« アニメ「タッチ」感想。 | トップページ | 仮面ライダー電王#22. »

地球「テラ」へ・・・#13.

「ジルベスターの星から」実はタイトルだけは昔から知っていたのですが、作品はいまだ読んでいません。なんですが、今回「ジルベスター星系」という単語に使われて、何回も出てくるので、何か関連しているのかなあ、と思ってましたら。

「最初にこの星に定住しようとした家族の肖像」がこの話の主人公達であったとは。ブログめぐりをしていてこの記述を見かけたとき、嬉しくなりましたが、「読んでおけばよかった;;」と後悔してます。

さて、今回のお話ですが、・フィシスがナスカの地に降り立った。・「嵐の予感」のタロット。・キース、副官にジョナ・マッカ従えて、その他のテラズ・№エリートたちと「ジルベスター星系」へ乗り込む。・ジョミーとキース、対決。・キース、ミュウたちに捕まり、尋問される。・フィシス、キースと精神感応。同じ「テラ」のイメージを持つのは何故?・「自由でいたい」ミュウ=ジョミーの叫び。

などでしょうか。キースのマインド・コントロールの深さが、「テラ」側の管理体制の徹底振りを表してましたし。そして、フィシス。いよいよキースとの因縁が語られます。

話のテンポは、とても良かったと思います。個人的に、ジョミーがナスカに降り立ったキースのところへ赴くとき、「空を飛ぶ」様な描写とか、念動力発動なところとか、そういうところが「エスパーな描写」だったなあ、と改めて感じました。

で、来週。トオニイが「グランパ」といってるのは、やはりジョミーですよね?・・・なんか今回この二人を実の父子にしてないところで、なんとなく無理きてるかなあ、と心配なんですが。

|

« アニメ「タッチ」感想。 | トップページ | 仮面ライダー電王#22. »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/15608386

この記事へのトラックバック一覧です: 地球「テラ」へ・・・#13.:

» 地球(テラ)へ… 「section13 星に潜むもの」 [ゼロから]
キース・アニアンに優秀だと煽てられる船員達。本気にしていますね。これは、やる気の無い輩に効く、言葉なのに。 [続きを読む]

受信: 2007年7月 1日 (日) 00時53分

» 地球へ…TOWARDTHETERRA 第13話 運命の出会い [レベル999のマニアな講義]
内容マツカを連れて、ジルベスター星系へ向かうキース・アニアン。その到着は、ミュウたちに衝撃を与える。ステルス防壁などで隠したことが、聡明なキースにナニかを感じさせ、結果的にナスカ上陸を導いいてしまう。ナスカには、ジョミーとフィシスがいた。キースの存在に...... [続きを読む]

受信: 2007年7月 1日 (日) 01時06分

« アニメ「タッチ」感想。 | トップページ | 仮面ライダー電王#22. »