« チョコミミ#16. | トップページ | ヤッターマン#2. »

キューティーハニーTHE LIVE#15.

ハニー「システム」暴走!です。最終には豹爪3幹部連合の元におちてしまう、
のですが。そこまでの過程が今回の話です。

色々伏線回収&新たな伏線発生、でもありました。

・ユキの実父は、如月博士、らしい。
・3ハニーの体に、近いうちに「劇的な変化」が訪れる。
・以前、赤ハニーは「暴走」したことがあるらしい。
《しかも、それも想定の範囲内?対処アイテム有。》
・早見は、ハニーについて、なにか「託されている」模様。
・ミキの過去。(元彼、初お目見え)

とにかく、某零号機のごとく『暴走』したハニー。「過剰なエネルギー放射」
ということで、容姿も変わってます。髪が赤、ではなく、逆立った金髪。いかにも
「悪の女王様」メイクだったりしますが、こっちのほうがヴィジュアル的には
イケてるような。

それを抑えるため、あるいは捕獲するため、早見、ミキ、豹爪3幹部が動く。
ユキは、たまたま今回は参加してません。たまたまミキがフラッシュするのを
見てしまったため。

お義父さま。『お実父様の娘』は、私だけではないのですか?」養父に尋ねる
ユキ。

一方。ミキは青ハニーに変身して、暴走ハニー=金ハニーを追跡。しかし、金ハニー、
無敵!青、足元にも及ばず。

そこへ。中条・デューク・田中のおばちゃんwのチーム豹爪、登場。金に襲い掛かる
豹爪下っ端さんたち。しかし、一気になぎ倒されます。

中条・デューク、「戦闘形態」で立ち向かいますが、以下同じ。それどころか、デューク。
つま先の仕込み刀、今度は金の発する高熱で、刃炙られてます。引き抜かれるだけでなく、周辺の組織が《gkbr》。
田中のおばちゃんも、海産物爆弾や冷凍太刀魚ソード(おい)で応戦しますが、これもまた。

『今はとにかく、ハニーを押さえるんだ。』ミキの提案、3幹部も一応のむことに。
暴走抑制装置=ヘッドギア、「私が、やる。」これもミキ。漢前だ。

個々で立ち向かっても、かなわない。それならば、一気に搦め手、というのは、こういうときの
お約束。ということで、3幹部、一斉に金ハニーに攻撃!

中条とデュークの攻撃を両手で受け止めた金ハニー。おばちゃんからは威嚇されてます。その隙をついて、ミキ、ヘッドギア装着成功!

暴走鎮静。元にもどるハニーですが、そうなると、多勢に無勢。早見、ミキの奮闘むなしく、ハニー、チーム豹爪の手に。

意識のないハニーを前に、3幹部、勝利を確信…?

とにかく、皆さんアクションが凄い。久しぶりに中条戦闘形態見れました。デューク、
最近デフレ激しすぎ。金と青のWハニー、これだけガチだったのは、初めてかと。
田中のおばちゃんは、超越してるし;亭主(喜多川さんだ!)や息子との距離の置き方が
いい感じなのですが。

早見に見せ場がなかったのが。今後怒涛の展開らしいので、また何かあるのを期待して。

にほんブログ村 テレビブログへ

|

« チョコミミ#16. | トップページ | ヤッターマン#2. »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/17783891

この記事へのトラックバック一覧です: キューティーハニーTHE LIVE#15.:

» 昨日のキューティーハニー 第15話 [地下室で手記]
「暴走ハニー!」今回はタイトルそのままのお話ですね。どうやらハニーは3日寝たままだと暴走してしまうようで。しかし、なんていうか3日寝っぱなしになる前に夏子もなんとかしろよというか、どう考えたってまともな状況じゃないんですから(苦笑)それは置いておいて。...... [続きを読む]

受信: 2008年1月23日 (水) 00時50分

» キューティーハニー THE LIVE 第15話 [お萌えば遠くに来たもんだ!]
「暴走ハニー!」 脚本:井上敏樹 監督:田?竜太 横山誠 寮の自室で3日間眠り続けるハニー。心配になった夏子は、早見の元へ相談に訪れる。それを聞いた早見は、思い当たるところがあるようで急いでハニーのもとへ向かう。同じ頃、中条と渡は、田中の店を訪れ、ハニーを捕まえるために協力を乞うのだった。 【今週のなっちゃん】 ※雑誌の恋愛運を観て落ち込む。 ※早見が投げ出したモノを体中で受け止める。 【今週のハニーフラッシュ】 ※キューティーハニー 暴走モード ※シスターミキ 【今週のトリオ】 ※ハニ... [続きを読む]

受信: 2008年1月26日 (土) 14時14分

« チョコミミ#16. | トップページ | ヤッターマン#2. »