« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

しゅごキャラ、どきっ!#64 .

「新春!キャラなり初笑い」

どうやらこれが現行放送作品今年最後のレビューになりそうです。
次週特番なので、年内のうちにお正月ネタをしてしまうそうですが;。

レビューする方としては、今の時期もの凄く忙しいので、
出来れば来週にしてくれたほうが、とも思いましたが。
まあ、何とかなりそうです。

というか、そろそろ話が進展しないと、管理人的に
レビューが厳しくなってきていたり(おい)。

年明けからはいろいろ進展があることに期待して。

お正月。
「あけましておめでとう!」ガーディアンメンバーで
晴れ着で初詣。あむちゃんのおみくじは、

「恋愛運。流れ星のような出会い」。だそうです
ヒロインにふさわしい、劇的な運命ですねw。

一方。イースターさんは。
エンブリオ捕獲要員のてこ入れがあったり。
その1.ルルさん。
「私は働いてます!」
その2.イクト。
「月詠の家に生まれたものは、御前には逆らえない。」
と、「父親」から脅されてますが。

その間に、ヨルがバイオリン保管場所の鍵を回収w。
早速研究所に乗り込んでバイオリン奪回しますが。
バイオリンには既にいろいろと細工が施されており。
×たまエネルギーが放出されているらしい。

そのせいで、顔色が悪いイクト。
ルルさんとばったり。彼女は彼女で、九十九さんから
イクト捜索をいわれていたとか。

「貴方にも、イースターにも、エンブリオは渡さない。」
どうやら彼女もイクトと似たもの同士らしい。
「弱ってる奴なんて相手にしないわ。勝っても嬉しくないから。」
このあたりはイースターの奴らがうろついているから、早くどこかへ
隠れなさい、とまでアドバイス。
ルルさん、何気に良い奴フラグが。

イクトを逃がしたところで、ガーディアンたちとか、今週の謎キャラ要員
の二人にあったり。

「ルル・ド・モルセール・山本さん」「山本は要らないわよ。」
…略してルル山w。

ガーディアンの皆さんは、芸人の海老原兄妹に自信をつけさせるべく
特訓中。ルルさんは、いとも簡単に芸をやってのけて見せます。
「こんなの、簡単でしょう?」
「ルルは何でもできるんだ。すごいなあ。
で、将来は何になりたいの?」

どうしよう?何になりたいんだろう?焦るルルさん。

ほぼ八つ当たり状態で、海老原兄妹を謎キャラに。

あむちゃんはアミュレットハート。ガーディアンメンバーも
それぞれキャラなりしてバトル。
「芸人が失敗を恐れてどうするの?失敗で笑いを取れるくらいで
ないと!」
笑いに五月蠅いりまさん、今回は先頭切ってギアス
キャンセルやってます。何気にガーディアンのスペックが
高い。

×たま化の後に、オープンハートで〆。

あむちゃん、ベッドの中には。
イクトがいる。

「これが、流星のような出会いって奴?」
…とりあえず、好意を持つ男子が同じベッドの中に
居たら…とりあえずは嬉しいかもw。で、驚く。
しかしな。今時のリア女はこういうのがあれなのかと。(お)にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

続きを読む "しゅごキャラ、どきっ!#64 ."

| | コメント (2) | トラックバック (4)

屍姫 赫 #13 .(最終回)

「赫」としての最終回でした
「契約僧告別式次第」。

景世死亡・オーリがマキナの次の契約僧に。
しかし、彼女の次の契約僧が見つりしだい、契約を
破棄してもらう、と白江に宣告される。

法衣姿の貞弘とアキラに会う。よって、オーリ、アキラが
屍姫であることを知る。

「星村さんを誰にも渡したくない。」オーリの本音。
貞弘、
「五諒山へ行け」と伝言。

『少年よ己が手を血の赤に染め 煉獄の黒き道を行くが良い』

景世は「屍姫」にはならずに、天に召された。オーリは煉獄の道へ。

何というか。もう少し、すっきりした話になると思ってましたが。
実質今までのおさらいと整理回だったのがなんとも。

「玄」から観る人のためのプレゼン回、といった感じでしょうか。
では今期から観てた人はどうしたらいいのかというと。

お好きなように。こんなところでしょうか。

とりあえず、「玄」でも視聴とレビューは続けようかな、でした。

まあ、サブタイも通し№みたいですから。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (8)

機動戦士ガンダム00 2nd season#13.

「メメントモリ攻略戦」
年末&シリーズ前半を総括するにふさわしい内容でした。

「パワーがダンチなのよね!」@ヒリングさん。
「ダンチ」ねえ…「段違い」という意味で使ってたけど、
今はあまり聞かないかもw。

メメントモリを破壊する。
カタロン第二艦隊を砲撃するガデッサ。アロウズ部隊も接近。
カタロンのMSも撃墜。…最初から戦力の差は明らかなんですが。
ダブルオーライザーの刹那、登場。カタロンに情報提供を呼びかけます。

「やらせてもらいますよ。私の好きな殲滅戦をね。」
…リントさんみたいな人が好んで使いそうな文句だ;。
本当に、フラグ立ちまくった台詞ですね。

ライセンス持ちのヒリングさんw。持ち場を離れて
00を追跡。射程距離が桁違いなので余裕です。

王留美の頬が赤いのを見咎めた紅龍。
トレミーはまだ衛星兵器破壊までしていないことを
報告。しかしこれを聞いているネーナ。
「男の嫉妬は~」リボンズさんのことですね。
しかし。

「女の嫉妬も見苦しいですよ、お嬢様。」
やはり、ネーナは留美を裏切るみたいです。
サーシェスと繋がってますからね。つか、いずれ
ネーナは留美といつ間でもつるンではいない、とは
思ってましたけど。

ダブルオーライザーからの情報で、
「メメントモリには、発射角度制限有」の予測を立てる
スメラギ女史。その時、留美から内部設計情報が。

実はネーナからのもの。

これらにより、メメントモリの弱点である電磁場光共振部が特定されて。
衛星兵器の死角から近づき、直接攻撃にうつるという。

どう見てもド直球ストライクな作戦ですwwww。

沙慈は、マリーにルイスのことを聞いたりしてますが。

ミッション開始。刹那がヒリングをひきつけてる間に、
オービタルリングにそってトレミー移動。
リント少佐、CBの動きを読み、メメントモリの射程軸上に
トレミーをおびき出そうと。
「まだ、待つのよ!」ぎりぎりまで待つスメラギさん。しかし、
射程軸上におびき寄せられ、一斉砲撃を受けるトレミー!

アリオスを推進に利用。トランザムで逃げ切っていたトレミー
でしたが。そのせいでGNフィールドが使えず。そのため、
ライルにトランザム要請。
「行くぜ、ハロ!」…かっこよすぎる。

刹那、ヒリングの相手をして、気をそらしています。
「お前の相手は、この俺だ!」

「作戦を遂行するだけのこと…みんなの力で!」スメラギさんの決意。

アリオス、ケルディム共にトランザム発動限界時間終了。次は
セラヴィーのトランザム。GNミサイル一斉掃射、メメントモリの
外壁破壊の後に続いたのはライル。

「あれが 電磁場共振部…チャンスは一度…」
「ロックオン・ストラトス!!」
「その名の通り 狙い撃つぜい!!」

たくさんのブロガーさんが指摘されてますが、語尾が違いますね、
「兄」と。

今度こそ、メメントモリ、破壊。リント少佐のいかにも小物な
叫び声が。

リント少佐、退場。その小物ッぷりが貴重な人材でしたが、
結構残念でした。

刹那を援護したネーナ。留美裏切る?

人が各部署で適切な仕事をする。しかも時間制限有。燃える
展開でした。全編MS戦でもありましたし。

破壊されたメメントモリの破片。流星のごとく地上に降り注ぐ。
綺麗、というカタロンの子達。

「あれは、君達の時代に残してはいけない光だ。」@クラウス。
こういう言い方もあるんだ。
「次の世代に残すべきもの」…マリナさんは見つけられたのでしょうか?

「見たいもの」を十分堪能した回でした。
次回的には、セルゲイさんのところに来た人がキーマン?。

刹那は何故、トレミーと合流せずにどっかへ行ってるのかと。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (17)

鉄のラインバレル#12.

「南海より愛をこめて」

最初に言っておく。浩一、鼻血の後は肉食っておいた
ほうが良いw。

さておき。今回は「慰安旅行」ということで南の海にやってきました。
まあ、「海辺+水着+トラブル(なんかに襲われる)」というトリプルコンボは
永遠の鉄板ネタではありますが。

JUDAのメンバーだけでなく、道明寺や理沙子、果ては加藤機関のメンバーまでが
一堂に会しての水着大会、というから半端ないw。

しかも、女子は敵味方関係なく巨乳wときてますから。サービスてんこ盛り。

ラインバレルに水着持ってこさせて、トライアングラーのラブコメして、
またもや絵美のサービスシーンもあり、(何故彼女だけ水着脱がされる;)
ユリアンヌ様とイズナの「大人の階段?」シーンもあり、最後は
理沙子の浩一への押しかけファーストキスあり、の。

ここだけ見ればギャグ回ですが。

加藤と石神が、ある人の墓標の前で話し合う。
「もう一度、戻ってこないか?」

墓前には、散らし寿司(石神;)。そして、加藤は先の戦いで
散った王政の名を墓標に刻む。

なんか、加藤のこういうところが好きだ。

「自分は正義の味方になりたい。」
「死ぬぞ。」

どうやら、再度の勧誘にも関わらず、石神の意志は変わらないらしい。

そして、
桐山は加藤と繋がっている。これがどうやらキーみたいです。

なんやかんや言っても、ロボアニメの王道行ってるラインバレル。
後半が結構楽しみかも。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (1)

トミカヒーロー・レスキューフォース#39 .

「ようこそレスキューダイバー さよなら石黒隊長」

えーと。マジで隊長退場(しゃれではないです)かと思いましたが、

違 い ま し たw 。

フランス栄転が決まって、さぞみんなが悲しんでくれるだろうと
思っていたら、
皆明るく喜んでくれましたしwww。(これは想定の範囲内として。)
隊長はショック受けてましたが、実はわざと仕組んでいたとか。

レスキューセイバーの後継機として、レスキューダイバー登場。

隊長となった輝の初任務。
「つるつる液」をトンネル内にこぼしてしまって、車が
皆スリップしてしまう!レスキューフォース出動!

そのため、石黒の激励会には、誰も出席せず;。

しかし。海原はるかかなた師匠をゲストに
「つるつるアクシデント;」奥が深い。

そして、困ったときにはR5という、美味しい展開。

結果。石黒隊長は自ら残留宣言、という潔い展開でしたが
実は、最終テストで語学が落第だったというオチが;

最後まで石黒隊長らしいエピてんこ盛りでしたw。

とりあえず、石黒隊長残留オメ、です。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (6)

キャシャーン CASSHERN Sins #13 .

「過去は目の前に満ちる」

アバンにリンゴ、初登場。
「キャシャーンは悪くない、悪くないんだから!」
涙を流しながら訴えるリンゴ。
血に染まる花。

滅びが進む世界。ロボットもまた。
「ルナが、滅びを癒してくれる。」そう信じることにより、
滅びが停まったように見える。

「死にたくない奴は、ルナのところへいけ。癒しを受けろ」
その言葉に従うかのようにロボットの群れが動く。

ルナを目指して。

『ルナ』が生きていることに驚くリューズ。

その群れに混じって、ルナの元へ行こうとするキャシャーンを
ルナが声をかける。

「ルナが生きているなどありえない。貴方が彼女を殺して、
滅びが始まったのだから。」

「君はルナに生きていて欲しくないのか?」

生きていて欲しい。だが、殺された姉はどうなる?何のために
復讐するのか?答えに詰まる。

「ぼくはルナに会ってみる。答えはそれからだ。」
キャシャーンと共に、リューズもその中に混じる。

ディオ軍団でも、粛清が。
ルナの噂に心惑わされたもの。それらは「生きたまま」
穴に投げ込まれていた。

ブライキング・ボスが彼女の抹殺を命じたとき、
ディオは何故なのか、判らなかった。
「今なら判るでしょ?」レダが問う。
「王は、一人しか存在できないから。」

「ルナ」って何?リンゴがオージに問う。皆が口にしてるけど?
「ペテン師か、頭のイカレタ奴か?いずれにしても、本物の
はずはないからな。」オージは、ルナが殺された、と信じている。
リンゴ。笑う顔に錆~滅びの兆候~が。

キャシャーンは、数々の「滅び」を見てきて、今では「滅び」を止めたい、
と考えているが。

「例えルナが生きていたとしても。この世の滅びは、あんたの責任よ。」

雨が降る。これをきっかけにして、皆が偶然居合わせることに。
濡れると錆びる。水溜りでドロだらけになったリンゴの服を着替えさせていた
リューズ。彼女の手首に「血」がついてるのを見つける。
「大丈夫だよ、痛くないから。」

「ルナは、キャシャーンが殺した。」滅多なことでは知らないはずの
極秘事項。ルナが本物かどうか、会えばわかる、という。

目の前のロボットが「ブライキング・ボス」であることを思い出してきた
キャシャーン。そのとたん、激しい頭痛にさいなまれる。
「いつかは、この世界に落とし前をつけるために必要だったことだ。
この先生が、キャシャーンを作ったのだから。」
オージが、その先生だと。

拾ったガラス瓶で遊んでいるうちに、落として割ってしまったリンゴ。
指先を突いてしまい、血が出る。口に含むリンゴ。

かつて「思いあがった」ロボットが、「神」を作ろうとした。
「不死」なのではなく、「子孫を作ることが出来る」ものを。

子どもを作ることが出来て、初めてロボットは人を越える。
オージ=先生は、理論的には可能だという。
体内で自らの細胞を増殖させることの出来るものを男性型、
それを受け入れて、一つの生命体として完成させる女性型。
そのプロトタイプが、
キャシャーン、ディオ、レダの3体だった。

結果は失敗。
「頑丈な身体を持つ」殺戮兵器としてしか使い道がなかった。

ただの殺戮兵器」…一番「そうであって欲しくなかった」もの。
落ち込むキャシャーンに、オージにも、不死身になった理由が
判らない、という。

永遠に生きることは疲れるが、それに対して癒しを与えていたのが
ルナ、『月、という名の太陽』という存在だと。

この世に、太陽は、二つは要らない。
「ルナを、殺せ。」ブライキング・ボスの命令、再び。

「ルナを殺す」衝動に駆られるキャシャーン。自分を必死に押さえようと
する。それを恐がらずに、癒そうと手を差し伸べるリンゴ。
「キャシャーンは、悪くない。」
かつてルナにしたように、リンゴにしないために。
自らの胸をえぐろうとするキャシャーン。
助けようとする、リンゴ。

二人を見つめる、オージ、リューズ、そして。

ブライキング・ボス。

どうやらルナに次ぐヒロインはリンゴだったみたいです。
ネタはループしてますが、とりあえずキャシャーンたちが
他のロボットと違う存在である理由は明らかになりました。

次はどう動くのか。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (4)

黒執事 #13.

「その執事、居候」
原作準拠に戻ったそうですが、とりあえず。

イケメンが増えたw。万歳。
…すいません;。

インド・ベンガル地方の王国の王子・ソーマと
その執事・アグニの話。

コーヒーハウスの一角にて、上半身裸に剥かれた白人4人が逆さづりに
される事件が続出。彼らの身体には舌の絵と、王室を侮辱する内容を
含む犯行声明書が貼られていた。

彼らはいずれもインド帰り。しかも、これで20件目の発生だという。
シエルとセバスチャンは、捜査に手をつける。

インド人密航者が多い暗黒街。調査していた二人は、突然インド人たちに
絡まれる。

「人を探しているのだが」とKYに現れたソーマ。シエルを英国貴族と
見るや否や、同胞に加勢する;(おい)。しかも、連れのアグニにまで
加勢させる始末。

このインド人、めちゃくちゃ強い。さすがのセバスチャンも、シエルを
抱えて逃げるしか。

だがシエルはここを通っただけ。向こうがけしかけてきた。
それが判ったとたん、シエルたちの味方に鞍替え;。

あっという間に片付けられて;。
「人探しをしているから。」と去る二人。
あっけに取られていたら。

屋敷に戻った二人。いつものチームが出迎えるのと一緒に。
劉がいるw。しかも、留守番はプルートゥに任せて、使用人たちを
全員連れて来たのだという。

「シエルに会いたい、って言うから、連れて来たんだけど?」
…相変わらずですが、本当、「面白全部」な人ですねw。
>劉。
しかも、
「しばらく厄介になる。」とは;俺様過ぎる;;;。
「奴等から目を離すな。」セバスチャンに命令しておくシエル。

翌日。
ソーマ王子、
「ロンドン市内を案内しろ。」とこれまた横柄な物言い;。
しかし、セバスチャン。
「ご主人様は今日もたくさん予定が詰まっておられますから。」と
さりげなく断ります。

例えば。
バイオリンの練習。
「ここでは私がルールです。」
凄い嬉しそうなSのセバスチャンw。
で、シエルも課題をひきこなそうとしてますし。
そんな中、祈リの声が。

インドの女神・カーリー女神に祈るソーマたち。
カーリー女神とは、インドの破壊と殺戮をつかさどる神様。
「悪魔をも倒した」といういわくを聞いたセバスチャン。

「インドを訪れた時は気をつけないと;。」悪魔ですからw。
しかしまた、霊験あらたかそうな女神様の絵です事w。

で、お祈りが終わったとたん、シエルコール再び。

ということで、レッスン中のフェンシングで勝負することに。
ルールを知らないソーマが不利って。そもそもルールは最初に
教えるのが紳士では?

と思ってたら、アグニが「主人を思って」シエルの腕を動かなく
してしまい。敵討ち、としてセバスチャンが戦うことに。

セバスチャンの圧勝…と思いきや。やたら体の動きが良いアグニ。
予想外接戦。剣が折れてしまったので、引き分けですが。

アグニは悪魔なのか?
「いえ、あの方は人間DEATH.」←ふ、やるなw。

これだけの力があれば、大の男を半裸にした上で逆さ釣りも
可能?疑うシエル。

一方、当のご本人。
いつものチームの皆さんにお仕事を振り分けて、「手伝ってもらってる
こちらがびっくり。
「お仕事が出来ている。」アグニは人を使う才能に恵まれているようです。

アグニの過去。
昔は「暴走していた」つまり、相等のならず者で、ついに捕まり、
処刑されるところだったのを、
「お前、強いんだってな?…過去のお前は、今ここで死んだ。
今からは俺の元で働け。」ソーマ王子が助けてくれたのだ、という。

「神が現れたのです。」

「神なんて、ろくなもんじゃねえ。」なぜかグレルがここにも。てか、
グレル愛されすぎw。

夕食もうまく行くのですが、彼ら(劉もだ)はいつまで居候する気なのか?

「人を探しているんだ。」似顔絵。どう見ても「女の人描いた落書き」。
これで探せたら、凄いかも。

名前はミーナ。ソーマの乳母であり、宮廷でただ一人、ソーマの味方だった人。
英国人に攫われたということで、ここまで来たという。

「俺はもう嫌だ。あの広い宮殿で一人ぼっちなのは。」
それ以上のものを失ってきたシエルには、その程度で世をはかなむなど、
といった感じで。

「どんなにあがいても、取り戻せないものがある。」シエルのつぶやき。

だが、それなりに構ってやろうと「ババぬきくらいできるだろ?」

今から出かけるから。」眼帯した白い人型の物体が?
「真っ白に固まったシエル」。あっけに取られてます。
チビといわれるわ、親切無駄にされるわ。でも、ばばぬきは
劉がお付き合いすることに。

ソーマたちが犯人である可能性は捨てきれないと劉。
しかし、そのような雰囲気は感じられず。

夜。屋敷から出る影が。
「動き出しましたね。」セバスチャンが見てる中、誰の影が。

男前を堪能させていただきました。ソーマ王子にグレルの前世の魔王w
を見たのは自分だけかも。

次回はカレー対決ですか?
「はい,ビローン」。何をめくったのですか;;。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (19)

惑星ロボ・ダンガードA#25.(東映プレミアBB配信)

「危機一髪!海底脱出」

http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item016118_0000.htm

リアル時にはそろそろ夏休みも終わる頃。宿題にラストスパート
かかる頃です。こちらも、ジャスダム建造のラストスパート。

整備班。連日の徹夜でことに当たってますが、中には参ってしまった
者もいたり。

伴太は整備班の班長なので、「遅れた」メンバーに
ハッパかけますが。
…最悪、休み取るしか方法はないのですが。

何故そこまで急ぐのか?ドップラー軍団も同じように
「宇宙へでる」ことを目指しているから。こちらは
「不出の天才」ドップラーの下に、あちこちから拉致してきた
頭脳を集約している。彼らの船の名は「プラネスター」。

そんな折。総統の指示に反した装備を作ったノバ博士。逆鱗に触れ、
「マスクマン」処理をされてしまうことに。それを見て恐ろしくなった
ワープ博士。脱走を決意。

ジャスダム基地。ワープ博士のSOSを捕らえる。誘導するが、うまく行かず。
キャプテン・ダンがスカイアローで誘導することに。

だが、このスカイアロー。整備担当が極度の疲労のため、ネジを一本
落としていた。(って、バカボンのパパですか;)

ワープ博士を誘導する際、スカイアローにトラブルが。先ほどの
ことが原因。某島に不時着するキャプテン。

「キャプテン・ダンがやっつけられなかったのって、整備不良が原因だ!」
スカイアローを降りた際、ドップラー側に麻酔ガスを吸わされるダン。
交信不能。タクマ、サテライザーで出撃。
「俺も一緒に乗せてくれ!スカイアローの整備をする!」

敵メカ登場。
タクマも、ダンを発見。
伴太、スカイアローの再整備完了の報告。
「俺もサテライザーに。」
「整備は完全だろ?なら見物していろ。戦闘は俺の仕事だ。」

その頃、ダンはワープ博士から話を聞く。
「私だけが逃げようとした。闘わねば…」
ダン、再び空へ。

一方、サテライザー。
敵メカと空撃の末、海に落下。懐中でダンガードに合体し、、
海中で決戦。苦戦するも、急所を突いて辛くも勝利。
しかし、機内に浸水が。

諦めかけるタクマ。周りには鮫。
「たーくまちゃんw」←伴太登場。人知れず乗っていた。
「俺が整備してやる!」浸水箇所を突き止め。修理する。

整備完了。ぶじ、海のそこから抜けたダンガードA.

ワープ博士は、スカイアローの中で亡くなった。尊い犠牲を
無駄にしてはいけない。戦いは、これからだ。

ダンの言葉。

赤い花を持ち、ダンと見詰め合うタクマ;。伴太が張り切る。
さて、整備だ建造だ!

赤い花を海に投げ、
「俺達の戦いは終わらないんだ!」…タクマのモノローグ。

今回、金田伊功氏が原画です。この時点で既に
「金田跳び」「金田アングル」が見られますw。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

続きを読む "惑星ロボ・ダンガードA#25.(東映プレミアBB配信)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

惑星ロボ・ダンガードA#24.(東映プレミアBB配信)

「太陽と星のかけ橋」

http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item016118_0000.htm

これはリアル時には、終戦記念日の頃にオンエアされたもの
だそうです。
NHK「みんなのうた」で「さとうきび畑」を聞いたのも、この前後。
森山直太郎母で有名な歌ですが、どうやら自分が聴いたのは
ちあきなおみバージョンだったらしい。

また、東映プレミアBBのブログでも、このあたりのことを
取り上げられています。
http://blog.toei-anim.co.jp/anime_bb/2007/08/post_42.html#more

このカテゴリで有名なのは、やはり
旧サイボーグ009#16「太平洋の亡霊」だそうです。
http://members.jcom.home.ne.jp/0353387601/review_16.html

さて、本題。今回はものすごく絵が美麗だと思ってたら、
荒木御大作監回です。

真夏、蝉時雨。
ドップラー軍団の皆さん、「プロメテの地理に極めて似ている」と言うことで
第二次大戦の激戦地・バイサ島で模擬演習することに。
しかし、この地には、今なお旧日本軍の兵器の残骸が数多く残る。

ジャスダム基地。米国の民間機が落雷によるトラブルで迷い込んでくる。
キャプテン・ダンが誘導した、その人こそ、大江戸博士の戦友・
ジョン・グレイ氏であった。

当時、大江戸博士は学徒動員で、飛行隊に配属された。
第二次世界大戦中、南方の戦地で大江戸とすさまじい空中戦を繰り広げた。
その時、燃料切れで海に不時着した際、ジョンは攻撃しなかった、という。

そして、終戦。
南方の島で終戦を迎えた大江戸以下、元空軍のメンバーは、米軍に
救助された。

「Youのような優れたパイロットを殺す訳には行かない。むしろ
尊敬していた。」
何故、飛行機に乗っていたか?
「戦後事業を起こして、経営者として生きてきたが、定年になったのを
期に、かつての戦場を廻っている。」
ジョンの話は続く。
「しかし、死んでいったもののことを忘れてはいけない。皆若くして、
生命に満ち溢れていた。全ては運命。敵も味方もない。」
「これからパイサ島へ行き、花束を捧げに行く。今だそこは昔の
残骸があるという。日本人はすぐに忘れるから。」
「いや、私達は忘れようと努力したんだ。」
しばらくの沈黙。

「よし。私も行こう。」大江戸の決意。

グレイ氏と大江戸博士、パイサ島へ向かう。リサが同行することに。
「なにかあったら、すぐに連絡しろよ。」
「大丈夫。私がついているから。」…気丈な姉さんだ。

一方、ドップラーの皆さんは。
巨大なアリ型のメカサタン。操縦するのはグドンさん。今回は
ヘルメットにマント、という、どう見てもコスプレ制服;。
対戦回数は多いが、どれもが敗戦という、まるでどっかの炭酸みたいな
人だ;;;。
旧日本軍の基地などが残っていたので、それらを改造して使う、という。
「敵機が来ます!」「見つかるとやばい。攻撃しろ!」

その頃。
大江戸たちは、飛行艇からパイザ島周辺海域上にて、鎮魂のための
花輪を投げ落としていた。

落下する花輪の背景が実写に。

当時の日本軍の海軍とか、空軍とかの模様。そういえば、
「黄門様」俳優だった某氏と、ある家元の某氏は特攻隊の
同期で、あと1日終戦が遅ければ(ry)、と言う話を聞いた
ことがあります。

海面に浮かぶ花輪が2個。

島に上陸した飛行艇。だがいきなり地震に遭遇。岩崩れと地割れに
襲われる。地の底に落ちる飛行艇。

ジャスダム基地。
博士達空の連絡が途絶えた。
「スカイアローでいきますか?」タクマが問う。
「いや、もう少し様子を見よう。」

飛行艇。
さかさまに落ちたものの、特殊装甲のおかげで本体は無事。
3人とも、外へ出るが。
ドップラーのロボット兵が見回っている。
隠れる3人。
「どうやら、行ってしまったらしい。」
「安心するな。まだ近くにいる。」
「このままでは、ハゲタカの餌食になってしまう。」
「…ここには、ハゲタカは居らんよ。」←なにツッコミ入れてるんですか;

「まさか、誰かが助けに来るのを待っているのではないな?」
「そうするしかあるまい。」
「オーエド!ヤマトダマシイはどうした?サムライはどうした?
 オーエド?」
「私には、プロメテ計画をなんとしてでも成功させなければならない
使命がある。そのためには、戦う前に逃げねば。」

蝉時雨。

「…鳴いている。蝉も。人間も、短い青春を鳴き続けて死んだ。
 蝉は、力の限り満足して死んでいった。なのに、人はまだ生きられる
 命を。希望のなかった時代の人たちのためにも、私は宇宙の叙事詩を
 謳い続ける。…風に乗って、蝉の声が聞える。」
「蝉の声?ここは閉ざされた空間のはず。」
「私にも聞えます。でも、何故蝉の声を気になさるんですか?」
「マッターホルンの登山口を発見したのは、風の音からだと言われて
 いる。洞窟を通る風がホルンのように鳴り響き、彼らはその音を辿って
 頂上へたどり着いたと言われている。」
「では、あの蝉の声も、風に乗って?」
「うむ」「では、行ってみよう。」

苔むす岩肌をよじ登る3人。て、リサ姉、いつものミニスカスーツ;。
「あの穴から聞えてくる。」
「よし、行ってみよう。だが、ミズ・リサは無理だ。」
「リサ?わしかジョンかが必ず抜け出して、ジャスダム基地に連絡する。
 それまで隠れていたまえ。」「はい」
やはり男女の体力差が。確かに、この場合はこれが懸命な判断かと。
ひるまないリサ姉も大した人ですが。

「良いかな?絶対に危険な行動をとってはならん。これは命令だ。」
よじ登ったその先に。
「明かりが見えるぞ。」

そこは、ドップラー軍団の基地に改良されたところ。専用飛行機が
一機。
「ジョン、お前年はいくつだ?」
「忘れた。お前も忘れろ。」
「よし!」飛行機奪回へ動く2人。あっという間に見張りをなぎ倒す。
杵柄はまだ現役ですw。
「操縦は俺に任せろ!お前の知っているのは旧式のグラマンだけだろうが!」
「オーケイ」

「飛行フロートが盗まれたぞ!」「やっつけろ!」
火山口から、メカサタン登場。
「ご本尊登場だな。」
「このまま逃げるつもりか?」

これを地の底から確認したリサ姉。飛行艇から基地へ連絡を。
「タクマ、行くぞ!」「はい!」
ようやく出撃。

敵メカの出す「蜘蛛の糸」に絡め取られるフロート。しかし、
サテライザーが援護。
敵メカに喰らいつかれるサテライザー。分離合体して
ダンガードAに。しかし、「念動波攻撃」でピンチに。

「ダンガードAが危ない。」
「しかし、これには武器がない。」
「だったら仕方がない。『カミカゼ』で行こう」
「神風?」
「これぶつける。ぶつける前に脱出する、おk?」
ダンガードA.絶体絶命。
「脱出できるか?」

「脱出システムは大丈夫か?」
「ほほ。アメリカ人は、最初にこれ、確認するね。」
(このあたり、ボヤッキー様のようです;中の人が同じ。)
敵メカに「神風特攻」。その前に脱出ボタンを。
不意をつかれた敵メカ。止めを刺すダンガードA.

グドンさんはまたも脱出。マジで炭酸だw。

「博士達は?」「…あそこだ。」
椰子の木にパラシュートがひっかかり、宙吊りになる二人。

「はかせー、大丈夫ですかあ?」駆け寄るリサ姉。
「なあに、大丈夫だ。それにしても、オーエドのヤマトダマシイには」
「Youの荒っぽいヤンキー魂にも、兜を脱いだ。」

そして、握手しようとするが。
届かない。
ブランコ状態に身体をゆすり、握手、そしてハグ。
ちなみに、結構高いところで宙吊り。

下で怪訝そうに見ていたリサ姉。
「まあーーいい年して!」…まあ、こういう光景には慣れてるのかも。
(おい)>リサ姉。

平和の女神像があり、仏式とキリスト教式の墓碑が並び立つ。
献花のあとに。
「戦争を再び起こさないために、我々は、あの悲劇の時代を
いつまでも、忘れることはない。」
一同、敬礼。

タクマ、下を見ると。
蝉が落ちている。拾って再び飛ばしてやる。
飛ぶが、落ちる。銃撃の音が被る。

「確かに、博士のおっしゃられるとおり、我々はあの時代のことを
 忘れてはいけない。」
近くの木で、新しく蝉の羽化が。
暗転。

赤いきのこ雲が拡がる。
ひらがなでテロップが。

あ や ま ち は に ど と く り か え し ま せ ん …。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

続きを読む "惑星ロボ・ダンガードA#24.(東映プレミアBB配信)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惑星ロボ・ダンガードA#23.(東映プレミアBB配信)

「大氷原に咲いた友情」

http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item016118_0000.htm

「私は、そのプロメテ計画が気に入らないのだよ。この
美しい地球を捨てて、他の惑星に移住するためにワイド
鉱石を使うなど、言語道断だ。」

大江戸博士の友人であり、ワイド鉱石発見者でもある
ワイド博士の言葉。

今回は、南極が舞台です。まあ、夏なんで、「涼しい景色を
お楽しみください」なサービスもあったと思われ。

南極からSOSが。先ほどのワイド博士の息子・ロブが南極で
行方不明、至急捜索してくれ、と。

伴太が炎天下の元、何やらメカを制作している。
サテライザーの中古パーツをリサイクルして、自分専用の
作業用ビークルを作っている。
「出来たら、タマガーも乗せてやるからな」
と言ってるしりから、主翼が落ちてます;おい。

ミッション発動。
キャプテン。
「基地は自分が守る。南極へはタクマ、お前が行け。
お前がこのミッションのキャプテンだ。」

「はい!」思わぬ指名に色めき立つタクマ。
リサ姉と伴太が同行。そしてタマガーも。
一路、南極大陸へ。

到着。3人とも、防寒服着用。ロブがいたと思われる施設は、もぬけのから。
ボウリング設備も大破。

「もう鉱石をかぎつけてきたか。」ロブ登場。どうでも良いですが、
「ロブ」といわれるたびに、シロップ@プリキュア5を思い出してしまいます;

「プロメテ計画の連中は信じられない!」そう嘯くロブに対して、タクマ。
「やりかけの作業の続きを全面協力する。」と申し出る。

「ただで手伝ってくれると言うんだな?じゃ、やってもらおうか。」
早速間に合ってる『伴太専用作業ビークル』;。当然のことながら、
ものすごく面白くない。

「何であんな奴のいうこと聞いてんだよ!」
「今はおとなしく、向こうのわがままを聞いてくれ。」

苦労の甲斐あって、「ロイド鉱石」発掘。
「これはあらゆる金属の強度を、100倍上げる作用があるというんだ。」
…3倍どころではないのですね;。
「でもこれ、どうやって使うのかしら?」

「正体を現したな。」…ガチ杉;。自分こそ後の「諸星あたる」の癖に;
(中の人繫がり)
猟銃で働いてくれた人たち狙ってるし。やな奴だ。
「やっぱり鉱石狙ってたんだろ?でないとこんな万能なマシンを
持ってこないしな。」
偶然です。つか、こんなところで高い評価されてる;
>伴太のビークル。かなり嬉しくないな;。

「これから、お前たち一人づつ処刑してやる。」かなり逝ってます。
そういう時は、女子がいるならその子を先に人質にとってだな、
こういう交渉?をするものである。
それをしなかったのが、この坊主の甘ちゃんなところかも。つか
無駄に正々堂々だ。

「ロブ?」リサ姉、声かけにトライ。目の付け所は良いかも。
しかし、相手は気をとられない。(ちえ)

「た~くま~」タマガーの声w。何気に彼はGJですwww。
流石にこれには気を取られたロブ。その隙を主人公様が逃す訳はなく。

マーク武蔵@実写版ハニーのごとき回し蹴り!今回はマークイマジンがついていたとか。
(そこまでいうか;)さすがヒーロー様。初めてでないか?こんな見せ場。(おい)

倒れたタマガーをリサ姉がねぎらってる間。
タクマはロブに馬乗りになって凹リまくってますwww。やれやれ。
普段おとなしい人が怒ると恐い、と言うやつですね。
「ドップラー軍団が来たわよ!」リサ姉の知らせに、

ロブをそのまま南極の大地に放置して。(このあたりが恐い;)

サテライザーへ向かうタクマ。防寒服の下はパイロットスーツだし。
伴太には指示。ロブはどうやら…はははは。なんだ、勝手について来てる。
現金なやつだな、ロブは。

鉱石がドップラー側に持ち去られる。ロブも攻撃を受ける。
分析の結果が向こうの手に。早速メカサタンの表面コートに使われて。

気がついたロブ。一応ベッドの上。
ドップラーの名前をきいて、思い当たることがあるロブ。
「父さんを殺したのは、奴らだ。」

5年前。いきなり怪しい男達に襲われたワイド家。
「これをもって逃げろ。そして、後を継いでくれ。」データの全てが
入ったカバンを託され、逃げたロブ。
振り返れば、自宅は爆発。

それ以来、ジャスダムメンバーを敵と狙い、研究も続けてきた、
という。

外へでるロブ。

ロブに上着をかける人が。タクマです。
「自分も、父親が行方不明だから、少しはロブの
気持ちがわかるつもりだ。」この時点で、和解フラグが乱立したような。

「ワイド合金は、ここだけじゃないと思うけど?」
いきなりの夜明け。そういえば、このあたりは夜が長い時期だったような。
この作品世界において「あかねさす」ときは、まあ、「和解しました」描写
でもあるみたいです。

で、そのとおりに和解。
「今まで君達を誤解していた。許してくれ。」
…ある意味タクマは「ギアスキャンセラー」なのかも。
(父親がドップラーの被害にあっている相手限定の)

再び、メカサタン襲来。
「パルサーカノンでふっ飛ばしてやる!」いきまいているタクマに。
ロブが大事なことを。
「ワイド合金は、パルサーコスモエネルギーで100倍硬くなるんだ!」
…そういうことでしたか。しかし、時既に遅く。

敵さんは思い切り頑丈になってしまいました;。
「何故、それを早く言わん!」連絡を受けた大江戸博士の第一声。
「タクマへの助言は控えてくれ。」キャプテン。
「今回のキャプテンはあいつだ。死ぬも生きるもタクマ次第。」

「合金化したのは前だけ。後ろからなら隙があるはず。」ロブの
アドバイスですが、何分にもそれが判っているらしく、なかなか
「背」を取れないダンガードA。

「自分は後ろの山へ向かうから、ビークルで出て、飛び出してくれ。」
…ビークルを囮にして、背を取るやり方。

どうやら、功を奏したようです。さよなら、ビークル;。
息子の成長を喜ぶキャプテン。

研究データ全てをタクマたちに託したロブ。
「これからは、鉱脈を探して世界中を歩いてみるよ。」…山師ですねw。
いうなれば。

すっかり意気投合した二人。硬い握手で、お互いの健闘を祈る。

普通に良い話でした。しかし、タマガーはスペック高いな、本当に。
若い衆だけでミッション完了したのは、たぶん始めて。それもあるかと
思います。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ケータイ捜査官7 #34.

