« 屍姫 赫 #12 . | トップページ | 惑星ロボ・ダンガードA#22.(東映プレミアBB配信) »

喰霊-零-#12.(最終回)

「祈焦‐いのりのこがれ‐」

「意味のある死に方なんて、あるのかなあ?」
@神楽。紀之が姿を消したが、犬死するよりましだ、
という岩端の言葉に対して。

最後の闘い。

対策室メンバーは、ほぼ全滅。

黄泉は殺生石に支配されないよう、意識を保ち、苦しむ。
彼女が完全に支配されたその時。この世を滅ぼす存在に
なるという。

殺生石よ、お前は私の本当の望みをかなえるのか?」

カテゴリーDの死人たちは、ナプーと岩端に任せて。

ついに合間見える二人。

最後に父と語り、家族になれた、と神楽。
自分も、諌山の父と妹のような神楽。
本当の家族のようだったと、黄泉。

勝手な思い込みが黄泉を追い詰めた。
もっと「理解」するべきだったと、神楽。

「もう、遅いわよ。」

「謝りたかったの。」
「私を殺す前に?それとも、自分が死ぬ前に?」
闘いの火蓋、切られる。

乱紅蓮と百叡、召喚。
神楽は強い。しかし、それでも「甘さ」が
命取りに。
神楽、黄泉に押し倒されて、肩に枝をつきたてられる。
激痛に悲鳴をあげる神楽。

命乞いしなさい。あの人たちの最後はこんなに惨めだったわよ?
お父様が死ねば、百叡が手に入るからね?そうでしょ?
神楽の逆鱗に触るどころか、引きちぎるほどの勢いで

岩で打撃!今度こそ神楽反撃。しかし、肩の痛みが。
追い詰められた神楽。その時。

紀之登場。
「あいつは、俺に殺してくれって言ったんだ。
俺のことを、恨んでくれ。」

最後に切り結ぶ、刀と刀。
「相打ちは負けと、教えたでしょう?」
懐に飛び込んだ神楽、腿に備えた武器で、
黄泉を仕留める。

黄泉の本当の願いとは。

「神楽を守って。不幸を消して。災いから守って。
それが私自身からであっても!」

ケータイの待ちうけ画面の「自分」のところを壊す。
自分自身で。

胸に深々と刺さる得物。
「強くなったわね、神楽。私の自慢の妹。」
そういって、崩れ折れた黄泉。

現れたカテゴリーDの群れが、悲しみに支配された神楽を襲う。
しかし、もはや彼女の敵ではない。
百叡を用いて、全てを一掃する。

一番大事なものを斬った彼女。もう何も切れないものはない
そうだが。
「人の心を捨てるには、若い。」
「この痛みを背負って生きるのも、また若いが。」

ナブーと岩端。だがそれも彼女次第と。

二年後。室長は生きてましたが、桐ちゃんが幼児退行。
不二子ちゃん、というおばあさま?が今は室長に。

紀之は、とってもチャラ男な辻占氏に。でも似合ってます;。
元友人達も健在だし。

そして。
「良くこんな状況でポッキー食えるな。」
男子と二人でお仕事です。剣輔というそうで。
神楽はすっかり、「その道のプロ」になってます。

「じゃあ、お仕事と行きますか。」
最後に流れるOP。かっこよすぎる。

とにかく、してやられた始まりでしたが、最後まで
引き寄せられるように見てました。黄泉もですが、やはり
神楽は強い子だった、ということで。

二期があるかもしれない終わり方でしたが、とにかく
楽しませていただきました。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

|

« 屍姫 赫 #12 . | トップページ | 惑星ロボ・ダンガードA#22.(東映プレミアBB配信) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございました★
どちらかというと苦手ジャンルだったので、途中で視聴を断念するかもと思っていましたが、最後まで観てしまいました。
評判も頗る良いみたいですし、2期が切望されて然るべきな作品だったと思います。

投稿: moe☆voice | 2008年12月24日 (水) 00時18分

コメント有難うございます。

じつは、同じようなカテゴリの某作品が2クールで、こちらが2クールというのが理不尽だな、と思ったくらいですw。

ジャンル的には得意ではあったのですが、レビューは結構苦しみました。でも、それも今では良い経験だったみたいです。

2期あればいいなあ。

投稿: 由維 | 2008年12月24日 (水) 16時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/43510678

この記事へのトラックバック一覧です: 喰霊-零-#12.(最終回):

» 喰霊−零− episode 12「祈 焦−いのりのこがれ−」 [Spare Time 別館]
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-1657.html ※TBが反映されないため、別館から送らせてもらっています。 この記事へのTBは、本館へのTBが弾かれる場合のみご利用下さい。 [続きを読む]

