« しゅごキャラ!#34. | トップページ | ケータイ捜査官7 #10. »

ブラスレイター#10.

「陰謀の中で」
隊長が落とした薬を拾うためにかがんだアマンダの谷間から
目が放せないwww。つか、隊長、もう時間の問題ですが。(汗)。

今回からOP一部変更。話も佳境。

ブルー(ジョセフ)イエロー(マレク)の体を、XATの研究施設より移動
させる、という。それと、新兵器「パラディン」3機投入。

アマンダとヘルマン。行き先を局長に問うが、無視される。

デモニアン。「感染症」ではなく、「人為的なもの。」すなわち、「武器と
人間の融合体」それが暴走して、人目に触れそうになった。「ブラスレイター」?

局長の態度に不審を抱いたヘルマンとアマンダ。ブルーのデータを取るために、
ひそかにデータベースへアクセスする。

一方。ブラッドとアル。「パラディン」のデータ調べているうちに、「レーネ」
の名前を見る。(ブラッドの昔の彼女)

ジョセフ。マレクを「デモニアン」にしたことを、夢で責められる。
結局、マレクは退場?生命反応は無いみたいでしたが。

XATの機密データ。外部からアクセス、書き換えられた後が。
「ブラスレイターに関する件」。しかも、局長のサインが。

その時、局長に現場を押さえられ、二人とも連行される。
「君達2人は、この時点でXAT解任だ!」
アマンダ。「局長。あなた、何考えてるんです…?」

デモニアン出現。アルとブラッド、二人だけで出動。(隊長の指示)

「一班」が応援するも、間に合わず。苦戦。その時。
三班「パラディン」到着!
「あれが、新型。」バイクが変形!凄いぞ、ロボットのようだ!

相変わらず、ジョセフは夢でうなされ続ける。炎の中、動かない姉を抱くジョセフ。
そこにベアトリス
「貴方はもう、人間じゃないのよ?その手に刻まれた刻印が、そのしるし。その子も、もはや人でない。
貴方の力。それは福音をもたらすもの。神の声を聞きなさい。黙示録に選ばれた、
神の御使いだというのに。」

デモニアンを駆逐した新型機。そのパイロットの一人。
「レーネ・ロザマンデ。本日付けで、XAT第三班に配属になりました。…よろしくね、先輩。」
ブラッドの元カノktkr。

隊長とベアトリスさん。やってるやってるw。きつそうだ。隊長。(色々とw)
「一体俺はどうなるんだ?」隊長、怯えてます。
「いいわ。見せてあげる。罪深き、バビロンの末路を」

ジェノサイドの後、死屍累々の中。馬のようなものに載ったデモニアンの群れ。
彼らが死体を踏みつけて進むイメージが、隊長の脳内に。

「貴方が力を示すことが出来れば、神は貴方を通じて、黙示録の予言を成就することが
出来るの。」

ベアトリスさんは、色々と知っているのは分かるのですが。そういえば、ジョゼフはうなされて
ばかりでした;。次回はバトルしてくれるのでしょうか?

にほんブログ村 テレビブログへ

|

« しゅごキャラ!#34. | トップページ | ケータイ捜査官7 #10. »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/41492204

この記事へのトラックバック一覧です: ブラスレイター#10.:

« しゅごキャラ!#34. | トップページ | ケータイ捜査官7 #10. »