「ねらわれたサード」
「『アブ』は『アブニール』の『アブ』だったんだ。」
「『アブニール』は、フランス語で『未来』。」

もしかしたらベタな話だったかも知れませんが、
最後に「救い」とか「希望」が見えた話でもありました。

アンダーアンカー本部に、セシル・アダンという女性が来る。
彼女は「合同極秘著調査」のため、フランス政府から派遣された
エージェント。

任務は
「何者かに奪われた軍事機密の奪回」。桐原と組んだセシルは、
サードの解析能力により敵のアジトを突き止める。しかし、
潜入のとき、セシルの負傷により一味を取り逃がす。治療のため、
一時撤退した夜、桐原はセシルの招待を受けるが。

気がついたセシルに
「今の体調に合わせた食事のメニュー」をお知らせするサードが
執事的で。

このあたり、かなりアダルトチック。セシル、黒のロングドレス。
桐原、見とれてるし。(男だ!)
「ワインは如何?」
「要らない。車できているから。」
「おいていけば良いじゃない?」…
おい;別の意味に取るぞ;
セシルさんと桐原、無駄に「大人の雰囲気」出してるから余計に。

セシルの過去。
彼女の元夫はA.I.ロボット開発技術者。二人の間には
ジャン、と言う一人息子がいた。
仕事を持つ妻の育児負担を軽くするのに、「育児ロボ・アブ」を
制作。ジャンも「アブ」を気に入り、幸せな毎日が。

ある日。
ジャンが車にはねられて亡くなった。「アブ」が暴走して
ジャンを抱えたまま、トラックに突っ込んだという。
だから、この仕事を選んだ。二度と悲劇を繰り返さないために。

「俺達は似たもの同士だな。」

サードを「A.I.ロボ」と呼ぶセシル。
サードが暴走したときはどうするの
無理やり言い聞かせたりしないの?」

手段は、ない。暴走しないから。奴は俺の『バディ』だから。
心が通じるから。」
じつは一服盛られていた桐原、そのままお眠りに。

その間に、セシル、サードを奪取。じつはそれが目的。
「PBさえあれば、AIロボの危険性を世界中に発信できる。」

「私を盗むつもりですか?セシル様。もう一度お考えを。」
セシル、サードの電源オフ。

サードの沈黙により、セシルの居場所がわかる。
桐原、ケイタ&セブンとともに「そこ」へ。

サードは渡せないわ。」
「アブはジャックを抱えて、トラックに飛び込んでいた。
アブのメモリには、ジャンを守ったいきさつが残っていた。
アブが殺したんじゃない。」

でも、サードは渡せない。」
「逃げたい、認めなくない気持ちは判る。しかし、それで
AIロボを悪者にして、逃げて良いのか?子育てをアブに
まかせっきりにしたのが負い目か?
俺にサードを返してくれ。大切な俺のパートナーだ。」

サードを返そうとした、その時。
セシル、撃たれる。

ケイタ、救急車を呼ぶが、間に合わず。
セシル。「アブは…アブニール…」

「セシルは、A.I.の未来を信じていたのかもしれないな。」
ケイタにつぶやいた桐原。

とにかく、サードがカワええ。執事キャラもはまってるし。

一応、事件は水際で止まったみたいですが。
ひそかに、「アブ」も濡れ衣がはれた回でもありました。
良かったね、アブ。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (4)

惑星ロボ・ダンガードA#22.(東映プレミアBB配信)

「ミヨちゃんのためなら!」

http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item016118_0000.htm

タマガー強化月間・第二弾。でも、
これは「夏のホラー回」かもしれない。
普段歩いている道に、じつは無数に空いている落とし穴。
たまたま足を踏み外して落ちてしまった、そんな恐さ。
(あくまで私見ですから)

ジャスダム基地とかサテライザーとか。
破壊するのではなく、丸ごと戴くほうが美味しいのでは?
というへチ副総統の案により、(さすがボヤッキー様でもある人だ)
今回は「丸ごと掠め取り」作戦を実行するドップラー軍団。
しかし、
何かとチープだ;この皆さん。へチさんいなかったら、どうなってることやら。

ということで、4次元バリアなるものでジャスダム基地を丸ごと「包んで」
しまうのですが。

どうみても、東京ジュピター。(おい)

で、その前に。
ミヨコちゃんが、自分の母親に対して怒っている。
あなたは『女の子』だから、基地に遊びに行ってはいけない」と
言われたから、だそうですが。

えーと。
貴女はまだ小さいから」の方が文脈は正しいような。何故ここで
女の子は駄目発言になるのか、よく分からなかったり。で、
「リサお姉ちゃんも、女の子でしょ?」まあ、そのとおりです。
(ボケかませませんでした;)キャラにまでツッコミ入れられてどーしますか。

で、この収拾つかない事態に対して、タクマが「地雷」踏みました。←おい。
「ママを悪く言ってはいけないから。ママは心配して、そういったんだから。」

タクマ母。彼が3歳のときに亡くなったそう。木之本桜嬢と同じですw。
「ぼくは、誰にも叱ってもらえないから。」←キャプテンの立場が;

どうやら、映像で登場した「荒木美人」(おい)がお母さんらしいです。
思ったとおり、可愛い:綺麗=6:4な方。

しかしだ。ここで母親ネタ投下とは。チャレンジャーとしか。
いきなり「母さん」連呼ktkr。

洸イマジン降臨w。(おいこらまて)
タクマの声の人は、ひびき洸のそれでもあるので有名ですが、
あえて母親ネタをぶつけるところに、当時のスタッフの勇者振りが。
ママン、もしかしたら1万2千年前の古代ムー人かと思いましたわ、
一瞬。(当然、違いましたが)

「笑顔しか覚えてない」そうですが、3歳ならばそれだけでも十分な気がします。
つか、父親の写真はあれなのに、ママンの方はどーしてんだ?ということに
なるのですが。
(あのパパなら、色んな理由でママンの写真を処分していてもおかしくないですけど。)

基地。いきなり計器が狂い出した。ついでに天気もおかしい。
ダンとタクマがサテライザーで調査にでるも、
「真直ぐ突き進んだはずなのに、元の場所に来ている。」
雷雨やら隕石やら、色んなものが降って来ますし。

そんなところに、ドップラーさんからのメッセージが。
基地は4次元バリア(磁気で発生させる)で包囲した。一時間の猶予を
やるからとっとと出て行きやがれ。さもなくば攻撃する。

相変わらず強引な人です。まあ、そんな脅しに屈したら話が終わる;
もといそんな勝手な言い分聞く耳持つわけないので、対策を練ることに。

タマガー。
「そんなのまきこまれるのやだ!」と基地から逃走。しかし、この
「アナライザーロボ」、無駄に性能が良いです。

途中で、基地に向かう途中のミヨコちゃんに遭遇。雷がこわかった
らしい。家まで送り届けてあげて。

気を取り直して、基地に戻ることにしたタマガー。いきなり
引っ張られる。どう考えても何かの磁場ですが?

引っ張られて、バリア発生装置にストライクw。バリア四散。
まあね。かの「光子力バリアー」そっくりのピンクな奴でしたからw。
嵐が一気に去り、広がる青空。
しかし、タマガー自身も衝撃で「四散」してしまったのですが;。

へチさん、作戦失敗したので、メカサタン攻撃へ。

「何で、失敗したんだろう;」
磁場発生装置は、かのメカサタン様本体でした。その証拠に、
タマガーがヒットして壊れた箇所が;何気に大手柄だ。タマガー。

再度、サテライザー発進。
ダンガードAに変形。一度海に落とされるも、再度浮上。
ロッドフォーム@電王まんまのフォームで。
「ダンガード・キーーック!」←←←ここは笑うところですねw。

いや、男子ならば一度はやってみたいはず。>らいだーきっく。

「止めだ!」と思ったら。
向こうから鍵爪チェーンを食らわしてきた。一撃目はコックピット
直撃。(おい)タクマは寸前で直撃逃れるが。

二撃目で動きを封じられ。

「キャプテン、どうしたらいいですか…?」
「タクマ、考えるんだ、自分で」

えーと;考えてるだけの猶予はあるのかと;;。
「そんな;」

今の時点で、敵とは至近距離。なのでビーム発生箇所に
集中攻撃。最後は鎖をちぎって、本体撃破。

粉々になった敵メカ。コックピットには相変わらず鍵爪が刺さって
ますが。
爪の鏡面に写るタクマ。
「勝ったんだよ…俺、勝ったんだよ、あはははh…」
「…タクマ、良くやった…。」

いや、息子さん、無駄にアヒャッてるんですが;。いいんですか?
恐いよ;気持ちはわからいでもないですが。

浜辺にて。粉々に分解したタマガーの部品を回収に来たタクマと
太、ミヨコ。太郎もいる。
(そういえば、タクマの肩に乗る太郎は、まるでしゅごキャラみたいですw)
あたり一面に部品が散らばる図は、ある意味シュール。

「タマガーが体当たりしたおかげで、基地が助かったんでしょ?」
「俺は、磁気に引き寄せられて、偶然当たったほうを選ぶけどね?」
@太。まあ結果オーライ、ということで。

パーツも無事回収できて、太により組み立てられるタマガー。
ミヨコとの再会を喜ぶあまり、「涙を流す」のですが。

「あ、やばい!目からオイルが漏れている!」…そういうことなのですか;

「いいんじゃね?」ということで。

こう書いてみると、一体どこがホラー?なのですが。
やはり、タクマの「あヒャリ笑い」が唐突過ぎて恐かったのかも。
夏だから、何かに取り憑かれていたとしても(おい)。

それにしても。身長200メートル・重量5000トンの「ライダーキック」は
マジ恐いです;。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

喰霊-零-#12.(最終回)

「祈焦‐いのりのこがれ‐」

「意味のある死に方なんて、あるのかなあ?」
@神楽。紀之が姿を消したが、犬死するよりましだ、
という岩端の言葉に対して。

最後の闘い。

対策室メンバーは、ほぼ全滅。

黄泉は殺生石に支配されないよう、意識を保ち、苦しむ。
彼女が完全に支配されたその時。この世を滅ぼす存在に
なるという。

殺生石よ、お前は私の本当の望みをかなえるのか?」

カテゴリーDの死人たちは、ナプーと岩端に任せて。

ついに合間見える二人。

最後に父と語り、家族になれた、と神楽。
自分も、諌山の父と妹のような神楽。
本当の家族のようだったと、黄泉。

勝手な思い込みが黄泉を追い詰めた。
もっと「理解」するべきだったと、神楽。

「もう、遅いわよ。」

「謝りたかったの。」
「私を殺す前に?それとも、自分が死ぬ前に?」
闘いの火蓋、切られる。

乱紅蓮と百叡、召喚。
神楽は強い。しかし、それでも「甘さ」が
命取りに。
神楽、黄泉に押し倒されて、肩に枝をつきたてられる。
激痛に悲鳴をあげる神楽。

命乞いしなさい。あの人たちの最後はこんなに惨めだったわよ?
お父様が死ねば、百叡が手に入るからね?そうでしょ?
神楽の逆鱗に触るどころか、引きちぎるほどの勢いで

岩で打撃!今度こそ神楽反撃。しかし、肩の痛みが。
追い詰められた神楽。その時。

紀之登場。
「あいつは、俺に殺してくれって言ったんだ。
俺のことを、恨んでくれ。」

最後に切り結ぶ、刀と刀。
「相打ちは負けと、教えたでしょう?」
懐に飛び込んだ神楽、腿に備えた武器で、
黄泉を仕留める。

黄泉の本当の願いとは。

「神楽を守って。不幸を消して。災いから守って。
それが私自身からであっても!」

ケータイの待ちうけ画面の「自分」のところを壊す。
自分自身で。

胸に深々と刺さる得物。
「強くなったわね、神楽。私の自慢の妹。」
そういって、崩れ折れた黄泉。

現れたカテゴリーDの群れが、悲しみに支配された神楽を襲う。
しかし、もはや彼女の敵ではない。
百叡を用いて、全てを一掃する。

一番大事なものを斬った彼女。もう何も切れないものはない
そうだが。
「人の心を捨てるには、若い。」
「この痛みを背負って生きるのも、また若いが。」

ナブーと岩端。だがそれも彼女次第と。

二年後。室長は生きてましたが、桐ちゃんが幼児退行。
不二子ちゃん、というおばあさま?が今は室長に。

紀之は、とってもチャラ男な辻占氏に。でも似合ってます;。
元友人達も健在だし。

そして。
「良くこんな状況でポッキー食えるな。」
男子と二人でお仕事です。剣輔というそうで。
神楽はすっかり、「その道のプロ」になってます。

「じゃあ、お仕事と行きますか。」
最後に流れるOP。かっこよすぎる。

とにかく、してやられた始まりでしたが、最後まで
引き寄せられるように見てました。黄泉もですが、やはり
神楽は強い子だった、ということで。

二期があるかもしれない終わり方でしたが、とにかく
楽しませていただきました。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (2) | トラックバック (11)

屍姫 赫 #12 .

「夜明け」

判っていた結末、という言葉が在りますが、まさに
今回を言い表しているかと。

景世、死す。マキナとの契約僧の「縁」はオーリへ。
これにつきるかと。

前回。「乗っ取られた」オーリに刺された景世。どうやら瀕死の
重傷。

当然、戦闘中のマキナにも「感じられる」わけで。しかし、駆けつける
暇があるどころか。

七星、強い!身体をパーツに分解どころか、霧状にまで変えたり
できるとは;。攻撃してもきりがない。破壊すべき「脳」まで
見当たらないし。

「未練だけでは、お前たちを殺すのに足りないのか。」
悲観にくれるマキナ。やっと景世の元に着いたときには、
景世はぼろぼろで。

赤紗。オーリで景世を釣り、倒して。
「棺の中身を浴びた眼球」を奪い。どうやら座壇に使うみたいですが。

まだ死んではいなかった景世。
「その目は死を受け入れたものの目」流石の赤紗をもたじろかせた
眼力。
全ての力を振り絞り、攻撃をかける景世。
「屍姫の真実を知りたくはないのか?」赤紗、ネタを
ちらつかせますが。

「それを知ったらお前のように自分の屍姫を殺さなければ
ならなくなるような真実なら、知りたくはねえ!」

さすが景世w。そのとおりです。
経典手に巻きつけて殴りこみかけたり、薬含んだり。
体顧みなさ杉。

「オーリ、頼みがある。
俺の代わりにみんなとマキナを助けてくれ」

こういうことでしたか。あれほどまでに
「巻き込みたくない」と言っていた人が。
「ミナイを見ただろ?」と例には出してますが、
本当は、ただひたすらマキナを救いたい。景世の願いを
かなえるため。

オーリ、契約僧になることを承知します。

「お前は最後には笑っていてくれ。笑ってくれ、マキナ。
そしたら俺はお前をこの地獄のような場所から救えたんだと
思えるからさ」

もしかしたら、妄執があれば、「屍」となって生き返るかも。

ではなく、笑顔を作ったマキナ。景世は思い残すことは
なかったみたいでした。

「未練だけじゃ足りない」ならば、その力の源は?
改めて七星に立ち向かうマキナ。圧倒的。湖惑が
取り込んだ座壇を一気に打ち砕く。

屍としての「呪う力」のせい?いや、オーリの命を
源にしている。そのせいで、オーリの身体は蝕まれ。

赤紗が助けてくれましたが、何の訓練もしていない
オーリに、この責務は勤まるのか?

オーリ、16歳。誕生日に、父であり、兄であり、親友でも
あった人を失い、契約僧になった。

…景世退場。ほんとに惜しい。でも、有難う。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (8)

惑星ロボ・ダンガードA#21.(東映プレミアBB配信)

「タマガーの一番手柄!」

http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item016118_0000.htm

そろそろ年末進行シーズンです。今週は頑張ろう。
来週は、お休みして。というか、これみてくださってる
奇特な方がおられれば、の話ですが。

今回は、リアル時では夏休み。はい、海とか水着とかですねw。
奇しくも、今週のラインバレル(こちらのエリア)は、なぜか
海辺で水着回です。いや、偶然にも程があるw。
そういえば、この基地は離島にあるので、周りが海。
あらすじ見てたらものすごいベタなテンプレ回のようです。

そういえば、某「シャイダー」で、こんなネタが有ったような。
(んで、アニーが水着でアクションしてたんですwww)

タイトル的にはタマガーメイン回。ポジションとしては
「平成ライダー・甲子園進行調整週(関西限定)」な感じ。

レギュラーさんたちが、割り振られたキャラで持ちまわってる、
といったもの。こちらの希望を裏切らないところが。

絵的には、
「平成戦隊シリーズのロボ戦・夏休み版」といったところ。
当然、ヒロインは水着デフォルト、というところまでがw。
いや、全体の雰囲気までがそうなんですよ。

ドップラー軍団。
へチ副総統の指示の元、飛島(基地がある離島)近辺の通信
ケーブル切断、ネットワーク遮断作戦が。で、今回のメカサタンは、
「かにおばけ」というより、「かにバサミな百足メカ」だったりします。

こちらは、ジャスダム基地の若い衆。近郊の「阿弥陀島」に遊びに
いこう、という話。

そこへ、キャプテン登場。
「タクマは基地に残れ。」←お約束すぐる;。
「チーフパイロットは、常に動けるようにスタンバっておくべし。」
&「先週休暇は取っただろう?」←浩一もとい光一の件か?

ということで。
伴太も連れで待機。←鉄板杉;。

どうしても面白くないリサ姉。大江戸博士にも直談判に行きますが。
「キャプテンの言うことにも一理ある。それに、キャプテンはここに来て
一度も休暇を取っていない。」
しかし、ミヨコたちは連れて行ってやれ。

ということで、彼女のほかには太、ミヨコ、タマガー(メカなのに;)という
面子。
じつはリサ姉、かなり不服だった模様。しかし。

前回、せっかく自然発生するところだったタクマとのフラグを自ら
へし折った方です。ばきばき。どうやら「ヒロインの立場」というものを
顧みて、反省した上で再度フラグ立てに挑もうとされたみたいですが。

しかし、チャンスを袖にする人に、チャンスは訪れるか? 否。
「今回は、冷静沈着なお姉さまキャラで行くべし」という天からの
采配が振られてしまいましたw。

せっかく、「この時代のヒロインの必須アイテム」である「赤いビキニ」
準備したのに。いや、ビキニで動きまくるのがポイントなんです。
姉さんは、この機会に「ヒロインとは何をするべきか?」をおさらいすべきかとw。

海で遊んでいる最中、メカサタンに襲われた一行。リサ姉の運転するボートで
ジェットスキーしていたタマガーは、急ぎ浜辺へ放り出され。

ちなみに、破壊されたボートから、姉さんは自力で泳いで帰って来ましたw。
男前だ。(もしタクマがその場にいたら、あれですけどもwww)

「何かあったときのための通信機」は、タマガーの下敷きで大破;
「漁村へ行きましょう。」ということで。

その頃、村でもメカサタンに襲われ、全滅状態。
長老様(声:矢田耕二氏)の指示により、「阿弥陀島」の洞窟へ。
姉達も合流。

姉。長老様に通信手段の有無を尋ねるが、ケーブル全滅・無線も大破
で、どうしようもない。

そうだ。タマガーが電波を出せるはず。

交信してみる。

基地。「妙な電波が入ってます。」
「それ、タマガーのだよ。SOSだ。」

サテライザー、速攻発進。妹を心配する伴太が兄ちゃんだw。

現地に着いた「ダンガードA」。
メカサタンは洞窟を背にしているため、こちらから攻撃が出来ない。
衝撃を与えれば、洞窟が崩れてしまう。
ただひたすら攻撃に耐えるしかない。

一方、洞窟内では。
唯一の外へ通じる道を、皆が走っていたが。
潮が満ちていて、出られない。
そろそろ引き潮らしいのだが。どうする?

姉さん。祈る。おい?

潮が引く。光が見える。外へ出た!
「太君、お願い!」

外へ出て、テントの布帛を思い切り振る。
ダンガードAに、自分達の無事を知らせるため。

それにしても、リサ姉。見事な采配ぶり。この人もただ、
「塔の中で助けを待っているだけのお姫様」@千鳥かなめ・フルメタ
ではないようです。これならいずれふさわしいフラグ立てもいけるはず

これでダンガードAは何に惑わされることなく闘えることに。
こうなると、一気にカタはつき。

なんか、ものすごく「特撮」テイストな感じでした。
ラストのタクマもいつになく「ヒーロー」だったし;(おい)

一番頑張ったのは、タマガーで。

そして、ラストはどこからともなく「ミッチ姫」の歌声が。
「リサの願い」だったでしょうか。挿入歌。

たまにはこういう「緩い回」もなければ、ね。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (2) | トラックバック (0)

しゅごキャラ、どきっ!#63 .

「ルルの完璧クリスマス!」

ルルとナナのメイン回です。

そういえば、彼女達とあむちゃんは、普通に考えたら
接点がない。で、日奈森家の構成を振り返ってみると。

あむママは、主婦雑誌の編集をやっている「業界人」でした。
危うく忘れるところでしたが、マスコミの中の人である。
なんとでも繫がりは出来る訳で。

そんなわけで、とても自然に
「ルルママンとあむママの繫がり」というのは出来ました。というより、
今までなかったのが不思議な位

「仕事で知り合った女優さんと意気投合。クリスマスパーティー
へご招待。」
だというのに。

「本来ならお友達でもない貴方に」既にこの方便は成り立たないにしても、
こう言い切るルルさんに萌えw。

クリスマスツリーを一緒に飾ったり、仲良くなるきっかけは
十分あると思われw。

で、本編のパーティーですが。

ルルママンは女優さん。立派な賞を取ったという、
「正統派」なママが理想だそうで、今のバラエティで
大人気なママはいまいちなんだそう。

実際、オールラウンドにこなせる人の方が仕事も途切れないし、
いろんな役をもらえたりするので、そのほうが業界を生き抜くには
有利なんですが。

どうも、子ども的には「大女優なママ」でないと気に入らないらしい。
「あんなの、女優のやることじゃないわ。」

「子どもの夢だ、放っておけ。子どもは、夢を大げさに言うもの
だからな。」
「貴方は、子どもの心を判ってない!」
某昔のロボアニメのレビューより。だから、昔からそういうもの
なんですよw。

で、ギアス持ちの彼女がとった行動は。
「エンブリオさえあれば、ママはまた輝ける。」
いえ、ママは輝いてますよ、十分に。

ということで。
「夜は家族だけでパーティーだから、早く帰ってらっしゃい」と
送り出されて、街へ。

サンタコスでティッシュ配りをする青年。今回のターゲットは
この人。
「なりたいものギアス、発動!」
キャラなり、サンタドリーム。

この青年、ティッシュを配るバイトくんです。つまり、
「今あるノルマを、さっさとこなしてしまいたい」
から
「サンタ以外からプレゼントを貰わない!他のは没収!」と
かなりエスカレートしてしまいました。

標的はルルさんでした。逃げる、逃げる。
でも、大切な、ママへのプレゼントを落とします。

あむちゃん、これに出くわして、アミュハーにキャラなり。

まずはギアスキャンセルしないことには。

「喜ばそうと思って居ても・・・受け取って貰えないのは
悲しいじゃないか!!」
「ちゃんと受け取ってくれる人だって居るよ!そういう
気持ち、あたし分かるもん!」

「・・・」
「皆が悲しむようなことしちゃ駄目じゃん!(ウインク)」
「そうか・・・そうだよな・・・」

ミキとのコンビで無事×たま化に成功。オープンハートで
「浄化」出来ましたとさ。

これで、プレゼントも戻ってきたルル。おうちに帰ってきたら、
パパとママが
「女優」と「一流シェフ」の扮装でお迎えしてくれました。
娘のために、心砕いてくれる両親が優しいですw。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (2) | トラックバック (6)

機動戦士ガンダム00 2nd season#12.

「宇宙で待ってる」
とりあえず。
王留美 ざまあw。←やはりこれに触れている人がw。

今回のメインは間違いなく沙慈とルイス。
しかも、二人のベクトルはもはや交わることはなく。

いきなり例のあのシーンから続きましたが、それでも
オーライザーガンダムは強い。
柊(おい)駆るところのブリングもあっさりやられたし、
リヴァイブもまた。

これは機体が量子化したことのよるものとか。
…凄すぎる。
流石のリボンズもこれは知らなかったらしく。
動揺しているところに
「いらんチャチャ」入れた王留美。
いきなり張り飛ばして。

「黙っていろ、意地汚い小娘が」
(某キャシャーンと同じとは思えない声;)

殺意満々でしたね。女性に手を上げるのはどうかと
思うのですが、この場合だけは自業自得かと。
後ろで見ていたリジェネも「ざまあ」な表情でしたし。

たまには痛い目見たら良いんですよ、この人も。

戦いが終わる頃、沙慈は合体解除して、オーライザーで
ルイスを追いかけようとするも、燃料切れで動かず。

「動けよ!」

ルイス。アロウズからの帰還命令。
その途中。先ほどの出来事を思い返していた。

沙慈がCBに。そういえば、刹那。彼はCB。
二人は隣同士。

『その頃から、二人は関係してたんだ。』
両親の仇であるガンダムに。沙慈は。
裏切られていたんだ。

誤解を解く術は、今のところなく。

リンダとイアン、無事の知らせ。
アニューが近くにいるようですが。

ルイスがアロウズにいて、MSで前線に出ている、
という事実。
彼女は両親をガンダムに殺された恨みを晴らすため、
アロウズに志願した。

「どうしてこんなことに?」混乱する沙慈。

幼い頃、同じような軌跡を辿った刹那いわく。
「運命に抗うには、…闘え!」
普通に考えてみても、それが妥当かと。
やり方はいろいろあると思いますが。
「人殺しをしろというのか?」…もうやってない?
不本意ではあるにしても。
「お前のための闘いをしろ。」
人には向き不向きがあるからね。出来ることをすれば良い。

「お前らと一緒にするな!」刹那を殴り倒す沙慈。

てか。今時の作品でも殴り倒すことあるんだ。しかしな。
感情の発露の方向が間違ってるだろ。
まあ、刹那も言葉が足りない節もあるけど。

と思ってたら。

「たまたま聞えていた」ライルが助け舟。
「戦いは刹那がするから、説得は沙慈がやれ。」
いえばよかったじゃないか?
…うまいな、ライル。

で、それは何のためにする?
「未来のため」

この会話。アンドレイにも聞かれていた。
この設定、納得です。しかし、普通に恥ずかしいな;。

沙慈の存在を知ったアンドレイ。しかしルイスは、
CBは「倒すべき存在」と言い張る。

「こんなに細い腕で、操縦桿は握れない。
ルイス、貴女はアロウズにいるべきではない。」

昔の作品なら、
「戦争は、男の仕事だ」とか、
「女だてらに、戦争ごっこなんかするもんじゃない。」
などとかの台詞が来そうなところですが。今は違うので。

左手でアンドレイの腕を思い切り握り返すルイス。
(操縦桿なら握れますから。ご心配なく。)

さりげなく、見事に意趣返しされたアンドレイ。

リボンズからイノベーターたちに「以心伝心で」指令が下る。
ダブルオーガンダムの奪回。

メメントモリ、第2波、発射。またも一般人が大量に。
このやり方に異議を唱えるものも出てきているらしい。
(そりゃそーだ)。
セルゲイに緘口令が敷かれましたが、破綻するのも時間の
問題、思っているはず。

CBの最大目標、メメントモリの破壊。
しかし、それでも沙慈はルイスに遭いに行きたいらしい。

「戦争なんて、やりたい奴がやってろよ。」
渦中にいておきながら、まだそのような戯言がいえるのか、
沙慈は。はあ。

昔のように、平凡だが幸せな毎日を取り戻すために。

「無自覚な悪意」ティエリアの言葉。自分のしたこと。
もう少しで、同じ過ちを犯すところ。カタロンを潰したのは
誰のせいだったか?

流石に無許可発進はしなかったものの、他に手がなく、嘆くだけの
沙慈。

ルイスは。ケータイに残っていた、沙慈との写真。まだおいていたけど。

全部消去。

昔と同じには、戻れないから。

止めに。

カタロン宇宙軍に向けて、メメントモリ第3波が発射される。
全体の2/3が消えた、という、その威力。

急がれる行動。イノベーターたちの反撃へ。

この期に及んで、沙慈はまだ現実が見えてないのか、見ないだけなのか。
いずれにせよ、ルイスの覚悟が天晴れなのに比べて、沙慈の
往生際の悪さが目立ちました。

次回は、メメントモリを攻略ですが。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (27)

Yes!プリキュア5GOGO! #44.

クリスマスワールドは、とても大変。

メルポが連絡持ってきた。
何でも、サンタさんが倒れたので、代わりに
プレゼントを配って欲しいという。

早速、皆さんサンタコスでスタンバイ。
さて走る、走る。

「何でお昼に来るの?」鋭い少女様の質問。
みんなの顔をもっと良く見たいからよ。」
…何気に「赤ずきんちゃん」を思い出した;。
こまちさん、天然だからw。

そういえば、エターナルでは、
確信に迫る発言で、蛇姐さんにモモーイさんが
睨まれました;。

シロップは、前にエターナルにいたことが?

そりをなくした、と言うサンタのおじさんに、
「大事なものは離したらいけない」と言う矢先。

「フローラさんからの手紙」を無くした自分に
気がついた。
そして、そりを奪ったのは、モモーイさん。

モモーイさんの知りたいことは、シロップも知りたい。
それなのに。
プリキュアさんたちが割ってはいる。
「無理やり思い出さなくて良い。」
いえ、極めてナチュラルなんですが。

大切な手紙をなくしたので、今のフローラさんと館長の関係に
なっているとしたら。
もしかしたら、トラウマのあまりそのあたりが記憶喪失に
なっているかも?

たぶん、全て把握しているのは蛇姐さん。

そんなことを考える間もなく、ホシイナーでバトルです。
今までの彼とは違い、なんら対策があるわけではないので、
あっさり敗北。

一方。
贈り物は全て配達完了。ナッツハウスもクリスマスセールを
何とか乗り切って。
サンタさんも体がよくなって、さてお仕事。

「ケーキ忘れた!」なのぞみに、サンタさんから
ケーキのプレゼントが。どうやらこれでパーティは出来そうです。

次回は年末でお休み。そして年明けからは、いよいよキュアローズガーデンへ。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (2) | トラックバック (8)

仮面ライダーキバ #45.

ビショップは自分の任務を全うしているだけですが、
何故にこれほどまで報われないか;(違うか)

「出来損ないのクイーンだから、止めを刺しました。」
(ファンガイア的に)と愛した女性を貶められた上に
手を下されていた事実。しかも、その罪を弟に擦り付けて
いたという。

大牙的には、憎んでも余りある存在となったビショップは、
ライフエナジーを集め出す。
「あのキングを始末するために。」

ビショップの野望を打ち砕くため、新生名護さんが前に
立ちふさがる!

