« 美容少年セレブリティ#9. | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト#8. »

プリキュア5劇場版・感想。

劇場版、見てきました。(ネタバレあり)

メインは小さい子(女子メイン)なので、話そのものはド直球ストライク!なつくりなのですが、
トラップのごとく大友向けサービスがちりばめられてるのがさすが、「東映は分かってる。」

最初。お子さんにはペンライトをもらえるのですが、その説明(アバンとして入ってる。)シーン。
ココ、ナッツ、ミルクのコントネタで進むのですが、人間態でナッツをからかうココ。勢いあまって大乱闘。はっきり言って、「腐」狙いだと。

最初のサービス。「プリンセス・ランド」というテーマパークにて、ドレス着用の元、「お姫様ごっこ」に興じる5人+ココナツ+ミルク。5人のドレス姿披露。「なりきりお姫様」で、北島マヤのごとく?なりきりお姫様するうらら。流石です。かれんさんは、お姫様というより、「女王様」…誰がうまいこと言えと。

当然、ココナツはドレスではなく、「王子様ファッション」にコスプレですが、さすが本物、詰襟に金モール、マントという「王子様ルック」を良く着こなしてます。女子達、さすが皆さん、ドレスがお似合い。やはり、「女の子の夢」鉄板ですから。

お花畑で追っかけっこ」というアトラクション。(藁)文字通りなのですが、りんちゃん、大活躍。
言い寄ってくる「王子」たちを、全員ばてさせました;。(似合いすぎ)
もうちょっと、頑張って追っかけてきなさいよ」男前だ。>りんちゃん。

このあと、ココとナッツが敵に誘拐されて、右左登場。しかし、ココナッツ擬態状態で「コワイナー」変身するときのポーズが、プリ無印を彷彿。なんとういうか、ココとナッツで「ふたりは(ry)」妙に似合いすぎてました。

で、次。「鏡の国」ラスボスとかが、一気に登場。闇キュアのうち、「闇夢」さんが最初に誕生。私服?のゴスロリドレスかわいかったです。雰囲気が「水銀灯」@薔薇乙女ぽかったかもしれませんが。

鏡の国で、それぞれ「もう一人の自分」である闇キュアさんたちと対決。
取り上げるグレードは、
 夢>ミント>>>レモネード>アクア>>>>>>>>>>ルージュ
な感じが。

それにしても、バトルシーンは、容赦なかったです。テレビと違って、制限かわるのか、かなり本気の拳の交し合い。もし実写でやるなら、深夜枠だな、と想いました。素の役者さんに、これだけ動け、というのはかなり難しそう。

夢:闇夢  マジで拳のどつき合い。最初のうちはコテンパンにやられてます。しかし、主人公補正かかってます。最後の最後まで登場しますが、…。

薄荷:闇薄荷 尺長めです。こちらもやられてます。闇薄荷さん、攻撃がすごい。

檸檬水:闇檸檬水 闇キュアカッコいい!こちらも最初はぼこられてます。

紅:闇紅   極彩色の背景をバックにしてますが。「キスダム」の背景みたいです。

水:闇水   闇水さんは、でこが目立つ。雰囲気がロシウ(おい)

ドリームの呼びかけに、全員が逆転しますが、闇檸檬。
「こうなったら、私の歌で闘うわ。」おいまて。ぴちぴちボイスか?
「きゃあああああああああああああああああああああああああああ・・・・・・・」

ゴッドボイス@勇者ライディーン 型の音撃です。他にもラーゼフォンとかアクエリオンとかマクロス7とかありますが、ぶっちぎりでゴッドボイスです。(汗)
そんなことに歌を使うものではないわ!」檸檬水さん、怒って当然です。いや、びっくりしました。

水と闇水は、最後は剣撃。これもある意味深夜特撮レベルだったりしますが。

夢と闇夢。他の4人はとどめさして、クリスタルに還元しましたが、夢さんだけは、彼女をそうしなかった。
「新しい、友達だから」彼女らしいです。
「私と同じなら、きっと心も同じだから。友達になれる」

笑うって何?そんなの分からないよ、習ってないよ
「これから練習すればいいの」

夢が影に捕らわれて、絶体絶命。闇夢、自ら攻撃受けて、絶命します。
私、笑えたかな・・・」(このあたり、意訳です)
闇夢、クリスタルに還元しました。大きな亀裂が入って。

「オリジナルと同じ力、同じ心を持つ」ならば、きっと「オリジナル」になれる、と
思ったに違いない、闇夢。もし闇夢が逆の立場だったら、夢も同じ行動を取ったに違いない。

ごめんね、貴女も、助けたかった…。」

賑やかに始まった割には、どこかしんみりした終わりかたでした。EDはかの曲なので、賑やかでしたが。

なぜ、のぞみがプリキュア5のリーダーか?その理由を改めて確認したお話、だと思いました。しかし、
「自分との闘い」で、バトル中に禅問答。どっかのニュータイプかと。(おい)

女の子の大好きなものの飾りのその下は、至極王道な熱血友情少年漫画ストーリーでした。

しかし。
なぜ、ドリームちゃんは、闇ドリームちゃんと仲良くなったの?」結構難しい質問です。(藁)

にほんブログ村 テレビブログへ

|

« 美容少年セレブリティ#9. | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト#8. »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

映画見たんですね~♪うちも見たいですけど、年齢的に・・・;ストーリーのあらすじ付き感想嬉しいです!!いやー、とことん王道をいってますけどそれが良いですねv闇夢ちゃん、やっぱりラストは良い子に(根がそうなんでしょうね)なったんですね、最後の台詞が・・・(TT)
オリジナルとそれをパワーアップさせたものの、対決といえばポケモン映画ミュウツーの逆襲でもありましたね。疑問のところ、やっぱりのぞみの誰とでも仲良く!っていう心が闇夢ちゃんにもあったからですかね?たいていなら戦闘を避けたい、終わらせたい気持ちが第一にきますし。

投稿: かなべえ | 2007年11月30日 (金) 19時00分

「娘が見に行きたいから」という御旗を掲げていきました。(おい)ほとんどが親子連れさんでしたが、中高生のお嬢さんチームもいたような気が。
闇夢消滅シーンでは、お子さん達が泣いてる声が聞えてきましたし。
テーマがかなり観念的・抽象的です。プリ子さんたちの禅問答は、大人でも答えを出すのが難しいような内容でしたから。
疑問の答えは、
「闇夢」=「夢」だから、だと思いました。(自分なりの答え)しかし、人の数だけ答えがあるような問題ではあります。

投稿: 由維 | 2007年11月30日 (金) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/17219852

この記事へのトラックバック一覧です: プリキュア5劇場版・感想。:

» zozotownの地図 [zozotownの地図]
zozotownを地図で紹介やzozoresidence招待状など。 [続きを読む]

受信: 2007年12月 1日 (土) 16時18分

« 美容少年セレブリティ#9. | トップページ | 宇宙戦艦ヤマト#8. »