« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

宇宙戦艦ヤマト#15.

ドメル将軍、対ヤマト初出陣の回。それに対するヤマトクルーの活躍。
なのですが。

この回、ユキさんが意外にキーキャラであります。
「彼女の淹れた珈琲が不味い」そうですが、(航海班クルーのほぼ全員被害)

今人なら、『美味しい』と言ってくれそうだ、と思った自分は(ry)。

贔屓目に考えて、食糧事情が厳しいので、あえてコーヒー豆の量を減らしていた、
とか。
(実は、このとき古代は、他の戦闘班メンバーと一緒にコスモゼロの整備を
していたので、珈琲の被害はまぬがれていた、というw。もしかすると、この
珈琲のことを知っても、なおかつ古代とユキを張り合っていた島は、かなり
偉大な人ではないかと。)

ドメル将軍。いきなり前任者の部屋の装飾を、「趣味悪い」と言って破壊してます。
お世辞にも「良い趣味」とはいえませんが、後始末が大変;。このあたり、彼の
性格、というか今後の戦法の暗喩でもあるのですが。

ヤマトの前方。宇宙気流みたいな感じ?それに乗じてドメル艦隊の襲撃。
古代は出撃を主張。島、このまま逃げ切りを主張。艦長は、島案を採用。
古代、ドンパチやりたかったみたいですが、その後、「逃げ切り」が最良の
策であったことが分かる。その時、モニターに
『イスカンダルのスターシャ』からのメッセージが大写しに。

「貴方達の勇気に感謝します。このまま思う道を進んできてください」

無事、危機脱出。
古代と島、二人の会話。
「イスカンダルのスターシャが本当に居る、ということが分かっただけでも
大いに収穫だ。」
スターシャのアップとオーバーラップするユキの表情。なのですが。
…すいません。ユキのデッサン崩れてる;もう少し何とかならなかったのかなあ;。

で、このとき。まだ「二人で姫をかけてけん制」状態ならしい。

「ヤマト、侮り難し。」名シーンです。ドメル将軍が日記に書き込むところ。
考えてみれば、この時点でまだ、デスラー総統はヤマトを大した脅威だとは思って
ないので、彼の『現場の勘』は凄いものだ、ということに。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仮面ライダー電王・Vシネ決定&劇場版の動き。

今更なのですが、「仮面ライダー電王」続編について。

佐藤健のオフィシャルブログ
http://yaplog.jp/takeru-s/archive/430
松本若菜オフィシャルブログ
http://wakana-matsumoto.at.webry.info/200801/article_29.html

ここで、公式に出ました。そういえば、東映公式のBBSでもカキコミが
エライ数になっているそうな。

いずれにせよ、Vシネ→劇場版映画、という動きはめったにないことです。
というか、以前アニメならあったかもしれないですが、(大昔のヤマトくらい?)
「特撮」というジャンルでは、初めてのことではないかと。

どっちかというと、「小さい男の子向け」若しくは「マニア向け」と見られるジャンルで、
ここまで大きい動きがあるのは、本当に稀です。好き嫌いはあると思われますが、それだけ
社会認知度が高かった、ということで。

白倉Pが、「生の声」を聞きたいそうです。
とりあえず、公式のメールフォームは、こちら。
http://www.toei.co.jp/tv/user/program/send_voice.asp?SID=251

ブログで企画されてる方もおられるのですが、公式、ということで、
こちらをおかせていただきました。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

墓場鬼太郎#3.

「吸血木は、本当に燃え尽きたのでしょうか?」

一通り見て、最初に思った感想。とにかく、不気味でシュール。
良くも悪くも、これが「墓場」の持ち味なんですが。

全開、ドラキュラ四世と夜叉を埋めたところから生えてきた赤い芽=吸血木。
ねずみ男、早速金儲けに利用。さすが。しかし、中の人は大塚パパなのか;

ここで、「人気歌手・トランク重井」登場。電車でたまたま乗り合わせた
ねずみ男をさげずんだばかりに、吸血木の種を植え付けられる。帰宅してから
見てみると、腕から発芽;

「金儲け」の道具ではなかったのか?ただ意趣返しにしてはやりすぎかもしれませんが。
不条理だ。おかげで重井さん、歌えなくなるし。

鬼太郎。歌手志望の寝子さんに惚れる。彼女、重井さんに歌聴いてもらうことに
なってましたが、吸血木のせいで、延期に。ここから、鬼太郎の、ねずみ男への
意趣返し始まります。このパターン、「ゲゲゲ」でも基本。彼女、猫娘のオマージュか?

鬼太郎自信は幽霊族で、人間ではないので、「人のタメの正義」で動く理由はないです。
たまたま、自身の欲望を満たした結果、それが人のためになったというか。

人に寄生した「吸血木」、宿主の血液を総て吸い尽くしたら、実がついたよう。
しかし、それは重井さんでありました。予想のつかないオチ。

結局、こんな物騒なものほっといたらよくない、というので
燃やされたわけですが、寝子さんは、歌聞いてもらえたのでしょうか?

それこそ、「本能の赴くまま」に動くねずみ男が○。彼の行動が、世間の迷惑になって
要るところも。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

正しい王子の作り方#4.

修理之介のターン・後編。

要約すると、今までの言動を反省した修理之介が、何とか春香さんに
謝罪して、「仲直り」する、訳ですが。

とりあえず、彼が「たまたま甘やかされて育ったために」人の心を汲み取る
機会がなかったため、こういう行動をとった、でよかったです。もし、
「親は一生懸命教えてきたのに《ry》」な場合でしたら、話が変わってしまう;。

自分はそんなつもりはなくても、行動の結果は波紋を呼び、クラス内の空気は
険悪に。春香さん、学校休んでしまって、「焼き芋委員」も事実上無理。
なので、予定していた「焼き芋大会」も中止に。

男女を問わず、クラスのほとんどが修理之介を責める中、仙台さんは大人です。
「謝ればいいんだよ。言葉なんて記号だから。要は心がこもっているかどうか。」
アドバイス貰った修理之介。謝りますが、何分場慣れしてないので、ますます誤解
されることに。

「焼き芋大会」を中止にしたくないため、「男子の委員」を買って出た彼。仕事は、
「人数分のサツマイモ全部に、ホイルを巻くこと。」
結構多いです。ダンボール2箱てんこ盛り状態。巻いていきます。

学校には来ていた春香さん。ホイルまきを手伝います。

そして当日。委員はジャージ。修理之介も、おニューのwジャージで望みます。
キャンプファイヤーのごとき盛り上がり。一同、焼きたての芋に大歓声。

修理。「初めてだ、こんな美味しいものは」
そして、「たまたま出た先で、たまたま似たものを見つけた。」ということで、
リボンをプレゼント。(性格には、お返しなんでしょうが)

どうやら、修理之介君と春香さんは、再びプロデュースになるようです。これは
これで解決。やはり、この歳くらいまでは、同年齢のお友達、というのは一番
効くみたいです。

次回は、相馬&千晶のターン。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キューティーハニーTHE LIVE#16.

神回です。このために喜多川氏がキャスティングされていたかと思うと、
スタッフの思いを感じます。つか、キャスト込みのスタッフ全員入魂回
というのは、こういうものを言うのかと。

某所で、「牙狼・轟点初登場回」に匹敵する密度、といわれてましたが、
なるほど、その通り。今のうちにディスクに保存しておかなければ;

それはおいといて。
ハニー拉致と思ったら、謎の男、乱入!豹爪工作員一気にK.O.!その正体は。
田中鮮魚店のおじさん!大漁旗マントで母ちゃん応援にやってきた!
ブルーマスクか?シシレンジャーか?その只者ならざる動きは!(おい)

とにかく、ハニーをめぐって敵味方入り乱れての大攻防。そんな中、ハニーと
中条の恋愛フラグが。(すげえ)思いも拠らなかった展開ですが、《しかも
ギザモードだ;ヒコマロならともかく。》ハニーを攫って一人勝ちしようと
した中条。逃避行のさなか、デュークの追っ手により、負傷。ハニーが介抱して
いるうちに、というテンプレどおりではありますが。

これまでにもハニーの「分け隔てない明るさ・優しさ」がきっちり描かれていたので、
この展開にもすんなり入れました。やはり、「積み重ね」は大事。
(同じことが、後半のミキ加勢・救出・共闘の理由付けにいえます。)

フラッシュ出来ないハニー。
エネルギー放出後の彼女は、数時間フラッシュ不可に陥る。早見から事情を聞いた
ミキ、烏川の元へ赴き、「中条たちが行きそうなところ」を聞き出す。

今回のレズ先生、結構いい人してます。思わせぶりに対価要求しつつも、以外に
あっさりと。豹爪幹部達、仲悪いですから、「漁夫の利」を狙っただけかもしれませんが。

中条とハニー。ワゴン車でデュークを2回撥ねた後、(おい;)田中夫妻の爆撃を受け、
ワゴン車爆破するはめに。その後、やってきた路線バスに乗りますが。バスそのものが
デュークの差し金。《相変わらず》二人で工作員殲滅しますが。

行く手には、再び田中夫妻。今度はW騎馬戦。(田中さんは腰痛。中条は足負傷)皆さん、
体張ってます。男性チームはワイヤーアクション。さすが、キャリアは伊達ではない。
田中おばさんの冷凍高級平目シールドwを奪還。ハニーのため、夕食に焼いてやるwなど、中条、親切です。

一方。ここでユキ。様子おかしい。「自分は如月博士の一人娘」であるはずだったのに、
「自分の父親も、如月博士だ」という、ミキの存在。しかも「フラッシュ」する。どうやら、
これで心を病んだらしい。ふらふら外を歩いてます。

夜。中条とハニー。ついにフラグ確定。傍から見たら、どう見てもお熱いシーンのさなか、
デューク一派、登場。デュークvs中条。しかし、カイザ村上、喜多川氏にマーク武蔵氏と、
「スーツアクター」対決です。これだけの素面アクション、まず見られないだろうな。

中条、デュークに斬りつけられ、大ピンチ。その時!ミキ登場。カッコいいぞ。フラッシュで
青ハニーに。早見も駆けつけ、ハニー、やっとフラッシュ可能に!
Wハニー、参上!再び共闘フラグです。ここもアクション凄い。グラビア姐さんが、ここまでやる!
ミキ、踵落としを中条に食らわそうとしたとき、ハニー、かばう。
この人は、私をかばってくれたの!」
二人がかりで、デュークを痛めつけたハニーたち。

ユキ、まだ外を歩いてます。表情、かなりやばい。そう思ったのは、ほうぼうのていで逃げてきた
デューク。うっかりユキと遭遇。
「ねえ、わたし、パパの一人娘よね…?答えられないのなら、死んでよ。」
いきなりフラッシュ。白ハニー登場。OPでお目見えしていた武器も発現。どうやら環のエッジは刀に
なっているらしく、これでデュークを切り刻む。(おい)

後には、バラバラにされたデュークの死体。

無事、夏ちゃんのいる部屋に戻ってきたハニー。どうやら、彼女はマジで中条《ギザ?》に
恋した模様。

どうやら白が「黒化」確定です。女子3人居たら、必ず2:1になる、とは言いますが、それも
あるかなあ。>赤と青がなかよしで、私が仲間はずれ!

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

チョコミミ#17.

「セツブン」と「トショシツ」。
「セツブン」
 節分の日にちなんで、コスプレパーティーの案が。
しかし、何故鬼ばかりなのか?いずれも可愛らしい
「鬼」さんばかりだし、。バンビに到っては、セクシーそのもの。
(というか、この格好で自宅からミミちゃん家まで徒歩?)
ミミパパも頑張りますが、お呼びでないらしい。
タケちゃん、「豆」w。どうしたら、豆のコスプレ出来るのかと。

盛り上がる合間に、「恵方巻き」を準備。
「今年の恵方」に向かって黙々と太巻き食べる、アレです。
みんな、コスプレして、神妙に食べてます。それにしても、メジャーに
なったものです。>恵方巻き。てっきり某海苔巻き製造機を出してくるかな、
と思いましたが。《汗》

こんな節分の楽しみ方もいいかな、と思ってみたり。

「トショシツ」
チョコ弟・仁君。最近、図書室に頻繁に通うように。お目当ては
「綺麗な御姉さん」のあおいさん。
本棚の高いところの本をとって上げられるように、背を伸ばそうと
一生懸命カルシウム摂ってるところが可愛いです。男子は、すぐに
背が伸びる時期が来ますが。

で、お話できる機会が出来たのですが。彼女はシェークスピア好き。
仁君、頑張りますが、やはり目標は遠く。頑張れ、少年。

         

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しゅごキャラ!#16.

歌唄さんが登場しますが、どうやら今回もオリジナルらしい。でも、
本筋への導入としては良い出来?になるのでしょうか。

今回の見所。二階堂先生の「隠さない黒化」かと。

売り出し中の「謎のマジシャン・ゼロ」のマジックショー。
ゲストはほしな歌唄さん。眼下に、ライオンの檻。ゼロの
マジックで、飛び降りた歌唄さんは、「千の蝶」に変えられる、
という。飛び降りた歌唄さんは?

実写は、ここまで。あとはCG合成。
客が望む物を作っているだけだ。」マネージャー談。
貴方には、少しは期待してたのに。マジックっていうから。」
歌唄さん、『ゼロ』に自分と同じ「空気」を感じていたらしい。
(でも、彼女の出番はここまで。コスが可愛いんですが、残念。)

『謎の少年・ゼロ』といえば、某ギアス使いのかの人を彷彿とさせますが、
それはおいといてw。実は、彼はあむちゃんたちの学校の生徒。(これも
かの人のようだ;)で、生徒会=ガーディアンに、「得意のマジックで人を
楽しませたいのに、《大人の事情で》出来ない。」という悩みを打ち明けに
きた、らしい。

実は、「ゼロ=ルル長倉拓哉くん」の事実は、理事長だけが聞いていたもの。
当然、組織的下部の二階堂先生が知る良しもなかったのですが、この情報を得て、
《ガーディアン見張れるんだから、当然といえば当然ですが》
「あの計画」を実行。

ガーディアン=生徒会w主催の『シャイニー・ゼロ』イベントの成功の影で。
強力な力を持つしゅごたまを×化したら、さぞ強い×力を集められるかも
早速、行動に。しかし、表向き怪しいところのない人だから、始末悪いな。

「理事長先生からのお使いで、マネージャーさんのところへ送ってあげるよ。」
とTV局へ。ガーディアンから拓哉君を引き離します。

「ゼロ?君、今日からお払い箱。どうせ見せ場はCGなんだから、誰がやっても一緒。
それなら、もっと言うことを聞く、素直な子を使うことにしたのでね。」

しゅごたま、一気に×たまへ。実は、以前からしゅごたま=『ゼロ』は見えていたらしい拓哉君。
しかし、このところ、『ゼロ』が見えなくなっていた。

今までを推測して、二階堂先生あやしい?と感づいたガーディアン。(すごいな)しかし、
向こうは『社会人』で、こちらは『子供』。テレビ局で先生を見かけ、訴えるも、すべはなく。

でしたが、今回はあむちゃん、ミキとのキャラなり=「アミュレット・スペード」で、
無事、『ゼロ』の×たまを『浄化』。お久しぶりでした、というより、やっと2回目?

二階堂先生、いかにも「悪もん」という外見でなく、そういえば、これくらい覚えが
あるよね、タイプなので、なかなか。大人的には動きが面白いキャラなんですが。
子供さん的には、やはり「悪もん」なのかな、と思ったり。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (7)

Yes!プリキュア5(最終回)

デスパライアさんの『願い』は、『世界を絶望に陥れること』だとばかり
思ってたのが、実際は『彼女自身の不老不死』でありました。どういうこと
なのか?

