« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

キューティーハニーTHE LIVE#13.

脚本は、「リメイクガイキング」やってた三条陸氏。

早見の主催で合コンすることに。
「ハニー、合コンクイーンになれ!」ということで、早見の目的はユキ。
集まったメンバーは、3ハニー+夏ちゃん。向こうは、早見の友人達。
珍しく、ハニーの誘いにのったミキ。目的は「ユキのことを探る」。
何気ない会話に、3人の共通点を見つけるが、あと一息、というところで
男連中の「茶々」が入る。《涙》

店の入り口にある、牛のオブジェの目を「どごおっ!」と潰しながら、ミキ。
いいか、今度ユキとの話を邪魔したら、分かっているだろうな、
この牛の目はお前だ。」

…実はとても恐いシーンのはずなのに、笑いが;。しかも2回も繰り返してくれました。
サービス。

あと、ハニー、ミキが「フラッシュ仲間」(どーいうカテゴリだ)なのを喜んで、
「今度変身したら、背中合わせて、ポーズ決めよ」@ふたりはプリキュアですか;。
でも、絵面的にはプリキュアかも;;。

女の闘い?ユキ、「男たちの視線をハニーさんからそらすために」傾向と対策の
変身。夏ちゃん、注目してもらうために、いざ化粧直し。(退座)

その時。ジュース飲んだら凍結状態に?実は、店全体が「豹爪」(デューク渡)
の仕掛けた『罠』だった。

赤&青ハニー、夢の共闘!しかし、ミキはいまだポーズとらない。(おい)
一方、白=ユキは、デュークと因縁の対決。しかし、白、恐ろしい位強いです。
「目にも留まらぬ速さ」のデュークの回し蹴りを交わし、今度は両足の刀を
引き抜く、という。とにかく、このあたりが正直グロい;。
「あの女、強すぎる…」デュークに言わせるくらいですから、本物かと。

メニューに『監獄定食」など、お遊びが結構みられますが、食べるもの粗末に
してる話が続くなあ、です。分かってはいるのですが、このあたり、引っ掛かりが。

あと、高校生と合コン、というのも、いくらお話とはいえ、どうかな、と思ったり。
一応「お酒飲んでない」と作中で補足されているのですが。

で、次回は『おさらい』みたいな内容。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

冬だっ!休みだっ!!クレヨンしんちゃん&ドラえもん 朝からどドーンと150分SP

「電王」と「牙」の情報がある、というので、見てました。が。
クレしんのほうで、はまった自分が;
みさえに、むさえ、という妹が居る話は見ていたのですが、長女・まさえの話を
知らなかったので、今回目から鱗;あなどれないな、クレしんは。

で、本編。電王、後3回。(涙)予告にジークの姿が。ということは、彼も
何らかの経緯を経て応援に来てくれるのかと。で、噂のキンタロスでしたが、
どうも退場には見えなかったり。

次に、『牙』の予告。ナレーターは杉田氏で、「キバット」の声もされるとか?
ライダーデザインは、結構好きです。ストーリーは、『父と子の二世代にわたる
物語』メインは井上敏樹氏なのでしょうか?こちらも楽しみです。

で、新旧ライダー主人公&しんのすけのコント。(おい)「おしりぶりぶり」本当に
やるかと思いました。《汗》。しかし、今から「W変身」って。豪華すぎ。

少し後で、ゲキレンも解説。なんですが、実は「炎神戦隊ゴーオンジャー」ばかり気になって
ました。今度は5人で、イエローが女子、ということみたいです。最初から戦隊恒例
「おそろいのジャケット」だったので、妙に安心。スーツのほうも賛否両論あると思われますが、
『初心に帰った』デザインなので、下手に外さないかな、と思いました。

それにしても、来春からは「バンパイヤ」ネタが知ってるだけで3本あったりします;。
偶然の一致なのかもしれませんが。
(『牙』、『Rhプラス』、「スカイガールズ」の後番。)

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (3)

マクロス25周年記念特別記念番組&マクロスF+「愛・おぼえていますか」の感想。

MBSエリアでは、やっと放送されました。この手の番組では、なぜか『お笑い』若しくは
『バラエティ』タレントさんが司会進行なことが多いのですが、少なくともかの悪評高い
「ガンダム00披露宴」のことを思えば、はるかに好感が持てました。

最初は初代マクロスの説明だったのですが、25周年。この頃生まれた赤ちゃんが、人の
親になっているくらいの時間です。「7」から数えても14周年?15周年?う~ん;。

バルキリーについての説明。そこから河森氏へのコメントの導入。大学在学中から
スタッフとして『スタジオ・ぬえ』に入ってたって;。というか、二十歳そこそこで
『バルキリー』を完成させていたこの人って、「天才」は存在するんだな、というのが
感想でした。

そして、略歴。『マクロス』から始まって、『オーガス』『メガゾーン23』。そして、
『創星のアクエリオン』ktkr。塚、「変形」から「合体」にテーマが変化。いづれにしても、
『最初にモデル制作して、実際に矛盾の無い可動を確認してから』フィルムに起こす若しくは,

玩具製作にもっていく、という流れは変わらない、らしい。やっぱりレゴでモデリングのよう
ですし

「マクロス」にインスパイアされた人たち、のところで。「ゼロ」に登場したメカのモデルを
自前で作った人についで、かの介護アーマー?「ハル」を開発した大学教授も登場。実はこの方がマクロスファンだったらしく、河森氏と「波長が合う人」だったというのがドラマ。それどころか、
今度の「F]のパイロットスーツのモデルになった、というのが;;;。
(「ハル」が発表されて以来、あの外観にはずいぶん思うところがあったのですが、これで
解決しました。やはり、そういうスピリットの元で制作されたもの、ということが。)

そして、いよいよ本編。
「マクロスシリーズ」のいいところ。初代から同じ人が関わっているせいでも有りますが、
「世界観を共有しているところ」ではないかと思います。大抵のリメイクものは、そのあたり
「俺流」にいじくり倒した結果、端にも棒にもかからないものに出来上がったりしてますので。

絵、今風に綺麗ですが、とにかく、細かい。キャラも良く分かるし。それにしても、シェリル。
「私の歌を聴けーーーーーーー!」良く分かりました;。楽しみです。

あと、ポニーテールの主人公。彼も楽しみです。

4月放送開始だそうですが、枠が気になります。深夜なのか、土6なのか?いずれにしても、自分の
中で視聴決定なのは確かです。

そして。おさらいといわんばかりの『愛・おぼえてますか』。
今見ると、未沙さんの『色々と女』なところがひっかかったりするのですが。公開当時は
ものすごく彼女よりの見方をしていたのに、今見返すと、ミンメイのほうが自立していたのでは
ないかと思って見たり。

しかし、神作画です。これが全セルアニメだというから。このせいでTVシリーズが大変なことに
なったのは有名ですが、それを差し引いても、違いが。

ラストシーンが入れ替わっていたらしい。《完全版?》しかし、ミンメイのライヴシーンは、圧巻です。

とりあえず。来春からのオンエアが楽しみです。>F。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (4)

風魔の小次郎#13.(最終回)

『アディオス!』最終話です。

のっけから最後の戦いに赴く小次郎から始まります。つか、ED『永遠の刹那』が
OPです。「風林火山」を有する小次郎vs「黄金剣」有する武蔵の一騎打ち。しかも、
姫子は今だ敵・夜叉の手中の中。一方、武蔵の妹・絵里奈ちゃんは、明日をも知れない状態。
それぞれが、「大切なもの」をかけた闘いです。

殺陣、凄すぎ。以前から特撮部分と生身のアクションが凄いものありましたが、ここに来て
集結。最終回なんだから、当り前だといえばそうかもしれないですが、それだけではすまされないものがあります。

絵里奈ちゃん。寒いのに、外に出て携帯メール。
「小次郎のメール、待ってるの。部屋の中は携帯使えないから。受け取れないといけないから。」
来るはずもなく。当然です。友達は兄と死闘中なのですから。

「姫子を返せ!」小次郎の叫びが総てです。白鳳学園のトップが約束されている姫子と、風魔の
忍びである小次郎。決して交わらない道を歩くことが分かっているから、守る。

武蔵。サイキック能力ゆえに、周囲から「化け物」呼ばわり又はその様に扱われてきた過去。たった一人の妹の発病。長く持たない。「お前の能力に、金を出そう」夜叉姫の誘い。断る理由はなく。

武蔵、次第に小次郎を追い詰めていく。
その時、絵里奈ちゃん、危篤状態に陥っていた。
死闘を繰り広げる二人の前に、絵里奈ちゃんの姿が。
「私の体、もうもたないみたい。」…そして、「大事な友達」が小次郎であることを告げる。
総てを語った絵里奈ちゃん。息を引き取りました。

一方、蘭子。無事、姫子救出。魔矢さんはどーなった?一切語られず。夜叉姫、自害。

小次郎、武蔵を討ち取る。夜叉全滅。総ては終わった。
誠士館、その後衰退。それに相対するかのように、白鳳は隆盛を。

風魔一族。任務完了。姫子と小次郎、別れのとき。分かっていたけれど、辛いです。
「困ったときは、いつでも駆けつけてやるからよ」

後日談。蘭子さんは卒業後、留学準備。姫子は、総長への準備。そして小次郎たちは。
どうやらいつものごとくらしい…というところで、
アンティーク珈琲店の「流星ロケット」が。

あっという間の3ヶ月でした。とにかく勢いが凄い。と思いきや、ドラマもネタもしっかり
盛り込んでいる。役者さんにもスタッフにも、この作品の愛情を感じました。
本当に、ありがとう、です。
まだ、舞台があるようですが、行ける人、楽しんできてください。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

アニメ「CAROL」

NHKBS2で放送された「CAROL」をみました。
http://www3.nhk.or.jp/anime/07winter/program/carol.html

もともと、TMネットワークのコンセプト・アルバム「CAROL」のマルチメディア
展開の一つで、このアニメはいわゆるサーキット方式で上映会にかかっていたと
覚えています。というか、当時ほとんど「のって」ましたわ;ライヴとか、
小説とか、ヴィジュアルブックとか。アルバムは当然として。

順番としては、最後のメディアだったような。このテーマのアリーナ・ツアー
終わってから、上映会、といった感じ。当時、キャラデザインを、今はガンダム00で
有名な『高河ゆん』さん、ということで、えらく話題になった覚えが。今見ると、

当時『逆襲のシャア』主題歌担当のTMネットワーク と、
後の『機動戦士ガンダム00』キャラ原案の高河ゆん の コラボレーション
だったわけで。こんなところで「ガンダム」つながり、というのも凄いです。

さて。本編の内容は、ガンダム関係無しに《当たり前だ》、ファンタジーです。
『少女の想いが、世界を救う』路線ですが、当時「CAROL」のメディアに付き合って
いた人ならば、自分なりに補完して楽しめますが、そうでない人には、
「この作品の公開当時、こんなぬるい話がデフォルトだったのか;」と思われる方が
いてもおかしくないところが。(おい)

しかし、何気にキャストが豪華。今でも現役の方がほとんどだし。《塩沢氏は;くれぐれも
残念です。》何よりも。
「当時、ツアーにおけるサポート・ギター担当であった松本隆弘@現B'z担当キャラ」であった「ケプリ」の声の人が速水奨氏であること!。キャラは美形だし、何よりも、作中の立ち位置が
バーン・バニングス@ダンバイン」そのものであることが贅沢、というか何というか。

で、ウツは自分が担当したキャラ『フラッシュ』の声をアテてます。周りが神レベルのことを
思えば、健闘したほうだと思います。しかし、王子様テンプレw。

「クラーク」は、まんまTKなんですが、今見てみると、偶然にも、
シャドウ@プリキュア5映画版ラスボス」とかなりキャラ被りしてることが判明。

「ティコ」は、一番木根氏に近いような。

さて。この作品も、『音楽で敵を倒す』話になるのですが、意外と「音楽」の使い方はシンプル。
クラーク言うところの、「ジャイガンティカを倒すのに有効なコード」に、「破魔の呪文」をユニゾンさせる、というもの。このあたり、「歌」でなく「音楽」を持ってくるところが、「曲を作る人」の感性かな、と思いました。もしかして、「ゴッドボイス」最強進化系?使った人に反動が来るわけでも無いし。
(ちなみに、出崎監督は「勇者ライディーン」スタッフでした。)

とりあえず、20年近く経つ作品を、テレビで観られた事に、感謝、でした。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

げんしけん2 #12.(最終回)

最終話。
笹原のなかなか決まらない就活~やっとこさ第一志望?の職種に採用決定~
合格報告を荻上に(彼女たまたまシャワー中)~それぞれのその後~。

という流れ。

就活経験者なら分かると思いますが、
「どこでもいいから」という気持ちで「なりたい方向」ではない職についてしまうと、
そのツケは必ず還ってくるので。この場合、笹原は粘って最後に笑った口ではないかと
思います。

この作品の原作は、「究極超人あ~る」とか、「動物のお医者さん」などの
「モラトリアム・パラダイス」物とは方向が違う、という個人的感想を
持ってましたが、どうやら今回の「2」では、尺の都合で、「そういう方向」に
まとめたような気がします。

荻上への電話シーン。シャワーから出てきて、体がまだ濡れてたり、足元の水溜りに
滴っていたりして、妙にエロいし。

実は、笹原・荻上のフラグ立てだけでなく、確定までやって欲しかったのですが。
(というか、あのあたりが、「げんしけん」の「げんしけん」たる所以だと思って
ますので。)

今後のOVAなどで、そのあたりの補完がされるかどうか?若しくは「3」が
作られるかどうか?

久我山の、「仕事してるけど、また描き出した」というくだりは、妙に
説得力あったり。

できれば、「3」があったらいいなあ、と思いました。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (10)

かわいいジェニー#21.&#22.

「改良イタズランⅡ」
怪獣ゴミモンスター。街で大暴れ。BGMがゴジラ;闘え、スイーツエンジェルズ!
ということで。思いっきり特撮魂炸裂してます。川北監督、真骨頂。この回のために
色々と積み重ねがあったと思うと、感慨深いです。

暴れるゴミモンスター。Mr. クラウンからの出動要請で、ジェニーたち出動。その活躍に
エールを送る一般市民。しかし、速攻返り討ち;ゴミモンスター、強し。手のひら返したように、
「可愛いだけじゃないか~!《この役立たず》」と罵声を浴びせる一般市民。
「悪かったわね!」爆発頭で逆キレ返しするスイーツエンジェルズ。「可愛い」のが命である「ジェニー」たちに、良くこれだけの「汚れ」させるなあ、といつも感心してしまいます。

そこへ現れた、エイブランの「イタズランⅡ」登場。操縦するのはシスターB。理由?街の
平和を守るため…ではなく、(おい)

「これに勝ったら、町中の皆から、『シスターB』コールが起きるわね~」という、極めて自己中な
(しかし、シスターB的には至極一本筋が通っている、という;)動機。当然、やられます。(おいおい)

このあたり、「ジェニー」とは思えないくらい、『東宝特撮』してます。川北監督、腕の見せ所。
そんな時、ISPでは、「隣の野原に」改造中の巨大ロボがある、という。
「予算。あったんだ。」@アキラ。
「ダイカイテン」という、そのロボット。どうも腕が肩関節のところでグルグル回転する構造。
とりあえず、乗ってみる3人。どうでもいいですが、3人コックピットに座ったところ、
「ジャスティライザー」のそれ、そのまんまw。
ゴミモンスター、ダイカイテンの「大文字焼きなんたら」で、宇宙空間まで放り出されました。
「二度と帰ってくんなよ~~~。」

これのコックピット、「酔い」が凄いそうです。座り心地は悪そうでしたが、やはり?

「三匹の子熊」
 「三匹の子豚」のパロディです。シスターBに「本当のこと」をついうっかりw言ってしまった
くまさんズ。怒り狂う彼女から、「樹海の中へ」逃げ込み、それぞれ「木の家」「土の家」「鉄の家」に避難しました。

なぜ「樹海」みたいなとんでもなところを、街へ遊びに出るかのごとく軽装でやってきたのかわかりませんが、
スイーツエンジェルズの3人。お約束で「迷って」しまいました。
そこに見つけた「木の家」。
「エイブランだ。食べ物か飲むものはないの?」なでしこさん。
「私、合気道の心得が少々ありますの。」…どこが正義のヒロイン?完璧な悪役です。
吹き飛ばされる木の家。「なーんだ、何も無いの」…鬼畜だ;。

再び。石の家。今度はアキラが、
「ブラックベルトの実力をみせてやる」とばかりに、蹴り。一瞬で崩壊する、家。(おい)
今度はパンくらいは有ったみたいですが。やること、既に「悪もん」です;;

こんどこそ、鉄の家。ジェニーの番ですが、攻撃、まったく歯が立たず。というより、生身では心得があったとしても、厳しいような。

そんな時。いきなりISPと連絡ついたりして、変身できたりして、必殺技なんか繰り出して、敵のアジトを一気に崩壊させて、くまちゃんズを放り出したりして。
(というか、ジェニーとアキラの必殺技、あったというのが。ちなみに、ジェニーはバトン攻撃。)

狼より恐い」スイーツエンジェルズ歯こりごり、ということで、シスターBのところに帰ってきた
3匹。「夕ご飯、作ってるから、手洗っていらっしゃい」優しいなあ、と感激する、くま達。

しかし。彼らは、彼女が唐辛子たっぷりの「劇辛」メニューを用意していることを、知る由もなかった。
…落ちない;。

とりあえず、女の恐さは、どっちもどっち、ということみたいです。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

人形アニメ「くるみ割り人形」

NHK衛星第二で24日《クリスマス・イブですね》に放送された、
人形アニメ「くるみ割り人形」を観ました。

「クリスマスイブの夜に、ヒロインである12歳の少女・クララが見た夢」
というストーリー。実は、サンリオ映画1979年度作品だそうです。

リアルタイムでは、当時『アニメージュ』に記事が載ってましたので、なんとなく
見た記憶が。

人形アニメ、ということですが、今のようにワイヤーで動かして、CGで処理する、というのではなく、一こまづつ人形動かしては撮影し、という作業の積み重ねによるもの。モブシーンにいたっては、背中かが冷たくなるようなレベル。

ヒロイン・クララの声。杉田かおる。どうやら「金八ファースト」《藁》とほぼ同時期の出演に
なる模様。今とほとんど声質変わってないです。

フリッツ・フランツ王子。志垣太郎。ほぼ同じ形態のドールですが、何と言っても、
「オスカルコスプレの高見沢@アルフィー」にしか見えないところが時代、というかなんと
言うかw。この前後に劇場版「地球へ…」のソルジャー・ブルーを演じられてます。声から
して二枚目。劇中では、婚約者で「人形の国」のお姫様・マリーにかけられた「呪い」を
解いたために、「呪い返し」?で自らが「クルミ割り人形」に変えられ、マリー姫からも
容姿の醜さから、「そんなもの、いらない。」と突き放される役。最後には、クララの
「愛の力」で無事姿をとりもどします。

ドロッセルマイヤー。西村晃。クララの叔父。手先が器用で、色んなものを造ります。
この人が、イブの夜に,『くるみ割り人形』をクララに渡したところから、
物語が始まります。
後に「黄門様」をなされますが、この頃はまだ悪役演じるほうが多かった覚えが。

人形の国の「皇帝陛下」。益田きいとん。マリー姫の父。
「こんな人形と結婚するくらいなら、死んだほうがまし」と言い放った娘を
咎めもしない、というシーンがあります。

当時の人形アニメとしては、最高水準だったとおもいます。映像も綺麗ですし。
しかし、「人形の国」のお姫様:マリー姫が、とにかく黒い《汗》。

せっかく、『二つ頭の白鼠の王』の呪いを、体張って解いてくれた婚約者に、
前述の台詞を平然と言ってのけるところが。作劇上、クララと瓜二つなので、
なおのこと恐さが引き立ちます。

その後、捨てられたクルミ割り人形を元に戻すため、クララはまた冒険の旅に。
フランツ王子に討たれた『ねずみの国』の王子が、襲ってきます。
「この人形の代わりに、私の体をばらばらにして」クララが叫んだその時。

醜いくるみ割り人形は、元の凛々しい王子の姿に戻りました。
しかし、王子の姿、まんま「オスカル高見沢俊彦」です。当時は、これが
「王子様」スペックだったのでしょう。

ラスト。夢から覚めたクララ。久しぶりにフリッツに会います。
「あの時はありがとう。あのときの僕だよ。」二人は、仲良く暮らしました。

十二歳設定の女の子が、わが身を捨てても「愛する人《人形》」を守ろうとする姿は、
少々残酷かもしれませんが、「無償の愛」を分かりやすく説明するのには、具体例として
分かりやすいな、と思いました。

作中で、時々森下洋子・清水哲太郎両氏によるバレエのシーンが挿入されますが、
「30年近く昔のお二人の映像」という意味では、貴重です。

劇場公開時は観ることが出来ませんでしたが、こうやって機会に恵まれて、
本当に良かったと思いました。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美容少年セレブリティ#13.

