« 女子アナ一直線!#6. | トップページ | 週刊赤川次郎#6. »

グレンラガン#12~#16

撮り溜めしてた分、一気に観ました。

一直線に話がすすんだ、というか、なんというか。ニア姫は『お約束どおり』料理の腕は(ry)だったり、とかネタをはさみつつ、レギュラーたちの心の成長をしっかり描いていたところとか。

というか、シモンの覚醒?後の活躍が目覚しい。久しぶりに『熱血ロボアニメ』を観ました。「こーでなくっちゃ!」というところは総て押さえられていましたし。でも、昔と違って、女子キャラ沢山いるし、決して『足手まといのお姫様』でないところが今風だな、とも。ヨーコさんはナイスバディでライフルの達人だし、ニア姫は『お飾り』でなかったから『父親』に棄てられてますが、それを悔いることはなかったし。というか、この姫とであったことにより、シモンはカミナ兄へのコンプレックスから脱却できたのだし。(このあたりの描写は、ガイナならではなのかも)

特に#14~#15の流れ。絵コンテと作画が凄すぎる。ここに照準合わせてレベルを上げたのか、と思ったくらいでした。なんとなく、螺旋王=ガミラス総統、テッペリン=ガミラス帝国、シモンたち=宇宙戦艦ヤマトのクルー達、になぞられてしまったり。(攻撃を避けて地下に逃げ込んだところとか、結構共通点あるような;)

しかし、濃い内容でした。これで前半、終わり?なんですよね・・・。#16は、演出がいかにも『ガイナックス』ではありましたが、まあ、これもありかと。個人的には、ヨーコさん、たぶんセクシー部分担当のせいかと思われますが、きわどいアングルが多かったような;ニア姫の『お姫様、お嬢様』な部分との対比もあり、余計感じました。

にほんブログ村 テレビブログへ

|

« 女子アナ一直線!#6. | トップページ | 週刊赤川次郎#6. »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

どの女性キャラもかぶらずに個性的で魅力あるのが
ガイナックスですよね。
よく考えたら、ヒロインっぽいこが2人って
エヴァでもそうでしたね。
今日映画を見にいったら、エヴァの予告がありました
歌はテーゼほどのインパクトはありませんが
見たくなるような上手い編集の予告と
ミステリアスさがマッチしててよかったです

投稿: かなべえ | 2007年8月15日 (水) 23時13分

「ダブル・アクション」もとい「ダブル・ヒロイン」は冨野御大が元祖らしいです。どうやらかの「勇者ライディーン」の「明日香麗」と「桜野マリ」がそうらしいですが。当時は「ミステリアスで知的なお姉さま」が受け入れられず、麗は途中降板みたいな形になりましたが。「ダイターン3」の「三条レイカ」と「ビューティフル・タチバナ」まで、このシフトの成功は待たないといけなかったみたいです。
今度の主題歌は宇多田だそうですが。とりあえず、見に行くと思います。>エヴァ。

投稿: 由維 | 2007年8月16日 (木) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/16052380

この記事へのトラックバック一覧です: グレンラガン#12~#16:

» エヴァンゲリオン 初号機 ヒューマンスケールフィギュア 台座セット 【送料無料・受注生産品】 [ネットで気になるグッズ]
エヴァンゲリオン 初号機 ヒューマンスケールフィギュア 台座セット 【送料無料・受注生産品】新世紀版公開の年に、迫力のスケールでエヴァンゲリオン初号機が出現!ガイナックスによる徹底監修。原型は、 数々のキャラクターをヒューマンスケールモデルで製作した、秋山工房が担当します。... [続きを読む]

受信: 2007年8月 9日 (木) 06時14分

« 女子アナ一直線!#6. | トップページ | 週刊赤川次郎#6. »