« 『仮面ライダー電王」OPで。 | トップページ | 今日の特撮。 »

ドラえもん・のび太の恐竜2006

本日から毎回恒例・ドラえもんムービー公開。と言うわけで、去年の映画が放送されました。ドラえもんは子供の基礎教養だしね、ということで、家族で鑑賞。

キャスト一新後のレギュラーさんたちには、あまり違和感なかったのですが、なにか違う。現在セルアニメはほぼないはずなので、当然この作品もCGなのですが、それもあるのかな、と。背景がやたらリアル。キャラクターは昔ながらの漫画調なので、ここですでに違和感。ドラえもんのリミテッド・アニメなところに慣れていたので、昔のディズニーアニメのごとくフルに動く彼らに、また違和感。

あと、のび太とドラはさておき。ジャイアン、スネ夫、しずかちゃんにもなんか違う感が。ジャイアンの顔が違う;;昔ながらの表情もあるのだが、素で別人なときがある。相変わらずジャイアン&スネ夫のコンビは健在なんですが。(それにしても、どうしていつもこの二人はつるんでるのか?気にしだすときりないですが) しずかちゃんも、いろいろサービスシーンあったし。

映画版では、なぜかレギュラーたちが大冒険で、正義の味方になって悪い奴らを懲らしめていくのが定番ではありますが、今回の悪役は、子供からみれば『本当に悪い大人」に映ったもよう。子供、敵さん登場したらガチ泣きしてたし。

しかし、恐竜の子供『ピー輔」とのび太が別れるシーンなんかは、いきなり火がついたように泣き出した子供。他の作品ではこういうこと無かっただけに、どうやら『ドラえもん」シリーズは、それだけ子供に人気があるんだ、と改めて実感。

でも、野比家のお台所、システムキッチンですか(汗)このあたり、変えて欲しくなかったなあ。

|

« 『仮面ライダー電王」OPで。 | トップページ | 今日の特撮。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

自分は昔の方を知っていて、大泣きしたので
今回のはなんでこんな風にしちゃったの!?と
怒りがこみあげてきました。ピー助も昔の方が
断然可愛い!とか。でもこの映画作品の根本の
動物との愛情っぽいものは、ちゃんと今の子もわかるんだなと安心しました。
確かに人としての醜くて怖い部分があふれてますよね、あの悪役。ヒーローものとかだと、悪者さんの方がゴツくていかつくて怪獣っぽくって応援しちゃうって事は昔よくありましたけど、それはあれがやっぱり人間じゃなかったからかも;

投稿: かなべえ | 2007年3月11日 (日) 19時14分

#かなべえ様;
 子供から見たら、どう仕様もない『悪」なんでしょうが、大人の目で見ると、『確かに、いるよな。こんな奴」だったりします。応援する気はまったく起こらないけど、言動をヲチしたくなる、というような。
ヒーロー物の悪役さんは、行動に美学があったから、応援できたのかな、と自分では解釈しています。今回のドラ敵さんは、『リアル」だけど『美学」というのではなかったしなあ・・。

投稿: ちゃう | 2007年3月11日 (日) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/14218199

この記事へのトラックバック一覧です: ドラえもん・のび太の恐竜2006:

» ドラえもん本舗の運だめしドラヤキポケット@キューピーのマザーズバッグ [キューピーのマザーズバッグ]
はじめまして。突然の書き込み失礼します。 よろしかったら見に来て下さいね。 楽しいドラえもんグッズを見つけました~。これ、ママがはまるかも・・・・。大山のぶ代さんの懐かしい声が聞けるんですもの!!ドラえもん本舗の運だめしドラヤキポケット(音声機能・変身機能付き)大山のぶ代の声... [続きを読む]

受信: 2007年4月 4日 (水) 23時33分

« 『仮面ライダー電王」OPで。 | トップページ | 今日の特撮。 »