« 狼と香辛料 #11. | トップページ | 機動戦士ガンダム00#23. »

Rhプラス #11.

いよいよ最終章。というか、この話の主人公は誠だと再認識しました。

ある教会の牧師、殺害される。彼は以前、誠を教会で「預かって」いた
その人だった。

誠が「月長館」に来るまでの回想。
以前、彼の母親は『悪魔の子』として、誠を教会に「預け」ました。
そして。
「血」でしか飢えが満たされないので、いつも「腹がすいていた」。

恐らく、以前通っていた高校で。
クラスメートから、「気持ち悪い」「悪魔」といじめに遭っていた誠。
嫌いな中身のサンドイッチを、
「ほら、食べなよ。」と彼の目の前に投げる女子。一見親切そうだが、
貪り食う誠の様子を見てあざ笑う、周り。

クラブ活動中の友人。膝をすりむき、出血。
それを目の当りにして、たまらなくなり、血をなめる誠。
「気持ち悪いんだよ!」確かに。気持ち悪い;。

教会に帰れば、牧師さんに折檻。しかし、いつか「吸血鬼」の血が目覚める。

そんな自分に嫌気が差して、ある日投身自殺を図った、誠。その時、運よく
通りかかったあげはに間一髪、助けられる。

「うちにおいでよ。」あげはに誘われて、月長館にやってきた誠。
そこには、自分と同じ境遇の「政和」「あげは」そして「きよい」さんがいた。

殺害時刻にアリバイが不明な誠。当然、疑われますが、きよいさんいわく。
「相手が死に到るほど血を貪るのは、100年以上歳を経た吸血鬼の仕業です。」

「あいつ、俺に無断で子どもをどこかへやりやがって…。今頃は
俺にそっくりな可愛い子に育っているはずだ。」

中条、もとい、ラスボス村上幸平,キターーーーーーーーーーーー!!!!
あの、誠は、決してオカマモードでハニーフラッシュしたりしませんから!!!

というのは置いといて。《藁》とにかく、誠の父親はきよいさんとおなじく
「100年以上歳を経た吸血鬼」で、奥さんは吸血鬼である父親から誠を隠すべく
《ry》だったらしい。

そして、ニュースにて。再び吸血鬼の仕業、と思われる殺人事件発生。
被害者は。
昔別れた、誠の母親。

「実写ハニー」を見ている人には、とりあえずつっ込みどころあり、の幸平w。
ということは、きよいさんと幸平の一騎打ち、という展開が待っておるのでしょうか?
(本郷vs草加?)

にほんブログ村 テレビブログへ

|

« 狼と香辛料 #11. | トップページ | 機動戦士ガンダム00#23. »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/40507341

この記事へのトラックバック一覧です: Rhプラス #11.:

« 狼と香辛料 #11. | トップページ | 機動戦士ガンダム00#23. »