« 今日のマイメロ。 | トップページ | 今日の特撮。 »

プリンス・シャーキンのこと。

長浜監督作品や『あしたのジョー」のキャラデザイン・作画監督などで有名な、金山明博氏の原画展が先日、無事終わられたとのこと。自分の今の現状では、とても行けるものではありませんでしたが、行かれた方のお話によると、昔のキャラも色紙に描いてくださっていた、ということで。いわゆる『長浜三部作」の時代、自分は小学生だったのですが、そのころに惹かれていたキャラクターを大事にしてくださってる、と言うのがとても嬉しくて。

で、金山氏ですが、意外と『ライディーン」には参加されてなかったそうです。佐々門氏や、塩山氏、谷口氏などはスタッフにおられるので、当然メンバーだと思ってた自分。(汗)そういえば、EDのスタッフロールでお名前見かけてない;;

なのですが、『プリンス・シャーキン」は『お好きなキャラ」なんだそうです。>金山氏。で、『シャーキン語り」をすることに。(今までしてないはず。)

自分としては、例の話(人間態で洸たちの中学校に乗り込んできたやつ)で、話の成り行きとはいえ、洸の顔面凹りまくったので、凄いいやなやつだったのですが。(顔は女優の命・・・あれ?)彼自身だけを追っかけてみると、決していやな奴、だけではなかったなあ、といまさらながらに気づくのでした。

富野監督も、彼を途中退場させる予定だったそうですが、最後まで生き延びさせてほしかったなあ、と思うのです。有名な裏設定では『二人は血縁関係」で、『異父兄弟?」説が多いようですが、自分としては『母親同士が姉妹で、二人は従兄弟」くらいが好みです。(だって、二人の母様が、「あの」レムリア姫で、洸が『知らずに、実の兄を屠った」展開で、話進んだとしたら、どえらい鬱ENDになったと予想。「あなたは、シャーキンを殺しましたね?シャーキンは、あなたの実の兄だったのですよ?!」と洸をなじる母様・・・・恐いよお;;つーか、あの流れだと、洸間違いなく精神崩壊。自分が兄殺した、母親が父親以外の男{しかも敵方}と関係していた、ということだから。今の時代ならそれも有り、かも知れませんが、当時では無理ですね。さすがに。)母様の台詞で、『こうして、自分の母親も子供たちを守った」というのがあったので、母様に兄弟姉妹が居てもいいな、と思ったのですが。

しかし、『仮面のダークヒーロー」って、沢山登場したけど、そういえば某『真夜中のロングコートの人たち」もそうだなあ、とあえて言ってみる。(魔戒騎士は、ホラーを退治するが決して人間の味方か、というとそうでもない設定なので)『総ての美形悪役のご先祖さま」と言うのは決して間違ってはいないな、と。もし本編に、後のライバル様のごとく登場していたら、洸は明らかに食われていたかなあ。キャラ設定の重さも違ってたし。

|

« 今日のマイメロ。 | トップページ | 今日の特撮。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/13997542

この記事へのトラックバック一覧です: プリンス・シャーキンのこと。:

« 今日のマイメロ。 | トップページ | 今日の特撮。 »