« ブラスレイター#13. | トップページ | マクロスF #14. »

ケータイ捜査官7 #13.

ブーストフォン・グラインダー装着のセブン。はっきり言って、
「セブン、ドッガフォーム!」でした。《違うか》

メカニックにしか興味がない、そのものずばりの
キカイ君」登場。彼もケイタと同じ高校生で、アンカーの技術班所属なのですが。
昭和の「博士君」キャラまんまだったりします。おまけに、お姉様方だけでなく、
あらゆる人とコミュニケーションが取れない奴、ときました。テンプレだ。

そんな彼が新ブーストフォン・グラインダーを開発。ケイタに、実験用に
セブンを貸して欲しい、と要求。
ヒントを得たのが、「僕達が生まれる前の特撮だった」シルバーマンから。
…って、究極の特オタですか、全く。いや、その筋の鑑です、はい。

簡易実験で、システムダウンしてしまうセブン。代わりのケータイを持たされる
ケイタ。「明日には直るから
キカイ君にとって、セブンがマジ「もの」でしかないくだりです。

翌日。セブンを勝手に持ち出して、キカイ君。またも実験を行っていた。
現場に向かい、セブンを取り返そうとするケイタ。

しかし、そこに怪しげな男達が。《思いっきりお約束》
どうやら、ココで銃の密取引をするらしい。
気付かれて逃げるも、足を撃たれて動けなくなるキカイ君。

しかし。逃げ道は確保するケイタ。さすが、エージェントだ。そして、
セブンがグラインダー装着して、床を抜く作戦を。

しかし。実験の影響でセブンの充電回路に異常発生。グラインダー装備すれば、
メモリに支障きたすことも。なので、ためらうケイタだったが。

「お前を犠牲にして、俺たちが助かるなんて…」
「甘えたことをいうな。それしか方法がない。」
桐原を救えなかった過去。判断が遅れたため、そうなってしまった。
同じ過ちを繰り返したくない。

「ケイタ。私に君を護らせてくれ。」
凄い。ここまでケータイが語るなんて。マジ、バディ思いデス。

ついに、グラインダー装着許可を出すケイタ。
いよいよ、グラインダー「合体!!」ヒーローポーズも忘れずに。

どごおお!通路の床をぶち抜く破壊力。流石の悪党さんたち真っ青。
逃げた後、警察に後をまかせ、任務完了のケイタ。

単なる「物」でしかないのに、心を通わせることの出来る、ケータイ。
ケータイに信用されているバディ。

キカイ君、ついに聞きました。
「とりあえず、君ノ名は?」

「網島ケイタ!」
普通に良い話でした。これからまた登場するかな、キカイ君。
それにしても、セブン。お前はなんて熱いやつだ。ケータイにしておくには
もったいない。

にほんブログ村 テレビブログへ

|

« ブラスレイター#13. | トップページ | マクロスF #14. »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/41799997

この記事へのトラックバック一覧です: ケータイ捜査官7 #13.:

» ケータイ捜査官7 第13話 グラインダー!! [レベル999のマニアな講義]
『激震!グラインダー』内容アンカーに正式なエージェントになり気合いの入る、ケイタ(窪田正孝)そんなケイタは本部で、偶然、高校生を見かける。自分以外に高校生がいたコトに驚くケイタ。支倉(長澤奈央)の話では、『機械君』と呼ばれているという森下博文(森田直幸...... [続きを読む]

受信: 2008年7月11日 (金) 00時48分

» ケータイ捜査官7 「激震!グラインダー」 [不惑にして特撮に惑う]
「繋がり」を感じさせた今回エピ。ほろっと来ちゃいましたよ。新キャラと新メカも非常に印象的な登場。毎週クオリティ高いなー やはり今回、ケイタのセブンへの思いにジーンときましたね。序盤の実験でシャットダウンしてしまったセブンへのリアクション、一人自室で代わ..... [続きを読む]

受信: 2008年7月11日 (金) 21時17分

« ブラスレイター#13. | トップページ | マクロスF #14. »