受信: 2008年12月24日 (水) 00時12分

» (アニメ感想) 喰霊 -零- 第12話 「祈 焦 -いのりのこがれ-」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
雅さん作↑ 仲間が血路を開き・・・神楽が向かったその先には、黄泉がいた・・・。神楽と黄泉、二度目の対峙。父親より受け継ぎし白叡を召還し、黄泉に刃を向ける神楽・・・それは悲しき戦いの幕開けの合図となった・・・。 ... [続きを読む]

受信: 2008年12月24日 (水) 00時38分

» 喰霊-零- episode 12「祈 焦-いのりこがれて-」 [無限回廊幻想記譚 別宅]
「強くなったね、神楽。  本当に、強く。  本当に……  あなたは、私の自慢の妹 [続きを読む]

受信: 2008年12月24日 (水) 02時57分

» 喰霊 -零- #12 祈 焦 -いのりのこがれ- [だい亜りー]
今、喰霊の物語が幕をあける! いや~やられたなぁ。分かってはいてもこんなにも心揺さぶられてしまうんですもの。こんな場面でもう一度お風呂シーンだしても嬉しくないですよ? ... [続きを読む]

受信: 2008年12月24日 (水) 04時24分

» 「喰霊-零-」第12話(終) [日々“是”精進!]
DVD喰霊-零-第1巻通常版《予約商品12月発売》第12話「祈焦-いのりのこがれ-」(終)黄泉と戦うことを決意する神楽。岩端とナブーとともに向かうが・・・。本当の望み。紀之が姿を消して・・・「意味のある死に方なんて・・・あるのかな?」黄泉のところに行く決意をする...... [続きを読む]

受信: 2008年12月24日 (水) 06時46分

» 喰霊 -零- 第12話「祈 焦 -いのりのこがれ-」 [二次元放浪記]
昨日の本放送には間に合いませんでしたが何とか録画を見終えたので感想を。 録画で見ていてもOPを飛ばせない作品でした。かっこいいからついつい見ちゃうんだよなー。 サビ後半の黄泉と神楽の絡みがストーリーの進行に従ってこうブワッと(´;ω;`) 原作読んでるから....... [続きを読む]

受信: 2008年12月24日 (水) 08時08分

» 喰霊―零― 第12話(最終回) 「祈 焦 -いのりのこがれ-」 感想 [コツコツ一直線]
 喰霊―零―今回でいよいよ最終回。神楽と黄泉の戦いの行方はどうなるのでしょうか…。見ている時は2人のそれぞれの思いにただただ涙でした。あまりにも切ないものがありました。挿入歌がとてもよかったです。そしてラストには嬉しいサプライズも!最後まで見逃せませんでした。... [続きを読む]

受信: 2008年12月24日 (水) 22時54分

» 喰霊-零-第12話(最終回)「祈焦-いのりのこがれ-」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
1クール作品の最終回週間がやってきました!!トップはこの作品。最後の締めをどうしてくれるのか、楽しみにしてました!!対策室メンバーは次々命を落としてしまった・・・。紀之は、姿を消してしまったようで。犬死にされるよりマシだという岩端に神楽は言う。「...... [続きを読む]

受信: 2008年12月24日 (水) 23時53分

» 喰霊-零-第12話「祈焦−いのりのこがれ−」感想 [物書きチャリダー日記]
衝撃の全滅エンドの1話から、あっというまに──最終話今期1番楽しみにしていたアニメが終わる――【エントリーで店内全品ポイント5倍!22日am9時59分迄】喰霊-零-1(通常版)(DVD)◆20%OFF!早速感想。予定調和。大体こうなるべくして最終話まで黄泉と神楽の関係が作ら...... [続きを読む]

受信: 2008年12月25日 (木) 00時54分

» 喰霊-零- 最終話 [にき☆ろぐ]
ついにこのアニメも最終回今まで上手く積み上げができていただけにちょっと最後でやらかさないかと心配でもあったんですがそんなことは全然なかったですね綺麗にこの作品としてのテーマはかききった印象です悪霊化した黄泉は相変わらずのようで大暴れここでの特殊部隊との...... [続きを読む]

受信: 2008年12月25日 (木) 02時52分

» 喰霊 -零- #12 [日々の記録]
今期一番のダークホースだった喰霊 -零-でしたが、いよいよ最終回です。白叡を継承した神楽は、黄泉との戦いに決着をつけるために自ら戦いの場に赴くのでした。以前は対立していた災... [続きを読む]

受信: 2008年12月25日 (木) 12時09分

« 屍姫 赫 #12 . | トップページ | 惑星ロボ・ダンガードA#22.(東映プレミアBB配信) »