その答えが、今回のお話、と言っても、最終回です;。

デスパライアさん、量産型コワイナーもろとも攻撃です。応戦するプリキュアさんたち。
無限に作り出される走狗。きりないです。ついに夢さん、取り囲まれます。

精神攻撃。しかし、ココの呼びかけで悪夢から帰還する夢さん。

「なぜだ!お前たちは、怖くないのか!」
「老いることが怖くはないのか!力が衰えるのが怖くないのか?」

老いるのが恐い。力が衰えるのが恐い。だから、不老不死になりたい。
そうすれば、何も恐くない。
そうでないものたちは、恐れる。絶望する。

ということだったのでしょうか。一人ならそうでしょう。しかし、
「信頼」を積み重ねてきた「仲間」がいれば、どうでしょうか?
『喜びは2倍に、悲しみは半分に』というのは良く使われますが。

ここで、まさかの『武装解除』。そういえば、偉大なる大先輩の
セラムンでは、「最終回の武装解除」は、自らの意思ではなく、
ラスボス・ギャラクシアによる強制解除だったような。
再び繰り返されるのか?と思いきや、夢さん自らの意思、らしい。

「こうすれば、貴方と話し合えると思ったから…。」
『積み重ねた自信』がないと、『丸腰で敵に立ち向かう』ことは出来ません。
「仲間がいるから、恐れをしりぞけ、希望を持てるのか?」

しかし。今までのプリキュアさんたちは、ラスボスとお互い主張をぶつけ合い、
最終必殺技の応酬で決着つけていたのに。話し合いですか;いいのか?

と思ってたら。
カワリーノさん、復活(おい)。あんたも不老不死だったのかよ、とツッコミ
入れようとしたら、これまたブラッディさんも復活。カワリーノさん、ブラッディ
さんに、深い闇に連れ込まれてしまいました。

デスパライアさん、カワリーノさんに手を差し伸べてました。彼の想うところは、
少しは報われたのかも。

「お前たちの力でこの世界ごと私を封印してくれ」
「私の最後の願いだ。頼む」

不老不死を手に入れたからには、『絶望』することはないはず。
ならば、無限に沸き起こる「絶望」を止めることが出来るはず。

そう考えたからかどうかは知りませんが、デスパライアさん、思わぬ発言です。

夢さん、ドリームトーチでデスパライアさんを「封印」。世界を救う美少女ヒーローの
アイテムは、こういうことも出来て当たり前。

そして、ビル街が崩れ、世界は平和に。今までと違って、世界は破壊されませんでした;。
《過去の最終回では、一度世界が崩壊した後、再生されていたはず。》

そして。水無月邸で『腹ごしらえ』をするパルミエ王国の住民w。結構頭数いるんですが、
総てかれんさんのまかないなんでしょうか(おいおい)?

多少の謎を残しつつも、ココナツミルクと住民の皆さん、帰還の途へ。5人もピンキーキャッチュ
外す。キャッチュ、5色の光と化して、パルミエメンバー包み込み、「大きな蝶」に変化。羽ばたいて、
去っていきました。そういえば、これ、『希望の光』でした。

後日談。というか、二期目あるからつなぎ、ですが。
のぞみは『学校の先生になる』という夢を見つけ、それに向かっている最中。《道は険しそうですが》
後の4人も、それぞれ道を目指しているのですが、やはり山あり谷あり。

そんな時、「かえれる場所」に来ると、また頑張ろう、という気になれる。
当たり前の日常ですが、それが一番大切。

「ふたり」から『5人』になったプリキュアでしたが、その分いろんなベクトルが発生したような。
力押しのエンドではない終わり方が、総てを物語ってます。いや、お話の解釈が大変でした。
本来の視聴者であるお子さん達は、もっとまっすぐにメッセージをうけとっているはずなんですが。
彼女達には、まだ会えるので、これからも楽しませていただきます。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (10)

仮面ライダーキバ #1.

始まりました、久々の「リミッター入った井上ライダー」。

過去《22年前》と現在《2008年》を行ったり来たりしての顔見世。
作品世界の雰囲気は、まさに「井上ワールド」。いろんな意味で。
「吸血鬼」がモチーフだけあって、ゴシックロマンな空気が前作との
差異で、分かりやすいです。

どうやら、ヴァンパイアハンター(Dに有らず)が女性みたいですが、
かなり素面でのアクションがあります。
過去編のゆりさんは、レザー素材でタイトなショートパンツ。現在の
恵さんは、ややゴスロリ入ってる?フレアスカートにピンヒールブーツ。
(これで足踏ん張れるかといえば、実際?ではありますが)
アイテムも、何気に時代感ありなのが嬉しいですが、何よりも。

「冬のオペラグラス」@新田恵理がBGMなこと。>過去編。
そういえば、この頃、おニャン子クラブがブームでした。はい。

で、今回の主人公、渡君。
「この世アレルギー」のせいで、引きこもり?バイオリン製作を
生業としているらしい。それにしても。

ニスの艶は、経年変化によるものもあるのに、魚の骨とか犬の糞とか
煮た物入れてもどうかと思います。というより、こっちの臭いのほうが
「この世の空気」よりひどいと思うのですが?

で、魚の骨では上手くいくのか?それも気にはなります。

キバット登場!声の人がソルジャーブルー銀さんなので、なんか妙に
可愛い。『巣箱』入ってるときもそうですが、入浴シーンで、バイオリン型の
お風呂を浮かしてもらってるところとか。ライダー変身、さりげなくするので
ポーズがないのが寂しいですが、キバットが噛み付くところがツボ。

変身後。今回はカブトライジャーな薫が馬ファンガイアですが、以前始末し損ねた
のが、今でも生きているとか?

アクション。前回と違って、「かなりライダー」です。バイクアクションあり、
ワイヤーアクションあり、カーアクションあり。
しかも、「ライダーキック」にギミック有りなところが、様式美。
「ダークネスムーンブレイク」というのが正式名称。片方の膝下がやたら
鎖絡みついて「封印」ぽいデザインだなあ、と思ってたら、開いて、
蝙蝠の羽が開くのか。それで『ライダーキック』。ものすごい威力です。

その後、ビルが上下に割れ、底から「洋館から首と尾が生えたような」竜が現れて、
ファンガイアの魂?食っていくシーン。なぜか、ここぞというとき、背景が
「満月の夜」な気がしますが。
とにかく、「雰囲気」一杯です。ケレン味たっぷり。

お約束ですが、恵さん、戦い終わって去っていく『キバ』の背後を狙い撃ち。
あっさり交わされるのは見えてますが、そこはまあ、ということで。

「恐くてかっこよくて強い」ライダーです。時系列がもう少しすっきりすれば、
小さい子に分かりやすくなるかなあ、と思います。まずは期待。

追記。

とにかく、脚思い切り振り上げた止めポーズがカッコいい。高岩さん、今回も目が離せないです。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (20)

今日のゲキレンジャー#47.

ロン(ラスボス)に攫われたメレ(ヒロイン)。
「理央の執着するものは、貴方。貴方が居なくなれば、理央は
 私の求める真の『破壊神』となる。」
「理央様は来ないわ。理央様に、助けて欲しくなんかない。」

メレ奪回、理央改心、再び呉越同舟、ラスボス撃破。今回最終回か?
と思われるような話の運びでした。

ゲキの皆さん、助けてもらったからかもしれませんが、やっとこさ
「カクシターズ」から「ゲキレンジャー」に昇格。つか、これだけの
テンション、もっと初期からあれば、と残念です。

理央がメレ救出をためらった理由。ロンに何もかも操られ、何事も
「己の意思」ではなかったから、という。生きる意味が見出せなく
なっていた理央。

ここで、赤、理央を殴ります。(青春の殴り合い、ktkr)怒る理央に、
赤。
「俺に怒ったな?それ、お前の意思だろ?ロンの思い通りじゃない、
お前の気持ち。お前も自分の道を見つければいい。」

理央が赤の言葉で目を覚まします。いいとこなのに、それでも
ジャン語が入るところが;でも、赤、いい表情してます。
(だから、もっと前からry)

先にバエの案内で臨獣殿に向かっていたあとのメンバー。サンヨがまだ
生きていて、邪魔したりするんですが、それは紫と白の追加組がお相手。

青と黄がロンと対峙しますが、結構ピンチ。しかし、バエ。いつの間に
メレから抜け出していたのか、と。というより、最後なので結構出番が
有ります。
そこへ、赤と黒、登場。メレ救出。黒がメレを『好き』という感情は、
ロンからのものではなく。《当然》これに気付く、というのは、
「己の思うままに生きる」という意思表示でもあったと思うのですが、
メレを抱き締める理央、思いっきりヒーローとヒロインです。というか、
メレさんの想いが報われて、本当に良かったです。《涙》

その後は怒涛の展開。理央とメレ、二人して幻気を吹き飛ばして元の姿に。
当初から言われていた、「7人一致団結」シーンがついに登場。
しかし、理央メレはともかく、ゲキレンジャー5人自体が「戦隊的」統一感が
ないものですから;;。カオスといえば否定できないのですが。

最後、巨大戦にて、とにかく合体、合体。バエの実況が五月蠅いのが難点では
ありましたが;

ロンを倒して。メレさんのデレっぷりがまた可愛いw。しかし赤。
「ゲキブラック」に「ゲキグリーン」って、ネタ使うなよ。
《そうなると、私は?と一応気にしていたバエ。立ち位置的には拳聖?》

はしゃぐ赤に『待った』かける黄と青。そして、「残業ご苦労様」のサンヨ。

終盤にてやっと、素面アクションが来ました。理央の人スーツもお披露目。
メレの人スーツが出来なかったのは、やはりデザイン上の都合かも。

さて、次週最終回です。出来れば、何とかまとまってくれればいいですが。
理央とメレの獣態スーツ。これのために毎週視聴してました。見納めとなると
寂しいです。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (9)

機動戦士ガンダム00#16.

前回からの続きで、絶望的状況の刹那の前に現れた、赤いガンダムのような
もの。他の2機も含めて、新しいガンダムマイスターだという。

「トリニティ兄妹」
ガンダムスローネ・アイン=ヨハン・トリニティ。
        ・ツバイ=ミハエル・トリニティ。
        ・ドライ=ネーナ・トリニティ。

だそうですが。ネーナさん。あまりこのことに触れられてないの
ですが、

どう見ても夢原のぞみ(声の人は闇檸檬水@劇場版)に見えて
仕方ないです。(おいおい)
せめて髪の色だけでも違っていれば、そうは思わなかったのですが、
同じような濃いマゼンタ系だったりするので、なおのこと、似てるように
思われます。

話を戻して。
Aパートは、新しいガンダムの出現で、見事鹵獲に失敗する連合チームの描写。
《とりあえず帰れないコーラサワーwとグラハム。》
Bパートは、アレハンドロが「監視者」たちの会議に出席して、今までの
ソレスタルビーイングの活動を評価していく、という形での「総集編」。

「監視者」の皆さん。福助やら額絵やら、思いっきり「ゼーレ」でw。
今までこちら側がツッコミ入れていた箇所が、もれなく「問題」に
上がっていたのがツボでした。というか、
「そりゃそーでしょ」すぎて、かえって安心したり。

しかし、仮にも「組織」を「監視」している皆さんです。ソレスタルビーイング側は
この存在に気付いているのでしょうか?

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (35)

Rhプラス #4.

今回は、きよいさんのターン。というか、ミスター=「SHOTの眼鏡っこ魔法使い」
初登場です。

ミスター=道隆さん。きよいさんが昔同居していた男性の『お孫さん』で、警察とも
繫がりがあり、「表沙汰に出来ない事件」を解決してもらうために、「仕事」を
依頼して来る人。

というのが、今のところ。で、本来なら、月長館は、この人のものになる?
「いつまで、そうやって『家族ごっこ』してるんですか?祖父がこれを見たら、
何というか。」

『家族ごっこ』。最近は『おままごと』のことをこういう向きも有るみたいですが、
この場合は、揶揄しているから。

『家族』。今回のテーマ。
きよいさんがミスターと遭う、政和が合コン。ということで、あげはと誠の年少組は
「狩しよーぜ!」ということで、街中へ「美味しそうな」女性をナンパしに。
「世界中の美女は、俺が皆食ってやる!」@あげは。どっちかというと、
君がお姐さんたちに食べられてしまうのでは?と心配なのですが。(おい)

あまりにもストレートなナンパ振りに、誰も引っかからず;そんな折、
ふと上を見たら、投身自殺しようとしている女子が。

「これはゲームなの。何分後までにここに来なかったら、飛び降りるって、
ママの携帯にかけたわ。こんなに沢山人がいるのに、誰も私を愛してくれない。」

…おいおい。いまやきよいさんシンパの亜美ちゃんも、そんなこと言って誠を拉致
しました。この作品世界の女子は、やたらと「誰も自分を《ry》」と叫ぶ人が多いの
ですが;吸血鬼が居て、鬼化する人がいて、『愛してよ!』と叫ぶ女子が居て。
なかなか激しいです。(おいおいお)

ミスターの祖父。きよいさんにとっては「大事な人」だったみたいですが、彼は
きよいさんとともに『永遠の命』を生きるより、『人として死ぬ』ことを選びました。
ミスター祖父は、孫=道隆さんときよいさんが、仲良くしてくれることを望んだみたい
ですが、そうもいかなかったみたいで。

きよいさんがいつも白い薔薇を買っていたのは、ミスター祖父にお供えするため
だったらしい。

一方、誠。女子の叫びで、トラウマ再来。迎えに来なかったお母さんなんて、
自分だけでいい。
「お母さんは、きっと来る。子供を愛さない親なんて居ないんだから。」
彼女に呼びかけるのと同じに、自分に言い聞かせる誠。
お母さん、到着。安心したとたん、足滑らせて《ry》。(お約束、ともいう。)
とっさに、落ちていく彼女の腕をつかむ誠。やばい、落ちる!そのとき、
あげは、登場。(いつもヒーローのように現れるな…。こういうところは
響鬼さんに見習ったか?)

女子とお母さん、無事、和解。結局、二人は「狩」しそこねたようです。

夜。
きよいさん、帰宅。「今夜はご馳走するからね。で、デザート。」
「わあい。おれ、0型。」@あげは。吸血鬼だから、『血』なんですが。
『血液バッグ』というのがなんとも。《しかも、断熱剤梱包されてるし》
このあたりが妙にリアル。

そのうちに政和、帰宅。どうやら遥に今回もやられたみたいですw。
そして、賑やかに、いつもの夕食へ。

「家族がやっと出来たんですよ。貴方の寿命を数えながら、一人で生きてきた
私に、やっと。」

きよいさんにとっては、「ごっこ」ではなく、「そのもの」である『家族』。
『家族』って、何だろう。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狼と香辛料 #3.

とにかく、ホロが可愛い。表情が可愛い。仕草が可愛い。口調が可愛い。
どうして、これで『狼』なのか、といいたくなるくらいです。
「遥か北の国」に連れて行ってくれ、ということで同行することに
なったロレンスですが、ホロがワイズさんに口説かれてたとき、
やきもち焼いていたのは、決して表向き『夫婦』であることを
取り繕った、だけではない、と思います。情は移りますし。

それにしても、「剣と魔法」ではなく、「金と口」を世渡りのアイテムと
して進むこの話、はっきり分かる『ラスボス』が見えない分、先が読めない
ような。(それが楽しみでもあるのですが。)

林檎のような甘い果実は、それだけで十分お腹が膨れるものですから、
やはり狼であるホロも大好物なのでしょう。
(某ドキュメンタリーで、葡萄を食べて飢えをしのぐジャッカル、という
話がありました。それと同じ理由だと憶測。)

しかし。大量の林檎。これを綺麗に食べつくすホロは、やはり『食欲魔人』
かも。後の纏の毛皮を『高く』売りつける口実に使うため、だとしたら、それは
それで「賢狼」の名前は伊達じゃない、ということに。

本当に、「水の流れるような」駆け引きでした。これは、彼女の『人間態』が
『ロングヘアの10代の少女』に見える、というのもプラスになっているはず。
見事、「宿代と食い扶持」を稼いだことになるのでしょうか?

そして、後半は、貨幣の流通と経済の話。貨幣の地金に含まれる銀の含有量が
高いほど、その国は栄えてる、ということで。

ロレンスは、『自分が損をせず、得をすればよい』という考えでしたが、
どうやら、「銀の量が減った国」の銀貨のせいで、「損をしたこと」に
なるのか?です。

ホロ。
「得物をとるとき、上に上る。そうすると、今まで見えなかったものが見える」
ということで。
「つまり、ゼーレンを操るものが居るのかも?」と気付いたところで、次回へ。

やはり、彼女は狼、ということです。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (10)

墓場鬼太郎#2.

