« 今日のゲキレンジャー。 | トップページ | 今日のマイメロ。 »

今日の

今回は、先週の続き。カスミ父と今人の関係とかが明らかになって、とりあえず今人が電王に始末される回ですが。同時に「キンタロス」がどういう奴か、というキャラ立てをする前項編でもあったのですが。

この2回、脚本が小林女史ではなく、米村氏です。一応「ダイアログ監修」ということで靖子女史は関わっておられるようですが、やはり他の人がメイン取ると、キャラ立てにブレがみえるようです。というか、キンタロス、あまりにも自己中というか何というか。本条に憑依していたときと比べて、行動が極端すぎる。少なくとも本条バージョンのときは勢いで何か壊したとしても、「あ、すまん、やってしもた・・・」だったのに比べ、良太郎バージョンでは、ところかまわず破壊しまくる、といった具合。「情に厚く、なさけにもろい」というところを見せるために、親子の絆を確認する、という行動にもって行きたかったようですが。今人に加担するようなところまではいかないでしょ、と思うのです。>キンタロス。今回、出番の無かったモモ、ウラ両タロス。ウラにいたっては、相変わらずベンチ暖めモード。(涙)しかし。普段は「熊の冬眠のごとく」腕組んで寝ているキンタロス。先輩格の両タロス押しのけて出て行くところは最高でした。「車両が狭くなる」「空気薄くなる」よく言ったものです。中の人が次郎さんだからこそ、表現できる存在感です。しかし、次回にリュウタロス=ガンフォーム登場編に入るというのに、もう一度「レッコウ」を出そう、という気はなかったのでしょうか?>脚本。キンタロス=アックスフォーム時のカタストロフは、「ダイナミック・チョップ」でぶった切り。というのを期待していたものとしては、物言いがない訳ではないですが。

で、「規則を破ったので、デンライナーから降りてもらいます。」とキンタロスに宣告したオーナー。結果として、「今人からの干渉を妨げることができた」ので、今回はお咎め無しに。でも、この設定、今後の伏線。ところで、ウラタロス。「元竿・・・もとい元鞘」って。(藁)どこまで「竿」にこだわるのだ、まったく。さすがは「ロッド・フォーム」w。

さて来週。「僕をすきになってくれる?」(鈴村声)のリュウタロス・ガンフォーム登場。最後のショートコントのバエ君、ひょっとして本編と同じくらいの尺だった?しばらくこっちに滞在してていいよ、と。

|

« 今日のゲキレンジャー。 | トップページ | 今日のマイメロ。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/14688957

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の:

« 今日のゲキレンジャー。 | トップページ | 今日のマイメロ。 »