« キャシャーン CASSHERN Sins #5. | トップページ | 鉄のラインバレル#4. »

トミカヒーロー・レスキューフォース#31.

「カチカチキンに負けるな ドリルドーザー」
以前「ユルユルキン」による「超災害」が発生しましたが、
今回は「カチカチキン」によるもの。

レスキューマックスドーザーの訓練中に、事故発生。
「足」パーツにいる響助が負傷してしまう。

そんな折、「超災害」発生。レスキューフォース、緊急出動。
(響助をのぞく)町では、何もかもが「固まって」いた。

別に、「時を止める」ギアスが発動した訳ではなくw(当然だ)、
全てのものをカチカチに固める「カチカチキン」によるもの。
もちろん、真円たちネオテーラさんたちの仕業。

R1,R2を怪我させた責任を感じて奮戦するも、「カチカチキン」に
やられていく。女子チームになんとか助けられるも、隊長に注意される
R1。

R2。R1の心情を察し、一人街へ。
ワクチンが出来ない限り、混乱は解決しない模様。

響助。一人街へ入ろうとしていた松村さんに会う。
意気投合した響助、松村さん、大事なスケボーのエピソードを語る。
「気持ちにこたえる責任があるからね。大事なのは
思いやりだよ。」

カチカチキン、どんどん広がる。
「お前は誰のためにレスキューしている?俺のためじゃないだろ?」
空回りな輝に、一言。

ワクチンを待つ間、どんどん固くなるR1。マックスモードに変身するも、
やはり「カチカチキン」には勝てず。

R2、出撃許可をこう。「輝の気持ちにこたえたい。」
松村さんのスケボーを借りて、
「これなら、今の俺でも動ける!」…そうか、その伏線でしたか。
しかるべき場所に移動して、ワクチン散布。これで助かる!

めげないネオテーラさんたち。メガトンクライシス発動!ズッケイン起動!
(しかも、格納してたから、今頃カチカチコーティング。)
R1とR2,二人で合体!しかし、ズッケインのボディが硬すぎる!

「ドリルであいつのボディをぶち抜け!」隊長からの指示。
「レスキュー魂、見せてやれ!」
レスキューマックスドリルドーザー、合体完了!
「ファイナルレスキュー、承認!」
「マックスブラスター、発動!」
ドリルでぶち抜け!ギガドリルブレイク!(違うか;)

爆沈、完了!
先輩と後輩の間の強い信頼と絆のドリルが、固い装甲をぶち抜いた!
男子のロマンですね。

レスキューマックスは、どちらかというと決してすっきりした外観では
ないのですが、ものすごくかっこよく見えます。

ベタではありましたが、いいエピソードでした。

なかのひと

にほんブログ村 テレビブログへ

|

« キャシャーン CASSHERN Sins #5. | トップページ | 鉄のラインバレル#4. »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/42976248

この記事へのトラックバック一覧です: トミカヒーロー・レスキューフォース#31.:

» レスキューフォース 第31話 レスキューマックスドリルドーザー! [レベル999のマニアな講義]
『カチカチキンに負けるな ドリルドーザー』内容レスキューマックスドリルドーザーの訓練中に、事故が発生し、響助が負傷してしまう。そんな中、カタマリ市で超災害発生緊急出場する、レスキューフォース響助を除く3人が、到着すると街は停止していた。いや、、、、固ま...... [続きを読む]

受信: 2008年11月 1日 (土) 21時09分

» 今日のレスキューフォース 第31話 [地下室で手記]
「カチカチキンに負けるな ドリルドーザー」今回は、レスキューマックスドリルドーザーの練習中のミスで響助が怪我をしてしまい、その間にカチカチキンによる超災害が起きてしまいというお話でしたね。響助が怪我してしまうのは、足に乗っているから仕方がないというのは...... [続きを読む]

受信: 2008年11月 1日 (土) 21時09分

» 『レスキューフォース』第31話「カチカチキンに負けるな ドリルドーザー」の感想。 [まぜこぜてみよ〜う。by青いパン]
♪TBさせていただきます♪『トミカヒーロー レスキューフォース』第31話「カチカチキンに負けるな ドリルドーザー」の感想ですっ! マーエンさま、そのワックスを先にマールたちに塗ってあげて(笑)!... [続きを読む]

受信: 2008年11月 1日 (土) 21時11分

» トミカヒーロー・レスキューフォース 「カチカチキンに負けるな ドリルドーザー」 [不惑にして特撮に惑う]
熱い展開で新合体パターンが堪能できる良エピ。みんなをレスキューする、という番組の基本に立ち返ったキャラ描写もよかった。 R1の操作ミスで怪我をしたR2。ヒカルと響助の性格を、うまく絡めた展開と思った。最初「少しは反省しろよ」と愚痴っていた響助の気持ちの変化..... [続きを読む]

受信: 2008年11月 1日 (土) 21時48分

« キャシャーン CASSHERN Sins #5. | トップページ | 鉄のラインバレル#4. »