« かわいいジェニー#5.&#6. | トップページ | 機動戦士ガンダム00#5. »

風魔の小次郎#5.

「贋作」ということで、「絵の偽物」と項羽・小龍兄弟、白虎をかけている、秀逸なサブタイです。
実は、美術部が参加する展示会、姫子さんがまたもや「助っ人」か?何でもできるお嬢様だなあ(爆)
などと予想してたので、以外でした。

恐らく原作でもあると思うのですが、小次郎の「以外」どころではない記憶力。こういう伏線が張られているので、彼が直接対決しない回でも、決して「空気」にならないところが、嬉しいです。

しかし、アバンで項羽・紫炎対決が終わってるって;;しかも、紫炎、前回のBパート後半で白虎の助っ人で登場したところなのに、容赦なさ杉;;;;。

で、実は白虎の「顔取替え」で項羽に化けて風魔メンバーの「たまり場」である柳生邸に乗り込んでくるのと、小龍=項羽の双子の弟で、「自分が兄のコピー」と悩んでいるのとが同時進行、という。

しかし、ヤスカさん、『ボウケン』とか『電王劇場版』などでアフレコキャリア積んでるから、「項羽な白虎」が違和感ないです。

小次郎の寝込み襲撃失敗の際、何故風魔メンバーはそこで『偽者』と気がつかない?と気になりましたが、どうやら「項羽の悪ふざけ」がその伏線だった、という。しかし、それはもはや「悪ふざけ」ではないと思いますが。(汗)

確か前回で登場したばかりの林彪が、いとも簡単に『項羽な白虎』に『片付けられて』しまったのは、容赦ないというか。これは項羽=味方だと信じたせいによる油断からきたのでは、と思います。

で、項羽が偽者、と気付いたのは、やはり弟=本物である小龍。兄が左利きである、とか、(周り気付かない?)
何よりも、今まで『一緒に生きてきた時間』が総てを明らかにした、のだと。

で、絵の贋作(文字通り、『真っ赤な偽物w』)のときの、小次郎の言葉。
「偽者って、なんというか、こう、奥行きがないというか…。」総てをあらわしています。主人公だ。

最期に、白虎と対決したのは、小龍。白虎、退場。小龍は、皮肉にもこの一件で
『自分もまたオリジナルである」と言う事実を証明できた、ということらしいです。きついなあ。

次回、ついに『水中戦』。

今回で紫炎、林彪、白虎の3人が一度に退場。『人が死ぬ』というのがこうもあっさり片付けられてるのが「忍び」なのか、と。

にほんブログ村 テレビブログへ

|

« かわいいジェニー#5.&#6. | トップページ | 機動戦士ガンダム00#5. »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/16961975

この記事へのトラックバック一覧です: 風魔の小次郎#5.:

» 風魔の小次郎 第5話「贋作の巻」 [特撮警備隊3バるカんベース~ZOD THE RIPPER(切り裂きZOD)~]
あれは…死羽! 「俺達はずっと二人で生きてきたけど、いつかどちらかが死ぬかもしれない… その時は、オレ達にしか分からないやり方で伝えようぜ。 やっぱ羽かな。この羽は俺ら二人の、オリジナルだしね…」 血に染まった羽は、同じ羽使いからのメッセージ! 「... [続きを読む]

受信: 2007年11月 4日 (日) 02時42分

« かわいいジェニー#5.&#6. | トップページ | 機動戦士ガンダム00#5. »