「この身体 そのすべての細胞が
正義の炎に燃えている」…カッコええ。

で、過去。
前回、先代キングに張りつけにされた音也イクサ。助けたのは
息子の渡。
「真夜と音也の息子」にやられたことに逆上して、本来の姿
=バットファンガイアに変身。攻撃かけるも、どうやら父子は
逃げおおせたみたい。先代キングも。
「愛などいらない」といってる割には、「愛」に縛られてます。

しかし、今回の過去編はとにかくてんこ盛り。次から次へと展開される
ものですから。

「さすが、俺の息子だ。悪いが、俺は今から真夜に会いに行く。
デートの時間に遅刻するような奴は、空き缶ほどの価値も無いからな。」

こういうことをさらりと言う音也。やはり大物。

で、真夜はもう音也に遭わない決意をし、キバット2世がメッセンジャーに
なりますが、紅親子は後追いして真夜に会いますしw。

真夜が「会えない」といった理由。
先代キングが大牙を盾にしたから。「会えば殺す。」
…できるわけない、とは知りつつも、これは厳しい。つか、
先代。どこまで「人間臭い」んだ、全く。
一方で。
「そうか・・・でもな真夜、お前の子供なら俺の子供だ。
俺が助ける。キングを倒して。」

ははは;。音也らしい。というか、スケールでか杉。

真夜。
それは無理と否定するも、キバット2世が手伝うと言い出すし、
渡が『キバの力』で助ける、と言っても、
「自分の力で全部助けて、かの3匹も」などと言い放つ音也。

ただ一人、暗く心配する渡。

過去で、ダークキバに変身。先代と戦うも、重篤なダメージを負う
音也。心配する渡に当身を食らわせ、済ませる「野暮用」とは。

ゆりに助けられるも「父さんを止められないから、深央が死ぬ。」
と嘆く渡に。

「彼女は後悔してない。別れたとしても、後悔はしてないから。」
と諭すゆり。出会わないより、出会うほうが良い。経験者の
重い言葉。

「真夜、俺の命を受け取ってくれないのか?そんな弱い女だったか?」
これが野暮用。しかし、どこまでも格好つけてるな。(そこがいいですが)

「渡、あなたは私の代わりに、あの人から受け取らなければならない。」
「受け取るって・・・何を?」
「命を。」

未来の息子に告げる言葉。かなりな比喩ですが、それだけ色んなものが
あるかと。

城ドランにて。先代とのバトル。
「深央ちゃんだったか。彼女を生かすためには、お前が強く生きるしかない。
人は前に進むもんだ。悲しみを飲み込み、大きくなった時・・・彼女はそこに居る。」

改めて、息子を諭す。

渡に、大牙(赤ちゃん態)の奪回を命じ、自分は再び闇キバへ。

バトルの衝撃で、ナイトメア三体が外に放り出される。が逃げる。
闇キバ、ドランの攻撃から逃げられず。
渡、真夜に大キバを託すと、飛翔体で攻撃。

音也、かなりピンチ。先代の鈎爪で滅多打ち。ついに体力の限界が。
変身解除、そして倒れる。

いよいよラストに向かって動きました。ラスボスはビショップになるのか
どうか?です。

これで、伏線も回収できれば良いですが。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

続きを読む "仮面ライダーキバ #45."

| | コメント (0) | トラックバック (10)

炎神戦隊ゴーオンジャー#44.

「聖夜ヲマモレ」
キレイズキーは、生きていた。
(ロギアですか;おい)
どうやらかの「ムゲンゴミ箱」に隠れていたらしく、
今回は反撃編。

このゴミ箱から異次元に飛ばされたゴーオンジャーの皆さん。
と黒は幼稚園に立てこもる銀行強盗のところへ。
(ベタですが、何気に新鮮)

金兄は幽霊がいる場所。
(珍しい組み合わせ)

銀妹はサンタと共に波止場へ。
(かなり珍しい)

早く戻らないといけないのですが、その前に、目の前の
トラブルを片付けないといけない。

それにしても、金兄が幽霊苦手とは。
「小さい頃、おじいちゃんが話してくれた幽霊話がとても恐くて」
…ドンだけ怖い話したんだよ、祖父ちゃんw。

その間に、キレイズキーさんはヒューマンワールドの大掃除、
とばかりに活動を。クリスマスツリーに爆弾を仕掛ける、
というものでしたが。

しかして。
戻ってきたゴーオンジャー。炎神12体総動員+ゴローダーGTで
せっかく巨大化したキレイズキーさんをやっつけてしまいました。
結構あっさりだったかも。

(まあ、12体合体、クリスマス販促回に出しておかないといけないのは
大いに判りますwww。)

爆弾も、不発になればただの綺麗な飾り。なので、クリスマス後に
回収する、という、これもまた良いオチ。

早輝が翔大のお姉ちゃんw。
やはり、彼には「兄貴」でいて欲しいです。個人的に。

「どこかに、強い味方はおらんのでおじゃるか」と言いつつ
顔が真っ赤なおじゃる姫w。ガイアークは、こんな風に
のんびりしてるのがいいな、と思います。しかし、このままで
ラストまで行くかな。

次回。「G5プリンス」て;ついに来ました。プリンセス再びは
嬉しいですが。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

続きを読む "炎神戦隊ゴーオンジャー#44."

| | コメント (0) | トラックバック (10)

鉄のラインバレル#11 .

「SUPER NOVA」
ラインバレルが、ロボアニメの王道を走っている。
いや、大いに良いことなんですw。やはり
「燃える必殺技と決め言葉」これがヒーローの条件。

加藤機関のアルマ・ヤオヨロズを駆る八番隊・王政陸。

ヘリオス発射させて一般人襲撃。
しかもマンガ肉食いながらw。
「今年のクリスマスは、終了しました。」
だっけ?ものすごい嫌な奴。

地上でも森次たちがピンチ。しかし、私怨部隊である
「迅雷」到着。って、中の人は道明寺だ;。
それにしても、戦闘中に次の予定大声で言うなよ;。

「想像力ですよ」@加藤。こいつも同じことをいう。
でかいから鈍いでしょ、みたいな浩一の思い込みの
ことを言ってるんでしょうが、それでもここまでの
動きは想像を超えているような。

とにかく、攻撃が効かないし、反撃する時間も短い。

衛星を落せるはずの山下。しかし、砲撃がかすりもしない。

「あんたのその力、価値を与えてやれるのは、
あんた自身だけなんだよ。
自分の力の意味と価値は、自分でお決め!!
それが力を手に入れた者の、唯一の権利なんだからね!!」

米軍女性中尉さんのお言葉。せっかくの「力」を手に入れたのに
うだうだ悩んでいるどっかのだれかに聞かせてやりたいw。

ヤオヨロズは、特殊装甲。傷つきもしない。ラインバレルは
反動で落下軌道に入ってしまう。

打つ手無しか?このままでは地球全体が焦土に。

「君の後ろにあるものを見たまえ。」
社長から、浩一へのメッセージ。

そこには、緑に輝く地球が。
そして、理沙子たちがクリスマスパーティの準備中。

「世界を救い、人類を守る!!悪くないじゃないか」
たかが中2の子どもに、大人たちが勝手にかけた願い。

ラインバレル、リミッター解除。
限界点を無視した攻撃。エネルギーを使いすぎれば、
落下する恐れが。

それを受け止めることが出来るのは、山下。

覚悟を決める。

「浩一を救う!」

ラインバレル、エネルギー砲発射!
どこまでも伸びていく、エネルギーの帯。ヘリオス再充填の
カウントダウン。
エネルギー砲到達!ヘリオス破壊。

そして、大気圏突破して落下するラインバレルを、渾身の力で
受け止める山下!

地上に降り注ぐ、星のシャワーのような残骸。

これで、浩一は真のファクターになれたという、社長。
「じつは、正義の味方が誕生するところを見たかったんだよ。」

加藤機関的には、想定の範囲内、という。

JUDAでもクリスマスパーティ。浩一は絵美にプレゼントを渡してから、
理沙子たちの元へ。

山下は、森次にねぎらいの言葉をかけてもらい。

そこは、既に道明寺たちも来ていたのだが。

まずは約束を守れた、ということで。

きっかけは何であれ、成長できる、というのは良いことです。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (2)

トミカヒーロー・レスキューフォース#38 .

「決戦!勝負はゴッドストライカー」

『後は、頼んだわよ。男連中!負けたら承知しないからね』
…いや、貴女方十分漢前ですからw。(日本語があれだな)

前回の超災害の続き&ヒカルが次の隊長になるための話回です。
あ、そういえば、満身創痍の石黒隊長もなのですが。

レスキューフォースとしては手のうちようがない状態。
R3とR4が犠牲になるのも仕方ない、といった状況において。

「だったら、俺たちは何のためにこのマークをつけてるんですか?
 どんなこんなんでも、誰の笑顔も自分の命も諦めない。
 それが俺たちレスキューフォースの誇りだったんじゃないですか」

そして、輝の凄さを改めて、石黒に訴える響介。
「やっぱり、あいつが隊長になるのがふさわしいんです!」

そして、輝の作戦。
この状況下では、「ビークルてんこ盛り&体当たり!」としか言いようが
ないのですが、それを納得させてしまう勢い。

何よりも、開発の御姉さんとか、メカニックのおじさんたちとかが
輝を推してくれた所が。彼にそれだけの「カリスマ」がある、という
ことなのだと。

で、これが成功してしまうww。こっちも無理なく納得してしまいますし。

今までの積み重ねがあるからこその展開。そして。
新隊長・輝登場へ。

ところで、次回は『タイトル手書き回』になるのでしょうか?

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (4)

キャシャーン CASSHERN Sins #12.

「生きた時を色にして」
「雪が降る様に、心にも記憶が降り積もる。
記憶という名の雪は消えることなく降り積もる。
…マルゴー、僕は貴方を忘れない。」

改めて、石田彰という声優の力量を見せ付けられました。
いろいろな意味で。

血の海に沈むルナ。驚きのドゥーン。
「俺は、キャシャーン」…このあたり、堂々巡り。

昔から、王が変わるたびに建物の色を塗り替えられた街。
女王が棲んだと言う、「癒しの泉」も、今はロボットの墓場。

「ルナ」が生きている、という噂を聞いて探しているキャシャーン。
この街にやってきたとき、「ルナ、ルナ」とつぶやく子ども型ロボット
に出会う。しかし、何もしらず。

この町で、壁やら道やらを、「自分の色」に塗り変えている
マルゴー、という、芸術家の青年ロボに出会う。

脚を無くした、とかで、今は車輪をつけて動いています。
「滅びのない」キャシャーンを見て、喜ぶマルゴー。彼自身にも、
滅びが。

「死を恐れる青年よ。生きるとは何か見に行こうじゃないか」
かつて脚があったとき以来、ご無沙汰なその場所へ。

壁を削ってみると、その時代の施政者の「色」が層のように
なってでて来た。

「ほら見て、こんなに綺麗。」そういえば虹色にも見える。
その中でも、ブライキングボスの時代の「黒」がとても綺麗だと。

「支配も厳しかったけど、規律を守る状態は美しかった。」
恐ろしいが統制の取れた時代。懐かしむように。

キャシャーンは次の町へ行かなければならないのに、マルゴーの道がどのように
なるのか、見ることにしていた。

銀色に光る、「太陽に光る道」。それがマルゴーの「色」。
それを見て、自分も道を進もうと決意。
しかし、それを是としない連中もいた。

ロックスミス。
「心穏やかに滅びを受け入れようとしているのに、希望を叫ぶものがいる。
秩序が乱れるから、こんなものなど壊してやる。」

銀色に輝く壁を壊し、マルゴーも痛めつけて。
滅びもなく、美しいお前にはわかるまい」そういったロックスミスを
撃退するキャシャーン。

復活する際、激しい痛みを伴う。それが過ぎた後、マルゴーに
壁を壊したことを謝る。

かつてこの街もルナが来て、この町は自然に任せたほうが良い、
といったと。

いよいよ、マルゴーの身体にも滅びが。
「僕を、僕色に染めてくれよ。」そうキャシャーンに懇願するも、
ついに滅びが。

オージとリンゴ、マルゴーの「遺体」を見つける。
それを綺麗、というリンゴ。
「一生懸命生きたようにみえるからかな。」

今回は、キャシャーンがノーマルモードでした。
「色」に希望を見出していた、芸術家のマルゴー。
これとは逆に、滅びを受け入れるといいながらも、
そうでないものを粛清していくロックスミスたちの方が
よほど執着があるかと。

「記憶がない」と嘆くキャシャーンに、
「日々の積み重ねが記憶だよ。」と諭すマルゴー。

「僕の色を覚えておいて」忘れえぬ記憶を得たことに、
感謝しつつ。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (2)

黒執事 #12 .

「その執事、寂寥」

「誕生日から行方不明になったシエル。お屋敷に帰ってきたとき
には、別人のようになっていた。
私は、シエルが好き。シエルに笑って欲しいのに。」

オリジナル3部作・やっと完結。
そう思えば、今回のラスボスが誰か、思いあてるのも楽だった
のかも。

「坊ちゃん、野暮用を一つ片づけると仰ってましたね?
その野暮用とは惨めな過去を舐めるような眼で愛で、
屈辱の快感に溺れることなのですか?
氷上マーケットで仰ってたじゃないですか、
その身もその指輪も一度砕け、
そして蘇ったものだと。今更砕けることなど
恐れることはないと」

自分の任務をさっさと済ませて、シエルのもとに戻ってきての
セバスチャンの台詞。確かに、過去の屈辱に溺れるとか、
無駄に耽美かつ後ろ向きな作業に時間を費やすことはないですねw。

鋼の人形達がシエルたちに向かってくるが、「ロンドン橋」の替え歌で
操られていると判ると。

セバスチャン、「替え歌返し」で難を切リ抜ける。しかし、
人形の首が次々と「ぽきっ」と折れていくところは恐かった
です。
シエル自身も「主人のもの」で、「金と銀で作れ」などと替え歌が
聞えてきますが、
「金と銀じゃ、盗まれる」とこれまた替え歌返しで
「シエルを持ち去った」セバスチャン。本当、やることがしゃれてる。

シエル。リジーの行方を捜さなかったセバスチャンを叱りますが、
「主人の命令よりも盟約を優先」したためだそう
「今更誰かに取られては、たまりませんからね。」悪魔めww。

今、シエルはホープの指輪を2つしている。それでも、セバスチャンは
彼を守る、という。

プルートゥの遠吠え。そういえば、
「死ぬまでここで遊んでいろ。」と命令してた。

グレルも健在w。愛しのwwwセバスチャンの姿を見つけて
飛びつこうとしますが、魔犬に先を越されてしまい。(pgr)

「獣とインモラル、熱い一夜」っておい;。それは腐った女子の
(ry)。

「魔犬=地獄の番犬でなければあけられない扉」を開き、
塔の中へ向かう一行。

最上階のその部屋は、人形工房。リジーはそこに。
とりあえず、間に合いました。

ホープの指輪を見て、喜んだリジー。しかし。意に反して、
彼女の体が浮く!

何者かに操られ、斧を振り回すリジー。セバスチャン、グレルに
要請をしたら、しっかり見返りをw。
「舌を入れて何たらカンたら。」
「はて?私は舌でさくらんぼの茎を結べますが?」
…グレル、昇天;すっかり逝っちゃってます(おい)
舞い上がったついでに、「鋏」でリジーの身体にまとわりついていた
「糸」を切ってもらい。
「小娘の癖に、あたしより立派な武器持ってるんじゃないわよ!」
ツッコミどころはそこかい;グレル。

「褒めて褒めて~」すっかりハイな死神
何たらと鋏は、使いようですね」褒めてないなw。

その代り。ドロセルの糸に絡め取られる3人。
セバスチャン、トロセルに質問。
「自分は何で出来ている?」考えてみるが。
「自分は人間だと思うのですが」
耳からシロアリがでる、という。(おい)

「貴方からは、執事としての色が感じられない。」
愛ゆえの共同作業で、ドロセルを始末する。

「さすが、色男w。」しゃれかよwww。

ドロセルは、5年前に死亡したのに、生存反応があったから、
見に来たという。

かりそめの命をいれられた人形。
リジーも目を覚ましたらしく、
「シエルのお誕生日を祝いたい。」と。こればかりは聞く
シエル。

ドロセルがまだ動く。動いた先は、ご主人様。
そこには。

プルートゥがなついている。何故?

「おもてなしが出来なくて済まない。執事が無能で。」
声がする。
何故少女を人形にするのか?
「美しいときは限りがある。」だから、人形にするのは尊い作業だという

何故シエルをねらう?
「シエル・ファントムハイヴ。生まれ持って、死を運命づけられた存在。
その身体は、すでに不浄」

あれがその作業なのかと。つか、そこまで言い切って良いのかと。

主人の下に駆け寄るピエロ人形。
「不浄で、不用で、不毛で」恐いよ、これ。
主人は、これもまた人形。ピエロ。人形浄瑠璃のからくりのごとく
「恐い顔」に変わり。

外へ出て行った。

ピエロの向かった先には、アンジェラ。(そう来ましたか)
人形を壊して、テムズ川に投げ込む。

夜が開け、グレルは報酬を貰いそこねw。
リジーとの約束のとおり、誕生会を開くことに。

幸運のパイ。宝物が当たったら、幸せになるという。
シエルのパイに、ホープダイヤ。
リジーは、それを「幸せの象徴」だと信じている。

ならば、そう思ってみよう。

やはり、その他のお嬢さん方はアレでした;
それにしても。アンジェラさんはどうオチつけるのやら、です。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (16)

惑星ロボ・ダンガードA#20.(東映プレミアBB配信)

「夕日の中のリサ」
http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item016117_0000.htm

幼馴染の「お兄ちゃん」城戸光一から、リサ宛に個展の招待状が。
宇宙工学を勉強するために留学していたのが、画家になったという。
10年ぶりだそうです。

「家が隣同士で、いつも遊んでもらってたの。
知らない人が見たら、本当の兄妹みたいで。
数学も得意だったけど、絵も好きで。なんでも
できる人だったわ。天体観測が好きで、一緒に
星を見てたわ。だから、今の仕事を選んだのかも。」

桜井侑人w。つか、リサは天体グッズの珈琲店ではなく、
プロメテ計画のスタッフを選んだということに。(おい)

ヒロイン様;初のメイン回です。それにしても幼い頃の
リサがものすごく可愛いw。良いところのお嬢ちゃんそのもの。
本当に、何でこんな荒くれ野狼(…まあ良いや、これでいく)の
巣窟(おいおいお)に飛び込んだんだか。

で、光一がまた男前。かの北条タケル(GMだ!)みたいな子。
凄く荒木なのですが、さて。

「良く外出許可を出しましたね、キャプテン。」
「タクマは、視野が狭くなりすぎている。この間の
戦いでも、守るべき人が最優先だったのに、人に言われるまで
これが判らなかった。」

よほど後処理がもめたと思われ;。マスコミ処理とか何とか。

会場にて。
光一。どっちかというと「登大牙」@仮面ライダーキバ っぽい。
それに、《声の人;井上真樹夫氏》であるw。どこをとっても
大人の男」ですww。
えと。2ショットが「タクマと比べて」サマになっているのは
わざとだと思いたい。(おい)

車にもぐりこんできていたミヨコちゃんとタマガーですが、会場に
いるのを見つけられて。

速攻放り出そうとする光一。この時点で既にアレなところが見えていたり。

二人をかばうタクマ。当然、バトル勃発。
「私の友達なの!」リサが中に。
タクマを光一に紹介。光一の目が怪しい。《お約束》

抽象画を前に、相良軍曹@フルメタもしそうなことをやってのける
(汗)タクマ。リサがかなめちゃんみたいな女子でなかったことを
くれぐれも感謝すべし。(お)でなければ、今頃は(ry)。

いきなりみぞおちを押さえて苦しみ出す光一。
「計画、開始だ。」へチさん。
病院を探すが、どこも空いてない。
仕方なく、佐渡先生のいるジャスダム基地へ運ぶことに。
キャプテン。これに反対する。
「スパイの疑いがないわけではないからな。」
…全ての医者が急患なわけが。恐らくはこれもトラップ。

「キャプテンは、目の前で苦しんでいる人を見捨てろと
言うのですか?」

佐渡先生や、大江戸博士もこれには疑問を。

しかして。大江戸、許可を出す。

佐渡先生、12時間は効く麻酔を光一に。
真夜中。彼は起き出して。

ジャスダム基地の中を探索、資料を写し取る。
完璧なスパイ活動。

「これで、ジャスダム基地の秘密が全て手に入る。」

リサ、うなされている。
幼い頃。
光一お兄ちゃんが、小鳥を握りつぶそうとしている。
「飛べない小鳥は、こうするしかないんだ。」
「そんなことない。飛べなくても、生きていたいはず。」
「判らないかな!小鳥は死を望んでいるのが!」
「やめて!」

小鳥が生きられないのは必然として。仲良しの幼い女の子の目の前で

殺生するのはNGかと。少なくとも握殺などは望まないでしょ、小鳥も。

「命の灯が消えるのを楽しんでいる」@イティハーサ

としか。

悪夢はここで終わるが。
やはり、光一はスパイの可能性が

というより。それでも、リサは彼をかばおうと
するが。

状況証拠が揃いすぎる。

こんなときに、敵襲来。タクマ、サテライザーで出る。
メカサタンに搭乗する、光一。

事実を報告するタクマ。ただ呆然とするリサ。が。

「私に、光一さんと話をさせてください。」
「今更無駄だ。」大江戸に却下される。

「お前はドップラーに洗脳されていたのか?」
「なんとでもわめけ!」

「城戸光一。お前はそれでも人間か?リサの美しい思い出を
ぶち壊してまで、信じきっていた人間を騙してまで、
我々の秘密が欲しいのか?」

「甘ったれたことを言うな!俺はお前たち以上に、完璧なものを
求めている。完璧な宇宙を支配するためにな!」

「お前にその価値があるというのか?お前なんか人間じゃない。
人間のくずだ!」

「何?侮辱すると許さん!」

…無駄に格好良い禅問答です;。真樹夫さんVS神谷さんの一騎打ち。

しかしな。真樹夫ボイスで説教されて、言い返せるのはやはり
神谷少年ボイスくらいか。
「甘ったれ!」と言われて「人間の屑」と返すwww。
何気に毒舌野郎です。タクマ。

引き上げろ、のへチに対して。
「すぐ引き上げます。来い、青二才!」←無駄に男前;。
「なぜドップラー軍団に入った?」
「聞きたいか?俺は昔からエリートしか信じなかった。ドップラー軍団は
最高のエリート集団だ。お前たちみたいなのとは違うんだよ!」

「貴方とは違うんです。」どっかで聞いたな(おい)

「チェンジ・ダンガード!セットオン!」
「タクマお願い!光一さんを殺さないで!」リサの叫び。
「私のお兄ちゃんを殺さないで!」

…出来ない。また、出来ない。
「タクマ、何をしている?そいつはマスクマンでもない、
自ら志願してドップラー軍団に入ったものだ!」

再び驚愕のリサ。

「どうした青二才!行くぞ!」←なぜこんなに。
攻撃できないタクマ。ダンガードAの脚を切断される。
操縦桿をひかないと、落ちる。
「光一さん、やめて!昔の貴方はどこ行ったの?」
その言葉にひるんだ隙を狙って、タクマ、撃つ。

光一、脱出。パラシュートが木の枝に。下は海。
助けようとする、タクマとリサ。
「やめろ!俺は小鳥だ。例え命が助かったとして、俺に
何が出来る?俺は君を騙すべきじゃなかった。俺にも
心があったんだ。俺が今やろうとしているおぞましいことから、
一瞬にして本心にもどった。…リサ、許してくれ。」

パラシュートが切れようとしている。
「来るな!」
ナイフが手に。
「俺は、傷ついた小鳥なんだよ。」
悪夢がフラッシュバック。「生きる価値がない」

自らの手で決着つける、光一。
どうやら、秘密漏洩は免れたらしい。

夕日が沈む頃。
「リサ、済まない。君の大切な思い出に傷をつけてしまった。」
「…良いの。光一さんは、私の胸の中に生きているから。」

笑って、タクマの元から走り去り。

その先には。
大江戸博士が。←何故そこへ行く;。

「博士!」泣き叫びながら懐へ飛び込むリサ。
「泣きたいときには、泣くんだ。」

そしてリサ。落ちていく夕日の中で、微笑む。

(蛇足です。これ、何気にタクマがまだそういう対象じゃない
ということを暗示してるような気が。普通、ここで決めてフラグ
立てるでしょ?何博士に持っていかれてるの、タクマは!

思わず言いたくなりました。もしかしたら、彼女なりに配慮
したからかもしれませんが)

それから、光一。彼の方が「青二才」かなと。やたらと自分を「小鳥」

に例えてるし。(普通の男子なら恥ずかしくてんなこと言いませんてば。)

一応、「情に溺れずに業務随行する」事には成功。けれども。
まだまだ道は遠い、かもしれない。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惑星ロボ・ダンガードA#19.(東映プレミアBB配信)

「危うしキャプテン・ダン」

『その心を鋼に変えて』
こちら側から見ても、タクマは詰が甘すぎるのでは?
と思うことがたびたび。たまたま向こうが「自爆」して
くれてるから助かっているだけで。このままではいつ
撃ち落とされてしまうのか、時間の問題。

と判断したのでしょう。キャプテン・ダン。
タクマに「集中力を高める訓練」を始めることに。

しかし。先の訓練で既に3時間が経過。その後休み無しで
シミュレーション室へ。標的を撃ち損じたら、ダメージを
与えられる、というなんとも物騒な代物。

若手組wがブーイングしますが、
「痛みと恐怖でしか、身につかないから。」と
キャプテン、取り合わず。
「タクマは犬猫じゃないんだぞ!」@伴太。

犬猫ならそれで言うことを聞かせることは出来ても、
人の子はそういうわけには行きません。まして親子なら
なおさらのこと。

ということで。
大江戸博士が見るに見かねてキャプテンに進言。
「タクマのいろいろなトラブルの原因の全ては
父親のこと。もうそろそろ仮面を取って親子の
名乗りをしたらどうか?」

「いや、取らない。」
「今のタクマは、10年間、父親のことだけを考えてきた、
張り詰めた糸のような状態だ。今、正体を明かしてやれば、
安心して、まだ伸びるだろう。」

「今顔を見せれば、糸は切れてしまう。そうなると、もう
伸びない。」

「今のままだと、かえってタクマはお前に対して憎しみしか
持たなくなる。それでも良いのか?

「…構わん。むしろ大歓迎だ。」
「お前という奴は!」

それでも父の名乗りをしてやれ、と大江戸。それに対して。
「もしそこまで強要するのなら、自分はプロメテ計画から
降ろさせてもらう。」
とまで。

タクマですが、幼い頃の修羅場を越えてきてるのだから、もっと心が
強いかと思われましたが、あまりにも
「出来ない。撃てない。」と泣き叫ぶことが多いので、一体どうした
ことかと観てるほうも心配なのですが。

そんな時、警報が。
「軽井沢で国際物理学学会が開かれているが、そこにドップラー軍団が
襲ってきた。今応戦しているが、非情に危ない。至急救援要請。」

タクマは一時間の休憩中だったが、ダンと二人で出動することに。
しかし、タクマは一人でサテライザーで出る、と。

「自分ひとりで出来ることを、見せてやる!」
ダンはスペースアローで出ることに。

現場。警備隊が応戦中だが、かなり厳しい。
タクマ、メカサタンを追う。

結果として、ダンが会場へ向かうが、スペースアローはもともと
武器をほとんど装備していない。片翼を攻撃され、不時着。

カメラモニター接続。

衝撃で、キャプテンの仮面が外れかけている。
この事実を知らせまいと、画面を閉じる大江戸。

「タクマに、至急キャプテンを救助しにいくよう、連絡してくれ。」

『今なら偶然顔を観たとしても一向におかしくない。むしろ
そのほうが自然だ。そうだ、偶然なんだからな。」
大江戸がこの機に乗じて画策。

だが。
タクマは救助したのち、救急車にダンを載せてしまった。
顔は、見ていない。
敵が襲ってきたから。

今回のは、分身を作り出すタイプ。さっき自分が追っていたのも
じつは分身。本物を叩かない限り、終わらない。

「熱量発するのが本物だからな」良く見極めようとするタクマ。
丁度、さっきやっていた訓練と同じように。

ヒット。ようやく敵を撃退できた。

表向きは、ダンガードAの勝利。

だが、今回のドップラー軍団の目的は。

国際物理学学会に集まった学者さんたちを拉致することだった。
「こっちは無事成功したからな。」高笑いするグドン。

キャプテンの怪我は大したことなかったらしい。報告に来た
タクマ。
「キャプテンの特訓のおかげで、一人で撃退することが出来ました。」

キャプテンの目が厳しい。
「国際物理学会に出席していた物理学者が攫われた。こちらの
大敗だ。」

「そんな…!」
タクマ、奈落の底に突き落とされる。

この後の始末は想像を絶するものと思われ。結果としてジャスダム
基地の不出来、ということのなるのだから。しかも莫大な損失。
この後の責任者各位の心労が;。

「タクマ、お前は周りが見えなさ過ぎる。」
こう書くと、まるで早瀬浩一@ラインバレルなのですが。
血吐くような訓練したものと、成り行きでファクターになった
浩一と比べてはいけないのですが、つい;。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惑星ロボ・ダンガードA#18.(東映プレミアBB配信)

「大空の虹に叫べ!」

http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item016117_0000.htm

リアル放送時は恐らく梅雨の真っ只中。なので、このような
タイトルかと。しかし、内容はハードです。

メメント・モリ。ソーラ・レイ。
これらはガンダム世界における、
「太陽光エネルギーを利用した大量殺戮破壊兵器」。
しかも、「00」では、宇宙太陽光発電を利用するための
軌道エレベータが存在。00ガンダムは太陽炉搭載型MS。

作品世界は違いますが、何でもきっかけは小さいことから。
もしかして、このあたりの大本がこんなところにあるとしたら。

恐らくは、作品始まって以来の「外部ゲスト話」。しかも、
「お父さん思いの男の子」。
「お父さんは、凄い科学者なんだ!世間の人はわかってないけど。
本当は凄いんだ!」

…どこかで聞いたような。昔のタクマですね。
自分でも自覚あるみたいです。すっかり入れ込んでますし。

男の子は「月島ツトム」。お父さんの月島博士は、太陽光発電の
研究者。

「理論は判ります。でも、実験データが無いとね。」
色んなところに論文を持っていって、スポンサリングを頼む
月島氏ですが、「データ不足」を理由に断られる日々。

データを取るには、莫大な設備と費用が必要。しかも、月島氏は
無理がたたって身体を壊した、という。

だから、ツトム君は大江戸博士の下に直談判に来た、という。

「自分は今、ここを離れる訳に行かないから」月島氏を迎えには、
田貫教授がいくことに。

一見、「大ほら吹き」まがいに思われていた月島氏の研究。
しかし、ドップラー総統は見抜いていた。

これが、本物であることを。

ツトムがいない間に、月島の家を訪れるドップラー配下。
「ドップラーには、協力しない。」と断った月島。しかし、
ほぼ拉致同然に連れ去されてしまう。

田貫教授が持ち帰った資料には、大したものはなかった、という。
では何が?
「そんなことない、お父さんは立派な研究をしていたんだ。
凄い人なんだ!」
泣いて訴えるツトム。

「子どもの夢だ、放っておけ。子どもは、夢を大げさに言うもの
だからな。」
@キャプテン・ダン。

「貴方は、子どもの心を判ってない!」タクマが思い切り熱いです。
自分と重ねているから。

「俺にはツトム君の気持ちがわかるんだ!。」

甲板にいるツトムに。
「気にするな、俺は信じてるよ。お父さんは命を懸けて、
何かをしようとしてる。俺には判る。どんなに辛くても、
父さんを信じるんだ。父さんを。」

泣き出すツトムを慰めるタクマ。すっかりお兄ちゃんです。
かつての自分が、目の前に。

月島氏。ドップラー基地に連れて来られて。
「ようこそ。ここは選ばれたものだけが来れるところです。」
総統自らが挨拶に。

(ドップラーに協力したくはないが、自分の身体はもう持たない。
データは、なんとしても欲しい。)…月島氏の葛藤。

「いい。協力しよう。」

ツトム。すっかりタクマに打ち解けてます。
「お父さんに貰った、とても大事なものなんだけど、タクマさんなら
観ても良いよ。」
ロケットペンダント。蓋の裏に、なにやら数式が。
「これは何?数式みたいだけど。」
「それは父さんが書いたんけど、僕が今に大きくなったらわかるって。」

「これ、貸してくれる?もしかしたら、きみのお父さんが攫われた
理由がわかるかもしれない。」

データ解析。リサの担当。結果。
「博士、これは何かの核融合の科学方程式です。」
最後に空白があり、解がでない、とか。
「これは、太陽熱をエネルギーに変える、全く新しい反応だ。」
ソーラレイのルーツktkr。
「これを利用すれば、全く新しい『ソルミサイル』を作ることが出来る」
…コンパクトに高出力ですか;こえええええ;。
「ソルミサイルは、無限ともいえる太陽光のエネルギーを収縮する。
そして、そのエネルギーをある一点に集中することが出来る。」

まんま、メメント・モリ!!!
「つまり、すさまじい破壊兵器なのだ!」
ガンダム世界ではお約束!(おい)
とりあえず、解のでていない式を解いて、対策を考える、という。

「大丈夫、お父さんは、ドップラーの手先にはならないから。」
キャプテン・ダンの目の前で、ツトムを諭すタクマ。

かの人の心中やいかに。

「お父さんは、ドップラーの手先にはならないから。」

ドップラー基地。月島氏の研究が完成。後は実践。しかし、
自分が全てデータを取りたい、という。でなければ、協力しない。

研究者の性。それに、命もそう長くはない。
自分の研究成果を見ることができるのなら、戦闘実験など
恐くない。

メカサタンに「ソルミサイル」装備。月島氏とグドンが出撃。

サテライザー発進。赴くタクマに。
と念押し。「父さんが、ミサイル作るはずないよね?」
無言で答えるタクマ。「まずは、どこからミサイルが出てくるか、確かめろ。」
確認。
その際に、月島氏が搭乗しているのを確認するが。

