« 惑星ロボ・ダンガードA#23.(東映プレミアBB配信) | トップページ | 惑星ロボ・ダンガードA#25.(東映プレミアBB配信) »

惑星ロボ・ダンガードA#24.(東映プレミアBB配信)

「太陽と星のかけ橋」

http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item016118_0000.htm

これはリアル時には、終戦記念日の頃にオンエアされたもの
だそうです。
NHK「みんなのうた」で「さとうきび畑」を聞いたのも、この前後。
森山直太郎母で有名な歌ですが、どうやら自分が聴いたのは
ちあきなおみバージョンだったらしい。

また、東映プレミアBBのブログでも、このあたりのことを
取り上げられています。
http://blog.toei-anim.co.jp/anime_bb/2007/08/post_42.html#more

このカテゴリで有名なのは、やはり
旧サイボーグ009#16「太平洋の亡霊」だそうです。
http://members.jcom.home.ne.jp/0353387601/review_16.html

さて、本題。今回はものすごく絵が美麗だと思ってたら、
荒木御大作監回です。

真夏、蝉時雨。
ドップラー軍団の皆さん、「プロメテの地理に極めて似ている」と言うことで
第二次大戦の激戦地・バイサ島で模擬演習することに。
しかし、この地には、今なお旧日本軍の兵器の残骸が数多く残る。

ジャスダム基地。米国の民間機が落雷によるトラブルで迷い込んでくる。
キャプテン・ダンが誘導した、その人こそ、大江戸博士の戦友・
ジョン・グレイ氏であった。

当時、大江戸博士は学徒動員で、飛行隊に配属された。
第二次世界大戦中、南方の戦地で大江戸とすさまじい空中戦を繰り広げた。
その時、燃料切れで海に不時着した際、ジョンは攻撃しなかった、という。

そして、終戦。
南方の島で終戦を迎えた大江戸以下、元空軍のメンバーは、米軍に
救助された。

「Youのような優れたパイロットを殺す訳には行かない。むしろ
尊敬していた。」
何故、飛行機に乗っていたか?
「戦後事業を起こして、経営者として生きてきたが、定年になったのを
期に、かつての戦場を廻っている。」
ジョンの話は続く。
「しかし、死んでいったもののことを忘れてはいけない。皆若くして、
生命に満ち溢れていた。全ては運命。敵も味方もない。」
「これからパイサ島へ行き、花束を捧げに行く。今だそこは昔の
残骸があるという。日本人はすぐに忘れるから。」
「いや、私達は忘れようと努力したんだ。」
しばらくの沈黙。

「よし。私も行こう。」大江戸の決意。

グレイ氏と大江戸博士、パイサ島へ向かう。リサが同行することに。
「なにかあったら、すぐに連絡しろよ。」
「大丈夫。私がついているから。」…気丈な姉さんだ。

一方、ドップラーの皆さんは。
巨大なアリ型のメカサタン。操縦するのはグドンさん。今回は
ヘルメットにマント、という、どう見てもコスプレ制服;。
対戦回数は多いが、どれもが敗戦という、まるでどっかの炭酸みたいな
人だ;;;。
旧日本軍の基地などが残っていたので、それらを改造して使う、という。
「敵機が来ます!」「見つかるとやばい。攻撃しろ!」

その頃。
大江戸たちは、飛行艇からパイザ島周辺海域上にて、鎮魂のための
花輪を投げ落としていた。

落下する花輪の背景が実写に。

当時の日本軍の海軍とか、空軍とかの模様。そういえば、
「黄門様」俳優だった某氏と、ある家元の某氏は特攻隊の
同期で、あと1日終戦が遅ければ(ry)、と言う話を聞いた
ことがあります。

海面に浮かぶ花輪が2個。

島に上陸した飛行艇。だがいきなり地震に遭遇。岩崩れと地割れに
襲われる。地の底に落ちる飛行艇。

ジャスダム基地。
博士達空の連絡が途絶えた。
「スカイアローでいきますか?」タクマが問う。
「いや、もう少し様子を見よう。」

飛行艇。
さかさまに落ちたものの、特殊装甲のおかげで本体は無事。
3人とも、外へ出るが。
ドップラーのロボット兵が見回っている。
隠れる3人。
「どうやら、行ってしまったらしい。」
「安心するな。まだ近くにいる。」
「このままでは、ハゲタカの餌食になってしまう。」
「…ここには、ハゲタカは居らんよ。」←なにツッコミ入れてるんですか;

「まさか、誰かが助けに来るのを待っているのではないな?」
「そうするしかあるまい。」
「オーエド!ヤマトダマシイはどうした?サムライはどうした?
 オーエド?」
「私には、プロメテ計画をなんとしてでも成功させなければならない
使命がある。そのためには、戦う前に逃げねば。」