最終話です。

「人生は勝ち負けだけじゃない」セレブリティたちにも、客の双子姉妹にも。

「人生は勝ち負けのみ」そう断言するディビッドに、敗北宣言出された5人。しかし。
双子姉妹の表情から、「決してそうとは思えない」直感が働く。

で、「ジョーカー無しのばば抜き」をしてみると。
意外に面白い。当然、「負け」はないですが。

「勝ち負けだけでなく、お客さんを、最後は笑顔で送り出せたことが、
ビューティーボーズたちの誇り」に気付く。そして、土下座してでも、
敗者復活戦をディビッドに要請。

その結果。双子。まったく同じ格好に。
「10年ぶり?同じ格好したの。でもね、知ってほしい。美は勝ち負けだけでは
無いということを。」
 5人の思い、双子に通じたようです。「本当は、争いたくなかった。」
そして、とどめ。
ディビットは、シャッフル後の双子の区別がつきませんでしたが、5人は
見事に言い当てました。

笑顔に満ちて、店を出る双子。

勝負に勝ったビューティーボーイズ。しかし、店長はそれでも、
「セレブリティ解散」を宣言。その時、オーナーの声が。

「君達はここで学ぶことはもうない。これからは次のステップへ移って貰う」
として。
 豪:北京。涼:スペイン。塁:アルジェリア。潤:ナイジェリア。
 近藤:ドミニカ共和国。景:ハリウッド。
メイク兄とネイル弟、やっとここで独り立ちです。しかし、かなり凄いところだな。
「美の心を持つと言うことは、大切な誰かに愛の心を持って接すること。その心を
もってすれば、いつかは世界に平和が訪れる。それこそが、真のセレブリティの
目的なのだ!」

…すばらしい。どっかのガンダム持ってるボランティア団体と、目的は一致こそすれ、
手段の地に着き具合に、感服しました(おい)。こちらのほうが、よっぽど真の平和に
さっさと到達できそうです。あっちのマイスターさんたちも、こうやって一致団結…
しないだろうな;。

「美への技術と心を持って闘う戦士達」の話は、一応おしまい。後はそれぞれ赴いた
先でのお話になるのですが。なんか、遠い異国へ旅たつところなど、アストロ球団ぽい
といえばそれまでかも。

意外に楽しめた作品でした。かなりベタではありましたが、それはそういうテクスチャ、と
言うことで。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キューティーハニーTHE LIVE#12.

蛤学園校長・実はどSでレズな、泣く子も黙る「豹爪」の幹部の烏川さん。
ミキとハニーをどうしても手に入れたい彼女は、『なぜか』二人が通う
私立白薔薇学園に、『音楽教師』として赴任。声楽部を立ち上げる、と
勧誘。

この方も「歌で闘う」一人だったとは。しかも、

「不協和音で精神汚染を仕掛ける」(ex.ぴちぴちピッチ)

とか、

「衝撃波として周囲に物理的損壊を加える」(ex.闇檸檬水@映画版プリキュア5)

ではなく、「歌によるギアス発動」という、これまた新しい境地。

「ある歌を聴いたら、前もって指示された行動を取る」…しまった。既に「ハトの旋律」で
使われてたネタだ;;。まあ、この人が卵飲み込んだりするほかにも「能力」があった、ということで。

ミキ、空中元素固定装置との相性が悪いのか?体内から今度はチェーンが生えてきてる《汗》。しかも、時間と場所をわきまえなくなってきてるし。

ハニー、何の疑いもなく声楽部に入部。しかし、ミキは「分かっているので」入部せず。烏川、ミキを連れてくるようにハニーに指示するも、ミキ、これを拒否。「言うことを聞かなかった」ハニーに対して、ついに本性を現す。

「変身しても、無駄よ。」烏川、ギアス発動。(おい)彼女が歌うのを合図に、夏ちゃんを初めとする他の部員、ハニーに制裁しかける。ひたすら、ハニーを殴りつける夏ちゃん。手が出せないハニー。
このあたり、女でないと思いつかない残忍さです。いかに自分の手を汚さずに、相手を叩き潰すか?

その時。間を割る者が。ミキです。彼女も変身。
ミキちゃんもフラッシュするんだーーーーーーーーー♪」@ハニー。そこ、なにか違う。《汗》
赤と青、Wハニー共闘です。しかし、それぞれ烏川の触手;に絡め取られて。

まず最初。ミキからものにしようと襲ってきますが。ミキ、「見計らって」「凶器」で烏川の顔を斬りつけ。

「いつの間にそんな『凶器』を!」「自前だ」…さりげなく、凄い会話です。

ミキの過去。父と母と自分。3人で車に乗っていたら、いきなり大きな柱?がボンネットに落ちてきた。
両親、車外に投げ出され、即死状態。柱。実は大きな『手』。今度はミキの居る車ごと、握りつぶそうと。
恐怖に悲鳴を上げるミキ。

ハニー、自力で触手から脱出。烏川、顔を切られたので、退散。

ミキ、どうやらハニーにかなり、心を開いてきたようです。しかし、今回も『胸もみ』攻撃がありました。
深夜サービス、なのですが、「女性同士」ということで、ぎりぎりの線保ってるかも。

ミキの過去にある「手」。どうも「石」というより「岩」に近い素材。「岩の手」…「ガンテ」?
出渕氏のインスパイアかも;。

しかし、一筋縄でいかない構成です。いい意味で先が読めないので、なおのこと、楽しみ。

次回。合コン話です。3ハニー集合、みたいです。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (3)

チョコミミ#13.

どうやら2クール行くみたいです。結構人気ある?
「ボーカル決定!」
バンド話の続きです。アンドリュー、スタジオまでバンドの練習の成果を
見に行くことに。

ムムちゃん、ボーカル張り切りますが、かなり厳しい模様。
「それ、デスメタル」「デスメタルやったら、よっぽどバックが上手くないと
あかんやん。」却下。

チョコ。ベース頑張ってるけど、「開放弦」のみの音。フレット押さえにくいから、
という。
「女の子には、よくあるよね」見学に来たバンビちゃんの言。手が小さめなので、
下手したらつってしまいがち、らしい。

ミミ。ノートにヘ音記号とか、そのあたりをカラフルに書きとめてます。
「だって、初めて知ったの。ヘ音記号とか。あと、カスタネットとリコーダーも」
「それくらい、小学生でもできるわ」

しかし。チョコとミミ。さりげなくデュエット。結構活けるハーモニー。
「おまえら、ボーカルやれ」

アンドリュー、今バンビちゃんたちとバンド、進行中。
「やれば?」バンビちゃん、漢だ。あとはミカちゃんに曲書いてもらって。

どうやら、形にはなりました。次はどこまで?

「幸せのはっぱ」
久しぶりに、チョコとミミの小学生時代。
「四葉のクローバー」を探すのは、大抵の人ははまる遊びですが、この二人も
例外でなく。しかし見つからなかった日の夜。

ミミちゃん、頭に浮かんだ話をノートに書き連ねます。
「ある日、ミミの前に、背中に白い翼のついたチョコちゃんが。チョコちゃん、
背中に沢山の傷が。」
ミミちゃんにとってのチョコちゃんのイメージ。既に王子様越えて、騎士レベルです。

この頃のミミちゃん。良くクラスの男子にいじめられてます。ノートの間にクモの模型
挟まれたり。

ミミパパ、「男の子はね、好きな子には意地悪したくなるんだよ。」

例えそうであっても、「嫌なものは嫌」とはっきり自分の口で言うことが大事。
言わないと分かりませんから。しかも、この場合、純粋に「いじめ」なので。
ミミパパ、こういうときは、自分の口から意思表示を教えないと。

で、チョコに助けられる、と。「私、いじめられて無いから」

もし、ミミちゃんがチョコちゃんと出会わなかったら、積み木崩し状態に?

で、四葉のクローバーの、「葉っぱの持つ意味」が。4枚目が愛情?という謎解きで
今回は〆。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しゅごキャラ!#12.

ヒロインであるあむちゃんと、その仲間であるガーディアンのエピソードは、
何のかんの言っても「子供が頑張っている」というのが感じられて、清清しく
あるのですが、どうも敵対キャラである「猫耳」イクトと「歌姫」歌唄関係の
それは、対を成しているにも程がありすぎて。

「イースター社の手先」な二人が登場するときの空気は、まさしく「深夜枠」。
あらゆる「事情」があってもおかしく無いくらい、ある意味恐いものが。

そろそろ、「歌手・ほしな歌唄」活動開始、です。しかし、プロモーションからして、
14歳の少女のものとは思いがたく。
「闇の中で乱舞する蝶を捕まえる」って;;。否応でも某5人組を想像してしまいます。
しかし、「迷宮バタフライ」、劇中キャラソングではなく、「水樹奈々」です。
(キャラを越えてしまったような気が。)

で、今回は、あむちゃんとの対比で、猫耳とか歌唄のキャラ立て話。これはいいやり方
だと思いました。

歌唄さんは、歌と踊りのレッスン。でも、なかなか複雑なよう。イースター社の女性
社員さんが、彼女の担当らしいですが、なにやら訳あり。

すっかり遅くなった、帰り。(こどもは早くおうちに帰らないと)野外ライブやってる中、
バイオリンの音。たどってみると、満月を背景に、猫耳がバイオリンを演奏。ここの絵は、凄く綺麗です。
「手を引くなら、今だ」さりげなく、「敵対関係にはなりたくない」本音が見えてます。こっちは
結構「我慢強い」?あむちゃん、かなり心傾いているみたいです。

そして、歌唄さん。
「イブの夜、8時に待っているから」猫耳に告げます。
「健気だねえ」二階堂先生、本音で登場。
「あの子を闇に落としてるのは、自分だってことに気づけよ。いつまでも部外者面してないで。」
闇落ち、とは。昨年の冒険戦隊の黒《今は夜叉八将軍の白虎》からみで、必ず出てきたキーワードでした。なんか深い事情ありそうに思えます。

ロイヤルガーデンで、ガーディアンメンバーとコスプレカラオケしてみたり。あむちゃん、
大サービスで「キャラなり」トリプルコンボです。
「みだりになるもんじゃない」という趣旨のことを言ったのはミキですが、おそらく、
「まったく能力を当てにしてないときのキャラなりはOK」とかいう「線引き」が有るのかも
しれません。(つか、たまにはキャラなり練習しとかないと)

その帰り。×たまの予感。野外ライブ会場で、演奏していた人たちが倒れてます。当たり一面、×たまだらけ。思わず山越@電王を思い起こしたのは…自分だけかも。そこには、×たまを回収
している猫耳の姿が。

その頃、クリスマスツリーの下で、猫耳を待つ歌唄さん。待ち人来ず。

「俺に障るな」言い残して、×たまもって姿を消した、イクト。

タイトルの「悲しみのクリスマスイブ」というのは、恐らくこの二人のことを指しているのでしょう。
あむちゃんには、多少の迷いがあるとはいえ、「前に進むべき道」が拓けてるのですから。

作品世界の「ダークサイド」を背負うことになった、猫耳と歌姫さん。いよいよ物語は大きく
進む?

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (5)

Yes!プリキュア5#45 .

最初に結論。小々田とのぞみは「しました。」

と考えるのが自然な流れ、と思いました。放送するには色々と
コードにさわるので。

いつの間にかピンキーが『後一匹』まで集められている、というのは
おいといて。クリスマス・イブです。
ココとナッツの「パルミエ王国を再建する」という願いをかなえるために
ナイトメアと闘ってきたプリ5さんたちですが、どうやら後一歩、のところまで
きたようです。しかし。

王国が復興したら、ココやナッツは帰らないといけない。

という事実もまた然り。のぞみ、ショック受けますが、最初から分かっていたこと
だと思うので、恐らくは『心境の変化』によるものと思われます。
可愛い小動物?を助ける」から「好きな人の願いをかなえる」へ。
そうなると、
『その日が来なければいいのに。』と迷いが出るのも、仕方なく。

一方、ナイトメア本部。カワリーノさん、ラスボス然としてます。ブラッディさん。
「お前が来る前のナイトメアはこんなじゃなかった。」
「私は私のやり方で闘う」
ブンビーさん、気がつけば、「絶望」の中の「一縷の希望」の体現者となってます。

ブラッディさん。今までは劇場型演出で、もっぱらこまちさんばっかり狙ってきていた
のですが。彼女が前回で攻撃型に目覚めたのを知ってか知らずか?今回はのぞみを狙ってきました。とりあえず、「舞台」にこだわるところは相変わらずですが。
「ナッツハウス」という「建物」に仮面つけるとは;しかし、蝙蝠小父さん。正体が
某格下戦隊の、扇の舞踊りまくりの蝙蝠師匠によく似てらっしゃる;;。

今までの経験より、プリ5たちを倒すには、まず『柱』を倒すべし、と気付いた蝙蝠氏。
空気読んだらしく、今なら簡単に活ける、と踏んだのでしょう。
(こまちさんとは、かなり禅問答繰り広げていましたから。)というより、蝙蝠さんの
ごたくが、ずいぶん分かりやすかったので。

しかし。恋する乙女には色々いる、ということを、蝙蝠さんは忘れていたみたいです。
こまちさんのときには効いた『言葉攻め』が、のぞみには効果が薄かった。なぜか?

こまちさん…ナッツへの想いそのものに戸惑い。
のぞみ………ココ好きなの!好きだから、好きな人の願いをかなえるの!《迷いなし》

後の4人が即座にフォローしたのも大きいと思いますが、何よりも、本人の底力がものを
言ったようでした。

よって、のぞみ。至急復活。即効攻撃。秒殺退散;;。

後は、クリスマスイブの夜。小々田とのぞみ、互いの想いを確かめ合います。

二人とも、『その先にあるもの』を目指すことにより、吹っ切れたのかもしれません。
それだけ、『大人になった』というか、『強くなった』ということで。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (10)

今日の仮面ライダー電王#46.

OPがオリジナルに戻ってます。せっかく今人フォームになれてきたのに。これは
期間限定販促だったのかと。

話の内容ですが、愛理さんがじつは『本当の分岐点』だった、という。そして、
「桜井侑人」は、今でも、愛する人と時間を守って闘っていること。デネブは、
一人ゼロノスとして闘う「桜井さん」の願いで、「過去の桜井」と契約したこと。
今の時間は、特異点である良太郎の記憶がつないでいること。
カイの健忘症?はいよいよ進んできたこと。

なんというか、難しいです。時間物の宿命、でしょうか。

ゼロ組ですが、きっかけは何であれ、とっても仲がいいのが。侑人、
「じゃー、離れるな」とは、いいツンデレ。

良太郎のために、もう一度クリスマスパーティーを企画するタロス達。
リュウタの鼓笛隊、とかギャルソン・ウラとか、板前のキンさんとか。
コスプレ力はいりすぎ。でも、去年の愛理姉さんとの会話を邪魔しない
あたり、空気よめてるのかも。

良太郎・侑人のダブル変身、赤と緑のゼロノス共闘など、視覚的には
美味しいところ、沢山ありました。白ライオン今人、強いし。

でも、カイが作り出した今人は、なぜかモグラ。しかも大量発生。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (10)

今日のゲキレンジャー#43.

白がメイン。トナカイもといガゼルがパートナー。で、金髪の少年がゲスト、の
クリスマス話。なんというか、滑ってる。

メレさんも、今回はやや滑ってます。しかし、彼女の場合、
「理央様命のラブ・ウォリアー」という太い軸があるため、多少ぶれても
まあ誤差の範囲内に収まるかな、というところ。しかし、こーんなにかわいい
まるでグラビアアイドルのようなwwミニスカコスプレ。実は泣く子も黙る
幻獣フェニックス拳使いとは。壊れるだけ壊れてますが、これは中の人が
踏ん張っているから、ぎりぎり持ちこたえたのかも。

それにしても、「ハッピー・クリスマス」って。何か違和感です。そもそも、
「去年のクリスマスイブに、お母さんが交通事故で亡くなった。それ以来、
カールはクリスマスが嫌いになった。」設定で、何故外国の大使親子でないと
いけないのか?どうやら、英語にまつわる「行き違い」のシチュエーション・ギャグを
狙ってたと思われますが、活きて無いし。普通に
『お金持ちの日本人の親子』でよかったのでは?それに、
「お母さんに会わせてやる」といって、無理ある女装も、しらけるばかり。

そんな中、何気に仕事をこなしていたのが、幻獣ハヌマーン拳のシュエン。デザインは
思いっきり京劇の孫悟空なんですが、ネタに徹していたところが、潔し。
「人々の悲鳴と絶望を集める」事に関しては、良く働いていたと思います。

それにしても、白。いつの間にか「過激気」を身につけていたらしい。デフレスパイラルにも
程がありすぎ。後はひたすら「ハッピー・クリスマス」へのオチしか見えなくなり。

「クリスマスよ~。早く帰って着なさ~い」「わ~い、ケーキだあ。」
…どこの昭和の家庭ですか、まったく。

ラスト。カール君のところが『大使館邸』、というので無理やり押しかけてきたように見える
激一同。カールママンの氷の彫像のところで、ママンが頭上に星乗っけてるところを作り出して
ましたが、子供としては、ちと問題な構図のような気がしました。

それにしても、白のキャラソン。やはりこのネタかよ!

