« スカルマン#5.(こっちが本当) | トップページ | クレヨンしんちゃん+仮面ライダー電王。 »

グレンラガン#11.

久しぶりに見ました。とりあえず、四天王の一人の亀みたいな奴が語っていた、『螺旋王は実はこんな奴』のイメージシーンが影絵ぽかったのと、作画がとりあえず戻ったことが嬉しかったです。

とにかく、シモンが兄ちゃんの影を振り切って、男の決意をしたところが。

要するに、螺旋王には『人形として愛でる為』娘が沢山いましたが、『自我が芽生える頃』=  『賞味期限切れ』になれば『娘達』を箱につめて地上に棄てていた、らしい。で、一番最近のそれがニア姫だった、ということで。

非常にベタですが、自分を認めてくれた異性(おもにヒロイン)に対して奮起する、主人公がヒーローに成長していく話は、見ていてすがすがしいです。

それと、今回からOPが変わってました。ニア姫、やっぱり綺麗な子だなあ。

にほんブログ村 テレビブログへ

|

« スカルマン#5.(こっちが本当) | トップページ | クレヨンしんちゃん+仮面ライダー電王。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/15997753

この記事へのトラックバック一覧です: グレンラガン#11.:

» レビュー・評価:天元突破グレンラガン/第11話 「シモン、手をどけて」 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 32 / 萌え評価 18 / 燃え評価 62 / ギャグ評価 12 / シリアス評価 27 / お色気評価 30 / 総合評価 31レビュー数 182 件 アディーネを退けた大グレン団。だが未だ立ち直れないシモンは部屋に引きこもってしまう。皆が見放していく中、一人ニアだけが彼を気遣うのだった。都を目指すダイグレンに入る緊急通信。あからさまに怪しい通信内容にリーロンたちは罠だと疑うが、キタンはそれをきかずに救助に向かってしまう。 ... [続きを読む]

受信: 2007年8月 4日 (土) 16時39分

« スカルマン#5.(こっちが本当) | トップページ | クレヨンしんちゃん+仮面ライダー電王。 »