« 「牙狼」より。(ハニーとかライダー映画版とかのスタッフつながりで。) | トップページ | かわいいジェニー#19.&#20. »

宇宙戦艦ヤマト#11.

芦田作監、安彦絵コンテ。

今回から、デスラー総統はじめガミラスの皆さんの肌の色が「青系」に確定。
「光線の加減で」次第に顔色が変わっていくのは、かなり「しゃれた」方法
だと思います。

ガミラス軍が、宇宙空間にばら撒いた「機雷」。これを、「勇気と知恵を振り絞って」
回避するのが、今回の話。よって、ガミラス側では、
「デスラー総統は、ヤマトの一連の動きをどう見たか。」という流れですし、
ヤマト側では、
「いかにかわしていくか」が色々な箇所でドラマになってました。

「こんなこともあろうかと」(おい)真田さんがひそかに作っていた
「ミニ・ヤマト」《要するに、風船なダミーです》、目前に漂っていた物体に接触
したとたん、爆発。機雷。どうやって、この機雷空間を越えていくか。

これ以降、試行錯誤しながら、最後には機雷空間を越えるのですが。
この間の、古代と島のやり取りが面白いです。訓練学校時代からの友人、という設定
通り、「心許してる相手ならではの、歯に絹着せないやり取り」をしています。

というか、古代、かなり口悪いし、
「島,停まってくれ、お願いだ」と手を合わせて哀願するところなど、本当に細かい
表情を見ることができます。

で、かの機雷。「人力で」除去することで航行可能に。とてもシンプルです。宇宙空間
ならではのアイデア。

「作戦失敗」を図らずも見届けることになった総統の、
「相手の艦長の名は?デスラーの名において、電報をうってくれ。」の台詞。
「孤独の王者」の貫禄十分でした。

しかし、何故ヒス副総統が、「ヤマトの艦長」=「沖田重三」であること、どこで知ったのでしょう。
作品中では、触れられてませんでしたが。

それにしても、その「電報」を受け取ったのが通信班の相原君。どう観ても航海班の大田君です。
(おい)
敵の正体・ラスボスがわかって、「喜ぶ」古代。この頃はまだやんちゃだったようでした。

にほんブログ村 テレビブログへ

|

« 「牙狼」より。(ハニーとかライダー映画版とかのスタッフつながりで。) | トップページ | かわいいジェニー#19.&#20. »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/17431635

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙戦艦ヤマト#11.:

« 「牙狼」より。(ハニーとかライダー映画版とかのスタッフつながりで。) | トップページ | かわいいジェニー#19.&#20. »