「月島さん、貴方は太陽光エネルギーを平和利用に使うのでは
なかったのですか?」

「どう使おうとどうでも良い。私は、自分の研究成果をこの目で
確かめたいだけだ。」
「ツトム君を悲しませてもいいのですか?」

息子を思いだす父。
「ツトム君を裏切らないでください!」
タクマ、攻撃不能に。
「戦闘時は、非情になれ!」
「出来ない!」
「私は、もう少しで息子の心に消えない傷を残すところだった。」

「裏切りものめ!私がやる」グドンがスイッチを押す

同時に、月島。ターゲットをそらす。
ソルミサイル、天上へ。

「これでいい。」さらに、自爆スイッチも。
脱出するグドン。だが月島氏は。

はるかかなたで、閃光と爆音。
「ソルミサイルが、大気圏外で爆発したんだ。博士は、
ツトム君のために、自分の研究を捨てた。」

青空に拡がるフレア。どこまでも。

大空にかかる虹。
ツトムは、《どうやら大江戸博士の計らいで》留学することに
なったらしい。
「僕、きっと、お父さんの研究を完成させるよ!」

ゲスト回と思っていたら、甘かったです。
太陽光エネルギーネタはあるは、科学者の業と父親との
葛藤はあるは。←このあたりは「ハガレン」思い出しましたが。

子どもにとっては、親は「絶対正義」だしな、ある年齢までは。
しかし。ソルミサイルが命中していたら。
ジャスダム基地一帯はクレーターだったに違いない。
《メメントモリそのままに》

今回はたまたま自爆してくれましたが、タクマの「甘さ」は
どう考えても致命傷かと。
そう思ってたら、次回はそのネタらしいです。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (1)

惑星ロボ・ダンガードA#17.(東映プレミアBB配信)

「白い二本の飛行機雲」

http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item016117_0000.htm

「ロボットがなかなか出てこないので有名な」作品ですが、
流石にこのあたりになると、いい加減ロボ戦主体な話を
もってこないと、スポンサー様に配慮したのかどうか。

今回はほぼ、ロボ戦です。でも、サテライザーのパイロット×2が
タクマとキャプテン・ダンである以上、またいつもの展開が。

宇宙から落下してくる未確認飛行物体。どうやら10年前の第一次プロメテ計画時に
打ち上げられた探査用カプセルらしく、中にはプロメテに関する資料がある、と
言われている。

当然、ドップラーサイドも狙っているので、是非こちらに確保する
必要が。

ということで、サテライザー発進。しかし、ダンはスカイアローで出る、
という。
「小回りが効く機体がいるからな。」というのは表向き。実は、
「タクマを一人立ちさせたい」のが真の理由。

個人的に、タクマのパイロットスーツ姿が凄く好きです。しかし、
キャプテンとは頭一つ違うところが;。いろいろ「現在地点」を
象徴しているような。

カプセル、着水。このときのオペレートしてるときのリサ嬢の顔が、
なぜか某知性の水キュア様に似ていらっしゃる;;なぜかと(おい)。

サテライザーの後に着く、未確認飛行物体。ドップラーの艦隊と
メカサタン。

ひきつけて、ダンガードAに変形・合体。しかし、タクマ。
敵を深追いしてしまう。

あからさまに罠。人工雷雲の落雷に撃たれる。
キャプテン、雷雲の中から出ることを指示。だが
タクマはその途中で意識を失い、あと少しで水中へ。

間一髪助かる。
「こっちは引き受けるから、カプセル回収に回れ!」ダンからの
指示。

どこに着陸しようか?休火山の噴火口を選ぶタクマ。しかし。
「あまり震動を与えるな。」いつでも噴火する活火山かと。

ダンのスカイアローに移ったタクマ。今度はダイビングの格好です。
カプセルを回収するためですが、アクアラングがあるのに、ダイブスーツが
ないのは(おい)。海水浴の格好にそれだけでは危険すぎる;;

「お前はこのミッションの重要性がわかってないようだな?」
「いえ。この記録が手に入れば、プロメテ計画に大きく影響すると。」
「それが分かっていて、何故深追いした?勇気と無謀を取り違えるな。」

この言葉に、幼い頃の父の記憶がダブる。

悪天候。今回は登山自体を諦めた。
タクマ。どうやら友達に、この件を自慢してきたらしく、
悔しがって泣いている。

父が諭す。
「山を甘く見るな。もし遭難して、迷惑をかけることになったら
どうする?勇気と無謀を取り違えてはいけない。」

「キャプテンは、父さんと同じことを言う。」これで何回目かと。

カプセルに到着。グドン隊も攻撃にかかる。
モリ撃つダイバー達に襲われるタクマ。だから、軽装過ぎるんですけど、
彼。攻撃かわしつつ浮上。しかし、アクアラング一個破壊される。
間一髪で拾われ、スカイアローへ。

「大至急戻る。服を着替えておけ。」
…海の中にいたんですよね?答えは聞いて《ry》。

休火山の噴火口に隠したダンガードAのもとへ急ぐスカイアロー。
しかし、それは敵にも知られている。

「飛び移れ!」
ダンガードAで応戦するタクマ。噴火口の中でミサイルとか何とか。
震動を与えているので、どうやらマグマを刺激する結果に。

とってもカッコいい挿入歌「行け!ダンガードA」がかかっているのですが、
火山の噴火も近いらしい。
「避難しろ!」指令が。

《このとき、ミヨコちゃんが、やっつけちゃえ!といってますが、彼女は
恐らく子友代表かと。》

脱出の際、敵メカに足をとられ、一時停止。しかし、吹き上げるマグマに
気をとられた敵メカの隙を着いて上昇。パルサーカノンで止め。

モニターで見守っていた地上組。「タクマが一人でやった」ことを
皆が喜ぶ。

スカイアローの断鉄も、そして、タクマ本人も。
「無謀なことをして、死んでしまっては元も子もない。お前の
『ダンガードAのパイロットになる夢』は消えてしまうからな。」

今は、回収したフィルムを無事持ち帰る。それが最優先。
「帰るぞ。ここからお前と競争だ。」@キャプテン・ダン。
「負けるもんか!」どう考えてもマジなタクマw。
…少なくとも、ダンに対して、「父親みたいな」感情は生まれて
きている、と思います。

一つのミッションを地道に追いかけた話でしたが、良い内容です。
「今、何をすべきか。」大事なことです。しかし、タクマ。

皆に大事にされてます。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケータイ捜査官7 #33 .

「ラブラブ大作戦」
とりあえず、サード受難月間進行中。(おい)

久しぶりの夜叉姫優璃登場、と思いきや。
「第3の女子」の一言で、何やらフラグ状態。いきなり
ラブラブ行く?かと思ったら。

サードのデータ最適化の最中に、ケイタのそれだけが
消えてしまう、という事態に。

何でも、ケイタの友人達に転送してしまったと。
24時間以内に回収しないとやばいらしい
《明日の夕方5時まで!》桐原は、
「完璧に戻したい」そうですしw。

メアドの交換名目で、家族からは回収おk。
「キカイ君」からも回収。
次は晶。
「なんか誤解されそうだな;」とは言いながらも。
喫茶店に呼び出して、メガパフェなどをおごり。

メアド交換!しようとしたら。

ケータイがない;。

探してみると、誰かに拾われて使われているらしい
@セブン。

いつぞやのネットヤクザさんたちw。晶がいろいろと
ネタバレしつつケータイ奪回しますが、あわやセブンが
取り上げられるピンチに。

セブンをぽいぽい放り投げるヤクザさんたち。ですが、

「ケータイは投げるものじゃなーい!」久しぶりの言葉と
とともに、セブンさん反撃!パンチ、キック!強いぞ、セブンw。

「デビルKだ;」随分間違ってるとは思いますが、向こうから
退散してくれましたw。

さて、優璃。なかなか言い出せない。
「後(5時まで)7分あるから良いか」
「新しいケータイのメアド、欲しいな。」
…ラッキー。ミッション終了。
「間に合ったな。」おもわずしゃべるセブンwww。

一方。ゼロワン。
間明のもとへ向かう。どうやら彼は、ケイタを狙っている、という。
「俺は、網島ケイタを全力で守る」
燃え展開ktkr。間明もどうやら本腰みたいだし。
ファイブ?エイト?新しいPBも準備しています。
「お前は圏外だ」これも久しぶりに登場。
黒一文字…基、間明がどう動くか?楽しみです。

しかし、ケイタ。いつの間にかトライアングラーw。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (3)

惑星ロボ・ダンガードA#16.(東映プレミアBB配信)

「空を雲を父と呼べ」

http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item016117_0000.htm

予告に釣られて、
「帰ってきたら基地が破壊されていた」所から始まる、と
思っていた人たちは、当時かなリ多かったはず。

ええ、見事に釣られましたよ、予告に。ちえ。
その代りに。

タクマが壊れてる。(おい)というより、
「キャラなり・ドリームチェンジ」@しゅごキャラ・どきっ!
の方が近いかも。
『なりたい自分に、なったらええがね!』これです。

明らかにいつもの彼ではないです。朝から明るいし、
機嫌が良いし、チャラけてるし。←いつもどんなだ、おい。
こんなの日7枠のヒーローじゃないというのはおいといて
(流石に猫耳とかのコスプレではないですが)

こんな時代にイースターの工作員が謎たま発生させるために
やってきたとは思えませんが、
(つか、タクマの×たまエネルギーはかなり強そうではありますが)
この状況が気に入らない人が、まず一名。

「俺の腹はずっと煮えくり返ってるんだよ!」伴太です。
状況がわからないタクマ。あまりの天然ぶりに伴太、閉口。
変わりに喰吉さんが説明。
「最近、練習してないから、体悪いんちゃうか?言う噂が
たっとったんや。食欲あるんなら、仮病やないな?」

しかし、今回のタクマはくるくると表情が変わることw。

「…そんなこと、誰が言ってるんだ?キャプテンか?」
勢いに、思わず肯定する喰吉さん。

「俺はサボってるんじゃない!もう一人前なんだ!」
思いっきり自己主張。どうやら厨二病みたいですwww。

ドップラー軍団ですが、なんかこう病んだ感じがするのは
気のせいではないはず。
「闘わずして功をあげるのが一番」とヘチ副総統。彼はものっそ
悪者のはずなのですが、余りそうとは思えないのが。やはり同時代に
ボヤッキー@先代ヤッターマンもされていたせいかと。
(全国の女高生のみなさーん;)

そこで、何やら怪しいフラスコの怪しい液体を注ぐパフォーマンスを。
「催眠煙幕。」

ミヨコちゃんとか、太郎とか、タマガーとかを連れてドライブにいく
らしいですが、「おめかし具合」が何やらずれてるようなw。
「飛行訓練はどうした?」さりげなく田貫教授。
「帰ってからやりますよ!…キャプテンめ、へんな噂撒き散らして。」
そういえば、「街」って、どこまで行くんだか。つか、彼は下手に世間
に顔出したら(ry)ではないのかと。

タクマの中の人=神谷御大ですが、このときの声色が「ひびき洸」@
チャラ男モードですw。つか、こんな「明るい」タクマはこのときだけでは
ないかと

「まあ、まだ子どもだからのう」田貫教授、図星すぐる。

トンネル抜けると、外に繋がるらしい。そのあたりをカメラで押さえました。
「博士、見てください。」…リサねーさんの目はごまかせませんwww。
「なんということだ」あきれるキャプテン。
「あれは、キャプテンへの見せしめに見えるな。」大江戸博士。
「わーかったw。」おねーさん、再び。

「反抗期なのよ。タクマって、そういう子どもっぽいところ
あるから。」
見事に言い切って、その場を去りました。ねーさん、
男前すぐるw。

「その油断が、命取りになる。今のうちに、思いあがりは叩いておいた
方がいい。」

ゲートくぐる直前に捕獲されるタクマたちw。
「今から直ちに飛行訓練だ!」
「何故、今からやるんです?」
「馬鹿者、一人前のパイロットだからこそ、毎日基礎訓練を
欠かさないものだ!」…
そのとーりだ。

「本当に必要なのは、実戦経験だけです!」反論する小僧ww。
「うぬぼれるな!そういう思いあがったところが、お前の悪い癖だ!
慢心するな!」

そういえば、昔、父さんに似たようなことを言われた覚えが。

山登りの練習。腰に命綱つけて。
「こんなの、楽勝w。」と登ってたら、足を滑らせた。
父さんに綱を引っ張り上げてもらった。
「これくらい、たいしたことない。」といったら、
「うぬぼれるな!山を甘く見るんじゃない。そういうところが、
お前の悪い癖だ。慢心するな!」

『まるで、あのときの父さんのような言い方だ。』

飛行シークエンス。今回はSフォーメーション。
「こんなの、何回やっても一緒ですよ!」
これをマスターするのに、どれだけかかったか、
もうわすれたのかな、とか。
「余計なことを言うな。」…そのとおりです。

基地から、緊急連絡。
「キャプテン、行きますよ!」張り切ってます。
「最初に言っておく。ガードランチャーのパイロットは、
どんなときにも冷静に判断し、事態の全貌をすばやくキャッチして、
効果的なプランを立てることが大切だ。
それが、ガードランチャーに乗るパイロットの第一条件だ。」

敵、強襲。
ミサイルで応戦。わりにあっさり終わるが。
「そろそろ、本命に入るか」ヘチさんが動き出す。

どうやら、ここから先が、前回の予告らしい。

爆破の雲にまぎれたらしい。方位メーターも狂って、
正確な位置がわからない。

「非常事態の判断は、ガードランチャーのパイロットに
委ねられている。」

…あくまで、エースパイロットですからw。
「そうですか!」そーなんです。

飛島が見えた。

喜び躍るタクマ。「キャプテン、見えたでしょ?」
…キャプテンは沈黙。

基地が見えてきた。
悲惨な爆撃の後が。

「キャプテン、指示を!」
「わたしが後輩パイロットだったらどうする?
《以下ry》」

「基地が全滅したのかも」
「全滅したかどうかは判らん!」
「じゃあ、サテライザーに残っていてください!
敵が残っていたら、援護してください!」

廃墟の中で、見たものは。
降りて、様子を見るタクマ。
「酷いな、これは…まるで、別のジャスダムみたいだ。」
大江戸博士。
「裏切りだ…マスクマンが、我々を裏切ったのだ。
サテライザーを発進させ、その隙にメカサタンに襲わせたのだ。」

驚くタクマ。
「サテライザーに戻って来い。何かおかしい。」

キャプテン、腕を怪我している。血が。
「タクマ、裏切り者を撃て!」
「最後にもう一度だけ、言っておく。優秀なパイロットは、冷静な判断と
すばやい対処が必要だ。うぬぼれた男には独断の墓穴しか掘れんぞ!」

…キャプテン、漢だ。この期に及んで、まだこれだけ言えるとは。

「マスクマンを撃て」大江戸博士が叫ぶ。
「マスクマン?」

タクマ、ジャンプして、大江戸を撃つ!つか、ふつーこんなので射撃できる
はずはない、という突っ込みはおいといて;。
大江戸、ではなくて、グドン将軍、化けの皮が剥がれる。
「我々は、キャプテンを『マスクマン』とは呼ばない!」
…愛のソルジャーいや;;;。
「良くそこに、気がついたな。」やっとキャプテンの怪我に気付くタクマ。
敵の攻撃を避けつつ、サテライザーに載る二人。これからが反撃。

廃墟の正体は、岩山。
「先の黒煙が、麻薬に似た作用を持つ毒ガスだったのだろう。」

「何故、タクマは催眠が解けたのでしょうか?」
「恐らくは、何かがキーワードになったのでしょう。」へチ。さすが。

作戦変更。メカサタン、地下からわいてくる。間一髪。交わすサテライザー。
「どうしてあれが、自分でも出来たのかわかりません。」
「それだ、タクマ。うぬぼれて理屈をこねているうちは」

チェンジ・ダンガード!
底なし沼に落とされるダンガードA.
「このままでは落ちてしまう。ダブルシャフトを奴に叩き込め!」
ちなみに、膝下についている、矢状のあれ。
爆撃で操縦席から落ちるタクマ。それでも。ダブルシャフトを敵メカの
コックピットへ叩き込む。
「早くバックしろ!」敵メカに引き上げさせる魂胆らしい。悪党め、タクマw。
「そんなことをしたら、お前を助けることに。」
「じゃあ、俺と一緒に底なし沼に落ちるか?」

タクマとなら《以下自重》、という訳ではないらしいw。《当たり前だ》
一発、砲撃。
「もう一発、お見舞いしてやろうか?」
…タクマ、お前どこでそんな外道なやり方仕込んできたwww。
いいぞ、もっとやれw。

ぎりぎり引き上げさせといて、
「今だ!」攻撃かけるグドン。避けるダンガードA.
勢い余って、底なし沼に落ちる敵メカ。…なんて卑怯な正義の味方w。

ダブルシャフトを回収して。《細かい》
キャプテン・ダン、グドンに釘を刺す。
逆襲されるも、力技でねじ伏せる。

「よくやったな、タクマ。」
「いえ」「今朝と違って、しおらしいな。」
…照れてますwww。

「一人前とは、一人で出来る、ではなく、
周りの人と協力できる、ということだ。」

キャプテンの、まるで父親が諭すような言葉。

本物のジャスダム基地にて。大江戸博士との会話。
「敵を倒したことより、タクマが自惚れを直してくれたことの方が
嬉しい。…だが、どうして、敵の催眠術にかからなかった?」
「ナイフを腕につき立てていた。」
「如何して、そこまで」

「俺の息子だ。」
…うわ;;。泣ける、マジで。このときのダンの目が「父親」です;。
で、傷の手当をする大江戸博士がこれまたオカンw。

タクマは、甲板にて、自分には父親がいないけど、空や雲が親代わりだと、
「おとーさーん」と叫んでました。
《ひそかに、このシーンなくても良いかも?と思いましたが。》

もし、断鉄さんが事故にあわなかったとして。タクマはどんな風に
育っていたか考えると。
↑のような毎日で、それでも父親の愛情を受けていたはず。

そう考えたら、ドリームチェンジもたまにはいーじゃん?とも
思って見たり。つか、このときしかなかったみたいです。こんなの。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

喰霊-零-#11.

「運命 乱‐うんめいのみだれ‐」

黄泉と設楽の闘い。そして、対策室処理班との
決戦。神楽の決意。

娘・神楽の危機に駆けつけた父・設楽。彼は霊獣・百叡を
駆り、黄泉の霊獣・乱紅蓮と対峙する。
黄泉を押さえ込んだその隙に、止めを刺すよう、神楽に
命じるが。

神楽、動かず。桐ちゃんが援護に。

黄泉、わずかな隙を突いて逆転。設楽を斬る。即死では
なかったものの、霊獣を「飼って」いることもあり、容態は
厳しい。

神楽の甘さが、父の命を縮めた、という事実。

黄泉の額に、「殺生石」が。
これにより、冥も含めて、一連の事件の裏をしる対策室。

即死ではなかったものの、致命傷を負っているので、
「もはや時間の問題である」ことを悟った設楽。自宅で、
神楽と最後の「親子のひととき。」

「辛かっただろう、許してくれ。」
幼い頃から厳しい訓練ばかりさせてきたのは、神楽を護る為。
強ければ、それだけ長く生きていられる。白叡を預かる、という
ことは、命を削られることだから。

「全て忘れるといい。楽になる。」
しかし、本当に強くなりたいのなら、全て背負え。
どちらを選ぶか。答えはもう出ています。

正気に戻った黄泉。自分のしたことを思い出し、自刃しようと
しますが、セキュリティ?が働くらしく、出来ない。

寄って、環境省の観測員を始末。

室長、自ら参戦。
「まさか、現役だったとはね。」
仕込みの車椅子&義足に仕込まれたマシンガン。(おい)
桐ちゃんとの連係プレーで黄泉を追い込みますが。

黄泉の殺生石の力はかなり強い。桐ちゃんが室長をかばい、
相打ちに?
が。

「まだ続ける?」
不敵な黄泉の笑み。

「元・部下よ。」
「私、自分で大事な人を殺してるの。」

現場に赴くまえ、指輪をした室長。恐らくは
壮絶な過去。

「いずれ、地上に住む人間は全て、私が滅ぼすんだから。」
…そこまで思いつめてたか;つか支配されてるのか。

原石の殺生石の力。九尾の狐の怨念と同調し、生きたまま
魂を食われて怨霊と化す。
黄泉は既にカテゴリーA。

対策室メンバーは、ナプー1がやられ、岩端さんが目を斬られ。
桜庭は前回で絶命。紀之はいまだ立ち直れず。でも、これには
同情できないです。自分の甘さが招いた結果だから。

とにかく、こちらの戦力はほぼ壊滅状態。

神楽。ついに殺生石を受け継ぎます。

マイケル先生登場w。和みすぎる存在。
「今のあなたの魂にあうと思いますよ。」新しい武器。

「私の魂は、どう思うかな。」

全てを背負った神楽と、全てを呪う黄泉との、最後の対決。

「斬ることが、最大にして最後の愛情」なのだそうですが。

その心を、鋼に変えて。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (13)

屍姫 赫 #11 .

「ある夜」
いろんな意味がある、「ある夜」。
しかし、その時に、「動いた」のは確か。
『七星』動く。景世、フラグ思い切り立つ。
赤紗、「私が手を貸して貰ってるんですよ。」

光言宗の中でも、衆法派のほかに衆生派・屍姫を否とする勢力
=№2のお方とか=がいる。
赤紗、そのほうに取り入って、
「契約僧と屍姫」を滅ぼそうとする。そのための、『七星』への協力要請。
彼らは、未練のない世界を築き、屍の生まれない世界を目指す、という。
(無理だな)

「人間は完全には信用できない」狭間から言い渡される赤紗。
「では、証明してみろ。」

オーリはそろそろ誕生日。

景世。宗現のところから内緒で借りてきた法典を使って、座壇を作る。
羽織の裏にも縫込みが。
「まともに勉強してないから。」
「国宝級の経典もあるけど?」二級法具並みの威力があるとか。しかし、
向こうは特級法具の力。まだ及ばない。
荒神莉花に預けますが。思い切り不安が。

マキナが来たところで、薬と「七星」の写真を取り出す。それを
みて、怒りたぎらせる中にも嬉しそうなマキナ。

「自分と家族の仇が取れる。」このために「屍姫」になったのだから。

景世の過去。
身寄りのない彼は、本家筋である「星村家」で世話になっていた。
マキナとは、彼女が赤ん坊の頃からの知り合い。本山で修行して、
家を出るまで世話になっていたらしい。
(星村家には、男女の赤ん坊。女の子はマキナ。男の子は?)

世空寺で多忙な毎日を送っていたら、「星村」の家が「七星」に
襲われ、家は全焼、家人は全員死亡。…マキナだけが「屍姫」としての
「才能」があることがわかる。
『私は家族の仇がとりたい!』「縁が出来ていた」景世が契約僧となる。

「誕生日のプレゼントがいるな。」…ますます死亡フラグが。

黒猫に呼び出されたオーリに、「七星」の重無が近づく。
ほんの少し、触っただけ。
「もう、縁が出来たわ。」
あざができた?黒いところがどんどん広がり、肘から下が真っ黒に。
そして、精神も。

赤紗と景世は、共に学んできた間柄。また、景世を目標にもしてきた。
赤紗が先に「屍姫」の契約僧になったときも。
「まだ10代の子達に戦わせるのはな。自分はまだ一人で闘うよ。」
あれをみるまでは。
だから、自分の屍姫を「殺した」。
あれを無くすために、自分は背信僧になった。そして、

全ての屍姫と、契約僧を倒す。

赤紗と「七星」の湖惑が、景世とマキナの前に姿を現す。

「久しいな、星村の娘。あの時腕や足をもがれてもがき苦しんで
助けを乞うた、か弱き愚かな娘が選びそうなことだ。」

屍姫になったことを指しているみたいです。しかし、酷い
殺され方をしたものかと。>マキナ。

赤紗の座壇、大麟館へ向かう。
「私はいいから」向かってくれ、とマキナ。
その途中。

操られたオーリに、腹を刺される景世。

オーリが景世の後を継ぐフラグです。

結局、黒猫はなんなのか?
「私は、お前だよ。」…判らない;。
個人的には、もっと赤紗と景世の闘いを見たかったのですが。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (5)

しゅごキャラ、どきっ!#62 .

「りまvsなぎひこ! ふたりはライバル?」 

タカラトミー様の販促。「ハートのエースが出てこない」
@飴達(要英訳)などという、親世代?の曲を使ったものが
あります。

「ランとスウとミキが歌ってるの。」と娘(年長)に説明すると、
しゅごキャラの3人が歌っている、とおもうみたいです。
…いや、まそれだけですが。

「だから、トライアングラーなんだってばw。」
今回のりまさんの言動は、女子校出身者でなくとも、女子なら
思いつくところはあるはず。

まあ、友情よりは恋愛感情に近い場合が多いのですが、
りまさんと、なぎひこの場合はいかがなものかと。

ここで改めて。
イースター研究員さんたち、頑張って×たま集めてます。
が、如何してこんなに町の中を飛び回っているのか?それだけ
未来にやさぐれたお子さん達が多いのか。とりあえず、研究員さん
たち、ご苦労様です。

りまさんにとって。

あむちゃんは、一番の親友。なぎひこは。

男の子なのに、何で「女の子」みたいに馴れ馴れしいのよ?
仲良しだったのは、双子の妹の「なでしこ」だったんでしょ?
今は私があむちゃんの「一番の仲良し」なの。

だから、あむちゃん盗らないで。

こんなところかも。で、なぎひこは。

今は「男の子」ですが、「女の子」だったことも覚えてるので、
かなり複雑。

で、ご機嫌斜めのりまさんを笑顔にするためのデートも。

なぎひこがいるから、不機嫌。
なぎひこも、そろそろ不機嫌。

で、あむちゃん家に行くことに。

以外ですが、彼女が友達を招いたのは初めて、らしい。
そこで、昔のアルバム。

写真ごとに、写っている男の子が違うw。この頃からwww。

一緒にシュークリーム作ったりして、和やかに。

帰り道。
×たまさんたちに遭遇。どうやら、イースターさんが捕獲したものが
逃げたものらしいです。

あむちゃんとりまさんは、キャラなりしてスタンバイ。
アドバイスをするなぎひこに、
「キャラなりも出来ないくせに、偉そうにしないで!」りまが
言葉を投げつけますが。

その的確さに心を開き、見事3人の協力の下に
×たま退治、完了。久しぶりに、「ギアスキャンセル」なしの
オープンハートでしたw。

なぎひこ、どんだけ穴掘れば;。てか、埋めとかないと大変。

イースターさんたちはご苦労様、としか。でも、これで
イクトのバイオリンに何やら仕込むみたいなので。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (2) | トラックバック (6)

機動戦士ガンダム00 2nd season#11.

「ダブルオーの声」
ダブルオーとオーライザー、合体発動!
合体・変形はロボアニメの華。
カッコいいものはカッコいい!
例え機体性能がアップして、パイロットへのG負担が
軽減されたとしても、初心者には厳しいところが
リアル。つか、今はセンサーで誘導されるんだ。
>合体シークエンス。(ハロがいるから)

セルゲイさんはとりあえず無事。で安心したのですが、
スイール王国は首都全滅。メメントモリ。本当に、
「フレイヤ」みたいな奴だな

ダブルオーのツインドライブは、予測値をはるかに越える
数値をたたき出す。

「世界を変える力」
刹那ばかりでなく、その場にいた誰もが感じたこと。

アレルヤは「ハレルヤ」を覚えてなく、
マリーは「大佐の危機」を感じたことに驚く。
ラッセは、身体に何かあるらしい。
スメラギさんがたずねても、
「覚悟を決めてますから。」

ティエリアは、ようやく連邦政府の黒幕の存在を明かす。

イノベイター。ヴェーダによって生み出された生体端末。

同じ生まれゆえ、リボンズの行った行為は許せない。
トレミー、修理が終わり次第、メメントモリ破壊行動へ。

ティエリアは、自分がイオリアの計画を勧めている、と
自負していたから、リボンズたちもまたこの計画をすすめて
いる、と聞いて。

もしかしたら、自分の方が「変わっている」のではないか。

そう思うと、CBの仲間に話せなかった。

しかし、今回の件で、そうではないことを確信。

「破壊する。」それが刹那の、そしてCBのみんなの意思。

「自分も実はイノベイター」これはスメラギさんに止められる。
その前に、することがあるでしょう?

メメントモリの破壊。
「貴方は、私達の仲間なんだから。」
…会心の笑み。やっと笑えた、ティエリア。

カタロンはカタロンで、やはり同じ行動を。

王留美とかネーナとかアリーとか。
三人三様に思うところある模様。特に、
ネーナ。兄達の仇というところにこだわりが。
…といっても、悪党様たちが一枚岩でない、というのが
よくわかるというか。

アロウズでは、マネキンの指示に従い出撃するリヴァイヴ。
トレミー探索。彼女に何か策が。

トレミーでは。オーライザー調整中。
ライルとアニューが話を。
彼女も、トレミークルーになるとか。(おい)

リヴァイヴの放った脳量子波。マリーが感じ、
答えたのはアニュー。

やっぱり繋がってるのに。何トロイの木馬を招き入れてるんだ、
CBは。

衛星兵器破壊ミッション開始。沙慈はトレミーに残る、という。
判りやすいな。彼の言動は。
「なにか、自分に出来ることがあるはずだから。」

敵襲来。オーライザーはまだ使えず、輸送艇だけでも発射させないと。
トレミーが囮。

そこを読んでいたマネキン。次々と戦力投入。
新手。シールドでセラヴィーのツインバスターキャノンの
高濃度圧縮粒子の軌道を変える?

装甲が分厚いのか?

リヴァイブ。GNメガランチャーをトレミーに向けて発射。被弾。
第三格納庫を直撃。

「パパがいるですう!」イアンは?
「沙慈、イアンの安否をみてきて!」カメラが作動しない。

ぼろぼろの格納庫。イアンは命はあるが、かなり危険な様子。
それでも、
「オーライザーを00に!皆を守るんだ!」
言い続けるイアン。

マリーが医務室に連れて行きますが。

沙慈がオーライザーに載る!

マネキン。なぜか勝利を確信する。いつも慎重な彼女が。
スメラギに、よほど勝ちたいのかと。

アンドレイとジニン、そして、ルイス。
ジニン、二ヶ月前に、奥さんをカタロンのテロで失った、という。
皆、何某かの理由がある。

「イアンの言葉」を大儀にして、沙慈は刹那の元へ。
ハロの誘導に従い、オーライザー、00と合体!!!!

…沙慈は少しでも、耐G訓練をやっていた、と思いたいw。

合体した00、GN粒子を放ち、光と共にたつ。

主人公機はこれくらいでないと。

「俺達が破壊する、俺達の意志で!」
爆破されるジニン機。中の人が稲田氏だってのに、ここで
退場;。彼の名を叫ぶルイス。

新型機、ブリング到来。刹那、トランザム発動。
だが、その時。

その場に居合わせた全員がまばゆい光に包まれて、
しかも、生まれたままの姿で。←これ。

刹那と沙慈は、「そこにいるもののこえ」を聞く。
ルイスと沙慈、お互いの存在を「感じあう。」

こんなところで。

「どうして、こんなところにいるんだああ!」

こういう形でこの人たちの再会をさせた意図が気になります。
しかし、トランザムは一体どんな作用があるのかと。
裸にする必要があるのかどうか。(あれだけ光でごまかすのなら、
着衣状態でもよかったのではと。)

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

続きを読む "機動戦士ガンダム00 2nd season#11."

| | コメント (2) | トラックバック (30)

Yes!プリキュア5GOGO! #43.

ラスボスのお目見え。やっとこさ。

そういえば、ナイトメアのデスパライア様は、もう少し
ご訪問が早かった気が。

フローラさんに「キュアローズガーデン」へ入ることを
拒否られた館長。

一応、フローラさんは理由を述べておられますが、館長には
理解不能。なので、今ローズパクト持ちであるプリキュアさんの
所へ行ってみた。

そろそろ期末試験。みんな勉強してますが、のぞみだけ一人で
図書館に缶詰。(後はナッツハウス)
「皆をたよらずに、自分の力で」試験受けたいから。

相変わらず、難しいものだらけ。
「自分は教師になれるかな?」不安がよぎります。

小々田、登場。学園の大きな木が、昔はとても小さな木
だったという話。そして、大きくなった樹は周りにも
影響している、という。

無粋にも、館長登場。早速小々田をココにして、ふっ飛ばしてます。

そして、問う。
何故、キュアローズガーデンを目指すのか?

いきなり現れた、いかにも怪しい奴に聞かれてもね。
「知らない人と口利いてはいけません」というのは
お約束ですからw。

「呼ばれたから、行く。」ではいけないのかと。

フローラが何者か、知ってるのか、と。
綺麗なお姉さん。少なくとも、貴方よりは安心できるw。
これでも駄目でしょうか?いちいち五月蠅いおじさんです。

ココ;
「フローラが、何故ローズパクトをプリキュアに託したのか。」
一番大事なところでしょう。旧知の貴方より、ほとんど見知らぬ
小娘達に託したのか。

パクトは、女子が持つのがお似合いなの。

では?

ご破算。どうやら対話による交渉は決裂。つか、もともと
そんな気ないでしょ。

一方、ナッツハウスでは。
シロップの特製ホットケーキによる応援。そして。

陣中見舞いに、特製ホットケーキが。
クリームもっと。フルーツも。グレープも。
大事なの、こういうのが。
価値があるかどうかって?

あるの。

館長は、残す価値があるかどうか、が選択基準。
それによると、学園は要らないらしい。
削除。

フレイヤでも発動したのか?というくらいのクレーターが。
そこには、何もかもあったのに。

のぞみ、マジ怒る。
皆の「大事」がそこにはある。
他人にあれこれ言われる筋合いはない。

今度はのぞみが消されかける。しかし。

「のぞみは消させない!」りんさんですw。

全面戦争。影キュアさんたちです。でも、造形がなつかしの
「ザ★カゲスター」に似てなくも。
(なぜ劇場版の人たちを)

自分の影と闘うのは、こちらも大変。しかし。
キュアフルーレ投入。結構圧されますが。

「自分にもっと自信を持って。
希望という名の苗は大地に根をはり想いという名の葉を茂らせ
仲間という森に。私達には、その姿が励みになるの。」薄荷が励まします。

ビオランテ、影薔薇をなんとか捕縛。かなり苦労しました。

結局、蛇姐さんが迎えに来たりしたので、今回は引き分け。
それにしても、今後館長の攻略が課題かも。

で、次回。
クリスマス!クリスマス!

