« 狼と香辛料 #10. | トップページ | 訃報。広川太一郎氏、死去。 »

Rhプラス #10.

今まで一人で出歩くことなどめったに無かった誠が、月長館の皆さんに
行き先も告げず、出かけてしまった。

あげは、まだ調子悪くて寝込んでます。政和は、「合コン」放り出して、誠捜索に。
きよいさんは、あげはを一人置いていく訳にも行かないので、「ミスター」に誠の
捜索を要請。

前回の予告では、何やらサスペンスぽかったのですが、またも「ほのぼの」路線でした。
随所というか、「ミスター」の過去のしがらみに何やら在るようではありましたが。

月長館。本当は、ミスターの祖父のもの。彼とその頃から同居していたきよいさんが、
彼の死後も引き続き住んでいます。本当は、きよいさんはミスターと暮らしたかったのですが、ミスターは館を出ました。

今は、警察で扱えない事件を引き受けて、それがきよいさんたちの報酬になります。
その橋渡しをするのがミスター。「一緒に暮らして欲しい」その時に、きよいさんを
拒絶してしまった事への償いなのか、どうか。

ミスター。「最優先事項」として、誠の捜索を部下に伝達。

誠、そんなこととは知らず、女子ダンスチームが練習してる公園の辺りに居ます。
メイドコスプレな亜美さんに、偶然ばったり。この近所のカフェでバイト始めたらしい。
(彼女の親御さんは、吸血鬼となった娘の行動をどこまで把握してるのか?
結構謎ですが)
彼女に誘われて、カフェへ行く誠。
そういえば、亜美さん、仕事中。「パティシェ」でもある「店長」のお使いで、
ケーキの材料を買出しに行って来た帰りだったのでした。

頼まれたものの他に、トマトとか、トマトジュースとか;。目的丸分かり;
ちゃっかりしてる亜美さん。店長に「きよいさん好み」のケーキを作って
貰い、「吸血鬼好みのフレーバー」なので当然のごとく「売れ残ったもの」を
(きよいさんのために)お土産にしよう、という計画だったらしい。本当に
彼女は抜け目ない。強いな、本当に。

実はこのカフェ、誠が来る前に政和さんと宝田君が漫才繰り広げていたところでした。
誠と政和、そして遥、ミスター。微妙にすれ違っています。誠が去った後、政和が来たり。

政和、誠が気になって合コンどころではないのですが、宝田君には一言も言わないので、
宝田君、すっかり疑心暗鬼。政和、誠のことを「まこちゃん」でぼかすから、なおのこと
えらい方向に妄想が走り出すし;。

ついに置いてけぼり食らった宝田くん。「勢いで」先ほどの女子チームとヒップホップ
踊り出す。かなりいけるぞ;。

最終。ミスター、カフェで誠と遭遇。誠、「月長館」に来る前のことを思い出すように
なって、つい一人になりたくなったのだそう。誠、「家」に帰ることに。

誠と別れた後、ミスター、きよいさんへのお土産を買いに、スイーツのショーケースへ。
そこには、鉄分たっぷり!」なとってもブラッディカラーのケーキが5つ。

「これ、売れそうに無いな」
売れ残ったら、私が引き取りますから。」(というか、最初からそれが目的なんですけど)

しかし。ブラッディスイーツwは、5つ完売。
「売れるもんだな」
「私が引き取って、きよいさんところに持って行くつもりだったのに。」

誠、途中で政和に遭遇。二人で帰途へ。「みんな、心配してる。」

そのころ、ミスターはかの手土産持参で、きよいさんに会ってました。ミスターは、
「きよいさんの家族」に会いたかったらしい。しかし、そういう事情で会えず。

あげは、そろそろ起きてきて、かのスイーツ発見。この家族の人数分+一個。
「これ買ってきてくれた人、本当はみんなと食べたかったんじゃない?」

今回は、何気に「自分のためにしかけたこと」が「誰かの役に立った」という話
ではありました。
「新しいことに挑戦したくなった」by.店長。今後もこのケーキが定番になるかどうか?
この世界では、「隠れ吸血鬼」が結構居るので、以外に売れるのでは?と思ってみたり。

思うに、ミスターは、きよいさんの願いを叶えられなかったことを、悔やんでいたのでは
ないかと。そこで、『援助』と言うことで「仕事」を依頼していた、と。きよいさんに
「心配できる」家族が出来たのを、一番喜んでいるのはミスターかも。

そして、色物担当?宝田君。今回も期待を裏切りません。
政和へのメール。
「君にブラザーがいても、かまわないから。」…ありがとう。GJです。(おい)

にほんブログ村 テレビブログへ

|

« 狼と香辛料 #10. | トップページ | 訃報。広川太一郎氏、死去。 »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/40425325

この記事へのトラックバック一覧です: Rhプラス #10.:

» RHプラス 10th Blood Gyao視聴Ver. [特撮警備隊3バるカんベース~GOLD LUSH~]
「もう平気なんですか? あの光景が焼きついて… あの光景が焼きついて、過去に出来ないのは、僕だけなんですか?」 ミスターのツンデレめ! 月長館で幸せそうに暮らすきよいや、他の仲間たちが羨ましいならそう言えw シリアスムードかと思わせておいてやっぱりほのぼ... [続きを読む]

受信: 2008年3月22日 (土) 04時03分

« 狼と香辛料 #10. | トップページ | 訃報。広川太一郎氏、死去。 »