« コードギアス 反逆のルル-シュR2 #23 . | トップページ | ケータイ捜査官7 #22. »

ブラスレイター#22.

「届かぬ想い」。
届いた想い。届けなかった想い。それぞれが錯綜する。

サーシャたちが保持した「ISIS」のデータを、アマンダに預けることに。
アンチナノマシンのデータでもある。リスク分散。
しかるべき人に渡すため。

敵地に赴くサーシャを、
「必ず生き残って…弟を助けて。サーシャ、貴女はまだ死んじゃいけない人なのよ」
励ますアマンダ。その後ろにヘルマン。いい感じです。
シドウ、アマンダにドイツからの退避を勧める。ツヴェルフ陥落だというのに、
国連が動かない。何かあるはず、要警戒。
(このあたり、流石な判断です。)

ヘルマン。いまだ目覚めないマレクに心の中で語りかける。
「融合態」になったものでしか判り合えない、苦悩、そして後悔。
だが、それらは無駄ではないはず。何故なら、それを道しるべに
前へ進むものが居るはずだから。

目をそらすな。

ツヴェルフ本部。汚染地域は隔離完了。管区長救出を願うメイフォン。
サーバと「融合状態」である以上、死んではいないけれども絶望的状況。
これが伏線になるか?(お

その管区長から、情報を取り出したベアトリスに、ISISの存在が
ばれてしまう。(汗)つか、ザーキンはマジで「あれだけ」を
しにいったのかと。

重要箇所は抹消済み。しかし、どこかへ運び出された可能性は大。とすると?
出撃した機体が怪しい。

存在を許せば、ザーキンにとって脅威。ベアトリス、完全消去を狙うため、
行動に出る。

ジョセフは、いまだ寝ておりますが;。
相変わらず、彼への不信感がぬぐえないヘルマン。
「あなたたちは、よく似ているわ。」@アマンダ。
彼女からすれば、もにたようーなもん、らしいです。
その言葉から、「何か」を感じたヘルマン。

「どうやら『バカは死ななきゃ治らない』ではなく、
『バカは死んでも治らない』かなあ。」うーむ;。
うまいこといいすぎです。「ヘルマンのくせに!」(藁

ベアトリスの回想。
以前、砂浜で死にかけているところを通りかかったザーキンに
助けられた、というようなシーンがあった気がしましたが、それと
これはどう繋がるのか。

少女の頃。某所でで馬番をしていた。
オーナーのお気に入りの馬。しかし、年老いていたので、
思うような仕事はもうこなせない。

「わからないように薬殺してしまえ。年寄りだから、老衰、とでも
なるだろう。お前がやれ。」
…何かあれば「お世話係」が直接責任かかりますね。いずれにせよ、
ベアトリスに全て背負わせる腹です。
しかし、そんなことは出来るはずも無く。

何かの気配を感じて、外へでたヘルマン。そこにはベアトリスが。

融合態は、ザーキン若しくはベアトリスの「血」が全ての始まり。なので、
かれらが「惹かれあう」というのも当然のこと。

ここで出遭ったのも、全ては運命。最後の戦いを始める二人。

ベアトリスの圧勝で瞬殺…かと思いきや、意外にもヘルマン善戦。
「一度は死んだこの俺が、まだ大切なものを守って戦うことが出来るんだからな!」
「黙れ!貴様如きがこの力の意味を語るな!!」

再び、ベアトリスの回想。

自ら手を下すことなど出来ない。雪の中、老馬を連れて逃げるが。
銃声。命中。倒れる馬。その下敷きになるベアトリス。
動けない彼女に対して、殴る・蹴るの暴行の限りを尽くす男達。
「恩を仇で返しやがって!」

「ここで始末すれば、筋は通るな。」
逃げた馬を銃殺。謝って世話係も撃ってしまったが。よくある話だ。

瀕死の彼女に銃口を向ける。その時。

男。倒れる。
ザーキンが撃った。
「馬を、助けてください。」
自分よりも馬の命が大事、という少女。その綺麗な心に免じて。
「それでもキミはまだ望むかい?残酷な世界の中で更なる命を…」

ザーキンさまに与えられたこの命。全てをこの人に捧げよう。
だから、お前らみたいな雑魚とは違うんだよ、雑魚とは!