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (10)

仮面ライダーキバ #44.

「息子を殴っていいのは、父親だけだ!」@音也。

まさか、この人からこんな言葉が出てくるとは;。
昔、「父親と息子の濃ゆいドラマな」ロボアニメが
ありましたが(おい)、それにでも感化されてたのか?
彼は。

冗談はおいといて。

深央を死なせ、大牙を敵に回すことになった渡。

「ぼろぼろになった心と身体を、父親に癒してもらって来い」
@次狼
とばかりに、「時間の扉」を開けられた渡。

22年前の父親に会って。彼がしたことは。

「僕が生まれるのを阻止したいんです。だから、父さんと
母さんはラブラブにならないでください。」
そっちに来たか。

医者にコスプレ変装したり、占い師に変装してみたり。
しかし。あの音也が渡ごときの「お子ちゃま」に
どうにかできる訳でもなく。

今度はゆりに近づく渡。
「父さんと別れないでください。」だが、彼女のとった行動は。

「音也。別れをプレゼントしに来た。」何気にカッコいい、
ゆり。

渡。「紅家相伝の足技」を披露して、「息子」であることを
認めてもらい、一緒に親子風呂www。サービス過ぎる;;。

真夜は、キングに「力」を抜かれたため、早速ポーラベア
ファンガイアに襲われる。

襲われたところを、渡がキバに変身。一応は退散させたものの、
再び現れる。
今度は、音也がイクサに変身!親子でWライダー共闘。
どんなに荒唐無稽でも、これはやはり燃え。

現代。「青空の会」のトップを引き継いだ名護さん。ひそかに
パワーアップ?スワロウテイルファンガイア=ビショップに
勝ってるし。

過去。前キングが、赤ん坊の大キバを抱いて現れる。
「そういうことだから」と見せ付けるように。
そして、ダークキバに変身。音也イクサを拘束しますが。

久しぶりに最強な音也をみました。しかし。随分楽な
時渡りではあります。どうすんだろ、この先。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (11)

炎神戦隊ゴーオンジャー#43.

ガイアークなのに、「掃除大臣キレイズキー」様。なんか
間違ってない?と思っていたら。

「自分達的に綺麗好き」ということなのでw、まず安心。
しかして。
サウンド・マジック・プリズムワールドの3つを破壊してきたとは。
炎神ソウルを無効化するばかりか、金銀兄妹までもふっ飛ばし。

そんな中、クリスマス・ワールドからやってきたサンタさんと出会う
走輔。

何故に袋が空っぽなのか?「4次元袋」だったから。

バイトのおじさん、とばかり思っていたサンタさんですが。
実は走輔が小さい頃、
「レーサーになる夢」をもっていたが、諦めかけたことが。
そんなとき、ラジコンカーをくれたサンタさん。

あのときの。

サンタのプレゼントが皆を勇気付け、蓮の作戦に。

であ、後はまあ、
「人海戦術」とアイテムのコラボで反撃開始!

前半、ものすごい強敵!と思っていたら、結構あっさりアイテム
みんな破られて行くし。

変身後にきっちりサンタコスの赤がナイスw。

しかし。クリスマスネタ自体は、次週にも引くわけで。

キレイスキーさん自体、このままラスボスになるのか、
次回で退場なのかが微妙です。

まあ、こんかいはアイテム販促、次週はロボ販促、と
考えれば。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (9)

惑星ロボ・ダンガードA#15.(東映プレミアBB配信)

「SOS!火星に飛べ!」
http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item016116_0000.htm

この物語のラスボスである、「ドップラー軍団」。
「黒の騎士団」@コードギアス とか、
「加藤機関」@ラインバレルとか、
なんとなく似てるな、と思うように。

特に、「加藤機関」。ラスボスの苗字+団体名、という名称構成とか、
ラスボスの目的が、「選ばれた人間による新しい世界の創造」とか。
共通する所多し。んで、ロボ送り込んでくるところとかw。
では、ジャスダム基地がJUDAっぽいかというと、(汗)。
強いて言えば、キャプテン・ダンと森次の存在くらいかも。
(森次の中の人は、言うまでもなく今をときめく変態仮面さんだしw)

そういえば、よく登場する、パイプオルガン演奏シーン。
鍵盤が4段ありますが、3~4段目は飾りでしょw?と
思わずツッコミを入れたくなることも。

話を戻して。

休憩時間だと思われますが、伴太とタクマが「取っ組み合い」
やってます。以外にも、今回はタクマの勝ち。(おい)
(そういえば、最近のロボアニメの主人公は、こういう描写が
ないような。アムロ以降顕著かも。)

で、それを「珍しくも」樹の陰から(お)見守るダンの姿。

過去の回想。

タクマのそれは、必ず最後は忌わしい事実に結びつく。
それと比べると、彼のそれは、幸せな時間の1シーン。

親子で「取っ組み合い」しているとき。
まだ小さいので、何度もお父さんに立ち向かっても
投げ飛ばされてしまうタクマ。
それでも、諦めないで、また同じことを。

「それでこそ、男の子だ。」
…今なら、またもや某所からクレーム来そうなシーンですが、
自分的にはこれは大有りかな、と思います。

そこへ、緊急連絡。
「ドップラーは、宇宙ステーションを火星軌道に載せた。」
…要するに、先を越されたらしい。
「プロメテ計画は、人類全ての希望。一部の人間だけのものでは
ない。」
キャプテンとタクマ、早速訓練へ。

「今回、出撃命令がなくて良かったな。もし出ていたら、
お前は火星までいけなかった。」
「自分は月まで行けたのだから、いつだって火星まで
いけますよ。」

「宇宙を甘く見るな。宇宙には、想像もできないことがたくさん
起きる。お前はサテライザーのパイロットにはなれたが、宇宙パイロット
ではない。」
で、さっさと訓練して来んかい!なんだそうです。

実際、月で君は仕事できたのかと(ry)ではありますが、あまりにも
図星なので、悔しいけれども言葉に従うしかないタクマ。

軌道衛星が、敵ロボだったりすることもありますからw。

シミュレータは、「宇宙を想定」。Gがかかる一方で、隕石とか
雷撃とか。
あまりの過酷さに、気絶しそうになるタクマ。
ダンの脳裏に、息子が幼かったころの記憶が。

「キャプテン、続けてください。」
あのときも、くじけずに立ち向かってきた。
「そうだ、それでこそ、男の子だ。」

その時、リサが無線傍受。驚愕する彼女。何を聞いたのか。

大江戸博士。宇宙図に三角定規で書き込み中。いや、テッサ@フルメタでも
紙と鉛筆で計算しますからw。

リサの連絡。
「ドップラー軍団のいる方向から、メリーさんの羊とか。」
『メリーさんの羊』。
イギリス宇宙局のミスター・スペースなる人の暗号らしい。

イギリス支局へ問い合わせると、宇宙物理学者である彼は、先ごろから
行方不明になっている、とか。
「私はドップラーの協力を拒否した。自分のほかにも、優秀な学者や
パイロットがこの人工衛星にに拉致されている。奴は、ここを使って
人体実験のデータを取ろうとしている。データは自動的に送られ、
終われば自動的に爆破されるようになっている。」

うわあああああああ;

この救助信号自体、手持ちの小型発信機からのものらしい。
「SOS,救援こう…」

各国のプロメテ基地にロケット発進要請。キャプテンは早速
救助に向かってくれ。タクマは行かせない。訓練を一回しただけだから。

「連れて行きます。」ダンの一言。
「何かあったらどうする?」
「出来ます。タクマなら。」強い意志。出動を許可する大江戸。

「一文字。お前は、子どもを崖から落す獅子のように。」

既に各国の基地からロケット発進。急ぐべし。

「キャプテンは、『タクマならできる』と言って下さいましたね?
凄く嬉しかった。」

「宇宙には、それこそ思いがけない事がたくさんある。それを耐えるのは、
タクマ、お前自身だ。」

大気圏脱出。Gやら摩擦熱やら、いろんなことに。

「お父さん、僕,出来るよ。」
回想再び。小さな崖にて。下は海。
「お父さん。僕、飛べるよ。」言っては見たものの、
結構高さが。恐い。足が震える。

「目を閉じるな。飛べるって、言っただろう?しっかり前を見て
飛ぶんだ。」

先を見る。高さはこれだけ。飛ぶ。

飛び込んだ。浮いてこない?
「お父さん、飛べたよ!」水面から顔を出すタクマ。

無事、大気圏突破。

デブリベルトを突破したさきに、火星が。衛星軌道上に、英国のロケットが。

しかし、「メカサタン・バキューダ」により、吸い込まれ、破壊される。
同じ目に合わされそうなダンガードA。しかし、吸引元を砕くことにより、
撃破へ。

「やりましたよ、キャプテン!」
「やったよ、お父さん!」
現在と過去が被る。
「さすが、わが子だ…。」…初めてでないかい?マジ、息子褒めたの。

地球に、ステーションを運ぶダンガードA。
「今日の正義、終了!」←間違ってないと思う。

次回予告。帰ってきたら、基地が破壊されていた、とか;
どんだけ;;;。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄のラインバレル#10 .

「 OVER DRIVE」
クリスマスパーティ。サービス回?

毎年、幼馴染でやっていたクリスマスパーティ。
今年は、矢島の家ですることに。あれ?と思いましたが、
浩一妹と矢島妹が仲いいこと考えれば、まあ不思議ではなく。

JUDAでも盛大な準備。って、女子全員ミニスカサンタコスですかw。

て、そんな格好でツリーの飾りつけ;目のやり場に困ります;。
絵美のいた世界では、クリスマスはなかったらしく、すっかり
キラキラに魅了されてます。

国連の視察団へのサービス@石神社長。だそうですが、

どう考えてもオヤジ趣味だとwww。

JUDAのメンバーにとっては、ここが家、みたいなもの。
それぞれが何某かの事情を抱えている。
そんな中、山下は相変わらず元気がない。

まだ、森次のことを気にしている?

買い物に出た浩一と九条。
「私と山下君は、JUDAの医療機関にいたの。」
九条=美海は、大怪我をしたため。山下は、かなり
体が弱くて。ファクターにならなければ、生きられなかった
とか。

国連の視察団のみなさん。やはりサンタコスにひいてるし;
ここで、米国がやっと提供したハイファン島の資料と共に
加藤からのメッセージが。
米国軍事衛星ヘリオスを乗っ取ったので、これで世界各国を
攻撃する、という。

「この状況を打破する方法を知っているかな?」社長が
明るく言う。やばい。

「ちょっと宇宙へ行って、
衛星兵器、ぶっ壊してきちゃってよ!」

…軽く言うなっての。そもそも、
宇宙にいくのに、シミュレーションも無しですか;。
(某教官は、月まで行ったと自負する教え子に、
火星は別件だから、シミュレーションやって来い、と
はっぱかけてました。この違い;;;)

ラインバレルが失敗したら、重大な任務になる、と山下に。
緊張。

山下。森次に、
「浩一が担当することになったのは、体のせい?」と聞くが。
「ラインバレルがヴァーダントより向いている、と判断された
からだ。」
と答える。
「それよりも、他人のことより自分のことに集中しろ、
出来なければ辞めろ。」

これに噛み付く浩一。
「他人の痛みも感じない人なんですか、アンタは?」

…森次は、あくまでもプロとしての立場で正論言ってるんですが。
なんか、お子様的には「悪い奴」と捕らえられてしまうみたいです。

で、
「見せ付けてやるんだ、俺達の正義を!」とゲキを飛ばす浩一。
…すっかり森次の手の中にはまっているような。

米軍が待機してるところに来た浩一と山下。
天を指差して、浩一。
俺のドリルは
I can not speak English!!!

俺たちがアンタたちの尻拭いをしてやる!!!」

…えーと。よかったな、浩一。
「お前みたいな○○○に出来るのかよ!などといわれなくて。

食事を用意してもらう二人。
食欲のない山下を心配する浩一。恩返し以上に
インパクトを受けたこと。

森次とヴァーダントのデモンストレーション。
あんなふうになりたい。
(ヴァーダントなら、その気持ち判る!)
「あんな風になりたかった。
一人で揺るがない強さを・・・あんな風に強く!」

作戦実行。「全世界の人々の命がかかってる。」
それぞれのマキナに、それぞれの加藤機関のアルマが。

ヘリオス。実は巨大なアルマ?
そして。浩一のお相手は、
加藤機関八番隊隊長、王政 陸。

地上でも宇宙でも、マキナとアルマのバトルです。
そして。
山下の正義は見つかるのか?

道明寺も、何やら出動してますし。

矢島家では、明日のパーティーのために、今日から
おでんとカレーがスタンバイ。

「明日には、美味しくなってるわね。」
パーティ、いけるか?浩一は。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (2)

トミカヒーロー・レスキューフォース#37 .

「ヒカルが隊長?そして2台のズッケイン」

すっかりズッケインのメインコンピュータにされた
ネオテーラさんたち。

隊長が倒れ、(一応命に別状はないとはいえ)、オメガニウムも
奪われてしまった。

総司令と隊長のやりとりを偶然聞いてしまった響介。
「ヒカルを隊長に、と考えている。」
そんな時、オメガニウムを使った超災害発生。
マグマ発生・活火山噴火。救助とともに戦闘へ。

しかし、二台のズッケインに挟まれ、レスキューマックスも
大ピンチ!
パンチやキックを試みるが、反動を食らうばかり。
こんなときに、響介。隊長のことばを思い出してしまう。
「なんで、ヒカルが隊長なんだよ。」

R3とR4。ネオテーラの本拠地に踏み込み、オメガニウムを
見つけるが、逆に捕らえられてしまう。

一方、ヒカルといえば。
「先輩!今こそ、踏ん張り時です。
俺は、絶対に、諦めない!」

このままでは、圧殺されてしまう。ならば。

合体解除・分離!!!
それまで目一杯圧縮かけていたので、「コア」がなくなった
とたん、互いに潰しあうはめに。「共倒れ」とか「自爆」とか。

「…お前ってやつは、本当に…
輝、お前には驚かされてばかりだぜ!」
改めて、ヒカルの底力
(しかも、本人は全くの無自覚)に驚く響介。

「輝、これから起こる困難に立ち向かうには、お前の力が必要だ。
お前が、次の…」

噴火口に現れたオメガ・ズッケイン。レスキューフォースに
緊急避難命令が!

爆沈完了にはまだ遠い。レイと寿里を助け出さないと!

まだ話が続きます。今回は、
「それでもヒカルが隊長にふさわしいか」を難なく判らせてくれる
内容でした。とっさに考えられる、というのも確かに、大事な
条件。
「とっさの判断を忘れるな。」寿里の祖父ちゃんも30年ほど前に
言ってましたわ(おい)。

隊長。這ってでもフェニックスに向かうところが燃えどころ、でした。

次回。ゴッドストライカーって?なんかたくさん来そうです。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (4)

惑星ロボ・ダンガードA#14.(東映プレミアBB配信)

「泣くなタクマ!その日まで…」

http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item016116_0000.htm

タイトルにまで「泣くな」と出る状況って;。確かに、既に1クール
済んだ時点で、彼はそのほとんどで「泣いてる」ような。
(過去の回想含めて)

回想シーンの内容がかなり酷いので、見たくなかったりしますが、
タクマ自身にとっては、「書き換えたくても書き換えられない事実」。
常に「これ」に脅かされてる、というのも、またえげつないことで。

ジャスダム基地浮遊工事がほぼ完成。これで防衛力が増強された。
しかし、ダンガードAを持った今、敵はさらに戦力を挙げてくる。

月基地での「お披露目」は、表向き成功。しかし。

敵への攻撃をしたのは、本当はキャプテン・ダン。
タクマは、ただひたすら操縦席で泣いていた。
「お父さんかもしれないのに、撃てる筈がない…。」

大江戸博士。改めてダンに忠告。
「お前が全てを話せば、心配ない問題だ。だから、
早く真実を話せ。」

「例え父であっても、撃つ事が出来る。それくらいの強い心が
なければ、どうやってドップラーのような強大な敵と闘って
いける?」

まるっと同意。そういえば、「牙狼」で、「父親の影を
斬る」ことが「牙狼の鎧の継承」の条件、みたいな話があったような。

「そのためなら、自分は鬼にでもなろう。」…。

「あらゆる状況で合体できるため」の訓練で、伴太にサテライザー迎撃を
依頼するダン。
「これ位の合体、やって見せるぜ!」見得を切るタクマ。

「それとも、整備担当でありながら、砲撃の腕自慢をしているのはハッタリか?
専門家に代わってもらおうか?」
煽られて、本気見せる伴太。

かなりぎりぎりの線狙い。リサは「見ていられなくて」立ち去る。
「早く、合体してくれ」伴太も必死。

何とか無事に合体成功。甲板に降り立つダンガードA。
いつの間にか席に戻ってきたリサ。
「さすが、自慢するだけあっていい腕してるな。」
「当たり前だ!」

「タクマ、訓練が終わったら、付き合ってくれ。いいことが
待ってるから。」
「了解…いいことって?」←思い切り気になりますが;;;

自分の父親の誕生日を祝うから、ということで
タクマを連れて行く。

その頃。ヒマラヤ山中で、何やら破壊活動が。
ドップラーのメカサタンらしい。
衝撃波をそこら当たりに吐き出している。

どうやら、部隊出撃。先ほどのメカサタン、スキーはいてるww。

伴太の父ちゃん。漁船の船長。つまり、生粋の海の男。
(ミヨコちゃんはどう考えてもお母さんのDNAがw)
二人のやり取りを見ていて、タクマは幼い頃のことを
思い出した。

父の誕生日。花束をプレゼント。
「訓練が終わったら、食事に行こうか。」
父に抱き上げられ、喜ぶタクマだが。

その顔に、鉄仮面がかぶさる。「お父さん?」

緊急事態発令。敵襲来。
ジャスダム基地、浮揚。迎撃。銃撃戦の合間に、メカサタンが。
「もう待てん」シビレを切らすダン。その時。
「待て!」タクマ到着。つか、態度でか過ぎ。

狙撃してくる敵機のパイロットは、マスクマン。
どうしても撃てない、タクマ。
操縦は、ダンに代わらざるをえなくなり。
「父さん…」落ちていく敵機を尻目に、ペンダントを
握り締めるタクマ。
あっさりと引き上げる部隊。だがその影に。

「外せ!」叱責するダン。
ペンダントを床にたたきつけ、壊す。
「そんなものにこだわってるから、いつまでも一人前のパイロットに
なれないんだ!」

「なんてことをするんだ!」タクマの悲鳴。
若手組の大ブーイング。
「部外者は黙っていてもらおう。これは、教官と教えを受けるものとの
話だ。亡霊に縛られるな。」

ダンを殴る。タクマ、臨界点。

「父さんは、亡霊なんかじゃない!」

不意を着いて、敵来襲。中央燃料庫とメインコンピュータ損傷。
「タクマ、来るんだ!」泣いていたタクマの手をとり、サテライザーへ
向かうダン。

「敵が避けたところを狙え!」辛くも敵撃退したダンガードA.

「これを修理して、後でタクマに」大江戸博士より、先のペンダントの件。

「…まずは、キャプテン・ダンを越えることから。」

恐らくは「精一杯の」進言。
「それまでは、もう泣かない。」
自らの意思で決めたこと。これで少しは。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャシャーン CASSHERN Sins #11.

「己の使命のもとに」
「ルナ、君の血は一体何なんだ!。」

ジンを、人間だと思ってました。
「人間を守る」数少ないロボットだったと。

フレンダー、地面を掘っている。
野党ロボットと戦っていたキャシャーン、誤って
「生き埋め」になってしまったため。

だが、足が折れる。
そんな「彼」?を、「ルナを探す」一行にいる、ジンたちが
かくまう。しかも、ロボットと、ここには人間の子どもまでいる。
「俺達は、敵じゃない。」

脚を直してもらう、フレンダー。
ルナがいるかは分からないが、「希望を持つことが大事」
だから、探す旅にでている。

野党ロボットの群れ。ジンを見つけて襲う。
が、
ものすごく強い。

フレンダー、かの場所へ。また掘り返している。
上には、何やらでかい障害物が。

ジンたちの協力のおかげで、爆破。

キャシャーン、復活。野党ロボたちの群れの前に
現れる。

あっという間に、なぎ倒し、ジンにも攻撃を向ける。

「俺は、お前の敵ではない!」キャシャーンのあらゆる攻撃を
止める。

投げ飛ばされて、正気に戻るキャシャーン。
「ルナなんていない。キャシャーンを喰らおう」周りに
言われるが。
「キャシャーンは殺さない。俺は、ルナを探しにいく。
みんなが穏やかに過ごせるように。ロボも人間も
一緒に。」

チームの少年。
「早く大きくなって、ロボットを治してあげるよ。」

ジンには信念がある。だから滅びがこない。
「俺は、お前と一緒に行かない。一緒に居ると、
お前を倒したくなるからな。」

そして、旅たつ一行。

これもまた、「希望」。しかし、ジンは強いな。
キャシャーンのほかにもルナを探すものたちがいる。

彼にとっても、また考えが変わる一例だったかと。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (6)

黒執事 #11.

「その執事、如何様」
ホープダイヤのかけらがもたらす惨劇。それはリジーを
巻き込むことに。

そして。
降臨。満を持してないけどw、赤い奴www。

「せっかくのご主人様の誕生日なのに」シエルの誕生日。
特に何もしない、というのでチーム使用人ズはやや面白く
ない。

リジーが「お誕生日プレゼント」とこの間のお詫びをかねて
ホープのかけらの指輪を持ってくるが、シエルの指にかの
指輪があるのを見て、渡しそびれる。
(セバスチャンが直したので)

昔。誕生日はとっても楽しみな、特別な日だった。
しかし。あの日を境に。二度とその日は来なくなった。
両親は殺され。
屋敷は焼かれ。
自身は、怪しい儀式で二度と消せない刻印を刻まれて。

落ち込んだリジー。帰りの馬車から、つい見えた人形の店。
不思議な音楽にひかれ、つい入ってしまう。
音楽に合わせて、指輪が光る。

「ロンドン橋 落ちた」

店には、人形師のドロセルがいた。

「指輪が、貴方を持ち主として認めませんでしたね。」
リジーが何をどうしたいと思っているのか、既に見抜く。

「大切な人への、どれでもよくない大切なプレゼント。
それに最もふさわしいものは・・・あなた自身です」

ドロセルの目が怪しく光る。

リジーが行方不明と聞き、動こうとするが、その前に
女王陛下からの手紙。
少女連続誘拐事件。遺体は見つかっていない。
全てに、ホープダイヤが絡む、という。

繋がった、謎。

「今度の人形は蝋と石で作れ」と「ロンドン橋」の節で歌いながら
命令するドロセルの主人。気味悪い;。

シエル。セバスチャンに、容疑者のリストを作るように命ずる。
「3時間で。」お供に、プルートゥをつけられて。

何かの役に立つ、かな?振り回されているみたいですが。

その時。月の光を背に立つ影が。
「ビンビンきてるわ~♪あたしのいい男レーダーが!!
 んふっ♪」

なつかしの水兵月(要英訳)を思い出したのはおいといてw。
「愛の狩人」グレル再登場www。
「これでも、執事DEATH!」…ははh、ktkr。

「ドSの腐れウィルに何もかも取り上げられて、今は
平死神なの。でも、肉も腐りかけが美味しい、っていうから
これもいいんだけどね。」

今は小さな鋏×2がアイテムらしい。しかし、変態ッぷりは
グレードアップしてるのが。福山氏は絶対楽しんでるwww。

走り出したプルートゥのその先は。リジーそっくりのお人形が
飾られた人形の店。

グレルによると、ドロセルは「死亡予定者」リストに入ってるらしい。

リジーそっくりのお人形には、彼女のリボンの布が使われている。
その先には、怪しげな屋敷が。

グレルは、叔母であるマダム・レッドの仇。しかし、今は
リジーを早く助けるためにも手を結ぶしか。

「グレル、僕を護れ。報酬は、セバスチャンを1日自由に
していい。」
「○○や××していいの?」…自重、しなくていいww。
「俄然、やる気満々、メーター・マックスDEATH♪」

判りやすい奴w。踊らない、踊らないw。

シエルたちの前に現れた人形達。ホープダイヤしてます。
しかも、誘拐された少女達にそっくり。
彼女達が、襲ってくる。

グレル、鋏で立ち回りますが、泥で作られたものはともかく、
鉄で出来た人形達には歯が立たず。

グレルとプルートゥに、
「お前達はここで遊んでいろ」と命令するシエル。
「おいていくつもり?行かないで~」…死神のお前が言うか?

「それ相応のお人形にしてあげよう。」とドロセル。
いきなり、仮面が合唱し出す。
「金と銀で作れ、作れ、作れ」…恐い;。

奥の部屋の床に、例の紋章が刻まれている。
あの日を思い出す、シエル。

「本当に、あなたの誕生日にはろくなことがないですね。」
カーテンの影から、セバスチャンの声が。

今度はリジーまでも失ってしまう?シエル。

てか、また続きました。リジーは無事だと思いたいです。
(でも、後の子達はあれ、なんだろうな)

グレルの壊れっぷりがさすがw。次回も是非これで。

「ろーんどばっし、お、ち、た。」
…あくまで、執事ですから。ははは。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (20)

惑星ロボ・ダンガードA#13.(東映プレミアBB配信)

「闘え!父を超えて」

http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item016116_0000.htm

月基地のRX-1が、ドップラー軍団のメカサタンに襲われる。後は
月の裏側にあるRX-2を死守しなければいけない。プロメテ計画には
重要な拠点を死守するため、地球のジャスダム基地に
「ダンガードA」で援護して欲しい、と緊急要請が入る。

ぶっちゃけ、「初めてのおつかい」@月基地編、とでも
言うべきなのですが。←おい。

「初めての大気圏外脱出」です。当然、訓練も実戦も兼ねるのですが。
パイロット2人のほかに、伴太が立候補。
「整備に人手がいるでしょ。」大江戸、承知。
「私も行きます。」リサも声を上げるが。

「これは『男の仕事だ』」博士の鶴の一声。
「それに、君には地上でやってもらいたいことがたくさんある。」
…とりあえず、今ならフェミ様たちの格好の(ry)になる発言ですが、
言いたいことはわかります。

(野郎ばかりのところに、妙齢のお嬢さんを行かせるなどという、
狼の群れに羊を投げ込むようなマネは。)

大江戸の心配。
「月基地のメンバーが、タクマを温かく迎え入れてくれるだろうか。」

時代的に、絶対ありえないことなのですが、今回ばかりは
某女史が時を越えてこの回の担当の方に書かせたのでは?と
思うくらいの「黒某女史」ぶりが激しいです。いろんな意味で。

前回でも見て判るとおり、いまだにタクマはトラウマを抱えてます。
「お父さんのこと」は既に地雷;。そして、世間の評判も。

「人は、憐憫と侮蔑と嘲笑をこめて、タクマを『裏切り者の子』と呼ぶ」
「屍姫」のパロですが、決して誇張でないところがなんとも。
それにしても、幼稚園児位から、今に至るまで、↑な視線を浴びせ続け
られるのは。

普通なら狂ってます。そうならなかったのは、父親への確固たる信頼と
愛情。それでも。

「ブラスレイター」マレク編もといタクマ編w。しかし、こんだけ露骨に
「人の醜いところ」見せ付けられた、この時代も凄いですが。

RX-2に着いた3人。まずは基地メンバーに自己紹介。
「一文字タクマです。」

「一文字?」観測員・黒木(今回ババひいた人)が思い当たる。

「そういえば、プロメテ計画を失敗させた、あの、
一文字断鉄の一人息子が。」
「違うだろ?」
「いや、一文字なんて苗字は滅多にないからな。」
…君は「夜のクラブ活動の帝王」とか、「100年以上生きたバンパイア」とか
「実は元アンダーアンカーのエージェント」とかを知らないだろうが!
いや、普通に仮面ライダー2号をやっている(もういいや;)。

月基地の署長氏は、わかっている人なのですが。

閑話休題。
もし世間の目をくらますのなら、「母親の旧姓」に名前を変えると言う選択も
あった筈、なのですが。そうしなかったのは、やはり前述の理由のためかと。

そして、父親は悪くない。逃げれば、罪を認めることになる。

月面での訓練が終わって。
ダンは平然としてるが、タクマは調子が悪い。
「宇宙酔いみたいなものだ。放っておけ。」

そこに、徒党を引き連れて黒木登場。お約束の嫌がらせをして
来ますが。

その場にいた伴太に「お返し」食らわされる。(とーぜんだ)

別室で休憩中。
伴太、ピンクのエプロンで、タクマにサンドイッチとミルクティーを
作ってやる。
「結構、似合うだろ?」…www。いや、漢だw。もしこれがデネブ@電王
ならば、
「おにぎりに味噌汁、もちろん椎茸入り。」で、侑人に、
「椎茸入れるなっていっただろー、デネブ!」となるのですが(お)。

空気読まずにやってきた黒木@単身。
「メカサタンは、マスクマンが操縦しているぜ?お前の父親、
もしかしたらそいつかも知れないんだぜ?そんなんで闘えるの
かよ?」

やってしまいました。
タクマ、再起不能状態に。
「父さんかもしれないのに。…闘えない。」

伴太、怒り心頭。怒らせてはいけない人を怒らせてしまいました。
黒木。どうやらやっと判ったようですが、時既に遅し。
「よくもタクマをいたぶってくれたな、お礼返しだ!」
黒木、逃げ回りますが、伴太。執拗に追いかける。

許さない。タクマを貶めた奴は。何も知らない癖に。
あいつがどれだけ苦し見ながら、今の所に来たのか、
何も知らないくせに。

黒木、ついに袋小路。伴太、追い詰めて、凹リまくり。
「謝れ!」
…やってくれました。GJ.思いっきり溜飲下げてくれました。

メカサタン,来襲。伴太もダンの方に乗り込む。

タクマ、敵機のパイロットがマスクマンであることを確認。
「父さんかもしれない。撃てない。」
泣き出してしまう。戦闘継続不能。

「メイン交代!スイッチを切り替えろ!」ダンからの通信。しかし、
その気配なく。
「もしあれが親でも、それを乗り越えろ!でないと」
敵は襲ってくる。時間は無い。
伴太。中の通路?を通ってきて、タクマに代わってスイッチを
切り替える。
「見ていろ!」ダンのターン。辛くも、敵殲滅。
だが。
タクマは突っ伏して泣いたまま。

「キャプテン、それでもお前は黙っているのか?」
大江戸の独白。

今回の彼は、とにかく泣いてばかりでした。当時のスポンサー的には
かなり厳しかったのでは?と思わずかんぐりを。

しかしな。とにかく鬱展開でした。
伴太の男ッぷりに、万歳。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惑星ロボ・ダンガードA#12.(東映プレミアBB配信)

「輝け!ダンガードA」

http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item016116_0000.htm

マスクマンは、タクマの父・一文字断鉄だった。
「第一次プロメテ計画事件」の真相は。

ここまで断鉄パパのターンが続いてます。#11でドギー署長のネタを
出したついでに、
「以前、銀河一刀流の道場で、ドギー師範のしごきに耐えられずに
去った、かつての弟弟子(声;草尾毅氏)が持つ、D-ソードアルダイル」
が登場した回」を検索していたら。

その回での、「ドギーの師匠」の声の人が。断鉄パパと同じ、柴田秀勝氏。
…いや、御見それいたしました;すいません、不勉強もいい所。

話戻して。
10年ぶりの、奇跡とも言える再会を喜ぶ大江戸と一文字断鉄。
ただ一人残った訓練生が自分の息子・タクマの成長した姿であることを
喜ぶのだが、
「皆の前では仮面はつける」という。
「タクマが一人前のダンガードAのパイロットになるまでは。」
親子の情は挟まない、という。

そこで語られた、事件の真相。
ロケットを打ち上げたときは、計画はほぼ成功と思われた。しかし。
いきなり現れた「毒電波」に操られ、仲間を全員撃墜。そして。

気がついたら、拉致られていた。
目の前には「ドップラー教授」の姿が。

「このお方を『総統』とお呼びしろ。」側近のヘチ。

ドップラー計画とは。
プロメテには、「選ばれた」エリートのみが移り住む権利がある。
他は、要らない。

「力を貸してくれないか?」断鉄に誘いをかけるドップラー。
「笑止だな。プロメテは皆のものだ。俺の目の前にいるのは
ただの異常心理者だ。」
…言ってくれました。断鉄さん。今風に言うと、
「厨のたわごとなんざ、付き合ってる暇ねーよ。」といった
ところ。

しかし、それに怒り狂ったドップラー。断鉄を捕縛。そして。
かの「鉄仮面」を被せるに到った、という。

「記憶を奪われた自分は、それから10年の間、マスクマンとして
働かされることとなった。」

驚愕の真実。かといって、これを関係部署に報告したとして、
今すぐに信じてもらえるかどうか。そして、断鉄自身の身に
危険が及ぶことも。

「これは、二人の秘密、ということに。」

基地の甲板でトランペットを吹いていたタクマに、
「キャプテン、生存」の知らせ。飛んでいったのはいいが。

トランペット投げ捨てて行くなよ、おい。

上官の無事を喜ぶタクマ。しかし、キャプテンはそんな彼に
ビンタを食らわせて、シュミレーターでの耐G訓練を命ずる。

当然、外野からの物言いはありますが、一切無視。
「宇宙に出たら、己だけが頼りだ。こんなことくらいで
気絶してどうする。」

シュミレーター訓練にはいるタクマ。太郎がついていく、と
駄々こねますが、
「これは凄く危険だから、連れて行けない。外で待っていて。」
と諭す。…判ってるんだ。いろいろと。

「パイロットの限界」ではなく、「装置そのものの耐G限界」を
聞くダン。当然、装置スペックにあわせたら、「中の人」の身体は
(ry)。

流石に、それにはその場の全員がブーイング。大江戸博士までが、
「最高責任者権限」を持ち出して反対。

タクマはといえば、必死にこらえたものの、装置停止時には
気力だけで持っていた状態。

手を貸そうとしたリサに対して。
「要らない。
俺はまだ、しゃっきりしてるんだ!」←何故にこのような言い回し;

しかし、身体は正直。練習機下りたとたんに倒れこむ。

医務室に運ばれるタクマ。その影で。

大江戸が断鉄に直談判する。
何故無理な訓練を課すのか。他に方法はないのか。

「あるが、一年かかってもいいのか?」
駄目でしょ。スポンサー様が(おい)。←おい、違う。
「実の父親があいつならできる、と思った。だから」
「自分は10年、タクマの親代わりをしてきた。あいつが
どれだけ苦しんできたと思っている?」

博士、「親代わり」としての言葉。

周囲から「裏切り者の子」と迫害される毎日が続き、
ついには「誰とも口を利けなく」なってしまったタクマ。
「そういう施設」に入れないと回復しないのかも?と
心配していた矢先。

「博士、この記事を見てください!」
なぜかアンソニーのごとく、バラ園の世話をしていた博士の
所に、雑誌を持って駆けつけてきたタクマ。
「お前、しゃべれるように…これは?」

『プロメテ計画の失敗は、本当に事故だったのか?』
その後も不審なアクシデントが続いていたそうだから、そういう
「定説」に疑惑がでるのは当たり前。むしろ英断だったのでしょう。
(今で言うところの新潮とか、文春とか?)

