« グレンラガン#24. | トップページ | 地球「テラ」へ・・・#24.(最終回) »

スカルマン#12.

いよいよ大詰めです。

幼馴染の神父さんが実はスカルマン。で、彼は志半ばで絶命。その寸前、隼人は彼から『スカルマン』の仮面を引継ぎます。

時はクリスマス。どうやら、軍の反乱が起きたようです。で、麻耶さん、儀式のいけにえに。そこへ、乱入してきた男。麻耶さんの義母を銃殺し、怪しいことをたくらんでます。(お約束)

話はいよいよ大詰め。かの宗教組織の信者は、どうやら獣人=GROに改造?されていたらしい。(wikiより)黒幕だった人たち、次々と退場です。

獣人の告白により、新庄さんは奈美さん殺しは隼人ではないことを知りますが、後の祭り、かなあ。

とにかく、ボグート氏、やっぱり怪しい。傍らには某改造人間009に登場したような女性もいたり。

今回エロかったところ。ラーゼフォンもどきのレリーフ内に拘束されてる麻耶さん。必要最小限しか隠されてない、ほぼ全裸状態で呻いてるところ。どうやらこれが来週の伏線になるようですが。

さて、次回はいよいよ最終回。謎が謎を呼ぶ展開で、自分としてはひたすらキャラ萌えでついてきました。しかし。どう落とすか?

にほんブログ村 テレビブログへ

|

« グレンラガン#24. | トップページ | 地球「テラ」へ・・・#24.(最終回) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/16511135

この記事へのトラックバック一覧です: スカルマン#12.:

» レビュー・評価:スカルマン/第十二夜 「血の聖夜」 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 28 / 萌え評価 7 / 燃え評価 21 / ギャグ評価 0 / シリアス評価 64 / お色気評価 0 / 総合評価 20レビュー数 14 件 十二月二十五日に行われる白鈴會の降臨祭の前夜、大伴市は、反乱軍によって引き起こされたクーデターの争乱に飲み込まれてゆく。銃声と砲撃。大混乱の中、霧子と新條はあすなろ園の子供たちを助けるために必死の脱出を試みていた。サークス01との戦いに勝った骸骨男は、真耶を利用した恐るべき最終計画を阻止すべく、さながら戦場と化した市... [続きを読む]

受信: 2007年10月10日 (水) 21時57分

« グレンラガン#24. | トップページ | 地球「テラ」へ・・・#24.(最終回) »