« キューティーハニーTHE LIVE#10. | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト#10. »

美容少年セレブリティ#11.

敢えて戦隊的解釈で。
 スペシャリストではあるが、弱点もまた多かった5人。それぞれが試練を
乗り越え、力もつけ、チームワークの強さを再確認したころ。

かつて出会ったこともない、強大な力を誇る敵が現れた。
しかも、彼らの仲間の一人を、廃人同様に追い込んだ、という。

「俺に勝てるものは居ない…。」コートの下に、あらゆる「武器=鋏」を
携帯してる、いわば「人間武器庫」状態の「それ」。

勝負を挑む、美容少年戦隊。しかし、その圧倒的な力の差に、屈服せざるを
得なかったのだ。

「この勝負に勝てなかったら、戦隊は解散」しかし、体が恐怖にすくんで
動かない。このままでは、敵の一人勝ちに終わりそう。さあ、どうする?

というのが大体の話。個人的には、大きなギターケースに一式詰め込んで
仕事していた、かのトンボ兄さん(今はIT企業の社長さんで、3号単車乗り
の人)とメイク対決してくれたら嬉しいのですが。

さて、「スーパードクターK 」ばりに(B.J.も?)黒のレザーコートの下
一面に鋏やらメイク小道具やらコスメやらを隠し持つ彼ですが、アメリカから
国際線で帰ってくるときとか、ボディチェックどう通過したんでしょ?というより
「凶器」常備状態な訳ですから、テロリストか何かに間違われても(ry)。

コスメとか、常時36度台で保温されてるわけだから、「人肌」に温まってる
ファンデとか、塗られているわけですね。プロとして、使用頻度激しい訳ですから
品質劣化はあまり考えなくていいみたいですが。(おいおい)

これだけベタにかっとんでますと、すがすがしいです。今ピンチの美容少年達も、
頑張れ、と応援します。

そういえば、今回のお客さんは、双子のお嬢さんでした。この物語世界では、
序の口な方々。完全に、主役は化け物メイクアーティストさんでした。

にほんブログ村 テレビブログへ

|

« キューティーハニーTHE LIVE#10. | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト#10. »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/17350261

この記事へのトラックバック一覧です: 美容少年セレブリティ#11.:

« キューティーハニーTHE LIVE#10. | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト#10. »