タクマは、父親を誇りに思い、父親の無実だけを信じてきた。
そして、父親の汚名を雪ぐ為にパイロットを目指してきたのだとも。
それを思いやってくれ。

…なんてオカンなんだ、大江戸博士。(デネブとは違う意味で)

医務室のタクマを見舞いに行くダン。
そこには、いつものメンバーに見舞われて、ベッドにねている
タクマが。

ベッドから起きて、よろけたところをダンに支えてもらったタクマ。
(抱きとめてくだされば感動が倍増…いえ、別に;;;)

そこに、敵、襲来。
ダンが一人で出る、というが、気力でタクマ、自分も出る、と。

サテライザー、発進。

サテライザーには、ミサイル位しか武器は装備されていない。が。
合体途中で分離した際、二機が別個に動くことが出来る。

どう考えても不自由な合体シークエンス。しかも、かなりGがかかる。
その代りの、わずかなメリット。

タクマがおとりになり、ダンが背後から攻撃。敵、殲滅成功。

「合体だ!」
フォーメーション指令、一切なし。だが、合体、成功!

ついに「ダンガードA」登場。そのままジャスダム基地の甲板に
降り立つ「ダンガードA」の勇姿。

「これこそ、父子合体だ。」…大江戸博士、涙して喜ぶ。

タクマの過去に、ランカやミサトさんみたいな「失語症」時代が
あったこと、知りませんでした。そういう壮絶な経験を、恐らくは
10歳前後で経ていたとは。

「お父さんが本当に大好きで、心の底から信頼」していたから、
「言の葉に殺される」ことを免れた、というか。

やっと「ダンガードA」が登場。これからがスタートです。
(長かったな、本当に;)

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惑星ロボ・ダンガードA#11.(東映プレミアBB配信)

「宇宙に消えた父の面影」

http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item016116_0000.htm

唐突ですが。キャプテン・ダンの立ち姿(特に後姿)
ウルザード@マジレンが被ったり。
そういえば、ウルザードの設定は、
・魔法兄妹達の父親。
・宿敵との戦いで敗れ、記憶をなくして敵幹部となり
(着ぐるみ、というか仮面被って?)
・敵のときでも正々堂々と闘い、魔法兄弟を導く役割を果たし、
・記憶が戻れば、父親として、一人の「漢」としての生き様を
 見せる。

…まんまキャプテン・ダンですね。いや、全く。そういえば、
「上司」としてみれば、ドギー・クルーガー署長@デカレン
十分いけているような。

結論。キャプテンの「中の人」は日下さん@JAE。(おい;)

と、ネタ話はこれくらいにして。

「マスクマン」はヘンリーダグラスであり、父・断鉄ではなかった。
しかし、「ダグラスに匹敵する」パイロットといえば、父以外には
考えられない(らしい)。しかし、キャプテンは「父」であることを
否定する。

貴方は、一体、「誰」?

今までも、キャプテンとタクマの会話は少しづつでもありましたが、
訓練生がタクマ一人になってから、いわゆる「サシ」状態はこれが
始めてかも。

「貴方が父ならば、たとえ記憶がなくても、自分のことをすこしは
覚えているはず。」

「自分はキャプテン・ダン。お前の教官だ。それ以外の何者でもない。」

再び訓練。
コックピットで地形図を見ていたキャプテン。おもむろに
「オープン・サテライザー。」
「フォーメーションは?!」
驚くタクマ。そりゃそーだ。
「キャプテン、フォーメーションは?」再度確認、しかし返事なし。
基地で様子を見守っていたチームも騒然とする。

訓練、続行。
目的は、合体。どうにかして、合体しないと。
トライアル。しかし、どう動けばいいのか判らず、闇雲に
試行するも、うまく行かず。

若手組が騒ぎ出す。
「無茶です。やめさせて!」
「キャプテンには、考えがあるから。」そのまま続行を決める
大江戸。

一方で。
伴太妹(マジで)のミヨコちゃんが、双眼鏡で訓練を見て、
「タクマさん、カッコいいw。」えーと。
「あれはしごかれてるんだ。もうふらふらじゃないか?」
@タマガー。よく見えてるな、このロボット。

飛行中は、確かにかっこよく見えるかも。(子ども的には)
しかし、中ではいろんな意味で修羅場が。

合体成功。しかし、衝撃でタクマは「目を閉じて」気絶。
「オープン・ダンガード・セット・オン。」
飛行態=サテライザーに変形。とりあえず一段落するが。

「何故あんな無茶をしたのか、必ず聞いてくださいね!」
話をつけに行く大江戸に、リサが厳しく伝言。
とりあえずうまく行ったのだから、となだめる伴太に、
「そういう問題じゃないのよ!」かなりキレてます。

「何故あのような危険なことをしたのか?回りから随分言われたが、
説明できなかった。説明して欲しい。」

「いついかなるときも合体できるように、だ。宇宙へでれば、もっと
危険なことがいくらでもあるからだ。」

…タクマが気絶している間に話していた事。しかし、彼は聞いていた。

夜。
「お前は合体してる間に目を閉じた。目を閉じて何を見た?
思い出せ。」

キャプテンに出された「宿題」。タクマの回想。

子どもの頃。「裏切り者の子ども」と虐げられた、あの頃。
目の前に、父がいる。駆け寄ると、消えてしまう。

夜明け。
宿題発表。(いや、マジで)
「お前は、亡霊を見たのだ。」「亡霊?」
「そうだ。過ぎ去った者は皆幻。お前はもう小さな子どもじゃない。
お前の父親も、いない。恐ろしさの余り、子どもの頃に帰って父に
すがろうとした。目を閉じて亡霊にすがるんじゃない。今の自分を
見ろ。そして、合体を成功させるんだ。」
「はい。」

朝日が昇る。「月」とか「太陽」の使い方がベタ、といえばそれまでですが、
心理描写にうまく使われてます。
朝日が差す。タクマの心の闇が晴れていく。そんな暗喩とか。

メカサタン襲来。
「訓練が、実戦になりそうだな。」
とはいえ、襲って来そうにない。通信士の兄さんは良く見ると
イケメンだったりする。(関係なさ杉)
無線が入る。
「キャプテン・ダン。お前はドップラー軍団のマスクマンだ。
帰って来い。さもなくば、人質のマスクマンを始末していく。」

キャプテンは単独行くことに。
「彼らは優秀な科学者やパイロットたちだ。もし、あの中に
お前の父親がいたらどうする?」

反対の声が止まる、タクマ。

「私は行きます。ただでは行きません。仲間を助け出してきます。
駄目なら、自爆するまで。その時は、教官を途中でやめることを
許してください。」
ことばを残して赴くキャプテン。

「一緒に連れて行ってくれ、とでも言うのか?」
後を追いかけてきたタクマに。
「お前にはするべきことがたくさんあるのでは?プロメテ計画は
遠大なものだ。もし、自分に何かあったら、今まで学んだことを
生かしていけ。」
と言い残す。…仕事人として、これほどまでに
完璧にこなしてるのはどれだけ(ry)。

しかし、実は罠。マスクマンたちを囮におびきよせ、もろともに
爆破する、という。
攻撃を受けるキャプテン。撃墜。

タクマ、サテライザーで出撃。一度はコックピット上を切り裂かれたが、
そのまま「ゴッドバード・アタック」で撃破。
なんとなくライディーンぽいとか言うのは、言ってはいけないらしい;。

キャプテンは、生きていた。人質であるかつての仲間をたすけようと
したが。

人形。
「貴重な人材をむざむざ殺してなるものか」@ヘチさん。共に
爆破されてしまえ、ということで、ヘチ。スイッチを押す。
爆発に巻き込まれた、キャプテン。

夕日の中、トランペットを吹くタクマ。恐らくはレクイエム。
いつものメンバーも、タクマの「悲しげな」後姿を見ている。
そういえば、そういうときによくトランペットが出てくるな。

大江戸に声をかけるものが。
キャプテンは、生きていた。そして。

「爆発のショックで、記憶が戻った。そして、仮面も外れた。
…俺だ、大江戸。」

一文字断鉄。タクマの父親。
「あいつが、俺の息子だったのか。」

タクマは気付かずに、「レクイエム」を奏でている。

どうやらトランペットは、「やりきれない」時に登場する
アイテムみたいです。しかし。やっと来ました。正体バレ。

改めて、断鉄パパは男前だ。それよりも。思いっきり生き様で
主人公張っています。

気付かずにペット吹いてる彼が、なんというか。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケータイ捜査官7 #32 .

「宇宙ウィルス」
サードがウィルス感染したときのネタは一体どこからw。
「前畑頑張れ」とか「ピンポンパン」とか。
とにかく、なつかしの『未知との遭遇』のテーマそっくりの
音階をただひたすら流すだけ(ぱっと見は)が耳につく;

突如、世界規模で正体不明のコンピュータウィルスが蔓延。
とにかく、五月蠅い;。
電化製品全てから鳴るわけだから、不気味だし。
つか、35歳以上世代には『お約束』過ぎるんですが(おい)。

「ウィルス感染により」社会機能被害甚大。逆にいうと、
それだけ生活に「コンピュータ」が普及していることの
証明。

プエルトリコ天文台が受けた、電波の解析を始めたとたん。
この騒ぎが起きたらしい。

ケイタ。下校途中でこの騒ぎに巻き込まれ。本部に向かう途中。

ひき逃げを目撃。

「ぴぽぱぽが悪いんだよ!」加害者は言い捨てて逃走。
…車の制御コンピュータが狂って、ブレーキが利かなかったんでしょうが。
それでも被害者を放置して逃げればひき逃げだっての;。

「3時の方向に病院がある」セブン。とりあえず、ケイタ。
轢かれた女の子を抱っこして、病院へ。

サード。メディック装着して電波解析。しかし。
「情報量が多すぎて」パニックに。↑
「情報生命体、といったものだな。」@ご隠居。

「コンピュータが破壊されただけで、何か?」
「高度に集積した情報社会で、それは壊滅を示す。」
「テレビもネットも見れないなんて!」
「江戸時代からやり直すか」
「奴らの目的が自己複製、なのだとしたら。」

「奴らは自滅を望んでいない。」@ゼロワン。
「俺に考えが。」

テレビ局に連絡。
「回線を全てこちらにあててくれ。」随分無理したらしい。
「コンピュータの発する量形波形を最高出力のVHF電波に変換し、
宇宙に向けて発進する。」
「奴らはどこか文明のある星についたら、適応した形に変換し、
またどこかへ移住する。」

「凄いですね。」
「まるで、昔の三流SFみたいな話だな。」
「俺も、自分の居場所をなくしたくないからな。この、地球を。」

ゼロワン、アンカーのシステムに電波を誘導。
OS全面書き換えが早いか、それとも。
ゼロワンの様子がおかしい。
失敗?いや。

データがテレビ局へ流れていく。
「誘導中、誘導中…」
電波、テレビ局のパラボラから、爆発的に発射!軌道衛星から、
「より多く、より遠くへ」飛翔。全ての回線が正常に。

データは「消えた」のではなく、「共生」の形をとった、と。
「俺の仕事は終わった。俺も共生してるから。」るる、るる。

「変わったな、お前」@ご隠居。
「変わったとしたら、あいつらのせいだ」

ケイタ。結局、病院で足止め。処置室が使えるようになった時は
すでに解決していたわけですから。

「まあいいか。目の前の女の子を助けることが出来たのだから。」
「これで、いいのだ。」ケイタ&セブン。…バカボンのパパ〆ですか;。

そのとおり、なんですけどね。

またもや美味しいところをゼロワンが持っていった感じ。しかし
渋いな、奴は。

改めて、今の社会の『もろさ』が見えた話ではありました。自覚してないけど、

言われて見ればそのとおり;。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (3)

喰霊-零-#10.

「悲劇 裏‐ひげきのうら‐」

「お願い、私を殺して。紀之。」
ようやく「あの時」と繋がってきました。
「カテゴリーA」と化した黄泉は、何を望んでいたのか。
「紀之は、意気地なしだから。もう来ないわ。」

紀之。一番会いたかった人。なのに、来てくれなかった。
(もし、一度でも会いにきてくれていたら)

実は、紀之は調査に没頭していた。
一人で、黄泉を襲った敵の正体を。彼女の無実の証明を。

「会いに行ってやれ」とせかす桜庭。
「それなりの覚悟があるんだよ。」と岩端。
「人殺しの容疑がかかってて、一生寝たきりで、話すことも出来ない。
そんな諌山と向かい合うには、時間がかかるんだよ。」

「悪霊発生」
カテゴリーB。神楽も、出動準備。
いつものように、ポッキーかじりながら。
黄泉も、いつもこうしてたっけ。

私が一番、判ってあげなければいけなかったのに。
信じて、助けて上げなければいけなかったのに。

「本当にそう思ってた?」

黄泉。諌山叔父のところに現れていた。
彼の首を片手で締め上げ、つぶやく。
「命請いなさい。」

爆発。
東京タワーから成り行きを見ていた三途川カズヒロ。
だが、そこに現れたのは土宮設楽。神楽の父。
「あの時は悪いことをしたねえ。奥さんの敵討ち?」
「そうじゃない。」

「今は、成り行きを見守っているだけ。闘うつもりは
ないから」青い蝶になり、消え去るカズヒロ。

そして、あのときに繋がる。
神楽は既に、いっぱしの退魔士。しかし、始末しても
死体兵はどんどん起き上がる。

神楽のケータイに着信。
「ハロー 神楽」
目の前に、獅子王を持ち、鵺を従え、不敵に笑う黄泉。
そこにいるのは「敵」のはず。何故黄泉が。

攻撃を仕掛けてくる黄泉。それから神楽を守る紀之。

雑魚は引き受けるから、黄泉を追え、といわれ紀之。
それについていく、と神楽。

共同講に消えた黄泉を追う二人。
「黄泉は怨霊になってしまったの?もう戻らないの?」
神楽。それを真正面から紀之に聞くか?
一番聞かれて辛いのは彼でしょうが!
何でも正直ならば良いというものではないでしょ。

「言うな!今は言わないでくれ!」紀之の叫び。
判ってるんです。彼は。自分の何がいけなかったのかを。
しかし、無自覚の悪意にも程がある。

二つに分かれたトンネル。紀之は黄泉のいるほうへ。

再会。
会いに来なかったことを責める黄泉。
本当の黒幕を探していた。これからのことを
覚悟して決めるつもりだった。

「すまない。」謝る紀之に、

「もういいの。殺してよ、殺してよ、私を殺してよ!
今の私は死の穢れだから!」

最後の願い。せめて一番好きだった人の手にかかりたい。

しかし。紀之は黄泉に手を出せない。
だから、準備した。
桜庭を。生贄を。私を殺させるために。乱紅蓮に襲わせた。

「貴方が私を殺さないなら、あたしが桜庭を殺す。」
獅子王を抜き、爪でガラスを引掻くがごとく、音を立てる。
これほどき恐怖心をあおるものはないです。

まだ、動かないの?大事な仲間なんでしょ?
「実はね、わずらわしかったのよ。彼。だって、いつも立ち入って
きたんだから。」
獅子王を付きたてる黄泉。

噴出す血潮。足元に血溜まりが。断末魔の悲鳴。

「紀之!諌山を殺れ!もう手遅れだ!」桜庭の悲鳴。
「もう、やめてくれ!」

それでも動かない、紀之。

「紀之は闘わないよね。」神楽が管狐に問いかける。
闘えない。それが正解。

獅子王で、桜庭の心臓を貫く。
「殺して!殺してよ!」

紀之は、何もしなかった。出来なかった。
二人を「助ける」ことを。だから、

「意気地なし。」と断罪されてしまうことに。

そして、
神楽は今、鵺のとりこ。彼女の命は、もう手の内。
あとはとどめを刺すだけに。

「どうして?黄泉、お姉ちゃん…?」
私を、『姉』と、呼ぶな!」

振り下ろされた獅子王。受け止めたのは、土宮設楽。

「お前が迷うとは。」
「迷いなんか、全て消えたわ

神楽父が登場。やっと物語がつながり、前へ。
紀之は、もしかしたら。

しかし。とんでもないテンションで走りました。
凄すぎる。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (11)

しゅごキャラ、どきっ!#61 .

「届け!キランの思い!」
読者企画で公募された「オリジナル・しゅごキャラ」さんお披露目回。

そういえば、昔、「皆で敵メカを考えよう!」という企画がテレマガなどで
良くあった記憶が。採用されるか否かは別として、アイデア的に光るものが
多かった気が。まさに「磨けば光る」原石でした。

で、今回のしゅごキャラさんは「キラン」さん。
「どんなときでもキラキラ出来る」スキルの持ち主。
外見は、某ぴっちの「イエローパールボイス」のマメプリさんに
かなり近いような。でも、「如月ハニー」@キューティーハニー(オリジナル)
テイストもあったり。

結論。
「女の子がなりたいものを集めてみました。」でいいかも。
女子はキラキラが好き!これでいいはず。

あむちゃん。道で「たまご」を拾います。
持ち主を探そうにも、目覚めてくれないと何も判らない。
「×をつけてみれば?」授業が始まったので、時間切れ。

あとはしゅごキャラたちが。
いろいろ試して見ますが、撃沈。

いまだお眠り中のダイヤさん。お声をかけに現れます。
「大丈夫。早く出てきて。ひなこちゃんもみんなも貴女を待っているわ」
…持ち主は「ひなこ」チャンらしい。
呼びかけに応じて、孵化。同じ「キラキラ属性」に惹かれたのかと。

キランちゃん、登場。とにかく、キラキラ娘です。
「周りの人がキラキラして欲しいの。」関わった人たちの全てが
キラキラになって行きます。

「ひなこちゃんは優しい子だけれど、引っ込み事案なの。」
だから、「キラキラしたい」=キランちゃんが生まれた、という。

とにかく、キランちゃんを持ち主のところへ送り届けないと。
なぜなら、持ち主が「いること」を信じてくれなかったら、
しゅごキャラは「消えて」しまうから。

キランちゃんが子猫を助けてくれたことから、ヨルが協力してくれて。
ミカンを拾おうとしてダンボール箱に詰められたキランちゃん。
ランたちが後を追って。

着いた先では、歌唄さんがお仕事。イルとエルも巻き込んで。

歌唄さんのライブの告知チラシを撒くお手伝い。←着ぐるみ使う
ところが、かの今人たちみたいですがw。

授業の終わりに。
あむちゃん所に歌唄さんからのメールが。
「みんなここにいるよ。」

目印を次々見つけて行きますが、キランちゃんはどんどん薄く。
「ひなこちゃんが信じてくれなくなってる!」

もう駄目かな、と思ったその時。

お互いを信じる力。
キランちゃん、復活。

やっと遭えたひなこちゃんとキランちゃん。
「キャラチェンジ」したひなこちゃん。転んだ女の子に
やっと声をかけることが出来ました。

「大丈夫?」

キャラなりしたら、さぞかしゴージャスかなw。
そういえば、たまごの模様も凝っていたし、再登場も
あったらいいな、です。

しゅごキャラメインの話は、いろんな意味で「安心」して
見られるところが。
(ツッコミどころはあんまりないですけど。こういうのも
ないと。)

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (2) | トラックバック (4)

屍姫 赫 #10 .

「地に星」
新キャラ登場。マキナの過去、語られる。
ミナイの「死」より。終わらずに始まる物語。

「景世は、ワカメの塩抜きをしてたわよ。昔は
そんなことしなかったけど、貴方を引き取ってからは、ね。」

「何故、監査官がミナイを発見できなかったか?」
入院中ではありますが、景世、事情を詳しく知らないので探ります。

弟のために、権大僧正・紫央時花に直訴。この方は
「ケガレ」として、屍姫は嫌いらしい。さらに、神生真世も登場。
凄く若い人ですが、屍姫はそう嫌いではない模様。

「お胸様」;こと望さん。オーリに妙な新興宗教のことを教えます。
「決して死なない」=「屍」のことです。自分もマキナのように
なりたいから、この宗教に入ろうかな?とか危ないこと言ってます。

「明日、死ぬかも知れないでしょ?」不安がる望。真理ではありますが、
かといって、宗教に入る理由でもないような。この年頃は、
「一番死から遠い年代」であるゆえに「死に憧れる年代」でもある、
と聞いたことがありますが。

「可愛いから大丈夫」@オーリ。全く理由になっていないところが
健気ですw。

オーリ、保健室の新任の先生に宗教のことを聞こうとしたり。
たまたま不在でしたが。

その先生=送儀嵩征は学校を去る事に。座壇を身につけるため、だそうですが。
景世が復帰するため。二人は、本格的に背信層と戦うための準備を始めます。

マキナ、生前の夢を見る。
光言宗でも重要な立ち位置の家系の出身らしいですが、このときは
普通の女子高生だったみたいです。

家が炎に包まれて。
マキナは押入れの奥に息潜めています。
「あれ」が探してる。

あっちへ行って。
行った?

みいつけた。
ふすまを破って。多数の手が伸びる。

謎の男と、少女。彼らの歩いた後に、巨大百足が人を襲う。

オーリ。やはり新興宗教にいます。何故そんなに足を入れるのか。
火の中で黒こげになる人。しかし、生きている。
教祖様の流れ落ちた汗が、金に。怪しい。思いっきり。
周りのいかにもなおば様たちに勧誘されてますが、

きっぱりと拒否。

ここは偉いかな。

先の少女~顔に刺青あり、北斗七星?~が接触を図ろうと
しますが、今回は未遂。

教組の正体、実は「屍」。「口に出したことが現実になる。」
という「呪い憑き」。
先ほどの男と少女~狭間とか重無とかに「始末」されます。
「屍が生きた人間みたいに金溜め込むんじゃない!」
彼らは光言宗か?
「一緒にするな!」

景世。オーリのバイト先へ。
「ミナイを隠した場所といっても、あいつの行きそうなところと
いえば、そこくらいしかないだろ。」
そこは壬生貞比呂の店。景世に知られた以上、ここには
いられない。地下に潜伏して背信僧討伐に専念しないと。
それはいいが。
バイト代くらい渡してやれよ、貞比呂。

鹿堂赤紗、「七星」に接触。屍姫と光言宗を倒すため。
実質リーダーは狭間。

彼らが動き出したことを知る景世。そろそろフラグかも。

マキナ。あのときの夢。
「星村の娘でも、人である以上、この先は」

目覚める。涙。もう流さない。

「七星…。」奴らこそが、仇。

どちらかというと、橋渡し的説明回だったような。
でも、ホラーテイストは十分でした。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (9)

機動戦士ガンダム00 2nd season#10 .

「天の光」
イノベーターが大勢登場してるような気が。これだけ
登場するということが、この話のキーかどうか。

回想。
学生時代のカタギリ、リーサ・クジョウ、カティ・マネキン。

カティは、リーサの憧れの人、だった。
「紛争は無くせない」が、「出来るだけ早く終わらせて」
被害を最小に抑えることはできる。
そのための戦術予報。
それが彼女の持論。

いま、カティはアロウズにいる。運命の皮肉。

連邦政府による中東統一が進む中、独立を貫くスイール王国。
アロウズは、この国を攻撃する、という。
反連邦国家であり、レアメタルと独自の情報網を持つ、豊かな国。
カタロンが、この国と接触を図る算段をしている。
中東における、連邦政府の悪政を情報公開しようと。

アザディスタンは、情報統制が敷かれ、詳細が一切でない。

故郷が奪われたのに、闘えない、というマリナ。
戦いは闘いを生むだけだから。
今はどうすることも出来ない。

やらお花畑なお姫様です。国が奪われたのに、まだこんな
寝言言ってるし。あなたを信じて散った、あるいはいまだ
待っている国民はいるんですよ?

「私は闘う。」シーリン
「マリナ姫。今こそ王女である貴方が立ち上がらないと。」
高貴な身分は、そのためにさずけられたものではないのかと。

「刹那…あなたは、こんな思いをしても闘えるというの?」
こんな思いを忘れることが出来ないから戦っているんです。
足元をすくわれる想いがあるから。

こういう人は、ルイスのように、己の身に何か起こらない限り
動かないんだろうな。まあ、それもその人の考えなんですけど。
(でも、身分が高い人がそれでは。)

話しかけてきた男の子に、
「どうすれば戦争をやめることができると思う?」と謎賭けして
ますが。

…子ども的には、いいシュミレーションかも。しかし、彼女的には
時間つぶし以外には見えない、という。
子どもの声がコナンの中の人だと、うちの幼稚園児にまで見抜かれて
ましたwww)。

エミリオの死以来、スローガンにほだされて、CBに入ったのか。
マネキン、クジョウが信じられない。
苛立ちが募る。その中で。
「大佐~。僕にも新しいMSくださいよ。」
「五月蠅い!勝手に部屋にはいるな!」

9回でしたっけ?撃墜記録。そりゃ無理だ。
しばらくは、大佐をわらわすしか。

マリーが、何かを察したものは。
新型。早い。おまけに、GNフィールドを駆使し、盾にする。
00でさえ、厳しいそれは。

早々に撤退。どうやら顔見せと警告。

パイロットはイノベーター」察するティエリア。けれども、
それを報告できない。苦悩。すなわち、裏切りの予感?

ラグランジュ3へ向かうトレミー。
そこには、イアン妻・リンダとオーライザー。
そして、新人であるアニューが。

「若い」「犯罪ですよ」←アレルヤ。君もいえないと思うが?
(年齢差、では無いですからね)

アニュー。「全方位」完璧なのだという。これだけでも
「怪しい」のに、『王留美からの紹介』だという。

「確定」です。本当に。つか、外見や名前からして
イノベーターくさいんですが?だとしたら留美のスパイ
だとしてもおかしくないし。

一方。沙慈とマリーの会話。
二人とも、「訳あって」CBに身を寄せている状態。
沙慈いわく、
「自分のせいで、たくさんの人が命を落とした。
自分に一体何が、できるというんだろう。
このまま戦場にいても、闘えるかどうかも分からない。
迷っている。」

「出来なくて、当たり前です。」マリーの答え。

一般市民でなくて、元・超兵だった彼女の答えだからこそ。
「私はアレルヤと共にいます。軍人だったからこそ、
覚悟はしています。」

沙慈にも、思う人はいる、と告白するが。
その彼女=ルイスは、また発作に苦しんでいた。
永くなさそうな気がするが。

「メメントモリ」を使う、とリボンズ。
「王が出資してくれたからね」…要らないことを。
「これで、人類の統一を図るんだよ。」
思いっきり、やばそうな「物」ですね。

「メメントモリ」。
死を思え。死を忘れるな。

随分しゃれた名づけですが、要するに「大規模殺戮兵器」でしょ。
と思ってたら。
ここにも新顔イノベイターさんが。あ、柊。(おい)

コンピュータにアクセスし、何かを探っていたネーナ。
そこにアリーが。
「ニイニイたちの仇!」飛び掛るも、逆に押さえつけられるネーナ。
「お前の腕じゃ俺に太刀打ちできないぜ。それよりも、せっかくの
命、大切にしないとな。」

元からの身体能力+再生体。手が出せないネーナに対して、ざまあ、とは
思いましたが。
アリーはやはり、恐い奴だと。

アリーの今のクライアントは、リボンズ。
大将」といわれるのが凄く似合わないんですがwww。
(言うほうは似合ってるんですけどね。)
「これから、面白いものが見られるよ。」

00、オーライザー起動テスト。トランザム発動。
同時刻、スイール王国では、秘密裏にカタロンと会合。

これを天からの雷と思え。」…相変わらず、驕った考えです。
メメントモリ、発射。あれです。反射衛星砲の、反射衛星ない奴。
スイール王宮を光の束が、直撃。

閃光の中。一瞬にして滅する王国。
その衝撃が、周辺で監視していたセルゲイたちを襲う。

「大佐、危ない!」「察して」叫ぶマリー。
…セルゲイに関しては、恐らく「計算済み」だったのかも。

00、オーライザーの力を借り、ツインドライブが通常の
300パーセント近い数値をたたき出す。

これこそが、イオリアの予言した真の力。

しかし、副作用というか。
アレルヤ、頭痛の後。
「おちおち寝てられねーな。」
…ハレルヤ、復活。やはり、生きていたか。

イノベーター大量投入に対して、CBパワーアップ。
ティエリアがどんどん気になります。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (2) | トラックバック (24)

Yes!プリキュア5GOGO! #42.

こまちさん〆のメイン回であり、シビレッタさん退場回。
とりあえず、

「身に覚えのある」人は多かっただろうと。

シビレッタさんの部屋にやってくる蛇姐さん。
「これからは好きなだけ趣味の世界に没頭してくださって
結構ですから。」…事実上のリストラ宣言。
地下に落とされなかっただけでも是なのに、おばさん。

「私の力を見せてくれるわ!」と発奮。
「取って置きの切り札」である「アラビアンナイト」を
引っさげていざ、出陣。

こまちとのぞみ、図書館にて。
「このたくさんの本の中に、私の書いた本が入ったとして。
果たして手にとって読んでもらえるのかしら。」

おばさん、早速お仕事。
プリキュアの皆さん、アラビアンナイトの世界に入ってしまいました。

40匹に増殖しているシロップとかw。
定員がある空飛ぶじゅーたんとか。

バラバラに召喚され、「終わりのない物語を彷徨うはず」だったのが
「思う心」に物語が対応してくれて、みんなが揃った。
本は、戦いの道具として使うものじゃない」薄荷さん。
「お前だって、物語を好き勝手にこねくり回してるじゃないか!」

どき。
しまった、心当たりがないわけじゃない;。
それは二次創作といって、立派なジャンルなんだと(おい)。

「違う!こまちのお話は、めちゃくちゃに作り変えた物語とは
違うもん!読んでるとわくわくして、どきどきして、真直ぐな
思いが伝わってくるもん!」

そうですよねw。
確かに今風のチャチャは入れてるけど、ネタには
ツッコミ入れてるけど、真直ぐな思いは伝わるように
書いてると思うんですよ。
(このブログにおける、某レトロ作品。プリキュアさん的には
日曜枠の大先輩)

読んだ人が幸せになるならおk」というのはこちら的には
嬉しいです。
しかし、この時期にこの発言。もしかして、狙ってますねwww。

アラビアンナイトは、「シェヘラザード」という女性が、残虐な
王様を慰めるために作った物語。
シビレッタさんも館長に、アラビアンナイトを読んだことがあるそうな。
しかし、館長には届かなかった。
シビレッタさんも、蛇姐さんも、立場は同じだった、ということですね。
…館長は罪作りです;自分はフローラさんしか見てないくせに。

ランプの精ホシイナー登場。あらゆる攻撃に対して、
霧化することにより、ダメージを回避。強敵ですが、
本気のミルキィさんにより、一網打尽。

そういえば、「メタルブリザード」は、
対象を凍らせて、
衝撃を与え、組織の崩壊を図る。
ものだけに、一切関係なかったですね。
体の組成の特別さ。

ともかく、本気出したシビレッタさんの正体も凄かった。
まさか少女ものでドリルが登場するとは
しかもドリルに容赦なく攻撃しかけるプリキュアさんたちに
エメラルドソーサーを盾にして、攻撃を受けとめる薄荷。
そこに追い討ちをかけるがごとく、夢の攻撃の相乗効果。

止めは、キュアフルーレ。今度こそ、シビレッタさん、退場。

こまちさん。これから自分が書くものに自信を持ちました。
「私,みんなのことを書きたい。」
「そしていつか世界中のどこかで誰か一人も出いいから」
「私の書いた小説を読んで、『こんな仲間を作りたい』と思ってくれたら…」

そういえば、大概の物語はそういう風に展開していくような。

塚「プリキュア5シリーズ」は、こまち作になるのでしょうか?
ある意味、壮大なオチではあります。

自分的には、とりあえずブログの応援を頂いたと思って
(違うだろ;)。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (9)

仮面ライダーキバ #43.

嶋さん、ついに退場。(ファンガイアとして)
深央さん、大牙と結婚式の最中に、花婿殺傷未遂。
その後、花婿をかばって、キバ=渡の
「ダークネス・フルムーンブレイク」を受けて、散華。

音也、先代キングから逃れる。イクサで蚕ファンガイアを消す。
真夜、「人間を愛した」罪により、先代キングに
『クイーンとしての力』を抜かれる。

「何故、こんなことをした?」
「ファンガイアであるとはどういうことか、身をもって知って
欲しかったんですよ。」

最後まで、嶋さんと大牙は分かり合えなかったようでした。
最初からすれ違ったのか、分かり合うこと事態が不可能だったのか。

本当は、どちらも「分かり合いたかった」のだと思いたいです。
あくまでも私的要望。

深央さんは、どうしても「渡がキングであるクイーン」でいたかった
のかと。そのためには大牙が邪魔。なので、隙を見せたときに
ざっくりと、(ry)。

「僕はなんでもないんだ!」
明らかに深央にやられているのが丸わかりなのに、それでも
彼女をかばう大牙。
「深央さんは悪くない。悪くない。わるくない。」
とりあえず、深央さんに大牙の「想い」が始めて伝わった瞬間。

時既に遅し。
自分をかばってくれた思いに報いるため。愛した人に仕留められようと。

「駄目、殺せない」ヒロインみたいな終わりでしたが、恐らくは
これがきっかけで渡が大牙との決着をつけることになると思うと。
そういう意味ではラスボスといっても過言ではないかと。

しかし、大牙はどこまで「愛されない子」なんだ、全く。
彼は恋人と弟と、ただ一緒に居たかっただけなのに。
「キング」としての役目を全うしているだけなのに。

渡は、以上の件から、ついに大牙との決着をつける決意決めましたし。

音也。最後にイクサでかっこよく決めてくれましたが。

渡は
「自分が生まれてこなければ良かった」と思い込むようになるし。
この考えは好きじゃないですが。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (2) | トラックバック (12)

炎神戦隊ゴーオンジャー#42 .