ねずみ男が登場です。しかし、胡散臭い経歴。彼らしいですが。

「俺を誰だと思っている?ドラキュラ4世だ」どっかで聞いた台詞&見覚えのある
顔ですが。
 と、中国の吸血妖怪・夜叉との対決。仕掛けたのはねずみ男。どうやら相打ち。
見届けてるのも彼らしい。

一方。鬼太郎。操られて、食堂でアルバイト?しています。お父ちゃんの力で
無事、助かりますが。

それよりも、水木さん(鬼太郎育ての親)。人間界に帰れるみたいです。
しかし、お母さん居ないのに、大丈夫でしょうか?

相変わらず、鬼太郎の『人でないぶり』は素晴らしいです。あくまで
「自分達のため」に動いてるところが。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙戦艦ヤマト#14.

ガミラス関係一切出番なし、という、珍しい回ですが、実は芦田作監・安彦絵コンテ回
でもあります。なので、絵綺麗だし、芝居が細かい。

ストーリーは公式より。要するに、宇宙気流?が荒れてるせいで、足止め喰らってしまい、
航海予定が大幅に遅れている。航海長である島は『慎重に』だが、戦闘班々長である古代は
『中央突破』っぽい主張で双方対立。果たして?

な感じですが、古代、ガミラスと一戦交える代わりに、旧知の仲である島と『友情の殴り合い』をやりました、というのが正直なところ。

待機中の艦内。古代と島が将棋指していて、どうやら島が優勢。どうやっても勝てない、と
分かった古代。某一徹父ちゃんのごとく、将棋台ひっくり返し。(主人公がやっていいのか?)
その後、お約束の取っ組み合い。タイミングよく、会議召集。
「つまんねーな。これからだったのに。」いや、こっちもそう思いましたw。

「『海峡』が有るはず。そこを通ればいけるので、分かるまで待つ。」な島の意見を、沖田艦長採用。よって、面白くない古代、コスモタイガー?Bタイガー?で、加藤が止めるのも聞かず、
一人『偵察』へ。しかし、激しい『嵐』に、速攻帰還。当然、艦長から大目玉。

罰として、『艦内の掃除』。付き合わされた加藤、ご愁傷さまでした。しかし、先客非常に
多しw。しかし、すっげーやんちゃ坊主だ、古代;。こんなトラブルメーカーでいいのか?
と言った具合。

一方、雪さん。生活班班長として、艦長に
「乗員の精神衛生のため&行事」のために、「餅つき」を提案するも、「備蓄不足」を理由に
却下されますが、お仕事してます。

そんな中、機関室。徳川さんが、機材磨いてます。部下の藪、そんな上司に、
「引き返して、移住できる星探したほうがいいのでは?今ならまだ間に合うだろうし。
艦長に伝えてくださいませんか?」と提言。いや、この人、静かに伏線となってます。
「本当に、見ず知らずの異星人のお誘いなんか、本気にしてる?」という立場の人が
要る、というのは、ある意味健全なのですが。
とりあえず、それには無言で答える機関長。「そんなことはない」と断言できないところが。

睡眠時間帯。
島は「海峡」があるかどうか、悩んでます。たまたま雪さん、居合わせて、彼を励ましたり。
その間、古代は。両親が亡くなる悪夢を見てます。何故空調が効いてる筈の艦内で
「とっくりセーター」着てるのかは謎ですが、恐らくエネルギー節約のためのエコに取り組んで
いたのかもw。

艦長から古代へ、偵察命令。出動する古代を見守る真田さんがいいですw。

「海峡」が有ったらしく、そこを通過することに。で、古代と島、「友情の殴り合い」再び。
「俺は、どうしても殴りたい奴がいる。」
「俺も、どーしても海峡に沈めたい奴が、一人いる。」
ということで。
人気のないところで、思いっきり遣り合ってたところに、お約束の雪さん。
「二人とも、何やってるの。こんな大事なときに!」

…雪さん。こういうときは、気の済むまで殴らせておけばいいんです。これも大事な
「コミュニケーション」なので。「殴っても後腐れない相手」がいることの確認作業は
大事なのに。(おい)物陰からそっと見守るのが女子の正しいあり方《ry》。

で、海峡越え。舵取り、目一杯。どうやら手動。島一人では手に負えそうもないので、
古代が助けてます。いや、友情。
そんなこんなで、やっと局面乗り切りました。ほっとして、わずじゃれ合う古代と島
それを影から「そっと」見守る雪さんw。

「いいわね、男同士って。」
…やっと気付かれました。万歳。そうなんです。

艦長も、一息ついたのか、雪さんに、「餅つきの準備」の指示を出します。
「正月を祝おう!」本放送時、たしかに「松の内」でした。

今こうやって見てみると、キャラの表情が細かいです。どうしても雪さんがテンプレ演技
になってるのは仕方ないですが。
この後、どうしても古代との対比で、「優等生」描写になる島ですが、こういった
「歳相応の」リアクションが見られるのは、嬉しいかも。

追記。やんちゃで馬鹿をやる古代を見守る真田さん。親友の弟だから、ということもあるかも
知れませんが、つくづく古代、という青年は、周りの大人に大事にされているな、と思います。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正しい王子の作り方#3.

修理之介のターン・前編?

「素直で言うこと聞きそうだったから(=言いなりになりそうだったから)
 プロデューサーに選んだ」春香さん。それでは、プロデュースではないのでは?
普通なら、『えらそーに言ってんじゃねーよ』とビンタの一発も喰らいそうな
一言ですが、春香さん、尽くしてます。
「私が居ないと、ダメなの、この人」のサンプルです。当然、周りからは、
「それ、おかしくない?」とダメだしされてます。でも、
「大丈夫、大丈夫。」とポジティブ・シンキングです。

で、修理之介。果てしなく、凛@美味學院と被ります。恐らく、「ええとこのボン」
設定のせいかと思われますが。つか、今回のトラブルの大本である、
「白い靴に泥が被ってしまった。きったねーの。何かで綺麗にしないと。
この僕の綺麗な靴に泥なんて。」そういえば、凛も潔癖症だったなあ。
「美を極める!」設定では有りましたが。

ではありますが。いくら潔癖症な凛でも、
・女の子の膝の上に泥だらけの靴履いた足乗せて、
・ 〃  制服のリボンをむしり取って、
・それで靴の泥を拭く。

という外道な行為はやらない、と思います。というか、
先に泥をある程度「払って」おかないと、逆効果ではないかと。

で、この修理之介という人、このあたり「欠けてる」らしい。
「そこに、《靴の泥ぬぐうのに》丁度いい布があったから
使っただけだけど?」と天然極まりない返事。
《このときの表情が秀逸。計り知れなさが漂ってきます。》

要するに、「人」を「人」と認知してない、ということに。しかも、
そのリボンは、春香さんが気合入れまくった特別品だったようですし。

さて、「焼き芋大会」で、周りの人たち《男子含む》を思いっきり引かせた
修理之介君ですが、どのように『撒いた種を刈り取る』のか?
それが次週のようです。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤッターマン#2.

あれほど物議をかもしたOP。いきなりアバン。それにしては
長いな、と思っていたら。放送開始開始8分くらいでOPスタート。
《前回と同じです。》

なぜか昼間のローカルFMにて、DJのお姉さんが、いきなりこの作品の
話題をふってました。
「子供の頃に人気だったのが、復活して」というつながりだったと思うの
ですが、
「OP,渋くていいですよね。」というコメントがw。これもいわゆる
「マスコミによる情報操作」かな?と思いつつ。

曲としては、結構好きです。

で、もう一つの議論の焦点。「ガンちゃんの性格がへたれ」ですが、

『正義の熱血少年』が主人公のお約束であった70年代とは違い、
『普段はへたれだけど、やるときはやる』性格sでいいのでは?
と思ったり。

話の展開としては、普通に見て面白いし、何よりも。
現役の園児が喜んでみている
ということで、いいのではないかと思ったり。

キャラデザイン的には、ガンちゃん、いざというときは男前に
カッコいいし、アイちゃんも、可愛くて色っぽいし。

3悪人さんたちは、今のところ頑張っておられます。

今回は、大阪のたこ焼きにちなんだお話。
「ドクロリングが、たこ焼きの中にある」ということでやってましたが、
今回は、リング取られました。でも、お仕置き、というのは不条理(おい)。

「たこ焼きの大食い競争」で、俄然頑張るがんちゃん。塚、もっと違った
方向に「漢前してほしい」かな、とは思いました。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (4)

キューティーハニーTHE LIVE#15.

ハニー「システム」暴走!です。最終には豹爪3幹部連合の元におちてしまう、
のですが。そこまでの過程が今回の話です。

色々伏線回収&新たな伏線発生、でもありました。

・ユキの実父は、如月博士、らしい。
・3ハニーの体に、近いうちに「劇的な変化」が訪れる。
・以前、赤ハニーは「暴走」したことがあるらしい。
《しかも、それも想定の範囲内?対処アイテム有。》
・早見は、ハニーについて、なにか「託されている」模様。
・ミキの過去。(元彼、初お目見え)

とにかく、某零号機のごとく『暴走』したハニー。「過剰なエネルギー放射」
ということで、容姿も変わってます。髪が赤、ではなく、逆立った金髪。いかにも
「悪の女王様」メイクだったりしますが、こっちのほうがヴィジュアル的には
イケてるような。

それを抑えるため、あるいは捕獲するため、早見、ミキ、豹爪3幹部が動く。
ユキは、たまたま今回は参加してません。たまたまミキがフラッシュするのを
見てしまったため。

お義父さま。『お実父様の娘』は、私だけではないのですか?」養父に尋ねる
ユキ。

一方。ミキは青ハニーに変身して、暴走ハニー=金ハニーを追跡。しかし、金ハニー、
無敵!青、足元にも及ばず。

そこへ。中条・デューク・田中のおばちゃんwのチーム豹爪、登場。金に襲い掛かる
豹爪下っ端さんたち。しかし、一気になぎ倒されます。

中条・デューク、「戦闘形態」で立ち向かいますが、以下同じ。それどころか、デューク。
つま先の仕込み刀、今度は金の発する高熱で、刃炙られてます。引き抜かれるだけでなく、周辺の組織が《gkbr》。
田中のおばちゃんも、海産物爆弾や冷凍太刀魚ソード(おい)で応戦しますが、これもまた。

『今はとにかく、ハニーを押さえるんだ。』ミキの提案、3幹部も一応のむことに。
暴走抑制装置=ヘッドギア、「私が、やる。」これもミキ。漢前だ。

個々で立ち向かっても、かなわない。それならば、一気に搦め手、というのは、こういうときの
お約束。ということで、3幹部、一斉に金ハニーに攻撃!

中条とデュークの攻撃を両手で受け止めた金ハニー。おばちゃんからは威嚇されてます。その隙をついて、ミキ、ヘッドギア装着成功!

暴走鎮静。元にもどるハニーですが、そうなると、多勢に無勢。早見、ミキの奮闘むなしく、ハニー、チーム豹爪の手に。

意識のないハニーを前に、3幹部、勝利を確信…?

とにかく、皆さんアクションが凄い。久しぶりに中条戦闘形態見れました。デューク、
最近デフレ激しすぎ。金と青のWハニー、これだけガチだったのは、初めてかと。
田中のおばちゃんは、超越してるし;亭主(喜多川さんだ!)や息子との距離の置き方が
いい感じなのですが。

早見に見せ場がなかったのが。今後怒涛の展開らしいので、また何かあるのを期待して。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

チョコミミ#16.

「がんばれタケちゃん!」「オトメとホロスコープ」

どちらもミミちゃんメイン回。
ミミちゃんの天然っぷりが遺憾なく発揮されてます。
実際、リアルでいたら、なかなか大変なことも多いと
おもわれるので、チョコちゃんはかなりすごい、ということに。

でも、結構空気読めるみたいだし、気は優しいし。でないと、
周りにいい友達は集まらない訳で。

「がんばれタケちゃん!」
ハルナ先生、再登場。ミミたちの担任であるタケちゃん。ミミたちの成績が
上がらないので、ハルナ先生にとがめられてます。

タケちゃんが悪い訳ではないです。ミミが天然過ぎるだけ。しかし、いいところも
一杯有るんだよ、思ってたら。
ピンクのウィッグを着けて登校するミミ。学校には、そういうものはしないほうが。
《汗》。

「オトメとホロスコープ」
女子は占い好き。で、血液型別性格は、もはやたいした意味はない、というのが
世間の常識ですが、ミミちゃんは。

同じように、星座占いも言われてますが、それでも、
「星座って、自分の好きなの選んじゃいけないの?」彼女は、

『乙女座で、卯年生まれが良い』んだそうです。誰でも好きなの選べたら、それに
越したことはないのですが。
ミミちゃん、人の行為を無駄にしてはいけないような。せめてチョコちゃんの話は
聞いてあげよう。

さりげなく登場のハルナ先生。何気にプロポーションいいです。今回は、
ミミちゃんから授業中没収した雑誌見て、「ラッキーアイテム」見つけ出し
たものの、あまりあてにはならなかった、という役回りでした。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しゅごキャラ!#15.

 前回の続きです。とりあえず、鈴木君、GJ。

小学生スノーボーダー・美冬ちゃんの生まれたばかりのしゅごキャラ
「スノッペ」が、二階堂先生に誘拐されてしまった。先生、実は
パンサークローイースター社」にも籍置いてる人で、「エンブリオ」
探しで、あむちゃんたちを監視中。「スノッペ」は「×キャラ」化してしまったし。
さて、どうなる?

というところから。何故鈴木君に×たまが見えたのか?
いちど×たまを出した人は、見えるのよ。」@ランかスウかミキ?
という補正のもと、さりげなくお手柄な彼。ついでに、パソコンケーブル
引っこ抜いて、二階堂先生にこれ以上の「お仕事」を断念させたのも、
もう一つ大手柄。

しかし、二階堂先生。転んでもただでは起きません。このあたり、見習わないと。
漠然とエンブリオ探してるより、×たま集めて『負』のエネルギー集めて
エンブリオ作り出したほうが効率よいのでは?、ということに気付きます。
もったいない精神はいいのですが、さて、方向が問題かも。

その結果、×たま化したスノッペ、一同発見。しかし、×たまです。
唯世と空海、気力を抜かれています。
「あの雪だるまに当たったら、気力吸い取られてしまう!」
×たま、「黒雪だるま」を出して、相手の「やる気」を吸い取ってしまいます。恐いぞ。

恐いものには恐いもので。(おい)
なでしこさん、てまりとキャラチェンジし、なぎなた振り回して応戦。黒雪だるまを
散らします。その隙に、あむちゃん、キャラなり!寒いけど、身体能力勝負の
「アミュレットハート」でバトルします!。

で、無事、「スノッペ」を元に戻したあむちゃん。今度は、スノッペを美冬ちゃんに返さないと。
そのあたり、何とか無事済まし、美冬ちゃん、無事試合に出ることできました。

「来年もね」約束するみなさん。
で、最後のサービス。山吹女史の『オンステージ』w。

ライバルさんが最終回近い一方で、こちらは次回以降の伏線張り&販促営業でした。
でも、これも大事。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (7)

Yes!プリキュア5#48.

今回は、いろんな意味で神回でした。過去回でふられた伏線を一気に
回収した、というか、ここまで持っていくためにこらえていた、というか。

とりあえず。
女子の井戸端会議は最強。(おい)

前回、どさくさにまぎれて、かれんに言えなかった、りんの「将来の夢のこと」。
「絶望」に捕らえられて、動けない。今のうちに、話しておこうかな、思い出したし。
と、りんが考えたかどうかは分かりませんが、それをきっかけとして「堰をきったように
「夢」を語りだした女子達

「絶望」?何それ?美味しい?今、忙しいの。私達、これからやりたいこと一杯有るんだから。やること一杯有るんだから。人のおこぼれ横取りする暇なんてないの、あんた達と違って。

カワリーノさん、策士だけど、唯一見落としていたところ。
5人を一緒にしてはいけなかった。一緒にいれば、彼女達は「無敵」だというのに。
以前、個々を奇襲して成功していたのに。油断ですね。デスパライアさんも、無事
「願いをかなえて」しまいましたから。

ココとナッツ。守られてばかりの「お荷物」ではありませんでした。「王子」の
面目躍如。(でも、中の人の声帯は大変だったと。;)

「国民の皆が居れば、ドリームコレットは要らない」
「民」が居れば、そこが「国」となる。「民なき国」は道化でしかない。

本当に、「コレット」は要らなかったのか?という話ですが、《スポンサー的には
別として;》必要だった、と思います。

「コレット」を発動させるには、「ピンキー」を集めなければいけない。その過程で、
得るものも沢山あるだろうし、何が一番大切かも見えてくるだろうし。
身についた経験。それが一番の宝物ではないかと。コレットは奪われますが、こっちは
誰にも奪うことは出来ませんから。

コレットはなくても、望みををかなえようとする」プリキュアさん&ココナツと、
奪ったコレット使うしか、望み叶える手段がない」デスパライアさん。
このあたりで、既にカワリーノさんの敗北決定だったような。

敵役の切り札として「巨大化」というのは大昔からの「お約束」だったりするのですが、
今回も例に漏れず。力でごり押し狙いなんでしょうが、「希望の道を見出した」プリキュア5
さんたちの前には《ry》。仮面が外れたパルミエ王国の皆さんの『想い』の後押しもあり、
同じく仮面が外れたミルクも戦線参加。月光蝶パワーアップバージョンで体当たり。

(このあたりのシークエンスは、往年のロボアニメと流れが似てるところがすごい;
 強大な敵→飛行形態合体・変形→体当たり・大破→勝利!なところが。)

そして。「任務失敗」した部下・カワリーノさんを冷たく見下ろすデスパライアさん。
「次は、私が相手するわ…。」
労せずに「不老不死」を手に入れた彼女。その先を見出せない彼女は、果たしてプリキュア
さんたちの敵なのかどうか、といったところです。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (9)

今日の仮面ライダー電王(最終回).

カイの正体は?その本当の目的は?「未来の特異点」とは?
過去に残ったキンとウラは?カード残り少ない侑人はどうなる?
(駅長vsオーナーのチャーハン対決は如何なるものか;)
果たして未来はどうなるのか?

などの数々の「課題」をもってまわって来た「電王」ですが、
綺麗にまとまった「お開き」だったと思います。

タロスチームは、誰も欠けることなく。桜井さん本人は
「最後のゼロノスカード」とともに消滅しましたが、近い未来に
「過去から存在する侑人」と再会できることを信じる愛理さん。

「未来の特異点」=侑人と愛理さんの子供=ハナさん、であること。
(しかし、良太郎はいつこの事実に気付いたのだろうか?)

結局、カイの正体と、「何故、時間を壊そうとしたのか?」は最後まで
分からずじまいでしたが。
(30分前の戦隊のラスボスのごとく、不老不死のごとく長生きなので、
退屈なのでつい、だったらどうしよう、なのですが。)

最後まで良太郎の相棒だったのは、やはりモモタロス。伊達に最初からの
パートナーだった訳ではないですね。

良  「望みを言うよ」
モモ 「言っとくが、できねえ望みは聞かねえぞ」
良  「僕と…最期まで一緒に戦ってくれる?」

モモ 「お前の望み、聞いたぜ」

このあたりのやり取りが、本当に最高でした。役者と声優の演技がこれほど
相乗効果をもたらすとは。で、「最後まで」の解釈を、
「カイを倒すまで」ではなく、恐らくは「僕の人生の最後まで」とモモは
絶対、今人スペックで脳内補完したに違いない…と見ました;。

話の展開もさることながら、場面の見せ方も凝る、凝る。
↑という、二人の「濃密な」やり取りの最中、とってもKYな土竜今人;速攻、
モモに〆られていたのが。

リュウタは一応、「デンライナー組」では「お子様」でしたので、「恐くて」
隠れていたらしい。でも、ビルからカイと二人で落ちてきた良太郎を助けたのは、
本当にGJ。リュウタ、成長しました。

その後、怒涛の展開。今人達、総攻撃。「一度使ったスーツは、即リユース」されやすい
ライダー現場ですが、今回は結構沢山「お取り置き」されてたらしい。電王、ゼロノス、
苦戦しているさなかに、キン、ウラ、過去から帰還!ナオミちゃん。大金星。
どこかの過去に居るはずのジークまで。
「ついでに連れてきちゃいました~。」って;いや、味方は一人でも多いほうが;
ここからが大サービス!
タロス今人態で暴れるは、「電王」は次々とフォーム変えていくは、最後は
「ゴレンジャーハリケーン」よろしくパワーチャージした上での、
「電王・ソードフォーム・俺の必殺技・ファイナルバージョン!」
何というか、
「タロスと電王で、こういう連携アクションが見たい!」というのを見せてくれた、というか。

しかしカイ、気になることを消える間際に。「今人は、皆消える…」

ゼロライナーに戻った侑人。手紙と一緒に食事の準備。椎茸の炊き込みご飯。
「椎茸食べてね。」デネブの手紙です。最後まで、侑人の椎茸嫌いを心配していた
デネブ。本当に、オカンだ。(涙)泣きながら、椎茸入りご飯をかきこむ侑人。

良太郎。「何も言えなかった」別れを悔やむ。

そんな様子を、影から除くモモタロス。

「やっべぇな、タイミング逃した。困った…」なぜか、急こしらえのフリップ持ってます。
というか、全員集合してるではないの?やっぱりKYなジーク、なぜかキンに止められてます。
キン以上にあれなのか?>王子。結局、良太郎に見つかってますが。

デネブ。零ライナーのドアから覗いてます。

「侑斗、椎茸ちゃんと食べた?」
「デネブ、お前…ぅ!!椎茸入れんな!!」
「侑斗、ただいま」…侑人、涙。どこまでも「椎茸」なところが、らしい、というか。

「彼らが共に過ごした時間と記憶が、彼らを存在させる」モモタロスらが消えなかった理由。
オーナーいわく。なるほど、そういうことだったんですね。
「記憶が、時間を作る。」

そして、日常。尾崎と三浦が相変わらず。そして、未来へ向かう零ライナー組を見送る良太郎。
その後、すぐ脇を通り過ぎるデンライナーも。モモだけがさよならを言わない。が。
最後の最後に、手を振った。
「また会おう、未来で。」

良太郎の表情が明るいのが、総てを物語ってました。「野上良太郎」の成長を見届けられたこと、
とても嬉しいです。「未来を信じることが、道になる」というテーマの作品らしく。

スタッフ、関係者の皆さん、本当にありがとう。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (18)

今日のゲキレンジャー#46.

 「それ全部、私のせいですから。」
ロンが、ラスボスなのは感じてましたが、大風呂敷畳む役
押し付けられたような感じなのは、気のせいでしょうか?

そういえば、某種運命のラストも、こちらでは蝙蝠師匠な「議長」が、
総て「私のせい」ということで話〆てましたっけ。

で、「メレお嬢様」と腰の低かった、メレの双幻士・ヒソが、実はロンに
忠実なしもべで。やっと出番が来たと思ったら、あっけなくやられて巨大化して
速攻退場。ツインテール?が可愛かったので、少々惜しい気がしましたが。

で、理央が何故、赤との「宿命の対決」が終わっても「真の破壊王」にならなかったのか?
というか、何に「執着」して、そうならなかったのか。

「強いものなら他にもいたのに、理央様は私を選んでくださった。」@メレさん。
彼女がロンにとどめ差されようとしたその時、体張ってかばったのは、理央。

そういうことですね。いや、有るべき姿のヒーローとヒロインです、本当に。つか、
理央が「そういう奴」で本当に良かった。これだけは収穫。

で、カクシターズさんたち。はっきり言って空気です。何とか赤が「過去の記憶」絡みで
存在感アピールしましたが、その他は《ry》。

メレさん、ロンに捕まって攫われましたし。「捕らわれのヒロイン」だなんて、なんて
王道。(おい)助けに向かう「騎士な」理央。これも王道のヒーロー。

カクシタロボ達、総動員でありながらも、「そんなのいたっけ?」状態なのは、仕方ないこと
かもしれません。

後は、理央とメレの行く末が気になります。せめて、これだけは、「王道で」〆て欲しいです。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (12)

機動戦士ガンダム00#15.

ユニオン・AEU・人革連の共同戦線による、「ガンダム鹵獲作戦」、実行される。
ソレスタル・ビーイング有する所のガンダム×4機、応戦するも、その圧倒的
物量の差に圧倒され、いよいよか?と誰もが思ったその時。
「光り輝く紅の翼を持つ」ガンダムが、姿表す。

―なんですが。本編入る前に。
学生の分際で12万もするようなペアリング(しかもマリッジ仕様)を
同じく学生であるBFにねだるよーな奴は、とっとと《ry》。」沙慈姉は
世界を相手に日々戦っているというのに。これがネタならともかく、
どうやらマジおねだりしているのが、まるでバブル時代の勘違い女よろしく
気分悪い。「表向き平和を享受している一般人」の具現なのでしょうが、
行き過ぎて、制作側の思惑より乖離しているような。

4機のガンダムの「お相手」、やはり思ったとおり、の展開でした。

アレルヤには、ソーマ《人革連》搭乗する「ティエレン・タオツー」。
ティエリアには、AEUのコーラサワー。確か、例の女性上司に
「お前を男にしてやる」といわれていたような?で、バーチェを鹵獲出来たの
なら、それはそれで。

ロックオンには、グラハム率いるオーバーフラッグス隊。前回、何か因縁吹っかけて
来た「部下」は、速攻ロックオンに撃墜。《お約束》。

「抱きしめたいな、ガンダム!!まさに眠り姫だ」

来た来たキターーーーーーーーーーーーーー!ありがとう、グラハム。
ルーティンワーク、ご苦労様です。みんなの期待を裏切らないところが、
プロ、というか大人、というか。

刹那には、やはり、アリー・サーシェス。それにしても、MAアグリッサの
「プラズマ・フィールド」。「機体」に傷をつけず、「中の操縦者」のみ
消滅させる、という。「中性子爆弾」を連想させます。いや、本当に
恐いシステムです。

それぞれマイスター達の命の灯火が、消えかけていく。今まで、最強無敵を
誇っていたガンダムだけに、なおのことその重大さが分かるような。

ただ。かの「紅に輝く翼」の機体を見た刹那。
「ガン…ダア…ムウーーーーーーーー!」の叫びは悲痛でした。
「自分は、神になれなかった」からなのか、再び「神を見た」からなのか。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (33)

Rhプラス #3.

前回登場の女子高生=亜美さんは、どうやら「公認」キャラになったようです。
誠に「ダメ人間」といわれてますが、どうやら「吸血鬼」にはなってない模様。

で、鈴邑零…もとい此衣遥登場。ヒールかと思いきや、「大学生で、吸血鬼」だそう。
政和と合コンキングを争ったことから、月長館に出入りするようになる、ということで、
今回は、その紹介編、といったところ。せっかくのメインを取られた政和。今後の立ち位置
が見えた、とか?

この作品世界、どうやら「吸血鬼」が水面下で活動している設定みたいです。で、血を吸われた人間は、「鬼化」してしまう、らしい。ということで。

政和君、いつもの相棒と「合コン」セッティング。お気に入りの女の子を「お持ち帰り」
(どこへだ?)する目星までつけてたのに、「遅れてきた」遥に総て持ってかれるし;

「最初に言っておく。僕は、美味しいところをもっていく星の下に生まれてるから。」
さりげなく《ry》。その通り、「女の子のハートをがっつり鷲掴み」していますw。

合コン現場に、たまたま居合わせてる「鬼化」した久津ケンお兄さん。この人が、
キレて、大暴れ。ふてくされて酔いつぶれていた政和、「自分吸血鬼だし、恐くねーや」
と思ってたら、腹切られてしまいます。

「こんなところで、傷治すなよ。ばれるだろ。」遥。此処で「お仲間」と判明。
「皆を外へ。」でお人払い。さて、遥。どんなアクション見せてくれるんだろーか?
二刀流とか、長刀とか?(わくわく)

と、思ってたら。

護身術でした。(と言っても、場数踏んでる感が感じられるのは、さすが。)

で、後を政和に譲って、後は見守り。

政和、なぜか酔拳。無事しとめて、銀環はめようとしたところ、いきなり気絶。
傷が治らなかったのか?と思ったら。
「気持ち悪い」…悪酔いしただけでした;;。

で、その後、「血だらけの」政和を担いで、月長館へと運んで来てくれたらしい。
>遥。その「お礼」として、きよいさん、朝食をご馳走してくれたそうな。

「美味しい朝ごはんですね。自分いつも一人だから。」
「じゃあ、いつでも食べに来たらいい…訳ないだろ!」つっこむ政和でしたが、
きよいさんにたしなめられ。

どうやら、「常連」がまた増えたみたいですw。

いつか遥さんは、その「前世」を垣間見せてくれることがあるでしょうか?それを
楽しみにしつつ。(おいおい)

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝ゴールドシングル!Climax Jump DEN-LINER form

http://www.riaj.or.jp/data/others/gold/200712.html

本当に、おめでとうございます!。

発売一ヶ月くらいしか経ってないですが、この数字は凄い。
声優さんも、スーツアクターさんも、どちらかというと
「縁の下の力持ち」的なポジションであることが多いので、
この方々にスポットが当たる、というのはとても嬉しいです。

自分もウラバージョン買った口ですから、なおのこと。

できれば、某れいでぃーん関係ではなく、このユニットが
紅白出場しても十分いけてたのでは?と思いますが、それは
大人の事情、ということで。

他のアーティストさんだったら、たとえ自分がそのCD買ってたとして。
それなりに嬉しいですが、今回だけは
「この実績に貢献できた」という達成感があったりして。(おい)

恐らく、アニメではなく、「特撮」というジャンルだからこそそう
思えるのだとは思いますが。

本当に。
関係者の皆様方、おめでとうございました。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狼と香辛料 #2.

ストーリーは公式より。どうやら二人?旅は波乱万丈になるのでしょうか。
(ならないほうがおかしい。片方は狼の化身なのだから。)

ホロの今のところの外見が「狼耳・尻尾つきの少女」なものですから、つい
誤解してしまいますが、中身は性別不詳?の人外。なので、人からすれば
思いも拠らない言動があっても、むしろそれが当然らしい。

雨にずぶぬれになって、二人で同じ部屋で着替えるところとか。いくら
分かっていても、「見た目は少女」がマッパになれば、意識しないほうが
おかしいのが♂の性。しかし、肝心の?ホロは一向に気に留めないところが。
個人的には、服着てないときのホロ・後姿の、背中から尻尾へのラインが
綺麗だと思います。

ロレンスと「夫婦」のお芝居をしたとき。
「(顔を隠してるのは)やけどしたから:と言い訳するロレンスを尻目に、
「わっちなら、こういう顔だと言い切る」と断言するホロ。すがすがしい。

「お腹すいた」とばかりにふかしたジャガイモのチーズ入り?をかじって、
いきなり喉を詰まらせたとき、
「前にも、ジャガイモで喉を詰まらせたことがある。人間の喉は細すぎる。」
と水で流し込むホロ。それにしても、教会でのお祈りの言葉が
「だんなさまの●が、大きくなります様に。」というのも、なかなかのしゃれかと。

旅先で、新しい儲話が出たとき。
話を持ちかけてきた青年を「子供」と呼び、「嘘」と見抜くホロ。さすが。
以前、狼の群れが人の群れを襲ったらしい。このあたり、あまり雄弁ではないです。
>ホロ。何かあるかも。

とにかく、ホロがかわいいです。口調も込みで。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (4)

墓場鬼太郎#1.

