« 喰霊-零-#12.(最終回) | トップページ | ケータイ捜査官7 #34. »

惑星ロボ・ダンガードA#22.(東映プレミアBB配信)

「ミヨちゃんのためなら!」

http://shop.anime-bb.com/anime/_item/item016118_0000.htm

タマガー強化月間・第二弾。でも、
これは「夏のホラー回」かもしれない。
普段歩いている道に、じつは無数に空いている落とし穴。
たまたま足を踏み外して落ちてしまった、そんな恐さ。
(あくまで私見ですから)

ジャスダム基地とかサテライザーとか。
破壊するのではなく、丸ごと戴くほうが美味しいのでは?
というへチ副総統の案により、(さすがボヤッキー様でもある人だ)
今回は「丸ごと掠め取り」作戦を実行するドップラー軍団。
しかし、
何かとチープだ;この皆さん。へチさんいなかったら、どうなってることやら。

ということで、4次元バリアなるものでジャスダム基地を丸ごと「包んで」
しまうのですが。

どうみても、東京ジュピター。(おい)

で、その前に。
ミヨコちゃんが、自分の母親に対して怒っている。
あなたは『女の子』だから、基地に遊びに行ってはいけない」と
言われたから、だそうですが。

えーと。
貴女はまだ小さいから」の方が文脈は正しいような。何故ここで
女の子は駄目発言になるのか、よく分からなかったり。で、
「リサお姉ちゃんも、女の子でしょ?」まあ、そのとおりです。
(ボケかませませんでした;)キャラにまでツッコミ入れられてどーしますか。

で、この収拾つかない事態に対して、タクマが「地雷」踏みました。←おい。
「ママを悪く言ってはいけないから。ママは心配して、そういったんだから。」

タクマ母。彼が3歳のときに亡くなったそう。木之本桜嬢と同じですw。
「ぼくは、誰にも叱ってもらえないから。」←キャプテンの立場が;

どうやら、映像で登場した「荒木美人」(おい)がお母さんらしいです。
思ったとおり、可愛い:綺麗=6:4な方。

しかしだ。ここで母親ネタ投下とは。チャレンジャーとしか。
いきなり「母さん」連呼ktkr。

洸イマジン降臨w。(おいこらまて)
タクマの声の人は、ひびき洸のそれでもあるので有名ですが、
あえて母親ネタをぶつけるところに、当時のスタッフの勇者振りが。
ママン、もしかしたら1万2千年前の古代ムー人かと思いましたわ、
一瞬。(当然、違いましたが)

「笑顔しか覚えてない」そうですが、3歳ならばそれだけでも十分な気がします。
つか、父親の写真はあれなのに、ママンの方はどーしてんだ?ということに
なるのですが。
(あのパパなら、色んな理由でママンの写真を処分していてもおかしくないですけど。)

基地。いきなり計器が狂い出した。ついでに天気もおかしい。
ダンとタクマがサテライザーで調査にでるも、
「真直ぐ突き進んだはずなのに、元の場所に来ている。」
雷雨やら隕石やら、色んなものが降って来ますし。

そんなところに、ドップラーさんからのメッセージが。
基地は4次元バリア(磁気で発生させる)で包囲した。一時間の猶予を
やるからとっとと出て行きやがれ。さもなくば攻撃する。

相変わらず強引な人です。まあ、そんな脅しに屈したら話が終わる;
もといそんな勝手な言い分聞く耳持つわけないので、対策を練ることに。

タマガー。
「そんなのまきこまれるのやだ!」と基地から逃走。しかし、この
「アナライザーロボ」、無駄に性能が良いです。

途中で、基地に向かう途中のミヨコちゃんに遭遇。雷がこわかった
らしい。家まで送り届けてあげて。

気を取り直して、基地に戻ることにしたタマガー。いきなり
引っ張られる。どう考えても何かの磁場ですが?

引っ張られて、バリア発生装置にストライクw。バリア四散。
まあね。かの「光子力バリアー」そっくりのピンクな奴でしたからw。
嵐が一気に去り、広がる青空。
しかし、タマガー自身も衝撃で「四散」してしまったのですが;。

へチさん、作戦失敗したので、メカサタン攻撃へ。

「何で、失敗したんだろう;」
磁場発生装置は、かのメカサタン様本体でした。その証拠に、
タマガーがヒットして壊れた箇所が;何気に大手柄だ。タマガー。

再度、サテライザー発進。
ダンガードAに変形。一度海に落とされるも、再度浮上。
ロッドフォーム@電王まんまのフォームで。
「ダンガード・キーーック!」←←←ここは笑うところですねw。

いや、男子ならば一度はやってみたいはず。>らいだーきっく。

「止めだ!」と思ったら。
向こうから鍵爪チェーンを食らわしてきた。一撃目はコックピット
直撃。(おい)タクマは寸前で直撃逃れるが。

二撃目で動きを封じられ。

「キャプテン、どうしたらいいですか…?」
「タクマ、考えるんだ、自分で」

えーと;考えてるだけの猶予はあるのかと;;。
「そんな;」

今の時点で、敵とは至近距離。なのでビーム発生箇所に
集中攻撃。最後は鎖をちぎって、本体撃破。

粉々になった敵メカ。コックピットには相変わらず鍵爪が刺さって
ますが。
爪の鏡面に写るタクマ。
「勝ったんだよ…俺、勝ったんだよ、あはははh…」
「…タクマ、良くやった…。」

いや、息子さん、無駄にアヒャッてるんですが;。いいんですか?
恐いよ;気持ちはわからいでもないですが。

浜辺にて。粉々に分解したタマガーの部品を回収に来たタクマと
太、ミヨコ。太郎もいる。
(そういえば、タクマの肩に乗る太郎は、まるでしゅごキャラみたいですw)
あたり一面に部品が散らばる図は、ある意味シュール。

「タマガーが体当たりしたおかげで、基地が助かったんでしょ?」
「俺は、磁気に引き寄せられて、偶然当たったほうを選ぶけどね?」
@太。まあ結果オーライ、ということで。

パーツも無事回収できて、太により組み立てられるタマガー。
ミヨコとの再会を喜ぶあまり、「涙を流す」のですが。

「あ、やばい!目からオイルが漏れている!」…そういうことなのですか;

「いいんじゃね?」ということで。

こう書いてみると、一体どこがホラー?なのですが。
やはり、タクマの「あヒャリ笑い」が唐突過ぎて恐かったのかも。
夏だから、何かに取り憑かれていたとしても(おい)。

それにしても。身長200メートル・重量5000トンの「ライダーキック」は
マジ恐いです;。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

|

« 喰霊-零-#12.(最終回) | トップページ | ケータイ捜査官7 #34. »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/43516892

この記事へのトラックバック一覧です: 惑星ロボ・ダンガードA#22.(東映プレミアBB配信):

« 喰霊-零-#12.(最終回) | トップページ | ケータイ捜査官7 #34. »