« コードギアス 反逆のルル-シュR2 #16. | トップページ | ケータイ捜査官7 #16. »

ブラスレイター#16.

「再会」
ヘルマンが復活。(早いな)しかも融合態。
ジョセフ、今回もお休みモード。
ウォルフ・ベアトリス共同戦線vsツヴェルフ。

が今回の流れ。しかし。ヘルマン、本当に復活早かったな。

赤の他人に成りすまして、ツヴェルフ本部にまんまと侵入。アマンダと
再会。

「敵の手に堕ちたアマンダを救い出す」というのがヘルマン自身の目的
でしたが、そのあたりとか、死亡当時の記憶などをベアトリスにいじられていた
らしい。
あいまいな記憶を照合させようとする。次第に鮮明になっていく記憶。
それとともに、「デモニアック化」していく身体。

ヘルマン自身は「人として」死んだと思っていただけに、このような復活は
酷い結果だと思います。しかも、アマンダは
「捕らわれて」いたのではなく、「自らの意志で」ツヴェルフに協力している。
(マレクが人質として捕らわれているのもありますが)

どこにも「おとしどころ」が見当たらない。(涙)
その結果が、「666」の暴走に繋がったかと。確かに機体の性能もかなりの
物だったみたいでしたが、それだけではあれだけの脅威とはなりえないはず。

サーシャ、何故ツヴェルフに協力するか、をアマンダに語る。
自分の研究が誤った方向に利用され、結果として恋人(=ザーキン)と、
弟(ジョセフ)を巻き込んでしまった後悔と贖罪の思い、だそうですが。

サイボーグとなり、ツヴェルフの「アポカリプスの騎士」の一人として
存在する今、彼女は敵対する立場となった「融合態」ザーキンとジョセフを
どうしたいのか?
「自分の手(愛するものの手)で葬る」ことがそうだと思っている、のかも。
向こうはそんなこと、望んでないような気が。

ベアトリスにたきつけられる、ウォルフ隊長。
廃墟と化した元・XAT指令本部の自分の席に座り、酒をくらいながらモニターを
眺め、
「XATの本当の凄さを見せ付けてやるぜ!」…こんなうらぶれた姿ではなく、
毎回「男前」隊長として、その勇姿を拝みたかったのは、自分だけではないはず。

マレクが目覚めないのは、トラウマのせい、らしい。
「安心できる世界だと分かったら」目が覚めるかも、だそうですが。
この世界では、どうやらかなり難しそうです。

ジョセフ=ブルーを敵と思っているヘルマン。ここに彼がいると知り、
さらにその思いを募らせますが、
「ジョセフは最初から敵ではなかった」というアマンダの言葉さえ、
もはや耳に入らず。しかし。XAT的には「敵」認識ではなかったか?
>ブルー。というか、過去話を聞いて初めて「敵にあらず」と認識
したのではなかったかと。

融合態の襲撃。軍隊が、ツヴェルフに迎撃要請。ほくそ笑むヴィクター
局長。
ここからのバトルですが、いや、血が飛ぶ、身体が裂ける;思い切ったな、
深夜枠。それにしても、ザーキン、どんだけ力持ってるんだ;。
果たして、アマンダのパラディンは間に合うのか?

それにしても、「融合態」が倒すべき敵ではなく、むしろ共闘すべき
相手となるとは;。

にほんブログ村 テレビブログへ

|

« コードギアス 反逆のルル-シュR2 #16. | トップページ | ケータイ捜査官7 #16. »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/42008255

この記事へのトラックバック一覧です: ブラスレイター#16.:

» ■BLASSREITER【#16】再会 [此方彼方其方-コナタカナタソナタ-]
BLASSREITER(ブラスレイター)#16の視聴感想です。 難なく侵入。 まさかの再会。 変化する身体。 錯乱する精神。 もう誰も失いたくはない! ↑さぁポチッとな [続きを読む]

受信: 2008年7月30日 (水) 00時48分

» 「BLASSREITER」第16話 [日々“是”精進!]
第16話「再会」謎の組織の本部を目指す人物がいた。その者は顔を隠して、黙々と歩き続ける。一方、アマンダは自分が何のために闘うのか、その答えを見つけつつあった・・・。「私はもう誰も失いたくない!」サーシャの研究は人の新たな可能性を模索していた。世界を救い...... [続きを読む]

受信: 2008年7月30日 (水) 06時04分

« コードギアス 反逆のルル-シュR2 #16. | トップページ | ケータイ捜査官7 #16. »