外の様子を見に来たアマンダ。「絆パラディン」が真っ二つに炎上!
目の前にはベアトリス人間態。

負傷したヘルマンが行く手を阻むが、串刺しに。
アマンダも銃で応戦するが、効かず。
最大の危機。
マレクの名を呼ぶヘルマンの声、響く。

マレク。
「自分の殻」に篭った状態で、外の成り行きを見ていたが。
自分を待ってくれている人が居る。
自分を信じてくれている人がいる。
ならば。

「イエロー」登場。マレクが目覚めた!
隙を突いてヘルマン、ベアトリスの腕を切り落とすが。
マレクを狙ってビーム。かばったヘルマン、絶命。

早過ぎないか?ヘルマン。何やってる?
ジョセフと「青春の殴り合い」のあとで和解して、ついでにマレクを
二人して「オトコ」に育てて、それからアマンダと…言い残してるではないか?
ゲルトとの写真が復活してる。(涙)

一方、ザーキン。遠く離れてはいるものの、ベアトリスの死を感じ取る。
「主は与え、主は取られる。御名を讃えよ…アーメン」
もしかして、彼の乗っている白馬はその時の馬?とすると。

彼女は報われたかと。してきたことは決して褒められたことではないにせよ。

そして、ギガント@未来少年コナンみたいな爆撃機が始動。国連軍とすると。
いよいよ最後の戦いが。

それにしても。これだけ血なまぐさい話なのに、実は真からの
「悪者」がいない、という。

ジョセフはいつまで寝てるんだろう;
全てが終わった後で、目覚めたら、スノウの膝枕。
「終わったのよ。」「ああ、そうか…。」
だったら笑うぞ、おい;;;

にほんブログ村 テレビブログへ

|

« コードギアス 反逆のルル-シュR2 #23 . | トップページ | ケータイ捜査官7 #22. »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/42505138

この記事へのトラックバック一覧です: ブラスレイター#22.:

» 「BLASSREITER」第22話 [日々“是”精進!]
第22話「届かぬ想い」アマンダとジョセフたちは、ツヴェルフ本部から脱出後、アマンダの叔母が運営する孤児院に身を潜めていた。そんな中、彼女のもとを訪れたサーシャから、ザーギンに対抗する最後の切り札となるナノマシン”イシス”の設計データを預かる。イシス完成...... [続きを読む]

受信: 2008年9月18日 (木) 06時41分

» 今週の一本 その3(2008/9/7~9/13)―『ブラスレイター』第22話 [アニミスク]
ツヴェルフがいなくなったら面白さが復活したかも? ということで、「ブラスレイター」の投稿も復活です(^^; 今回はヘルマンが熱かった。 やはりXAT隊員はこれまでの人物描写が半端じゃないだけに、ドラマが成立しますね。 今回、残念ながらヘルマンがベアトリスと相討ち..... [続きを読む]

受信: 2008年9月18日 (木) 07時35分

» 『BLASSREITER』#22「届かぬ思い」 [ジャスタウェイの日記☆ミラーブログ]
「マレク、お前は自分が間違えたことを知っている」 リスクを分散させる為、「イシス」の設計データをアマンダに渡すサーシャ。 ツヴェルフが襲われたのに国連軍が動かないことを危ぶみつつ、彼らは一時の別れを告げる。 「必ず生き残って、弟を助けて」 ... [続きを読む]

受信: 2008年9月18日 (木) 11時41分

» ■BLASSREITER【#22】届かぬ想い [此方彼方其方-コナタカナタソナタ-]
BLASSREITER(ブラスレイター)#22の視聴感想です。 諸刃の剣。 感染の血。 届いた想い。 届かぬ想い。 まだ死んじゃダメだ! ↑さぁポチッとな [続きを読む]

受信: 2008年9月18日 (木) 13時40分

» BLASSREITER 第22話「届かぬ想い」の感想 [“モンド of the World”]
【あらすじ】   ツヴェルフを脱出し、叔母が運営する孤児院に保護されたアマンダの [続きを読む]

受信: 2008年9月19日 (金) 22時45分

« コードギアス 反逆のルル-シュR2 #23 . | トップページ | ケータイ捜査官7 #22. »