« 黒執事 #4. | トップページ | トミカヒーロー・レスキューフォース#30. »

キャシャーン CASSHERN Sins #4.

Cocolog_oekaki_2008_10_26_02_57

「滅びの天使」


アバンでは、どうやらルナとのいきさつが語られているらしい。で、今回は、
ルナのアップと、「叫び」のみ。つか、矢島さんはこのためだけに今のところは
スタジオ入りなのか;。(すげえ;)

本編はといえば。
妖艶。官能。耽美。退廃。快感。希望。予感。こんな感じ。

鮮血の如き紅い水を満面に讃えた、数々の椀状の池。
紅い水面に突き立てられる、サーベル。

闘うことでしか、生きる意味を見出せない、「少女」ソフィータ。
「闘っていると、胸がどきどきして、体が熱くなるの。」
「戦闘」依存症、といえるかもしれない彼女。

「輝かしい過去」を誇るバラシン。ソフィータに、
「お前を倒す」と告げる。

キャシャーンと出会った彼女。
「お兄さん、綺麗ね。」傷一つない身体を見て、
綺麗=強い、と解釈。「挨拶代わりに」闘いを挑み
ますが、
「俺に近づくな。君とは闘いたくない。」拒否される。

バラシン。部下を連れてきてソフィータに闘いを挑む。
彼女を囮にして、キャシャーンを呼び出す腹積もり。
部下達、「滅びの天使」を襲うが。

「今闘いたいのはあんた達じゃない。けど、闘いたいから
闘う。」と、一刀両断。残りはバラシン。

だが、バラシンも只者ではない。
「硬っ!」装甲の厚い部分で刃を跳ね返され、ピンチに。
しかし、バラシンの攻撃を身体で受け止めたキャシャーン。
腕一文字に、大きく斬られた後が。

今回はそこまで、のバラシン。

どんな致命傷を受けても、わずかの時間で再生してしまう
キャシャーンの体。

其れはすなわち、「不死」である、ということ。死にたくても、
死ねない。永久に生き続けなければない。

「可愛そう」ソフィータ。
「私が、滅ぼしてあげる。」キャシャーンの胸に、サーベルを突き立てる
ソフィータ。

闘いたくないキャシャーン。自分の周りには死のみが訪れる。
紅い水が切っ先で跳ね上がる。何度も水面を突くサーベル。

長いサーベルが、キャシャーンの胸を貫く。
キャシャーンは、ソフィータを襲わなかった。ただ、されるがまま。

「おかしいな…。刺してあげたのに、涙が出る。」

推測。ソフィータの行動の影に、相手を破壊しようとする意識がなかったから、
それに呼応して戦闘の意志、が起こらなかった、と。

僕の回りの人たち、死ななくても済んだ。
僕は、一人じゃない。

ここらあたりではロボットの修理をするために、別の「正常な物」を壊して、
そこから資材を間に合わせた、という、そんな仕事をしていた、
ソフィータ。
「どうせ滅びるなら、楽しい思いしたほうがいいじゃない?」
闘うことが生きがいのソフィータ。
闘いたくない、キャシャーン。

再会を約束する、キャシャーンとソフィータ。
「お兄さんの名前、教えて。生きてまた会えることを楽しみに
してるから。」

「…キャシャーン。」

愛情に目覚めたソフィータと、
自分に関わったものが死ななかったので、心が少し軽くなったはずの
キャシャーン。けれども、生きる目的は見つかったのか?それはまだ
判らず。

しかし、本当にエロかったです。暗喩はたくさんあるし。剣を突き立てる
時の言葉は、マジ愛の告白。

しかも、キャシャーンがずっと素顔;。そういうことだったそうな。
ソフィータの声の人は、はづきちゃん@どれみだったし。

次回は、リューズと林檎たんが登場w。

にほんブログ村 テレビブログへ なかのひと

|

« 黒執事 #4. | トップページ | トミカヒーロー・レスキューフォース#30. »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/42895552

この記事へのトラックバック一覧です: キャシャーン CASSHERN Sins #4.:

» キャシャーン Sins 第4話「滅びの天使」 [バラックあにめ日記]
「闘い」という単語を「愛」とか「セックス」などに置き換えれば、もうそのまんまなお話。 ソフィータの持っていたサーベルは男根ですし、戦っていた椀の池は女性器。 セックスに溺れて、その中でしか生きられなかった少女が、プラトニックラブを知る、というお話。 ..... [続きを読む]

受信: 2008年10月25日 (土) 02時23分

» キャシャーンsins 第4話「滅びの天使」レビュー [アニ漫ワイドガイド]
「君とは永遠にわかりあえそうにない 僕は・・・戦わずに済むなら・・・この体さえいらない」 「だから言葉って嫌いソフィータの気持ち・・・伝わらないから」 「なにも生まない 生まれない世界ではせめて生き延びるしか」 この記事はネタばれが含まれてます ネタばれ嫌いな人は この記事を避けてください...... [続きを読む]

受信: 2008年10月25日 (土) 02時29分

» キャシャーンSins 第4話「滅びの天使」 [ぷち丸くんの日常日記]
鋭いサーベルを手に、自分と戦ってくれとせがむロボットの少女がいた。 彼女はソフィータと言い、周りのロボットたちから「滅びの天使」と言われて 恐れられていた。 そんな時、ソフィータはキャシャーンと出会う。 突然声をかけられて、自分と戦わないかと誘う彼女に戦う理由... [続きを読む]

受信: 2008年10月25日 (土) 05時41分

» 【ソフィータ】キャシャーンsins 4話「滅びの天使」【感想】 [失われた何か]
「大好きだから、滅ぼしてあげる」(ソフィータ) キャシャーンとソフィータの愛の話。 [続きを読む]

受信: 2008年10月25日 (土) 06時30分

» キャシャーン Sins 第04話 「滅びの天使に」の感想。 [いーじすの前途洋洋。]
キャシャーン Sins 第04話 「滅びの天使に」 評価: ── 生きること戦うことに理由はいるの? 脚本 高橋ナツコ ... [続きを読む]

受信: 2008年10月26日 (日) 06時43分

» CASSHERN Sins -キャシャーン Sins- 第4話「破壊の天使」 [無限回廊幻想記譚]
 【ストーリー】 破壊の天使と呼ばれる少女ソフィータ。 少女は常に戦いを求める。戦いの中にだけ自分の価値を見出す。 しかしその強さゆえに、ロボットたちは戦うことを恐れ逃げ惑う。 ブライキング・ボスの側近だったと言うバラシンは... [続きを読む]

受信: 2008年10月26日 (日) 11時42分

» キャシャーンSins 第4話 「滅びの天使」 感想 [よろず屋の猫]
TVKでは夜11時からの放映なのですが、何とも言えず微妙な時間帯なんだな。気がついた時は終わってる状態で・・・。『喰霊・零』が同じ夜なんですけど、これが何故か毎回録画失敗。今回も後半の15分しか取れてませんでした・・・。縁がないのかも知れない。キャシャーンが...... [続きを読む]

受信: 2008年10月28日 (火) 13時53分

« 黒執事 #4. | トップページ | トミカヒーロー・レスキューフォース#30. »