« 大好きなアニソン(アニメソング)は何? | トップページ | 黒執事 タナカのナレーションで振り返る『黒執事』前半戦ダイジェスト。 »

惑星ロボ・ダンガードA#29.(東映プレミアBB配信)

「素晴らしきライバル」
http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item014248_0020.htm#story

行方不明になった秀人だが、意外なところから居場所が判る。
そしてそれは、彼があまり語らなかった、自身の過去をも
明らかにすることに。

タクマもそうだが、彼もまた、「プロメテ計画」に憑かれるべき
パイロット候補である、と。

この回からOP・EDが変更。かの姫野さんによる「伝説の」水彩画風イラストを見ることが出来ますw。OPも動きが鋭くなってます。

「そんなに秀人が大事なら、何故一緒に闘わなかった?」
その場で長時間、秀人の行方を捜したタクマ。しかし、どこにも
姿が見当たらない。
「お前の勝手な行動が招いた結果だ。」
自分の勝手な行動のせいで、相棒となるはずが行方不明に。
「秀人…許してくれ。」一人泣くタクマ。
とりあえずジャスダム基地に引き上げると、意外な知らせが
きていた。

オーストラリア。現場からわずか二千キロのあたりに、
ランドルグ博士がいる。彼は「プロメテ1号」の開発者でもある、
電子工学の第一人者。
大星親子と顔見知りで、今回も秀人を助けたい、
と申し出てくれてきている、という。

大江戸博士はじめ、秀人の「意外な過去」に驚く。
「彼は、自分のことをほとんど話さなかったから。」

「どうしても、自分で秀人を助け出したい…でないと俺は。」
もし、死なせる事があったら。一人泣き出すタクマ。
(神谷御大の演技が凄く良いのですが、何分にも「泣き」の絵的表現が
いかにも昭和なので…;;;)

サテライザーを監視するハーケン隊。
「何か大事なことを見落としているのではないか?」と気になっているらしい。
「常に完璧を求める。それがトニーのやり方なのだ。」
とても満足げな総統。
「5時間も探し続けていたとは?何か重要なものがあったのかも。」
…実は機密と秀人。ハーケン的には前者。タクマ的にはまるっと後者。

ランドルグ博士。飛行艇で海上を探す。浮かんでいるポッドを発見。
機密と秀人は無事。知らせを聞いて安堵するジャスダム基地の皆さん。

「タクマ。お前が行ってやれ。」
喜び勇んでサテライザー発進させるタクマ。しかし、後から伴太とリサ、
タマガーが伴太ビークル(仮)で後追い。
「私が命令した。お前を一人で行かせるほど、信用はしていないからな。」
…賢明ですw。

道中を見張る、ドップラー。想定の範囲内ですが。

ランドルグ博士の下につく一行。秀人は既に回復しており、
「父の形見である」複葉機で一行を出迎える。

博士によって語られる、秀人父=大星隆太郎氏のこと。
彼は「不世出の航空技術者」であったと。「プロメテ1号」も、
表向きは博士の手によるものとされているが、実は大星氏との
共同開発によるものだった、という。

秀人がまだ幼くて、大星隆太郎氏が存命の頃。
お父さんは、まだ小さい秀人を膝に乗せて、複葉機の
コックピットで操縦桿を握らせていた。

「僕、もっとカッコいい飛行機がいい。」まだちいさいこどもなら
当然いうこと。しかし、お父さん。
「どの飛行機も原理は一緒だ。だから、これが操縦できたら、
どんな飛行機でも乗りこなせるんだよ。」

吉報。「プロメテ1号」が今度の計画に採用された、という。
「大江戸博士も喜んでいる。」
だが、その後。
息子の秀人を連れて、大星氏は研究所を去った、という。
大事にしていた複葉機だけを残して。

複葉機、ランディング。
皆が迎える中、タクマが謝罪しようと声をかけるが。
「悪い。後にしてくれ。」

何かレーダーをチェックする秀人。
「怪しいものを見かけたんですが。…レーダーには?」
「何も映ってないな。」

実は、ハーケン隊のシュミッツとグンターが潜入していた。
レーダーに映らないように「超低空で」飛んでいたらしい。
この場所が「ランドルグ研究所」であることを喜び報告する彼ら。
ドップラー的にも、博士は「貴重な」人材だから。
「博士を連れて来い」ミッション開始。
「念のため、メカサタンを配置する。」

職業柄、レーダーをチェックするリサ。
「秀人君に限って、見間違いする訳ないでしょ?」
タマガーに語る姉さんw。
「秀人君は、おしゃべりじゃないけど、男らしくて誠実な人よ。
いい加減なこと、言わないわ。」

キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!
「頼りがいがあるって事?好きになったって事?」
「そうよ♪」(フラグは自分で立てるのよw。)
「リサはタクマが好きなんじゃないの?」←デフォルト押し付けてる?
「タクマも好きよww。」
…姉さん、漢だw。
「女心は謎だ;」タマガーには判らないかもwww。

