« 「豪ちゃんマガジン」感想。 | トップページ | 今日のマイメロ。 »

今日の特撮。

ボウケンジャー。ラストに向けて合川先生復活。(というか、某アニメがけりついたから、だとか(爆))前回の続きから。黒、放浪中。謎の少女、何か黒に話しかけてる。いっぽう、サロンにて、残りのメンバー、行方不明の黒を案じている。「真墨、探しにいかなきゃ。」黄。青、「一緒に探しに行くよ。」「行かなくていい」チーフ、発言。「戻る、戻らない。決めるのは真墨だ。探しに行くだけ無駄だ」一方、リュウオーン閣下、邪悪竜作り出そうとするが、生命エネルギー尽きたらしく、作成失敗。「竜の命が尽きようとしている・・・プレシャスの力を、パンドラの鍵を手に入れなければ・・・」しかし、ここまでがOPのアバン、ちゅーのもすごすぎ。とにかく密度高い、今日の話。で、▽からの指令。「パンドラの鍵」を捕獲すべし、と言うもの。「それ、何?」菜月。古代レムリアの姫君なら知らないのもしゃーないか。「パンドラの箱を開けられるものだから、敵の手に渡ると危ない。」ボウケンジャー向かったところに、お約束だがガジャ様登場。「今日は一人足りないな。」ガジャ様、ナイス突っ込み(爆)。とにかく、強い、とにかくガジャ様強い。ボウケンジャー達、吹っ飛ばされる。「ゴードムエンジンをわが体に取り込んだのだ」初期設定だ(汗)、というのはおいといて、プレシャス、持ってかれる。一方、リュウオーン閣下、「これが冒険者の末路だ」で、自刃。兜残して消滅する。この兜、「プレシャス反応有り」と言うことでミュージアムへ。ガジャ様、持ち帰った鍵で、箱を開ける。中には、群青色の液状物質が。(汗)飲み干すガジャ様。「パンドラの箱に残ったのは・・・絶望」ガジャ様の前に、マジョーラ塗装のごとく虹色に光る着ぐるみが。(汗)「『デスパレード」と名づけよう。」  ミュージアムの地下深く、『プレシャス保管庫」に格納された『兜」。「これが狙いだったのだ・・・」復活するリュウオーン閣下。牧野先生、気絶させられる。次々とプレシャスを奪って行く。▽、ミュージアム爆破指令。一方、ボウケンジャー達、ガジャ様とデスパレードにまるで歯が立たず。しかし、そこにはチーフが居ない。リュウオーン閣下、爆破を止めようとするがいきなり束縛。チーフが待ち伏せていたのだ。閣下を外へ投げ出し、勝負は外で。『レムリアの卵がほしい。幻獣になって、永遠の命が欲しい。」プレシャスを得た閣下に、チーフ、危機。しかし、『真墨は自分の闇と戦っている。お前は俺の闇かもしれない。」チーフ、最後の力を振り絞って、リュウオーン閣下倒す。今度こそ、消滅。放浪する真墨、ガジャ様とデスパレードと知らずにすれ違う・・・。

新しいライダーですが、とりあえず、あんなにへたれ野郎は初めて。撮影、砂だらけで大変だったなあ、とか。なんで『ライダー」の声が別人なのか(関俊彦氏)、納得はいきましたが。後は『中の声の人」たちが楽しみですが。

|

« 「豪ちゃんマガジン」感想。 | トップページ | 今日のマイメロ。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193865/13687380

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の特撮。:

» 轟轟戦隊ボウケンジャー Task47「絶望の函」 [MAGI☆の日記]
轟轟戦隊ボウケンジャーの第47話を見ました。Task47 絶望の函肉体に限界を迎えたリュウオーンはまともなジャリュウも邪悪竜も生み出せなくなったため、プレシャスを手に入れ力を得ようとしていた。「やっぱ真墨の野郎、連絡もなしか。もう帰ってこねえのかもしれねえな」...... [続きを読む]

受信: 2007年1月28日 (日) 11時13分

« 「豪ちゃんマガジン」感想。 | トップページ | 今日のマイメロ。 »