« 本家ユニセフが日本ユニセフを支持。 | トップページ | マクロスF #5. »

銀河鉄道999「ワルキューレの空間騎行」

こちらで深夜、再放送やってます。時々休止しつつも、
「マクロス7」に続いて放送されてます。

大昔、自分がまだ消防のころ、雑誌で読んだ話だったはず
なのですが、すっかり中身を忘れてました。
(タイトルは覚えてましたが)

このシリーズは、語るのもはばかられる位有名なのですが、
主人公・星野鉄郎が行く先々で、さまざまな人間模様に出会い、
成長していくという軸の元。

今回は、「将来は売れっ子の歌手」を夢見る実はヒモ男・プライダーと
その健気な恋人アリスがゲスト。

歌手になるのを夢見て、プラウダーは、アリスに借金してまで999に
乗り込む。ところが、「ワルキューレ」に襲撃されて…。

という筋なのですが、このヒモ男の中の人が神谷明御大。(うわ)
第一声で、すぐに分かってしまうところがこの世代;;。おかげで、
声だけは無駄にカッコいい(おい)ものだから、なおさら「だめんず」
ぶりが目立つことに。

アリスの中の人は松島みのりさん。キャンディ×2のヒロインですね。

しかし。この作品は今から30年近く昔の作品になるのですが、そのころ、
ゴールデンで「ヒモ」と「共依存」のカップル話をするとは。今でこそ
良く見られますが、当時としてはかなり踏みこんだ内容だったのだな、
と感心。

しかも、このヒモ男の声が神谷御大。当時は一文字タクマ@ダンガードA
とか、竜崎一矢@闘将ダイモスとか演じられてた時代のはず。このころに
ヒモ役、というのも、後のことを考えると、なかなか興味深かったり。

とりあえず。リアルでこれ見てたら、当時の自分は恐らく悶絶してました。
「何で声カッコいいのに、ヒモやねん(涙)と。」そのころのオタ消防に
とって御大の存在は、通過儀礼そのものでしたからw。
(光一@バビル二世、という人もおられますが、自分的には洸@ライディーン
でありますゆえ。)

後編は来週。気力があればレビューします。

にほんブログ村 テレビブログへ

|

« 本家ユニセフが日本ユニセフを支持。 | トップページ | マクロスF #5. »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/41060807

この記事へのトラックバック一覧です: 銀河鉄道999「ワルキューレの空間騎行」:

« 本家ユニセフが日本ユニセフを支持。 | トップページ | マクロスF #5. »