« 今日のマイメロ。 | トップページ | 週刊赤川次郎#10. »

女子アナ一直線!#10.

どうやらレギュラーさん達はOB訪問真っ最中です。で、由衣さん。たずねたOBが、なぜか山寺宏一氏(おい)。顔出しです。しかし、さすが『プロの仕事』です。怒涛のしゃべくり。で、しゃべるだけしゃべって、おしまい。(あら)由衣さん、一言も質問できず。ここのアバンだけで十分です。

で、あとのメンバーもそれぞれ訪問してるのですが、桜子さんは、なかなか思うようにいかないようです。財閥のお嬢様なので、そのあたりから既に。(ry)

で、今回は薫さんがメイン。まさか、ないだろうと思っていたのですが。有って嬉しいんですけどね。

で、どー言う設定か、というと、大学のゼミかなんかで(政治学?)講師としてきた『政治家の先生』と、気がついたら『不倫』状態になっていた、という。で、OB訪問と称して逢引(おいおい)していたところを、マスコミに(ry)という。で、これをもみ消そうと画策する政治家の先生。

若い子に手を出す男、というのは、もはやそういう習癖?だったりするので、一生収まらないらしい、というようなことを聞いた覚えが。しかし、ここの合宿セミナーに来てる女子、「だめんず」好みなのか?そりゃ、徹平君がいい男№1になりますよ。かれは少なくとも自分の人生、全うに生きてますから。

で、その話をつけに、薫さんに会いにきた『先生』。話があまりにも大概になってきたので、はったりかどうかは分かりませんが、桜子さん、「××出版社は、うちのものになりましたわ。ほほほ。」と助け舟。(男前だ)

それに調子よく便乗した『先生』、薫さんよりも、自分の身に危険が及ばなくなったことを確認する姿に、様子を伺っていた合宿メンバー、殴りこみ。(多いな、このパターン)

さんざ罵詈雑言で『先生』罵倒した挙句、(と言っても可愛いものですが)美希が一本背負いかまそうとするのですが、「やめて」と制した薫さん。『先生』を、

ビンタ一発(決して廻し蹴りではない)

して、「さよなら」と一言。だがその後の『先生』の台詞。

『親父にもぶたれたことないのにっ!』・・・前の番組で徹平もとい、マシューが目いっぱい、ネタ演技をしてくれた台詞ですが、もはや『この年代のスタンダード』なのかも。しかし、しらけましたわ、おかげで。

『失敗も、チャンスになる』ということで、再度OB訪問に向かう美希。薫さんは・・・就職内定してるはずですが、まだ廻ってたかな。今回は、美希・由衣・徹平のトライアングルはお休み。しかし、盛大に一本背負い!見たかったですが。これすると『特撮』になるので、出来ないのだと脳内補完。ベタな話ですが、見てるほうとしては、面白いです。

で、次回。ついに桜子さんメインキター!です。

にほんブログ村 テレビブログへ

|

« 今日のマイメロ。 | トップページ | 週刊赤川次郎#10. »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ええええ!!!山ちゃん出てたんですか!?
声優で一番俳優業もやってる方にやっぱ
なるんでしょうかね。
トイストーリーのウッディ役をおろされた時に
俳優とか幅広く活躍するように決めたとか。

もし番組見逃しても由維さんところで
あらすじがほぼのってるので
結構お世話になってます(笑)

投稿: かなべえ | 2007年9月 4日 (火) 16時30分

かなべえさま;
 それなりにこのレスが役に立っているようで、恐縮です。(汗)山ちゃんは顔出しもかなりされてる方だし、こういう仕事もきっちりこなすところが、流石です。(劇団薔薇座時代の戸田恵子なんかもありみたいでしたが。)
最初は三浦君目当てで見始めていたのですが、最近はやっとレギュラーの女子になじんできました・・・って、もう終わり。(おい)

投稿: 由維 | 2007年9月 5日 (水) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/16336192

この記事へのトラックバック一覧です: 女子アナ一直線!#10.:

» GREEで日給6300円からのアルバイト [mixi(ミクシィー)で稼ぐ時代はもう終わった。]
いまあなたはmixi(ミクシィー)で『mixiで日給3万円』などで稼ごうとしていませんか?正直いいます。mixiではもうその手では稼げません。さてなぜmixiではもうかせげないでしょうか?理由は超シンプルです。30秒で証明できます。驪mixiのサイトに行ってみてください。... [続きを読む]

受信: 2007年9月 4日 (火) 17時01分

« 今日のマイメロ。 | トップページ | 週刊赤川次郎#10. »