蝉時雨。

「…鳴いている。蝉も。人間も、短い青春を鳴き続けて死んだ。
 蝉は、力の限り満足して死んでいった。なのに、人はまだ生きられる
 命を。希望のなかった時代の人たちのためにも、私は宇宙の叙事詩を
 謳い続ける。…風に乗って、蝉の声が聞える。」
「蝉の声?ここは閉ざされた空間のはず。」
「私にも聞えます。でも、何故蝉の声を気になさるんですか?」
「マッターホルンの登山口を発見したのは、風の音からだと言われて
 いる。洞窟を通る風がホルンのように鳴り響き、彼らはその音を辿って
 頂上へたどり着いたと言われている。」
「では、あの蝉の声も、風に乗って?」
「うむ」「では、行ってみよう。」

苔むす岩肌をよじ登る3人。て、リサ姉、いつものミニスカスーツ;。
「あの穴から聞えてくる。」
「よし、行ってみよう。だが、ミズ・リサは無理だ。」
「リサ?わしかジョンかが必ず抜け出して、ジャスダム基地に連絡する。
 それまで隠れていたまえ。」「はい」
やはり男女の体力差が。確かに、この場合はこれが懸命な判断かと。
ひるまないリサ姉も大した人ですが。

「良いかな?絶対に危険な行動をとってはならん。これは命令だ。」
よじ登ったその先に。
「明かりが見えるぞ。」

そこは、ドップラー軍団の基地に改良されたところ。専用飛行機が
一機。
「ジョン、お前年はいくつだ?」
「忘れた。お前も忘れろ。」
「よし!」飛行機奪回へ動く2人。あっという間に見張りをなぎ倒す。
杵柄はまだ現役ですw。
「操縦は俺に任せろ!お前の知っているのは旧式のグラマンだけだろうが!」
「オーケイ」

「飛行フロートが盗まれたぞ!」「やっつけろ!」
火山口から、メカサタン登場。
「ご本尊登場だな。」
「このまま逃げるつもりか?」

これを地の底から確認したリサ姉。飛行艇から基地へ連絡を。
「タクマ、行くぞ!」「はい!」
ようやく出撃。

敵メカの出す「蜘蛛の糸」に絡め取られるフロート。しかし、
サテライザーが援護。
敵メカに喰らいつかれるサテライザー。分離合体して
ダンガードAに。しかし、「念動波攻撃」でピンチに。

「ダンガードAが危ない。」
「しかし、これには武器がない。」
「だったら仕方がない。『カミカゼ』で行こう」
「神風?」
「これぶつける。ぶつける前に脱出する、おk?」
ダンガードA.絶体絶命。
「脱出できるか?」

「脱出システムは大丈夫か?」
「ほほ。アメリカ人は、最初にこれ、確認するね。」
(このあたり、ボヤッキー様のようです;中の人が同じ。)
敵メカに「神風特攻」。その前に脱出ボタンを。
不意をつかれた敵メカ。止めを刺すダンガードA.

グドンさんはまたも脱出。マジで炭酸だw。

「博士達は?」「…あそこだ。」
椰子の木にパラシュートがひっかかり、宙吊りになる二人。

「はかせー、大丈夫ですかあ?」駆け寄るリサ姉。
「なあに、大丈夫だ。それにしても、オーエドのヤマトダマシイには」
「Youの荒っぽいヤンキー魂にも、兜を脱いだ。」

そして、握手しようとするが。
届かない。
ブランコ状態に身体をゆすり、握手、そしてハグ。
ちなみに、結構高いところで宙吊り。

下で怪訝そうに見ていたリサ姉。
「まあーーいい年して!」…まあ、こういう光景には慣れてるのかも。
(おい)>リサ姉。

平和の女神像があり、仏式とキリスト教式の墓碑が並び立つ。
献花のあとに。
「戦争を再び起こさないために、我々は、あの悲劇の時代を
いつまでも、忘れることはない。」
一同、敬礼。

タクマ、下を見ると。
蝉が落ちている。拾って再び飛ばしてやる。
飛ぶが、落ちる。銃撃の音が被る。

「確かに、博士のおっしゃられるとおり、我々はあの時代のことを
 忘れてはいけない。」
近くの木で、新しく蝉の羽化が。
暗転。

赤いきのこ雲が拡がる。
ひらがなでテロップが。

あ や ま ち は に ど と く り か え し ま せ ん …。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=47524

「鎮魂頌」。

またもやアリプロネタですが、内容的に合うと思いましたので。

|

« 惑星ロボ・ダンガードA#23.(東映プレミアBB配信) | トップページ | 惑星ロボ・ダンガードA#25.(東映プレミアBB配信) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/43531640

この記事へのトラックバック一覧です: 惑星ロボ・ダンガードA#24.(東映プレミアBB配信):

« 惑星ロボ・ダンガードA#23.(東映プレミアBB配信) | トップページ | 惑星ロボ・ダンガードA#25.(東映プレミアBB配信) »