タクマ、秀人に話しかける。
「親父さんはプロメテ1号の『隠れた』設計者だったんだってな。」
…何気に失言してないか?タクマ;。

「隆太郎の、プロメテ1号の技術は、この複葉機に集約されている。」
一人感慨にふけっている博士を、ハーケン隊の二人が襲う。
「サテライザーを爆破せよ!」時限爆弾を取り付けられてしまうが。

伴太が間一髪で取り外すが、博士を連れ去られてしまう。
それと同じくして、メカサタンの来襲。

タクマ。サテライザーで「メカサタン」を迎え撃とうとするが。
「博士を助けてくれ。メカサタンは、自分が複葉機で闘うから。」
「あれで?馬鹿を言うな。あんな博物館行きの代物で相手になるかよ!」
「タクマ…!」脊髄反射でタクマに「一発お見舞い」する秀人。

「何するんだ!」
「お前にはあれがポンコツにしか見えないだろうが、俺にとっては立派な
武器だ。親父の形見で、俺は闘いたいんだ。」

んなことやってる間に、敵さん到着。(おい)

「行けよ。俺があれを食い止めるから。」やっと言うことを聞いたタクマ。
サテライザー、発進。
複葉機。取り回しのよさを武器に、メカサタンを翻弄。

一方、タクマは。
「博士は、右だな。」敵二機のうち、どちらかに博士がいる。
いざとなれば、動くのは、「乗ってないほう」。攻撃するのは、
その機体。しかも、それは背後に回る。
「挟み撃ちか…。」彼にしては、冷静に状況をみている。
後機からの攻撃。旋回して、迎撃。落す。
「しまった!」博士搭載機、焦り出す。
「どうすればいい?」タクマ、麻酔弾を撃つ。
コックピット内、パイロットの正面を狙う。至近距離。風防ガラスが衝撃で割れる。
その間から麻酔ガスが流入。パイロット昏睡。その間際に自爆を試みるが、
果たせず。

博士を無事に保護。
「秀人、今行くぞ…!」

秀人。メカサタンが掲げ持った巨大岩を爆撃するが、爆風で飛んできた
かけらに被弾。バランスを失う。
「秀人!博士は無事だ!後は俺に任せろ!」
「馬鹿を言うな。これしきの傷で、お前の助けは要らん!」
「強がり言って!」

チェンジ、ダンガード!
しかし、速攻敵メカに羽交い絞めに;援護する複葉機、「流れ弾」に
被弾する。
敵メカの拘束から離れたダンガードA。ビームやら何やらで始末して。

複葉機。後部エンジン損傷。既に機体に火が回る。もはやこれまで。
秀人、幼い頃の父との思い出がよぎる。

操縦はもう効かない。このままでは海に突っ込む。
「父さん…これで、お別れだ。」脱出する秀人。
崖に激突し、炎上する複葉機。
『秀人。最後までよく乗りこなしてくれた。父さんも満足だよ。』
父の声を聴いた様な気がした。そういうはずだ。父さんなら。
「あばよ、父さん。」

夕焼けの海。タクマ、やっと秀人に謝罪。
「済まない。俺がもう少し早く来れば、親父さんの形見を失わずに
済んだのに。」

「いや。俺はあれを乗りこなせたから。父さんが言っていた。
『これを乗りこなすことが出来たら、どんな飛行機でも乗りこなすことが
出来る』って。この意味がわかるか?タクマ」

思わぬ言葉の応酬に、うなずくことしか出来なかったタクマ。
それを見て、笑みが戻る秀人。
(判ってくれたんだ)

秀人的には、自分の思うところを理解してくれたのを喜んでいただけだと思いますが。
タクマは。

「これは俺への挑戦だ。いつか俺を追い抜き、ダンガードAのパイロットに
なるのだと。…俺は、負けない。」

既に追い抜かれつつあるように見えたのは、自分だけ?(おい)

まず。秀人が「ただの人」から一気に「プロメテ計画に憑かれた人たち」に
仲間入りしましたw。
これは大きいです。
それと、ハーケン部隊の「仕事の速さ」。フットワーク良すぎ。
リサ姉。
「タクマ も 好きよ。」も、ですか。も。
ヒロインに「」扱いされてる主人公なんてどーよ、全く;。
しかし、今ならともかく。当時、まるで某『ナージャ』の母様ごとき
物言いは、どのように取られたのかと思うとwww。

それと、何故大星氏は「複葉機だけを置いて」ランドルグ博士と決別したのか、
です。

「プロメテ1号」が採用されてなかったら、ドクターマドゥ@レスキューフォース
と同じ理由、と解釈できますが。
オートマ操縦ではなく、マニュアル操縦こそが基本とか?結構難しいです。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

|

« 大好きなアニソン(アニメソング)は何? | トップページ | 黒執事 タナカのナレーションで振り返る『黒執事』前半戦ダイジェスト。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/43689013

この記事へのトラックバック一覧です: 惑星ロボ・ダンガードA#29.(東映プレミアBB配信):

« 大好きなアニソン(アニメソング)は何? | トップページ | 黒執事 タナカのナレーションで振り返る『黒執事』前半戦ダイジェスト。 »