« 今日のマイメロ。 | トップページ | 美少女戦麗舞パンシャーヌ#12. »

美味學院#12.

今回も「バウト」の続きかと思いきや、ラストに向けての燃料投下&今までのおさらい、だったのが不意打ちでした。(藁)まず、・ラスボス校長、初めて姿現す。実は狼馬の実父である。(しかも黒田アーサー;;分かりませんでした。この人以前劇場版『龍騎』でライダーやってたような記憶あるんですが。)これが発端。

前回より。判定。審判は狼馬を「勝ち」とした。当然、反発する徳平。「貴方の舌がおかしいのでは?判定は撤回してもらう」技術と経験ではこちらが格段に勝っている。子供ごときに負けるはずが無い。絶対的自信の塊。>徳平。しかし、判定氏いわく。「この弁当は『温かい』。さめても『温かい』味がする。友情の味だ。」この時、さらに反論重ねようとする徳平をけん制するように、「牛の影から」謎の男、登場。これが校長であり、「北坂勝吉」=「北坂狼馬・実父」。「情に負けるとはな・・・不覚だった。次のバウトは、私が自ら相手する。テーマは、『オムライス』だ。」 「俺の父ちゃんは死んだんだー!」バウト会場から逃げ出す狼馬。

凛、狼馬を探す。學院のどこにも姿が見えない。その間、マシューと南郷、二人がナビゲーターで過去のおさらい。しかし、この二人、なんだかんだ言っていいコンビです。何ですが、「トイレで耳を挟んでしまったので、秘密を明かしてやろう。」と現れた虎堂。しかし、どこまでもネタキャラです、この人。で、校長のことですが。「彼は以前北海道でオーナーシェフとして著名であったが、『味の分からない客のために』(実はやたら高級な材料で値段を吊り上げたため)店をやめざるを得なくなり、世界で料理界の神を目指したが、礼儀と伝統を重んずる彼らの前では、無力だった。そこで、技術で世界を制覇しようとせんとして、この『美味學院』を設立したのだ。」(この間、『男塾』っぽいイラストで説明されてます。しかひ、誰がスポンサーだ?父ちゃんにそんなへそくりありそうもないし。)「この秘密を知っているのは、校長の右腕である徳平と、その右腕である沖田・・・いや、あいつは既に俺の同士だ。」「なんで?」「あいつと俺は、強い絆(元ウィンクオタ;;さすがだ)で結ばれてるから。」

一方、南郷。オムライスなんてどーすんだ、と頭抱える。勝てばアゲハと交際できる!んだが。どーしても狼馬の力がいるんだよおお、と悩んでいたら、彼、見つかったらしい。(おい)

かごの中のキャベツに眼がくらんで、ウサギのごとくわなに捕らわれた狼馬(汗)「腹、空いてたんだよ。」「逃げてばかりじゃいけない。闘うんだ!」で、来週。いよいよ最終回。ところで、南郷先輩のバトルはあるんでしょうか?それにしても、ここまでベタで『熱い』展開が最初に想像できたか、と。

にほんブログ村 テレビブログへ

|

« 今日のマイメロ。 | トップページ | 美少女戦麗舞パンシャーヌ#12. »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/15484872

この記事へのトラックバック一覧です: 美味學院#12.:

« 今日のマイメロ。 | トップページ | 美少女戦麗舞パンシャーヌ#12. »