「墓場鬼太郎」といえば、昔「行きつけのお医者さん」の待合で読んだ、
とても恐い話、というのが最初の印象。

「いかにして目玉おやじはかくもああなったのか」のシーンが、とてもグロで
当時トラウマになった覚えが。

今回は、「本来の鬼太郎」を目指したそうですが、そのあたり、成功してると
思います。

まず、主題歌の電気グルーヴ。シュールな世界観が、「鬼太郎」ワールドにマッチ。
全体を通して、水彩画の紙芝居風の演出も、良くあってるな、と思います。

何よりも。
鬼太郎が「幽霊族」最後の生き残りで、何も「人間の味方」ではない、というところ。
「人間は、行っちゃ行けない所だって言ったのに。」
「お前は悪くない。人間の好奇心が悪いのだ。」

取り付く島ないです。その通りだし。

最近の「鬼太郎」が、いかにお洒落になったかは、今回の鬼太郎見ればおお分かり。
しかし、あの「不気味な」タッチ、良くぞ残してくれました、と思いました。

鬼太郎の中の人。野沢さんです。初期の彼の声はこの人。やっぱり、野沢さんが
一番いいかな、と思いました。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙戦艦ヤマト#13.

「ガミラス人の捕虜捕縛」というエピソードから、古代の過去話。
もう一つ。「ガミラスの名将・ドメル将軍」初登場です。この人と
並ぶと、かのデスラー総統が、軟弱男に見えてしまいます。(おい)

今回からブラックタイガー隊隊長・加藤三郎の中の人が神谷明御大に。
古代の中の人=故・富山敬氏と、今は貴重なやりとりが。

中の人が決まったせいか、会話が結構長いです。
(ガミラス捕虜を、二人で捕縛・拘束して帰って来るので)

しかし。ヤマト・クルーは、「ガミラス人」を見たことがなかった、というのが。
少なくとも古代は、冥王星か火星かの戦闘で見かけてる様な気もしますが、

おそらく覚えていない、ということで。

それにしても、このガミラス兵、今で言うところの「オトメン」ぽいです。
「イケメン」ではなく。「いかにも憎憎しげな異星人」面でなかったのが、
なおのこと癪にさわった、ということで、古代、いきなり度を失い、
手近にあったメスで、かの兵士にいきなり切りかかる、という暴挙に。

ガミラス兵にとっては、既に捕縛された時点で「死を覚悟」してるとは思われますが、
それでも、いきなり襲われるのは恐怖ではないかと。

いかなる理由にせよ、無抵抗の捕虜を傷つけることは、厳罰に値することくらい分かっているはずなのですが、それをしてもなお、古代を「激情のままに」動かしたのは一体なんだったのか。
(まあ、いつでも彼の行動原理はそれなのですが)

ということで、「古代進」の過去話。
中2位の頃のエピソード。久々の休暇で帰ってきた、当時既に宇宙訓練学校に入っていた兄・守。
周りの大人たちが、守兄ばかり「ちやほやする」のに嫉妬した弟。
(本当は、遊星爆弾の情報なんかが欲しかったので、それを聞き出したい、というのも大いにあったのですが、まだ大人の事情など分からない子供だった彼は、そこまで分からなかったらしい)

自室に篭って、「宝物の」昆虫標本を眺める弟。「兄と違って」平和主義で優しい子、だったそうですが。>弟。
お母さんが、とてもいい人です。

「貴方はいつでもお父さんやお母さんと一緒だけど、兄さんは、いつも一人で厳しい訓練を
受けているの。だから、帰ってきたときくらい、お父さんやお母さんを分けてあげて。」

その後、「お前も訓練学校に来い」と守兄に声をかけられ、入学する運びに。

入学手続きを終えて、自宅に帰る途中。
バス停で、息子の帰りを待つ古代夫妻。そこへ。

遊星爆弾、直撃。そこに有ったものすべて、跡形もなく。

一方、「横浜駅」周辺。爆撃により、電車、脱線。阿鼻叫喚の中、負傷しながらも歩いて
帰宅した進。バス停だった廃墟。そこには、「母さんの着ていた服の切れ端」が。
《ちなみに、彼の実家は三浦半島だったそうなので、どれだけ歩いたのかと。》

ガミラスの爆撃で、父さん母さんが死んでしまった。

周りに諭されて、平常心を取り戻した古代。その後、色々と「調査」したものの、肝心の
「ガミラス軍」については何も分からず。下っ端の下っ端では、当然ですが。

沖田艦長の指示で、ガミラス兵士を解放することに。
「ヤマトの食糧事情を考えると、これ以上余剰人員をおいておく訳にはいかない」

なわりには、当座の食料を持たせてやるように指示した艦長。ガミラス人の彼に、
果たして地球の食料が口にあったのか?まあ、毒ではなかったらしいので。

この兵士くんですが、ヤマトに捕まったとして、果たしてガミラスに帰還できたのか?
かの組織の下では、どうも難しそうなのですが。そう考えると、果たして親切だったのか
どうか、《ry》。

話の展開上、仕方ないとはいえ、やはり「現在」では、このコンテンツは地上波は無理かも、と思いました。(列車脱線事故のくだりです。やはり要配慮、な演出に思われましたので。)

だれでも、このような経緯があれば、敵として憎みます。いまのところ、古代を動かしているのはこの過去に由来するのですが、果たして、今後はどうなるのか、といったところです。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正しい王子の作り方#2.

前回が、レギュラー顔見世編だとすると、今回は話のベクトル表示編。
「王子プロデュース」ということで、それぞれ各男子一人に女子一人担当することに。

10人居る男子(こんだけいるのか)のうち、5人は順調。(ということで、今後展開上
サブ周り?)後5人が難航中。(つまり、このあたりで話進みますよ、おk?)しかし、
修理之介周りは「台風の目」になりそう。ということらしい。

1クールのドラマで、群集モノを扱う場合、例えば10人くらい登場人物がいたとしても
話のメインはせいぜい5~6人くらい。いい例が夏やってた「女子アナ一直線!」。これも、
まったくそのセオリーどおりの展開でした。

誰がメインで、誰が「空気化」するのか?第2話にして、篩かかった、ということらしいです。
見るほうにとっては親切かな、と思いつつ、でも、今後誰が飛び出して来るか分からないのも
また楽しみだったりします。

修理之介周辺。担当の品川春香ちゃんですが、一見茶髪のキャピキャピギャル(古)ですが、
結構いい子なのかも。(と、思わせる展開)しかし、凛@美味學院のときといい、中の人は
結構似たような属性のキャラを演じてるような?というか、ある日「凛」に変わっていたとしても、
話は同じように進んで行きそう。(おい)

辰哉は、彼なりに頑張っているようです。いかに周り=芙柚子ちゃんになじんで行くか?これも
また見ていく価値有。

しかし。「女子が男子をプロデュース。」逞しいです、本当に。こんなにパワフルで可愛いい
女子に囲まれる男子達は、幸せだなあ、と思ったり。

女子のほうは、皆メイン張りそうな逸材ばかりですから。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤッターマン#1.

まずは主題歌。誰が歌うかは知ってましたが、元の曲のアレンジだったとは。
少なくとも、元の作品が放送されたころ「あんたのバラード」とか「銃爪」だのを
スタンドマイク振り回してシャウトしていたお兄さんが、30年後にこれをリメイクして
歌うことになるとは、ちっとも思ってなかったはず。

一方、野村よっちゃんは、ジャニー●でバックダンサーやってた時代?いずれにせよ、
将来こちらも、これに関わることになるとは思ってなかったはず。

こればっかりもなんなので。

ガンちゃん、カッコいい。アイちゃん、かわいい。
ここの制作会社の作品の「ガッチャマン」もそうですが、
同じ髪型・同じコスチュームなのに、キャラのきちんと書き分けが出来ている。
特に男女。
あと、3悪人+ラスボスの中の人が、昔と一緒だったところ。やはり、台詞の端々に
お人よしがにじみ出るって役柄、やはり往年の方々ならでは。

ガンちゃんとあいちゃんが中坊、なのは相変わらずですが。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (6)

チョコミミ#15.

「コイウタ」「DJムム」
今回は、AパートもBパートもバンドからみ。
「コイウタ」
結局、ベースはチョコではなく、他の誰かに。アンドリュー、とりあえず、
手近にミカちんに持たせてみる。

やっぱり、タッパがあるから、ベースもった姿が結構様に。
「格好が様になる奴は、演奏上手いんや」@アンドリュー だそうです。
「ベースの神様」シド・ヴィシャスの話をしてみるのですが、ミカちんは
なにやら怪しい想像を(おい。そんなものかよ。仕方ないか。知らないそうですし。)

学校の帰り道。仁君の塾のお迎え?「傘持ってきて」ということで傘持って
お迎えに行く途中のチョコちゃんに会う、アンドリュー。

「この黄色い傘が欲しくて、20件お店回ったの。」「20件も?」
「この鮮やかな黄色って、なかなかないの。」
鮮やかな黄色い傘。「鮮やかに」輝くチョコちゃんの笑顔。

チョコちゃんと別れてから。
初めての「コイウタ」を歌ったそうです。アンドリュー。

「DJムム」
新キャラ第2弾。ムム姉、登場。
バンドでターンテーブル担当になったムム。ということで、「本物のクラブDJが見たい」
とクラブ通いの常連の姉ちゃんに頼み込み。

で、今回は初めてのクラブ。ムムだけでなく、いつものメンバーも当然一緒。
「子供のお守りなんて~。男の子にもてない~。」内心面白くないムム姉。

しかし。プロのDJさんにターンテーブル回させてもらったら。
ムム、結構やるやる。

思わず「のってる」ミミちゃん。女としての本能に火がつくムム姉。
「アーんな子供に、負けられないわ。」いつの間にか、ダンスバトル。

「また遊びにおいで。」ムム、DJさんに気に入られたようです。才能開花か?
結局。ムム姉とミミちゃん、いい勝負だったようですw。

次週。あまりバンド話は出てこないみたいです。

しかし。ココのメンバーは男女ともにレベル高いので、眼福です。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

キューティーハニーTHE LIVE#14.

いわゆる「総集編」というか、最近では「脳内劇場」とも言うそうですが、とりあえず、
そんな類。と思いきや、ネタ仕込み&後半戦への前哨戦、という、実に良く練られた回。

ホームレス「チーム源さん」の皆さん、酒盛り中。源さんは居ない代わりに、ゴンザさん
@冴島家執事が居る。(おい)鋼牙のサポートか何かで、ホラー情報でも集めているのか?
と思ってたら。

ハニーの話、始まる。(以下、脳内劇場)。ここで、ゴンザ、トイレへ。どこかと
連絡取っている。鋼牙へ?否、「豹爪」本部へ。持ち物に、例の「黒ラバーマスク」が。
「豹爪」工作員らしい。(冴島家執事さんとは違うようだ)

ゴンザ(仮名)、次にミキとユキの話を始める。当然、周りは誰も信用せず。(当然だ)
ゴンザ、逆切れ。
「こんな汚い格好してして、酒食らって、するめなんかかじってたくねーよ!
もっとまともな仕事廻しやがれ!」暴れだすゴンザ。早見、ハニー、酒だのつまみだの持って登場。

「俺は、中条さま付の運転手で、定年間近の豹爪工作員だ!」今度はカイザ付だったのか;(おいおい)
というか、「豹爪」という組織にも、定年があったのかと。(というか、定年まで勤められたのか;)

で、とりあえず、例のマスクを被る。ほんとーだ。ぱんさーくろーのおじちゃんだ。(おい)で、さらに暴れようと思ったら、お仕着せの武器(鍵状のサバイバルナイフ?マニア的には受けそうなデザイン)が、
「お道具一式袋」に入ってない。(あらら)。

そういえば、さっき、アレで葱切ってたっけ…。」ゴンザ、ここまできておさんどんw。やはり冴島家の(ry)。
「ハニーちゃん、大変だ!パンサークローだ!」「任せておいて!ハニーフラーッシュ!」

キューティーハニーに変身!さあ、バトルだ!
と、思ったら。ゴンザ、血を噴出し、卒倒。

「私、何もしてないけど?」うろたえるハニー。要するに、目の前で「フラッシュ」見たゴンザ、刺激が強すぎて(おいおいおいおい)鼻血を噴いてしまったのでした。(自爆、ということで。

~~~~ここまでが、総集編~~~~~~~~~~~~~~

騒ぎが落ち着いて。「今年の運勢」を「骨占い」してもらうハニー。
これから先、色々と辛いことや、苦しいことが続く、らしい。
(今後のネタバレ映像が次々と。なんかスクラップ同然のハニーが居るんですが;。)
「辛いことがあれば、その後はいいことしかないから、大丈夫よ」@ハニー。ということで、
乾杯!

追記。
ゴンザwの話の中で、ミキの「不具合」のことを改めて説明。彼女の「空中元素固定装置」は不完全で、フラッシュする際に、「周りのものをとりこんだ」り、「体内で入らないものを作り出したり」してしまうそうな。「取り込む」シーンが再現されてましたが、そこまで気付きませんでした。細かい。

そろそろ、シリアス展開、来ます。というか、来週の暴走ハニー、こっちのヘアスタイルのほうが格好いいんですが;これの赤バージョンでは不可なのでしょうか?

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (8)

しゅごキャラ!#14.

お正月です。晴れ着、晴れ着。日本の伝統。お正月、お年玉、初詣。
ラン・スウ・ミキの3人?のお願いは。
「今年もあむちゃんが、一杯『キャラなり』してくれますように。」

健気です。販促乙。しかし、それにもかかわらず、今回は、キャラなり
なしだったような。というか、次回に続く話?

ついこの間、雪山でスキー合宿したばかりだというのに、今回も。というよりは
今度は「スノボ教室。」で、現地で出あった、「天才少女」美冬ちゃんがメイン。

というか、彼女にも「しゅごキャラ」=スノッペがいた、という話。ですが、
学校の行事で生徒を引率してくるのですから、当然二階堂先生@イースター関係者も居る訳で。

それにしても、女子社員@イースター の人。端役かとばかり思ってたら、意外と重要な
役どころ。「御膳」の名を持ち出して、二階堂先生をたきつけます。で、「スノッペ」を
見かけた先生、『あること』を思いつきます。それは?

「スノッペ」と美冬さんがレギュラー化するのかどうかは分かりませんが、「夢砕き」の言葉を
吐いてるはずの二階堂先生、普通に聞いていれば、「社会人として当然」の言葉としても聞えるのでなかなか厄介です。

「スノッペ」を誘拐した先生。一体何をたくらんでるのか?そして、あむちゃんたち「ガーディアン」と「しゅごキャラ」たちは、すのっべを無事救出できるのか?

キャラなりせず、次回に続いてしまいました。(汗)せっかく、
沢山営業活動してね」と暗示かけられた、というのに。ライバルさんたちは
一応シリーズの〆時期なので、連続ストーリーは仕方ないにせよ、こっちはこれから
おもちゃ売らないといけないので、この隙にもっとアピールしてもよかったのでは?
と思いました。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (6)

Yes!プリキュア5#47.

はっきり言って、シリーズ恒例・最大のピンチ、の回です。

思わずネタかよ、とツッコミ入れてしまうくらい律儀に、のぞみたちの
「ドリームコレット、返してーーーーーー。」の呼びかけに応じてきた
カワリーノさん。狙いは、「プリキュアたちにとどめさす」以外の何者でも
ないのですが、そこは先の番組の青い亀と肩を並べる策士である彼のこと。

上手いこと言って「デスパライア」様と、その他大勢のナイトメア社の社員達が
見守る中での、コロシアムのごとき場所での「バトル」と相成りました。

しかし。カワリーノさん。
イケメンだ。でかいけど。(身長57メートルくらい?コン・バトラーVか;)
思いっきり、ここでも裏切られました。実は一時間前の番組に登場のヒロイン
敵幹部みたく、カメレオンな獣態を予想してましたので。何故もっと早くから
このイケメンモードで登場してくれなかったのか、と勝手な要求。

某実況スレで、カワリーノ本体をして、「プリンス・シャーキン」というネタが。
言われてみれば、彼もまた、最終決戦で「巨大化」した上で、ライディーンに赴いて
ました。(地肌の色も、そういえば似ているな。青系だし。爬虫類つながりで、蛇の
装飾つきの冠被ってたし。>しゃーきん。太もも丸出しなコスチュームも…ごほごほ。)

のっけから必殺技繰り出して闘う5人ですが、敵にもならず。次々と倒れていきます。
ココナツミルクを守るため、『ミントシールド』を張るミント。その間に、
「クリスタル・シュート」を放つドリーム。しかし、軽くあしらわれ、反撃食らわされます。

なぜか、ミントシールド放置。不思議に思ってたら、「隙をついて」シールド破り。
(細かい…)狙われたのは、ココでもナツでもなく、ミルク。

「私の下で働かないか?少なくとも、2回も騙されるような奴らの下に居るよりは、はるかに
ましだと思いますが?」で、黒仮面が登場。

ミルク、さらわれる。カワリーノさんのドアップもさることながら、彼女にとどめさしたのは、
「あの時は、ありがとうございます。ドリームコレットを渡してくださって。」
の言葉かと。
心と言葉を操る策士ですから、当然、彼女があの時したことが、大きなトラウマになっているのを確信したうえでの言動。

力尽きるミルク。心が敗れたのだと。黒仮面、装着。どうしよう。彼女が居ないと、
「デカ物にはデカ物」ということで、巨大ロボならぬ巨大物である「月光蝶」が撃てない。
必殺兵器を封じられたプリキュアたち。

そんな中、ついに、ドリームコレットが使われるときが!

デスパライアさま、コレットをあけつつ、願いを言う。
「わらわに、不老不死を 授けたまえ」

石化して落ちてきたコレット。デスパライア、顔の仮面にひびが入り、砕け散る。
下から現れたのは、
 美しい女の顔。(しかし、この人もでかい。絶対スパロボなみにはある、はず。)

なぜ、「世界を絶望で満たす」ではなかったのか?歴代プリキュアのラスボスたちは、皆これが最終目標だったような気がするのですが。
この人が「不老不死」であり事により、「世界が絶望に落ちる」んだろうか?

カワリーノさん=プリンス・シャーキン、とするならば、デスパライア様=レムリア姫
にあたりますでしょうか?
(不老不死、というか、今流行の『一万二千年』の時渡りした熟女様、ということで。)

いずれにせよ、カワリーノさんが、デスパライアさんにん、何か特別な感情があるのは
確定では有りますが。
(どうやら、彼女が真に欲するものを知っていた感じはありますし。)

次回、大逆転して、カワリーノさん敗退、が分かってはいても、どのような過程を取るのか?
プリキュアたちより、こちらが気になります。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (7)

今日の仮面ライダー電王#48.

「そろそろ僕もそっちに戻ろうか。千の偽り万の嘘、僕が
 嘘をつき続けた理由教えようか?」

…さぞかし延々と聞かされたのでしょうか?土竜今人×3.

それはさておき。OPの今人ダンサーズからキンが消えました。デネブの
動きがしっかり分かりますが、今頃。(涙)

ウラタロスのターン。「いかに、彼らしく『出来ること』をするか?」
ですが、偶然食堂車から「泣いてるところ」見られたくなくて出たところ、
コックピットに爆弾&仕掛けてる土竜今人3体。
「勝算有の大博打」に出たと思われるウラ。

裏切った、と見せかけて、食堂車メンバー全員を「2007年1月9日」の日付に
おろす。そこには、良太郎の「欠けた記憶」の手がかりが。

しかし、愛理さん。こんなに重い設定持ちだとは思っても見ませんでした。
入籍前に妊娠。子供向け時間帯での是非は問われてしまいますが、
「赤ちゃんを隠す」決断を下す、というのは、なかなか出来ないです。
これで、「時の間に隠された赤ちゃん」=未来の特異点 が誰か分かれば、
この話の謎がかなり解けるんですが。

「積み重ねた時間」から、ウラを信じる良太郎。リュウタはうろたえ、モモは
怒り狂い。(当然だ)寒い戸外で焚き火で暖を取るメンバーの前に、
「ウラ+土竜×3」が。思いっきり、モモとウラが「拳の殴り合い」(←ココ大事。)
「パスがないと、デンライナー動かないんだよね。パス、取りに行こうか。」

その最中に。ナオミちゃん。
「1,2,3、…あれ、ここに 全部居る?」凄いぞ。お手柄。これも「積み重ねた
時間」の賜物。それが分かれば、するべきことは一つ!」

ウラタロスのバトルターン。全員がデンライナーに戻ったの確認。
「爆弾があるんだぞ!」スイッチをかざす土竜。取り上げて、スイッチを押すウラ!
…何も起こらず。ウラが総て始末しておいたらしい。

良太郎が「やってくる」=「変身ベルトつけてくる」のを見越して、早速取り上げると、
「くるくる回って」装着。華麗に魅せます。さすが、「竜宮城」で鍛えただけはある?

変身、ロッドフォーム。いつにもまして、「華麗な舞」のごとく「くるくると身をかわしながら」
今人ズを始末。そして。ロッドで拘束→ライダーキック!

「お前達には感謝してんだよね、これ以上あっちにいたらクールで格好いい僕じゃ
いられなくなりそうだったから。僕、嘘泣きしかしたことないし。
時間を手に入れるのも良し悪しだよね」

最後まで見栄っ張りだ。(涙)らしいといえばらしいですが。クールで格好いい僕』
なんて、もはやどこにもいないというのに(おい)。最後まで「嘘をつき通す」ウラ。
これもまた、「漢のみせ方。」だったりします。

押し寄せる今人ズ。相当やばいはずのウラ。デンライナーを見送った後、再び
「ライダーキック・ウラタロスバージョン」を繰り出す…。

そのころ、現代。塚侑人。カイが生み出したデス今人とバトル。強い。攻撃が効かない。
危機一髪!

最後まで、ウラらしい幕引きでした。キンとは別の意味で、出来すぎる;;。

次回、最終回(えええ)。ジークの姿、予告で確認。でも、
「荒涼とした地面で呆然とする」良太郎の姿があったような。(それこそ実写セラムンの
それのごとく。)

せっかく、『謎が解ける日』が来るんだから、皆に『幸せが来る』といいなあ。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (13)

今日のゲキレンジャー#45.

 Aパート。スウグと赤、因縁の親子対決(まだやってる)。黒と紫の宿命wの友情対決。
 同じく、過去の記憶。(いかに紫が黒を思いやっていたwwwか。)

 Bパート。ちゃっちゃと終わらされた黒vs紫の後、メインの『宿命の』黒赤対決。
 黒巨大化wwww。白、サイダイオーで出るも、瞬殺される;。メレの「愛の呼びかけ」
 で元にもどる黒。ED。これも黒。

 こうやって見ると、果てしなく黒が「まごうことなき」ヒーローです。本当に(ry)。

 Aの最初。スウグが「父・ダン」の記憶を一瞬でも取り戻し、赤=息子に道を示して退場
したところまでは、良かったです。さすがギャバン隊長。(違うか)。しかし、その後。

前回、アレほどまでに「伝説のゲキ技・天地転変打」(廬山昇竜波、とも)を習得していた
紫。もしかすると、「かませ」ではないのかも?とわずかな期待をしましたが。

裏切られました。(やはり)

別の意味で。
修行時代の紫と黒。これなんてBLフラグ?まるで「Rhプラス」の「あげは&誠」ではないか?
それよりも。そのころから、黒にとって紫は、
『大事な友人であり、ライバルではない』存在だったとか。どんだけ;;。そのころから片思いですか、紫。(涙)

しかし。せっかくの「黒の想いに応えるため」に習得したゲキ技、成り行きでサンヨの双幻士・ゴウユに放ってしまいます。しかも、黒の目前で。

「せっかくだが、一度見た技は、俺には通用しない。」ということで、紫、あっさりと敗北。(涙)

そこへ、「父の意思を胸に」赤、登場。「宿命の対決」らしく、華々しく、展開。
ついに、大爆発の中、理央、倒れる…?と思いきや、

巨大化、

です。これを見て喜んだのが、ロン@どうやらラスボス。
「敗北によって、黒をつなぎとめていたものが切れてしまい、彼はついに真の
『破壊神・幻獣王』となった」そうな。

えらいことです。赤のマスク割れ。いや、黒の巨大化、というかバーサーカーモード。

成り行きを見守っていた白、サイダイオーで出るが、瞬殺;巨大黒、強すぎ。

その時。「理央様!」メレが「心から」呼びかけると、瞬時に理央、元の姿へ。
どんだけヒーローとヒロインだ、この二人。(もっとやれ)

ロンのたくらみに気付いたメレ、黒をどこかへ連れ去る。

今日のメレさん。何気にカメレオン態の舌とか、フェニックス態での飛翔とか、有効に
設定利用されておられました。

ちなみに、今日の青は、海に落ちた紫を介抱。黄は?…どうでしたっけ。(おい)

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (10)

機動戦士ガンダム00#14.

今日の言葉。オーバーフラッグス。GN粒子。

今回は、嵐の前の静けさ、的な話。ソレスタルビーイングの各メンバーは
休息なり、自分の用事なりをこなしてますが。

一方、今まで「ガンダム」たちに辛酸をなめさせ続けられてきた他の勢力は、
どうやら「手を組んで」対ソレスタルビーイング、対ガンダムに向けて根回し?
活動を始めた模様。

留美とスメラギさんが、素晴らしきバストを強調されている間に、マスコミでは、
この200年間に技術者や科学者が謎の失踪を多くしている、ということと
MS開発には長期間かかることの関連性を示唆。

ユニオンでは、「オーバーフラッグス」結成、人員も増員。
ここで、コーラサワータイムwww!
彼女?といちゃついていたところに召集。ウィンク飛ばして赴いたはいいですが、
いきなり女性上官に出会い頭にどごおっ!
殴られる(1)。(このあたり、『お前の望みを』ぐしゃ、の某赤鬼と似てるところが;)
起き上がるや否や、再び「どごお!」(2)
「いい女…」惚れるか?炭酸男w。しかし、体張ってネタ投下してくれます、この人。
で、フラッグ乗るのか?彼は?(だとしたら楽しみですが。)

人革連の提案で、ユニオン・AEU交えての合同演習。これは表向きで、実際は
明らかに(爆)ガンダム鹵獲作戦。

スメラギさん、カタギリ君と再び逢瀬。どーでもいいですが、胸の開き方が既に
超越レベル(おいおい)もしかしたら、体張っての惑乱作戦かも?と思ってしまいました。
しかし、カタギリ君のほうも、あえてこんなあけっぴろげな資料を持ち込んだとか?
いずれにしても、お互い「何か隠して」探りあいしてるところは変わりないですが。

そんなこんなしてるとき。刹那、久々に帰国。お隣さんの沙慈に御呼ばれしてます。
ルイスの母が帰国してので、寂しくて仕方ないらしい。
それにしても、ルイス。信じられないくらいウザい。
「お母さんが居るだけでもシアワセと思わないと。」に対して、
罵詈雑言の数々。
「お前が(ry)」と殺意が沸きました。(おいおい)

そして、刹那。前回のアザディスタンの件は、既にティエリアにばれてます。命あるほうが
珍しいくらいです。
それを知らずに、アザディスタン王女・マリナの親書へ不法侵入。

妙齢の女性が寝ています。いきなり枕元にたたずんで、愛など語るかと思いきや。
「この世界はゆがんでいる…」などと語られた日には。女としてかーなーり、
悔しかったはずだと;。しかし、警備手薄すぎ。

そして、アリー・サーシェス。極秘任務を言い渡される。
とんでもない規模なのは分かるが、今までは戦争ではなかったのかと。(おい)

そろそろ流れが一つに固まってきました。ガンダム、4基で太刀打ちできるのでしょうか?
それぞれ、対になる相手がいるしなあ。>ガンダムマイスター。

ところで、グラハムさんは、「前科者」なのでしょうか?なんか、そういう展開をにおわされてますが。
とりあえず、昇進おめでとう。そして、次回もネタをよろしく。

OP.EDが変わりました。曲は、自分はこっちが好きです。そして、ED。
あまりにも女視聴者ストライク杉w。

ルイス。OP.本編.ED.総てに顔出し。入りませんてば、貴女。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (31)

Rhプラス #2.

 今時の宿泊先@修学旅行(京都)は、都●テルがデフォなのか?てっきり、
駅前の法●クラブだとばかり、というのはさておき。

先週の予告の同級生女子。どんだけやばい展開かと思っていたら、いわゆる「中二病」っぽい普通の女子だった、らしい。良くあるキャラでは有りますが、昔、「ローラカイザー」@高河ゆんに、まるっとこういう子がいたのを思い出しました。

(後半、「世界の最後を見届けたい。」とか言って、天界の大王の『花嫁』になった子です。結果、ラスボスになった彼女ですが。最後はあかざとささめの兄弟に「封印」されたのですが。名前分からず;)

で、ストーカーよろしく付けねらい、誠が一人になった隙を狙って、拉致監禁…って。誠、どんだけ;。
「男の子の体って重いから、ここまで運ぶのに苦労したわ。」@女子。なんか凄いぞ。執念を感じます。

「私、『特別』になりたいの。野上、普通じゃないでしょ?私、知ってるの。鏡に映ってないときがあるの。
あんた、吸血鬼でしょ?血、吸ってよ。吸血鬼になりたいの!」

いかにもな演出が施された部屋に、鎖で縛られてる誠。どーでもいいですが、「野上」ときいたら「良太郎」を連想して、「そりゃ、普通じゃないよな。」と一人つっこみを。(ry)

しかし、ここで誠の過去のトラウマが、フラッシュバック。
「お母さんは、『神様、お許しください。私は吸血鬼を生んだ、罪深い女です』と懺悔した。
僕はお母さんから離されて、どこかくらい地下室に閉じ込められた。出して、ここから出して。そして、お母さんは去っていった。」

いつの時代かと。普通の母ちゃんなら、「普通の食物をほとんど受け付けず、人の血液を
異常に好む子供」ということで、とりあえず小児科に相談しないか?それなりに対処もあるだろーに。
つか、「原因不明、治療不可」ということで投げられたとか?んで、レトロだが「教会」に駆け込んだ、とか?それとも、母親自体が「キャリー母」のごとく、狂信者だったとか?いづれにせよ、児童虐待でしょ。
表向きは。

いずれにせよ、『子供を棄てた』には変わりないわけで。

「そんなに『特別』がいいの?僕から見たら、君は贅沢だよ。当たり前のシアワセが分からないなんて。」

「正体見せてよ」と顔を傷つけられた誠、でも、いつものように回復しません。相当弱ってる。

その時。あげは、乗り込んでくる。当然、烈火のごとく怒り狂いますが。

それ以上に。きよいさん。「本性」を表しました。(このあたり、前作の『暗鬼』のようでしたが)
折りしも、今夜は満月。どうやら「解禁日」なようです。

女子を襲って、「血を吸う」きよいさん。
「もう辞めて!死んじゃうよ!」

後日。すっかり回復した誠。そこに女子。お見舞いの「カゴメトマトジュース」を持参。
目当ては誠…ではなくて、きよいさんw。(おい)年上に鞍替えか?

いずれにせよ、おもしろくないあげは。「きよいさんは俺のものだ!」ktkr。
お約束で、政和登場。トマジューさらって、「ま、乾杯といきましょうか」

きよいさんは、彼女の血を吸ったのかどうか?もし吸ってれば、彼女も「お仲間」になって
しまうのですが。これだけではちと分からずじまい。少なくとも、「ローラカイザーのラスボス」娘とは違い、「この年頃にありがちな」夢子ちゃんでよかったかな、と。

次週。「吸血鬼がやたらと血を吸うので、『鬼化』する人間が増えている』」とはw。そー言えば、
『明日夢』は結局『鬼』にはならずに、「吸血鬼」になったのか。で、OP&次週は藤田玲登場です。

追記。
 今回の女子高生の中の人は、「スカイガールズ」や「キスダム」(おい)にも出ていたことのある、現役高校生声優さんだそうです。時代は変わった(ry)。 

追記もう一つ。この話の中では、「吸血鬼」はフィクションではないらしい。ということは、誠ママンの行動も、あながちとっぴでもなくなってくるのですが。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

かわいいジェニー#25.&#26.(最終回)

「ミュージカル決戦」「ゴミモンスターの最後」
いよいよ「ジェニー」シリーズも大詰めです。つか、「お洒落とスイーツを守る」はずの
「スイーツエンジェルズ」なのに、巨大ロボに乗り込んで闘う、という展開、許されたのでしょうか?

第25話。
いきなりのミュージカルです。脚本の方のお得意もの。カシマC、かわいいです。『超天使ロボット』だそうですが、既に舞台は「特撮」の領域へ。

それにしても、「ゴミモンスター」の「匂い」が嫌いって;。シリーズ当初に有った、
「熊ちゃんズの匂い」などは伏線だったみたいです。それに対して、
 消臭剤かけまくって、カシマCに迫るゴミモンスター;;これだけで済む臭いなのか?
シスターB乗るところの「イタズランⅡ」は、向こうの気まぐれでフルぼっこされてしまいますし。
しかし、強いな。ゴミモンスター。って、これで最終回までひっぱるのかと。

第26話。
ミスタークラウンから、
「一刻も早くやっつけろ」命令が。そもそも、ISPが宇宙にゴミ捨てたところから
始まったこの騒ぎ。やはりジェニーたちは手こずってますが。ゴミのかけらに埋もれながら
最後の一言をつぶやく3人。絵的にとてもシュールでした。

で、そこから。「ゴミは分別すれば良いのよ」という一言から、カシマCによる分別リサイクル作戦。そうでもいいけど、分別されると体が持たない、というところがなんとも。しかし、ついにゴミモンスター消滅。

ミスタークラウンから、ねぎらいの言葉。
「ゴミモンスターは、みんなの心の中に居る」テンプレ台詞ですが、3人たちゆえ。
「あんなのが心の中にあるなんて!嫌だ~~~~~~~~。ミスタークラウンなんか、
やっつけろ~~~~~~~~~」

で〆。最後まで「臭い」にこだわった話ではありました。

終わると寂しいです。しかし、ゴミモンスター話、長かったです。やはり画面が暗かったことも
あり、どこが少女もの?と思いました。

エイブランは相変わらず、だとしたらまた彼女達に会えることもあるのでしょうか?

あっという間の3ヶ月でした。また戻って着て欲しいです、「スイーツエンジェルズ」。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狼と香辛料 #1.

こちらのエリアでは、今日から始まった作品です。
というか、最近にしては、ずいぶんと地味なタイトルだな、とは
思いましたが、それも作品の「フレーバー」かな、とも。

最初は、中の人つながりで、プレ・ギアス二期目、と思ってましたが、
世界観がしっかりしている、というかきちんとファンタジーしてます。

何故に「賢狼」と呼ばれるのに、人前では「萌え耳少女」になるのか?
謎なところもありますが、それはおいといて。

物語の背景が、しっかりしています。そして何よりも。生活観が
大有り、なところがいい。

主人公も、『正義の味方』なヒーローでないところが。商人、という、これもまた
ダークなところありな職業。それと、一応、大人。

しかし、「ホロ」も、外見は少女ですが、中身は歳を得た狼ですし。この、「狼」が
神様、という設定がいいです。

少し気になったのは、クロエの衣装。やたら胸強調してるし、体の線が出すぎみたいだし。
ロレンスと二人で話しこんでいるときは、スカートの裾わざと?脚が見えるようにしてような
気が。つか、「麦の取引」してるような狡猾なことをするには、まだ幼く見えたのですが、
それはそれ、ということで。

これから先、この二人?のたびで何があるのか、楽しみです。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (7)

宇宙戦艦ヤマト#12.

絵コンテは安彦御大。

ストーリーは公式より。デスラー側の罠にかかって、「オリオン座」の恒星の
吹き上がるプロミネンスに引きずり込まれようとするヤマト。(重力圏内に
引き込まれた、ともいう。)このままでは炎の海に飲み込まれてしまう。
ヤマト、危機一髪!

という話ですが、冒頭、第一艦橋の展望室?なところで、いきなり古代と
雪さんが、「お友達」というには少々親密な関係になってます。

今まで雪さんのことを「森君」と呼んでたはずの彼ですが、このときは
「雪」と呼び捨ててます。(おい)いつからそんな関係になったのだ?確か
前回は、それどころではなく、逼迫した状況だったはずなのですが。で、密室
状態でのラブ米、というか夫婦漫才。(おいおい)雪さんのほうも、声色が
甘えているような感じに変わってます。けれども、ブリッジでは、いつもの
「男前」声なので、どうやら「そういうこと」になってるらしい。

「オリオン座に願いをかけてるの。私の好きな人が、私を好きになってくれますように
って。」
「ふーん。そう。…って、誰だよ!」しかし、にぶチンだな、古代は。まあ、某青亀さんの
様に空気読みまくってやたら女心に機敏な彼、というのも心配ですが。

もう一つ。沖田艦長の体の具合が、目に見えて悪くなってきました。よって、
「いつもなら30秒で駆けつけろ、といってるくせに。」と愚痴る古代。それに
つられてか、島も、徳川機関長に対して、
「出力上がってないじゃないか、何やってるんだ!」といつもの彼にあるまじき
言動。当然艦長に呼び出されるのですが、機関長と島はすぐに釈放?されましたが、
古代は一発殴られてます。
「口答えするな!」

この後、この件が佐渡先生の知るところになるのですが、
「今度倒れたら、入院ですからね。」って、分かってはいるのですが、言葉的に(ry)。
そして、このときに、看護士と思われる女性が。しかし、雪さん。
「私に代わって!」と艦長の手当てを自分が。何というか、流石だw。これが彼女なんでしょう。

結局、プロミネンスに対して、波動砲発射。爆風で吹き飛んでる合間に、ヤマト、それをすり抜けて事なきを得る、ですが。指示したのは当然、艦長。結構中央突破!でした。

そして。展望室での夫婦漫才再び。
「好きな人って、誰のことだよ!雪、教えてくれよ、雪ちゃーーーーーーーーーーーーん!」

…そういえば、この人たち、18~19歳くらいで、一応未成年でした。すっかり忘れてましたが;。
大学一回生くらい?これくらいラブコメしても、たまにはいいかな、と今になって思ってみたり。

人物の芝居が細かいのは、やはり絵コンテの力かと。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Rhプラス #1.

 「風魔の小次郎」の後枠ですが、原作も初めて聞く作品でしたし、このスタッフならば、
恐らく「特撮OB」が居るはず、ですが、見当たらないなあ…と思ってましたら。

うかつでした。(汗)

あげはの中の人=明日夢@響鬼、きよいの中の人=一文字隼人@仮面ライダーNEXT ならば
是非見ないといけないですね。(おいおい)と、言うことで、視聴の感想。

なぜか今期は「吸血鬼もの」が流行っているのか、これ入れたら3作もあったりします。で、
かの「牙」は「仮面ライダー」としてのモチーフなので、さておいて。

某ラノベ作品と比べると、こちらのほうが圧倒的に、「吸血鬼=人外としての孤独」をテーマにしていると思いました。(ライダーシリーズに通じるかも)

元の作品は、一応BLのカテゴリらしく、役柄や台詞などもかなり「そっち方面」を意識しては居ますが、そこはかのスタッフ。決めるところは決めてくれてます。

一応、語り部は野上誠らしい。主人公はだれ、ということになれば、この「チーム月長館」の吸血鬼さんたち、ということになるのでしょうが。

ストーリーは、このきよいさんをリーダーとする吸血鬼少年達が、警察が手を出せない難事件を請け負って解決し、報酬を貰う、という、いわば「仕事人」な話なのですが、それ以外に、「吸血鬼として生きなければいけない苦悩」もえがかれる、という。

チーム的には、
     きよいさん(リーダー)
       ↓ 
     政和(大学生。情報担当)
       ↓
     あげは・誠(高校生。実動隊)
な模様です。

前作の「風小次」もそうでしたが、これも食事シーンがかなり重要な位置を占めてます。
「吸血鬼」である彼らが、いかにその生命を維持しているのか?「実は、100年以上生きている」きよいさんが、その「長年の経験から得た知識」をもとに、「代価食」なるレシピがある、というw。
たんぱく質とか、ミネラル(特に鉄分)換算して、十分な栄養が確保できる、とか。
(誠にいたっては、鉄分に飢えて、「鉄棒をなめてしまう」くらいだそうですし;)これが、実に美味しそうです。
キムチ鍋に「奈良県吉野郡の某所で捕獲された、熊の肝」入れてくれたり、いたでりつくせり。

そして。今回の見所。
 あげはの女子高生コスプレ。マジで可愛い美少女。(女の敵?レベルです)やばいですw。
「人間達から見れば、自分達吸血鬼は『艶っぽく』みえるらしい」@誠 だそうですが、

こ れ は ガ チ で し ょ 。

『女子高生連続通り魔事件』のおとりのためですが、今回の犯人。
「男かよ、騙しやがって。」と逆切れしてましたが、
綺麗な男子のほうがより(ry)。

ここで、あげは@ミニスカ制服によるハイキック。これが綺麗だ。「鍛えてますから」違うw。
あげはくん。誠に何かあると、スイッチ入ってしまうらしい。(恐い)

見た目はこぎれいな少年達に、どうやってもかなわない犯人。
「この、化け物が…」鉄板の捨て台詞ですが、
「お前のほうが、よっぽど化け物だ!」あげは、激昂。で、気になったこと。
何故、犯人役の人が『怯えた』表情でないのか?
単に大根なのか、それとも監督に別の意図があるのか?これから分かるのかもしれませんが。

政和。頭の中に、色んな情報(そのほとんどが無駄?)がインプットされているそうですが、彼によると、この犯人は「公安のお偉いさんのドラ息子」で、「そういう事情」だったらしい。
「今度こそ、もみ消しは出来ないだろうけどな。」

とりあえず、無事ミッション終了。しかし、次回以降は、かなり怪しく、手ごわい「敵」さんたちが登場するような予感。次週登場の女子。OPに居ますが、もう一人。藤田玲か斎藤ヤスカか?
(見分けがつかないところが;;)

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正しい王子の作り方#1.

実は、キャストを見た時点では、いまいち視聴意欲がわかなかったのですが、
とりあえず、第一話だし、この時間帯ならではの、
「もしかしたら大化けするかも」な期待感を持ちつつ、観ました。

結果。
 

 凛とイタリアン@美味學院がレギュラーw。
 これだけで視聴決定。(何じゃそりゃ)

やはり、「そういう方面」で「知った顔」が居るのといないのとでは意欲に
差が出るのは当たり前、ということで。

あと、
・「イケガルル」?聖花女子学園の綺麗どころさんの登場シーン。「花君」の
 それまんまだったところが、正直すぎて気に入りました。(おいおい)

・女の子達が、ものすごい元気。体育の授業のあと、スカートの下にジャージw。
 正しすぎる姿だw。

・普通に考えてみて、私立と公立の学校が、合併する、というのはあまりありえないと
 思うのですが。そこんところ堂々と取り違えているところが、かえって好感。
 >女子チーム。

・いまいちな男子達を、「排除」することなく、「素敵な男子」に「育てていこう」と
 する積極性。(おい)いかにも、「いまどきの女子」の逞しいところ、です。
 「素敵な男子」=「王子」のネーミングも、恐らくは「~王子」という「いまどきの流行」
 に沿ったものかと。

とりあえず、この男子達がどう成長していくか?楽しみにすることにしました。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

かわいいジェニー#23.&#24.

「最強ロボカシマC登場!!」  「古城への招待」
ヤフー動画で追っかけてます。放送は年内終了でしたが、こちらではあと少し。
まずは、23話から。

ストーリーは公式より。いかにも巨大ロボですが、いつ出て来てくれるのかと思ってたら、
最後の最後に、某「ダンガードA」@御大版のごとく、シルエットで登場。
嘘は言ってないですが、タイトル的には、
「ゴミモンスター再び」といったほうが正しいかも。

しかし。この回。どこが「かわいい」んだと。思いっきり、東宝特撮ワールドなんですが。
(さすが川北監督。)BGMまでがいつもと違ってたり。(ゴジラシリーズから転用、と言う話を聞きましたが。)展開的には、いつものカオスだったりします。
「シスターBが、あんな人だとは思わなかったわ!」いや、「あんな人」ですよ。

それにしても、「爆発アフロヘア」な3人。
「一体何回目ですの!この頭」@なでしこさん。相変わらず、ツボ発言です。視聴者も
そう思ってますから。それにしても、スタッフ勇者です。ここまで「ジェニー」を汚れ
させるとは。(汗)

どうやら、「カシマC」登場は、次回以降みたい…って、次回だ。

24話。
 こちらは先ほどとは打って変わって、「女の子ワールド」炸裂話。
ストーリーは公式より。先行で、「甲冑姿のアキラ」の写真を見てから、一体いつ
登場かと待ってました。カッコよかったし。

それはいいとして。
「髑髏のお面を被るジェニー」とか、「江戸時代の姫君モードで御琴弾いてる」なでしこさんがろくろっ首になったり、と、イメージ死活問題にならないのかと。

「ヨーロッパの古城」「ゴシックなドレス」「甲冑の騎士」「捕らわれの姫君」と、乙女のロマン
てんこ盛り。久々に「女の子のお人形遊び」を堪能しました。(前回は、男の子のそれ、ですね。)

オチ。数々の怪奇現象は、ジェニーたちが仕掛けたものだった。しかし、どうやら…?で〆るあたり、ベタですが良い終わり方だと思いました。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

チョコミミ#14.

「シンガッキ」「ダイエット!」
1クールだとばかり思い込んでいたこの番組。実は最初から2クール予定だったそうです。
ということで、後半戦。

「シンガッキ」
実は新キャラ・チョコ弟=仁君デビュー回。
いつものメンバーで、おめかししてコタツにミカンで新年のお祝い、と思いきや、
3学期始まった教室でやっていたらしい。(おい)

タケちゃん、当然注意しますが、まあ、いつものお約束。
全員で書初めしたり。(テーマは今年の抱負。)とかしていたら、
アンドリュー、ふと窓の外をみたら。

黒レザーにメタルな奴に、チョコが腕をつかまれている。
悪い予感。もしかしたら?チョコ、アブねーーーーー!と
思って駆けつけてみると。

なぜか踏み台に乗った、メタルなコスプレ少年。
「私の弟。仁(小5)だけど?」お初です。しかし、いきなりの登場なんですが(汗)。

何故、そこにやってきたかは一切説明されないにもかかわらず、すっかりその場に溶け込んで居る仁君。どうやら、
「ねーちゃんが、いつも家で話している『彼氏と思われる人物』」を探しに来たらしい。が。

アンドリューを見て。
「こないだ、駅前でギター弾いて歌ってた人だ!」それ以降はお約束の展開。結局、仁君もまた、アンドリューと「マブダチ」に。

この間は、姉のチョコちゃんが、バンビと鞘当するかと思いきや、「マブダチ」になりましたし。
「チョコミミ」ワールドでは、どうやら「みんなともだち」がデフォルトみたいです。

「ダイエット!」
ミミちゃんメインのネタ回。女子ものでは不可欠な題材ですが、流石に
「エクササイズのやりすぎで筋肉つきすぎて」などという、どっかの着せ替え人形さんみたいなオチではありませんでしたが。(なにせ、ミミちゃんは汗かくの嫌いさんですから。)

しかし。女子ターゲットとしてはか~な~り!きわどいシーンが多かった気がします。
例えば、
・「薄着に見える」バンビちゃんを見習って、「薄着になる!」とばかりにいきなり服を
 脱ぎだしたミミちゃん。(真夏モードですが)
・「汗かかずに運動したい!」とミニスカート姿で「手押し車」に挑むミミちゃん。
・「ミミちゃんにだけは負けたくない!」とばかりに、ミミちゃんとジョギングを競う
 ハルナ先生。ミミちゃんが、この時期的に、ふつーにジャージとTシャツ+首タオルであるのに
 対し、
 上半身ノースリのタンクトップ一枚。(おい)なので、当然走ると(自粛)。
 その上、前かがみに倒れこむシーンまで。谷間見えるってば。(おいおいお)

流石に、ここまで来るとCGで上手いことごまかしてましたが、一体どーした?といわんばかりの
「隠れお色気」全開ではありました。つか、先生が乳揺れ要員だったとは;。

ここまで努力した結果。なぜか3キロ増やしてある体重計。気付かずに乗ったミミちゃん、
「うわああああああああああああああああああああああああ…」

この後、どうなったかは、ご想像にまかされる、らしい。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しゅごキャラ!#13.

「猫耳イクトのキャラなりは、理央@ゲキレンのそれに似ていると言っても否定は出来ない。」
(おい)
「そういえば、歌唄さんの立ち位置は、メレのそれに近かったりして。」
(おりしも、あちらも歌を披露してくださいましたし。)

1クール終了間際にして、やっとこさ話の主幹が見えました。
「エンブリオ」《お宝》を手に入れるために、罪も無い子供達の「こころのたまご」を
襲って壊しまくる『悪い奴』から、「たまご」を守るために闘う「ガーディアン」。
そして、「ガーディアン」の誇る最強戦士、『アミュレット』さんたち。

どうやら、こんな感じみたいです。
で、その「悪い奴」=「イースター社」。どうやら、複合大企業のようです。
「エンブリオ」を手に入れると、なんかとてもいいことがあるらしい。
《空中元素固定装置みたいなもの?》で、その探索担当が、「ほしな歌唄」《営業要員》で、
後始末《影の始末屋》が、「月詠イクト」ということらしい。

イクトの場合、「×たまは壊す」ので分かりやすいですが、歌唄さんは、お歌で勝負。
いわゆる『音撃』ではありますが、こちらは「リン・ミンメイ」タイプの正統派。

「歌唄の歌には魔法のような力がある」
「子供たちの夢は膨れ上がり、心は無防備になり」
「『こころのたまご』を取り出しやすくなる」@イースターのお姉さん。

彼女も、恐らくは異星人に襲われた際の「最終兵器」になれるのでは、と思いますが、
それはさておき。少女マンガでの「歌を武器」にする形としては、いい出来だと思います。

14歳にしては、歌声が大人すぎるのでは?と思ったりもしますが、説得力ある歌唱力なので、《ry》。
街頭に、宣伝スクリーンのシーン登場のたびに、「CHIHARU」@劇場版ライダーを思い出しますが、
間違っても、こちらでは、あのような展開ではないので、安心して。

いずれにせよ、こういうことに自分の『歌』を利用されたくは無いにせよ、恐らくは『イクト』のためにしぶしぶ協力中。《少なくとも、人の命までは奪いませんから。》>歌唄。

しかし。イクト自身も、『始末屋』を好き好んでやっては居ない模様。ではありますが、目の前で
『なすすべもなく、壊されていく×たま』を見過ごす訳には行かず、あむちゃんは『キャラなり』の「浄化」の力で、たまごを助けることを宣言。

しかし、今回一つの×たま、壊されました。歌唄さんは、一度にある限りのたまごを取り出せるのに。
しかも、あむちゃんへのライバル心でパワーアップしてますし。歌唄さん、まさに
「(イクトへの)愛に生き、愛に死ぬラヴ・ウォリアー」状態です。あむちゃん、太刀打ちしないと。

(追記)

あくまでネタ。プラネタリウムの管理人さん、しゅごキャラが『ハエ』で、実は『キャラなりバトル』オタで、実況なんかするのが生きがいだったら。(爆)・・・すいませんでした;。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (9)

Yes!プリキュア5#46.

 プリ5さんたち、最後のピンキー回収。
 そこへブラッディさん、営業に現れる。しかし、成果上げられず、退却。
 帰社後、かつての部下《カワリーノさん》に引導渡される。耳寄りな情報を
仕入れたカワリーノさん、自らが赴き、仕事《コレット強奪》をしてくる。
 それに対して、あと一息で仕事できなかったプリ5さんたち。

というのが、今回の大まかな流れ。ピンキー全回収&コレット強奪、という2大
アクシデントがあるにも関わらず、メインを張っているのはナイトメアさんのほう。

ブンビーさん、周りに呼びかけて、自分の意見に対する同意を求めますが、なしのつぶて。
退職願を出そうとするが、カワリーノさんに見つかり、
「貴方に『退職届を出す』という選択肢はありませんよ。」と書類を破られる。
普通「貴方の居場所はここしかない。」という意味で、引き止められるのに使われる言葉ですが、
この場合。
「デスパライアさまのお役に立たないものは、消え去るべき。」という意味ですから、非常に恐い。

「貴方は、そうやって何人もの部下を消して!俺達はあんたの道具じゃない!」ブンビーさん、
カッコいい。とても悪役とは思えない、熱い台詞です。まるで熱血ヒーローのようだ。(おい)

しかし。カワリーノさん。「私に逆らったものは。」ということで、ブンビーさんをビルの谷間に
突き落としました。

…そういえば、大抵の場合、こういった「行方不明フラグ」経った場合、生き残っていること多いですね。
どんな再登場してくださるか、楽しみです。

↑こんなに説明割かせるブンビーさん。やはり愛すべきキャラです。

さて、プリ5さんたちは。
りんちゃんが、かれんさんに、『将来の夢』を語ろうとしたのですが、
「そんなの関係ねーーーーーー」とばかりにスルー状態。話を進めなければいけないからなのは分かるのですが。

ピンキーがのぞみのキャッチュに入ったのを見届けて、姿をあらわしたブラッディさん。後が無いので、容赦ありません。地面に仮面つけて「お手手たくさんコワイナー」に。
プリさんたちも、バトルに気合入りまくりですが、ドリームさんだけ、動きがおかしい。

「最後のピンキー」キャッチュに入れてる、ということで、攻撃に出れないらしい。
「その手につかんだものを失うのを恐れている。」さすがブラッディさん、見抜いてます。
失うことを恐れては居ないはずでしたが、やはりそこはそれ。

そんな時、カワリーノさんから黒仮面が。しかし、無視して、「自分のやり方で」コワイナー巨大化。
ドリームさんたち、月光蝶で撃破。いやにバトルがあっさりしてる、とおもったら、最後にかのイベントが。

「貴方のやり方は古いんですよ。隠居して、自分探しの旅でもなさればいかがです?」とばかりに、ブラッディさんを、黒仮面ごと「奈落のそこへ」落とすカワリーノさん。しかし、
「最後のピンキー捕獲成功」の情報を仕入れてきたあたり、ただでは起きないプロ魂ではあります。
>ブラッディ氏。そのあたり、評価すれば、「突き落とし」はしなくても良かったのでは?

そして、「部下の手柄」を自分のものにする上司。良くある話ですが、無駄にされても「無能なだけ」ではありますので、やはり「自分の手柄」として生かしてもらうしか。

コレット強奪の一連の動き。一流の詐欺師で、釣り師だ。カワリーノさん。30分前の番組の青いスケベ亀ではありませんが、

「僕に釣られてみる?」とはまさにこういうことかと。この場合、まんまと「ひっかかった」のは、ミルクですが。

「貴方達は、本当にお人よしですね。同じような手に、何度も引っかかるなんて。」ミルクは前回のとき、現場の当事者ではなかったから、これが「釣られ」デビューだったのですが。《何度もするもんじゃないですけど》

今回、ミルクに責任があるか?ということですが、自分は
「無い」と思います。恐らくナッツとのぞみは、「小々田」に違和感感じてましたから。
「早くしないと、また奴らが《ry》」というのも正論ですし。

総てを計算した上での「釣り」。カワリーノさんの「騙し勝ち」でした。
 

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (9)

今日の仮面ライダー電王#47.

「キンの強さに、皆が泣いた」これが総て。

前半。デンライナー正月モード。オーナーは駅長とチャーハン対決ですが、
キン、良太郎にさりげなく「抱負」=「契約」へと持ち込む。
零組も、お正月モード。限りなくド派手に「七五三」な侑人。
「侑人が椎茸食べられますように」って、どんだけ願いですか。《汗》
しかし。デネブ。つくづくオカン。

良太郎と侑人。初詣で会い、話していると、今人たちが過去で大暴れしているのに
気付く。
「俺が愛理さんを守るから、過去へいけ。」侑人。カイ、ついに愛理さんが「分岐点」
と気付き、攻撃しかける。

過去へ飛ぶ良太郎&デンライナー。そこには今人大量発生。応戦するライナーフォーム。
しかし、カイ、ついに愛理さんを襲う。「現在に戻らないと、姉ちゃんが危ない」

後半。
「良太郎、早く現在に戻れ。ここは俺が食い止める。」キンの独断場です。
そろそろ消えかけてきたタロス達。分かってはいたけれど、何もしないよりは
自分達に出来ることを。過去をもたない自分達に、「思い出」という大切な
「時間」=「過去」をくれた良太郎にしてやれる、ただ一つのこと。

キン、「言質」をとって、契約=実体化に持ち込んだところは、さすが、大人の余裕、
です。つか、良太郎からベルト取り上げて、キンタロスで装着!アックスフォーム、
強い!ダイナミックチョップで今人一掃など、カッコいいどころの騒ぎでは。

「良太郎、お前は強い!俺は自分より、この時間を守りたいと思うとる!ここは
俺が食い止める!はよう行け!」ベルトを外すと、デンライナーに投げ込むキン。
《やること憎いです。唯渡すだけでは、良太郎は帰らないと分かっていて、の行動。》

「熊ちゃん、もう帰らないよ…。」リュウタのつぶやき。
「良太郎君と、チケット共有でしたから。(実体化したら、乗れない。)」ナオミちゃん。
一同、沈黙。

そして、デンライナーに乗り込み、現在へ帰る良太郎。
わらわらと発生し、襲ってくる今人たちを、一人で「弁慶のごとく」跳ね返すキンタロス。
このかっこよさ、説明仕切れないです。次郎さんとてらそさんだからこその演技。
「泣けるでえ!」でした。

(つか、これ見て幼児が爆泣きしました。大人でも泣けるのに。)

次回。ウラが何をする?というか、やはり、姉ちゃんおめでたでしたか!。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (19)

今日のゲキレンジャー#44.

そろそろこれも大詰めです。メインは赤とスウグの対決に、理央・紫と
五毒拳ブラコの弟である、幻獣ケルベロス拳のコウの野望が絡む
感じ。

理央は「赤に執着しているので、本来の力がせき止められている」@ロンらしい。
そこで、「スウグの双幻士」であるコウが、「赤の力を確かめるために」派遣された
のですが。どうやら、スウグの「草笛の音」が、とんでもない方向へ誘導する結果に
なったもよう。

紫は、理央との決着をつけるために、ペンギンさんを買収?して、「滝を逆流させる」
《廬山昇竜波?》修行を始めるし。で、この回では最後まで滝つぼで修行三昧。

本来は、コウが闘うべきだった相手である赤は、スウグと一騎打ち。しかも
スウグは「キメラな設定ゆえ」総ての獣拳を使えるそうだし。(脳内劇場的
展開で、時間稼ぎにはいい設定)

本命に遭えなかったコウ。仕方ないので、激気を吸い取る「首輪」を、「残りの」
黄。青、白にはめる。こうやって見てみると、彼は一番割り食ってます。

赤。「どうしても止めがさせない」→「父ちゃん、抱きしめてくれ。」→記憶覚醒?
 →これやばい@ロン、赤にとどめ→スウグ、赤かばう→父子の絆が血盟を越える
結局、いちどもコウには遭わず。

白。コウに一人立ち向かう→激破、と思いきや、巨大化→サイダイオーで一刀両断。
黄と青は一体どこへ?

で、巨大戦実況は、メレさんがロンを尾行していたので、なし。

話的には、かなり盛り上がってると思いますが、これ、赤vs理央はない?このままでいくと、
ロンvs赤、理央vs紫になりそうです。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (11)

機動戦士ガンダム00#13.

今回の言葉。PMCトラスト。

メインは、アザディスタン共和国保守派指導者・ラフマディ氏の奪還をめぐるお話。
どうやらこの国の内紛を抑えるためには、当面それしかない、という状況。しかし、
スメラギさんは、どうして現場離れた状態なのか。いまのところ、それはおいといて。

結果として、ラフマディ氏は「ソレスタル・ビーイング」によって保護される訳ですが、
改革派のマリナ姫との共同声明を出しても、国内の内紛が終わらない、という、ある意味
その通りな展開。

氏を拉致したのはサーシェス所属する組織を有する勢力だと明らかになったところで、この国の根本の問題は解決してませんから、仕方ないことだとしても。

王宮内のマリナ姫を狙撃するものが現れる、というのが既にこの国の状況そのもの。普通なら、VIPですから、狙撃者が銃口向けてきた時点で、ガードする人が出てくるはずなのですが。見たところ、そのような描写が感じられなかったのが。というか、狙撃者=恐らく王宮(姫付?)の女官のように見受けましたので、そうなってくると、もはや姫の足元は危うい、ということに。
現実を嘆いて泣いている余裕はないのですが、姫。

とりあえず、刹那とグラハム(カタギリさんも)の初顔合わせ。刹那も(彼にしては)上手くかわせたのではないかと思います。が、グラハムのほうがやはり大人?正体見抜きましたし。しかし、いつも並みの迷言を期待していたのですが、意外と常識な対応だったのが驚き。強いて言えば、
 
 「さぁ、何故かな。口が滑ったとしか言いようがない」

でしょうか?

ということで、サーシェスとの対決に赴いた刹那ですが。アリー、久しぶり。相変わらずの悪党ぶりですが、
「神に誓って」という言葉が良く出てくるのですが、もはや枕詞としか言いようの無い意味のなさぶり。
今回もまた、エクシアの性能勝ちでしたが、この決着は着くのか?です。

スメラギさんのラストミッションにより、あえて「エクシアの姿をさらして氏を王宮に送り届けた」刹那。
再会した姫に、
「闘え。お前の信じる神に誓って。」と「はっぱ」をかけました。刹那のほうがかなり年下ですが、修羅場をくぐっているだけあって、言葉に説得力があります。姫、これからが正念場です。つか、今度こそ、彼はエクシアを、「自分の思うところの」ものにしたい、というのが良く分かります。主人公の見せ場でした。

「人の争いを止めるために、歩み寄ることは出来る」留美さんの言葉です。遠くの道も一歩から、ではありますが。

今回の作監、大貫さん。やはり、キャラに説得力があります。で、相変わらずの沙慈のあたり。

ルイス=キャロル・M・ダグラスの生まれ変わり?…いえ、先日アニメ「CAROL」見ましたので《汗》。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (21)

魔法少女隊アルス「追憶編」「激動編」

http://www3.nhk.or.jp/anime/07winter/program/arusu.html

年末にNHKBS2で放送された、『魔法少女アルス』3部作のうち、
「追憶編」「激動編」を観ました。

『雨宮慶太原作の魔法少女もの』ときいて、制作年度的にプレ・牙狼的なものを
感じたので、是非観ておかなければ、という思いで鑑賞。冒頭のタイトルロゴで
「キタキタキターーーーーーーーーーーーー!」
でした。のっけから『雨宮テイスト』炸裂。あの独特のタイトルロゴもさることながら、
世界観とか、キャラクターのもつ空気というか、「匂い」とかまで、どこまでも
「これぞ雨宮慶太」というべきもの。

本放送では観ていなかった作品ですが、「牙狼」などの後で観ると、いろいろなところに、
後に繋がるイメージが感じられました。
例えば、グラウ竜に似たもの、とか、紅蓮の森に通じるものとか、ジャークムーン@リューケンドー
に《以下略》など。

「真の魔導書」にいたっては、言葉からして既に「魔戒騎士」テイスト炸裂でしたし。

これだけ「匂い」の強い作品ですから、好き嫌いがはっきり分かれる作品かと思われます。

とにかく、メインの魔法少女3人が、「萌え」じゃない。《藁》
これは凄いことです。コスチュームからして既に、「牙狼」や「ライオンG」の衣装担当と
同じか?と思われましたし。
そして、良くしゃべる。絵が動いてないわけでは無いのに、しゃべるしゃべる。
(これは、音撮りした後に絵を載せたから、ということらしいですが。)

何よりも。女の子達が、「少女」であることに甘えず、自らの運命を自分で切り開いていくところ。
(ここには、男子は介在して無いです)とてもすがすがしいです。

最後の章は未見ですが、とても楽しみな作品です。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »