« 屍姫 赫 #7. | トップページ | 喰霊-零-#7. »

劇場版「Yes!プリキュア5GoGo お菓子の国のバースデイ」感想。

行って来ました。
あらすじは、タイトルまんまということで。

ストーリーは「戦うのは己自身」だった前回の方がいろいろと
盛り上がったと思います。が、

「お菓子を食べる」という行為を特化して、それに色んなメッセージを
託した今回のお話も、其れは其れでよかったかも。

もともと「プリキュア5」は女子向け(表向きw)なので、どうしても
女子中心の話になり勝ち。で、劇場版では、ある程度リミッター解放できる
のか、かなり制作サイドが遊びを入れてるように思います。

まず。
黒小々田。強い。いつもなんで足手まとい寸前なのか、と思うくらい
強い。
バーサーカーモードの目の色とか、襲う瞬間にバイザー越しに目が光るとか、
其れなんてキャシャーン?と思っていたら。

原画に、馬越氏の名前がw。恐らくはかのシーンあたりでしょうw。
そういえば、小々田の中の人は、以前「キャシャーン」も担当したことが
あるそうですから、あながち無関係ではない、です。

それから、最後にはやられてしまう戦闘要員コンビ。
ビター:松風直哉氏。
ここのブログ的には「ジョセフ・ジョブスン」@ブラスレで、
ドライ:石田彰氏。タツロット@仮面ライダーキバ
なのですが、デザイン的にはカヲル@エヴァを意識してるかも。

二人とも、分断工作したプリキュアさんたちをそれぞれ追い詰めるのですが、
そういう意味では、ビターの方がGJだったかも。
「女の子は、力が弱いからww。」←これ、会場の女子全員を敵に回してますw。
「ケーキ?そんなもの知らないね。」ジョゼフだからな。(おい)
「思いやりとか、優しさとか、そんなものいらない!」
…この時点で敗北宣言。これがあるからこそ、君は「ブラスレイター」に
なれたのに?そもそも「圧倒的に凌駕する」には、ひたすら寝こけないと
なれないんだけど?

ということで、檸檬と薄荷に散々凹られまくって「おねんね。」
しかし、既に時遅しw。な感じでした。(なんか違う;)

ドライの方は、攻撃が効かなかったのにあわてておしまい、
みたいな感じでした。キャラ的にはこちらが『頭脳派』っぽかったの
ですが。

ムシバーン様。声の人はBJですが。
この方、単に「美味しいお菓子が食べたい」だけに暴れまわってたとしたら、
かなりアレな設定かも。
いっそのこと、デザート王国を征服するためにやってきた、とかにしてしまえば
よかったのに、と思いました。

せっかく色々と美味しいキャラなのに、
「ただわがまま言って暴れているだけ」だったら、誠にもったいなくて。

「私は誠心誠意篭めて、お菓子を作ったのに、貴方が其れを受け入れて
下さらなかったから。」@女王様。

「受け入れる心」がなければ、全て無意味。
「お菓子は、皆で食べれば美味しいの!」まあ、当たってますね。

しかし。
今回はピンチになっても、「ドリームとのバースデイパーティをするんだ」
という強い意志でピンチをすり抜けた後の4人と、最後まで黒小々田と苦戦した
ドリームとで、随分な差が。
テレビ版と違って、バトルも半端じゃないですから。

で、かの物議をかもしてるシーンへ。
前半の「眠り姫」の暗喩でしたが、「した」後のドリームさんの
行動が、猛禽類の「ご馳走様」に見えたのが、何というか。

ミルキィさんは、ムシバーン様と凹りあいがメイン。仕事が終われば
今回は本体に戻ってしまいました。(うーん)

クライマックス。
「みんなの思いを一身に受けて」シャイニング・ドリーム登場。
さりげなく大先輩の「エターナルセーラームーン」を
髣髴とさせるのは、自然なことかも。

そもそも、等身大バトルヒーロー(ヒロイン)の最終形態は
「羽根つき」というのはかなりの確立でお約束wだったりしますから。

ここで、ムシバーン様も本気出しました。どー見ても「その筋」の
方々が喜ばれそうなお姿なのですが、

相手はプリキュアさんです。
おじさまは『アウトオブ眼中』なんですw。

ということで、一気に解決。

この物語のメインは、
「相手を思いやる心が、一番大事」だったのではないかと思います。
デザート女王様がムシバーンに洗脳されていたとき、其れを解いたのは
チョコラ王女の「心からの問いかけ」でありましたし。

「私は、お母様から、もっともっと沢山のことを
教わりたいです。だから、目を覚ましてください。」

プリキュアさんたちの原動力が、
「皆でのぞみの誕生日をお祝いするの!」であったのは確かです。
其れは、彼女たちが、
「いま、この時間が大事」であることが分かっているから。
「お菓子たち」は、その「幸せな時間」そのもの。
「大事なもの」が判らないムシバーンさんたちの敗因は
底にあったかと思われます。

そういえば。ナツ。どうしてたっけ?(汗)

遅くなりました。
ドリームライブ。豪華絢爛w。それ以外に何か?
バトルやら何やら。さすが、歴代プリキュアさんたち
勢ぞろいは、大きなお友達でも嬉しくなりますw。

個人的には、MHチームが嬉しいですが、SSチームさんの
「フォームチェンジ!」がツボでした。本編では、満薫コンビに
譲っていたので、実現できませんでしたけど。

この勢いで、来春。勢ぞろい映画が決定。
賑やかなことこの上ないでしょうw。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

|

« 屍姫 赫 #7. | トップページ | 喰霊-零-#7. »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

映画見ましたか!予告の黒小々田がすっごい気になっておりましたw あのデザイン、キャシャーン辺りが元になってそうなんですか、うちはってきりナデシコ映画版の黒アキトが元かと思ってました。
松風さんは、ギンガブルーかグリーンで特撮に出てたんですっけ。男前な声ですよね。

投稿: かなべえ | 2008年11月30日 (日) 00時41分

娘の付き添いでwww観にいきました。

黒小々田がバーサーカーモードになったとき、片目が「きらーん」なのですが。

このあたりが今の「キャシャーンSins.」のかの人そっくりなわけです。
原画の人も被ってましたし。

松風さんは、メガブルーでした。確かに、男前声です、この方。

投稿: 由維 | 2008年11月30日 (日) 16時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/43160327

この記事へのトラックバック一覧です: 劇場版「Yes!プリキュア5GoGo お菓子の国のバースデイ」感想。:

» 劇場版「Yes!プリキュア5GoGo! お菓子の国のハッピーバースディ♪」(感想2周目) [穴にハマったアリスたち]
檸檬さん:  「レモネードビスケット、食べます?」 うん、食べる! …そんな悪い夢を今朝見ました。早く社会復帰したい。 ■劇場版「Yes!プリキュア5GoGo! お菓子の国のハッピーバースディ♪」(感想2周目) 2回目を見に行ったので書き逃してた感想を書いてみる。 この短期間で2回も見に行ってるなんて、まるで私が檸檬の犬みたいですが、断じて違います。 ただ単に、前売り券が余りまくってたので勢いで消費してるだけです。 プリキュアさんが前売り券+購入特典の抱き合わせ販売ばかりなさるから…。 な... [続きを読む]

受信: 2008年11月23日 (日) 11時23分

« 屍姫 赫 #7. | トップページ | 喰霊-零-#7. »