小ネタ全開と思いきや、ここで敵ラスボス登場?
の回でもありました。

最初に瓶バンキ登場。
「何故にぬるま湯?」と思ってましたが、Bパートへの伏線
だったとは。

そして、ケガレシアが人間に化けて高校へ入っていったのを
金銀兄妹が目撃。たまたまここの女子部に欠員が出たことを
利用して、「なぜか」美羽が潜入w。

何故に軍平、範人へ目を向けるwww。すっかり「その方面」にハマって

しまいましたか。

どう見ても20年以上昔の「セーラー服」に、アラレちゃん眼鏡。
転校時の挨拶は「ハルヒ」だし、クラブ活動引っ張りだこも
お約束。
で、魔法少年は「ガリレオ」で、「ハリポタ」。美羽はさらに
「兄から渡された」として、「スケ番ヨーヨー」で「スケ番刑事」。
(ゴーオンエンブレム仕様)持ち。つか、兄。何作ってるww。

おじゃる姫の目的。魔法少年の「魔法」を使って、
瓶バンキを魔法瓶バンキに変身させることだった。

魔法少年。魔法で美羽の心を振り向かせようとしたけど
悉く失敗。
「魔法で女の子を振り向かせようなんて、だめ。
男の子の真心よ。」がいいですwww。

最後は魔法とゴーオンシルバーとのコラボで魔法瓶バンキを
退治。
巨大化した後は、G9でバトル。ガイアークさんのところに、
謎の声が聞えてます。

ラストで、魔法少年君。べタな終わり方ではありましたが、
データはなくても、女子へのアプローチのバックアップだけは
おkなところがw。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (9)

惑星ロボ・ダンガードA#10.(東映プレミアBB配信)

惑星ロボ・ダンガードA 第10話。
「キャプテン・ダンの正体」
http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item014248_0000.htm

ドップラー総統の私室にて。
ある「マスクマン」が逃亡して以来、こちらの計画が
狂わされている。
今度は、こちらから刺客として「マスクマン」を送ろう。
アンテナは折るが、その代りに、人格を制御するペンダントを
つけさせて。

マスクマン」と言うと、やはりこちらが先に出てきます。

「光戦隊マスクマン OP」
http://jp.youtube.com/watch?v=aQnwmSLwlYE
「同上 ED」
http://jp.youtube.com/watch?v=Dlj4GIg4JKY

「愛のソルジャー」マスクマンですからwww。
それはさておき。

「オト」を手に入れた日に、「オト」に命を絶たれた久保。
タクマ、基地の甲板にて、遺品のトランペットを吹いていると。

リサがいる。「余り後姿が寂しそうだったから。」

その久保の遺品から、ある人物の写真が出てきた、という。
「ヘンリー・ダグラス」。
「世界で1,2を争う名パイロットとして、尊敬されている。」

久保も、彼を尊敬し、彼のようなパイロットを目指していたが。

キャプテンの話、とは。
「訓練生はお前一人だけになった。これからダンガードAの
パイロットとなるべく、特訓する。肝に銘じておけ。」

翌日。サテライザー発進。
タクマ、傍らにかのトランペットを置く。
「お前達の夢は、俺が必ず引き継ぐから。」
…心に誓うのはいい。がしかし。不必要なものを狭いコックピット内に
持ち込むのはどうかと;それくらいのことも判らなくなっていたのか?
どう考えても、今後のトラブルの伏線。

今度はSフォーメーションだ。」いくつあるんだよ、合体パターン;。
「チェンジ・サテライザー、チェンジ・ダンガード、セット・オン!」
…やっと聞けたw。御大の掛け声www。
だがしかし。微妙にずれてる。修正かなわず、そのまま接触。
バランス失い、落下。
「制御レバーを引け!」キャプテンからの指示。

レバーの溝に、かのトランペットが「すっぽり」入り込む。
レバーが引けない。落下速度、速くなる一方。
引けない。
引けない。
落ちる。
落ちる。

ガシャン。地面に激突。

喰吉のリモコンサテライザー頭部が。
(ここ、ベタですが秀逸な演出です;)

本物は。
海に勢威落下中。レバーが引けない。もう間に合わない?

太郎、登場。間一髪で難を逃れるが。

ペットをGの修羅場に入れるなっての。まじ、パイロット
失格じゃね?
と思ってたら。

トランペット、床に投げ捨てられておりました。もちろん、キャプテンに。
「何するんだ!これは久保の遺品の大切な」
バキ!一発殴り倒されて。
「いつまでも死んだ人間のことをぐずぐず考えているから、つまらないミスを
犯すんだ。操縦には1ミリの狂いも許されない、少しの油断が大事につながるんだ。
それくらいのことがわからないようで、パイロットは務まらない!」

全くの正論です。弁解の余地無し。てか、何でこういう基本的なことが判らない?
と思わず突っ込みを。ここで何かあったら、それこそ2人に申し訳ないでしょ?
甘ちゃんにも程があるわ、と思ってたら。

トランペットを拾って渡すリサねーさん。
「こんなことで負けてちゃ、タクマらしくないわ。」
…あの。焦点が違うような;。何かが違う;;;。
誰か、「トランペットが壊れたらいけないから」という点を
指摘する人が居て欲しい;;;そこが落しどころなのに、わざと
避けているのか。

と思ってたら。実は自分が悪いのが分かっているらしく。
自室へ向かう。何気に「昼ごはんの」バナナを差し出す太郎に萌えwww。
このあたりが、彼の弱い所、と言えばそうなんでしょうが。

その頃、基地に向かう潜水艇あり。中にはかの
『マスクマン2号』が。

自室で反省中;のタクマ。パイロットスーツから、制服に
着替えてます。で、「お父さんの写真入りの」ペンダント
してます。…ここのあたりが、彼の「幼い」ところなのだな、
と思われ。

大江戸博士、来訪。
「失敗は誰にでもあるから」もう気にするな」と。
「10年間、親代わり」だった博士。優しいな。
「ヘンリー・ダグラス」の写真を出して、
「お前が持っていろ。」と。

そして語られる、ヘンリーと父・断鉄のこと。
ヘンリーは、その華麗なる飛行テクニックで。
断鉄は、対照的に、剛健な飛行テクニックで。
「当時の若者達を魅了した、という。」
…えーと。そうなると、当時の両者の恋人さんたち
(少なくとも、後のタクマの母になる人)はリアル
「私の彼はパイロット」状態だった、ということに。

http://jp.youtube.com/watch?v=hoYzPQFBWSQ

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1147272

(まあ、あくまでもしゃれですが)

ヘンリーは、後の第二次プロメテ計画の際、
「不測の事故」により、行方不明になったという。
タクマの父・断鉄と同様に。

以降、この二人に匹敵する宇宙パイロットはまだ居ない。

その後、「謎のマスクマン」を基地で保護。
ドップラーの元から逃げてきた、というが。

その夜、彼は「本部」からの指令を受けて、大江戸博士
抹殺を試みてきたが、タクマの機転により、未遂に終わる。

続いて、キャプテン・ダンを狙うが、これも未遂。
最後の手段として、「メカサタン」招来。

サテライザー発進。勝負は空中戦で。
「お前の腕でかなう相手ではない。交代だ。」
そういえば、副座式だったな、サテライザーは。

キャプテン・ダンVSマスクマン。
勝負は互角に見えたが、1対2では。サテライザーは「分離」できる。
これをトリックに使い、敵機を追撃。

地面に墜落する敵機。爆発炎上するその中から放り出された「マスクマン」。
鉄仮面がはずれ、その下から現れたのは。

ヘンリー・ダグラス、その人。既に息絶えている。

「酷いわ、優秀なパイロットをこんな酷い目に合わせて。」

キャプテン・ダン。
「記憶がないはずなのに、なぜか心が騒ぐ。」

「お前の父とダグラスは、無二の親友だった。」
大江戸博士の言葉が、リフレインするタクマ。
無二の親友。
無二の親友。

記憶はなくとも、「親友」への思いが残っている。

キャプテン・ダン、貴方は実は?

何が酷いかといって、親友との死別を認識させない、という
所です。しかも、共に相打ちさせている、という。

そういえば、大江戸博士と断鉄さんは「無二の親友」のはずなの
ですが、ここに「ヘンリー・ダグラス」という、飛行機乗りの
「無二の親友」も居たことに。彼と大江戸博士の関係が一体
どーだったのかが気になったり;。

久保はダグラスに憧れて。
タクマは父・断鉄に憧れて。
共に宇宙パイロットを目指していて。サテライザーパイロットに
選ばれて。

これからだった、です。つくづく。

しかし。野郎たちの友情が熱すぎる。この話。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄のラインバレル#9 .

「ブラック・チェンバー」
森次さんのお話。

居るだけで空気が厳しくなる人、というのは
います。

「自分に厳しく、任務に厳しく」なのですが。
相手に対する思いやりがあるかどうか。

この人に「思いやり」があるかどうかは難しいです。
「痛みを感じることが出来ない」体質のせいもあるかも
知れませんが。

加藤機関が世界中に設置している、スフィアという謎の球体。
その目的を探るため、森次たちJUDAメンバーは南米にある
加藤機関のアルマ製造基地へ向かう。

「森次の体の異常に気がつかなかった。」山下は自分を
責める。自分のミスで窮地に立たされた森次を見て、
自我を失う山下。

風呂場。何でこんなところで裸祭り?と思ってたら、
「熱湯風呂に入って居ても平気な森次」を出したかった
ためらしい。感覚なくても皮膚が無事じゃないでしょ?
と思うのですが。

「常に神経を張り詰めて、有事に備えるのがファクター
としての義務」だそうですが。なんか違う。

石神社長は、浩一に、
「絵美の全て」と言って封筒を持ってきますが。
(しかも、風呂場に)
中身はレントゲン写真w。おまけに社長は熱湯でヤケド。
自業自得ですが。

加藤機関でも、本当の目的は加藤とマサキくらいしか
知らないらしい。将来的なきしみの予感。

今回の指揮は、社長でなくて、絵美。
山下は、まだ引きずってます。

薫ちゃん、乙女座O型37歳。って、

ここでも乙女座かよ!

ステルス機能のアルマ。森次、心眼で見切り。
足音を立てたアルマ、そこで勝敗あり。

しかし、
「自分が気がつかなかったから」山下は、ステルスに気が付き、
持ち場を離れて森次を援護に。
「ミイラ取りがミイラに」かえって危機を迎える山下。

森次のおかげで難を逃れるも、攻撃を受けて動けなくなる山下。

「動けなくても、砲台の代わりにはなるだろう?」
「俺はお前にお守りを頼んだ覚えはない」

冷たく言い放つ森次。山下を擁護する浩一。

成長、少しはしてます。

しかし、情報収集ならず。JUDA的には半分成功、といったところ。

道明寺。何やらファクターッぽい見たいです。
まあ、あの体の動きから只者ではない感じがしましたが。

次回はクリスマスパーティー?
「大人の階段」…浩一、には10年早いwww。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (3)

トミカヒーロー・レスキューフォース#36 .

「緊急発進!レスキューマックスを救出せよ!」
隊長、倒れる!果たして、生死はどうなのか。

真円編もそろそろ大詰め。ここでこういう動きが
くるとは。レスキューフォース、侮れない。

隊長にユーロ転勤の話が。
「今のメンバーは十分独り立ちできる。次の人材を
育成して欲しい。」とナンシーからの要請。

頭の中で、R1~R4のそれぞれが「隊長」に昇格した
場合をシュミレーション。
R1の場合。
「レスキューフォースに憧れて、ここに来ました!。」
から、隊長に昇格。男子のサクセスストーリー。
R2ならば、まあいいかな、などと考えていたら。

超災害発生。マグマが街を襲う!レスキューフォース
出動!。現場にはネオテーラさんたち配下が妨害に。
3人組は、何やら新エネルギー発生体強奪に。

隊長、この危機に、R5に変身して、現場に向かう!

マグマを掘り起こすズッケイン相手に、マックス合体で
応戦したレスキューマックスが、罠にはまってマグマの
海に落ちることに。

大ピンチを迎えたレスキューマックス。
「俺はもっと熱いんだよ!」…有難う、細かいネタを。
隊長、レスキューフェニックスを招聘。しかし、その隙を
狙われて、重傷を負うことに。

ヒーローが決めポーズをとっているときは、おそっては
いけないんです!!!全く。

無事、マグマの海から救出されたレスキューマックス。
その形態から飛行能力に難があったけれども。

レスキューフェニックスに「またがる」ことで、
それを克服したレスキューマックス!かっこよすぎる!
そして、ファイナルレスキューへ。

隊長、その姿をまぶたの裏に焼き付けつつ、意識が
遠のく。

って、次回マジ気になる!

と思ってたら、どうやら退場だけは免れてるみたいです。

しかし。ネオテーラ三人組は、何やら新しい人工知能に
組み込まれてるようですが。

販促やらストーリー消化やら、ノルマをこなしつつ見せ場を
作る。相変わらずやってくれます、スタッフ。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (3)

キャシャーン CASSHERN Sins #10.

「過去に囚われた男」
アバン。
「キャシャーン、貴方たちが私を変えてゆく」ルナのモノローグ。

今回はキャシャーンは最後に少し。ほとんどがディオ。
でも、今までを顧みれば、これでも少ないくらいかと。
脚本が靖子女史です。本編がやっと動きます。
ロボット達がディオを目指して集まってくる。
その中でも、頭のおかしくなったロボが一体。
「ルナ、ルナ…。」

前回、エンブレムの片方をキャシャーンに折られたディオ。
「せっかくつけてあげたのに」ロボット軍団の頂点に立つものが、
不完全な身体では。
あえて、折れたままにしてある。

「あいつと同じに見える。」キャシャーンと。
「今度は、もう片方も折ってやる。」よほど嫌、らしい。
「ルナに先にたどり着いたのはキャシャーン。
永遠の命を手に入れたのも。」
「貴方は完璧よ。」

「キャシャーンと似ている。」ことが激しいコンプレックス。
「あいつらは、キャシャーンを求めてきているだけだ。」
「貴方を求めて、ロボット達が集まってきているわ。貴方は
かつてのブライキング・ボス以上のロボット帝国の頂点に
立つの。」

これでもかのリップサービス&ボディタッチで、ディオを
励ますレダ。

「また、悪い虫が出たみたいね。…貴方がロボット軍団の
トップになってもらわないと困るの。」
折れたエンブレムにキスをするレダ。

「あいつは丸1日、姿を見せなかったぜ!」それだけでもイラつき出す
ロボット達。

その中で、最初はやられていたものの、一気に反撃、相手を仕留めた
ロボがいた。
レダ、かのロボットに声をかける。
ドゥーン。かつて、ルナの元で「影ながら護衛」を勤め、
「ルナは、死神に護られている」と言わしめた。

「私達の元に来て欲しいんだけど」反発。
バトル開始。
ドゥーン、体から刃物を出し、応戦。近づけない。強い。
レダ、体術で近づくも、腰の得物で応戦。しかし、斬られる。

ディオ、応戦。
ドゥーン、刃物を繰り出すものの、すべて避けられる。
このあたりの作画が神。そして、ドゥーンを捕らえる。

「思い出した、お前、ルナを殺した、…キャシャーン!」

だ か ら 俺 は あ い つ じゃ な い!
ドゥーンに止めを刺し続けるディオ。
「もういい。やめるの。」制止するレダ。
抱きしめて、キスをして。

ディオ。あれだけ嫌がっていた、「挨拶」をする。
「自分が、頂点に立つ!」
「もし、ルナが生きているのなら、私の邪魔になる。
必ず、殺す。」

ドゥーンは、まだ滅びてはいなかった。

キャシャーン。
「ルナが生きているのなら、探し出す。」その顔は、
今までと違い、前を見据えるものであった。

キャシャーンにそっくりなことがコンプなディオ。
彼をカリスマに祭り上げることで、自身の野望を
果たそうとするレダ。

回想のルナは、結構幼女に見えました。さて。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (5)

黒執事 #10 .

「その執事、氷上」
だから、カウントするのはセバスチャンでないと!
…いえ、それだけです。他意は(ry)。

「ホープダイヤ」と呼ばれる青いダイヤの指輪にまつわる話。

凍ったテムズ川の河川上にて開かれている、氷上マーケット。
シエルとセバスチャンがここにきたのは、どうやらその関係
らしい。

スコットランドヤードのアバーラインと遭遇。彼は「ホープ・
ダイヤ」を追っていた。
「魔性の宝石」と言われるそれは、持ち主となったものが次々と
不幸になっている、という。

ダイヤが「少女連続誘拐事件」に関わりがあるかもしれない、と言うことで
行方を追っていたが、それに関係する窃盗団の一員が、この氷の下に
凍っているのが発見された、という。

彼はホープダイヤを持っていたらしいのだが、見つからないらしい。
川底に落ちたのかも?

お茶でも飲みながら(ここ、英国人テイスト)落ち着いて話を、
と入った中華料理店。

劉の店www。本当、手広く商売やってますね。しかも、かの
「葬儀屋」アンダーテイカーまで出店。アバーラインから、協力要請
あったらしい。
彼の条件は、「壮大なお笑い。」ですが。

あんなに堅物っぽいのに、そんな掟破りなネタ持ちなのですか;
侮れないです。
セバスチャンの視線がw。珍しく嫉妬してますwww。

で、仕入れた情報は。
「指輪は氷像の指にはめられている。」…誰だそんな器用なことしたのは;。

外そうとしたら、全身白づくめの変態さん…じゃなくて。
ドルイット子爵登場。えらいはやい釈放ではありますが。

彼は、この氷像コンテストの審査員らしい。
「この貴婦人を辱める権利は、貴方達にはない。」ので、
関係者全員でコンテストに参加、氷像を作ることに。

優勝者に、その氷像が贈られると言う。

まず、劉。
藍猫の「フルヌード」氷像w。当然、「目隠し」必須。
「放送禁止でしょ!」
「これ、隠すほうがエロいと思うけどなあ。」
…遊佐ボイスキャラにこの台詞言う資格無し!
(存在そのものがエロな癖に、と言うのはなし?)

セバスチャンは。
昔エリザベスと一緒に遊んだ、ノアの箱舟を模したもの。
しかも、解けると中から細工が出てくる二段仕掛け。

これが優勝。しかし、窃盗団がこれを黙ってみているわけ
がなく。
爆弾で脅して一般人を遠ざけるが。

一人対峙するアバーライン。
事件の解決への執念。それに堪えようとしたのか。

セバスチャン、スケート靴を取り出して。
(どこに持ってたんだ、この執事。)
優雅に?4回転ジャンプに、スパイラルシークエンス;。
挙句の果ては、シエルを頭上リフトの上、スロージャンプ。
10点の嵐!(いつ持ってたんだ;)

犯人達を誘い出し、氷を割って見せた!

ここまで真剣だと、ギャグも立派。(あれ?)

崩落と共に、課の氷像も氷の下へ。
「ホープダイヤは、川の底か」

エリザベス。以前大事な指輪を壊したことへのお詫びに、
プレゼントを選びに来ていた。
そこで見つけた、
「かつてファントムハイヴ家が一工房だったころに
作られた」ノア箱舟の玩具。

しかし、それは真っ赤な偽物だった。
怒って、箱舟を壊すエリザベス。
その中から現れたのは、かの「ホープ・ダイヤ」。

「ダイヤの指輪」が持ち主を選んだ。

その報告を受ける影。首をぐるん、とまわすピエロな男。

意味深です。その上で。予告。

ビスクドール。手回しオルゴール、そして、グレル再臨!!!

「その執事、如何様」…「そのしつじ、いかさま」
と読んだのは(ry)。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (18)

国籍法可決される。そして、請願へ。

参議院本会議中継見ました。

国籍法改正案
賛成 220
反対   9
押しボタン方式採決で可決されました。

さあ、これからもどんどん闘っていきましょうね!

2chより
(既出でしたら、すみません)

採決・可決されてもまだ全く終わりではありません。
請願法に基づく国民の権利として、
「首相官邸」または本案の場合「法務省民事局」への請願が可能だそうです。

詳細はこちら↓
http://knnjapan.exblog.jp/9013998/

国籍法改正の再改正、当面運用の厳格化を盛り込んだ文章を各自が作成し、
郵送またはFAXで政府にお願いします。その声があまりに多いとなると、
そもそも可決される本案に付帯決議がついていることから、
恐らく再審議となるに違いありません。
いえ、そうでなければおかしい話であり、
日本の「反日」連中は常にこうした手をしつこく駆使して影響力を行使してきました。

 ついに、私たち保守市民の反逆のときです!

12月25日の暗黒のクリスマスを迎えないように!
FAX,、メール、ポスティングもよろしくお願いします!これからが本当の聖戦です!

http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1228386980/l50
ここより転載しました。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惑星ロボ・ダンガードA#9.(東映プレミアBB配信)

「夕焼け空に散った友」

http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item014248_0000.htm

前回に続いて、厳しい内容です。
キャラ整理のため退場させる手段としてはよくある
話なのですが、思い切り「そのまま」ではないかと。
しかし、いわゆる「ファミリータイム」放送の「販促アニメ」
だったのに、良くここまでやれたな、と思います。>鬱展開。

アバン。ジャスダム基地を叩くために、新しいメカサタン、登場。
「音波殺人ロボ サウンダー」…どうやら「音撃兵器」らしい。
太鼓の鬼さんとか、弦の鬼さんとか、いやあの。
超音波で基地を砕くとか。ゴッドボイスですか;
「攻撃には、謀が大事。基地に、死の贈り物をしてやれば
いいのです。」

今まで掘り下げのされてなかったキャラに、いきなりスポット
当たると、どうやらフラグらしい;。

サテライザーパイロットは、金谷のリタイヤにより、
タクマと久保の2人になった。

そんなとき、久保宛に「トランペット」が送られてくる。
送り主は、実家の父親。
「誕生日のプレゼントに」と言う理由で。

少し前の話。久保はやさぐれていた。←これだけかよ、おい。
そんな時、港の(東京か横浜?)倉庫で、
『ジョニー』という、ブラックのトランペット少年にあった、という。
(思いっきり、荒木キャラです、と言うより、姫野さん
かも)

彼の吹く、トランペットの音色。それが、久保少年の心を
変えていった。

「こいつは、俺の心を判ってくれる。」
甲板に出て、トランペットを演奏する久保。
だがその時、緊急ののサイレンが。

「続きは、今夜の誕生パーティーで聞かせてもらうから」
…思いっきりフラグ立ちました;;。

落下物、降下。以前始末したはずのドップラー衛星。
海の方へ誘導する。

爆風で宇宙空間へ飛ばされたとして。どうやってこちらへ帰ってこれる?
「リターン機能だけが生きていたのかも。」

「調べてきます。」言いだしっぺは久保。しかし、キャプテンはタクマに
行かせる事に。
「銃を持って行け。」

確かに中にはロボット兵士の残骸と、壊れた計器類だけ。
後は田貫教授らに任せることに。

キャプテン、サテライザーのパートナーに、タクマを指名。
「自分も連れて行ってください。」久保は「練習機で待機」。

「もしかしたら、自分達よりもお前の方が大事な役回りかも。」
一応、納得する久保。しかし。どうしても。

サテライザー、発進。
タクマのパイロットスーツが、変わってます。いきなり。
赤の占める部分が、かなり多い。
(そーどふぉーむ…いや、別に;;)
こうやってキャプテンと二人、並んでいると、やはりキャプテンは
頭一つ、タクマより高い。
つか、「親子みたいに」しっくり来てるな。

田貫教授達、現場につく。メカの出入り口がわからない。

ここで、伴太の妹、ミヨコちゃん登場ww。本当に兄妹かと
聞きたくなるくらいに可愛いwwww。
(でも、中の人はスザナ@飴×2の人でもある;おい)

ミヨコちゃん。「お花を摘みに行く」と太郎と一緒に外へ。

たまたま「物」の近く。太郎、物によじ登って中を見ると。
『ガラクタ』が、勝手に組み立てられていた。
出来上がったのは、メカ兵士。

教えようとする太郎。でも、誰もわからない。
ようやくミヨコが気付く。太郎、GJ.

一方。サテライザーは「衝撃波」に捕らえられる。身動きできず。
「サテライザーを粉々にしてやる!」@グドン。
「いや、連れてくるのだ。壊したところで、設計図がある限り、
奴らはまた同じものを作るだろう。それよりも、捕らえて調べて、
こちらの計画に組み込んだほうが。」
…へチのことばにむかついているグドン。

衝撃波混みの触手に捕らえられているサテライザー。
メカ兵を無事破壊した久保、今度はサテライザー救助へ。

上・左右は無理。下からの攻撃のみ。バルカン砲で音波発生装置を
破壊。続いて攻撃…のはずが。

まだ装置は生きていた。衝撃波を浴び続ける久保の練習機。
機体剛性は強くない。

バルカン砲、発射。同時に、衝撃波で、ついに機体全体に亀裂が。

中の久保も、被害免れず。
メットのバイザーが破損。コックピットがむき出しに。
破損寸前の翼で、拘束している触手を切断。

「久保!脱出しろ!」
…したくても、力尽きて。もうそんな余力はない。
最後の力を振り絞って、操縦桿を持ち直し。
「とおさーーーーーーーーーーーーーーーーん」

火山の噴火口に落ちていく、久保機。爆音。

悲鳴。絶叫。慟哭。
「もう許せん!」
ミサイル連射。目標、破壊。操縦者が脱出。
…追跡、諦める。

主のいない誕生日パーティ。
「形見」のトランペットを持ち出し、甲板へ飛び出したタクマ。

「トランペットの音色は、心をそのままに写す。」久保の言葉。

それが本当ならば。
悲しい音色。カナシイネイロ。

「今は、一人にしてやってくれ。」

いつタクマはトランペットを?と言うのは、この際野暮らしい。
「歌は、こんな風に使うものじゃない!」檸檬お嬢さんも言ってます。
(この場合は、「音」ですが)
美しい「音」を愛した久保。
滅びの「音」に殺された久保。

別の話なら、「屍」になってもおかしくない状況だなと思う位。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惑星ロボ・ダンガードA#8.(東映プレミアBB配信)

「タクマの涙を花束に」

http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item014248_0000.htm

アバンより。
一人の「マスクマン」が逃亡して以来、ジャスダム基地への
妨害が進まない。
「プロメテは、我々『選ばれたもの』のためにある。ジャスダム計画は
必ず阻止する。」@ドップラー。
例え、どれだけの血が流れようとも。」
ワイングラスから床にこぼされた、赤いワインが血の池のように
溜まる。
そこに被る、今回のテロップ。
赤、血、涙。そこから連想されるものは。

「そのために、今度は訓練生を利用した計画が。」@へチ副総統。

基地近くの砂浜にて。自筆ノートと向かい合う金谷。
サテライザーの構造・理論など、緻密に書き込んである。
「頭で理解できるなら、身体もきっとそのように動くはず」
今までそう信じてきて、ここまで来たのだ、という。

ここへきて、初めて「金谷某(おい)」の人となりが
明らかに。
最初からのレギュラーなのに、EDではテロップがない;。
すなわち、「最初から早期退場決定」キャラだったみたいです。
ということは。

大江戸博士からの連絡。3人とも、サテライザーのパイロットに
決定、らしい。

大急ぎで基地司令室へ向かう3人。
その前に、サテライザー格納庫へ。
「いつ、飛べるんだ?」
「90万個もの部品を点検してるんだ。何かあったときに
機械のせいにされては困るからな。」

「サテライザーも飛べないときがある。」スペースアローでの
練習は欠かしたらいけない、と言うことで。

「Tフォーメーション」の演習。
頭部と胴部。一度離れてから、接近。寸前で、急降下。
しながら、合体。

久保が単座。一回目、失敗。再トライ。
2回目。激突、炎上、落下、墜落。

現場に至急、救急車。タクマは(主人公補正で;)大したことは
なかったが、金谷が重傷。
「全身10箇所以上の骨折。神経も損傷」(佐渡先生)
「自分が操縦をかわっていれば、こんなことにはならなかった。」
自分を責めるタクマ。
「そうは思わないが。」否定するキャプテン。

「あれがお前の限界だったのか?」金谷に尋ねるキャプテン。
「…はい。スペースアローには、欠陥があります。たぶん、同じ
構造のサテライザーにも。」
答える金谷。
「整備に落ち度があったというのかよ!」怒る伴太。
「自分の落ち度を、機械の欠陥のせいにするのかよ!
この卑怯者を一発殴らせろ!」…あかんやろ、相手は重傷者;犯罪だっての;;;

設計図から何から、あらゆる資料を調べる一同。
伴太たちによる整備報告も、問題なし。
「述べ300人の技術スタッフがかかってるんだ。不良箇所などあるはずが。」
「私も伴太さんを信じるわ。」@おねーさん。
設計ミスではないか?」@キャプテン。
「サテライザーを設計したのは、世界最大のコンピュータ
『ダイアナ』だ。万が一の間違いなど、あるわけない。」

@大江戸博士。
(もしかして、『エライザ』の遠い遠いお姉さん…ということは
ないですか;;;)

『ダイアナ』にかの件を問うと。
そんなことは、絶対にありえない。操縦者のミス。」
…きっぱり言い切るな。「コンピュータ」の癖に。
「サテライト計画自体が、この『ダイアナ』の計算の元に
進んでるんだ。」
だから、『ダイアナ』が間違っていれば(ry)。
「そんなに言うなら、タクマ、お前が操縦してみろ。」

『面会謝絶』の金谷の病室。そんなものはブッチして、金谷を見舞う
タクマ。
「お前だけは信じてくれるな?あれは、設計ミスなんだ!」
…つい最近まで、折あらば蹴落とそうとしていたくせに。
都合のいいときだけ「信じてくれ」と言うのはあまりにも
虫が良すぎるのでは?と思いましたが。
(たとえそれが瀕死の重傷を負っていたとしても)

タクマは、そう「思えない」人だから。

『ダイアナ』か、金谷のいうことか、どちらが真実なのか。
それでも悩みます。

へチ副総統。「合体と離脱を阻むためのものを」投入すると言う。

キャプテン・ダン。海を見つつ。
「己の無力さ」と「時間のなさ」を人知れず嘆いているところに。
「俺にサテライザーに乗る許可を出してください。」

「そんなに、金谷が信じられないのか?」図星。
「言っておくが、金谷とお前の技術は、大差ない。
それどころか、地道に構造の勉強をしている金谷の方が
総合的には上かもしれない。」

…さりげなく、皮肉言ってるような気が;
構造に欠陥があるとでも?たずねるタクマ。

是。
リサに、再調査を頼んだところだ。」
「コンピューターを疑うんですか?」
「当たり前だ。お前は友人を疑っているだろうが?
残念だな。金谷の後ろに座っておきながら、何もみていなかった
とは。」

うぬぼれは何も見えなくすることがある。コンピューターも同じかも
知れないが。

敵、急襲。
金谷。病室を車椅子で脱走。「時間がない!」

「伴太、キャプテンは?」所在を確かめて。
「いないけど?」タクマと久保。この隙に、サテライザーを
発進させる。

後を追いかけるキャプテン。
「お前たちの腕で、敵が倒せるのか?」
「試してみたいんです!」

敵メカ。空中に黒い箱作り出す。
「原子固定装置」まあ、ハニーシステムみたいなもの。
塊を空中にだして、Tフォーメーションを妨害するという。

目の前に障害物。しかし、スピンダウンできない?

『ダイアナ』。この期に及んで、サテライザー設計ミスを認める。
「エンジン出力が足りないから、サテライザーはスピンダウンできないの!」
金谷は正しかった。

久保、合体だ!」再度挑戦。しかし、行く先々に塊を作り出される。
タクマの後ろに、金谷が隠れていた。
「もう一度、お前と飛びたかったんだ。そして、確かめたかった。」
金谷、死ぬぞ?
「合体するには、推力が足りない。ならば、上から推してやればいい。
爆風を利用するんだ。」

背骨の神経をやられているんだぞ?無理をすれば二度と飛べなくなる。
(それどころか)
「プロメテ計画は、このTフォーメーションが出来るかどうかにかかってます。
やらせてください!」

「…判った。無理はするな」
どう見ても負荷かかり過ぎてます。思うようにさせるしか。
「計算どおりにできるだろうか?」
「当たり前だ。頭で考えたことは、必ずできる!それが俺のやり方だ!」
金谷、大勝負。
「指示を出してくれ。」
「俺の骨がバラバラになろうと構わない。思い切りやってくれ!」

敵、前方にあり。ミサイル、発射!
塊、大破。爆風がサテライザーを落す。

合体成功!飛行形態そのままで、敵の口中に頭から体当たり…って。

ゴッドバード。
どー見ても、ゴッドバード・アタック!

車椅子で、船路で帰途に着くことになった金谷。どう見ても、
歩けるようになるまでには、かなりの時間とリハビリが必要。

よって、この計画そのものからリタイア。
それでも、自分の夢はかなった、という。
別れを惜しむ基地のメンバー。しかし、
キャプテンとタクマがいない。

船の上で。
頭上から花束が降ってくる。見上げると、サテライザーが旋廻。

二人の仕業。別れを告げる金谷。

操縦席で、別れに涙するタクマ。
「お前は金谷の思いを背負って、久保と二人でサテライザーを
操縦するのだ。忘れるな。」

Bパートの台詞の応酬は堪えました。こんなのはしょれますかっての。
熱い話です。命がけの友情。
お互いをやっと分かり合えた時は。
既に遅かった、とは言いません。

しかし、こんな重い話を、子どものいる家庭では、夕飯時に
見ていたとは。(塚、自分もその一人だったはずなのですが)

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

惑星ロボ・ダンガードA#7.(東映プレミアBB配信)

「星に輝く操縦桿」

http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item014248_0000.htm

「サテライザーパイロットが、3人いたらいけないというのか?」

「Dフォーメーション」をマスターし、危機回避したタクマ。
「気絶していて」現場に出られなかった、金谷と久保。
「俺達より劣る」タクマに差をつけられた現実。

サテライザーの合体パターンはこれだけでなく。
次に説明されたのは、「
Uフォーメーション」。だが、
「D」をマスターしていないと、「U」は出来ない、という。

出来ないのなら、「時間外」に練習してマスターしろ。
キャプテン・ダンより。

とりあえず、これだけの「合体」しないけない構造も
どうかと思ったり。
(スポンサー様のご意向だから仕方ないのですが)
どうやら合体シークエンス最中にも敵機への攻撃が可能、
とかのメリットはあるみたいです。

講義で黒板使ったり、何かとレトロではありますがw。

キャプテンの言動。プロとしては全う。
「3人とも、(パイロットとして)まだ未熟」と言うのは
間違ってはいないみたいです。

閑話休題。
タクマ演習時に、「大気圏突入」してきた物体に遭遇。
軟着陸できるようにしてやったところ。

中にいたのは
「NASAで観察していたポケットモンキー」。
ミルクを哺乳瓶で飲ませているタクマに、大翔@ゴーオンジャー
がかぶるww。

大江戸博士が、NASAに掛け合ってくれて、「お猿さん」を貰い受ける
ことに。
「『弟分として』可愛がってやるんだぞ。」と言うことで。
「実は、もう名前も考えてあるんですw。…『太郎』ですけど。
 いい名前だろ?」

…思いっきり、野上良太郎テイストですwww。
あえて言ってみる。「タクマのセンス、なめんな!」
とにかく、肩に乗っけた様子が、
可愛いすぎるのにも程がある」です。

それにしても。
「タクマに何かあった?」と駆け込んでくる伴太。好き過ぎるwww。

夜中。
キャプテンが一人海を眺めているところに、金谷と久保が直談判。
キャプテンは、タクマに決めたのですか?
否。3人とも期待はしていない。
期待は、裏切られるから。
自分についてこれるかどうか、それが問題だ。

このタイプのボス。実績がかなりないと部下はついてきそうに
ないです。つか、野球部とかの監督がこんな感じだったかも。

途方と不安にくれる二人の前に、岩陰から飛び出してくるタクマ。
(話は聞いていたらしい;。)
俺が、教えてやるよ。」…お人よしなのか、それとも見せ付けたいのか。

実際、スカイアローを出して演習する3人。
金谷とタクマが連座。久保が単座。
「どうして俺達に教えてくれると言うんだ?今のままなら、
他人に先駆けてサテライザーパイロットになれるのでは?」

という金谷の問いに対して、タクマの答。冒頭。

「それに、いつ敵が襲ってくるか判らない。パイロットも
いるに越したことはない。こんなこと、俺が言わなくっても
判るだろ?」

偉いな。普通、あれだけみんなの前で「落とされたら」まず
報復だから。
実際、タクマの考えは理にかなってると。でもこれは客観的視点。
それとこれは別、と割り切れるところが、凄いです。

それを観ている、オペレーション室の皆さん。
こうやって観ていると、リサねーさんは大江戸博士の秘書も
こなしているのでは、と。
大江戸博士、語る。
3人をしごくことにより、彼らの心がすさむかと心配したが、
それは杞憂で、かえって絆が深まった、と。

キャプテン。
「消える前の蝋燭は、一番輝きを増す、と言うからな。」
意味深。不吉。何を指してるのか。

サテライザー修理完了w。
「徹夜続きの俺達を寝かせたいなら、お前達乗らないでくれ。」
@伴太はじめメカニック一同。
と言うことで、こちらにはキャプテン搭乗。訓練生達は昨晩と
同じ。で、今度はタクマが単座。

敵襲来。何やら毒ビーム(おい)を放ちます。

今、サテライザーには武器が一切搭載されてない。
キャプテン、あくまでテクニックで敵を振り切ろうと。
「お前達は基地に帰れ」

訓練生達とサテライザーを傷つけるわけには行かない。
しかし。
「血気盛んな」小僧達が言うこと聞くはずがないでしょうwww。
「俺達でやっつけてしまおーぜ!」
「Uフォーメーション、行くぜ!」

いずれにせよ、耐G性がかなり要求される合体パターン。
操縦者に、多大な負荷がかかる。しかも時間縮めることを
求めれば、ますます増えることに。

合体シークエンスの間、敵を交わし、攻撃かけることも出来る。

諸刃の剣。今やらねば、誰がやる?

合体。攻撃。爆破。突破。
Uフォーメーション、成功!

3人の心が始めて一つになった瞬間。
「みんな、ダンガードAのパイロットになろーぜ!」
基地の誰もが明るい未来への希望を抱いた瞬間が。

男の子っていいわねー。と思わず言いたくなるエピソード
でした。しかし、ここまでくるのに並大抵ではなかったことも
確か。

とりあえず、訓練生3人がやっと「打ち解けた」回でもあったのですが。

命の輝きは、蝋燭の火に例えられます。
これの意味するものは。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケータイ捜査官7 #31 .

「ゼロワン、走る。」
「お前が諦めてどうする。お前がやらねば、誰がやる。
 美作!」

かっこよすぎる!凄いよ、ゼロワン!!!
ソリッド装着、換気口通路を抜けて走るゼロワン。
グラインダー装着、火花を散らして壁をぶった切るゼロワン!

かつて、滝本と美作の二人に捕らえられたハッカー・多田。
(中身は孔雀アンデッド伊坂の人。)
その報復をしようと。
滝本は死亡していたので、美作とアンダーアンカー相手に
挑戦してきた。

当時、セブンのバディは滝本。当然マークされる。
多田、ケイタを拉致し、セブンを機能不全状態に。
(しかし、ケイタは良く攫われるな;癖になっているのかも。)
その上で、「エライザ」をハッキング。アンダーアンカーの
システムを世間に暴露することで復讐を図ろうと。

サードは本部の防衛で手一杯。しかし。あと一時間で
ここも書き換えられる、という。

PBは2台しかいない。どうする?

「る~る~る~…俺を使え。」ゼロワンの声。
ディスプレイ全部にセロワンフェイスが。

「貴方は、セカンドを殺したでしょ!」
「それでも、今とるべき道を考えろ。」

と言うことで、上記に。

それにしても、このハッカー多田。
セロワンが登場しただけでびびりまくり。
そりゃそうです。あの黒いのが、グラインダー
振り回して金属パーツ斬りまくりなら。

「最近、(PBは)増えたんだよ!」
で、最後に、ケイタを道連れに自爆しようとしますが。

作動しない。
セブンがデータ解除。

再び、多田、逮捕。
「また今度、お相手願いますよ。」
「失敗して失うものがない貴方と、
守るべきものがある私とでは、今度も
私の方が勝つから。」…
かっこいい、部長。

そして。
美作、ゼロワンを認証。
「私は、借りを作らない主義です。」

ついに、ゼロワンがアンカーに帰ってきました。
販促回も兼ねているのは大分かりですが、
それでもかっこよすぎw。
贅沢な回でした。

でも次回は、サードがwww。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (2)

惑星ロボ・ダンガードA#6.(東映プレミアBB配信)

「明日に向かって飛べ!」

http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item014248_0000.htm

前回にて。勝手にテスト飛行もやってないサテライザーを
発進させたタクマ。結果オーライとはいえ、基地や周辺にも
甚大な被害が。

こういう場合。「ラインバレル」のJUDAでも、「プロ失格」
のペナルティが課されてます。というか、秩序を破った場合、
結果はどうであれ、始末書くらいは最低必須。
タクマの場合は、さて。

タイトルロゴが、やけにポップ、というかサイケ。
クレヨンで書いたような。
リーナヴィジョン(アクエリオン)というか、
リュウタロス(電王)が描いたタクマというか。

明るいw主題歌、明るいwタイトルロゴ。
しかして、その実態は。

「憎発露」若しくは「罪螺旋」@サテライザー基地って、
「ガレイ・ゼロ」ですか、全く。

ダメージを追いながらも、何とか基地に帰還したタクマ。
「一文字!」と呼ぶ人がいたのが驚きw。
伴太が「ハグ」して、「キス」までしてくれて出迎えてくれて
(マジです;ネタじゃありません;;)
思いっきり、殴りとばしました。(おいお)

「お前のせいで、完成間近の基地が酷いことになったんだ!」
実際、損傷が激しく、パイロット訓練にも支障が。

「おめーのスタンドプレーで、えらい事になった」
「私は、君に基地の防衛を任せた覚えは無い。」

避難轟轟です。しかし、問題はそこじゃない。

金谷と久保。
「勘弁してやってください。タクマは、
俺達より操縦技術が劣るのを、前々から気にしてたんです。」
「なんとか、キャプテンに認められようとしてあせったんでしょ。
タクマ、謝っておけよ。」

どのくちがいってるんだ、どのくちが。

はあ?どこが?少なくとも視聴者的には、
君らよりよほど訓練に時間割いてるぞ?タクマは。

というか。
この場でこの発言。これがかれらの「本音」だとしたら。

何もここでおおっぴらにするこたあねーだろ。

少なくとも、タクマは彼らを「ライバル」とは思っていても、
「自分を色眼鏡で見ない」人たちと認識していたはずだから。

実際、食堂にて。
「これで、少しは身の程を知ったかな。」
…おまいら、外道にも程がある。
(この後、厨房チームにしっぺ返し喰らいますwwwざまあ)

キャプテン・ダンも、タクマを訓練生から外す、とかいうし。

訓練そのものは出来ない。コンピュータの判断。しかし、
あえて敢行する。
「サテライザーは完成した」から。

「自分が操縦する機体の仕組みも知らないで乗るとは言語道断」
と言うことで、訓練から外されたタクマ。

サテライザーの設計図を見せて欲しい、と関係者に頼み込みますが、
「最重要機密なので」無理。そのとおりだ。

で、何をしたかといえば。

ダンと二人が「合体訓練中」、資料室に入り込んで、設計図を
漁っていました。(マジ)

今時の作品ならば、コンピュータにハッキングでもするのですが、
「引き出しのファイルを目視で探す」と言う作業w。

資料室に不審者侵入。伴太が向かうと。

映写機若しくはスライドで設計図を写してるタクマが。
(だから、70年代の作品)
タクマ、再び殴られて。これで3回目。全部伴太。いや。

「俺はな、本当はあの時お前のやったことが凄く嬉しかった。けど、
キャプテンがいる、あの場ではああするしか!。」告りタイム。

…泣ける;。

訓練の内容。マッハ15で急旋回して本体と合体するというもの
マッハ15+αのG。例の二人は耐えられずに寝込んでしまいましたとさ。
(因果応報の始まりなのか、どうなのか)
そんなことしてる間に、メカサタン、来襲。

主役ロボが相変わらず出ないのですが、その分頑張ってます。
プロです。

敵急襲。ピンチをチャンスに、とは言いますが。
キャプテン・ダン、
「実戦演習だ!」とばかりに寝込んだ二人を
たたき起こしに。

…実際、こんなボスがいたらかなりあれですが。
佐渡先生、医者の面子をかけて、二人の安静を死守。
で、単身出ようとしますが。

タクマ。もう一度自分を訓練生として鍛えて欲しいと
願いでる。

断られれば、銃で脅してでも。

キャプテン、タクマを伴って実戦へ。

キャプテンの本心は。
大江戸博士。
私はタクマを10年間、親代わりとなって育ててきた。だから、
彼がどんな思いを抱いているか、良くわかっている。
あいつはこの日を、どんなに夢見てきたことか。

キャプテン。
あいつは、踏まれれば踏まれるほど、伸びるやつだ。

リサねーさん。喜んでますw。本当、愛理さんだw。

敵さんがいます。でも、敵さんアウトオブ眼中で、ひたすら
合体訓練。
合体。
合体。
合体。

ドップラーさんたち。
「あいつら、何やってるんですかね?ついたり離れたり。」
「何を言っている。何かを成し遂げようとしているではないか!」

…ジェットストリームポカーン状態と思われ。

敵さんの前で、いきなりネタ晴らしなキャプテン。
「サテライザーの設計図はこれだ!」講釈開始。
「この合体で、ダンガードAになるのだ!」
…スポンサーさんは良く我慢してくれましたw。

最後はキャプテンがしとめて締め。

余理の嬉しさに、隣のリサねーさんにセクハラ:する
伴太。
当然ビンタ喰らいますが。
何女に浮気してる?、伴太(おいお)。

総括。
何が凄いと言って、隙あらばこのようにライバル蹴落として
と言った内容を日曜の夕飯時にやっていた。これです。
野郎同士のあれなシーンとか。
フリーダムにも、程がある(藁)。

今回の一言。
ドップラー総統。
「あいつらは、何かを生み出そうとしている。」
…えーと。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

喰霊-零-#9.

「罪螺旋‐つみのらせん‐」

黄泉は全身108箇所に刺された跡が。手術の結果、一命は
取り留めたが。(二ヶ月ほどの昏睡の結果)

全身の筋と腱の切断。右眼球損傷。喉頭部損傷による声帯裂断。

つまり、「生ける屍」に等しい状態。

まだ10代半ばの少女にとっては、これだけでも死より厳しい
状況。それなのに。

なおかつ、黄泉の身の上に降りかかる現実。

防衛省と対策室の遭遇の件。
防衛省の幹部が「へま」して、そのとばっちり、らしい。
そこの血の池に倒れていた黄泉。

「退魔士」どころか、「並みの生活」さえも出来なくなった黄泉。

冥は、全身を切り刻まれて絶命した姿で発見される。黄泉の持つ
得物と、刃跡が一致している、という。一方、黄泉のほうは、
凶器が見つからず。

片や、「家」を相続したばかりのお嬢。もう一方は、後ろ盾が
泣くなり、何もかも失った元・後継者。
逆恨みによる同族殺し、と思われてもむげには出来ない。しかも、
この悲惨な状況でさえ、「自殺未遂」と思われている、という。

当人にとっては、天地がひっくり返るほどの不幸。しかし、他人にとっては
「関係ない」、というのか、諌山叔父やら飯綱父やらがそれぞれの都合を
容赦なく告げにくる。

紀之とは、婚約破棄。
跡のことを面倒見られるのか?」と聞かれ、返事に悩む紀之。
誰でもそうなるとは思いますが、顔見せるだけでも出来たのでは?と
思ったり。それこそ、くすぶってる暇があれば。このあたりが
「男子」なのかな、と。

神宮寺さんが、見舞いに来て、当時のことをたずねる。
イエスなら、うなづき。
指で「トン」一回ノーなら、2回。

冥を殺したのは、自分。 トン。
私情は挟んだ?
…トン、なのか、トントン、なのか。

細かい描写です。

娘を殺された幽、獅子王丸を黄泉の喉元に突きつける。
気持ちはわからいでもないが、相手は自分では何も言えないし
出来ない「女の子」。

そんな黄泉を、神楽がかばう。流石に本家の家督を継ぐ者に
対して無体は働けない。

使い手の無い「獅子王丸」を手に、引き下がる幽。

「今は、神楽が立派にお勤め果たしてるから、黄泉はじっくりと
休んでいたらいい。」

気を使って言ってくれた言葉なのは分かっている。けれども。
…私はもう蚊帳の外、なのだろうか?

飯綱父。「悪い話だ。」
紀之との婚約破棄を告げる。泣く。ただ泣く。
声も出せない。慟哭すら出来ない。

神楽。
「普通の姉妹だったらよかったのに。」
黄泉の世話をする。目に涙。

神楽、黄泉に話しかける。
「対策室の皆が、黄泉を疑っているの。でも、
私は違うから。だって、黄泉は間違ったことをしないから。」

トン。   …是。…?
   トン。 否。否。否。
「間違ったことを、私はしたの!」

泣き顔を見せたくなくて、トイレへ行った神楽。追いかけることも
もう出来ない。
ケータイの液晶は、「神楽ごめんね」のリフレイン画面。

三途川カズヒロ、登場。
「君は悪くないのにね。僕が救ってあげる。」

この間も、出てきた。
殺生石は、バチカンで見つけ、封印もしない状態でここにある。
殺生石こそが、特異点の正体。
防衛省のへま、とは、どうやらこれを捕捉し損ねたことらしい。

「恨む気持ちは、無い!」と蹴散らしたが。

今度は無理。
殺生石を身体に這わせ、壊された細胞を復活させる。

激痛。

「我慢するの。神経が活性化してる証拠だから。」
這わされたところ、寝間着が溶けている。
最後は声を戻し。
「さあ、何が憎い?」

トイレから戻ってきた神楽。自分が黄泉を護らなくちゃ、
と思っていたら。

部屋から禍々しい赤い光り。黄泉、「闇に」復活。
石を受け入れたよう。

カズヒロ、笑う。

これで大分2話と繋がってきました。つか、なんでこんなに黄泉ばかり
不幸に、と思ってしまいます。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (8)

一文字からの贈り物!

こう書くと、なんだか「100年生きてるバンパイア」でもある「仮面ライダー2号」
一文字隼人さん関連に見えますが。なんのことは無いですw。

今週分の「ダンガードA」をDLしようと、東映プレミアムBBのサイトへ行くと。
このようなお知らせが。

12/1より。「画ニメ」配信開始。
「画ニメ」は、「リミテッド・アニメーション」を更に推し進め、アーティスト自身が手がけた作品を静止画として制作する新しい映像表現によって作られています。一枚の画には、作家の感性はもとより多くの情報と、映像にするための創意工夫が盛り込まれています。表現の方法として、静止画を基本としていますが、動かす画は動かす、止めるべき画は止める。作品によって素材やテーマが異なるように、「言葉」や「音楽」で演出を入れながら、それぞれに最も素材が生きる効果的な表現を実現しています。

 脚本から作画、編集に至るまでの広い制作工程において個人の裁量が大きい画ニメの手法は、より実験的なアイディアにチャレンジすることが可能です。これによって、今後益々斬新な映像作品を生み出す可能性を秘めています。

http://www.anime-bb.com/special_ganime/

で、来年一月のラインアップに。
雨宮慶太「G-9」
http://www.ganime.jp/g-9/

どんな作品か、見てみました。

邪悪な生き物「邪竜態」を滅ぼす、魔導士たちの物語。
無人の街で一人の少女が目覚める。女は魔導法師アガルタ。
人の記憶と現実世界を行き来し、アガルタは戦うことで自分が何者であるかを確認していく。
人の意識に寄生する生命体との戦いが、今始まる!

特撮映画、アニメ、ゲーム等で数々のヒットを飛ばし、幅広く活躍する雨宮慶太が、長年あたためてきたオリジナルストーリー『G-九(ジーキュー)』を、キャラクターを描き下ろして完成させたアクション「画ニメ」。キャラクターデザインに留まらず、脚本・監督すべてにおいて、雨宮の感性とアイディアが注ぎ込まれたこだわりの映像世界がひろがるファン必見の作品です。

新作ではなく。むしろプレ「牙狼」と言う位置づけの作品です。

とりあえず、これがネットで見られるのはとても嬉しいです。

にほんブログ村 テレビブログへ

なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屍姫 赫 #9.

「その胸にトキメキを」

春日望ちゃん、というとってもグラマーなお嬢さんが
登場。マキナにすっかり憧れてしまい、いろいろと
引っ掻き回すことに。

しかしな。「お胸様」はないでしょ、「お胸様」は。
セクハラだと思いますが?

きっかけは、「心霊スポットめぐり」。中学時代の友人と
一緒に、通称「人食いビル」と言われる廃墟に入ったときのこと。

以前、追い詰められた銀行強盗が、焼身自殺した場所だという。

お札で作られた張りぼて?みたいなもの。それが「屍」。
仲間の男の子が落ちていた札を拾ったところ、金に執着持っていた
屍が「活性化」。

望さんたちを襲ってきた、屍。そこに現れた、マキナ。
当然、屍を狩る為なのですが。またも左腕が落ちる;
つか、まだ復活中か?

逃げ遅れた望さん。間一髪でマキナに助けられて。

そこでみた、「怪物と単身闘う美少女」。

「死は恐ろしいものだと人は言う。だけど、どうだろうか?
人は死によって、この世から開放される。
そう、あの人の美しさは死の美しさだ」

恐らくは、「女子校のノリ」とか、「ヅカに憧れる」とかと
かなり近いものがあるかと思われます。そういう「お年頃」
でもありますから。

しかし、この場合。
それ+「死への憧憬」が相乗効果になりつつある、という。

オーリの友人、墨鳥。最近、先輩やら友人やらがトラブルに
巻き込まれて、元気が無い。

オーリは全て、真相を知っている。なので、余計落ち込む。

牛島。いーもの見せてやるから、と連れて行かれたところは。

「お胸様」春日望嬢その人のところ。

彼女も彼女で、マキナをチェックしている間に、オーリが
「あの人」と浅からぬ関係にあることを見抜き。

「あの人のことは諦めてください。」…そこまで言い切るか、おい;。

じつは、ミナイの行方を聞き出そうとしていた、オーリ。
「知らないわよ。」というか、「言わない」でしょう。
彼女らが「仲間」の行く末を知らないわけが無いから。

おまけに、「黒猫」までが登場。
「この娘は、死に惹かれるように、屍姫に惹かれている。」
などと言い出す始末。

猫を捕まえようとして、望さんのバストをウニョっと。(役得?)

往復ビンタ。お約束ですねw。
怒った彼女。
「マキナさんは、私が護ります!」
ははは。言われてしまいましたwww。

マキナ。景世にたずねます。
オーリは何者?自分にも普通に接触してくるし、ミナイにも。

オーリを引き取ったときのことを話す景世。
3歳。身の回りのことは何一つ出来なかったし、周りへの
興味も示さなかったが。

猫を拾ってきてからは変わった。

その猫が死んだとき、初めて「泣く」と言う感情を
知った、という。

『オーリは人より死を忘れにくい。忘れちゃいけないと
思っている。』

これだけで「死と近しい」と言い切るのは早計かと。

望。マキナに、
「オーリは死について、何も分かっていない。」と話す。
が。
「貴方よりずっと良くわかっているわよ。」と切り返す。
望さん、べそかいてどっかへ行きましたが。

まあ、妥当な「ご挨拶」かと。

「私はおまえ自身だよ」@黒猫。

オーリの過去が語られましたが、決定打には欠けているような。
それに、望さんはまだ次回も登場らしいし。
小休止回、といえばそのような。

ED。オーリが袈裟着ています。と言うことは、そろそろそういう
展開になるのかと。
屍姫さんたちも勢ぞろい!的雰囲気でしたし。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (5)

しゅごキャラ、どきっ!#60 .

「ラッキー・デーは告白日和?」
女子はすべからく「占い」が大好き。
特に恋愛関係においては、「占い」は超強力必須アイテム。

今朝のテレビの星占いで、
「最高の運勢。恋愛運最高」などと言われたら、舞い上がって
しまうのも無理はなし。

思い浮かべたのは、唯世とイクト。(おいお)
相変わらず、飛ばしてくれてますw。

登校したら。
クラスメイトのこよりさんの占いが「よく当たる」と話題に。

占いは女子だけでなく、成人男性も気になるらしい。
「いつもと違うことをするとラッキー」という占いを信じて、
机にぶつかる二階堂先生www。

こよりちゃん。休み時間にクラスメイトの占いをしてみると。

結構当たってる。(けども、否定するツンデレあむちゃんw)

下校時。ルル登場。
やはり、占ってみると。実は良く当たっているらしい@ナナ。
しかし。彼女は「ルル」です。
「全然当たってないんだけど?こればれたら、お友達みんな
離れるんじゃない?」とツンデレ行き過ぎな「悪魔の一言」
を残していきます。いつもの「ギアスジュエリー」渡すのも
忘れなく。

自信をなくすこよりちゃん。

翌日。クラスメイトのまりかちゃんに、
今日は最高の運勢」とアドバイス。早速告白しようと、まりかちゃん。

彼女の好きな人は、唯世。

あむちゃん、告白シーンに居合わせてしまい、呆然。
「自分も告って玉砕したけど、あれはランが勝手にやったことであって、
なんたらかんたら」

…いや、当時の唯世からしたら、一緒だからw。

それより、唯世をまだあきらめてないところがあむちゃんらしいw。

まりかちゃん、玉砕しました。

影で見守っていたこよりちゃんも、別の意味で玉砕。
「当たらなかった…;」
後を追いかけるあむちゃん。

しかし、こよりちゃんは既に「謎たま」化して。
「謎キャラ」に強制キャラなりしてしまいます。

暴走するこよりちゃん。町で自分の占いどおりの出来事を
起こしていきます。
「こうすれば、最高の運勢!」

巷に広がる阿鼻叫喚の渦。デジャブです。
またもやクロミ様の「ドリームキー発動状態」。

アミュレットスペードになるかな?と思いきや。
アミュレットクローバーで対峙するあむちゃん。

「貴方も、男の人から好きになってもらえばいいのよ!」
周りの男性全てがアミュクロを追いかけます。
まんま奏の被ったアクシデントです;。

とりあえず、雑魚を始末して。
ギアスキャンセルタイムです。

「こよりちゃん、占いは人を幸せに導くものだって言ってた
じゃん!!よく見て、誰も幸せになってないよ」

当たり前です。強制されて発動した「悪夢」で幸せに
なるはずが無い。

「あたし、占いを当てることだけ考えて相手のことを考えるのを
忘れちゃってた…あたしに占いをやる資格はない…」

ギアスキャンセル、成功。×たまになってしまえば、こっちのもの。

「誰だって何だって失敗することはあるよ。
それでも占いが好きなら好きでいいじゃん」

ということで、無事ミッション終了。

まりかちゃん。こよりちゃんを恨むことなく、
「すっきりした」と新しい恋を探そうと。

つよいな、女子は。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (2) | トラックバック (6)

「仮面ライダーディケイド・お目見え」

「たのしい幼稚園」1月号より。016

なんとなく、
「リサイクルライダー」ともいえるかな?と。

過去ライダーのスーツがまだ残してあったのも
凄いし、何よりも。

「もう一度遭いたい」ライダー達が登場してくれるのですから、
文句は言えませんwww。
(ガンバライドの事もありますしね。)

高岩さん何人要ります?(おい)

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (2)

機動戦士ガンダム00 2nd season#9.

「拭えぬ過去」
私色に染め上げて欲しい」とか「合点承知」とか。
「手前らの血は何色だwww!」

いわゆるMS戦が一切無かった前回と違い、とにかく
MS戦だったり、CBVSアロウズの戦術予報合戦だったり。
イノベイターの新顔が現れたり、オーライザーが登場したり。

実はトレミーが宇宙へ上がるまでの時間の話なのですが、
相変わらず情報がてんこ盛り状態です。

サーシェス登場。死んだと思っていたんですが。
「再生治療のツケを払え!!てめえの命でなぁ!!」
失ったからだの半分がメカらしい。つか、サイボーグとか
言わないか?

最凶のパイロットに、最強のMS。ファング装備のスローネ発展型。
鬼に(ry)。

ロックオンの敵か?と問うティエリアに。
「右目が見えないのに出てくる方が悪い。自業自得だ!」
と一蹴するアリー。セラヴィー、足やられてる;。

アレルヤたちの援軍到着。多勢に無勢とばかりアリー機
撤退。

ティエリア、なおも深追いしようとする。
「ロックオンの敵だ!」
「兄さんの仇?」聞き返すライル。

イノベーターさんたちは、「学級会」の最中。
ティエリアを、仲間に引きこみ損ねました。
CBがいるおかげで、アロウズはますます「正義の味方」に
なれる。
リヴァイヴの、アロウズでの活躍が期待。

ルイスとアンドレイ、軍に復帰。
ルイスの身体データを引っ張り出してきて、
「こんな可憐な乙女が」戦闘に加わるなんて、と。

ガンダムロスト地点から逆算しての、トレミー追撃作戦を予測。
宇宙に上がっての補給と修理を敢行する。

トレミーに戻った刹那とティエリア。ライルに今までのことを
話す。
アリーが直接の仇だが、そういう意味では、少年部隊にいた
自分もまた、仇だという刹那。
10年前。
刹那の友人が自爆テロ実行。多くの一般人の被害が。
その中に、ニールやライルの家族もいた。

「兄さんは、10年も覚えていたんだな。」自分は過去より
未来を見る、と応える。

未来。そこにはイノベイターの影が。
出自からみで、悩むティエリア。
「イノベイターに逆らっていいのか?」

アロウズ司令部。
CBは宇宙に上がる、と予測するマネキン。
ライセンス有。だがマネキンに従う、というリヴァイブ。

リントの計画。悉く却下www.

その頃のブシドーさん。カタギリと再会。
「グラハ…今はミスター・ブシドーだったね。」
「その呼び名は、迷惑千万なのだが。」
そういわれるような言動とオーラが出まくりなんでしょ;。全ては
「自業自得」かと(おい)

目的は、新型の視察と、開発着任の挨拶。
「最高のスピードと、最高の剣を所望する」
…すでにパイロットの言葉じゃないです;騎士か?
合点承知」で応えるカタギリも、人のことは言えないです。

「CBの壊滅を、頼む。」カタギリの願いはそれだけ。
…執念。恐いです。
心眼は鍛えている」から今回のミッションは参加しない。
…実は喜ばれてますよ?wいないことをwww。

世界の歪みとは何か?刹那への答をまとめていたら。
ミッション開始。

トランザム発動の力で、宇宙へ飛び出す。
トリロバイトの力を活用するので、速い。

コーラサワー、脱落www。

リバイバルがトレミーを襲う。
角度を変えられた宇宙での攻防。
そこで待ち伏せされ、攻撃を受ける。

トランザムシステムには、時間制限がある。
それを読んでの、マネキンの作戦。
だがしかし。スメラギさん。
00を大気圏離脱と同時に出す。応戦。防衛。

今回はCBの作戦勝ち。

アロウズから、と言うよりマネキンからのメッセージ。
スメラギ=九条、と確信して。

九条とマネキン。

忌まわしい、拭えない運命。

過去に何があったのか。

カタギリ。ついにイノベーターに応援要請。

CB.リンダさん登場。オーライザーと合流。
戦闘は、新たな局面へ。

それにしても、これだけの関係者にスポット
当てても、まだまだ水面下ではたくさんの人が。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

| | コメント (0) | トラックバック (28)

Yes!プリキュア5GOGO! #41.

「柊様!」
番組を越えて、クロミはやっとこさ柊とデートできたかな?
と思いましたが。

やっぱり邪魔が入りましたかw。のぞみはまだしも、
「カフェでふツーに働いている文尾さん」に。
(どーでもいいことですが、『文尾』と言う表記、
『瀬文』に通じるものがあるような;)

しかも、「文尾」さん。その場の空気を全て掻っ攫って
いきました;。どーよ、これって;。

アクセサリーのデザイン思案中のりんさん。やたらアクセサリー
ジャラジャラなお兄さんを見かけます。

うわ。
結構引き。で、

何故、アクセサリーをつけるのか?」という「宿題」を
ナッツにだされます。
(そもそも、自分もアクセサリー屋ではなかったか?)

販促のため。いや、正解を出してはいけない(おい)。

紫「綺麗だと思ってつける。」
緑「昔は権威や身分の象徴として」
黄「仲良し同士で同じものつけたりとか」

どうやら、ナッツの思うところとは違ったみたいで。
「あの二人なら、きっとたどり着けるだろう。」
「二人」がメインですね?

モモーイさん。
今まで余裕かましていたのが大分やばくなってます。
そこで、正面突破に赴きます。

丁度手の空いたりんさんを捕獲。だから、柊のときも
(ry)。

「これって、デート?」舞い上がるりんさん。そりゃそーです。
この年頃の女子ですから。
で、聞いてみる。

「何でペンダントつけてるんです?」
「自分を飾るためだけど?それよりも、他の友達の事を」

…モモーイさん。ここで既に勇み足。そんなに「友達」のことを
聞きまくると、ふつーに凹られますからw。

しかし。うまいことアクシデント。

女の子が迷子に。交番に連れて行ってあげて、泣き止まない彼女に
手作りアクセサリーをあげて、慰めるりん。

「何でそんな無駄なことをしますかね?」

次にケーキが美味しいカフェへ。
「のぞみが来たがってたから、お土産を」
「何でそんな無駄なことをしますかね?」

…ここで「文尾」さん登場。↑に続く。

「貴様もプリキュアのリーダーに」…貴方じゃないんですからw。
でも、
こいつ、エターナルだ!」よほど紅茶の件を根に持ってたとしかw。
ついでに意趣返しして、その場をトンズらする文尾さん。

「もう二度と帰らないからな。」もしかして、これから毎回このパターンとか?

とりあえず、身ばれしてしまったモモーイさん。
ついでに正体も。はっきり言って、
カワリーノさんの方が3倍は男前www。

というか、この人の場合、
『正体がばれてない』と言うのが最大の強みだったので、手の内ばらしたら、
余り後がない、としか。

「他人に何かしてあげること」=「無駄」と言い切る百足さん。
そういえば、ブンビーさんのことを
「お茶を入れてくれる人」と揶揄してましたが、そのあたりも
かけているみたいです。

「人の思いを受け止めることの、どこが悪い?」
→「してもらったことに応えることの」どこが悪い?

と言うのが受け答えではないかと思いますが、

そもそも彼女達は問答無用で凹れるライセンス餅ですから、
そんなの構わないんです。

「新しいエターナル」@紫かと思いきや。
「私は貴方たちに何度も会ってますよ?」
このあたりで、プリキュアさんたちが愕然としている理由。

イケメンが敵さん、と言う事実。が一つ。
知らないうちに個人情報を握られていた、と言う事実。
でよいでしょうか。

まあ、近づく男はすべからく、下心無きものはいないとw。

とは言うものの。
プリキュアさんたちは、これで正体つかめたのに比べて、
百足さんは、二度と接近できなくなったのですから。

ますます百足さんの退場フラグが濃厚に。

その証拠に。
いつものビオランテ攻撃。とりあえずバリアーなんか張ってますが、
かなり、やばい。

やっとこさ、回避しましたが、切り札を使い切り、なおかつ
素顔がイケメンでない百足さんは、

もう詰まってます。ご愁傷様。

この後、先ほどの女の子が、「お礼」といってナッツハウスに。

一緒に来た「お兄ちゃん」は、

さっきのアクセ男。何でも、妹さんが作ってくれるのは、みんな
つけているとか。
「思いを受けとらないとね。」

「思いをうけとめるため」にアクセサリーをつける。応えの一つ。
「思い」を具象化したものが、アクセサリー。

そういえば、着ぐるみミュージカルの脚本は、「思いを具象化したもの」を
取り合う話が何気に多かったです;。

こっち方面の「アクセサリー職人」を目指すであろうりんさん、の話で締め。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

続きを読む "Yes!プリキュア5GOGO! #41."

| | コメント (0) | トラックバック (7)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »