32.(東映プレミアBB配信)

「RX−2絶体絶命!」
http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item016120_0000.htm

「元祖コロニー落し、というか観測艦落し。」

タイトルは、#12で登場した、月観測艦です。表向きはここで訓練した、
ということになってますが、実はタクマは、「メカサタンを倒せてない」
です。(キャプテン・ダンがフォローした。)
しかし、表向きはそうなっているらしい。まあ、今となっては。

で、今回は「宇宙経験」がまだ少ない秀人の訓練のために、再度
ここを使わせてもらうことになったらしい。そのため、キャプテンは
ここ一週間、秀人の訓練に付きっ切りで、タクマは放置プレイ状態に;。

つい悪い方向に考えてしまうタクマ。しかし、
「秀人を訓練する教官」として、キャプテンから命令を
受ける。
「宇宙で戦った経験」を評価されているらしい、のだが、不安が打ち消せない。
「俺も行くぜ。」と伴太。RX-2のクルーに久しぶりに会いたいらしいw。

で、RX-2の方も、前回とは違い、和やかムード。周辺の小隕石などを
「サテライザーの邪魔になるといけないから」掃除中。最近、やたら
こんなことが多いらしい。←伏線w。

重力圏を抜けるサテライザー。流石にマッハ15になると、
かなりこたえるらしい。(当たり前だ!)

秀人はこの訓練で、恐らくかなりのことを身に着けるだろう。そして、
自分に追いつく。教えれば教えるほど、それは早く。
…今は考えるのはよそう。与えられた任務をこなすのが、今の自分の
仕事だから。

ここでも、秀人のことで思い悩むタクマ。

一方。ドップラー軍団。
サテライザーを発見。メカサタン隊即座に出撃準備をするが、ハーケンに
止められる。
「RX-2本体を使って」作戦を考えているらしい。それに乗る形のメカサタン隊。
「これそのものは軍用施設ではないが」使いようによっては核にも匹敵する
威力を発揮するらしい。

RX-2とドッキング準備に入るサテライザー。今は秀人が操縦しているが。
「機体さばきの勘のよさ」を見せる彼。そんな時、隕石が通過。すぐに
見えなくなるけれども。
「気をつけろ」そのまま秀人の操縦。ドッキング。真下に、かの隕石が。
そのまま船内に回収された隕石。その中から何かが。

再会を喜ぶ一同。秀人を紹介するタクマ。黒木から、
「お前も指導するようになったか」といわれたり。
えらい変わりようであります。

タクマ、先ほどの隕石の調査を申し出たら、
「調査終わって、捨てたところ」という返事。だがデータは
とったという。

重量が100㌔ほどしかない、という。隕石にしては軽すぎる?
実はハーケン部隊のテロ要員をフェイクするための代物。
早速、仕事を始めています;。

タクマ、館長にかの件を伝え、もう一度総点検を請う。
「君も、キャプテン・ダンに似てきたな。」

しかし、秀人。早く訓練をしてくれ、と要請。本来の仕事が
これなので、開始することに。その最中でも、RX-2を気遣う
タクマだが。

予感的中。エネルギー機関室を占拠され、軌道修正エンジン作動。
RX-2,月軌道を離れ、地球‐正確にはジャスダム基地の真上ピンポイント‐
目がけて落下!通信回線は全て切られ、こちらからの救助信号は
一切打てない!

ジャスダム基地でも、この異変をキャッチ。
大江戸博士から、ダンガードAにSOSが入る。
タクマの懸念が不幸にも当たってしまったことに対して、秀人、
謝罪するが、自分も同じことをしていた、と。

ハーケン。
「今こそメカサタン部隊の出番だ。」うまく行けば、敵の全てを
一気に叩き潰せるチャンスだと。

ダンガードAに、RX-2クルーの避難の誘導命令が。メカサタンも急襲。

「今回は、秀人の宇宙訓練が目的だ。あくまでそれを忘れるな。」
キャプテンの言葉を思い出すタクマ。
「秀人、お前がメカサタンと戦え!お前ならできる!」
RX-2内部へ向かうタクマ。

二人の戦いが始まる。

艦内にて。動力室のドアを焼き切っているが、間に合わない。
全員、脱出ポッドへ。タクマと艦長は、後から行くことに。

「タクマは俺に任せてくれたんだ!」秀人の決意。

メカサタンは、硬い殻を開閉しながらミサイル攻撃をするタイプ。
すぐ殻を閉じられるので、チャンスがつかめずに、焦る秀人。
「よく観ろ!攻撃した後の隙を狙え!」タクマの指示。
コスモアローをかませて、隙を作り、ミサイルを打ち込む!

メカサタン撃破。しかし、RX-2はいよいよジャスダム基地の目と
鼻の先に。
「ミサイルで艦を爆破するんだ!」この距離じゃ間に合わない!』
「お前ならできる!」

ぎりぎりまでひきつけ、狙い打つ!今だ、打て秀人!」
やっと艦を脱出する艦長とタクマ。

RX-2,激突寸前で撃破。月観測艦は破壊せざるを得なかったが、他は
全て無事。
「よくやったタクマ!」と誰もが思った、その時。

「博士.被害はありませんか?」秀人の声。
では、今闘っていたのは秀人だとして、タクマは?
「宇宙パイロットとして、合格だ。」秀人をねぎらうキャプテン。
脱出ポッドからの通信。タクマたちは無事。

この一件で、秀人は自分と肩を並べた。もしかしたら、
「チーフの座」は彼のものになるかもしれない。けれど。

夕日が沈む中。
海上に浮かぶ脱出ポットから顔を出して、救助を
待ちながら心の中でつぶやくタクマ。一緒に乗っていた
艦長からも、「キャプテンに似てきたな。」といわれ、
照れつつも。

それも良いか。

タクマがそこに落ち着いたかどうかは判りませんが。
少なくともキャプテン=断鉄さんは、
「相手に全てを預け、信頼することがチーフの条件だ。」
息子の成長を人知れず喜んで。

ロボットを操縦していないにも関わらず、タクマがものすごく
「ヒーロー」していました。やはり、主人公の少年が、自信満々で
物言いをするのは聞いていて清清しいです。

しかし。月面観測艦1艦大破、というには決して無傷ではないと
思いますが;。

ガンダム世界で有名な「コロニー落し」。なんとなくこれを
思い出しました。

なかのひと にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ

続きを読む "惑星ロボ・ダンガードA#32.(東映プレミアBB配信)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケータイ捜査官7 #36.

「ともだち」
EDが相川七瀬のデビュー曲・セルフカバーになりました。
オリジナル好きでしたが、こちらも結構良いです。つか、
彼女。もはや「エイベックスの特撮歌手」ポジション確立でしょw。

で、久しぶりに登場。ケイタの幼馴染、タツロー。
「ロットが近い関係」@セブン
だそうですがw。(何やらあれな表現です;)

放浪していた割には、あまり「思うように変われなかった」タツロー。
アンダーアンカーのエージェントになったせいで、日常生活は
こなしながらも、成長するべきイベントには事欠かなかった
ケイタ。この差は随分あるらしい。

で、焦ったタツロー。「里見八犬伝」の伏姫の生まれ変わり、とか
いう女性が主催する宗教団体?かなにかに勧誘されてしまったらしい。

世間では、通販利用の履歴から行方不明に、とか。で、勝野親子刑事が
本部の張り込みを。
「また、ネットの受け売りか。」
「俺達、ネットでは『都市伝説刑事』と呼ばれているらしいですよ」
「足で調べろ!」

そんなことしてる間に、二人とも、黒袋を頭からかけられて;。

本部。伏姫を名乗る教祖様が何やら「八犬士」にハッパかけてます。
で、お付きが「お布施を」といってたり。この中にタツローがいる;。
どうやら、中央の仏像から催眠波が出ているらしい。

様子を伺ってましたが、いきなり飛び込んだケイタ。丸腰;
日本刀で「八犬士」たちに「いっせいに」切りかかられますが、
ソリッドフル装備のセブン、バディをかばう!

刀が消滅。セブンがスピーカーで「衝撃波」をぶつけたため。
(凄いな、スピーカー;)
あと、中心の仏像が怪しい、とこれもセブン、破壊。
おつきが切りかかろうとするも、これもあっさりと始末。

そして、大きなお兄さんと対峙。
「お前は、私の敵ではない!」
ものすごい体格差ですが、セブン。「弁慶の泣き所」に
体当たり;;痛い;
向こうが傷みにうずくまったとき、すかさず眉間にアタック!
…狡猾だ;。そして、本命には。

女性とはいえ、容赦しなかったらしい。あたりに絶叫が;

勝野刑事親子wが気が付いたときには。
全てが終わっていました;と。

成り行き上、タツローにセブンのことを明らかにするが。
ゼロワンが登場。続きは次回。

どう見てもソリッド関係販促回であるにもかかわらず、きっちり
人間関係の復習をやっているところが。そういえば、ケイタは
もう空気じゃないし。

ということで、間明に新しいケータイが来たことを描写しつつ、
次回になるらしいです;。

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (4)

惑星ロボ・ダンガードA#31.(東映プレミアBB配信)

「命知らずのメカサタン野郎!」

『イザ、進マン。運命ヲイダキ、目覚メシ者ラヨ。』

http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item016120_0000.htm

最初に。
×グドン←○ルドン
でした;。今更ですが。

この方亡き後、部下達がともかく熱い。どんだけ慕われていたかと。
ブンビーさんみたいなポジションだったか?。で、いきなり出てきた
「金髪の小僧率いる青二才部隊」に大いに物言いがある。ドップラー
軍団もまあ、一枚板ではないというか、内部組織にはいろいろある、
ということで。

ダンガードAの「合体訓練」。もともとこのロボットの「合体」は
「気持ち良い」感じはあまり受けませんでしたがw、何よりも。

合体そのものがうまく行かない。

今の時点では、ありえない話。なので、タクマと秀人、両方が
「お前が(ry)。」状態に。

どうやら、メカニックに問題があるように見える。
「俺が見てるんだ。問題なんかあるはずねえよ!」@伴太。
まあ、そうでしょう。彼に限って。
となると?

パイロットの二人。やはり、「操縦にミスはない!」
キャプテン、そんな二人を張り倒す。
「そんなことで、サテライザーのパイロットが務まるか!」

誰かが故意にサテライザーに何かしたとしか。

早速、調査するリサ。結果、即出る。
「部品が一つ欠落。」

基地内に工作員?緊急事態と思い、大江戸博士の下へ
向かうリサ。しかし、中から聞えてきた会話が。

部品を抜いたのはキャプテンその人。精密機器でもある
サテライザー。一つでもパーツが欠けたら、可動制御自体に
難がでるのは自明のこと。当然、「合体」にも。

「あの二人のライバル心を煽るためだ。」
「なんてことを!」事実をタクマたちに告げるべく、その場を
離れたリサ。その直後に。
「断鉄、お前という奴は!」大江戸博士の罵声。

一方、渦中の二人は。トレーニング室でボクシング中。
「あいつら、俺と違って『素で』殴り合い出来ないから、
ああやって決着つけてるんだ。」

一度は止めようとしたリサ。しかし、思い直す。

二人の間に、「止めてはいけないもの」を見たような気が。

出撃しようとするハーケンを、メカサタン部隊№3である
ルガーが呼び止める。
「我々メカサタン部隊と比べて、ハーケン部隊のどこが『特別』
なのか説明して欲しい。」
頭は低いが、挑発そのもの。
「ここで、その力を見せて欲しい。」拳で勝負しろ、ということらしい。

誘いに乗るハーケン。ムチでルガーを撃つ。
ムチ筋を見切るルガー。反撃に。

一度はへチに仲裁されたが、総統自ら「勝負続行」のお達しが。
このルガーさんという人、ロボット兵×2を素手で叩きのめす腕前。
流石、「命知らずの荒くれ共」の№3だけあります。
しかし、総統の言葉には本当に従順だな、トニーは;。

ルガーさん、トニーのムチに平然と。偉丈夫だ。しかし、トニーも
身が軽い。ムチを絡め取られても、逆らわず交わしている。良い勝負。
力のルガーと、技のトニー。五分五分。

流石に総統、「待った」をかける。「任務があるので」その場を去るトニー。

「何故、このようなことをしたのか?言ってみろ。」
何かある、と思い、ドップラー。ルガーの話を聞く。
「ルドン隊長、パウル副隊長亡き後の部隊を自分に任せて欲しい。
必ず、ハーケン部隊に劣らない実績を上げて見せます。」

その心意気を気に入った総統。その場でルガーを「新隊長」に任命。

総統が退出の後、「力が抜けた」ルガー。気力で持たせていたとしか。
「ハーケン。このムチのお礼は必ず返す。その時は、このルガーが
お前に取って代わるときだ!」

ジャスダム基地会議室にて。
「宇宙船としてのジャスダム」の説明。
「パルサーコズモエネルギー」で動くこの艦は、補給無しで地球から
プロメテまでいけるだけの馬力があるという。なので、ドップラーの
「プラネスター」が先発しても、十分追いつけるだけの余力はあるという。

「ぷラネルターには、スーパーウランが大量に必要だ。
ルガーよ、スーパーウランを奪取せよ。」指令が下る。
ルガーの漢気に、命をかけるという、部下達。

「スーパーウラン基地にメカサタン出現!」サテライザーに出撃指令が。
急ぐタクマと秀人。
「第一ラウンドは取ったぜ!」どうやらガードランチャーの座を争っていたらしいw。
第2ラウンドは譲らない、と秀人。
「チーフだからといって、安心するな!」だそうですが、

チーフ、といえば、このお方かとw。
http://jp.youtube.com/watch?v=wD0h9co0xu0

「炎をもっと燃え上がらせるために、あなたたちは戦い続けるのね。
…炎の闘いを。若者の闘いを。」

スーパーウラン基地。早速サテライザー内でバトル開始。
ダンガードAに「合体」。二人の闘いが始まる。
スーパーウランを積んでいるはずのメカサタン。爆破せずに、捕獲。
「今回は、俺の勝ちだな。」タクマ。その時。背後からの攻撃で
目をやられてしまう。
操縦を切り替えて、秀人がメインを取る。敵、いきなりダンガードの
周りを旋回。そして、電撃。

新生メカサタン部隊の底力。翻弄されるタクマと秀人。
電撃に苦しみつつ、起死回生の一撃を食らわす秀人。
炎に包まれつつも、諦めないメカサタン部隊。特攻を
かけてくるが。

ミサイルで爆破。

タクマの目を心配しながらも、第2ラウンドは俺が取った、と秀人。
「今日の試合はドローだな。」

基地に帰還するサテライザー。しかし、その背後にはまだメカサタン隊の
生き残りが。

どうやらレーダーで関知していたらしいキャプテン。サテライザーから
降りてくる二人に、
「降りてくるな!」と駆け寄るが、時既に遅く;。
サテライザーを駆るキャプテン。
「すばしっこい奴だな。」攻撃され、火を噴くメカサタン。

「このときを待っていた。基地をでた時から。もとより
帰ることなど考えておらん!」ジャスダム基地に体当たりを
仕掛ける!

「しまった!」敵の思うところを察知sしたキャプテン。だが、
間に合わず。
「ここから攻撃すれば、基地に当たってしまう!」
「セーフティシャッターを下ろせ!」基地にも緊急指令が。
もはや、激突は避けられない事態。
「メカサタン隊に,栄光あれ!」

激突。基地の中では、衝撃で吹き飛ばされる。
前面破壊。被害は最小限にとどめられたが。

現場に駆けつけたタクマと秀人。そこには、
「操縦桿を握ったままの腕」が落ちている。
(それ以上は枠外ですが、恐らくは腕のみかと)

それをみて、愕然とする二人。
『よく観るんだ、二人とも。』

「ハーケン特別部隊に続いて、新しいメカサタン突撃部隊の
姿だ。」
「第一ラウンドはタクマが、第2ラウンドは秀人がとったそうだな?」

「はい」ユニゾン
する二人。

「馬鹿者!」ビンタ炸裂!
「そんなのんきなことを言っていられるほど、敵は甘くないことが
判っただろう!」
言い切って去るキャプテン。

「今度こそは…誰にも負けない!」心の中で叫ぶタクマ。
それを観ているしかない、リサ。

どちらも「プライドかけたライバル争い」なのですが、
「スポーツに逃げた?」感があるタクマたちと
命込みでプライドかけたメカサタンチームと。

比べればどちらに軍配が上がるか、ですが。
もしかして、ルドンさんは「こういう部下達だからこそ」
死なせたくなかった、と思いたい。

しかしな。ハーケン隊もメカサタン隊も、どちらも
「特攻」なんですよ、最後は;。

にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへなかのひと

続きを読む "惑星ロボ・ダンガードA#31.(東映プレミアBB配信)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メイちゃんの執事 #1.

「女性の願望叶えるイケメン執事たち!!」

前評判が一部で高かった作品。
「イケパラ」を脱落した自分的に観ました。

天道と野上が兄弟で、執事さんたちにゲキ青・偽青の双子とか、
名護さんとか、フルート青年@ゴーオンジャーとか。

あと、役的に判りませんでしたが、ゴウライ兄者とか、
ロギアとか、スワンさんとか。

お嬢様な女生徒の一人に、菜月、というか、異月というかも
いらっしゃるし。

まあ、その方面的には豪華キャスト。佐藤君の金髪ですが、
そういえば、この間の「電王」映画でもこんな感じだったかな、
でした。

さすが、このあたり経験者は、些細出会ってもアクションシーンが
綺麗に決まってます。

水嶋君は。天道が執事業に就職したらまんまこんな感じ?でした。
最初の登場時。後光をしょってくるところなんざ、マジそのものw。
全てにおいて「完璧」だし、何よりも。

世界レベルのシェフの腕前を持つ、でしたっけ?このあたりで
思いっきり「天道」確定してしまいました;。

物語は、王道少女マンガかと。お嬢様女子校ならではの新入り
いじめとか、まあお約束でしたが。(でも、気分は悪いですが)

しかしな。うどんを器ごと床に落すのはNGでしょ、絶対に。
これだけで、あの女子を制裁する理由は十二分かと。

両親亡き後の家を、うどん屋の店舗ごと爆破とか、
「お母さんのお骨をお父さんと一緒にお墓に入れたいならば、
この学園で立派なレディになれ。」という、祖父さんからの
挑戦とか。そして、学園内の謎のラスボス。

闘うヒロイン。サポートするイケメンスーパー執事。
燃える展開。このあたりが特撮っぽいかも。

とりあえず、視聴続けます。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (9)

鋼殻のレギオス #1.

「意識を持つ都市」

今期始まる作品で、期待していた一つ。
OPが朝倉大介、ということもあり。

冒頭。
「ナウシカ」の「王蟲」みたいなのがわらわら。あっちと違い
こっちは勘弁。
たくさんのキャラクターが登場なんですが。

とりあえず、様子見します。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (6)

しゅごキャラ、どきっ!#65 .

「雪の日はないしょでいっぱい?」

OPが変わりました。あむちゃんだけでなく、歌唄さんや
イクトまでもが「キャラじゃない」踊りに参加させられています。
で、盛り上げ役が、「何でもこなしてしまう」ルル山さんこと
ルル・ド・モルセールさん。頑張れ、後発キャラ。

ということで。
前回より、いきなりベッドの中にイクトがいたあむちゃん。
そりゃ、驚く罠。で、どうするかというと。

観察するw。(おい)こんな機会は滅多にないし。
でも。

やはり、親には相談すべきじゃないか、と思うわけです。
今回の場合、「体力つきて」、知り合い関係皆イースターに
チェックされてるから、仕方なしにノーマークのあむちゃんの
部屋に飛び込んできたわけで。

とりあえずあむちゃんはまだ小学生なわけだから、何をするにも
大人の力を借りないといけない年齢ですし。

そもそも。イクトの身に何かあったらどうするのかと。

で、何をしたかというと。

妹にせがまれて、校庭で雪だるまを作るはめに。

やってきたら、ガーディアンのみんなと合流。
盛り上がってしまって、結局夕方までいることに。

イクトがお腹すかせてるはず、ということで、チョコ味の
たい焼きを買って帰るあむちゃん。

ベッドにいない?と思ったら。

お母さんの目をくらまして、クローゼットの中に隠れたらしい。
あむちゃんが「チョコ味好き」を覚えていてくれたことに
喜ぶイクト。

、「変態談義」ですが。

窓が開いているからといって、女子小学生の部屋に忍び込んで
ベッドにもぐりこむほうが変態かとw。

で、この関係。続きます。女子小学生が、親にないしょで
男子高校生を軟禁ではなく、「飼う」という。
…こうかくと、なにやら目茶区茶猟奇的作品に聞えるから
不思議;。

OPのカットでも、「両手に花」なあむちゃんでしたし。

思いっきり、女子ドリーム全開!で良いのでしょうか。
(何かが間違っている;)

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (4)

RIDE BACK -ライドバック- #1.

「深紅の鉄馬」

新作です。

アバンはバレエシーン。これだけでも圧巻。つか、
このレベルで山岸凉子先生の「アラベスク」アニメ化
希望
、などと一瞬考えてしまいました;。

でも、これはイントロで。事故で足を負傷し、バレエを諦めた
「天才バレリーナ」だったヒロイン・琳が、大学のキャンパスで
ひょんなことから「ライドバック」に乗ることに、という話。

導入がうまい。というより、女子がメカを乗り回す、という
いかにもなネタを、「必然」に持っていく段取りが良いです。

ライドバック、とは。
三次元変形するバイクに似た、人型ロボット。」
だそうですが、思い出すのは、
『機甲創世記モスピーダ」
「メガゾーン23」の「ガーランド」
とかだったり。
これらは人型に変形・装着するものですが、女子がまとうといえば、
フーケ・エローズの「バートレー」以来?
とにかく、今の技術でよりリアルに見せてくれるとあれば、
期待大。

で、『エンジントラブル』により、制御不可になったライドバックを
バレエで鍛えた身体能力で乗りこなす琳。ついには「飛ぶ」ことに
なってしまいましたが。

ものすごい飛翔感。

「女の子がバイクで飛ぶ」シーンといえば。
自分的には桜野マリ@勇者ライディーンで、
「一時的に失明状態になった洸を、ライディーンに
『フェード・イン』させるために、スパーカーを駆る」
所かと。
(これは、洸がマリに頼むんであります;。よく考えたら
かなり無謀ではありますが。それなりに彼女の身体能力に
賭けたとしか。)
それ以来かも。

とにかく、来週以降が楽しみです。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (12)

屍姫 玄 #2.

「我が敵」

「性はその人間が生まれてからずっと心の中で膨れ上がってきた思い。
自分ではどうにもならないその人間の根源」
「未練は、死ぬ間際のかすかな執着。」
「未練ごときで俺達を倒せると思ってるのか?性も持たず、未練だけで闘うか。
見込み違いだったな。」

「割れた…鏡。」

オーリのおかげで「呪い」が解けたマキナ。
その彼女を「七星」が襲う。
「光言宗の本山か。あまり長い時間はやばいな。」

「貴方は何しているの?何のために闘っているの?」
マキナに詰問されるオーリ。しかし、監査官の本多登場により
中断。

『光言宗の僧は悟りを開いてるから、「屍」になるはずがない。』
実は赤沙に勝手にやられてそうなったのですが。
どさくさにまぎれて、
「一般人のオーリ」と「屍姫のマキナ」のせいにしようと
してましたし。
「全てなかったことにするつもりか?」その通りw。

「玄白」と異月登場。誘導尋問でオーリが「縁」を一時的にでも
結んだことを自白させるが。

「陣地」を使い姿を消し、マキナたちの下に来る七星。さっきの二人は
置いてけぼり。

マキナ、敵の登場に襲い掛かるが、「蟲」に絡め取られる。
七星は、「未練」だけでなく「性」もまた戦う原動力。
だから普通の「屍」よりも強い。

本山では。梅村、動く。

狭間。オーリが、マキナを愛してることに気付く。
屍に惹かれる、という性。そんなオーリに興味を持つ。

それでも、マキナは。
「景世を守れなくてごめんなさい。」だし。

景世を殺したのは七星。マキナの怒りが爆発。それだけで
狭間を圧倒しますが、北斗に弾き飛ばされる。

「北斗には、未練も性もない。ただ、相手を知りたい。
関わりたい。だが、それは相手を殺すことだがね。」

狭間に捕まったマキナ。諦めかけたその時に、
梅原登場。また、玄白・異月ら「関係者一堂」勢ぞろい。

「空気を呼んで」七星と赤沙、退場。
「さらば、愛しい敵。でも、こうなることも、
我々のつけた道。」
マキナが「敵」として成長したことを
喜んでいるような狭間。
しかしな。本多。「雑魚」ですか、「雑魚」w。

マキナも、やっと「七星」を最終の「敵」と認めて。
やっとこれでマキナもオーリを「契約僧」として動けるかと。

マキナの中の人は、結構うまくなっているかと思います。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (9)

NHK大河ドラマ「天地人」 #2.

「泣き虫与六」

「私が身につけたものを、全て伝えてやりたいのです。」
(姉・仙桃院に語る輝虎。)
武将でなくても、父親なら誰でも「自分の後を継ぐ」息子には
そう思うはず。

ということで。本編。
第二回目ですが、子役メイン回はどうやら今回が見納め。
「こんなところに来とうはなかった。」という与六。
口が重く、小姓たちにも「笑った顔を見たことがない」と
言われる喜平次。

この二人が、いかにして「終生切れることのない絆」で結ばれるか。

それにしても、ネットの反響は凄かったです。と、今まで大河から
手を引いていた自分が言うのもなんですが。視聴率もかなり良いとか。
やっぱり、戦国物は良いですよw。

一番幼いこともあり、なかなか周囲とうまく行かない与六。その中でも
一番厳しいのは、喜平次。

しかし、健気というかなんというか。
お館様から貰ったお菓子を
「美味しいから、母様に届けて下され。」と、様子を観に来た
父に預ける与六。で、お母上も、
「もったいなくて」と取って置かれる。(与七はさっさと食しているところが
また子どもらしいw)親子です。

仙桃院さまは、先行きが心配なようですが、和尚さまに
「見守るのも忍耐。」と諭されたり。

冬。越後は大雪に埋もれる。
この雪が解けたら、春日山へ、喜平次を引き取って育てたい。
何故なら。(以下、冒頭へ)そして、あの与六も。
彼が気に入ってるらしい、輝虎。

そんな与六。ますますかたくなになり、回りの手伝いの手を拒む。
和尚に罰をくらい、夕飯を抜かれても。

そんな与六を気遣い、おにぎりを差し入れようとする喜平次。
しかし、
「こんなところに来とうはない。」「喜平次の小姓になど、なりたくない。」
といわれ、気を落す。

その夜、寺を抜け出して、豪雪の中、母のいる家へ帰る与六。
如何して良いかわからない喜平次。和尚に、
「与六を家臣として良いかどうか、決めるのは貴方様自身。」
といわれ、与六の後を追う。

吹雪と積雪の中、与六は家にたどり着く。
母。一度は抱きしめたわが子を、
「お前は越後にやった子だから。」と突き放す。(涙)
扉を閉め、わが子を雪原に追い出す母。
「母上!」泣き叫ぶ与六。

そこへ着く喜平次。
戻れ、と命ずるが「疲れて歩けん。」と、あくまで拒否。

喜平次、背中を見せ、自らおぶってやる、と。

心配した母が、扉の隙間から見たものは。

月の光に照らされて、光り輝く、わが子を背負っていただいてる
喜平次の姿。

誇張があるかもしれませんが、母親的にはそう見えていても
おかしくないです。

「お前が寺に来てくれて、嬉しかった。」と離す喜平次。
「わしのそばにいてくれ。」

その言葉に涙する与六。

「自分は泣かない。上の立つものが泣いてはいけないから。」
と喜平次。その言葉を察する与六。
「そばにいる。」

「では、そなたとわしは、何があっても一緒じゃな!」
「はい!」

幼い頃に結んだ絆。これが始まり。「初恋」に見えなくもないですが、
あながち嘘でもないかと。

ということで、一気に時がたち。
(経ち過ぎです;尺がないのはわかりますが、せめてもう1クッション
あるべきかと。)

与六は妻夫木くん…基、兼続に成長。前髪が現代風にみえなくもない
ですが、まあ、遜色はなし。

武田の高坂弾正を見るために無理したら、怪しいものとして追いかけられて
しまうし;。

時は、信長の天下統一への時代。藤吉郎がかなり老けてる;。
そして、「お館さま」景勝登場。

何でも、子役回はここで終わり。放送も、11月一杯で終わるとか;。
大人の役者さんへのバトンタッチはうまく行ったと思います。
ですが、「殿の初恋」というサブタイ。景勝の中の人敵には
かなり厳しいw。

どこまで戦国時代の人間関係把握できるか、ですが、何とか頑張ろうと。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (8)

機動戦士ガンダム00 2nd season#14.

「歌が聞える」

新OPです。レギュラーがやたら裸になっていたような
気がしましたが;曲そのものは結構良い具合だと思います。
ただ。ラストでマイスターズがバラバラの方向へ歩いて去ってるのが

いずれこういう日が来るのは判るんですけども。こうやって絵で観ると。

で、本編。
・ブシドーさん復活。カタギリさん渾身の新型MSは
「マスラオ」…やっぱり、「ブシドー」気に入ってない?
しかし、これに「隠し玉」が装備されてるというし。
いや、楽しみです。出来れば「語録」に何やら追加してくだされば
直のことよかったのですが。

カタギリさん。これを機会に、女子を見る目を養ってくださいませ。

それはさておいて。
トレミーは地上に落下。刹那の00ガンダムははぐれてしまい、
地上へ向かうが、故合って中東へ。そこで幼い頃に見た「0ガンダム」の秘密を知る。
連邦政府は既にアロウズの傀儡。そんな中、連邦政府に
クーデターの動き。ハーキュリーさんはセルゲイさんにも
参加して欲しくて、どうやら接触を図ってきた、ということ
かと。

まあ、メメントモリで一国破壊するようなことすれば、避難の声も
上がるだろうし。当然の流れですが、これがカタロンとかに合流
するかが今後の観るべきところ。

「なんじゃこりゃああああ!」イアンさんの、トレミーから
外を見たときの第一声。松○優作を思い出した、というのは
おいといて。

とにかく、損傷が激しいトレミー。
スメラギさんは、アレルヤに、マリーを巻き込んだことを謝罪。
「二度とこんなことはしないで欲しい。」ときつく注意しましたが。
この状況で、戦場に同行させてるのは自分なんだから、人にどうこう
いえないのでは?と思ったり。

カタロンと連絡を取っているライルのところに、アニューさん。
アロウズがトレミーの場所を正確に把握していたのが気になるという。

彼女はライルを疑ってますが。どう見ても、貴女が怪しいとしか
しかし。何気に良い雰囲気なのが;。アニューさんは、何も知らないっぽい
みたいだし。(でも、イノベイターだからな)

で、カタロンは、クーデター情報を把握、と。さすがジャーナリストが
いるだけあるわ。

ネーナから、トレミーが地上に不時着したことを聞き、早速向かった
刹那だが。衛星兵器によるクレーターのそばにいた。
そこで出会う、サーシェス。彼は、さらに
「今の大将が、お前に会いたいって言うんでな。紹介するよ。」

リボンズ・アルマーク。
彼こそが、11年前の「0ガンダム」の操縦者だったという。
「目撃者は始末してたんだけどね。」刹那の目の色が気に入った、
という。

やっぱり、リボンズさんもMS乗りでしたかw。というより、かの闘争は
0ガンダムの性能実験だった、と言い切るところが。

でリボンズさんが、刹那をヴェーダに紹介し、ガンダムマイスターにしたのだと。
全ては観音様の手の内の中?

「あれは僕のものだから、返してくれ。」
00ガンダムのことらしい。どうやら、予想をはるかに超えるバージョンアップに
危機感を感じたのかも。

「断る。」銃を向けるより前に被弾した刹那。どうやらサーシェスにやられたようですが、
彼は彼で、「戦う相手」がいなくなるのは嬉しくない。決着をつけないと。

MS戦。刹那、対ファングに苦戦しますが。そんなときの00.

トレミーにも、イノベイターが襲ってきます。
リヴァイブとブリングが。こちらもティエリアとアレルヤが応戦。

アレルヤとリヴァイブ。結構苦戦。そして。
ティエリアとブリング。イノベイター同士の闘い。
しかし。
ティエリア。「僕は人間だ!」
セラヴィーから「セラフィム」ガンダムへ!またも「変形」。
すっかりティエリア機の「顔」ですねw。GNフィールドまで
破る、その力。
ブリングはここで退場の模様。

刹那。GN粒子を撒き散らしたその時に、またもや奇跡。
マリナ姫と、カタロンの子供達による「歌」が聞える。
サーシェス機の懐に飛び込み、爆破。恐らくアリーは脱出。

「『歌』で世界が変わるとでも?」@シーリンさん。マクロスなら
変わりますが。(おい)ここはガンダム世界だからな…。また別の
アプローチがあるのかも。
(といっても、「種」ではラクスという歌姫がいたにも関わらず、
それだけにとどまりましたので。)

姫、少しはヒロインの面目躍如。

ブリングによく似たティヴァンに、
「これはあなたの乗るMAです」と『エンプラス」を紹介されたルイス。
ルイスはそこまで「能力」があるのかと心配ですが。
いずれにせよ、あまり良い予感がしないです。これに関しては。

次回、「反抗の凱歌」またも歌がらみ。マリナの見せ所、だったらいいなあ。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (23)

Yes!プリキュア5GOGO! #46.

「絶対絶命!没収されたプリキュア5!」 

「貴女と私は、似たもの同士なのかも知れない
わね。」

自らが倒したミルキィローズを見下ろして。

タイトル。プリキュアさん的にはこれで良いのかもしれませんが、
正確には
「悪の華・アナコンディ散華」と言い切るべし。それくらい、
蛇姐さんがメインでした。つか。

アナコンディ、という一人の悪役女性幹部の最後の花道の
ために、プリキュアさんたちがいたというか、何というか。

女児向け販促アニメにおいて、敵役女性キャラがここまで
クローズアップされたのは、かなり珍しいかな、と。
もちろん、昨年度のラスボス様であるデスパライア様も
居られましたが、彼女の悩みには支えてくれるカワリーノさんが
いましたから。

で、ついに姐さんの正体お披露目。

かっこよすぎる。何気に爆乳だし。(おいお)
(ええ、このままキャシャーンSinsにでて欲しいと;)

彼女に対峙するのは、ミルキィローズ。
「私が、貴女の相手になるわ。」
そういえば、彼女単体と姐さんでは力に大きな差が。
それでも、「自分の仕事」と覚悟するミルキィさん。

忘れがちですが、彼女は「プリキュア」ではありません。
「青い薔薇」の力を授けられた「パルミエ王国の住人」。
そして、「王様二人のお世話役。」決して表に出ない役回り。
ただ、王様達のために。

そういう意味では、蛇姐さんも同じ。
エターナル館長のため、ひたすら博物館コレクションを
収集してきた。でも、振り向いてもらえず、館長は
キュアローズガーデンというか、フローラさんだけしか
観ていない。

いつまでも、報われない想い。そんな時、
フローラさんからの、館長への手紙。

館長に渡さずに、隠し続けた。

それを見つけたのは、モモーイさん。
彼が前回で退場ではなく、なんとか生き延びていたのも
驚きでしたが、せっかく大事な手紙を届けたのに、
あっさりと処分…館長も大いに問題ありです。
今更ですが。

モモーイさんをエターナルに送り届けたブンビーさん。
意外にもキーマンになるかも。

「同じじゃない!私は自分のために闘っている」
ミルキィさんの反論。これはガチ。
確かに、彼女は見返りを求めて「追加戦士」しているわけでは
ありません。あくまでも、「自分の意志で。」
プリキュアさんたちがいなければ、彼女もまた姐さんと
同じ道を辿ったかもしれないですが。

甦ったシロップの記憶。
闇の中、拓ける光。その向こうに、あの女の顔が。
フローラさん。
彼女がシロップを、ここで育てた。少なくとも、
「育ての母」は確定。でも、館長が「鳥形態」であるのも
判っているので、もしかしたら、そういう可能性はある?

彼女から館長にあてた手紙は、種3つ。
悪いけど、説明書くらいはあったほうがw。
あれでは、誰でも怒ります。(違う?)

現場に赴いた館長。姐さんに対して。
「伝説の戦士・プリキュアをコレクションに入れたい。」

ホシイナーとプリキュアさんたちの戦いに巻き込まれ、
かなりの力を使い切った今の状態では、
「そのための作業」は命を削ること。しかし、
「館長の命令」ならば。もしかしたら、今度こそ。

「メデューサの力」でプリキュアさんたちを石化。
あっさりと「処理」されてますが、経験値の差か。

館長。それでも。
用済みになった姐さんを、無造作に「捨てる」のでした。

…こうやって観ると、フローラさんも大概だな。
「シロップは悪くない!悪くないんだから!」と言っても
転がった石は止まらないです;。
(中の人繫がりで、キャシャーンネタ再び;)
そういえば、早くしないとフローラさんに『滅び』が
来るとか来ないとか。@王様達。←ははは;

個人的に、石化プリキュアさんたちの台座が何気に
食玩のそれなのが;。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (2) | トラックバック (13)

仮面ライダーキバ #47.

嶋さんは、生きていた。(おい)
しかも、「人間」として。何でも、再オペで
ファンガイアから「元に戻した」のだそう。

えーと、そんなもんなんですか;まあ、マスターの喜び方が
尋常でなかったですから、まあいいかな。何せ、「影珈琲」を
お供えしてたくらいでしたから。

、「大牙を救ってやってくれ。あいつの優しさが云々」
言われてましたが。
もしかしたら、
「元に戻してくれたから、優しいところもあったんだ。」
とか思ってません?>嶋さん。

少なくとも、大牙の優しさは、そのようなものではないと
思うのですが。

その大牙。
アバンでの兄弟対決で、弟に敗れる。その結果。
重役会議で、社長の座を追われる。
婚約者を失い、父は幼い頃に失い。(まあ、あれですが)
弟も失い、母親でさえも自ら手を下し。
(って、真夜さんがあの程度で事切れるとは思えませんが。)

残ったのは、「キング」の座だけ。

渡にもドラマがある、というより主人公なんだから、物語が
あるんですが、どう観て大牙の方が悲劇のヒーロー。あれだけ
欲しがっていた「闇キバ」の力、「母親殺し」という、
深く暗い「心の闇」を得ることと引き換えに手に入れたような
物だし。

渡は急に「心が強く」なったらしく、素手でファンガイア倒したり、
「目力」で追っ払ったりしてますが。なんだかなあ、です。

ついには、城ドラン内にて、先代キングとほぼ同じコスプレ!して
たり。(いや、コスプレでしょ、アレ。)

おまけに、ナイトメア×3まで無理やり膝まつかせてる。
…無理感じてます;。なんせ、いきなりでしたからね、
強くなったの。

で、名護さん。「目が見えなくなった」のを明るみにされた
くだりは秀逸でした。が。

「私が貴方の目になる。」を恵が言うとは。しかも、
戦闘場面において、
「○時の方向から襲撃!」って;戦艦同士の闘いじゃないんですから。
そりゃ、限界ありますよ。

そんな中、ぶれてないどころか、むしろラスボスとしてグレードアップ
したビショップ。先代キングを甦らせるために、人間のライフエナジーを
集めてます。

ということは。「自称」キングのキバと、ダークキバ=サガと、
甦った先代キングとの、「キングの闘い」になるはず。

最終回にはふさわしいイベントですが。
大牙には少しでも幸せな結果になって欲しいと思います。
(まあ、厳しいですが。)

今日、某デパートの玩具売り場にて。
「キバ」関連グッズが値引きの山でした。ちなみに
ゴーオン関係は見当たらず;

にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ なかのひと

続きを読む "仮面ライダーキバ #47."

| | コメント (0) | トラックバック (18)

炎神戦隊ゴーオンジャー#46 .

「家出ボンパー」
そろそろ締めに入らなければいけない時期であるにも関わらず、
いまだにゆる~い展開。でも、それが良いw。

ガイアーク反応を感じられなくなった、と悲観したボンパーは
家出をする;。探しにでる蓮と早輝。こういう「心配り」な
ポジションは、この二人が適任。(特に蓮のオカンぶりは。)

で、ウガッツさんたちも偶然「家出」というか、ストライキ?
しかも今回のダンベルバンキさんは、ウガッツさんが最低2人は
いないと、「重過ぎる腕の遠隔操作」が出来ない、という;。

しかも、電波が届かなくなるとNGって;。
どーいう設計してるんだ?としか言いようがないのですが。

とりあえず、ガイアークさんたちは、「ヒューマンワールド」
侵略ではなく、「暇つぶし」に来ている、という、他のブロガー
さんの意見は、結構当たっているかも。つか、ほぼ同じ意見。

で、その「からくり」を見抜いたボンパー。操縦不可になった
ダンベルバンキさんは、本当に腕が重しw。これで自信復活
したボンパー。またみんなの「心」が繋がった、ということで。

最後に登場した謎キャラ。次週の敵さんみたいです。

ところで、ラストの小ネタ。
「黒も緑金も銀もないんだよ」って。ひそかに金兄の中の人ネタに(笑)。
(判ってるよ、スタッフはw)

かのVS映画ですが。チラシによると、ゴーオンジャーさんたちが
ゲキさんたちに「弟子入り」するらしい。うーむ。

なかのひとにほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

| | コメント (0) | トラックバック (12)

トミカヒーロー・レスキューフォース#40 .

「寿里がふたり? アイドルだってレスキューしたい」

もしかしたら、寿里メイン回で一番秀逸だったのではないかと。
アイドル「恵理」と瓜二つの寿里。しかも、恵理は「人を助ける仕事」志望と
いう。
寿里は午後から公休。入れ替わっちゃえ!と言うことで。
(しかも、提案したのはレスキューフォースサイド;)
「アイドルに変装」した寿里、午後のお仕事
「ユーレイのレポート」に出たら。

実はネオテーラさんたちの変装。つか、真円ちゃん、まだ生きてましたかw。
本部に報告後、捕まってしまう恵理、もとい寿里。

ここで「レスキューフォース」とばれてはいけない。
本部でも、恵理だということがばれてしまいましたが;。

処分は後回しにして。恵理本人の意向もあり、
「替え玉」作戦続行。

「恵理」は人質で縛られてます。《お約束》。
R3として名乗る恵理…まあ、アイドルポーズなのは
仕方ない;

「人間は、3人はそっくりさんがいるから」@三人組。
まあ、アンドロイド@量産型はそっくりで当たり前ですから。
替え玉がばれそうになった頃。

マネージャー・姫野美咲女史が大活躍!
《実はあけぼの町@リュウケンドーに、似た人が
いたな、と思っていたら、ご本人だったらしい;》

結局、うやむやになりましたが、恵理が捕まりそうに
なったときの、寿里の。
「火事場のスーパーパワー」@アイドル版
程シュールなものはない、と。
《アイドル姿でコンクリ板を投げ飛ばしますから;》

後の巨大戦は、其れこそ今やってる劇場版を彷彿とさせましたが。

後始末。レスキューフォースのメンバーは公休1日費やして、
絵里さんを特別講習することに。ペナルティではないですねw。

(余談。総司令は其れこそ、このような『1日署長』なお仕事を
よくされていたような気がしますwww)

なかのひと にほんブログ村 テレビブログ 特撮へ

| | コメント (0) | トラックバック (7)

鉄のラインバレル#13.

「流れるは血、失うは涙」
いつも自分とこのエリアでは一週遅れだったのですが、年末進行の
おかげで、どうやら追いついたみたいです。いやいや、これからは
怒涛の展開。

本編もそのようです。
医療室へ運ばれる絵美。
そして、石神死亡。生き延びると思って
ましたから、意外です。

それでも。JUDAのメンバーの「父親的存在」であった彼です。
残されて他のメンバーの喪失感はただ事でなく。
石神の好きな「散らし寿司」も、手をつけられることなく
廃棄。泣きながら散らし寿司を始末する緒川さんが。

そんな間にも、桐山は国会・マスコミ・交通機関の全てを
掌握…すなわち、「日本の中枢」を全て押さえた、と言うことに。

桐山、TV中継にて。
私を閣下と呼べ。」
おい;。似合いすぐる。
《久しぶりの速水奨ですw。素晴らしいww)

迅雷部隊も当然、桐山の傘下なのですが、かの「乙女座37歳」さん
以下5名脱走した模様。
良い体してるから隊長にしてやったのに。」って;
そんな理由ですかい;。でも、
どうせ連れ帰っても、言うこと聴く訳ないから。
殺しちゃっていいやw
。」←恐ええよ;。

森次も、そして道明寺も桐山に合流。JUDAの後始末が
最初の任務になりそうで。

JUDA,あっという間の窮地。急展開も良いところ。
加藤機関、桐山たちと手を組み。
何やらたくらんでます。《大体判りますが》

絵美は、「ラインバレルを黒くするような動かし方」を
したせいで、回復が遅い模様。

予想通り、加藤久嵩が
「民主主義日本は終わり、不沈空母日本の始まり」
を告げる。つまり、
「今から世界制服を始める」の宣言。しかも、
「世界に『線』を引く」という。
「生き残りたいなら、未来を想像しろ」
で、日本新政権は、桐山が総括する、という。
「無能な官僚や公務員たちを全部放逐して」というところ
には、まるっと同意!でしたけどもwww。

「選ばれたものの世界を築く」敵役のテンプレです。でも。これ。
独裁国家でもあるんですね

「新政権」の最初の任務。
「JUDA」を反国家団体とみなし、組織解体とマキナの回収。
特務室メンバーは、無抵抗で投降するなら、手出ししない。

「そんなわけないでしょ?」

浩一は闘うことを決意。「正義の味方」だから。
最初は、道明寺と一戦。

最初は道明寺の裏切りに腹を立てていた浩一。しかし、
「逃げろ」の忠告を。
そのとたん、現れた桐原のマキナ=飛行態変形可能の
「プリテンダー」登場!道明寺に攻撃を仕掛ける。

「踊れラインバレル、僕のために!」
その攻撃は、巧妙かつ残酷。
「内なる恐怖に支配され、死に到る」もの。
ラインバレルごと「これまでか」と思った、その時。

絵美、目覚める。そして、ラインバレルに駆け寄り、手を当てると。

再び黒化。そして。
いない。

どこかへ転送したのか?
「プリテンダー」の振り下ろしたサーベルはむなしく
地面に刺さる。

「テレビはいつもおかしいでしょ?」@理沙子ママ。何気に
凄い発言でした。

しかし。すっかり先が見えなくなりました。
どっちへ行こうとしているのか?この作品は。

蘇生措置を取られてるのは、矢島?。

「逆らうものはぷちっといっちゃうよ、
ぷちっとね。」…速水氏の本領発揮(おい)。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (16)

惑星ロボ・ダンガードA#30.(東映プレミアBB配信)

「火花を散らす闘魂」
http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item014248_0020.htm#story

「尽きぬものは、希望と欲」
いろんな意味で、秀人ageが続くジャスダム基地。ダンガードAの
チーフパイロットは誰なのか。

と、真面目に書いて、改めて本編を見直すと。

タクマが寝巻き着ないで寝ている。(おい;)←サービスかよ;
太郎にシーツ引っ張られている。←日7枠で何やってるんだ;
起こされたらしい←いろんな意味で喜んだ人たちは多いはず。(あの)
…緊張感ないんですが;と言うより、アバンがマジなカットだったくせに
と言いたくなる。

実は、荒木氏作監回のときは、姫野さんと本橋さん(現在はXEBEC M2代表)が
原画を担当されていることが多かったのですが

そのときのタクマは、妙に「いじられて」いたことが多かったみたいです。
この回もそんな感じ。

何があったのかと言うと。タクマが寝坊している間に、秀人は既に自主フライト
のメニューをこなしていた。で、その事実はキャプテン・ダンに既に見つけられて
いて、
「敵はさらに腕を上げているぞ。」と忠告された。以上。

で、ハーケン部隊の演習シーン。
「演習と思うな。実戦だと思え!」@トニー。比較すると、ますます
タクマの立場が(ry);。

ハーケン含めて、ガチ美形ぞろいだな、と思っていたら。
「負傷者には救援は要らない。」
「自力で帰れなければ、緊急処置第2号を適応せよ。」

これ、すなわち「捕縛されるくらいなら敵を道連れにして自爆せよ。」
もったいない。せっかくのイケメン部隊が;(違うか;)
でも、また次のイケメンズが補給されるそうですから…贅沢だ;
資源の無駄遣い過ぎる。(違う!)

で、ジャスダム基地に「未確認飛行物体情報」が。
さっきのハーケン部隊の一人が、不時着しつつあるらしい。
早速、出動態勢のタクマと秀人。

秀人が今回は、ガードランチャー担当らしいが。
伴太がとがめる。
「タクマの方が腕前は上だ!」それに対して、秀人。
「キャプテンが言っていた。まだ、ダンガードAのチーフパイロットは
決まってはいないって。」

…声の質がいつもの「古川節」になってきました。ついでに表情も
ふてぶてしくwww。良いぞ、もっとやれw。

「何をしている!」キャプテンの声。伴太がタクマをガードランチャーに乗せますが。
秀人の
『今回は譲ってやるけどさ。』な表情が不敵ですww。
「生意気な奴!」伴太の感想。つか、こーでないと駄目でしょ。パイロットたるものは。

現場到着。相手は明らかに脅威となり得る敵。しかし、負傷している。
近づいて、様子をみようとするタクマ。
「相手はハーケン特別隊だぞ?そのためにサテライザーを危険にさらしても
良いのか?」秀人の忠告。

「それなら、あたりに敵機はいないから。」心配するな、と言う、タクマ。
一抹の不安を抱えて。

「気をつけろよ」やはり心配な秀人。
操縦席から降りて、敵に接近。一応、銃は持っているにせよ。
「おい、大丈夫か?」抱き起こした、その時。

敵さん、チャンス到来、とばかりに銃口をタクマに向ける。
それにしても、イケメンだw。
最初はみぞおち、そして喉元、さらに。
銃口をどんどん急所へ向けていく。妙に敵さんの表情がエロいのは
たぶん気のせいでしょうw。

相手の気合にのまれるタクマ。間一髪のところを、秀人の機転で免れる。
蜂の巣状態に撃たれ、絶命する敵さん。《もったいない》
「早く離れろ!自爆するぞ!」
そういえば、秀人はハーケン部隊のやり方を観てきたのでした;。
だから、「ささやかな人道的処置」など、彼らには通用しないことを
知っていたと。

基地に帰還した二人。だが、一部始終をモニターで見ていた
キャプテン・ダンは、タクマの「甘さ」をとがめる。

「あのときには、確認する必要があったんです!」自分の行動の正当性を訴えるタクマ。
しかし。
「要らない。相手がドップラー軍団ならば。」取り付く島もなく。

そういえば、タクマは何回闘ってきたか?決して「向こうのやり方」を
知らない訳ではない。そもそも、きちんと事後報告して情報を共有する、
と言うやり方を取ってないのか?パイロットさんたちは。

「人道的には正しかったが、あの相手では命取りだったな。」
では、キャプテンは、タクマをどうしようというのか?

ドップラー基地。帰還したハーケンに、メカサタン部隊副隊長
パウル《野田さんだ!》が直談判に。

「貴方は負傷した隊員を見捨ててきたそうですね?何故、我々メカサタン部隊に
救援要請しなかったんですか?」

「ハーケン部隊には、救助など要らないからだ」
「貴方は我々メカサタンチームを軽く見すぎている。」
「ダンガードAを今だ倒せないメカサタンチームに、救助などとおこがましい。」
「其れは言い過ぎでは?」
「ダンガードAを倒せないくせに、無能者の集団が」
堪忍袋の緒が切れる、パウル副長。しかし、
「我々と肩を並べたければ、ダンガードAを倒してからだ。」と反論された
うえ、ムチで叩かれる。

パウル副長、へチさんに直談判。
「出動要請をください。このままでは、ハーケン部隊に無能呼ばわり
されてしまいます。戦死したグドン隊長のためにも、弔い合戦を。」

…グドンさん、良い部下を。

で、メカサタンは、ドリル野郎と来てるから。
「俺を誰だと思ってる!」まではガチ。天をつくドリルかどうかは
判りませんが。あらゆる硬いものを貫通するドリル。いや、某
グレンラガンもかくやかと?

発電所を、メカサタン急襲。基地を襲わずに、発電所。
「俺達への挑戦だ!」出動要請を請う秀人。しかし、様子見を
すると言うキャプテン。

地の中を潜航するメカサタン。マジで地面をドリルで貫通しています。
火山近くの町を破壊しつつ。

ダンガードAをおびき寄せようとしている。キャプテン、秀人に
ガードランチャーに乗ることを指示。思いっきり勝利の表情の
彼。あからさまになってきましたww。

「タクマに厳しすぎないか?」
「あれくらいしないと。」

町はドリルで大破。
「ドリルは、町を壊すもんじゃなーい!」と言うことで。
ガードランチャーのパイロットの座は、実力で争う。
タクマの言葉に、援護の意思を見る秀人。

しかし、敵のドリル&中のパウル氏は手ごわい。
パウル氏の掛け声と共に、変形するメカサタン!まるで剣鉄也だ!
(おいこr)

ドリルで穴を開けると、硫黄ガスが、ダンガードの操縦席の中まで。
「グドン隊長の敵だ!思い知れ!」ドリルで突撃。硫黄の煙の中。
立ち上がったのはメカサタン。

しかし、パウルの背中には、ダンガードAの武器が。
「俺はダンガードAを倒したぞ…!」満足な笑みを浮かべる断末魔。
事切れ、メカサタンもたおれて炎上。

しかし、そのなかでたたずむダンガード。真の勝者は、こちら。
メカサタンを倒した実績を作った、秀人。
「喜んで良いのか?だが其れは、チーフパイロットの座を
秀人に譲ることになりかねない。」葛藤するタクマ。

グドンさんの件を心配してましたら、きっちりフォローがありましたw。
しかし、あんな美形で熱い副官がいたとは;部下には慕われていたんだな、
と思うと嬉しくなったり。

この時代に、ハーケン隊みたいな「敵」と言うのは、かなり斬新だったのでは、
と思います。今見ても、いろんな意味でそん色ないし。

判ってはいても、タクマと秀人のチーフの座争奪戦が楽しみです。

なかのひと にほんブログ村 アニメブログ 名作・なつかしアニメへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャシャーン CASSHERN Sins #14 .

「真実は闇を照らし」

「キャシャーンは悪くないもん.・・・キャシャーンは悪くないのに。」
「来るな。それ以上、僕に近づくんじゃない!」

前回の続きなアバン。

明かされた真実。それが、どれだけの「闇」を照らせる、というのか。
世界の闇。心の闇。それから。

ルナ殺害実行命令を出したのはブライキング・ボス。しかし、
実行犯はキャシャーンであることには変わりなく。また、すぐに
殺戮モードに入る理由もここにあるので、
「もう、誰も殺したくない」と傷心。

「子どもってのは、どうしてこう真実を見抜くのかねえ。
一緒にいると、滅びが進んでしまう。」
ブライキング・ボス様。
いや、貴方が言う台詞では;。相変わらず高みの見物ですし、
この方。

リンゴ。
「ルナがいる。」と教えてくれた女性ロボットについていく。
キャシャーンがいるはずだから。しかし、そこでディオ軍団に
襲われる。

オージ、リンゴを探しますが。
「わしは、リンゴと暮らせればそれで良い。」とか言ってますが、
キャシャーンたちロボットに対してはほったらかしのような。

一方。ディオ軍団はといえば。《胡散臭いな、このネーミング》

ボスであるディオが命令もしていないのに動く軍団員。
「貴方への忠誠への証よ。」とレダ。苦しい言い訳。
軍団を作ったのはレダであり、自分ではない。気付き始めています。
かといって、レダと離れる訳でもなく。

ディオはキャシャーンと違い、自己修復能力がアレですが。
「観られたら困る。このまま無様な姿を見られたら。」
…軍団のモチベーションに大きく関わってます。なので、
水を差してでも、この場を凌がないと。レダの画策。

以前なら、猪突猛進で闘っていたキャシャーン。しかし、今は
「誰も殺したくない」から傍観。しかし、リューズの言葉。
『貴方がたたかわないから、小さい子供達も殺されるの。』

闘う理由。「正義がある」、ということ。
「弱きものを守る」と言う、大儀名文を持ち。これでリンゴを
助けるキャシャーン。
「貴方は、死なさない!」デレるリューズ。
リンゴとリューズ。どちらもキャシャーンにとっては大事な人。
だから、彼の暴走が止められるようです。

ディオは相変わらず、「全くそっくりのはずなのに、何故お前だけが
いつも一歩前を行くのだ!」という、丸出しコンプでキャシャーンと
闘ってます。
そんな理由では勝てないとは思うのですが。

ディオの身体についた傷を見て、「カリスマの崩壊」を恐れた
レダ、リューズを引き合いにして、退散。彼らの目的は、
「世界の王」になることだけなのか?

ラスト。
「よく集まってくれました。私がルナです。」
まるで「天使なメイドさん」くらいに胡散臭いwww。
とりあえず、フェイクでも「ルナ」が出てきたのは
大進歩です。話と言うか、皆はどこに行き着くのか。

EDが変わりました。これも良い感じです。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (3)

黒執事 タナカのナレーションで振り返る『黒執事』前半戦ダイジェスト。

そうですか、東京・大阪地区限定サービスでしたかw。
得した気分です。(はは)

一応、全部観ましたが、こうやって見返してみると、
結構盛りだくさんな内容だと言う事が。

個人的には、グレルにまた会えたことが収穫だったかな、と。

次回から、後半戦。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (5)

惑星ロボ・ダンガードA#29.(東映プレミアBB配信)

「素晴らしきライバル」
http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item014248_0020.htm#story

行方不明になった秀人だが、意外なところから居場所が判る。
そしてそれは、彼があまり語らなかった、自身の過去をも
明らかにすることに。

タクマもそうだが、彼もまた、「プロメテ計画」に憑かれるべき
パイロット候補である、と。

この回からOP・EDが変更。かの姫野さんによる「伝説の」水彩画風イラストを見ることが出来ますw。OPも動きが鋭くなってます。

「そんなに秀人が大事なら、何故一緒に闘わなかった?」
その場で長時間、秀人の行方を捜したタクマ。しかし、どこにも
姿が見当たらない。
「お前の勝手な行動が招いた結果だ。」
自分の勝手な行動のせいで、相棒となるはずが行方不明に。
「秀人…許してくれ。」一人泣くタクマ。
とりあえずジャスダム基地に引き上げると、意外な知らせが
きていた。

オーストラリア。現場からわずか二千キロのあたりに、
ランドルグ博士がいる。彼は「プロメテ1号」の開発者でもある、
電子工学の第一人者。
大星親子と顔見知りで、今回も秀人を助けたい、
と申し出てくれてきている、という。

大江戸博士はじめ、秀人の「意外な過去」に驚く。
「彼は、自分のことをほとんど話さなかったから。」

「どうしても、自分で秀人を助け出したい…でないと俺は。」
もし、死なせる事があったら。一人泣き出すタクマ。
(神谷御大の演技が凄く良いのですが、何分にも「泣き」の絵的表現が
いかにも昭和なので…;;;)

サテライザーを監視するハーケン隊。
「何か大事なことを見落としているのではないか?」と気になっているらしい。
「常に完璧を求める。それがトニーのやり方なのだ。」
とても満足げな総統。
「5時間も探し続けていたとは?何か重要なものがあったのかも。」
…実は機密と秀人。ハーケン的には前者。タクマ的にはまるっと後者。

ランドルグ博士。飛行艇で海上を探す。浮かんでいるポッドを発見。
機密と秀人は無事。知らせを聞いて安堵するジャスダム基地の皆さん。

「タクマ。お前が行ってやれ。」
喜び勇んでサテライザー発進させるタクマ。しかし、後から伴太とリサ、
タマガーが伴太ビークル(仮)で後追い。
「私が命令した。お前を一人で行かせるほど、信用はしていないからな。」
…賢明ですw。

道中を見張る、ドップラー。想定の範囲内ですが。

ランドルグ博士の下につく一行。秀人は既に回復しており、
「父の形見である」複葉機で一行を出迎える。

博士によって語られる、秀人父=大星隆太郎氏のこと。
彼は「不世出の航空技術者」であったと。「プロメテ1号」も、
表向きは博士の手によるものとされているが、実は大星氏との
共同開発によるものだった、という。

秀人がまだ幼くて、大星隆太郎氏が存命の頃。
お父さんは、まだ小さい秀人を膝に乗せて、複葉機の
コックピットで操縦桿を握らせていた。

「僕、もっとカッコいい飛行機がいい。」まだちいさいこどもなら
当然いうこと。しかし、お父さん。
「どの飛行機も原理は一緒だ。だから、これが操縦できたら、
どんな飛行機でも乗りこなせるんだよ。」

吉報。「プロメテ1号」が今度の計画に採用された、という。
「大江戸博士も喜んでいる。」
だが、その後。
息子の秀人を連れて、大星氏は研究所を去った、という。
大事にしていた複葉機だけを残して。

複葉機、ランディング。
皆が迎える中、タクマが謝罪しようと声をかけるが。
「悪い。後にしてくれ。」

何かレーダーをチェックする秀人。
「怪しいものを見かけたんですが。…レーダーには?」
「何も映ってないな。」

実は、ハーケン隊のシュミッツとグンターが潜入していた。
レーダーに映らないように「超低空で」飛んでいたらしい。
この場所が「ランドルグ研究所」であることを喜び報告する彼ら。
ドップラー的にも、博士は「貴重な」人材だから。
「博士を連れて来い」ミッション開始。
「念のため、メカサタンを配置する。」

職業柄、レーダーをチェックするリサ。
「秀人君に限って、見間違いする訳ないでしょ?」
タマガーに語る姉さんw。
「秀人君は、おしゃべりじゃないけど、男らしくて誠実な人よ。
いい加減なこと、言わないわ。」

キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!
「頼りがいがあるって事?好きになったって事?」
「そうよ♪」(フラグは自分で立てるのよw。)
「リサはタクマが好きなんじゃないの?」←デフォルト押し付けてる?
「タクマも好きよww。」
…姉さん、漢だw。
「女心は謎だ;」タマガーには判らないかもwww。

タクマ、秀人に話しかける。
「親父さんはプロメテ1号の『隠れた』設計者だったんだってな。」
…何気に失言してないか?タクマ;。

「隆太郎の、プロメテ1号の技術は、この複葉機に集約されている。」
一人感慨にふけっている博士を、ハーケン隊の二人が襲う。
「サテライザーを爆破せよ!」時限爆弾を取り付けられてしまうが。

伴太が間一髪で取り外すが、博士を連れ去られてしまう。
それと同じくして、メカサタンの来襲。

タクマ。サテライザーで「メカサタン」を迎え撃とうとするが。
「博士を助けてくれ。メカサタンは、自分が複葉機で闘うから。」
「あれで?馬鹿を言うな。あんな博物館行きの代物で相手になるかよ!」
「タクマ…!」脊髄反射でタクマに「一発お見舞い」する秀人。

「何するんだ!」
「お前にはあれがポンコツにしか見えないだろうが、俺にとっては立派な
武器だ。親父の形見で、俺は闘いたいんだ。」

んなことやってる間に、敵さん到着。(おい)

「行けよ。俺があれを食い止めるから。」やっと言うことを聞いたタクマ。
サテライザー、発進。
複葉機。取り回しのよさを武器に、メカサタンを翻弄。

一方、タクマは。
「博士は、右だな。」敵二機のうち、どちらかに博士がいる。
いざとなれば、動くのは、「乗ってないほう」。攻撃するのは、
その機体。しかも、それは背後に回る。
「挟み撃ちか…。」彼にしては、冷静に状況をみている。
後機からの攻撃。旋回して、迎撃。落す。
「しまった!」博士搭載機、焦り出す。
「どうすればいい?」タクマ、麻酔弾を撃つ。
コックピット内、パイロットの正面を狙う。至近距離。風防ガラスが衝撃で割れる。
その間から麻酔ガスが流入。パイロット昏睡。その間際に自爆を試みるが、
果たせず。

博士を無事に保護。
「秀人、今行くぞ…!」

秀人。メカサタンが掲げ持った巨大岩を爆撃するが、爆風で飛んできた
かけらに被弾。バランスを失う。
「秀人!博士は無事だ!後は俺に任せろ!」
「馬鹿を言うな。これしきの傷で、お前の助けは要らん!」
「強がり言って!」

チェンジ、ダンガード!
しかし、速攻敵メカに羽交い絞めに;援護する複葉機、「流れ弾」に
被弾する。
敵メカの拘束から離れたダンガードA。ビームやら何やらで始末して。

複葉機。後部エンジン損傷。既に機体に火が回る。もはやこれまで。
秀人、幼い頃の父との思い出がよぎる。

操縦はもう効かない。このままでは海に突っ込む。
「父さん…これで、お別れだ。」脱出する秀人。
崖に激突し、炎上する複葉機。
『秀人。最後までよく乗りこなしてくれた。父さんも満足だよ。』
父の声を聴いた様な気がした。そういうはずだ。父さんなら。
「あばよ、父さん。」

夕焼けの海。タクマ、やっと秀人に謝罪。
「済まない。俺がもう少し早く来れば、親父さんの形見を失わずに
済んだのに。」

「いや。俺はあれを乗りこなせたから。父さんが言っていた。
『これを乗りこなすことが出来たら、どんな飛行機でも乗りこなすことが
出来る』って。この意味がわかるか?タクマ」

思わぬ言葉の応酬に、うなずくことしか出来なかったタクマ。
それを見て、笑みが戻る秀人。
(判ってくれたんだ)

秀人的には、自分の思うところを理解してくれたのを喜んでいただけだと思いますが。
タクマは。

「これは俺への挑戦だ。いつか俺を追い抜き、ダンガードAのパイロットに
なるのだと。…俺は、負けない。」

既に追い抜かれつつあるように見えたのは、自分だけ?(おい)

まず。秀人が「ただの人」から一気に「プロメテ計画に憑かれた人たち」に
仲間入りしましたw。
これは大きいです。
それと、ハーケン部隊の「仕事の速さ」。フットワーク良すぎ。
リサ姉。
「タクマ も 好きよ。」も、ですか。も。
ヒロインに「」扱いされてる主人公なんてどーよ、全く;。
しかし、今ならともかく。当時、まるで某『ナージャ』の母様ごとき
物言いは、どのように取られたのかと思うとwww。

それと、何故大星氏は「複葉機だけを置いて」ランドルグ博士と決別したのか、
です。

「プロメテ1号」が採用されてなかったら、ドクターマドゥ@レスキューフォース
と同じ理由、と解釈できますが。
オートマ操縦ではなく、マニュアル操縦こそが基本とか?結構難しいです。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大好きなアニソン(アニメソング)は何?

コネタマ参加中: 大好きなアニソン(アニメソング)は何?

好き、というより。

「記録より記憶に残る」曲として。

「好きだっダンガードA」です。何故ロボットアニメでサンバホイッスルが

やたら聞えてくるのか?これに対抗できるのは、

「燃えてヒーロー」@キャプテン翼OP

くらいかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惑星ロボ・ダンガードA#28.(東映プレミアBB配信)

「恐るべき好敵手ハーケン」
http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item014248_0020.htm#story

「わが臈たし悪の華」

「南米の宇宙通信基地なら、どのくらいで潰せるか?」
「そうですね、3分というところでしょうか。」
「では、カウントするぞ。」
…えーと;つい「テディ」ネタにもっていきたく
なりましたが、SOSからサテライザーが出動する前に「カタが着いて」しまった
(しかも悪いほうに)のは事実。
これが、ジョーが今際の際に言おうとした、「ハーケン特別部隊」の姿。
しかも、
「ここ一週間の間に、プロメテ計画関連施設が世界中で五箇所も潰されている。」
らしい。

現場の先頭を切っているのは、隊長であるトニー・ハーケン。帰還後、
出迎えの小姓さんたちが(おい)身支度を。
「総統がお呼びです。」

例によってパイプルガン弾きまくりの総統閣下。ハーケン入室。
総統、喜び勇んで、トニーを出迎える。
「よくやったな、トニー。」
「グドンとは比べ物になりませんな。」
「グドン隊長は?」「
「戦死した。所詮、特別部隊が成長するまでのつなぎだったからな。」

前回、脱出の間もなく戦死したグドンさんです。あんなにうまいこと
脱出されていた、あの方が。(おい)
しかし、「中間管理職」として仕事にいそしんでいた部下を、このような
扱いするとは;。だから、グドンさんはハーケン関係に関してはアレ、だったの
かと。

「トニーの素晴らしさに気付きませんでした。」
「そうだろう。トニーは私が10年間も手塩にかけて育てた、いわば秘密兵器。」

総統、窓を開けてみると、そこには、訓練中の若者達が。
(なぜか器械体操の練習みたいなのですが;)
「皆、強く美しい若者達ばかりだ。未来に生き残るのは、彼らでなくては
ならない。頼むぞ。」

…えーと。どこかで昔聞いたような思想です。こえーな。「選民思想」とかいうの。
「二名の部下を死なせた」ことを詫びるハーケン。
「失った人材くらい、また補充すればよい。それよりも、敵に与えた被害の
方が大きい。」と総統。
「その闘志は、ダンガードAと対決するときまでとっておけ」

「…可愛い奴」えと。そうですか、としか言いようが(汗)。

別室には、隊員達が一斉に整列。確かに、「強く、美しい若者達」ばかり。
2名本隊員に昇格。恐らく、殉職者の追加分と
思われ。証拠であるブレスレットを授与される。ハーケンのシュプレヒコールの中、
退場するハーケン。

『24時監視体制』を敷くジャスダム基地。
「秀人君とは大違いね!」リサ姉にとがめられるタクマ。
「いつでも臨戦態勢で」と秀人に言ってるしりから出動コールが。
秀人、実はしっかりパイロットスーツを着込んでいたw。
(タクマは着替えていなかった;)
「下積みが長かったからね。ただ用心深いだけだ。」←どう関係が?

目的地は、パルサーコズモエンジン研究所。ここを叩かれれば、今後の
計画に大きな支障が。襲ってきたのは、ハーケン特別部隊。

「秀人、二人だけになったな。」←変な意味じゃないです。(当たり前だ)
二人だけで、それ以上の人員のハーケン部隊と対峙する、という。

「タクマ、冷静に落ち着いていこうぜ。」秀人からの提言。果たして、
彼はこれを実戦できるかどうか。

サテライザーが
敵部隊のミサイル攻撃に翻弄されている間に、敵の一部、研究所へ。

「少しは歯ごたえのある奴らだ。もう容赦はしないぜ。」
…追い込まれているのはこちらのような気がしますが?
ダンガードAに合体したら?」秀人の意見。しかし、タクマは
その必要なし、とサテライザーでとおす。

敵機一機、サテライザーにコバンザメのごとく追従。
一文字タクマ、大星秀人。私がトニー・ハーケンだ。」
ご挨拶だったらしい。しかし、こちらのパイロットの名前が
知れている;。
「これから私は、15分で基地を破壊する。
それまで諸君には、我々に付き合ってもらう。」←
カウントネタ、好きだな;。
それにしても、絶大な自信です。
「こちらも闘志がわいてきた。」とタクマ瞬殺宣言されているのに気付かないし

研究所へ連絡を取る秀人。部隊はバイクに乗り換え、白兵戦へ。
ショッカーライダー部隊を彷彿とw。
状況はかなり宜しくない。しかし、
「お互い出来る限りのことをしよう。」とあくまで冷静なやり取りを
基地防衛隊のクルーと交わす秀人。頼もしいw。

敵一機落として喜ぶタクマ。しかし、その間にもバイク部隊は基地を
攻めている。連絡を取り続ける秀人。かなり階層の下まで突破されている。
「応援お願いします。」ついに要請が。
「俺が降りる。」秀人が動く。

命知らずのハーケン部隊の攻撃に、」なす術もなく破られる、研究所の
セキュリティ。ついでに、
「大事な資料が出ている;」…甘いな、危機管理;。

秀人が着いたとき。かなり悲惨な状況。敵のバイクを駆って、下層へ追いかけるが。
最後の防衛ラインを守る皆さん。ハーケン隊員は、どうやらかのブレスレットで
「その時は」自爆するように教育されている模様。

要するに、人間爆弾。
こんなのに対抗できるかといえば、否。

一方。ハーケンは、唯一の逃げ道である洞窟の入り口を破壊。タクマは
それに気付かない。(秀人が情報を聞いていたから。)

あとは島を破壊されるしか。しかし、大事な資料がまだあるという。
「行ってくれますか?」研究員さんに頼まれる秀人。

ハーケンを追い込んだ、と思い、サテライザーから降りるタクマ。
しかし、罠。ハーケン、このときを狙い、メカサタン出動要請を。

ゲンゴロウとか、タガメみたいな奴。背と頭を強化している。これで
攻撃をブロック。それにしても、背中に背負った「卵」状のものがいや;。

ダンガードAで応戦するも、鉄壁のディフェンスに苦心。その時、スペースアローが。

キャプテンである。
両機で敵メカの弱点(恐らくは腹)を狙い撃ち、辛くも勝利するが。

島ごと研究所は爆発。秀人が行方不明に。
「秀人ーーーーーーー!」叫ぶタクマ。

「僕に、釣られてみる?」
「基地を爆破するけどいい?答えは聞いてない!」
「15分でカタをつけるよ。カウント、テディ!」
「最初に言っておく。俺は、かーなーり、強い!」
…要するに、これが全部ハーケン部隊。

最初から、今回はダンガードAは負け試合。その中で、いかに
・秀人が研究所の人と協力して、最悪の事態を回避するのに尽力したか。
というのが焦点。で、タクマは完全にかませ犬;。
(とはいえ、彼も苦労してきた半生があるのだから、あまり
甘ちゃん描写させるのもどうかと思うのですが。)

トニーとその部隊を見てると、「コードギアス」の
「ゼロ」と「黒の騎士団」を見ているようで。しかし、向こうは
「正体不明」の人物をカリスマに仕立てているのに対し、こちらは
「総統の秘蔵っ子」で、「若く、美しく、強い」若者がシンボル。
カリスマ具合が半端じゃない;。そりゃ、
「ハーケン様のためなら」マジで「火の中水の中」になるかと。
しかも、ギアスなしでここまで統一。(当たり前か)
凄すぎる。

今の時点では、ハーケンの方がタクマより「ダンチに」上;。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

続きを読む "惑星ロボ・ダンガードA#28.(東映プレミアBB配信)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

訃報・市川治氏。

http://www.yomiuri.co.jp/national/obit/news/20090107-OYT1T00701.htm
市川治氏=声優
 市川治氏(いちかわ・おさむ=声優)2日、心不全で死去。72歳。告別式は8日午前11時、東京都町田市能ヶ谷町1044蓮清寺。自宅は同市鶴川6の7の1レクセル鶴川711。喪主は長男、明伯(あきのり)氏。

 テレビアニメ初期から「スーパージェッター」のジェッター役などで活躍。「超電磁マシーン ボルテスV」の敵役プリンス・ハイネルなどの声を担当した。

(2009年1月7日21時42分  読売新聞)

ブログめぐりをしていたら、この訃報が。
まだまだお若い、という話を伺ったばかりでした。
ええ!です。

このブログ的には、「勇者ライディーン」のプリンス・シャーキンの声の方です。
故・長浜監督作品での「プリンス」といえば、この方。
本当に気品ある声の方で、「サムライトルーパー」での剣舞卿の回では、
いきなり「妖邪界」が「長浜世界」に変わったくらいでしたから。

最近では、現役を引退されて、事業をされているというお話でした。

謹んで、お悔やみ申し上げます。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惑星ロボ・ダンガードA#27.(東映プレミアBB配信)

「宇宙をめざす若者たち!」
http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item014248_0020.htm#story

「その胸にあるのは、正義。」そして。
ついにトニー・ハーケン降臨、満を持して。

内容的には、前回の収束編です。しかし、あまりにもネタが多すぎる。
結局、ジェット・ジョーは「かませ犬」な役割を自ら背負ってしまったことに
ただ、リア時には
「自己責任よね、こうなったのは。」と思ったはずのところが、
今見てみるとそうともいえず。

メカサタンの攻撃で第一エンジンを損傷。起動不可となった
ダンガードAから脱出したのは、ジョー。
「こんなところで、死んでたまるか!」そして、秀人にも
脱出を促すのですが、彼は応じず。ひたすら攻撃を受け続け、
ついには崖から転落。(ちなみに、全長200メートルあります;
ダンガードは;。どんだけ広大な崖ですか;)

スペースアローで応援に来たタクマと伴太。煙で一時見失った
ものの、崩れた岩の下敷きになっているダンガードAを発見。
秀人を救出。
「ジョーはどこに?」脱出したことを話す秀人。そして。
片足破損状態のダンガードを、とりあえずは基地へ運ぶことに。

何故、彼はジョーと同じことをしなかったのか?
「今の自分の目的は、ダンガードAに乗ることだ。
ダンガードAを見捨てるのは、自分を見捨てるのと同じような気がしたからだ。」

ジョーはどこに?
「あいつは、どこかで無事でいる。むざむざ殺されるような、そんな奴じゃない。」

その頃、ジョーは。
どうやらある場所に軟禁された模様。

どう考えても、あの関係ですが、やはり。
へチさん登場。
「言うことを聞けば、天国。聞かなければ地獄。マスクマンにして、
ド/レ/イ/にしてやる。」

「地獄が好きな奴はいないだろう?」油断させておいて、銃を奪い、血路を
拓こうとする。
「俺はやりたいようにやる。命令されるのが大嫌いなんだ!」
へチさんその場を退却。なおもジョーは銃撃しますが。
(ここの彼の動きは秀逸です)

ドップラー総統のビームにはかなわず。

キャプテンの目を盗んで、サテライザーに乗ろうとするタクマ。
目的は、ジョーの捜索。しかし、見つかり、諸々の問題点を指摘
されるが。

秀人が協力する、という。キャプテン、とりあえず二人を出させる。
しかし。
「無駄だ。」
ドップラーも、ジョーのことは周知。ということは?既に彼は
敵の手に堕ちている、ということであり。
「教えてもらうより、自分達で知ったほうがいい。彼らには、彼らの
世界があるからな。」

「秀人は、タクマの良いパートナーになりそうだな。」@大江戸博士。
「友情などどうでも良い。ライバルだ。全力でぶつかるライバルが要る。」
『バディ』は絶対不可欠かと。
キャプテンへ。

ジョー。総統自らの説得、というか、洗脳中。
プラネスター建造現場を見せ、
「選ばれたものである」ことを言い聞かせる。
「あんなにでかいのが、飛ぶ、というのか?」
どうやら、矜持に引っかかるものがあった模様。
「ド/レ/イ/みたいに使われるのは、まっぴらごめんだ!」
「ならば、このドップラー総統に忠誠を誓うか?」

どうやら「誓うことに」したらしい、ジョー。今度は何やら制服に
身を固めてます。隣には、かのグドンさんw。
「このプロメテ計画で成功を収めたなら、お前の名前は宇宙パイロット
として、英雄の一人に数えられるだろう。ハーケン特別隊の一員と
なれ!」

…やっと来るみたいです、ハーケンさん。
「その場所」へ案内されるジョー。でも、信用できない、ということで、
移動時に目隠しされて。

そんな間でも、ジョーの身を案ずるタクマと秀人。
「まだ、ドップラーに捕まった、と決まった訳じゃない。」

ブリザード吹きすさぶ某所。ここに訓練所が。
連れられた先に待つ、金髪の青年。(ktkr)
「お前がトニーか?」とても気安く呼ぶジョー。

おもむろにムチを取り出して、2~3回ひっぱたき。
「俺のことをそう呼んで良いのは、総統だけだ。
ハーケン隊長と呼べ!」

「私を、姉と、呼ぶな!」の世界です、本当にwww。
しかし、思いっきり判りやすいな、彼は。

プラネスター護衛のための戦闘チーム。それがハーケン隊。
その「栄光ある一員」に選ばれた、という。
しかし、ジョーは別のことを考えていた。
「さっきのお礼をしてやるぜ」

腕の怪我も全快、タクマと秀人は再度サテライザー搭乗。
しかし。キャプテンをまたも激しい頭痛が襲う。
「いつまでも、父は一緒にいてやれない。早く、自分の力で
宇宙へ飛び立て…。」

ハーケン隊、出動。しかし、ジョーは全く別のことをもくろんでいた。
ハーケンを最高のライバル、と観た彼。今回の一件を手土産に基地に
帰れば、自分の評価はまた上がる。よって、
「ジャスダム基地に帰らせてもらうぜ。」

取り合えず、二機撃墜。当然、ハーケン側にも報告されますが。

「私は、隊を訓練する仕事がある。後始末はそちらがしろ。」
とグドンさんに丸投げ;。
メカサタンで、ジョー機を攻撃。

折りしも、現場をサテライザーが目撃。そのアクロバティックな飛ばせ方で、
練習機の中の人がジョーであることを確認。ジョー救出に向かうため、
ダンガードAに合体。
ジョー、安心したのもつかの間、敵に攻撃を受け、機が炎上してしまう。
「お前の敵は取ってやる!」タクマ、マジキレ。さくっとグドンさんを
「やっつけて」。
しかし、ダンガードはなんて軽やかな動きなんだ;200m、5,000トンもあるのに;。

瀕死のジョーの下に向かう二人。そしてジョーは。
「ハーケン特別隊…奴こそが、俺達の真のライバル…。」
言い残して、タクマの腕の中で事切れる。(死に際がかなり恐いです;)

「ハーケン特別隊とは何だ?トニーハーケンとは何者だ?」
タクマ、怒りに震えながらの独白。

それにしても、彼の周りでは、かなり人死にが多いです。
普通ならば、これだけでも参りそうなものですが。

ジョーにとって、ダンガードAは「手段の一つ」であり、これにこだわる
理由は特になく。もっと「美味しい」条件があれば、それに乗る。
世渡りのうまさというか、それが彼の人生の信念だった、それだけ。

秀人とタクマは、ダンガードA=自己存在そのものであるから、これが
なくなったら、生きる意味がなくなるとしか。これだけの違いが彼らには
あったようです。

子ども的には、ジョーの生き方は「汚い」とか「要領が良い」とか思いますが、
大人的には、こういうのもあったかな、と思ったり。

ハーケンも含めて、それぞれが個々の「正義」で動く。そういう話だったのかと
思いました。いや、奥深いな。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケータイ捜査官7 #35.

「ケイタのはつゆめ」
最初に言っておく。自分はパトレイバー詳しくありません。
なので、今回のがいわゆる「セルフパロ」とは気付きませんでした。
で、押井回、と言うやつだそうですが

とりあえず、前回のお七さんネタよりははるかにわかりやすかったです。
そして。
相変わらずの大量の食べるものたち。これは共通か。

「アンダーアンカーは出前禁止。」なので、千草さんはお手製弁当持参。
しかし、一度だけ「出前」を解禁したことが。

一時に大量の注文。ケイタは転んだことで忘れてことになってるが、
普通、アレメモるでしょ。
しかも、同じ店に一極集中。中華系食堂なので、ラーメンなどの麺類まで
頼んでるし。

なかなかこない注文に、キレたのは桐原。とにかくこれだけキレまくった
彼を見たのは初めて。まあ、腹が減ると大抵切れますから。
思わず店の主人と喧嘩して注文を断った桐原。でもご隠居に諭されて、
再注文。

そんな時、霞ヶ関中央情報管制センターに大規模なサイバーアタックの警報!!
ケイタとセブンを残して、全員が現場に向かう。

そして、大量の出前が運ばれて。
自分の分を注文しそこなっていたケイタ、「麺が延びるから」と
麺類全部を食い尽くす。(良く入ったな;)

そして、再び電話。出前をもってきた、という。
スーパーカブでのバイクアクションがこんなに凄いとは。
で、この人の正体は「ティーチャー」で、アンダーアンカーを
内部から破壊するための試行錯誤だったとか。
ついでにゼロワンがこちらになびき、ついにはアンカーのサーバーを
占拠!
「私を投げるものではな~い!」いきなりセブンを投げつける
ケイタ。しかし、中華鍋でセブンを打ち返す主人!

「バディは、圏外だ!」壁にめり込み、床に落ちるセブン。

勝利を確信、黒い翼を生やすゼロワン。…ヴァーダント@ラインバレルかと。

そして、白い翼が生え、天国へ召されるセブン。
「私は、死なない…。」

バイクでティーチャー乱入から、どうやらケイタの夢オチ。
出前の麺類をめぐって、大変なことになるが。
(皆さん、お外で仕事でしたから)
千草さん。出前の件で始末書。でも、もし出前が解禁されたら、
「麺類・特に汁物は厳禁」を必須事項に、と称して自室で
ドカ弁を前にほくそ笑む;。

それ以前に、出前の出入り業者をいくつか指定するべし?かとも。

まあ、ネタ回、、と言うことでお祭り気分でよかったかも。
キカイ君、こんなところだけじゃなくてもっと本編で活躍希望。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (4)

惑星ロボ・ダンガードA#26.(東映プレミアBB配信)

A022 三匹のヤング・ライオン!

http://www.nicovideo.jp/watch/sm4449502

タイトル合わせて、動画貼りました。もちろん、かの「マクロスF」ですが。
まあ、「パイロット」=アイデンティティな人たちの話ですから、間違ってはいないかと。

そろそろ正月進行もお開き。こちらもレビュー再開です。
リア時では、二学期が始まる頃。新学期の初めの転校生、と言うのは
お約束ですが、こちらもそんな感じかと。

訓練中、激しい頭痛に襲われたキャプテン・ダン。
「いつまでも、自分はダンガードAに載っていられない。」
サテライザーは副座式。したがって、パイロットが最低あと一人は
要ることに。

「タクマのライバルが欲しい。お互いを高めあう、よきライバルが。」
来ましたね。「天地人」(おい;)

そんな折、「曲乗り飛行ショー」のチラシが。パイロットは
ジェット・ジョー」という、アメリカ帰りの青年。何でも、高層ビルの
間をすり抜けるとか。

腕前視察、と言うことで、キャプテンとタクマ、そして伴太が現場へ。
久々の皆さんの私服姿、なのですが。

キャプテン。恐らく「人目を忍ぶ姿」なのでしょうが。

(右上カット参照)

いつもの「鉄仮面」に、つば付き帽子、サングラス、マスク。
…あのう、ものすごい不審者として、目立ってるんですけどもwww。
それとも、あえてそういう方向でアプローチを試みたとか?
これに匹敵するのは、スイカ被ったデネブ仮装@電王くらいな物ですが;。
とにかく、この画の破壊力(おい)はただ事ではないです;さすがと
いうかなんというか。

本番。確かに凄いテクニックの「ジェット・ジョー」。しかし、彼の
飛行機がコントロール不能に陥った。(とタクマには見えた)その時、
間一髪衝突を避けた、もう一機の複葉機が。
そして、かなり狭いビルの谷間をすり抜けるジョー。
(今はこの絵的に規制がかかりそうですが;)

基地に戻るみなさん。
「キャプテンは?」「新宿で別れたきりだけど?」
…いくら当時の新宿があれでも、こんな怪しさ最大級のコスプレ
そのもので歌舞伎町界隈付近を歩いたのですか、キャプテンは;。

何が目的だったのかと言うと、ジェット・ジョーを勧誘するため。
彼の泊まっているホテルに先回りして、戻り頭をスカウトすることに。

「もっと大きな冒険をしてみたくないか?」
…普通に考えてみる。部屋に戻ろうとして、変態仮面なコスプレ男に
何やら「大きい話」を持ちかけられる。
これ、普通は「ヒーローが敵ラスボスに勧誘されるの図」そのものですが;。
「プロメテ計画に参加してみないか?」
この世界での、これの知名度はものすごいもののようです。つか、最初から
言うべきかと。なんか、キャプテンが悪者みたいではないかと。

で、やってきた、ジェット・ジョー。実は日本人なのですが、向こうでの
芸名がこれらしい。ちなみに声の人は富山敬氏この枠的には
デュークフリード。で、作品的には古代進
。キャラ的にはデュークが近い
かも。外見が花形満なので。父親は、米国の宇宙局に招かれた、れっきとした
宇宙パイロットだったが、事故でなくなった、という。
「親父以上にもっと有名になりたくてな。」
「パイロットの、一文字タクマです。」がちがちな挨拶。

で、まだ一人、パイロット候補がいる、と言う。
「大星秀人」。かの複葉機を操縦していたとか。
迎えにいったタクマ。
「一番良く見えるところから基地が見たかったから」回り道をした
という秀人。声の人は古川登志夫氏。後の「諸星あたる」。なんか
こちらとは初対面から意気投合してます。判りやすいw。

早速、キャプテンとジョーはダンガードAの訓練。速攻合体をマスター
してるとか;。
「小さいな航空会社だったから、何でもやってきただけ。」そう謙遜する
秀人。しかし、その場の判断力・操作技術などは大したものだ、と指摘する
タクマ。

「大勢の観客の前で、無様に死ぬ訳にはいかないから。」
実は秀人はスカウトされたのではなく、「基地を観に来い」と言われただけ、
だという。自分から志願したと。

彼の父親も既になく。飛行機の清掃会社で働いていて、息子にいつも
「大きくなったら、立派なパイロット
になれ」と話していたと。
(泣けるな、こんなエピは。)

「三人とも、親のないライオンの子だな。」タクマがもらす。
ライオンは、わが子を谷に突き落として、生き残ったのだけを育てると言う。
自分達は、生き残っても、そばに来てくれる親はいない。

「自分の力だけで、谷から這い上がらないといけないんだ。」

まだメニューが終わってない秀人の特訓が始まる。
そして、ジョーはと言えば。
「タクマ、まだ『挨拶』してなかったな?」
後からついて来い、という。はっきり言って、「喧嘩を仕掛ける」とも。
かのミンメイソングではないですが、「急上昇」に「急降下」の連続。
喧嘩するくらいでないと。」と静観を決め込むキャプテン。

思っていたよりタクマが「骨があった」ので、「挨拶」を終わるジョー。
しかし、タクマは利き腕の筋を痛めてしまい。

伴太は『生意気な新入りをやっつけたタクマ』に大喜びですが。

キャプテンからは、「不注意」と、サテライザーの訓練から外されることに。

搭乗する二人を観るタクマの表情が。…観ていて辛いです;。

ドップラー軍団。総統が、パイプオルガン弾きながら、
「もっと、エネルギーを!」と叫んでいます。…今週のビショップ@キバかと。
へチさんによると、メカサタンでウランエネルギー研究所を脅したものの
失敗。強硬手段に出ると。

ダンガードAの実地訓練中にこの報を聞いたジョーと秀人。秀人は
「キャプテンの指示を仰いでから。」
と慎重なのに対して、ジョーは。
「やっつけよーぜ!」とまさにフライング。

しかし、今回ばかりは秀人の判断が正しかったらしい。キャプテンは
止めたのですが。

メカサタンにあっけなく倒される「ダンガードA」。
グドンさんは喜んでますけどね。観ているほうは、
「乗ってるの、タクマじゃないし;。」なのですが。

今回のタクマは、いつになくナイーブです;やはり、今度の候補の皆さんが
「親のいない子ども」であることが原因かと。彼はそのあたり感受性が強い
ので。

あと、中の人的に富山氏と古川氏との共演が聴き所。当たり前ですが、
「古代と違う;」ですね。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トミカヒーロー レスキューフォース劇場版・感想。

年末年始の人ごみを避けて、やっとこさ行って来ました。
「あくまで、娘の付き添い」として。(嘘言え;)
平日の午前中だったので、貸切に近かったですが、後の
お子さん方は圧倒的に男子;。
(そりゃそーだ)

さて、評判にたがわずクオリティの高い作品でした。
・白組のVFXが神過ぎる。
とか、
・藤岡弘、氏の37年ぶりの変身シーン。娘は「R0」として、
母は「初代仮面ライダー1号」として、この人の変身を観たことに。
・短編のレースにて。あけぼの町が登場w。ガジローさん親子も
登場。

そして。
・ドクトル・マドゥを逮捕したのは、「あけぼの署」のどう見ても、
「鳴神刑事」と「不動刑事」。そして花屋店員の「白波鋼一」が登場。
3人がレスキューフォースに敬礼!

…有難う、松竹スタッフw。リュウケンドー世界とレスキューフォース世界が
繋がっていることにしてくれたことに感謝。

パンフレットにて。レスキューマックスのスペックを見ると、
身長は16メートル。RX-78より低い;しかし、どんだけ
ドクトル・マドゥに「不細工なロボット」と言われようとも、

人命救助のために闘う姿はカッコいい!

しかも、蛇型電車との空中戦までやってのける;なんてクオリティ。

で、マドゥ博士が何故焼き鳥屋のバイトやってるかって?
そりゃもちろん、入札で負けて、クライアントとの契約更新が
ならなかったのよ!で、とりあえず「食いつなぐ」ためのバイト
なんです。○○村とかには頼らない、頼もしい博士だったのに。

で、こちらの地域では、年末に特番やってました。そこでばらされていた
映像ですが。

・樹理さんの包帯姿は、最後まで謎。
・隊長の短パン一丁姿があまりにまぶしすぎる;(おい)
・レースクイーンの姉さんたちがサービス。

とにかく、燃えと萌えと、愛と友情と、とにかく色んなものに
溢れた作品でした。いや、眼福w。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (2) | トラックバック (4)

屍姫 玄 #1.

「光の道筋」

二期始まりました。いい加減切ろうかな、と思いつつも、
とりあえずは見て見たら。

オーリの修行の師匠様・梅原の中の人が、てらそま氏ということで
続行決定w。なんて安直な。

どう見ても前シリーズ観ていた人対象のお話ですが、それでも
大体のつかみは。

半年間幽閉されていたマキナ。オーリと縁を結んだにも関わらず、
景世を忘れられないために、彼から受けた「(清らかなる)ルン」を
腐らせてしまい、悪霊に食われ始めている、という。

一方、七星。彼らは彼らでマキナのことを、
「我々が作った屍姫」と言っている。まあ、大本のきっかけは
彼らが、生前の彼女を惨殺したことから始まっているのだから、
正しいのですが。

光言宗での重要なポストにあった家の娘。七星が欲しがるだけの
素質があるのはなんとなく分かりますが。
「その水、何?」赤沙の目から流れる涙が「何物」なのか、知りたがる
北斗。
「あいつは生まれながらに死ぬ運命にあった。だから、あいつに触れようと
するものは全て敵。」北斗も謎が多い存在ですが、マキナと何か因縁が
ありそうです。

光言宗のお歴々がマキナの現状に対して手をこまねいていた頃。
「アキバ系屍姫」フレッシュ嬢(新プリキュアですか;)がこのネタを
修行中のオーリの元に届けます。

オーリ、マキナの下へ。彼女は赤沙の攻撃を受けますが。

「私はもう死んでいるのよ!」叫ぶマキナ。

「君と僕はあのときから、大切な人を忘れられなくて未練になって…
それが汚れてるってことなら、僕も汚れてる。同じだよ」

囚われのマキナを抱き締めるオーリ。他の方も書かれてますが、
どことなく百合っぽい;。でも、この場合、絵的に清冽なところが
台詞に、良い方向に説得力を感じさせてくれてます。

光の縁が繋がれた瞬間。マキナが「浄化」され、「力」が戻る。

新キャラも登場しましたし、さあこれから、でしょうか。

※個人的に、フレッシュさんは好みです(おい)。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (11)

NHK大河ドラマ「天地人」 #1.

「五歳の家臣」
薮入り中の実家で観ました。
そういえば、大河を初回から見るのは「新撰組」以来。
実親が時代劇オタクなせいで、幼少時からどうやら
「あらゆる時代劇」で洗脳状態にあったのですがw。
しばらくご無沙汰してました。

番宣などを見る限り、
「もしかしたら?」という思いがありました。

感想。
思ったとおり。ど真ん中来ました。
吉川晃司の信長に、「ついに来たかw」感がありましたが、
それよりも何よりも。

阿倍寛の上杉輝虎があまりにも男の色気に溢れ過ぎてる。

「男が惚れる男」と言うものはかくありき、と言ったそのもの。
マジで背中が寒くなりましたわ。

「御館様がお亡くなりになった。戦が起きる。くれぐれも
近づいてはならんぞ。」と父に諭されても、現場に赴きたくなった、
また、本人を真近で観たい、と思った与六(後の直江兼続)の気持ちが思いっきり
判るような。

一方で。
坂戸城主・長尾政景と、輝虎の姉であり、その妻である桃(仙桃院)
との間の一子・喜平次(後の景勝)。
政景の不慮の死後、喜平次を養子として引き取りたい、と姉に
申し出る輝虎。
喜平次は、叔父である輝虎を「父の仇」として憎んでいた。そして。

「あだ討ち」をしようとしたが。

小太刀を左の籠手で受け止める輝虎。血が流れ落ちている。しかし、
輝虎は微動だにせず。

それが潔白の証拠。

後に狩りに出かけたとき。改めて叔父に詫びを入れ、養子となる喜平次。

とにかく、子役チームが頑張ってます。与六の中の子さんも頑張ってますが、
喜平次の中の人が小太郎@劇場版電王「俺、誕生!」の人、だったとは。
まあ、一年半もたてば成長期の男の子ですから、随分変わるのは当然なのですが。
喜平次も、恐らくは叔父の「漢振り」に、
「なるべき自分」というか、「なりたい自分」を重ねたに違いない、と。

「父親のようになりたい。そして、いつか父親を越えたい。」
…来たな、ついに。まさか今年の大河で『これ』が来るとは;。

悪ガキどもが、与六の父のことを嘲った。父の名誉を護る為、
そいつらと喧嘩している最中に、仲裁するものが。
「争いごとはやめろ。」
「父上を侮辱されたのを怒って、何が悪い!」歯向かう与六。
彼こそが、喜平次その人だった。

そして。その喜平次の『弟分』として目をつけられたのが、与六。
まだ5歳。仙桃院自らが母親であるお藤の元に赴いて懇願しようとも、
そりゃ断るでしょう。母として、ならば。

しかし。父は
「侍の子ならば、ぜひともお受けするべし。」まあ、そうだろうな。
「後に家臣として大出世間違いなし。」なご時勢だから。よって、
「心を鬼にして」ぜひともこの話を了承するよう、「頭を冷やさせ」られることに。

それでも、自分は父様や母様といたい。これが普通でしょ。
これくらいの子どもならば。

お母様。
一晩経っても意志を曲げないわが子に、紅葉した楓の木を指して、
「紅葉のような家臣になりなさい。」と。

楓の葉は、冬が来る前に、全てを「次」に託して紅くなり、そして散る。
あの紅い色は、決意の色。

「そなたは、今日から母の子ではなく、越後の子となるのです。」
母に捨てられた、と思った与六。
母が子どもを捨てるわけないでしょうが。涙を見せないように、
かまどの前で薪をくべるフリをするお母様。…ええ、泣きましたよ。

そして、父に連れられて寺に連れられてきた与六。
己のことを語れ、といわれて、言葉をつむぐも、つながらず。

「人の言葉を鵜呑みにするから。己の言葉で語れ。」と和尚に言われ。

「わしはこんなところに、来とうはなかった!」思わず叫ぶ。

ここは輝虎の面前でもある場所。しかし、物怖じせずに
自分の思うことを言う与六を、輝虎はいたく気に入ったらしい。

しかし、あの「魔人」のごとき御仁の前。子どもならビビッて当たり前。
なかなか、将来家臣となるはずの子供達と打ち解けようとしない喜平次の
ために呼ばれた与六。

小さいながらも、己の思うままを口にする与六と、
思うところありすぎて、殻にこもりがちな喜平次と。

「北斗七星」の運命が。

…しまった。こんなに書いてしまってる;どうなることやら。
ちなみに、次週予告では。
「わしは、お前に全てを伝えようと思う。」ますます加速しています;
レビューがどうなるか;

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

続きを読む "NHK大河ドラマ「天地人」 #1."

| | コメント (4) | トラックバック (12)

鉄のラインバレル#13.

「黒の執行者」

実質一週間ほど放送が遅れているおかげで、他のブロガーさんの
後追いをしている実情ですが、今回はネタバレ知っていたとしても
まあ、びっくりといったところ。

前半は思いっきり学園ラブコメで、後半が丸々「反逆の森次」の
ターン。
ここのところ森次の出番がなかったので、そろそろ来るかな、
と思っていたら、この展開。それどころか、森次は「迅雷部隊」の桐原と
「同士」だったという。つか、「迅雷部隊」でも、道明寺含むほとんどの
メンバーが「晴天の霹靂」だったに違いない;。
 
浩一と理沙子の「かーなーリ、大胆」なファーストキスですが、
あの場にいた全員が見ていた、というのがなんとも。
(皆さん、人が悪すぎる;。)

というか、話を聞いた石神社長までが悪乗りしすぎ;また散らし寿司で
お祝いですし;。

で、「何でいらいらするのが判らない」絵美w。緒川さんが一緒にシャワー
入って、「自分の気持ちに素直になりなさい。」とアドバイスは良いの
ですが。

百合すぐる;(サービス?)

そのとばっちりを喰らっている浩一。何かとエレベータに挟まれてますが。
まあ仕方ないとしてw。

「これが、自分の特務室長としての最後の仕事だ。」
社長室に呼ばれた、ということで浩一と山下が惨事の目撃者に。

目の前には、眉間を打ち抜かれて血の海に倒れている石神。
銃を構えている森次。

ありえない光景。特に山下にとっては。

「正義の味方ごっこは、終わりなんだよ。」

森次、ヴァーダント召喚。
「来い、早瀬。決着をつけよう。」
ラインバレル、召喚。このとき、残りのJUDAのマキナは全て
森次側に掌握されてしまい、起動不能になったいたらしいが、
なぜか浩一のラインバレルだけは動いたらしい。

「アンタはそこまで痛みを感じないのかよ!」
「では、痛みを感じることの出来ない私が唯一感じることの
出来る痛みを、お前は判るの言うのか?わかったところで、
何も出来ないくせに!」

JUDA本社前で繰り広げられる、ありえない闘い。
ヴァーダントVSラインバレル。

「17回」「なんだ?」
「私がラインバレルに致命傷を与えた数だ。最初から全然成長していない!」
ヴァーダント、ついにラインバレルのコックピットに打撃を加える。
浩一、左肩をざっくり。心肺停止状態。

絵美に変化。
瞳に「ファクター」の印が浮かぶ。
「ラインバレル!」マキナ召喚。意識を失った浩一の後ろに
座る。

ラインバレル、瞬く間に全身が「黒く」変わる。
戦闘開始。絵美をファクターとする黒ラインバレル、先ほどとは
打って変わった激しい攻撃。

しかし、なれない戦闘で、絵美は持たず、時間切れ。
「ファクターは一体のマキナに一人のはずなのに?」
ラインバレルの謎。

迅雷部隊、ついに首相官邸をも制圧。
「いよいよね。」不敵にほくそ笑むユリアンヌ様。
そういえば、加藤もそんな感じでしたっけ。
(台詞はなかったけど。)

次回、桐原がさらに動く?

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yes!プリキュア5GOGO! #45.

「貴方に、手紙のことを知られると困るんですよ。」
「ありがとう、プリキュアのみなさん。キュアローズ
ガーデンの扉を開けてくださって。最後の決着は
私がつけます。フローラを葬ることでね。」

…こちらのラスボスは館長ではなくて、もしかしたら
蛇姐さんなのかもしれないところが。

フローラから、館長にあてたはずの手紙、そして失われた
シロップの記憶。

生き残るためには、どうしてもこれらが欲しい。
モモーイさん、プリキュアさんに罠を仕掛けますが。

おりしも、「最後の国王」モンブラン国王の目覚め。
かの場所の扉を開けるには、パルミエ王国の王二人と、
後4人の国王が揃うことが条件
。で、ミルクが張り切って
シロップと二人で迎えに行く、と言いますが。
当のシロップはといえば。

記憶を取り戻したことで、「帰る所」がなくなったらどうしよう、
と恐がってました。そこをモモーイにつかれてしまい。

今回のモモーイさんは、首がかかっていることもありますが、
とにかく力技で押してくる。一時はプリキュアさんたちの
攻撃も跳ね返されてしまい、シロップさえも捕まりそうになりますが。

「シロップの記憶はシロップのものなの!返してもらうわ!」という
ドリームさんの力強い説得により、無事奪還。しかし。どれだけ
握力が強かったのかと。

ミルキィさんがホシイナーを退治し、プリキュアさんたちがモモーイ
さんにビオランテ攻撃を仕掛けたとき。

逃げようとしたモモーイさんの足元を固めたのは、どうやら蛇姐さん。
それにより、モモーイさん、ついに退場。

で、キュアアローズガーデンへの扉が開いたとき、蛇姐さんが登場
したのですが。

ラスボスは蛇姐さん。どんな「女の想い」があるというのか。
そろそろこちらも詰です。

次作品予告が入りました。いつものこととはいえ、複雑ではあります。
そういえば、CMもキャラクター関連ではなく、「ガールズトイ」
ものがやってきてますし。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (2) | トラックバック (10)

仮面ライダーキバ #46.

過去において。先代キングを倒すために
音也・渡親子がそれぞれダークキバ・エンペラーフォーム
となり、共闘。音也はそれ以前にもイクサで闘っていたので、
いろんな意味で臨界値越え。

「真夜…一緒に地獄に落ちよう…」そういって、幼い大牙を
抱いた真夜に攻撃を仕掛ける先代。

これ、どう見ても「深い愛情」抱いてますがw。一番
「愛情」示していたのがこの方、というのがなんとも皮肉。

そして。先代に止めを刺したのは。
実の父親からの攻撃を防ぐため、「覚醒した」次代キング、
すなわち大牙。

「まだ生き方が判らない」と音也にもらす渡。キング倒したので、
もう現代に戻らないといけない。
「人の中にある音楽を守れ」これを胸に「現代へ」戻った渡。

そして、死期を悟った音也。ナイトメアたちに自分の将来で
ある「息子」を託すことに。

ゆりを初めとする、関わった人たちに挨拶?をする音也。
別れたはずのゆりの前にまで現れて。

「あのときのオムライスが美味しかったので、レシピを
聞きに来た」
という音也に。

「最後の隠し味に『毒』を入れるの。」と答えたゆり。
最後まで、「ツン」を貫きとおすのが彼女でしたが。

最後まで音也。本当に音也。最後まで彼らしく生き、
最後の力尽きるときは、真夜の膝枕で事切れる…
本当に彼ならではの生き様でした。

「最後は、息子のために闘った」音也。それが彼の
「父親」としての勤め。

一方、現代。
名護さん、嶋さん亡き後の「青空の会」会長になろうと、「推薦状」のサインを
恵から貰おうとしますが。
上から目線で、「書きなさい」では、無理だろw。

そして、どうやらラスボスはビショップ。
「新しいキングを迎えるため、今のキングを葬る。」
そのために、過去倒されたファンガイアを甦らせたビショップ。
パイプオルガン演奏しながらの魂召喚は、まさにラスボスでしたが
(ここで某軍団のラスボス思い出したことは言うまでもなく;)

深央の墓前で、最後の決着をつける兄弟。
「二度と深央さんのような悲劇を生まないために」
これは彼女の謀も大いにあったと思いましたが;。
ついにライダーバトル開始。

しかし、復活したファンガイア。次々とライフエナジーを
吸い取ります。名護さんもやばげ?

そして、キバとサガの二人も捕らえられる次第。

ラスト。いよいよ動き出しました。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (12)

炎神戦隊ゴーオンジャー#45.

「初夢キカク?!」

最初にとりあえず。
座敷童子は素直すぎる;。つか、
「カッコいい男子大好き女の子」って、正直すぎwww。

前半はお正月休み中の炎神たちの相棒語り、
という名の「過去劇場」。そして。

「ヨゴシュタインを甦らせるでおじゃる。」ということで
「3分間で出来る、初めての黒魔術」というマニュアル本で
「禁忌の黒魔術」を行うおじゃる姫様ww。

ヨゴシュタインのカッコいいところを思い出す」はずなのに、
ゴーオンジャーや炎神たちのカッコいいところばかり
思い出してしまうガイアークさんたちw。

結局失敗してしまい、
「心と身体を癒しに行くでおじゃる」と温泉に行く
おじゃる姫。

ゴーオンジャー達はウィングス兄妹の招待を受けて?
熱海の温泉宿で新年会。しかし。

何やら悪さをする子どもが。

そのこは座敷童子。どうやら歌が好きらしいので、
走輔たちは「歌」でかの子どもを元気付けようとした、
というのが今回の本編。

敵女性幹部お約束の「被り物入浴シーン」もさることながら?
わらわが一肌脱ぐでおじゃる」と現れたシーン。

今更w、とは思ったのですが、まあそれは。

せっかくのG3プリンセス再結成なのに、姫を
おばさん」呼ばわりするものだから;巨大化されて
しまいますし;。
わらわは機械世界の乙女でおじゃる~。」…すねられるのに
巨大化されなくてもよろしいのに;

で、ここでG12登場。おじゃる様に退場していただいてw。
(何気に鉄板仕事をこなしてらっしゃる及川さんに乾杯w)

「歌なら、あるぜ♪。」という金兄の一言で、
「G5プリンス」誕生!あーやっと長かったw。

しかし。ここまで女子のツボを抑えまくったユニットが今までの
戦隊にあったかと。流石の童子さんも大満足。

そして帰る時。かの童子さんは可愛らしいお振袖。つまり女の子
だったという。

「だから、男の子の歌が良かったのね」@早輝。

プリンス様たち、十分堪能させていただきました

ネタ回と思いきや、次回というか最終章へのネタふりも欠かさない
ゴーオンジャー。どうやらおじゃる姫の「黒魔術」はそれなりに
何か効いたみたいだ、という。

いい加減終わりへの一抹の寂しさがないのは、恐らくゲキとの
VSものが待っているせいかと。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (2) | トラックバック (11)

惑星ロボ・ダンガードA 「インターミッション・2」

「タクマのこと。」
相変わらずフリートークです。今のうちに書きたいな、
と思ったところをぼちぼちと。

この作品は1977年3月から1978年3月まで当時のフジ系列で
毎日曜夜7時からオンエアされてました。ちなみに、7時半からは
「名作劇場」。このころは「あらいぐまラスカル」でした。

で、アニメ誌なるものはまだ世間に一切なかった時代で、かの
「OUT」でさえもまだサブカル誌。「アニメージュ」でさえも
まだ創刊されていなかった時代。作品の情報が欲しければ、
「テレマガ」や「テレラン」などの「幼年誌」を頼るしかなかった
時代です。
(特撮は、ある意味今でもこのあたりが一番ネタバレが早い&確実
なのですがw)

今みたいに、ネットどころか専門誌さえもなかった時代。予備知識なく
作品と対峙せざるを得なかったわけです。
(つか、それが当たり前;)

今のところ、この作品全56話のうち、25話までを視聴しましたが、
前半の主人公は、何と言うか、まだ「それ以前」の存在だったのだな、
と始めて気がついた次第。

今風に言えば、
「空から親父が降ってきて、同居する話」という、みも蓋もない言い方
ですが、どう考えても、キャプテン・ダンが主人公で、ヒロインポジションが
本来の主人公であるタクマだったとしか。

彼、しょっちゅう泣いてるし、「お父さん」にこだわってるし。
(これは仕方ないですね;)なので、観ている方が胸が痛くなるくらい。

そもそも、初期設定がエグ過ぎる;。
「父親がプロメテ計画を裏切ったので、計画そのものが大きく遅れることに。
全世界の抗議と憎悪が、残された幼い一人息子に向けられることに。」

…って、ありえないでしょ、普通。どんなだよ、全く。
6歳の子どもが一体、何をしたと;。この子が一番の被害者ではないのかい?

回想シーンでは、行く先々で石投げられてるし。
…だめだ、このあたり。リアル6歳児をもつ身としては、どうもいたたまれない。

て、良くそんな状態で、タクマという少年は生き延びたな、と思うわけです。

普通の子どもなら、廃人かと。

後の大江戸博士の話で、流石に今で言うところの「失語症」に陥った、という
エピソードがありましたが。

今のように、その方面の対処がそれなりになされつつある時代と違って、
当時はいろいろと大変だったはず。
「その方面の施設に預けようと思った」@大江戸さん
だそうですが、今から思うとgkbrでした。もし、父親に関する記事が出るのが
もう少し遅ければ、彼は今頃(ry)だった、という。

その過酷で悲惨な幼少期が、青年前期の今でもフラッシュバックする、という。
父親のことがはっきりすれば、解決するとはいえ、当時のこの手の作品の
主人公としてはかなりダークな設定だったのでは?と思うわけです。
(ビジュアルは、それこそ荒木姫野デザインなので、当時の少女向け作品より
はるかに美麗であったのですが)。

主人公の成長がテーマの一つだったとはいえ、彼が幼い頃に受けたトラウマに
苦しめられてる姿をみるのは、視聴者的にかなりきついものがありました;。

なので、「タクマの中の人」である神谷御大の演技も、心なしか、
「当時演じていた他作品の主人公達」よりもかなり抑え目だったような。
いろいろと複雑な役どころではなかったかと思うのです。当時の代表キャラといえば、
かの「ひびき洸」@勇者ライディーンですから。

自分がこの作品をリアルで見たとき、既に断鉄パパは亡くなっていて、ハーケンと
常に競り合っていた頃でしたので、初期にこれだけ「地べた這っていた様な」
話があったとは露知らず。

当時、専門誌である程度予習できていれば、また反応も違ったのですが、こういう
「大河ドラマ」を子供向けに持ってきたスタッフも、凄いな、と思いました。

では、後半にて。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

続きを読む "惑星ロボ・ダンガードA 「インターミッション・2」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惑星ロボ・ダンガードA「インターミッション・1」

正月進行で、本編レビューを休んでます。今のうちに、
気付いたことなどを。

アニメ様365日(小黒祐一郎)
第14回 『無敵鋼人ダイターン3』

http://www.style.fm/as/05_column/365/365_014.shtml
これによりますと、この作品は、制作当時からして
「高年齢層」←といっても、75歳以上ではない(当たり前か;)
も視野に入れていたらしいです。

ならば何故、「記録より記憶に残る」ようなあのOPになったのか?
(おいおいお)なんですが、まあこれはおいといて。

メインターゲット(玩具購買層ですね)を小学生以下の男子として。
それ以外を「高年齢層」とすると。

後半は、明らかに女性ファン狙いでした;
「日7枠」という、今で言うところの「日アサキッズ」に匹敵する
販促&ファミリータイムの作品でしたから、当時意外にも視聴してる
女子は結構いたそうです。つか、当時小学生だった自分の周りにも
固定ファンがいたり。で、後に大学生になって、周りの友人に聞いてみても、
「ハーケンのファンだった」女子は多かった、と。(藁)

で、そのあたりが「聖矢」で間違いなく白鳥座の青銅聖闘士に走ったのは
言うまでもなくwww。

昔から「黒ベタ頭熱血主人公贔屓」であった自分が割を食ったのは当然の
流れでしたが;;。

前半の、後に「ロボアニメ版・巨人の星」などと評されることとなるあの流れは
一体どの層に向けられていたかというと。

どうやら、「父親」だったとか。
当時の「毎日小学生新聞」によると、(実家はこのころから毎日;)
「最近は『友達パパ』が多いようですが、今こそ『厳しい父親像』が
要るのではないか?」という問題提起もあったそうです。そのころから。

で、本編。
子どもの目から見たら、断鉄さんはやはり「恐い存在」でしたが、
今、親の目で見ると。

そうせざるを得なかったのだな、と実感。
そもそも、「パイロット訓練」は一年かける予定だったらしい。それを
諸々の事情でかなり短縮せざるを得なかった。だから、ああいう流れになった、
と。
また、彼はかなり頑張って「父親」してた、と推測されるところとか。

「タクマは小さいときから、あのような癖がある。」
3歳でお母さんが病死。それから6歳で生き別れ。ですから断鉄さんが
一人息子を男手一つで世話したのが実質3年ほど。

その間、きちんと自分の子どもに向き合っていたのが凄い。この人は
それこそ「世界一の宇宙パイロット」であり、仕事も超多忙を極めて
いたはず。それでも、子どもは自分の手元で育てていた。

最近なら、『メジャー』の本田親子です。こちらもお母さんがゴロー
3歳?で病死。5~6歳でお父さん試合中のデッドボールが元で急死、
でしたが。
「おとさん」はきちんと息子と向き合ってました。それゆえ、ゴローは
「おとさんのような、おとさんを越える、おとさんの雪辱を晴らす」
ためにメジャーの道を歩んでいる訳です。こう書くと、まるっと
一文字さんところと同じなところがw。

仕事を理由に、子育てを妻に丸投げして、自分の子どものことをあまり
知らないらしいお父さんが少なくない現実を踏まえると、やはりこの
お父さんたちには脱帽します。

だから、タクマは「お父さん」を心の支えにできたのだ、という。
うーん。

もともとは、最終回近くまで断鉄さんは生きている設定だったらしい。ですが、
「視聴者の子どもさんが(仮面を)恐がる」ということで、ああいう形で
退場することになったそう。

今ならば、決してそんなことはないのですが。

しかし。子どもの成長話には、(比喩としての)「親殺し」は必ず
あるので、どこかでこういうくだりにはなったのだろう、と思います。

例えば。
誰か人を好きになってしまえば、親離れは勝手にしてしまいますから。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「未来少年コナン・劇場版」感想。

あけましておめでとうございます。
今年もこのブログをよろしくお願いいたします。

「タイトル」を早朝やってましたので、観て見ました。

そういえば、TVシリーズは秀作だったな、と思い出しながら。

なんか、随分カットされてるな、というのが第一印象。
当時は家庭に録画環境が整っていない時代ですから、
再放送を待つか、再編集された劇場版を待つかのいずれかしか
なかった時代。

ですから、もう一度作品に出会えること自体に意義がある、
といった状態。ですが。

ラナが囚われすぎ;。
モンスリー女史、キャラがぺらい;。
何よりも。

レプカがただの「悪者」でしかなくなってるし、
ギガントが登場しない;。

これ、劇場公開時にはそれなりに話題になったような気が
したのですが。

実際は違ったのか?

いずれにせよ、「大団円」で終わらなかった『コナン』など。
(ry)。

でも、昔都合で見られなかった作品を見ることできたのは
良かったかも。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年・自分的アワーズ。

後10数分で2008年も終わろうとしてますが、とりあえず
このブログ的総括を。

電王人気は半端じゃなかったwww。一年の間に
2作も続編制作など。おまけに東映さんの屋台骨まで支えたと
いう;。
まさに、
「俺、参上!」で「僕に釣られてみる?」で「泣けるでぇ!」で
「答えは聞いてない!」で「降臨、満を持して」だったという。

非・東映系特撮が頑張ったw。
もちろん、「レスキューフォース」と「ケータイ捜査官セブン」です。
ちなみに、自分のPCの壁紙はセロワンさんです。娘はなぜか
サードの玩具を持ってます;。どちらも後少しで終了ですが、
今になってどんどん面白くなって来ています。

・プリキュア5イベントに付き合った。
映画とか舞台とか。いわゆる「販促コンテンツ」ですが、
「タニマチ」としては、やはり応援しています。「子どもの
夢を育むもの」としての役割を果たすものは、なくしてはいけない
と思いますので。

・やはり「マクロスF」。
歌とバトルと三角関係が売り物のこのシリーズですが、今回も
期待を裏切りませんでした。ストーリーは多少不満がありましたが、
収穫は「歌」かと。
シェリルの歌は全部好きです。癖になります。つか、2人の歌姫達、
パワーありすぎ。

・アリプロの作品群。
今凄く「桂冠詩人」聴き込んでいます。もともと「ローゼンメイデン」から
入りましたが、やられたのは「コードギアス第一期ED」です。
アリカさんの感性が凄すぎて;。

そして最後。
・キャシャーンSins.からダンガードAへ;;;。
「聖矢でしょ?これ」
…第一話の感想です。まあ、中の人が同じですから。他のブロガーさんも
おっしゃられてましたし。
で。
「もし、中の人が神谷御大様ならば、かのキャシャーン君は『タクマ』と
言われたのだろうか?」
という、素朴な疑問からでした。
折りしも、「群雄」シリーズがこの秋発売されたところでしたし、
作品自体もネット配信中でしたから。

結果。
果てしなくやばいことになってますw。本編見たのって30年以上前ですから、
家庭で録画できない時代のこと、ほぼ新作状態でみたことに。
「タクマはこんなにカオスな性格設定だったのか」とか、
「キャプテン・ダンが男前すぐる。」とか、
「大江戸博士がオカンすぎる;。」とか。
「ドップラーさんがあまりにも厨だ;。」とか、
「へチ副総統がいなかったら、この集団速攻終わってる;。」
とか。

…いや、まだかのトニー・ハーケン様が控えている;;;まだこの個人的
祭りは続きそうです。
ちなみに、この作品。アリプロ聞きながらみていることが多いのですが、
妙に世界観がはまっていて恐いです。(私見ですが)
「勇侠青春謳」とか、「鬼帝の剣」とか、「わが臈たし悪の華」とか
もともと「父親によって被った汚名を雪ぐ少年の話」という共通点は
あったかも。(おい)しかも「ロボットアニメ」だし(あの)。

で、キャシャーンとタクマは似ていたかどうか?という問題でしたが。
答え。
似て非なるもの
でした。(なんだそれは)比べること自体無理があるような;。
一方は、記憶なくしていて、それを取り戻すため?に放浪してるのに
比べて、もう一方は明確な目的のためだけに生き抜いてきた、いわば
「狂気を孕んだ」半生を生きてきた少年。
違いすぎる。

という訳で。書いてるうちに新年が明けました。

謹賀新年。
今年もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 テレビブログへ

なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »