« キューティーハニー THE LIVE#8. | トップページ | プリキュア5劇場版・感想。 »

美容少年セレブリティ#9.

「何故おばあさんは、鋏を隠したのでしょうか?●文字以内で答えなさい。」

などという、現国の試験にでも出そうな話でした。>今回。

メインは、コーディネーターの近藤姉さん。チーム「セレブリティ」の最高年齢。なので、
顔に皺が出てきてもおかしくないらしい。しかし、それを肯定する姉さん。(どうやら伏線)

この時間帯の、このキャスティング。一体どの年齢層が対象なのか、これで結構分からなくなってきました。
「おばあさん」といわれる世代が「お客さん」になる、というのも初めてだし。

「おばあさんを、どう綺麗にするの?」今回の焦点。

実は、このおばあさんが大事に抱えていた箱、自分も「骨壷」と思っていた口でした;
「長年連れ添ったご主人に先立たれ、すっかり気落ちしてしまったおばあさん」という
テンプレなのかと思いきや。

「お花見」とか「運動会」で、お母さんが作ってくれたような、巻き寿司とか、いなりずしとか、鰤大根とかが3段に詰められた、重箱弁当でした。そういえば、姉さん以外は「食べ盛り」な年齢のスタッフ達。重箱を開いたとたんの表情が最高でした。その場でいきなりちょっとした宴会、というのも、
(しかもござ敷いて)らしいというか何というか。(カウンセリングタイムはかなり長くなったことかと)

カウンセリングは、近藤姉さんでしたが、やはり、この場合は適任だったと思います。他のメンバーでは役不足だし。

どうやら、おばあさんは寂しい様子。ご主人はやはり先に他界されてるようですし、お子さんやお孫さんも多忙で、会うことも少ないらしい。それで、「セレブリティ」の招待状貰ったので、お礼に、、と重箱弁当こしらえて持ってこられたのかも。

「楽しい時間は、すぐに過ぎてしまうわね…。」おばあさんの言葉。どうやらこれがキーワード。

で、シャンプー終わって、これからカットタイム、というときの「鋏騒動」に繋がる、という訳で。

本来、鋏なくなったら、ものすごく大変だと思いますが。おばあさんは「すぐ」という言葉が嫌いらしい。
しかし、近藤姉さんは、自分がやった、と主張。

これだけの伏線で、実はどのように展開するか?さすが姉さん、伊達にキャリア重ねてないです。このような問題には、彼のような人が適任。

しかし、良く脚本通ったな、でした。冒険といえば冒険だし。

にほんブログ村 テレビブログへ

|

« キューティーハニー THE LIVE#8. | トップページ | プリキュア5劇場版・感想。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/17210786

この記事へのトラックバック一覧です: 美容少年セレブリティ#9.:

« キューティーハニー THE LIVE#8. | トップページ | プリキュア5劇場版・感想。 »