販促的には、巨大ロボ何気に勢ぞろいしてたようですが、主目的に繋がったかどうかは不明、のようでした。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (9)

機動戦士ガンダム00#12.

今回の言葉。グラハム・エーカー《おとめ座の男》の台詞全部(おいおい)。

というくらい、久々の登場に、しっかり視聴者の期待に120%応えてくれました。
さすが、仕事のできる男は違う…。というのはさておき。

「ガンダム」シリーズは、なんと言っても、スポンサーである玩具会社の製品PV
を兼ねている、というよりそれがメインな訳ですが、

「政治と宗教の話しは《ry》」と昔から言うように、触れないほうが●×△、という
ジャンルは確かにあります。で、どうやら今回は「地雷踏んだかも?」というのが
一番大きな感想。日本、という国は、世界的には「宗教に寛容な国」として認識されて
おり、逆に言うと、それだけ「宗教の対立」への認識が薄いと思われるので。

中東の、宗教的対立から内紛が耐えない地域って、まんま某国とか某国とか、です。
しかも、一旦他国が軍事介入してしまうと、そういう理由から泥沼化してしまう、
というのが。

果たして、「ガンダム」という玩具PVごときが、足踏み入れてよい領域だったのかどうか?

そもそも、アザディスタン、という国では、女性は政治に口出しできない、らしい。
では、何故そのような慣習があるというのに、「王女」を国のトップとして担ぎ出したのか?
この時点で、議会の思惑が見えてます。要するに、

マ リ ナ 王 女 は か ま せ 犬 。

いざとなれば、色んなことひっくるめておっかぶせて、ということなのでしょう。ならば、姫様も
「お勉強しか出来ない優等生」みたいなこと言ってないで、そのあたり腹括らないと、それこそ
「国ごと」色んな勢力の「スケープゴート」にされておしまい、ということに。
「姫様、泣いてないで。」シーリンさん、GJ。

「ガンダム」という「ロボットアニメ」、という視点からすれば、Bパート前半のデュナメスVS
フラッグ戦(ロックオンvsグラハム)は純粋に『燃え』展開でした。乙女座兄ちゃんの炸裂する
迷言もさることながら、ここらあたりのパイロットさんたちは、MSの機体の性能に依存するのではなく、自らのスキルで勝負してますから。

なので、せっかくいいところだったに。アザディスタンの反乱分子。KY!KY!

一方。アザディスタンに潜入した刹那。現場の惨状に、かつての自分を見たようですが。
土6枠は、どうやらあの程度までの(子供の惨殺死体)表現までは、前例に倣ってOKみたいです。
個人的には、考えるところ大いに有りますが。

で、どうやら『怒りに任せて』刹那はクーデター軍サイドのMSを破壊しましたが、それも、見る人が観れば
「機体の性能に頼りすぎている」と見抜かれているところが。

そういったところから、
「俺は、ガンダムにはなれない…。」@刹那 などという、どーみても狙ってる、としか思えない、噴飯ものの台詞は、
「自分はまだまだ、感情を殺して、非常に徹しきることは出来ない」という心境を表してる、と解釈してますが、さて。

年明け、次回からOP,EDが変わるそうです。前期折り返し。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (35)

風魔の小次郎#12.

本当に30分弱だったのか?というくらい高密度な内容。というか、
普段より長いアバンで、今までに散った風魔メンバーが登場して
「風林火山を見事に使いこなせるまでに成長した小次郎にエール送る」ところなど、
サービス、というより涙、涙。

ラスト話(前)といったポジション。武蔵はえりなちゃんの延命を願って、
「10年先でも動いてる」高価な時計を購入。《涙》
陽炎。ついに動く。というか、策を弄して「共倒れ」を狙ったところが、
「策士、策に溺れる」を地で行くがごとくの退場の仕方。個人的には
彼の「扇の舞」が見たかったのですが、なんというか、彼には殺陣の見せ場が
なかったのが。後のメンバーが風魔・夜叉双方とも一本気なだけに、「卑怯な奴」
ポジションが総て彼に振り分けられたみたいでした。(それも役割といえば仕方
ないですが)

話のメインは、きっかけは陽炎の策、とはいえ、風魔と夜叉の一騎打ち。竜魔と武蔵の
サイキック戦士対決とか、壬生・陽炎の対決とか。それこそキャラソングBGMかけまくり
でも盛り上がる一方ですが、実は女子チームの静かなる闘いも見もの。

姫子vs夜叉姫。姫子、夜叉姫に臆することなく、自分の信念を貫く強さ。小次郎が
ひかれたのも、ここなのだろう、と今になって納得。

蘭子vs麻矢。
「飛び道具は、いつかは尽きる」弓矢と鞭の対決です。つか、どちらも引かない。
暗闇で、静かに進むこの闘い。次回に持ち越されてるようですが、こちらも気になります。

そして、壬生。黄金剣を使いこなせるようになって、夜叉に帰ってきましたが。散華。
しかし、今までの遅れを取り戻すかのごとく、陽炎を討ちますが、小次郎に敗れる。

武蔵に今までの確執を詫びながら、彼の腕の中で息を引き取る壬生。
そして、黄金剣、武蔵の手に渡ることにより、本来の姿に「キャスト・オフ」(おい)

武蔵、小次郎。
「こうして合間見えることが、運命だったのかもしれないな」

何回見ても、飽きないです。どこもかしこも見所ばかり。しかも、レギュラー全員が
「闘っている。」女子であっても、それは例外でなく。

ここまでレベル高い話になるとは、正直思っても居ませんでした。今年の特撮ベストがあるとしたら、
間違いなく上位3位以内には入ります。《あくまでも個人的に、ですが。》

来週で最終回。分かっていても、もったいない。舞台が来年3月決定みたいですが、初めて
行きたい、と思いました。行ける人がうらやましいです。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

げんしけん2 #11.

「タイトル」って、一体どこからきたのかと思いましたが、まさか
そこからきてたとは。(汗)

荻上さんが初参加したコミフェス話に見せかけて、実は笹原と荻上の
フラグ立ち過程の話。サークルの売り子として二人が入り、色々と
就活話とか、将来の職業の話とか、いいところに。

荻上の中学時代の腐友達×2、偶然の再会。あまり嬉しそうどころか
具合悪くなってそうな彼女。まあ、昔の腐友にあって嬉しくないときも
有ったりしますが、どうやら深いわけありそう?

あとは、大野さんのお友達、アンジェラとスー。「爆乳」アンジェラは
コスプレ、「ロリ属性」スーはサークルめぐり…のはて、荻上のところに。
彼女の出した「くじアン・女子向けエロ」本をお気に入り、「かのシーン」
の見開きをさして、
「ココにサイン。」とりあえず、表紙にする荻上。アンジェラも、どうやら
荻上本がお気に入りらしい。

大野さん、笹原と荻上を二人きりにしたいゆえに画策したのですが、
スーと、「半休とってきた」斑目が既にサークル内に入る、ということで、
これもおじゃんに。(涙)

後は「打ち上げ」として、皆さんがスーパー温泉入りに。大野さんとか
アンジェラはサービスシーン。荻上とスーも、実はそうなのかもしれないです。

そして、荻上初個人誌の売り上げは。50冊印刷して、11部売れ。まあ、そんなもの
かも。

しかし。どうやらその中身は「タイトル」だったらしく。読んでる女子全員が
…。というオチ。ちなみに、アンジェラとスーが購入した大量の同人誌は
大野さんが後日送る、らしい。大変です。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

【Climax Jump DEN-LINER form 】

密林で予約するのをすっかり忘れてましたので、地元のCDショップで購入。
色んなところで初回版確保しにくそうでしたが、リュウタロスVer.以外は
揃ってました。

キンタロス版が欲しかったのですが、その時の連れがどーしても!ウラタロスで
無いと嫌だ、と駄々こねるので(藁)、ウラVer.を入手。

ラインアップ。
M1.Climax Jump DEN-LINER form
M2.Climax Jump DEN-LINER form モモ ウラ キン リュウ セリフver.
M3. Climax Jump DEN-LINER form モモタロスセリフver.
M4.Climax Jump DEN-LINER form ウラタロスセリフver.
M5.Climax Jump DEN-LINER form キンタロスセリフver.
M6.Climax Jump DEN-LINER form リュウタロスセリフver.
M7.Climax Jump DEN-LINER form instrumental
bonustrack.Climax Jump【僕に釣られてみる?】rodRe-Mix

です。封入カードは、当然ですがウラタロスー電王ロッドフォームのリバ。

以下、感想。
 歌詞カードを見ると、各タロスのイメージカラー4色で歌詞を色分け。
《要するに、その箇所をこのタロスの中の人が担当している、ということで)
歌だけで聞いているよりも、誰が歌っているか良く分かります。いや、楽しい。

あと、リュウタロスが間奏部分でラップ頑張ってます。中の人、ご苦労様
でした。

秀逸なのは、各タロス台詞バージョンです。
「このタロスが言ってた、あの台詞」がまとめて聞けます。そうすると、
「このタロス、こーいう面もあるんだな」と新たな発見があったり。
ウラタロスに限って言えば、
「マジになると恐い」だったりします。

しかし。放送回数が後4回?というタイミングでこういう「総集編」をかねたような
アイテムが発売されると、しみじみと「そろそろラスト近い」と寂しくなるとともに
「あれもこれも、全部迷?台詞!」とうれしくなったり。

それにしても。こういう企画がそこそこ売れてしまうようになった「電王」は本当に
凄いです。キャラが立つ、というのはこういうことかと思いました。何回聞いても
飽きない。次から次へと新たな発見が。

当初から、作品を見続けてきた「電王好き」な人たち全員への、「ボーナス」と
思いました。>このCD。
想いました。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (2)

かわいいジェニー#19.&#20.

「ゴミモンスター」
「合体!」ハリー先輩、姿が見えないですが、声だけ聞えます。アレは先輩ではなく、
アポロニアスとかいう、《ry》。

危うく活け造りにされそうになるところを助けてもらった宇宙人くん。こんどは、
「宇宙で発生したゴミモンスター」が、地球を狙ってる、という話。地球のゴミを
宇宙に捨てるはず、無いのに?

ゴミモンスター、スーアクさん入ってます。でも、宇宙空間で生ゴミの匂いがするかどうか
ですが、このお話、何かにつけて「におい」がキーワードみたいです。

シスターB,まるで「キングコング」のヒロインのごとく、バイトで配っていたティシュで
モンスターを清拭してやります。そう、キングコング=モンスター の図式。
「臭くないか?」
「大丈夫。いつも熊たちと一緒だから。」…何気に「熊くせー」と暴露してます。
しかし。かのヒロインとちがうのは。
「分解して、まだ使えるゴミを見つけて、高く売りつければ」シスターBはこうでないと。

怒ったモンスター。エイブランご一行様を遠くに蹴り飛ばして、なおかつ。

「実は、政府が極秘で宇宙に…」Mr.クラウンの弁。
「謝っといてくれ」責任放棄だ。いつものことながら。で、謝りにきた3人。
しかし。
「ゴミは分別して云々」@なでしこ、といったとたんに。
逆切れして、3人は追い回されてしまいました。(おいおい)なげっ放しだ;;。

今回のモンスター。総てが川北監督本領発揮、でありました。

「なでしこ姫」
着物を着て、お琴を爪弾くなでしこ。お腹すいたなあ、ということで、「ラーメン食べたい」と
思い立ち、心当たりに連絡。しかし、いつもの二人どころかMr.クラウンにまで断られる始末。
つい妄想が。

ドールさんたちの私服とか、お侍のコスチュームがとても良かったです。ジェニー、若侍かっこいい。
蔵雲さんの着物姿もいいですし。シスターBくのいちも。

しかし、「今夜はお腹が減るでしょうから、このインスタントラーメン作ります。」な
おくどはん、で。最終的には、敵味方入り乱れて討ち死に。という状態に。
一人生き残るなでしこ姫。

何の勘の言っても、3人とクラウン氏はなかよしです。しかし、今回は2話とも投げっぱなし。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙戦艦ヤマト#11.

芦田作監、安彦絵コンテ。

今回から、デスラー総統はじめガミラスの皆さんの肌の色が「青系」に確定。
「光線の加減で」次第に顔色が変わっていくのは、かなり「しゃれた」方法
だと思います。

ガミラス軍が、宇宙空間にばら撒いた「機雷」。これを、「勇気と知恵を振り絞って」
回避するのが、今回の話。よって、ガミラス側では、
「デスラー総統は、ヤマトの一連の動きをどう見たか。」という流れですし、
ヤマト側では、
「いかにかわしていくか」が色々な箇所でドラマになってました。

「こんなこともあろうかと」(おい)真田さんがひそかに作っていた
「ミニ・ヤマト」《要するに、風船なダミーです》、目前に漂っていた物体に接触
したとたん、爆発。機雷。どうやって、この機雷空間を越えていくか。

これ以降、試行錯誤しながら、最後には機雷空間を越えるのですが。
この間の、古代と島のやり取りが面白いです。訓練学校時代からの友人、という設定
通り、「心許してる相手ならではの、歯に絹着せないやり取り」をしています。

というか、古代、かなり口悪いし、
「島,停まってくれ、お願いだ」と手を合わせて哀願するところなど、本当に細かい
表情を見ることができます。

で、かの機雷。「人力で」除去することで航行可能に。とてもシンプルです。宇宙空間
ならではのアイデア。

「作戦失敗」を図らずも見届けることになった総統の、
「相手の艦長の名は?デスラーの名において、電報をうってくれ。」の台詞。
「孤独の王者」の貫禄十分でした。

しかし、何故ヒス副総統が、「ヤマトの艦長」=「沖田重三」であること、どこで知ったのでしょう。
作品中では、触れられてませんでしたが。

それにしても、その「電報」を受け取ったのが通信班の相原君。どう観ても航海班の大田君です。
(おい)
敵の正体・ラスボスがわかって、「喜ぶ」古代。この頃はまだやんちゃだったようでした。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「牙狼」より。(ハニーとかライダー映画版とかのスタッフつながりで。)

2006_1214_154739aa_2 「牙狼・冴島鋼牙」と「絶狼・鈴邑零」です。

2006年ごろに描いた作品。このころ、まだお絵かきソフトすらなかったので、使った画材は、

          ・カラーマーカー

          ・水彩色鉛筆2006_1214_154739aa

・筆ペン、ピグマ0.5

などです。当時スキャナすらなかったので、鋼牙のほうはデジカメ撮影。(零のほうはスキャナ撮りなのですが)

Img002アナログで描いて、どうしても思うような効果が出ず、パソ絵に移ったきっかけでした。

やはり、人物は難しかったです。

「ラフと雑は違う」を心がけてはいるのですが、なかなか難しいです。

追記:

          鋼牙のイラスト。2枚ありますが、同じものです;。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

美容少年セレブリティ#12.

同時に、ラスト3話のうちの中編、でもあります。

このバトルに勝たなければ、セレブリティを辞めてもらう、と宣言した店長。
早速、「5人の心を一つにして」仕事にかかる。

コーディさんのアドバイス、
「綺麗になる、ということは、本当の自分になること。私たちで、
あの子達を綺麗にしましょう。」

双子さんたち。今日は「お父さん」と食事をする日。しかし、両親は10年前に
離婚していた。その間、母親が二人を育ててくれたが、病気で亡くなった。

そこで、別れた父親と、娘2人で、新しい生活を始めるお祝いをするのだ、という。

お客の本心を探りつつ、ようやく彼女の本音がつかみかけたとき。

ED歌ってる中の一人ライバル君が、いきなり登場。
「世の中総て勝ち負けだ!美の世界も同じこと。勝ちたければ俺のところに来い」
片割れに、どうしても勝ちたい。これからヘアカット、というところでライバルが、
双子のもう一人を持っていく。
「私、どうしても勝ちたい」

お客を持っていかれた時点で、セレブリティの負け。いよいよ解散か、と思いきや。

「もう一度、チャンスをください」

今回は双子さんの背景説明が入りました。ここをしっかりしとかないと、
次回「いかにして5人は(ry)」が説得力持たないからだと思いました。

来週、最終回。セレブリティたちの運命は?

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キューティーハニーTHE LIVE#11.

P.C.最強幹部?「魚屋の田中のおばちゃん」登場。

これに尽きるでしょう。あと、流れ的に、

3ハニーそろい踏み。OPでやっと揃いました。あとは、ハニーのシルバーフレール
以外のミキ、ユキの得物が明らかになる待ち。

話し戻して。前回のデートから、どうやってアルバイトにつなぐのかと思ってたら、
『女の子同士のおしゃべり』からもって行きました。細かい心使いです。
パン屋さんの売り子さんのアルバイトする二人。ジャージのコスは無いと思います。《汗》
申し合わせたかのように「ハニー・フラッシュ」でコスチェンジするところ、良くわかって
らっしゃいます。
このとき、ミキはコンビニで買い物中。たまたま押し込み強盗の現場に居合わせて、
「500円盗まれたのを取り返しに」この事件に関わっていきます。

ハニー、ミキ、ユキ。それぞれキュート、ワイルド、ガーリー、とファッションにも個性を
出しています。いい仕事です。>スタッフ。

で、この街の「美化委員」なる一団。「街を汚した人は、サングラスかけなさい」すると
いきなり押し込み強盗に早変わり。実は、P.C.の仕業なのですが。

魚屋の田中さん。威勢のいいおばちゃんです。旦那は昼からビール喰らってたりします。
このおばちゃん、ハニーに「美化委員」を申し付けますが。

中条とデューク。デューク、前回で負傷?破損?した箇所の修復、完了。二人で
「あのおばちゃん」の話。
「勝手な決まりつくって、あこぎに金儲けしてるからな。」結構苦手、と見ました。
しかし、この二人、女性幹部に手を焼いてます。キャラの濃ゆさで負けているそうですが。

その一方で、ミキ。犯人追っていくうちに、パン屋へ、『腕っ節のよさ」を買われて、
「用心棒」に。《用心棒かよ;》ここで、ユキと再会。本名を名乗る、ミキ。

ハニー、美化委員やっているとき、ミキと遭遇。
「お前、何片棒担いでる?」気がつけばP.C.のお手伝い;;盗んだ金を運ぶところ。
「キューティーハニー」に変身してバトルですが。

このとき、「このお金は、ハニーさんと私の青春の証」とか恥ずかしくなるようなたとえを
していたユキ、ついに「ハニー・フラッシュ」。「シスター・ユキ」に変身、一気に片を
つけました。所詮、雑魚ですから。中条&デュークを一人で退けてる彼女に《ry》。

ハニー。ついに、「魚屋の田中さん」正体を現す。それは。
「P.C.の幹部」。魚屋だけに、凍った「太刀魚」を「太刀」にして、ハニーに挑む。
ハニーでなくても、魚振り回されるのは嫌ですが;。ついにやられるか!と思ったとき。

凍った魚はいつか融ける。ぐんにゃり。太刀魚。生臭いぞ;;こっちのほうが攻撃力高い。

かと思えば、「平目《冷凍》」を盾にしたり、「ヒトデ」を爆弾にしたり。
一体どこから取り出すのかと思えば、腹の中から出してます。>ドラえもんですか;。

ヒトデ爆弾炸裂、ついにハニー絶体絶命。その時。
「500円返してもらう」ミキ、登場。彼女もハニーフラッシュして、シスター・ミキとしてバトル。
「例え500円でも、盗まれるのは嫌だ…。昔、命を盗まれたことがあるから。」
「わたしもね、私のお金盗む奴は嫌いなんだよ。」

最終形態、田中さん。大きなお腹の正体は。異次元ポケットだけでなく、
巨大ガトリング砲でもあったとさ。見かけは三段腹今人@仮面ライダーしん王 ですが。

砲撃受けるミキ。まともに喰らい、戦闘不能に。こちらもあわや、のその時。
ハニー、危機一髪。ミキを助け出し、逃走。

ミキ、ハニーに助けられたことで、心境の変化。ここでユキとも落ち合う。
「無事でよかったです。」

しかし、この作品。役者さんもスタッフも、「自分の役」を凄く楽しんでいるように見えます。
ふせえりさん、凄すぎる。「普通のおばちゃんが、実はとても黒い」これが最強かと。

何気に、おばちゃんが「美化委員」の頭ををジュラルミンケースで殴るあたり。
 ・殴る。
 ・「グシャ」擬音入る。
 ・ケース、上げると、血糊べったり。
このコンボがグロかったです。しかも、普通に会話しながら行ってます;;。ひええ。

美化委員のレクチャー。
 ・ロケ禁止
 ・人クレーン吊り、禁止
って。《撮影できない》

ガトリング砲の砲弾;
 「大」「得」 「売」?の字が。いらないです。いくらお安くてもw。

これで20数分に収まってるのですから、プロのお仕事、です。深夜枠がもったいない。
(深夜ならではの自由、という見方も出来ますが)

追加;

田中さんのご主人。喜多川さんでした。《ブルーマスク他多数》いつかは立ち回りがあるんでしょうか?《わくわく》

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

チョコミミ#12.

『ジングルベル』
今日はミミちゃん家でクリスマスパーティー。パパが心を篭めて準備して
くれてます。ツリーの飾りつけとか、ご馳走作りとか。
「海苔巻きマッキー」で作った海苔巻きとか、「サンドでポン!」で作ったミニサンド。
こうやってつかうと、こんなにかわいいフードがあっという間に簡単に!
(バンダイは宣伝が上手です;)
ミミちゃん大好きパパ、もちろんお友達のチョコちゃんもかわいい。しかし、次々と
くるお友達は男の子。アンドリュー、ミカちん、ムムちゃん。

パパ、やきもち焼きますが、ミミちゃんに
「2階へ上がってて」と追い払われてしまいます。(涙)せっかく頑張ったのに。

と、言うことで。プレゼント交換タイム。アトランダムなので、誰が誰のを貰うのか?

アンドリュー。ピアスらしい。《ミミちゃんより》
チョコちゃん一個ずつするそうな。チョコちゃん。カブトムシのおもちゃ。(ミカちんより)
「最近、カブトムシに凝っててなあ。」…女子に当たること考えて無いし。(汗)
ミミちゃん。ムムちゃんから、ブレスレット。大きいなあ…と思ったら、ショコラの首輪!

楽しい時間は早く過ぎて。
「雪、降らなかったね。ホワイトクリスマスに、ならなかった。」

窓の外を眺めてるチョコとアンドリュー。チョコちゃん、アンドリューが『お手製ケーキ』を食べてくれなかった理由が気になります。

「甘いもん、苦手なんや。」
「チョコだけじゃ、なかったんだ。」
「来年、甘くないの作ってくれたらええし。」
「来年があるんだ。♪」

この二人は、少しづつ前へ行ってます。
「はい、少しだけど、ホワイトクリスマス。」ミミちゃんより、「カキ氷」の差し入れ。
パパお手製らしい。どこまでも健気なお父さんだ。

このパーティーで、少しだけ前へ進んだペアも居れば、まだまだこれからかも、という人たちもいて。
いずれにせよ、ミミちゃんパパのこれからは大変です。

『ニチヨウビ』
『女の子よりかわいい男の子なんて、許せない!』ミミちゃんが、ムムちゃんに対抗意識全開。
トータルコーディネートに張り切ります。『メイクも頑張らなきゃ!』
『ムムちゃん、すっぴんだよね。』…この時点で明暗が;。
しかし当日、ムムちゃんは。

とってもワイルド、というより、普通の男の子のファッションでした。

Aパート回がメイン、のつくりでした。Bパートは着せ替え合戦、みたいな感じでしたので。
ラストのミニコーナー、ファッションポイントが、今回は結構使えそうでした。
ミミちゃんの『プードルジャケット』?某電王のハナさんが着ていたようなものかな?と
思って見たり。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しゅごキャラ!#11.

ガーディアンの皆さんが、空海くんのおじいさんが住職している、
「リゾートホテルの近くのお寺」で「スキー合宿」。

今回は、×たま浄化のお仕事はお休み。キャラなりは、空海とスキーVSスノボ対決時の
「アミュレット・ハート」。しかし、このコス、『へそだし』なんですね。たいがいの
似たデザインのコスきた同業者さんたちは、寒さなどものともせずに変身コスを披露して
くださいましたが、(往年の水兵火星さんにいたっては、雪山で赤いハイヒールでした;;
これとタメはれるのは、両極海を守るマーメイドプリンセスさんたちくらいかと。)
あむちゃんは、まだ経験浅いからか、寒さで鼻水たれてます。
《ヒロインなのにっ、とスウに突っ込まれてますが》

スキーが楽しくて、つい帰りが遅くなったみなさん。おじいさんに叱られます。《当然ですね》。
罰としてでもなくても、お寺の中の掃除がノルマ。最初はみんなしぶしぶでしたが、そのうちノッてくるのが、この人たち。
空海。
「廊下の雑巾がけ競争しようぜ」そこに入ってくるなでしこさん&てまり。どうやらこの手の
お仕事は得意の模様。《前回参照》デッドヒートを繰り広げる二人、さすがなでしこさん、伊達に●●ではないです。しかし、雑巾既に摩擦で焼き切れてるような気が。(おい)

その後、今度は夕食は自炊。どこまでも自分ですること、らしいです。でも、材料は買っておいてくれただけ、親切だと思います。>祖父さん。ですが。あまりに皆さん包丁使えなさ杉。既にレベル4の危険な人もいたりして。

ここであむちゃん、2回目のキャラチェンジ、スウ憑依体に変身。「キャラじゃなーい」と
心の中で叫びつつ。
お料理上手な彼女です。一気にご馳走できあがり。しかし、どこから「鯛の活け造り」が?と思ってたら、祖父さんが突っ込みを。
「確か、カレーの材料しかなかったはず…?」魔法少女補正、ということで。(おい)

2回もキャラなりしたので、すっかり調子付いたのでしょう。「雪の像コンテスト」に皆で
参加する際、「こー言うの苦手だから」ミキにキャラなり要請しますが、拒否られます。
「自分の力、どう使おうと勝手じゃん!」
「キャラチェンジは、(あむちゃんの)可能性だけど、今のあむちゃんじゃないから。」

すっかり落ち込みます。つまり、今は「可能性」だけで、「実力」ではない。「そうなるように」
目指さないことには、「なりたい自分になれない」

そんなとき、唯世くんと二人っきりで温泉に行く、というサプライズ?鉄板イベントが。そこであむちゃん、告られます。
「アミュレット・ハートが好き。」しかし、唯世。剛毅な奴だ。目の前に「中の人」がいるのに?
「ある方向に特化した貴女が好き」というのは、わがままというか何というか。つまり、
「今の中の人」が好き、なわけじゃない。

「『あの人が好きな彼女』になるのを目指そう。そのためには、少しづつ前に進まないと。長い道も最初の一歩から、だし。」

ということで、まずは「自分の力で」雪像造り。その結果、作品は「頑張ったで賞」でありましたが。

取り立てて事件が起きる訳ではありませんでしたが、その分内省的なお話でありました。

追記。
住職である御祖父さん。「腕をふるって、精進料理のフルコースを皆に作ってくれた」そうです。
中の人つながりで「かぼちゃ尽くし」と思った自分は、「そういう世代」です;(おい)。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (5)

Yes!プリキュア5#44 .

ミルクが、『本当のお世話役って、どうすればいいの?」と悩むお話。
登場した最初は、かなり嫌な性格?でしたけど、最近は結構かわいくなってきた
かもしれないです。なにより、プリキュア界の住人らしく、男子より強い。《藁》。

で、最初は麗さんに聞いて見る。いい選択だと思います。マネジャーさんのことを
聞きたかったんだと思いますが、麗さんは、意外な人物を推してきました。
(わかるっつーの)

次はりんちゃん。彼女は運動部の助っ人であり、おうちの仕事の手伝いもして、
なおかつ兄弟の面倒も見る。彼女こそ、と思って聞いてみると、これまた
ある人物が筆頭に。

次はこまちさん。彼女もある人を。

最後にママかれんさん。彼女も有る人の話をする。

ゆめはら のぞみさん」全員一致。
あまりにも予想を裏切る展開に、おおむくれのミルクさん。

そういえば、彼女はココとナツが、勝手に朝ごはんを食べてしまったので、
「お世話役失格」とばかりに何も告げずに外出中でありました。
心配して探す小々田と夏男の前に、『もう後がない』ハデーニャさん登場。

いつも思うのですが、ココとナツをして、
「国を滅ぼした張本人」みたいなことを、ナイトメアさんたちは言葉攻めしてくるのですが、

あ ん た た ち だ ろ

といつも思います。今回もその例に漏れず。

バトルとしては、「ドリームコレットよこしなさい」「いやよ」なのですが、
今日は、ついにカワリーノさん自ら黒紙=黒仮面を持参。
有無を言わさずハデーニャさんに着けると、化け鳥状態に。

ミルクさんメイン回=月光蝶攻撃回でもあります。この例に漏れず、
巨大化した化け鳥さんには、巨大化した月光蝶アタックで、ということで終了。
鳥おばさん、あっけない最後でした。カワリーノさんが現場に出る日は近い?

すっかり「お世話係」の自身を取り戻したミルクさん。早速、二人の『王子』に
お説教です。結構ツッコミどころ満載ですから。>ココナツ。
これはこれでスタイル確定?と平和なEND.

来週は、クリスマスです。のぞみさんメインのはずなんですが、ナイトメアは
こまち大好き?蝙蝠おじさんみたいです。いろんな意味で大丈夫でしょうか;。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (8)

今日の仮面ライダー電王#45.

まず最初に、ラストシーンにて、空が割れたところ。モザイクかけたくなったのは
自分だけだと思いたいです。(おいおい)

あまりに沢山要素がありすぎて、どこから手をつけたらいいのか分かりませんが、
雪だるま今人の声の人が、あまりに御大なのに驚き。いまだ現役。お元気で何より。

どうやら良太郎の「お姉さんが記憶をなくした日」の記憶がどうもあいまい、という事実が
鮮明に。その証拠に、「自分から自分へ」時計が送られてきた。しかも、中身は「懐中時計」。
あの「桜井さん」が持ってるのと同じ型。まったく記憶が無いのに。

一方、カイ。
巻いてるストールが、赤。いつもは黒なので、結構お洒落?それとも、「あいまい」=黒
「鮮明」=赤、とでもイメージ関連してる、とか。
「野上の記憶を調べないと」と通りすがりの人の記憶を「断ち割って」覗き見するカイ。
いきなりそんなことされたら、トンでも騒ぎです。今したことさえ忘れる彼に、獅子今人が
補足を。

デンライナーの食堂車。クリスマスパーティーの準備をナオミちゃん&タロス達が準備中。
どうやら良太郎にはサプライズみたいですが、タロス達、相変わらずなかよしです。(おい)
ナオミちゃん、ツリーに願い事書いた短冊下げてます。
「七夕じゃねえんだぞ」@モモ。意外に常識あるなあ。
「食堂車が いつも 満員でありますように ナオミ」…来るべきラストの伏線?痛いです。

かの時計。「3個目」なんだそうですが。時計屋さんで聞くと、本来は8月に発送予定だったのが、手違いで今になった、という。良太郎の記憶、やはり落ちてる。
コハナちゃんに、チケット無しで過去に飛べないか聞いたり、侑人にゼロライナーにのせて欲しい、と頼んでみたり。こうして動くうちに、今人登場。雪だるまさんです。

時計屋さんの「在庫を処分したい:という願いに対して、在庫を「ただでばら撒いて」処分したので契約完了、という、とても分かりやすい奴;;。見た目に反して凶悪です。ソード電王の隙をついて過去の時間にとんだ雪だるま。その日は、『姉さんが自殺未遂した日』そのもの。

侑人。『行くな』と止めます。しかし、雪だるまを「電車切り」で倒したあと、かの『湖』=姉さんの自殺未遂場所=に駆けつけます。

そこでは。ゼクトルーパー白?《実は獅子今人》×3と闘うゼロノスの姿が。力尽きて倒れるゼロノス。
その正体は。「良太郎の知ってる桜井侑人」その人。

カイ。空を割る。不気味な、大きな裂け目。そこか放たれる、巨大なエネルギーの奔流。
「未来はきっと…。」言い残して、姿を消す愛理さん。ただ呆然と見ているだけの良太郎と侑人。

あとには、何も無い大地が広がるのみ。
「ついに、自分だけの時間を手に入れた…!」狂喜するカイ。

今回は舞原監督です。脚本は小林靖子女子。恐らく「実写版・セラムン」最終回で使われた場所かと思われます。>このシーンのロケ地。

このときも、
「世界を滅ぼしてしまった…。」とムーンが嘆くところではありましたが、イメージが繋がって居るのかもしれません。

これでどう収束するのでしょうか?とりあえず、クリスマスパーティーは無事行われて欲しいです。予告では、
「そして誰も」的なシーンがあったりしましたが。

次週のSHTクイズの商品。タロスVer.クラジャンCDとアニメイト版電王カルタ《絵柄がそんな感じ》。
こっちは現時点で未発売アイテム投入です。強気だ。在庫処分?それ何の話?
ないきおいです。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (12)

今日のゲキレンジャー#42.

「ゲキレンジャー辞める」と言ってた赤が、いろんなこと知って、「自分の意思で」
ゲキレンジャーに戻るターンです。

猫師匠、やはり足の怪我は演技でした。それはおいといて、自分が知らない間に
勝手に色んなこと押し付けて、と落ち込みながらも、父=ダンの住んでいた村に
向かった猫と赤。

そこには村はなく、一本の木だけが。そこにはロケットがかかっていて、中には
ダンとナミ《赤母?》、ジャン、というらしい男の赤ん坊、という、家族の写真が。

「15年前の突然の嵐で、村が全滅した」そうですが、木。15年以上前から生えているようには到底見えないんですが。《汗》せめて、それなりの大道具使って欲しかったです。いかにも「昨日、苗植えました」みたいな幼木では、説得力が(汗)。

ダンの写真があまりにも最近なのが。せめてギャバン隊長時代のコラでも出来なかったのかと(おい)。
これも細かいですが、とりあえず、これ見て赤は
「自分は親から愛されていたことを確信」して「亡き父の意思を継ぎ」、「ゲキ赤」として
理央たちと闘うことを決意したそうです。写真を見て悲しむか、喜ぶかは、人それぞれだとは思いますが。

一方。後の格下さんたちは、デカマスター&にゃんちゅうソジョ&ドロウに、瓢箪の中に
封印。他の行方不明の人たちも同様で、悲鳴と絶望を集められています。相変わらず
「まいったぜ」を忘れない紫。結構律儀です。しかし、西遊記です、まったく。

駆けつけた赤。瓢箪切り裂いて、格下仲間と他の人たちを解放します。
アレはやはり、理央様が認めただけの器…。」悔しがるメレさんの表情がいいです。
後は巨大戦。ゴリラとかシャークとか、久しぶりに見たゲキビーストが多いのは
やはり販促対策だと思います。象なんか、近くの量販店で6割引ですし。
前回は、メレさんが赤をいたぶりに行ってたので(おいおい)巨大戦に立ち会えなかった
バエの実況も復活。売らなきゃいけないロボオンパレードで、勝利。

今回の理央様。「あいつは必ず、俺の前に現れる。」赤のことしか頭に無いようです。
《メレさん、怒るのも無理なし》
ソジョ。中の人つながりで、「デリート」登場。

実は、幻獣拳の皆さんの立ち位置というのは、マジレンジャーで言うところの冥府十神
みたいなのですが、どうも「凄い敵」に見えないところが《滝汗》。そういえば、紫は
一体何が気に入らなくてラストのほう、先にどっかへ行ったのか?

次週、白となぜかガゼルのターン。クリスマスつながりなんでしょうが、どう見ても
ガゼル関連の販促としかw。
SHTクイズの商品、キャラソングCD若しくはカレンダー。こちらは既に在庫処理にしか
見えないところが哀しいです。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (7)

機動戦士ガンダム00#11.

