« コードギアス 反逆のルル-シュR2 #14 . | トップページ | ケータイ捜査官7 #14. »

ブラスレイター#14.

「聖者の選択」
ジョセフの過去・後編。前編だけでもああなのに、まさかそれを軽く凌駕する
展開が待っていようとは。

大洪水がおき、教会へ避難した人たち。いわゆる「市民」はどーした?という疑問が
ブロガーさんの中にもありました。が、えげつない種明かしが。

教会に避難していたのはすべて「移民」であった、という事実。
「市民」がどういう状況なのかは分かりませんが、それでも、
「教会ごと移民を焼き討ちしてしまえ!」というのは尋常な事態ではなく。
もはや「宗教」を越えています。少なくとも、「教会」というのは信仰のよりどころ、
でなければならないのに。
(勝手口に土嚢置いて逃げ道塞いでいる時点で、弁解の猶予なし)

恐らく、ザーキン始めとする医学生のボランティア(もちろん市民)が移民の救援に
動いたのが面白くなかったのだと。

その中で。思わぬ再会。ボランティアの女学生・サーシャが、ジョセフのクロスを見て、
「弟だわ。」

ジョセフが生まれたばかりの頃。「食べるには困らないから」奉公にだされた、という姉。
運命のめぐり合わせ?ザーキンとは志を同じくするもの。思いがけず肉親に遭えた喜び。
ジョゼフとザーキン、兄弟のごとくじゃれあったりw。つかの間の安らぎ。

しかし。避難民の子供達の間に、「猩紅熱」の兆しが。学生であるザーキンの元には、
必要なだけの抗生物質がない。夜中の大学病院の薬品庫に忍び込むジョセフ。しかし、
そこにはザーキンが先客に。
「同じことを考えている」
結局は見つかり、包囲網を張られるが。そこに現れたのはヴィクター所長!サーシャの
機転で、難を逃れる二人・

「私の研究は、これくらいのことを見逃してくださるだけの価値があると思います!。」

サーシャは、移民初の「研究員」としての地位を確保していた。病気の根絶のための
ナノマシン開発。「子供達が病気で死ぬことがないように。」始められたはずだったのが
思いもよらない方向へ。彼女の表情が暗かったのは、恐らくは。

「軍事利用」。
そして、薬を「移民の子供達」に使うザーキンたちにも、「市民」の負の感情は次第に
向けられつつあった。

被災した移民には、「災害の後始末」という仕事が与えられていたが、昼食が出るのみで、
日当はなし。これだけでも十分酷いのに。
「おかあさん、何も食べてない。」
「仕事先で貰うお昼ご飯も、食べずに持って帰ってきてくれてるんだ。」
「お母さんに、何か遭ったらどうしよう。」

子供達の決断は。

ついに、子供達の間に猩紅熱が蔓延。次々と倒れていく子供達。そんな中、
「子ども用にとってあった薬がない。」
背後を見ると、一個のパンが。
「あれは、お手伝いの駄賃で買ってきたパンだと…!」気付く母親。

避難民は既に危機的状況。にもかかわらず、「善良なる市民」は、「移民の分際で、
わきまえない」サーシャをついに標的に。

「殴るなら、殴りなさい!」
この日が来ることは、覚悟していたとはいえ、その結果は人として許されない状況に。
ジョセフが「市民の子ども」に「遊ばれて」いたときもそうですが、恐らくは画面に
うつらないところで、「筆舌に尽くし難い」行為を受けていたことは容易に考えられ。

ジョセフが発見したときの彼女。
鉄パイプで全身殴打されたことにより、血まみれで路上に放置されていた。

全身包帯に巻かれた、痛々しい姿。片目は包帯で覆われ、血がにじみ。
それでも、病気の子供達を心配する彼女。次々と病に倒れていく子供達。

サーシャ、心拍停止。

助かるはずだったのに。「一個のパン」と引き換えの命。
絶望のあまり、入水自殺を図ったザーキン。しかし、すぐに助けられる。
ヴィクター所長。そんな彼に、甘い言葉を囁く。

ジョセフへの、サーシャからの手紙。
そこには、「研究を利用され、人間を生きた兵器に改造する技術の手助けを
せざるを得なくなった」ことが。

「ボクはあの老婆が言っていた黙示録の意味が初めて分かった。この苦しみを
終わらせなければならない…ボクはこの世界を終わらせる!!」

避難所にいた老婆。「黙示録が来る」とつぶやいていた、あの人。

ザーキン。「ナノマシン」を体内に取り込み。所長の思惑に反して、
「世界を終わらせる」ことを宣言。手始めに周囲を火の海にする。

ザーキンを止めようとして、深手を負ったジョセフ。
「どんなに苦しくても、生きる意味はある。」神父様の言葉。
「俺は、神父様の言葉を信じる」

「ならば、生きろ。」
瀕死のジョセフの口元に、自らの血を含ませるザーキン。

目覚めたジョセフ。総てが生まれかわっていた。そして。

「これを与える。お前はザーキンを追え。」
所長。ジョセフに「ガルム」と「任務」を与えるーーーーー。

所長にとって、いずれも「想定外」だったみたいですが、すぐうまいこと
立ち回るところは、さすが。

長い昔話が終わる。沢山の十字架。それは、病気で死んだ子供達の墓標。
言葉が出ないアマンダと、ジョセフの前に、「新機体」が爆音を立てて登場。

メイフォン、現る。どうやら「お迎え」みたいです。
しかし、そこには髪の色も瞳の色も変わってましたが、サーシャもいました。
「新たなる闘い」が始まる。

ジョセフとアマンダ、共闘フラグ立ちました。ザーキンの言葉の意味もやっと
分かりました。しかしな。これではザーキン悪い奴に思えない;。

とりあえず、XATは「自作自演」のスケープゴートのためにある組織かも。それでも
アマンダはそこで闘うだろうし。

にほんブログ村 テレビブログへ

この作品の凄いところは「差別」「貧困」「偏見」という、マイナスのキーワード
を逃げることなく描写しているところだと思います。「深夜・R指定枠」ならでは
こそ。このあたりに踏み込んだ作品を作るには、やはり「実験枠」としての深夜態は
必要なのですが。
「CO2対策」として「深夜枠」の縮小を訴える動きがあるのですが、もしかしたら?
と穿ったことを考えてしまったり。

|

« コードギアス 反逆のルル-シュR2 #14 . | トップページ | ケータイ捜査官7 #14. »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/41842443

この記事へのトラックバック一覧です: ブラスレイター#14.:

» 「BLASSREITER」第14話 [日々“是”精進!]
第14話「聖者の選択」15歳になったジョセフは、貧困に苦しむ異民の支援活動を行う青年、ザーギンと出会い、彼の「市民も異民も神様が作られた同じ人間」という言葉に心を動かされる。そして、熱心に彼の手伝いを始めたジョセフはある日、彼の友人であるひとりの女性と...... [続きを読む]

受信: 2008年7月15日 (火) 16時38分

» ■BLASSREITER【#14】聖者の選択 [此方彼方其方-コナタカナタソナタ-]
BLASSREITER(ブラスレイター)#14の視聴感想です。 絶対差別。 劇的再会。 優しい理想。 降りかかる暴力。 この苦しみが何時までも続くというのなら… ↑さぁポチッとな [続きを読む]

受信: 2008年7月15日 (火) 21時16分

» アニメ「BLASSREITER(ブラスレイター)」第14話。 [渡り鳥ロディのミラーブログ]
第14話「聖者の選択」 ※TB通りませんので、ミラーより送らせてもらっています。 TBはなるべく本家に返してくださるようお願いします。 本家記事はこちらから 訪れる、変化。 「BLASSREITER(ブラスレイター)」第14話のあらすじと感想です。 ザーギンがどうしてああなったのか……、これは責める事は出来ない。 (あらすじ) 振舞われる食事。伸ばされる救いの手。 しかしそれは教会に突如放り込まれた火炎瓶がぶち壊す。異民の弾圧だ。 その騒動のおかげで怪我を負ったザーギ... [続きを読む]

受信: 2008年7月15日 (火) 22時55分

» BLASSREITER 第14話「聖者の選択」 [MAGI☆の日記]
BLASSREITER―ブラスレイター―の第14話を見ました。第14話 聖者の選択ジョセフ/font>が幼い頃、異国から来た移民達は今よりもひどい差別を受けていた。15歳になったジョセフは、貧困に苦しむ移民の支援活動を行なう青年、ザーギンと出会い、彼の「市民も移民も神様がつ...... [続きを読む]

受信: 2008年7月16日 (水) 11時54分

» BLASSREITER 第14話「聖者の選択」 [シバッチの世間話]
ブラスレイター VOL.2「姉さんよジョセフっ。あなたの姉さんよっ」 ええ〜〜、何だって〜〜? お姉ちゃんが現れただと〜〜? うぬぅ、孤児ゆえに、姉というのは義理とか幼馴染みとかそういう事かと思っていたら、実姉ですか〜〜。 こいつは予想外だぜ。 何と言っ....... [続きを読む]

受信: 2008年7月17日 (木) 20時12分

» BLASSREITER 第14話「聖者の選択」 [深・翠蛇の沼]
ザーギン様は元はまともな人でした。 [続きを読む]

受信: 2008年7月18日 (金) 06時21分

« コードギアス 反逆のルル-シュR2 #14 . | トップページ | ケータイ捜査官7 #14. »