« キューティーハニーTHE LIVE#13. | トップページ | 機動戦士ガンダム00#13. »

魔法少女隊アルス「追憶編」「激動編」

http://www3.nhk.or.jp/anime/07winter/program/arusu.html

年末にNHKBS2で放送された、『魔法少女アルス』3部作のうち、
「追憶編」「激動編」を観ました。

『雨宮慶太原作の魔法少女もの』ときいて、制作年度的にプレ・牙狼的なものを
感じたので、是非観ておかなければ、という思いで鑑賞。冒頭のタイトルロゴで
「キタキタキターーーーーーーーーーーーー!」
でした。のっけから『雨宮テイスト』炸裂。あの独特のタイトルロゴもさることながら、
世界観とか、キャラクターのもつ空気というか、「匂い」とかまで、どこまでも
「これぞ雨宮慶太」というべきもの。

本放送では観ていなかった作品ですが、「牙狼」などの後で観ると、いろいろなところに、
後に繋がるイメージが感じられました。
例えば、グラウ竜に似たもの、とか、紅蓮の森に通じるものとか、ジャークムーン@リューケンドー
に《以下略》など。

「真の魔導書」にいたっては、言葉からして既に「魔戒騎士」テイスト炸裂でしたし。

これだけ「匂い」の強い作品ですから、好き嫌いがはっきり分かれる作品かと思われます。

とにかく、メインの魔法少女3人が、「萌え」じゃない。《藁》
これは凄いことです。コスチュームからして既に、「牙狼」や「ライオンG」の衣装担当と
同じか?と思われましたし。
そして、良くしゃべる。絵が動いてないわけでは無いのに、しゃべるしゃべる。
(これは、音撮りした後に絵を載せたから、ということらしいですが。)

何よりも。女の子達が、「少女」であることに甘えず、自らの運命を自分で切り開いていくところ。
(ここには、男子は介在して無いです)とてもすがすがしいです。

最後の章は未見ですが、とても楽しみな作品です。

にほんブログ村 テレビブログへ

|

« キューティーハニーTHE LIVE#13. | トップページ | 機動戦士ガンダム00#13. »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/17581528

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法少女隊アルス「追憶編」「激動編」:

« キューティーハニーTHE LIVE#13. | トップページ | 機動戦士ガンダム00#13. »