« 「牙狼」特別編(前)感想。 | トップページ | »

今日の特撮。

ボウケンジャー、ラストまで後2話。今回も会川先生の脚本。やはりMr.ヴォイスの正体は、先週いきなり登場したお嬢さんでガチ、ということで。しかし、毎年のことですが、最終回近くなると、キャラ関係のCMが無くなる。(涙)さびしい限りですが、これもいわゆる通過儀礼、と言うこととして。話は本編へ。チーフ、閣下とともにSGSミュージアム爆破に巻き込まれたか?巨大化ガジャ様、登場。銀、サイレンビルダーで応戦するが、パラレルエンジンのパワー元である「プレシャス」、ガジャ様に吸収されたとたん、ビルダー無力化。ヴォイス、これ以上ガジャ様のパワーを増強させないように、と、パラレルエンジンで動くビークル封印決める。「ボウケンジャー」に変身できない青、黄、桃、銀。黒はまだどっか彷徨ってるが、通りすがりに「東京の惨状」を知る。変身できないメンバー、それぞれが、それでもガジャ様配下たちに応戦する。その中で、それぞれが、「一番大事なもの」が何かを見つけていく。すなわち、「冒険」「仲間」。(この間、ゲッコウ様とシズカは国外高飛び・・・だそうだが。銀ママ、再度登場。今度はオウガではなかったらしい。桃、「このとんがり野郎」画面ブッ指し。皆そう思ってましたって。黄、黒と合流)黒、黄から、赤のいきさつを聞き、チームへもどる。桃、途中でプレシャスを知るお嬢助ける。「これが、ゴードムの脳髄。かれらには、とても大切なの。」「どうして、知ってるの?」・・・だから、そういうことです。デスペラート、お宝奪いに登場。黒、チームに合流。「俺の闇を光に変えてくれる、それが仲間だ」スーツ未装着でひとり、デュアルクラッシャーぶっ放す黒。反動で飛ばされる。それでもまた、発射。残りのメンバーも、スクラム組んで、デュアルクラッシャー連射!デスペラート、度重なる攻撃に爆発。しかし、(お約束の)復活巨大化。「ビークルじゃないと戦えない」よいよか。そのとき、「どうやら、時間が稼げたようですね。」お嬢。「待たせたな!」ダイボウケン登場!チーフ、素顔で登場・・・!今回の戦隊では、「レギュラーがスーツ着用してアクションする」の代わりに、「素でデュアルクラッシャー」だったのでしょうか?

「仮面ライダー電王」イントロ後編。それにしても、「モモタロス」イマジンモード、面白すぎ。スーアク高岩氏&声・関氏両氏がノリノリなのが良くわかる。「いーじゃんいーじゃんすげーじゃん」と言うことで、最初はドーデも良かったけど、自分の中で赤丸決定。しかし、久しぶりだなあ、スーアク着ぐるみ+声優ヴォイスのヒーローキャラ。「アクマイザー3」みたいなやつね。(古かったか;;)

|

« 「牙狼」特別編(前)感想。 | トップページ | »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/13780699

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の特撮。:

» 轟轟戦隊ボウケンジャー Task48「恐怖なる大神官」 [MAGI☆の日記]
轟轟戦隊ボウケンジャーの第48話を見ました。Task48 恐怖なる大神官『リュウオーンとボウケンレッド、最後の対決が始まった。一方、ガジャと魔神デスペラートもサージェスのプレシャスを吸収せんと迫る。爆破されるプレシャス・バンク。その中にリュウオーンとレッドの姿...... [続きを読む]

受信: 2007年2月 4日 (日) 10時46分

« 「牙狼」特別編(前)感想。 | トップページ | »