今回の言葉。スタッグ・ファイター。特殊粒子。超兵機関。

アバン。久々にグラハムさん登場。一度聞いたら忘れられない「お言葉」、
今回はありませんでしたが、チーム組まれたんですね。今後の活躍が
楽しみです。

まず、ティエリアはスメラギさんに八つ当たりしすぎ。どう見ても
責任転嫁。本当、不愉快。「間違ってしまった」事を自戒してる彼女だから
あれで済んだけど、そうでなければ、横ヅラの1,2発は(ry)。
仲裁したロックオン、大人です。しかも、
「真面目でかわいい」とまで、擁護してるし。優しすぎるのは、かえって
本人のために良くないんですが。やはり(ry)。

一方。今回のタイトルでもあるアレルヤ。戦闘の最中に、人革連のMSに載っていたのは
自分と同じ「戦闘用に改造された」人間であることを確信。もう一人の人格である
『ハレルヤ』と会話する。今回、実体化してます。ハレルヤ。最初は鏡に映ったアレかと
思いましたが。
「人革連の施設を中の子供達ごと『始末する』かどうか。」を会話する二人。ハレルヤかと
思いきや、後ろに居たのは刹那。(久しぶりだ)もしかして、刹那にはアレルヤの「一人芝居」
に見えたのでしょうか?

思い切って、スメラギさんに「ある計画」を提案するアレルヤ。忌まわしい過去を自分なりに決別するため。「お酒のあとで、見てくださいね。」←ここ、大事。

デュナメス、エクシアは南アフリカの紛争介入へ。(ってか、エクシアこれだけ。いつまで
空気扱いなんだ、本当に。かまわないけど。)

スメラギさんとアレルヤの会話を盗聴って、おまい。>ティエリア。
「人間は、これだけ愚かになれるのか」って。盗み聞きしてるおまいのほうがどんだけ
かっちゅーーーーーーーーの。
それでも、ミッション遂行のため、協力するティエリア。そこはプロ、ですね。

そして。コロニー内部に侵入して、かの「施設」の射程内距離に入ったとき、再び
ハレルヤ降臨。
超兵養成機関内には、かつての自分と同じ境遇の子供達がいる。機関は破壊しても、
子供達の命まで奪う必要はないのでは?悩むアレルヤ。
それに対して、『お前自身はどうだった?闘いの場にしか生きる場所が無かったくせに。』
子供達が不幸だ、と言うアレルヤに、ソーマを持ち出して、
『ティエレンに載っていた女が、自分のことを不幸とおもっているか?そうじゃないだろ、
自分の独りよがりな考えを、人に押し付けるな。』
と次第にアレルヤを追い詰めていくハレルヤ。アレルヤ、ついに引き金を引く。

「撃ちたくないんだあっ!」
断末魔の超兵機関。結果に満足するハレルヤ。アレルヤの頬に、涙が伝う。

C.B.により、人革連の超兵養成機関の件、マスコミにリーク。この一件が世間の知るところとなり、閉鎖へ。

アレルヤ、ミッション終了後、スメラギさんのところへ、酒を貰いに行く。
稀代のテロリストであったとしても、「二十歳未満」の飲酒は厳禁、らしい。
妙なところで律儀、というか何というか。それに対して
「グリニッジ標準時で」20歳の誕生日を迎えたところだからOK、というアレルヤ。
この時代でも、グリニッジ標準時は生きているのか;。

「何故、こんなに苦いものを?」
「そのうち、分かるわ。」

奥が深い会話です。大人になれば、お酒が甘く思えるくらい「苦い」思いをすることが
嫌というほどありますから。これからのアレルヤの暗示、でしょうか。

それにしても、沙慈。いい加減、どーにかしろ。姉ちゃんは必死で仕事してるのに。
いらない。こいつ。

追記。アザディスタンのお姫様。
国連の援助により、軌道エレベータ着工なのですが、反対派の妨害で、予定より
遅れ気味。しかし、分からない国民だな。ていうか、このあたりのことを何とかするのが
「お偉方」の仕事ではない?ひょっとして、国民の信頼ゼロ状態?やばいよ、これ。
「技術者の安全を優先してください」そりゃ、当たり前です。
「姫様、建設現場に慰問なされてはいかがですか?」ポニーテール男の進言に、
「わざわざ暗殺されに出てこいとでもおっしゃられるのですか?」突っ込むシーリン様。

「生命の危険があるから」出てきません、というのは、もはや末期症状。要するに、
VIPの身を守るSPさえも確保できない有様なのですね、アザディスタンという国は。
八歩塞がりの状況打破のため、「王族復古」という、カリスマに頼る政策を打ち出した
議会。しかし、それさえも通用しないところまで混乱してる国政。
「私にしか出来ないからよ」と立派な啖呵を切った姫様。前途は多難です。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (43)

風魔の小次郎#11.

アバンがあまりにも平和?でほのぼのです。例によって小次郎は風林火山の
特訓中。麗羅が「炎」を使って焼き芋をこしらえたらしい。(おい)それを
小次郎に「風林火山」で「真っ二つ」に斬ってもらったらしい;。
そういう使い方をしてもいいのか、麗羅。お茶目すぎる;;。

小次郎と麗羅、二人座って焼き芋タイム。物陰で、姫子さんと蘭子さんも
焼き芋ご賞味中だったらしい;いつの間にか、風魔集合してるし。竜魔、
蘭子さんの後ろを取って登場。しどろもどろになる蘭子さんがかわいいです。
しかし、この和やかな過ぎる時間。嵐の前の静けさというには、あまりにも
(ry)。この作品、超星神シリーズのスタッフ多い、と聞きましたが、この
あたり、そのノリが生きてます。

白鳳VS誠士館。今度はパティシェ対決という。(ここまでくると、かなり
強引ではありますが)どうせなら某美味學院の料理バトル並みにはっちゃけても
いいのですが、なぜか学校の調理室で地味に?「クレーム・ブリュレ」対決。
麗羅と兜丸が護衛に。
蘭子さん?
「(クレーム・ブリュレとプリン)、どう違う?」と疑問。大丈夫です。ほとんどの
日本人は貴女と同じこと思ってますから。

クレーム・ブリュレは、最後の仕上げとして、表面の砂糖を炎で焦がす。
「炎使い」の麗羅の、意味深な伏線。

一方。夜叉姫。
八将軍の敗退も、壬生の脱走も、総て武蔵の責任として、風魔を倒して黄金剣を
持ち帰らねば、報酬は一切払わない、と最終宣告。
武蔵。妹のえりなちゃんが、
「冬を越せない」と医者から宣告。久しぶりに妹を見舞う彼。
「お前は、10年先も、20年先も、おばあちゃんになるまで生きるんだよ。」
たぶん、えりなちゃんはもっと前から、自分の体のことを分かっていたと思います。
そして。覚悟を決める武蔵。

パティシェ対決。誠士館からの妨害、やはりあり。最初。オーブンに細工。素材を入れたとたん、
爆発。中は黒こげ。
「どうしよう。間に合わない。」残り17分。「大丈夫、落ち着いて」
姿を消して、代表を応援する麗羅。「今からやり直せば、まだ間に合う。」
次。最後の焦げ目付けで。バーナーがつかない。
「こんどこそ、間に合わない」その時。
「もういちどだけ、やってみて」麗羅、「炎」をバーナーにともす。着火。
「これは僕の炎。大丈夫。君は世界一のパティシェになれるよ」

誠士館の妨害要員。「お前らも甘党かあ?」兜丸により、たたまれます。
しかし。そこに武蔵登場。ガチバトル開始!

CGもさることながら、此の間の斬りあいが凄いです。武蔵の本体を突き止めたは
いいが、ばっさりやられてしまう兜丸。

そこに駆けつけた麗羅。彼も「炎」を使って武蔵に挑みますが、武蔵に歯が立たず。
気配を察した小次郎、駆けつけますが、そこには兜丸、麗羅の遺体が。

壬生。黄金丸を使いこなそうと、両手を血だらけにしながら素振り。それを見て
ほくそ笑む陽炎。(しかし、こいつ黒いな)

今回は「甘党」「炎」このキーワードをちりばめながら、最初はほのぼの、最後は
容赦ないバトルへともって行くのが、まさに「神展開」でした。

しかし、あと2回で終わるんですね。盛り上がってきたのに、もったいないな、と思います。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

げんしけん2 #10.

荻上さんがコミフェス(夏)参加準備中。大野さん、笹原と荻上さんの間に
フラグ立ちそうなの、気付く。

しかし、メインは、大野さんの海外オタ仲間のアンジェラとスージー、来る、
というところ。

アンジェラ、巨乳なナイスバディです。しかし、あんだけ濃厚なボディタッチ、
日本はともかく、本国でも誤解されそうな気がするのは、(ry)。

スージー。見た目はプラチナブロンドのアスカ@エヴァみたいな子?ですが、
狙ってるのかなんなのか。あえて有名な台詞ばかり言ってました。しかし、
田中んちで、部屋漁って散らかしてるのは、万国共通「いけないこと」だと
思うのですが。

二人は、どうやら斑目がお気に入りらしい。いい様に遊ばれてたような?
>アンジェラ。
咲ちゃん。そこそこ英会話が出来るのもすごいし。

最後に。
「思うことは、口に出して言わないと、ね。」
異文化コミュニケーションの話でした。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かわいいジェニー#17.&#18.

ネット配信にあわせてますので、放送より多少遅れてます。
第17&18話。
テストフライト
OPにも登場している、スイーツエンジェル専用(のはず)ビークルたち。
これのテストフライトを、3人がすることに。
全然乗りこなせない3人。この隙に?シスターBも挑戦するが、結果は同じ。
そこでくまちゃんズが試してみると、意外にも操縦上手い。
「どうやら素直な気持ちで楽しむことが大事みたい」なことに気付く3人でした。

というのが本筋ですが、とにかく脱線が相変わらず。(もっとやれ)

とにかく、ISP自体が胡散臭さ炸裂。言うこと聞かないから、といって、テレビ画面から
マシンガン掃射、というのもある意味お約束では有りますが。

ところで、街の地下?メートルに地震鯰が居るそうですが、(帝都物語かと)とりあえず
なでしこのドリルマシンでは、歯が立たないらしい;
それにしても、地面に衝突した反動で、地面に叩きつけられた3人。どんだけ丈夫(おい)。
それ以上に、シスターBは生身で《ry》だし。そういえば、3人そろって変身したの、久しぶり
かも。

最後は「魚花火」(魚が花火として打ち上げられている)で〆。生臭い、と思った自分は
負け組みかも。

入れ替わったけどそれが何か?
なでしことアキラが、出会いがしらに頭ぶつけてしまい、人格入れ替わり状態に。
「女同士だから」別に不自由はないし。また頭ぶつけたら戻るかもしれないけど、
確実に戻る、という保証はないし。
「時間が解決してくれるのを待ちますわ」なでしこ《外見アキラ》。

しかし。こういうときに限らなくても、悪さを仕掛けてくるのがエイブラン御一行様w。
街を破壊したとき、ハリー先輩が巻き添えに。駆けつけるなでしこ&アキラ。それぞれが
『命の恩人であることをたてにして、』デートに誘う算段を脳内でつけているところが
らしいです。
しかし、バトルというか、大騒ぎのとき。今度はエイブランだけでなく、ハリー先輩も
巻き込んでの大騒動。どこから飛んできたのか寸胴鍋とか、サッカーボールとか、かぼちゃ(!!)とかがごん、と当たると。

あら大変。スイーツエンジェルズの3人は、それぞれバケツ、ボール、かぼちゃに乗り移ってしまいました(おいおい)。

「火にかけられるだけの人生なんて」
「蹴られるだけの人生なんて」
「食べられるだけの人生なんて」

「あんまりですわ~~~~~;」 落ちない(汗)。

《追記》
 なでしこ
「男と女が入れ替わると、大変ですわよ。」何がでしょうか?

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

宇宙戦艦ヤマト#10.

「フェアウェル・パーティー」の話、というのは覚えていましたが、どういう成り行きで
そうなったのか、すっかり忘れてました。

地球防衛庁長官から、ヤマト・沖田艦長への通信。
「地球の人たちは、ヤマトの情報を欲しがっている。乗組員自ら、『ヤマトは必ず帰ってくる』と家族に話して欲しい。」という要請。地球規模で放射能汚染が進み、人々の不安が拡がっているのだ、という。

ということで、↑という運びになったそうです。ノベライズ読んで、知っていたはずなんですが。

ヤマトの場所的にも、冥王星越えて、太陽系の端まで来ており、今後地球と通信不可になるから、ということもあったらしい。

で、乗組員全員が、一人5分の持ち時間で、家族と更新。

島ママンのスカートが短い、とか、徳永機関長の孫娘ちゃんがえらくかわいい、とか色々有りますが、以外にもタフなのが、雪ママン。
いきなりお見合い話しだして、何この人、一人テンション高?と初見時(小学生)思ってましたが。
大人になってから、かの人の台詞を聞くと、気丈にも、一人娘を果てしない宇宙へ送り出した母親の心情が分かるように。
これからの未来を作るのは、貴方達と、その子供達だから。」この母にして、この娘ありなのだと。
それにしても、「元気になってもらうために」そばに居てもらった徳川機関長を見て、ママン。
この人が貴女の?もっと若い人にしてよ。子供を沢山生んでくれる人じゃないと。」いや、言いたい事は凄く分かりますが、ちと言葉がずれてます。(もしかして、いろんなこと考慮して、このようにぼやけた言い回しになったのかもしれませんが。)

古代弟。地球に身内は誰も居ません。なので通信つなぐ人が居ない。館内をあてもなくうろつきます。
実は同じ境遇(とりあえず、この話中では、この二人だけ)の沖田艦長も、同じ事をしてます。
機関室はともかく、厨房まで第一艦橋と同じ格好で入られたくないです、本当に。もし、この時代にノロとか、O-157 があるとして、食中毒発生したら《gkbr》。

順番なのに、現れない古代。雪さん、加藤に連絡頼みますが。忙しいから、気付かなかったのかもしれないです。
古代のこと。普通に考えたら、生活班班長である彼女が、乗組員のプライバシー把握してない訳がないのですが。
(しかも、第一艦橋でしょっちゅう一緒に顔合わせて仕事しており、その上結構気になりつつある相手なのに、です。)
一度断ったにも関わらず、再度通信を請われて、ただ画面を見つめる古代。使い方説明してなかったから、と
(普通に考えて、波動砲のトリガー引きを任されてるような御仁が、通信機器の取り扱い説明してもらわないと使えないわけないのですが、この際お約束、ということで。)古代の元を訪れた雪がみたものは。

砂嵐の画面を見つめるだけの古代。

ここで初めて、彼のことを思い出したのではないかと。それまではやはり、家族の顔が見れる、ということで¥舞い上がってたのですし。
(見たところ、彼女はかなりいいところのお嬢さんと思われ。)思わず涙したのは、空気読めなかった自分の甘さなのか、それとも。
いずれにせよ、今後に繋がるフラグ確定は、このときのようです。

その後、沖田艦長に誘われて、艦長室へ招かれた古代。薦められて日本酒コップ酒で乾杯、です。
そういえば、少なくとも古代、島、雪はまだ10代設定だったので、「未成年に飲酒を薦めてる」ことになる訳です。話の趣旨としては、「お互いの孤独を分かち合う」心の変化がおきるところ、なのですが、いかんせん前述部分が今の放送コードに引っかかるみたいです。

そして、さまざまな思いが交錯する中、ヤマトは太陽系に別れを告げ、イスカンダルへと向かいます。
ガミラスのデスラー総統、お約束ですが、待ち受けてますし。

この回の作画。古代が子供っぽく描かれてるところがあると思えば、トレーニングルームでのタンクトップ
姿のようにマッチョだったり、御大の「男おいどん」の主人公のごとき表情があったりと、結構バラエティにとんでます。《今なら、DVD発売時に修正かかるのだろうな、と思いますが。》

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美容少年セレブリティ#11.

敢えて戦隊的解釈で。
 スペシャリストではあるが、弱点もまた多かった5人。それぞれが試練を
乗り越え、力もつけ、チームワークの強さを再確認したころ。

かつて出会ったこともない、強大な力を誇る敵が現れた。
しかも、彼らの仲間の一人を、廃人同様に追い込んだ、という。

「俺に勝てるものは居ない…。」コートの下に、あらゆる「武器=鋏」を
携帯してる、いわば「人間武器庫」状態の「それ」。

勝負を挑む、美容少年戦隊。しかし、その圧倒的な力の差に、屈服せざるを
得なかったのだ。

「この勝負に勝てなかったら、戦隊は解散」しかし、体が恐怖にすくんで
動かない。このままでは、敵の一人勝ちに終わりそう。さあ、どうする?

というのが大体の話。個人的には、大きなギターケースに一式詰め込んで
仕事していた、かのトンボ兄さん(今はIT企業の社長さんで、3号単車乗り
の人)とメイク対決してくれたら嬉しいのですが。

さて、「スーパードクターK 」ばりに(B.J.も?)黒のレザーコートの下
一面に鋏やらメイク小道具やらコスメやらを隠し持つ彼ですが、アメリカから
国際線で帰ってくるときとか、ボディチェックどう通過したんでしょ?というより
「凶器」常備状態な訳ですから、テロリストか何かに間違われても(ry)。

コスメとか、常時36度台で保温されてるわけだから、「人肌」に温まってる
ファンデとか、塗られているわけですね。プロとして、使用頻度激しい訳ですから
品質劣化はあまり考えなくていいみたいですが。(おいおい)

これだけベタにかっとんでますと、すがすがしいです。今ピンチの美容少年達も、
頑張れ、と応援します。

そういえば、今回のお客さんは、双子のお嬢さんでした。この物語世界では、
序の口な方々。完全に、主役は化け物メイクアーティストさんでした。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キューティーハニーTHE LIVE#10.

シスター・ユキ=白ハニー覚醒。なんですが、どうしよう。20数分の間に
何でこんなにネタが詰め込まれているのかと。(ry)。

早見のユキさん盗撮に始まって、デートのお誘い~実はユキさんのお目あては
ハニーとか。
早見、ユキ、ハニーのトリプルデートに、なぜかパンサークローの工作員さんうろつくし。

しかし。ハニーとユキ、デートのときのコスチューム、キュートvs清楚、でとてもかわいいです。
こういう話でも、女子が仲良くしてるところは、目に優しくて、見ているほうも嬉しいです。

今回のパンサークロー幹部。中条とデューク渡、なんだかんだ言いながら共闘するところ。
「仕方なく」と強調してるところが、既に本音を物語ってます。(おいおい)それにしても、
幼児人格@中条の名前、「ひこまろ」くんだったとは。誰が名前付けてるんでしょ。
「ハニーを二人のものにする。」とかいう台詞でも、そういう風にしか聞えないのは、きっと
腐観点で見ているからだと。それにしても、スポーツクラブ?での二人のWキック、ライダー以上に「キマッテ」《ry》。

今回の早見。ひたすら報われないです。しかし、体張った芝居(池に落ちたり、女子二人の間にダイブしてウインナーぱくつくところとか)できるのは、さすが「百夜騎士」の鍛錬の
賜物かと。

そして、真打登場、というか野暮な人たち、というか。御大二人登場でハニー敗退。タイマンならともかく、一度に二人はまだ今のハニーでは無理めでしたが、「怒りの力で」

白ハニー、ついに、登場。

バレエアクション入ってます。しかし白ハニーの中の人、手足長い。そのせいか、アクションの一つ一つが綺麗に決まってます。バレエアクションといえば、かの実写版セラムンがまんまその通りだったのですが、アクションにどれだけ比重をおくかで、見栄えがこれだけ変わるものかと。
(セラムンは、対象が小さい女の子メインだったので、あまり格闘シーンに重きがなかったからなのかもしれませんが。)それに、強い。美麗。彼女はダイヤモチーフのようです。で、変身時のコードが「ハニー・フラッシュ」であることから、ハニーやミキと何らかの関係は大有りみたいです。

しかし。外見に反して、攻撃は容赦ない。衝撃波攻撃ありだし、中条=デュークのW攻撃も余裕でかわすし。挙句の果てにはデュークのつま先仕込み刃回し蹴り攻撃も、軽く受け流したばかりか、刃引きちぎるし。刃から引きずられてる神経だの血管だのが、リアルでグロ。(久しぶりに深夜枠モードです)それ以上に、その惨状を一瞥しただけで、ぽい、と地面に投げ捨てる白ハニー。

最強 です。

刃に映る、白ハニーの去っていく、後姿。アニメでは良くある演出ですが、ここではそれが上手く生きてます。

百合キャラ、といえば、前々回の烏川先生もその通りですが、ユキさんのはまだまだかわいらしい範疇かと思います。しかし、ノマよりも百合とか薔薇とか、本当に百花繚乱です。(もっとやれ)

なんで、EDは白ハニー。3バージョンあるところが、芸が細かい。

本筋は以上ですが、伏線、というか他の皆さん達。

・源さん:相変わらず、鋭いおじさんです。「謎のくまさん」見つけたのがこの人だけ、というのが。
・ミキ :私室にて。背中から釘状のものが生えてます。それを抜いて、壁にダーツのごとく投げつける彼女。この部屋、なんとなく綾波レイのアパートの部屋を思い出しました。(良く似てる。)

深夜枠、とはいえ、役者さんも入れてスタッフ全員が頑張っているのが良く分かります。撮影自体は終わってるそうですが。メインの女子さんたちも、アクション凄い鍛えてるし。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (5)

チョコミミ#11.

「アルバイト?」
バンドを諦めてないらしいので、資金を稼ごうと、知り合いのお店
(コスメ&ファンシーショップ?みたいな感じ。女の子の好きなもの
ばかりおいてあるお店)で働きますが。

どうやら、一番「仕事できる」のはチョコちゃん。笑顔だし、親切だし。
なにより、彼女は綺麗さんだから。
ということで、残りのメンバーも挑戦。男子(ムムちゃん除く)、とにかく
女子寄せ付けすぎ。
「貴女のハート、ロックオーン」状態に、向こうが勝手に陥ってる模様。
これではかえって商売にならず。(おい)

次はムムちゃん。何故にメイドコス?似合いすぎてるけど。彼女?彼?に
ひかれて、普段こういう華やかなお店には無縁と思われるお兄さんまでが。

ライバル意識燃やしたミミちゃん。自分もアイドルコスで、ムムちゃんと
タイバン?唄勝負。

周りにお兄さんの人だかりが出来て、完全応援団状態ですが、商売の邪魔。
よって、全員解雇。

お金稼ぐのは、難しいです。しかし、このチーム、イケメン&美少女編成
ということになるんですが?

「なりたいもの」
将来何になりたいか?実はチカちゃんだけまだ。そんな事いってたら、蜂小父さんとか、
鳥おばさんとかが(ry)。

それはおいといて。
久しぶりにバンビちゃんにあって、色々とお話。
「アンドリューになりたい、思った」話をきいて、「バンビが素敵」
と思ったのはいいですが。
タケちゃん先生に出す方に、「なりたいもの:バンビ」と書くのもどうかと。
バンビちゃんも、綺麗な女の子です。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yes!プリキュア5#43 .

 今回もこまちさんがメインです。しかし、番組当初、緑色で年長組、しかも
「癒し」特性である彼女が、ここまでヒロインと肩を並べるまでにフロント張るとは、
一体誰が予想出来たでしょうか?そもそも、グッズの販促見れば分かりますが、メーカー
的には、桃・黄・青を推したかったみたいです。(今でも、緑ピンものは見当たらず)
今の彼女は、大友・子友両方の視聴者のおかげで成長できたといっても過言ではないかな、と思います。

ナイトメア側。ハデーニャさん、「黒紙」を渡されます。後がない;つい最近登場したばかり
なのに。ブンビーさん、今日は小休止。30分前の番組でのバイトで大暴れした上、今日は夜勤(日曜洋画劇場)も入れてるので。(しかし、中の人祭り、続いてます。)

今書いてる小説のことで悩んでるこまちさん。どうやら、モデルは(実はげっ歯類もどきである)
ナッツと自分。恋愛小説です。相当入れ込んでます。妄想に近いかも?周りの人たちがアドバイスしますが、結論をだすのは、自分。ということで。

ナッツに相談したときの彼の言葉。「たまには能天気になったら…のぞみのように」
相変わらず、直球過ぎる物言いです。(おい)

そこにお邪魔するハデーニャさん。
「人を化け物みたいに言うんじゃない!…化け物みたい、だけど。」間違ってます。
「化 け 物」そのものですw。
相変わらず、ピンキー人質作戦なんですが、プリ5さんたち、一応対策は学習してるしなあ。
鳥おばさんの話無視してメタモルフォーゼする彼女達に萌えw。

巨大化して塗り壁攻撃を仕掛けてくるピンキーさんは、桃と黄と赤がお相手。なんというか、無条件に恐いです。>押しつぶし;

一方、年長チーム、というか緑は鳥と。
「こいつの夢なんか、かなえてどーするよ。こいつは、自分の王国を滅ぼしたんだよ。
こいつと関わったら不幸になるんだから」…語るに落ちてます。鳥おばさん。

あんたらが居なかったら、滅びてませんから

そういうこともとっくに分かりきってるはずなのに、守りきれない緑さん。
ミントシールドも、一気に破壊されてます。心の迷いが強度弱体化を招いてる?
30分前のブンビーさんが強かったのも、タロス達が(ry)。

しかし。迷いを振り切った緑さん。開眼しました。某北斗のごとく鳥おばさんの
拳を寸止めしただけでなく、バリアゼロ距離発動!流石に技名は叫んでませんが。

守るだけで、一体何が出来るの?」これは劇場版で闇緑さんの言葉攻めトークの
ひとつなのですが、「防御を、最大の攻撃に転用」の結果、みたいです。しかし、
地面に出来た巨大な跡、が威力の凄さを物語ります。(徐々に回復してはいきますが)

「防御」担当キャラはどうしても割りを食うことが多かったのですがこれでプリ5さんたちは
全員「攻撃系」技を使える、ということに。

一方、ピンキーさん担当だった桃、木の上で脱力モード。彼女の見せ場は今回ここのよう?

とりあえず、一番のヒロインキャラをどうやら確立に成功したようです。大出世。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (8)

しゅごキャラ!#10.

ついに、緑のキャラなり「アミュレット・クローバー」登場。
ついでに、近所のおもちゃ売り場で、「ハンプティロック」おいてるの
やっと見かけました。結構綺麗に出来ています。

ということで。クリスマスのお買い物に出かけた先で、スウちゃんがヨルに
からわれたところから、彼女の放浪と冒険?の旅が始まりました。

時間にして「一泊二日」の冒険でしたが、今まであまり焦点当てられなかった
スウちゃんの「キャラとなり」のお話でした。しかし、彼女はほんわり癒し系
です。

で、ヨルが出てきたところで、「おとめ座生まれ」ではないですが、恐らく
割と「我慢弱い」のではないか(推測)と思われる猫耳イクト、久しぶりに
登場。今回はあまり「深夜枠」シーンはなかったですが。スウの居ると思われる
方向を、あむちゃんに教えに。

そして、スウのお披露目が終わったら、今度は歌唄ちゃんのお披露目です。
おりしも、いきなり×たまが、スウの目の前に唐突に!現れたところから。
(このあたり、超展開といえばそうなんですが)

「×たまを始末するのが、私たちの仕事。」とばかりに、
卵をわしづかみにして、握り潰そうとするゴスロリ金髪ツインテール美少女。
何かの悪夢かと。こういうことをして絵的に許されるのは、かの烏川先生
@キューティーハニー 位です。つか、この人も「どSで百合百合」属性という
背景があるからこそ許されるのですが。スウでなくてもびびります。

「あむちゃんなら、×たまを助けてくれる。」
たまたま近くにいて、気配に気付くあむちゃん。何がなんだか分からないけど、
お仕事しなきゃ!ということで、
「キャラなり。アミュレット・クローバー」こっちもツインテールです。
で、泡だて器もどきを使って、「浄化」します。しかし、甘ったるいミックス
ジュースだ;。

今回は、今までの分を取り戻すかのように、キャラなり2回回しです。クローバー
には、「修復能力」があるらしいです。大きな強みです。

これで、クリスマスまでに3人キャラなり、出揃いました。これからが本番ですね。

追記。
歌唄さんの劇中歌のCMが入りましたが、ただでさえ空気違うのに、PVはもっと世界が
違う;思いっきり「深夜枠」です。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (8)

今日の仮面ライダー電王#44.

さて、どこから語ればよいのやら。ラスト前のカウントダウンが始まっているにも
関わらず、燃えと萌えが沢山有りすぎて。

まずはOP。クラジャンタロスVer.のPVの一部が入りました。しかし、これが実現する事
自体、奇跡なんですが、それだけ勢いがある、確定です。

話としては、タロス達が消える未来は嫌。このまま一緒に闘えば、そうなってしまう。
「別れる」のと「消える」とは違う。だから一緒に闘わない。良太郎の決意は固いです。

で、タロス達も想いは同じですが、一緒に闘いたい。(消滅フラグは承知の上)

リュウタ。「良太郎、僕のこと、要らなくなったのかな…。」一人で悩みます。

今回の舞台はターミナル。タロス達はここでは実体化可能。久しぶりのタロス達、
やっぱり登場すると嬉しいです。

コハナちゃんも、「嫌いだったはずなのに、いなくなると寂しい。」と悩み、愛理さんの
所へ相談しに。

それぞれが、「現在」と「未来」のことで葛藤しています。

やはりモモ、男前です。「俺に一打でも撃てたら~」やはり、今の良太郎ではモモに
勝てないのは自明の理なんですが、あえてそういうところに、モモの思いやりが。今まで
共に闘ってきた積み重ねがあるから。

ウラとキン。二人とも大人すぎて、くらくらしました。
リュウタ。侑人に「そうじゃないから」と諭されます。良かったね。

良太郎を説得できたのは、やっぱりモモ。なぜか「ガリレオ温度計」を中心にすえた
演出、いろんな意味で象徴的でした。

しかし、アルマジロ今人。中の人、先週30分後の番組で、ほぼ同じようなこと言ってました;。
やられ役とはいえ、この激しい自己主張というかサービス振り、初めてです。
俺はザリガニじゃなくて、アルマジロだー!」聞いてないのに説明してくれる、そんな心遣いが。
(これ、とっても中の人のアドリブくさそうなんですが。)
やられっぷりまで、一緒なのは敢えて言わず。(おい)

正直、あのキンまでがアルマジロ攻撃に押されたときは、「えええええ」でしたが、
(やばいやんか、タロス達。どーした?)
モモと良太郎が来たとたん、いきなり強さが戻るところが、象徴的でした。
しかし、フルボッコとは。そういえば、30分後ではいつもええもん5人が悪いもんフルボッコだなあ。
(もういいって)ガンフォーム。もう少し、アックスに時間を(ry)。

そして、それぞれの心の方向が決まった皆、デンライナーでお祝い。
デネブと侑人、今回は和み担当でした。駅長グッズ、売れてるのか?恐らく侑人はこのあたりの
問題、クリアして今に到るのだと思いますが。

カイ。キーポイントが良太郎の記憶にあることに気付きます。しかし、お付のライオン。親切に見えます。
いよいよ「桜井さん」が失踪したころ、に総ての答えがあるらしい、が見えてきたようです。

追記。
近所のおもちゃ売り場で、「お話モモタロス」なるものを見かけました。全長30センチくらいで、200語くらい
モモがしゃべってくれるそうです。対象年齢3歳より、だそうですが、本当は違うだろ(ry)。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (14)

今日のゲキレンジャー#41.

 少なくとも、ターゲットが幼年誌対象年齢、というくくりがあるシリーズで、タブーなこと。
 

戦隊の赤キャラは、いかなる理由があろうと「戦隊辞める~」と弱音を吐いてはいけない。

言い過ぎかもしれないですが、そういうネタ担当は他のメンバーの仕事であり、少なくとも
「赤」というものは、リーダーでなくても、精神的に「コア」な存在でいること。

使い古されたテンプレかもしれませんが、子供が何か辛いことがあったときに、
「ヒーローもこういう風に頑張れたんだから、自分も(ry)」と心の支えになるような、
そういう人物像が鉄板。無駄に弱かったり、その他お約束破りなキャラ設定は、それこそ
「深夜特撮」に任せればいいんです。

前振り長くなりましたが、今回一番感じたことがこれでした。

白の「たこ焼きの名人」のたとえ、ものすごく分かりやすかったです。今まで自分を
放置していた親が、実はとんでもないことを自分に託していて、なおかつ、いきなり
敵さんに「ライバル・ロックオーン」されたら、やってらんないです。

しかし。今までの積み重ねの結果だと思いますが、あまりにも、見てる側に苦悩が
伝わらない。「のんびり、楽しく」カクシターズゲキレンジャーやってたようにしか
見えないものだから。

おまけに、カクシターズさんたち。巨大化敵の前で、白と紫、いがみ合うなっての。
ここで既に負けフラグ立ちまくり。つか、クリスマス販促、ということで紫強化中
なのは分かるんですが、サイダイオーがデフレしてどーしますか。ただでさえ単価
高い商品なのに、プロモーションがこんなでは、「財務大臣」の財布の紐は(ry)。

苦悩が伝わってきたといえば、メレさん。
「こんなに弱いのが、理央様が唯一認めたライバルだなんて、絶対許せない!」
台詞に腐女子テイストが(おい)。でも、見てるほうに気持ちは伝わります。
Aパート太ももチラのサービス?も含めて、本当に、彼女でこの話は持ってるんだなあ、
と改めて。

今回の新ネタ。
「この、紫芋野郎!」恐らく紫つながりで「ナスビ野郎」だと、2時間後の某バク君と
被るからだと思います。

それにしても、赤。「激獣タイガー拳」名乗ってたり、トラのスタンド出したりしているのに、
「ホワイトタイガー拳なんか知らない!」などとはいえないはず、なんですが。

せっかく幻獣サイドに「にゃんちゅう」と「デカマスター」の中の人それぞれ登場だったというのに。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (7)

機動戦士ガンダム00#10.

今回の言葉。ナドレ、バージ。
ヴァーチェ、キャスト・オフ!某兜では赤い「センサー」が頭頂部に移動ですが、
こちらは赤い鬣&髭が発現!しかし、ガンダムで、というか、MSでこれさせるの
考えた人、本当に凄いです。いずれ、4体ガンダムが合体して「クライマックス・
ガンダム」になるとか…ないか。(藁)これに加えて、スリムになった体躯による
「クロック・アップ」もあればなお嬉しいネタだったのですが、そこまでやると
作品世界が崩壊しかねないので(ry)。

で、前回の続き。改良手術されたソーマ、ティエレンタオツーで出撃。アレルヤは
そのあたりノータッチなので、相変わらず「精神に支障」をきたしてしまいます。
その隙を突かれて、キュリオス、鹵獲される。

何にしても、結果が総て。隙見せたら負けですから。で、ヴァーチェ、(というか
ティエリアですね)「万死に値する!」とばかりに輸送艦ごと撃破をはかるも、
ソーマたちに阻止される。それどころか、6機のティエレン(量産型)に絡め取られるし。

気がついたアレルヤ。というか、ハレルヤ覚醒。
「聞える、聞える。人々の嘆きが…」といったわけではないですが。(おい;)
本領発揮ですね。輸送艦内部破壊、自力脱出。

一方、ヴァーチェのほうは ↑ の事態。なんか、「ナドレ」という名前らしい。
>キャストオフ・ヴァーチェ。
ティエリア、えらい嘆いてますが、とりあえず鹵獲されずに済んだことのほうが
大事だと思うのですが?「秘密を暴露」するのを回避するのであれば、人革軍の
量産型×6を巻き込んででも自爆する、という手もあるような。なんか、
「悲劇的状況に酔っているアテクシ」テイストが濃くて。で、
「俺は…僕は…私は…。」と、第一人称が変わっていくティエリア。もしかして
「実は♀」説は本物か?と疑ってしまいます。

一方、「お外へ出られた」ハレルヤ。暴走してます。ここまで言いたいこと
罵詈雑言吐き倒しされると、かえって潔いような。
しかし、彼は人革軍のミン中尉を惨殺してしまいます。やりすぎだろ。
ソーマ、さすがにこれには動揺してます。

その後。アレルヤに戻ってから。どうやら、「ハレルヤモードで何をしているか」は
分かっているみたいですが。
「僕は、人でなしだ。」…戦争してる時点で、これ禁句だと思います。

とりあえず、ガンダム2機のイレギュラーな働きのおかげで、トレミーは無事。
であるにもかかわらず、スメラギさん、
「また。間違えてしまった…。」と情緒たっぷりに涙流されてますし。
何というかなあ。戦局はこちらのいいように決して動く訳ではないのだから、
「最悪の事態」を防ぐための行動を取ったのなら、それで
「予定と違ったよ。うわ~~~~~~~~~ん(涙)。」みたいな感傷は持つ暇
ないような気がします。つか、「予測と変わった」時点で、「次の予測」を臨機応変に
建てていくのが「戦略予測士」ではないかと思うのですが。

そんなだから、まだ「小娘」の王留美に、聴いたような大口叩かれるんだってば。

「戦闘」って、勝って何ぼのモンでしょ?

今回、後2機はといえば。デュナメス、特筆することなし。(残念)エクシアは。(ry)

冒頭のルイス親子。ルイスの着物はきっと、「そういうもの」を薦められたはず。(おいおい)
てか、沙慈。いい加減この娘から(ry)。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (47)

風魔の小次郎#10.

どうしよう。この「てんこ盛り一山いくらでなんぼ」の「萌え」の大サービスは。(汗)

姫子とのデートに張り切る小次郎に萌え。
いきなり竜魔に恋心な蘭子さんに(ry)。
そんな蘭子さんを見て、「可憐だ…。」とつぶやく白鴎応援団長に(ry)。
竜魔と蘭子さんとのやり取りを垣間見て総てを悟る白鴎応援団長に(ry)。
姫子とのデートのことを相談されて、「女」な返事を返すえりなちゃんに(ry)。
ひたすら蘭子の告りを「任務だ」と言い切って断る竜魔のストイックさに(ry)。
ジェットコースターは苦手だけど、ハイジャンプで高い塔の上に登り、姫子に
「とっておきの場所」を案内する小次郎に(ry)。
夜、縁側に二人並んで「今日の報告」をする小次郎と蘭子さんに(ry)。

今回は、一見小休止に見えますが、実はラストに向けての心境整理?の会だと
思いました。それにしても。

十年後、私の二十歳の誕生日にデートして。約束よ。」のえりなちゃん。恐らく
彼女なりに自分のことを自覚した上での言葉だと思います。(涙)

小次郎、アバンでの風林火山を使いこなすための特訓のため、豆が潰れて血だらけに
なった両手の平。麗羅でしたっけ?木刀の持ち方を指南したのは。

要するに、「ただの木刀じゃなくて、本当に重い」ということを表現してたのですが。
後半、この常識はずれに重たい「風林火山」を使いこなせつつある小次郎、で〆てあったのが、今回の目指すところと思いました。

小次郎。蘭子さん。竜魔。姫子さん。それぞれが、思うところを整理する。特に、小次郎。
武蔵との闘いで足貫かれて以来、「夜叉八将軍」とは対峙すること有りませんでしたが、
その間に、「忍び」として、というよりも「人間として」成長してきたと思います。

「風魔は、死んだら、生きているものが語りついでいく。」
これを受け入れられるようになった小次郎。やはり、人として成長してます。

一方。武蔵。黄金剣を持って行方をくらませた壬生を、サイキックを用いて探してます。
これも、妹のえりなちゃんの「命を一日でも永らえさせるため」。

そして、陽炎。壬生を見つけて、
新しい夜叉を二人で築こう」などとナンパかけてますが、本音見抜かれてます。(おい)
そして、壬生もまた、「黄金剣を使いこなすために」両手を血まみれにしてるのでした。
(このあたり、小次郎との対比かと。)

そして。来週はいよいよ、夜叉姫、立ち上がる。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

げんしけん2 #9.

就職活動。最近は売り手市場だそうですが、それでも決して「それまで
気の合う友達しか周りにいなかった」学生時代とは違い、「一緒に仕事が
出来る人」を求められる「就職活動」は一筋縄ではいかず。ましてや、
「何をしてきたか」がはっきり分かる体育会系とは違って、「ゆるゆると」
やってきた文科系サークル所属者なら、なおさらのこと。

アバンになるのかどうか分かりませんが、咲さんの夢オチ。現実の高坂ならば
言い出しかねないのが何とも。(藁)しかし、実際に、
「三次元よりも、二次元のほうがいーや」と彼女に言うゲーオタ、いたら本当に
嫌、以外の何者ないですが。つか、咲さんも就活で疲れてる。

で、メインは笹原会長。ついこの間、田中・斑目編だったのに、あっという間に。
笹原、「編集者」めざして色々出版社回ってますが、やはり厳しいよう。

文科系、そのうちでもなおさら一般に説明しにくい「オタク活動」を、いかに
就活的にポジティブに説明できるか。なかなか難しいですが、それしかないのなら、
なおさらつきすすむしかない、というのが現実。

「同人誌と著作権の関係」は、少なくとも今の「業界」に関わっていれば、多少は
意識しておかなければいけない問題だ、と思います。(これが昔の同人バブル期とは
違うところ。著作権問題はかなり厳しいですから)そのあたり、自分の言葉で述べられなければこの業界、やはり厳しいかもしれない。笹原、頑張れ。

で、そんな中、クッチー。空気読んでないのが確実ですが、「聖地めぐり」のために某地で
合宿したい、と提案。これだけ見たら、本当にウザい奴です。しかし。このウザさがカンフル剤効果をもたらしているのも、また事実。中の人、どんどん突き抜けて来てます。二枚目のときのような「リミッター」がないからかもしれませんが。どこまで怪キャラになるか、挑戦しているのかも。

そんな中、高坂。エロゲー会社の即戦力として、早速現場投入のこと。
「プログラミング、出来たの?」
「一ヶ月で勉強した。やっぱり、手に職着けとかないとね。」…これぞ、高坂クオリティ。
咲ちゃんが惚れただけのことはある男です。

そんな中、笹原、荻上で妄想…。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (8)

かわいいジェニー#15.&#16.

「宝くじ」
ジェニー、宝くじ1等賞当たる。(一億円!)→「一億円貰ったら、ふつーの女の子に
戻るの!」→宝くじ、買ったのではなく、シスターBからもらったもの。→実は宝くじに
爆弾が仕込んであって(仕事細かいな)今日の5時に爆発するらしい→皆であたふた→
宝くじ、くまちゃんズの手元に→5時になって、(ry)

というのが大体の流れ。しかし、ジェニー、黒いな、相変わらず。で、アキラ、一番
貧乏くじ引いてます。
 アキラ:3時のスイーツ、お小遣いから買ってきてる。
 なでしこ:スイーツに欠かせない「紅茶」を(ry)。

 ジェニー:一切自腹切らず。(おい)

そりゃ、「一億円分けなさい!」といわれても仕方ないです。つか、
 アキラのスイーツ代、半分くらい出しなさい。(藁)

結局、一番お人よし、というか、策士策に溺れる、というか、はシスターBの模様。
ジェニー、買って来たスイーツをテーブルに置いたまま、お昼寝。そして、目が覚めたときには哀れ、スイーツ。(涙)
 「買って来たらすぐに冷蔵庫って、これスイーツの常識だろ?」アキラ、ここでも常識人です。
しかし、このブツ、ケーキだったのかアイスだったのか?いずれにしても…ではありますが。

今回、あまりなでしこが黒くなかったです。

「ダイエット」
最近、スイーツの食べすぎ?で太ってしまったジェニー。これではハリー先輩の前にも出られない!ということで、ダイエットスタジオへ。

一緒に付き合ってくれるなでしこ&アキラ。順調に言ってると思いきや、い生成りの体重増加。どうやら、つい食べ過ぎてしまたらしい。再び猛特訓!の3人。

初めて2週間。どうやら目標達成した模様。しかし(以下、お約束)。
「せっかくやせても、こんなになっちゃ、意味ないでしょーーーーーーーーーー!」
3人がたむろしているバスを、両手で持ち上げるジェニーの姿が。(ry)

本当にお約束のテンプレでありますが、それを「ジェニー」に持ってくるところがとんでもないです。
それにしても、声の中の人たち、本当に楽しんで演じておられます;;

今回の2話は、どっちかというと「常識の範疇」というか、いつもに比べておとなしめでした。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙戦艦ヤマト#9.

絵コンテ、安彦氏。作監、小泉謙三氏。
ガミラスの冥王星基地破壊に成功したヤマト。しかし、修理継続中であるため、
アステロイド・ベルトを目隠しに使うことに。それを追いかける、元・ガミラス
冥王星基地メンバー。

という内容です。

とにかく、ヤマトはまだ修理が終わってません。真田さんがいるにもかかわらず、これだけ
時間がかかっているというところに、いかに甚大な被害をヤマト被ったかが良く分かります。

それゆえ、ひたすら戦闘を避け、逃げ切ることに。
今回は派手な戦闘、というよりは、劣悪な環境をいかに有利に使い切るか、という頭脳戦がメインです。ヤマト側もガミラス側も、知恵を振り絞ってるところが。つか、アステロイド・
ベルトを隠れ蓑に使うのは、真田さんのアイデアだったのか。(流石だ)
しかし、ガミラス、というか、デスラー。失敗した部下はとっとと切り捨て。冷酷な奴だ。

アステロイド・リングによる「防御の壁」で、ガミラスの攻撃を防御するとき。
古代弟「これが攻撃かよ。じれったいな。」
島「守りも完璧である必要があるんだ。本来は、こういうもんだぜ。」
こういうところに、二人の性格が良く現れてます。もう一つ。
「ヤマト農園特製フレッシュ・ジュース」を飲むシーン。ストローデフォルトなのですが、

古代弟:ストロー無視して、コップから飲む。
島  :ストローで飲む。

こういう細かいところからも、二人の性格の違いが分かるようになってます。いえ、細かいですが。
こうやってみると、つくづく、古代弟は結構やんちゃな奴だったのだな、と。

Bパート。メインはガミラス側です。後がありませんから、必死です。通常攻撃が効かないとなると、特攻攻撃。しかし、前面から体当たり食らわせてきたガミラス艦、ロケットアンカーで進路変更とは。
良く思いつくものです。>沖田艦長。さすが、キャリアが違う。

今回の作画。古代弟が今風に整ってます。

どうやら、ヤマトの修理も無事済みそう。ということで、次回へ。アクシデントのさい、どのように動くかで人物を見せる、というのはなかなか最近見ない手法ですが、ヤマトはそのあたり良く出来てるな、と改めて思いました。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「お昼寝」~「黒金の騎士と白銀の姫」より

Photo とりあえず、ぼちぼち描こうかな、と思い立ったネタです。ジャンルは「ダーク・ハイ・ファンタジー」になります。

主人公とヒロインが、幼年時代から思春期を経て、さまざまな難関を乗り越えて成長する話。(定番ですね)

舞台は異世界(これも鉄板)。主人公は獣人ハーフ。(なので獣耳。)ヒロインは事情により、幼少時から体の一部が人工部品。この二人が自分達のルーツに関わる「敵」と闘っていく、という筋書き。しかし、つくづくテンプレートのてんこ盛りな訳ですが、テンプレが何ぼのもん、という開き直りで、ゆっくりとですが話を作ろうと思った次第です。

イラストは、まだ二人が子供のころ。6~7歳くらいのつもりです。タイトルどおり、野原で

お昼寝しているところ。

にほんブログ村 イラストブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

美容少年セレブリティ#10.

前回の問題の解答。

「ここに来て、久しぶりに笑ったの。だから、帰りたくなくて」
 鋏を隠した、んだそうです。

静乃さん、ご主人に先立たれ、子供達も多忙で、寂しい毎日。そんな時、
「セレブリティ」から招待状が届いたらしい。

とりあえず、食べ盛りの男の子達が沢山いるらしい、ので、久しぶりに
重箱にお弁当を詰めて訪問。
「年寄りの作ったものだからね。喜んでくれたらいいんだけど。」

その心配はまったくの杞憂でした。男の子達(約一名、無理ある人いますが;)は
とても喜んで食べてくれて、それは楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

しかし。「仕事」が終われば帰らないといけない。出来れば、帰りたくない。
そうだ、あの美容師さんの鋏、あれを隠してしまおう、そうすれば…。

鋏をなくす、というのは、美容師にとっては死活問題です。セレブリティたちの間で、
えらい騒ぎに。店長も、こんなことでは 最高のサービスを提供できない、ということで
「申し訳ございませんが、お引取りください。」と静乃さんに。

「私がいればご迷惑かけるだけですから、帰ります」という彼女に対して、
「さっきの笑顔、あんなに素敵だったのに、どうして帰るの?おばあちゃんが
笑ってくれないと、綺麗にすること出来ないじゃない!」というコーディネーターさん。

彼(彼女)?の言葉に、ようやく静乃さん。
「こんな私でも、綺麗にしてくれますか?」と、言うことで。

とはいっても、シャンプーのみで、鋏も要らないから、ということで。

静乃さん。来た時と比べて、髪が整ったくらい。でも、満面の笑顔。
コーディネーターさん、先ほどのしみになった風呂敷、染め替えてました。(いつの間に)
それをスカーフとして巻いてあげた彼。

「亡くなったおじいさんも、きっとこうして欲しい、と思ってるから。」

彼のお仕事的には、新しい服や小物を合わせて何ぼ、というものなんですが、「相手の
心を汲んで」演出するのもまたお仕事、だそうです。そういえば、メイクもネイルも今回は
ツッコミ役でしたし。風呂敷、いつの間にそんなお仕事してたんだと思いますが。

しかし、こういう手できたか、という感想です。今までは、あくの強いお客さんばかりでしたが、逆に言うと分かりやすいので、手も打ちやすかった、と。コーディネーターさんは、他の面子より人生経験豊富なので、こういった「変化球」なエピソードが来たのだと思いました。

次回。セレブリティ5人組に最強のライバル登場。もし勝てなければ、解散。
王道のヒーロー展開、来る。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キューティーハニー THE LIVE#9.

お嬢様・剣持ユキ嬢が誘拐された。返して欲しければ5千万用意しろ、と
犯人からの要求。
(事を大きくしたくないから)なぜか源さんのところに仕事の依頼。早見、
一週ぶりのお仕事です。ユキの写真みて、即効ナンパモード。ばれてますから、
「あんだーはーと。」

「こんなこともあろうかと」源さん、ハニーをアシスタントメインに。
「かわいい~♪」写真見て第一声。どうやら、先週通りすがりで登場したかの
「他校のお嬢様」=剣持ユキだった、ということらしい。(やられた)

普通、年頃のお嬢さんが誘拐・監禁となるととんでもない展開のなるのですが、この場合。
ユキの突き抜けた天然ぶりもさることながら、誘拐犯も、なにやら訳ありの模様。とても
「そういうこと」をする人には見えない。

パンサークロー(中条)の「ゲーム」の犠牲者。いきなり体に時限爆弾埋め込まれて、
「五千万用意できなかったら、ど/か/ん だからね。オニイチャン、ガンバッテネ」という。しかし、
いつもながら、容赦ないな、中条。今回は、中条スペシャルです。

ということで、いきなり自宅に戻るお嬢&犯人。てか、それにいつの間にか気付いて、仲良くなってるハニー。こっちも天然では負けずとも、だし。このあたり、五千万準備するために宝石泥棒しようとしたり、女子のコスプレタイム、といった感じ。しかし、これでしっかり
準備できてるところが、さすが。

で、指定された場所に、五千万持ってきたハニーとユキ。
「五千万持って来ました。だから、爆弾解除してください。お願いします。」中条に頭下げても意味ないんですが、そこはお嬢様。中条も、ち、な表情mなんですが、「約束だから仕方ない」といった感じで、「解除してやれ」

苦しみだす犯人。「嘘ついたの?!」「下がって、危ない!」
体に埋め込まれた爆弾押さえて苦しみだす犯人。パンサークローだし、もしかして?と思ったら。
かなり乱暴ではありますが、爆弾解除。中条、約束守ったらしい。珍しい。
このときのユキ、白いスカートが逆光で(ry)です。「ハニー」だから、狙った演出かも?と
勘ぐってしまいましたw。

一方、ハニー。こっちはバイクで、金取りに来た中条ーパンサークロー(自動車)とカーチェイス。
持ってきたバッグの中は、新聞紙の束。ベタですが。

「騙したな!」「騙されるほうが悪いのよ!」

中条、久しぶりに両手を刃の翅に変えて、攻撃。ハニー、シルバーフレールで蹴散らします。強いぞ、ハニー。
TVで久しぶりに、ド派手なバイクアクションを見ました。最近のライダーとか戦隊とかで、こういった派手なスタントはあまりないので、なおのこと。ライダーハニー(というのだろうか?)のときのオートバイ、バイスーとコーディネートされていて、気持ちいいです。(コバルトブルーに白の流線)。

最後。「ハニーフラッシュ」で、すれ違いザマ自動車をばっさり「消去」。地べたに転がる工作員と中条。(ここ、スタントなしでしょうか?)
「お姉ちゃんの馬鹿、馬鹿、馬鹿ーーーーーーーーーー!!!!」中の人、「子供」人格で叫んでます;。
「勝っちゃったわ~。」ハニー、バイクで余裕のポーズ。強くなったなあ、ハニー。

ゲームに負けた中条ですが、人体改造のところ、デュークの担当ではないのかと。もしそうならば、
きっとこの後で、また二人仲良くサービス受けながら、デュークから嫌味を言われるのか(ry)。

で、ユキは今回は顔見世というか、キャラ紹介のみ?EDはハニーでしたし。と思いきや、どうやら次週で「シスター」覚醒かも?

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

チョコミミ#10.

「バンドやろうZE!」
 なかよしが4~5人集まったら、「バンドやろう」という話がないわけでもない
ですが、この場合、「楽器が何かできる人」というのが前提。しかし、アンドリュー
ギター弾けるんだ。(女子的にかなりポイント高し。)

で、このチームの場合、チョコもミミもビギナー、らしい。で、「一ヶ月、楽器を
習ってから」(バンドを)考える、といったアンドリュー。

で、1月経過。
チョコもミミも、どうやら方向が間違ってしまったみたいです。
ベース→コントラバス?こういう具合に発展する人も珍しい。

結局、バンドはどうなったことやら。;

「ヨミビトシラズ」
チョコメイン話。彼女メイン回は、切ない系の話が多いです。
期末テスト。アンドリュー、古典が苦手なので、チョコに「助け」求めます。
「万葉集」から、有る歌の上の句をたずねられ、下の句を返したところ、
「歌」の意味に気付いてしまうのですが。

そもそも、「万葉集」に限らず、和歌のほとんどは「恋歌」が多かったような気が
します。しかも、おおらかなものから、きわどいものまで。

なので、「ただいま真っ最中」なチョコにとっては、
「一粒で二度美味しい」状態かと。>恋愛中だから、句の意味が分かる。

最後。なかなかいい雰囲気でした。アンドリューとチョコ、少しは進展してる、はず。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yes!プリキュア5#42.

 自分の部署が解散になってしまったブンビーさん。ハデーニャさんの肩もみなんかしてますが、内心手柄立てたくて仕方がない。そんなわけで、飛び込みのバイトがブッキングしても、見事にこなすのでありました。例えそれが、アルマジロ今人の着ぐるみ着て、鎖鎌付鉄球振り回して時の運行守る列車の窓に張り付く、というきつい仕事であったとしても。(おい)

前フリはさておき。
今回のメインは、かれんさんとりんちゃん。一見共通点がないどころか、一番仲良くなさそうな組み合わせでもあります。しかし、二人とも、部活や家業の手伝い、生徒会会長など「八面六臂」な活躍をしているように見えてますが、実は本人的には、「将来の夢が今のところ見えてない状態」という共通点があったり。

そんな二人のところに、久しぶりに大暴れしてきた?ブンビーさんが襲ってきます。今日の彼は一味違う!何せ、あの「仮面ライダー電王」をぶいぶい言わせてきたばかりです。テンションが違います。
(ほんまかいな)

「希望がないっていうのはだな、絶望っていうんだよ!」間違ってはいないけど、=ではないと思います。ブンビーさん言うところのそれは、「希望0」であり、かれりんたちのそれは「希望があるんだろうけど、どれがそれなのか分からない状態」なので、厳密には一緒でない、ということで。つか、中学生の時点で、明確な人生の目標持ってる奴のほうが少ないってば。
「とりあえず、高校入ってから」現実とすり合わせつつ、なれそうな目標見つけていく、というのが定石ではないかと。

しかし、言葉の綾に絡め取られた二人。ハイエナG…もといハイエナジーブンビーさんにかないません。
そこへ、「将来への希望を見つけつつある」3人到着。やはり苦戦するのですが、ドリームさん、主役の面目躍如。
二人に、「人を笑顔にすることが、未来の夢に繋がる」というヒントを出します。
りん。花嫁さんにティアラ作ったり。かれん。病気のミルクを看病したり。

やはり、「自分で成し遂げた」実績は自信に繋がります。再び立ち上がった二人、見事ブンビーさんをふっ飛ばすのでありました。しかし、枯葉に火つけたら、燃え上がりそうなのですが。だから水攻撃?

実はこの二人は似すぎて仲が悪かっただけなのかもしれません。ナッツハウスを飾る花、以前は対立しましたが、今回は「シクラメン」と「カトレア」。どちらも互いを引き立て、今の季節に良く合う華やかな花です。
これからの二人の将来を暗示しているような、そんな〆でありました。

追記。
電王でも、主人公が、このままでは「相棒」と一緒に居る「未来」が消えてしまう、と「絶望」しておりました。
「だから、一緒に闘わない。」偶然では有りますが、どちらも「未来に希望が持てない」主人公を襲う敵、という点では共通していたような気が。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (8)

しゅごキャラ!#9.

「なんで、なでしこ♂なんや~。♀でえーやんか。」
今回の話見た知人の感想。いや、きっとそこには深い思惑が(ry)

というのはおいといて。
あむちゃん、なでしこさんとこへ初の「お泊り」です。今までの彼女からすると、
「お泊りデビュー」でもあるわけです。

つかみとして、「にちぶ」=「日舞」ではなく、「日武」とどうして変換できるのか;しかも
「かめはめ波」撃ってるし。「日舞」で「スケキヨコスプレの皆様がいっせいに群舞してる」
ところも、かなり嫌ではありますがw。

とりあえず、「古いお家」のお約束、というのを一通り想像しながら、お泊りへ。
なでしこさんママへの「手土産」に「出来る主婦」を印象付けようと、「主婦がもらって嬉しい
もの№1」に選ばれたという某社の洗剤を持たせるところ、結構好きです。というか、「母親
頑張ってます」なところをもっと、みせてくださいww。

あみちゃんが行きたがるのを、「お化けが出るから」と行ってたしなめてきたあむちゃん。

噂にたがわず、大きなお屋敷である「藤咲家」。なでしこさんの日舞を見せてもらい、
あむちゃんも着物借りて踊らせてもらいます。とうぜん、といっては失礼ですが、心得が
あるわけではないあむちゃん、作法などとんでもなのですが、なでしこママいわく、
「心が輝いてる子は、何やっても美しい」のだそうです。実際、着物姿の二人のシーンは、
とても眼福でした。♪

その後、占いカードで遊んだり、(販促登場!)お風呂に入ったり、と楽しい時間を過ごし
ますが、怪談話で脅かされたり。

で、そこにねずみ追っかけてるしゅごキャラたち(てまりのキャラ豹変ぶりがGJ)の足音が、なおのこと臨場感を盛り上げて(おい)。お化けと間違えて気絶してしまうあむちゃん。って、ちっとも
「クール&スパイシー」じゃないですね。なでしこさんとこだからいいですけど。

で、あむちゃんが気失ってる間に、なでしこさん、ママから呼ばれて、日舞のお稽古。公演が近いのに、お友達を招いたから、その分特訓です。

「お友達を招くのなら、公演が終わってからでも良かったのでは?」とのママの問いかけに、なでしこさん。

「どうしても、今日招きたかったの。」それだけあむちゃんが大事、ということだそうです。
「大事なことと同じくらい、大事な友達がいる」という事実。それが、彼女を
「心から輝かせて」いる、という事実。それを知って、なでしこさんに感謝するあむちゃん。

「また、お泊りに来たいな。」今まで、他人との接触を避けてきた彼女にとっては、初めての感情だったと思います。大きな一歩、でしょうか。

しかし、今回は珍しく何事も起こらない回でありました。一応変身魔法少女ものカテゴリの作品なのに、毎回「勝負服」に変身して活躍する訳でない、というのがなんとも。(販促はもっとこってりしないと。)でも、こういうほのぼのした話も、なかなかいいです。
あむママ。お返しの「タオル」で再び「出来る主婦」としてなでしこママをロックオン。燃えてください。

次回、ついに緑の「キャラなり」登場。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (8)

今日の仮面ライダー電王#43.

OPはキンバージョン。

「電王」も後6話。なんですが、「クラジャン・タロスバージョン」のPVができるとか。
http://www.avexmovie.jp/lineup/den-o/index.html

これ、凄くカッコいいんですが、こういうネタ、今までは二次創作の鉄板だったような気が。
なんか、次々と「こうなったらいいのにな」が現実になってる、ということは、やはり今人は
いるのかも?

という話はさておいて。
今回、話が集結してきた…かと思ったら、ブンビーさん@プリキュア5、電王についに
登場!まさに「降臨、満を持して…」。というのは飛ばしすぎですが、蜂今人ではなくて、
アルマジロ今人、というのがちと残念ですが。こちらでも(恐らく)アドリブ飛ばしまくり
だったかと思います。

良太郎たちの時間を守れば、今人たちのいる時間とは繋がらなくなる。いつまでも、モモタロスたち
今人の力を借りて闘っていれば、いずれ彼らとの別れが来る。

ということで、自分ひとりで闘う、といった良太郎。

「一緒に闘わない。願いを言えば、出て行けるよね?」のときの表情。漢です。>良太郎。

そのほかのポイント。コハナに蹴りいれられて砂グシャなモモ、とか、土管で焼き芋作って
食べてる侑人とデネブ。カイに従っている、白獅子今人とか。

あと、アルマジロ今人さん。
「痛いのと、痛くないの、どっちがいい?」と聞いておきながら、「痛くない斬られ方なんて、
ねーんだよ!」という居直り;;まったく、とこまでブンビーさんなんだか。
その後、デンライナーの窓に取り付いているところなど、色々と美味しいネタ提供してくれました。

次回、タロスズ、ついに実体化?

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (14)

今日のゲキレンジャー#40.

赤の父親登場。理央、ついに幻獣王となる。
というのが、今回のメイン。

大葉さんが、どうやら赤の父親役、と言うより、理央の越えられなかった
ライバルとして登場。で、彼が「白虎」だというのですが。

最初に伏線張られていた「白虎」とは、微妙にずれているような気がしました。

理央のトラウマとして、何回もイメージとして登場している「雨に打たれる」
シーンですが、あれと繋がらないのは?あれが「白虎」だと思っていたのですが、
今回の理央の告白では、「兄弟子と、それを何とかして乗り越えようともがく
弟弟子」の関係だったとしか。そうなるとまったく繋がらない(汗)。

兄弟子=ダン=赤父だそうですが、どうしてまだ幼い息子を、森の中へ放置したのか?
基本ですが、これからして無理があるような。

で、最近の謎の流れ(やたら家族ネタが続いていた、という奴です)が、実は、赤が
「家族愛を欲しがっていた」という伏線だった、という。何も今頃やらなくても、と
言う感想です。それなら、さりげなく、適度に挟めばよかったのに。いきなり連チャン
するものですから、わざとらしい、というか何と言うか。

で、ダンが赤父である証拠として。
「俺の血をただ一人かきたてる男。赤、お前こそが白虎の血を引くに違いない。」
んだそうです。要するに、「そんな気がするから、そうに違いない」という論理。
すぐに、「体の刻印」が具体的証拠、として出てきましたが、理央。
「あの人気に入らないから、きっとあの人が(ry)」という論理ですよ、これ。
客観的説得力に欠けすぎ。(おい)

で、後は幻獣王となった理央を入れて、黄金聖闘士幻獣戦隊の初名乗り。
さんざん既出ですが、こっちのほうが戦隊してる(おい)。やたら派手に
キンキラしてるのが難点ですが。でも、今の格下ーズさんたちに比べれば
「チームワーク」してるのは一目瞭然、でありました。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (7)

機動戦士ガンダム00#9.

ロックオンの本名はニール。もし妹がいたら、きっとイライザ(爆)。

というのは冗談ですが。今日の言葉。陽動、鹵獲、戦術予報士。

今回のメインはセルゲイ中佐だと思います。というか、この人の視点の
話のほうが筋が通って面白いかな、と思ったり。さすが、他の勢力
(AEUとかユニオンとかが)静観決め込んでるところを、敢えて撃ってでる
あたり。それも、かなり綿密に情報を緻密に分析した上で、作戦を練るところなど、
歴戦のプロです。

派手なドンパチも華やかで、それはそれでストーリーの華ではありますが、
やはりこういう知略を繰り広げるミッション、というのは別の意味で
面白いです。各MSの特性が改めて分かるし、一応把握していたら、
「こういう風に使えるのか」と別の意味で楽しめますし。

00でのハロは、ロックオンのコックピットにいるオレンジの奴だけかと
思ってましたら、結構カラフル集団だったのが驚き。やはり彼らがいると
和みます。

脚をプトレマイオスに固定し、「砲台」として撃ちまくるキュリオス、格好良かった
です。

しかし、今回はスメラギさんの戦術予報より、セルゲイ中佐の作戦のほうが上手だった、と
いうことで、危機に陥っていくCB.

アレルヤのヴァーチェも、ソーマ載るところのティエレン・タオツー登場により、不穏な
感じに。彼女は弱点補強されたようですが、アレルヤ自体は何もしてないので、それも
不安材料。

以上がメインですが、他はといえば。

沙慈。あくまでルイスに振り回されてます。沙慈の姉さんは、仕事気合入れてるというのに。

姫様ですが、国連に援助要請して、どうにか受け入れてもらえることになったそうですが、
これも裏が大有り。恐らく、諸国漫遊できなくなったので、手っ取り早く国連に訴えたかと。
(シーリン女史の指南?)
「見返りのない援助、って分かっているのに、一体何が目的?」観てる者を代表してる意見です。
しかし、この時代でも、国連は有るというのが。

刹那とティエリア、やはり仲悪そお;。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (42)

風魔の小次郎#9.

アバンが変わりました。いきなり風林火山と黄金剣の話になってるし。
今までは風魔一族の説明だったんですが、どうやら今回からこれらをめぐる
話になった模様。しかし、白鴎学園を守る話はこれですっかりサブにまわるなあ。

小次郎は、「風林火山」扱う覚悟、というか気合入りまくり。竜魔の兄ちゃんは
まだほとんど目覚まさないし。というか、蘭子さんがえらく心配してる。原作では
どうか知りませんが、今回はフラグ立つのでしょうか?
(竜魔兄ちゃん、寝姿が色っぽい;;)

「黄金剣」というのは、夜叉一族にとって、非常に大切なものらしい。それを
壬生が持ち出してるものだから、今の誠心館の状況と相まってえらいことに。
夜叉姫、壬生討伐を言い渡しましたが。

で、実は夜叉8将軍のうち、既に6人が消されています。というか、これ、命のやり取り
なんですね。よって、退場した人は「死亡」である、ということ。とんでもない世界です。

全国高校生将棋大会決勝?で、白鴎学院と誠士館が当たることに。誠士館の選手?は、元白鴎学院の学生だったらしいですが。ということで、こっちはこっちで、風魔と夜叉は
それぞれの闘いを繰り広げることに。

風魔からは、小竜、麗羅、霧風。麗羅は初陣。火の玉使い(見た目からの説明)のようです。
夜叉からは、陽炎と妖水。やっと中の人の特技が見られました。(ヨーヨー)

妖水、つええ!と思ったのもつかの間、麗羅のほうが一枚上手。ヨーヨーに炎移させて、一気に相手を火達磨に。そして、ばっさり。こわいぞ、これ。
僕が、初めて人を殺した…。」麗羅のモノローグです。そういうこと、なんですね。こういう台詞が意識して入れてあるからこそ、見てるほうは改めて意識することになるのですが。

霧風。陽炎をしとめたはず、でしたが。「霧にまぎれて」身代わり立てて、逃げ切ったらしい。
しかし、どうやら彼はそれを狙っていた模様。自由になって、夜叉乗っ取りに乗り出すようです。将棋の試合も、白鴎の勝ち。誠士館の選手、「監視がなくなった」ということで、白鴎に復学。

夜叉8将軍が「全滅」したことにより、誠士館グループ崩壊のきざし、大あり。小次郎もずいぶん「風林火山」を使いこなせるようになってるのですが。

陽炎。鉄扇使いの兄ちゃん。なんというか、かなり気持ち悪いです。扇使うところは見事でしたけど。
麗羅。頭低い態度でしたが、実は一番恐いやつでは。(汗)火達磨の相手に、さらに火の玉ぶち込むなど。

夜叉。いよいよ武蔵が動きます。ここまでくると、既に人外な展開ではあるのですが。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (2)

げんしけん2 #.8

Aパートは荻上、大野、春日野らによる、女子というか、腐女子メインのお話。
荻上、典型的「厨な」腐、です。大野さんくらいになると、むしろ天晴れ。
つか、荻上のコスプレシーンのとき、やたらエロいアングル強調されていた気が。

Bパート。
スタッフは、くっちーをどういうポジションに置きたいのか?
クラブ勧誘のため、コスプレ衣装をお披露目。くっちー、勧誘してるんだろうけど
「あまりに熱心な勧誘のため、相手が引いてしまうので」部室へ強制送還。

とりあえず、女子組は彼のこと、あまり良い様に思ってないし。とにかく「ウザい」
なくっちー。コスプレ衣装を万引きするの見た彼、後追って捕まえようとしますが、
頭突き喰らって逃げられます。服は向こうが捨てていったので(おいおい)拾った
ところ、女子チームに目撃され。

クッチー逆切れ。コス着てみえ切りますが、あまりの不似合いさに女子思わず(汗)なのです。

後日。真犯人は捕まったようですが、クッチーに対してのフォローがない;;

「空気読めないけど、いい奴」にしたくないらしい。投げっぱなし。

クッチーの中の人は喜んでこういう役やってそうですが、というか、Bパートは彼の独断場でした。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かわいいジェニー#13.&#14.

とにかく、自分のテクターくらいは自分で洗おう。Mr.クラウン(オヤジ)に渡したら、パンツと一緒に洗濯されても、文句は言えないです。

とにかく、美少女もののカテゴリにおいては、「汗臭い」「臭う」関係は既に「下ネタ」扱いな気がします。
今回は、そのあたりをとことん追及…しまくってるなあ;。

相変わらず、経費をめぐってのバトルは続いてるし。結構ひっぱってるな、これ。でも、メインは
年頃の女の子が身に着けるものと、オヤジのパンツを一緒に洗ったら、女子はぐれるわよ。」
だったりします。これでボスと本気の喧嘩するわけですから。気持ち判るけど。
「オヤジと一緒に温泉なんか入りたくない!」って、わざわざ一緒に入ることあるのか?ここまで行くと謎ですが。
で、「言いたいことあるんだけど」と乗り込んできたシスターB、ドサクサにまぎれてビル外に蹴り飛ばされてますし;

仲直り策を繰り広げるシスターB。(いい奴だ)送り主伏せて、それぞれにプレゼント送って(ry )だったそうですが、
・贈られたケーキをかじったのは、くまちゃん’zとして。
・花束の請求書は誰の差し金?なのですが、もしかして、普通に「着払い」にしてたのかも。

で、彼女がそこまでして仲直りさせてまで、訴えたかったことは。
「あんた達のフェアリーテクター、洗ってないでしょ、汗臭いのよ!ちゃんと洗ってきなさい!」

…オヤジ以上に、同じ女からは絶対に言われたくない台詞だ。と、ここまで言わせるジェニーたちって、どうよ?
ではあります。美少女ヒーローは、身だしなみも大事です;

しかし、図星指されて逆切れしたジェニーたち、再びシスターBを蹴り飛ばしただけでなく、Mr.クラウンまでも
「竿竹に洗濯物干し」の刑に処するとは;;恐るべし、スイーツエンジェル。悪のエージェント(違うか;;)

第14話。
なぜか音楽会ネタ。カルテットで合奏が参加条件。豪華景品に目がくらんだジェニーたち、景品のためなら何とやら、
ということで、Mr.クラウンを「頭数あわせ」にさそう。彼はギターが弾けるらしい。なでしこは「琴」。アキラは
ドラム。で、ジェニーはというと。
「トライアングル。」どこぞの自称拳聖(猫)かと。(おい)というか、楽器そろえばいいものではないのですが。
まるでなつかしの「矢島工務店」ではないかと。>バンドに琴。なでしこは、「お琴のTK」を目指してるとは思えませんが。

一方、まったく同じこと考えてるエイブランご一行。くまちゃんズは、結構いけるみたい。ピアノとか、トランペットとか、
コントラバス?
しかし、シスターBは。「カスタネット。」はじける檸檬の香り、というには少々厳しいお年頃ではないかと;。しかし、
仲いいな、ISPとエイブラン。

当日、お互いに妨害工作した結果、エイブラン、ジェニーたちに爆弾仕掛けて(ぶっそうな;)、彼女たち、なつかしの
「ドリフのコント状態」に。で、大乱闘。こうなると、どっちも「悪のエージェント」です。

その結果、警察に連行されて、(おい)容疑者扱いされて、裁判の被告人に。(女子達のみ)即効釈放されましたが、
前科者ですか、ジェニーたち;;

女子たちが大変な間、オヤジ+くまはというと。バンド組んでましたとさ。
それに乗じて、景品の海外旅行を満喫する女子達;;。

(もしそちらが勝ったら)「鼻の穴から、坦々麺食べてやる」「耳の穴から、コーンポタージュ飲んでやる」

どっちも、かわいいドールの台詞ではないですが。

既に、人外レベルです。相変わらず、おちないし。

いずれの回もいえること。ここまでキャラ汚して、スポンサー的にはおkなのか?
そのうち、分かるといいなあ。

にほんブログ村 テレビブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »